NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

娘の友達のおちんちんは、硬さ、太さ、長さ、大きさ全てが私好みでした

私は40歳ですが、自分で言うのもなんですが性欲が強くてHが大好きなんです。

でも夫は最近元気がなくて夫婦の営みも少なくなり、欲求不満でした。

そんな時、私は娘の彼氏とHしちゃったんです。

ある夏の日、娘トシミ(18歳)の彼氏と、彼氏の友達のナオト(20歳)が家に遊びに来た。
[ 2016/09/25 12:40 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

就職祝いに何でもしてあげると言われて、他の男とHしてと頼んだら怒られた完【ブロマガ】

前回の話

『えっ!? 今、イッちゃったの? 触ってもないのに、アキ君凄すぎるよw』莉乃は、目を丸くしながら言った。僕は、恥ずかしさと情けなさで顔を真っ赤にしたまま、
「も、もう帰ろうよ。早く服着なよ」
と言った。

『言ったでしょ? 今日は泊まるから、先に帰っててね』
莉乃は、申し訳なさそうな感じもなく、クールにそう言った。
「な……そんなのダメだって! 帰ろうよ!」
僕は、パニックに近い状態だった。このまま泊めてしまったら、もう取り戻せない! そんな焦りで、どっと汗まで流れ始めていた。

「今日は帰ったら? また来ればいいよ。彼氏さんが可哀想じゃん」
僕は、そんな風に同情されてしまった。元カレに、こんな風に情けをかけられる……。僕は、悔しくて涙があふれそうだった。

『ダメだよ。まだ、全然足りないもん。先輩も、まだ出来るでしょ?』
莉乃はそう言って、先輩の腰のタオルを外した。すると、先輩のペニスは半分ほど勃起していて、充分にセックスできそうな状態に見えた。
「いや、もうさすがに無理だって! 俺も若くないしw」
先輩は、そんな事を言う。でも、まだまだ全然若いルックスだし、実際まだ20代半ばのはずだ。

『大っきくしてあげるね♡』
莉乃はそう言うと、嬉しそうに先輩のペニスをくわえた。現時点でもはるかに僕のものより大きいペニスが、莉乃の口の中でどんどん大きさを増していくのを見てしまった。
「マジでエロいな。いいのかよ、彼氏、スッゲぇ見てるぞ」
先輩は、そんな風に言う。確かに、僕は莉乃が先輩のものをくわえているのに、止めることもなく凝視している。

『アキ君、気が散っちゃうから、先に帰ってて。大丈夫だから』
莉乃は、少しだけイラッとした感じでそう言った。僕は、正直怯んでしまった。そして、なにが大丈夫かわからないまま、先輩の部屋を出た。

莉乃が、元カレの巨根に狂ってしまった……。その事実に、僕は焦りしかない。そして、そのままエレベーターに乗ろうと思ったが、動けなかった。僕は、先輩の部屋のドアに耳をくっつけた。すると、
『あっ、あんっ、あぁっ! ホント凄いっ! 大っきいっ! 全然違うっ! 気持ちいいよぉ♡』
と、莉乃の声が聞こえた。こんなところまで聞こえてしまうほど大きな声であえぐ莉乃。僕とのセックスでは、絶対にあり得ないことだ。

『死んじゃうっ! 気持ち良すぎるよぉ♡ あぁんっ、もうイッちゃうっ! イッちゃうっ! ダメぇ、好きっ! 好きっ!! キスしてぇっ!』
莉乃は、ほとんど絶叫していた。でも、急に声が聞こえなくなる。僕は、ドアに強く耳を押し当てて、必死で中の気配を探る。でも、二人の声はまったく聞こえない。

でも、超集中して耳をそばだてると、ギシギシというような、床かベッドがきしむような音がする。僕は、二人がキスをしながらセックスをしている姿を想像した。そして、どうしようもないほどに興奮してしまっていた。

すると、エレベーターの方から物音がした。僕は慌ててドアから耳を外す。すぐにエレベーターが止り、人が降りてきた。僕は顔を合わせないようにうつむき気味でエレベーターに乗り込んだ。

そして、外に出た僕。もう、オートロックなので入ることも出来ない。僕は、マンションを見上げた。どの部屋かはいまいちわからないが、この中で莉乃がセックスをしていると思うと、胸が潰れそうだった……。

結局、どうすることも出来ずに僕は帰宅した。まさか、一人で帰ることになるとは少しも想像していなかった。一人で部屋にいると、色々な想像をしすぎて、頭がおかしくなりそうだった。莉乃は、わざわざ安全日を選んで先輩と会う約束をした。なので、妊娠するという最悪の事態は避けられるはずだ。
でも、妊娠しないからと言って、莉乃が中に出されたことには変わりない。僕以外の男の精液を、子宮や卵管に満たしてしまった莉乃。いくら僕が言い出したことでも、やりすぎだと思う。でも、僕は嫉妬や不安に苦しめられながらも、ビックリするほど勃起していた。僕は、我慢できずに下半身裸になり、オナニーを始めようとした。そして、ペニスを握って、さっきの計測のことを思い出してしまった。

先輩のは、直径5cmを超えていた……。直径5cmって、どんなサイズだろう? 僕は、下半身裸のまま、よせばいいのにメジャーを取り出した。そして、さっき莉乃が計測したみたいに、周囲の長さが16cmの輪っかを作ってみた。それは、想像以上に太い輪っかになった。

僕は、よせばいいのにその輪っかを自分のペニスに通してみた。やっぱり、スカスカだった。そして、ふと思い、トイレットペーパーの芯を持って来て測ってみた。すると、それは直径4cmにも満たない太さだった。

僕は、この芯にすらまるっきり歯が立たない……。そして、缶コーヒーの缶のサイズを測ってみた。すると、ほぼ直径5cmだった。僕は、本当に驚いてしまった。缶コーヒーの缶と同じ太さ? 信じられなかった。
なによりも、こんな太いモノが入ってしまう莉乃の膣に驚いてしまった。もちろん、人体なのでこんなにカチカチではない。でも、彼のペニスは見るからに固そうだった。

僕は、混乱してショックを受けた頭で、意味不明な行動をしてしまった。僕は、大きな口を開けてその缶コーヒーをくわえた……。それは、やっぱり驚くべき太さだった。どうやっても歯が当たってしまいそうなほど太く、とても莉乃の小さなお家で受け止められるものではないように感じた。

僕は、自分でも何をしているのだろう? と、半笑いで口から缶コーヒーを吐き出した。でも、頭の中には、この太さのペニスで狂う莉乃の姿が浮かんでしまう。そのまま僕は、悪い想像が際限なく膨らんで、ほとんど明け方まで眠れなかった……。

『アキ君、起きてよぉ! もう、お昼だよ!』
僕は、そんな言葉で目が覚めた。横を見ると、昨日と同じ服を着た莉乃がいた。僕は、一気に覚醒した。そして、莉乃が戻ってきてくれたことに、心底ホッとしていた。
「り、莉乃、大丈夫だった!」
僕は、慌ててベッドから飛び起きた。
『えっ? 大丈夫って?』
キョトンとした顔の莉乃。
「そ、それは……。変なことされなかった?」
『変な事ってw いっぱいしてきたよ。それが望みだったんでしょ?』
莉乃は、ニヤニヤしながら言う。
「そ、それは……なにされたの?」
『聞きたいんだw やっぱり、ヘンタイさんだねw』
莉乃は、楽しそうに笑いながら僕の横に座った。

「ゴメン……」
『いいよ。ヘンタイでも、ヘンタイじゃなくても、アキ君はアキ君だもん』
莉乃は、そんな健気なことを言ってくれる。僕は、胸がいっぱいになってしまった。こんなにも健気な莉乃に、僕はなんてことをしてしまったのだろう? 今さらだけど、反省の気持ちがもたげてくる。

「ありがとう……」
『ねぇ、キスして』
莉乃は、真っ直ぐに僕のことを見つめながらそう言った。すぐにキスをした僕。莉乃は、嬉しそうに僕を抱きしめてくれた。僕は、そのまま濃厚なキスに切り替えていき、莉乃をベッドに寝かせた。そして、キスをしたまま服を脱がせていくと、莉乃がバネ仕掛けみたいに身体を起こした。

『ダメぇ〜。エッチはダメだよ! 聞いてたでしょ? もう、先輩としかエッチしちゃダメだって』
「そ、そんな……」
『でも、大丈夫だよ。これ、もらってきたから』
莉乃はそう言って、カバンからプラスチックの筒のようなものを取り出した。
「なに、これ?」
『テンガって言うんだって。有名みたいだよ』
僕は、商品名を聞いてそれが何か理解した。今では、薬局でも売っているメジャーなオナニーホールだ。昨日、確かにそんな話は出た。でも、本気だなんて思ってもいなかった。
「本気なの?」
僕は、信じられない思いで莉乃に聞いた。
『もちろん! アキ君だって、それを望んでるんでしょ? だって、大きくなってるじゃん』
莉乃はそう言って、僕の股間を指差した。
「い、いや、寝てたから、朝立ちだよ」
僕は、言い訳にもなっていない言葉を吐いた。
『もうお昼だよw ほら、おちんちん出してみて! 気持ち良くしてあげるから!』
莉乃は、本当に楽しそうに言う。そして、強引に僕のパジャマを脱がせ始めた。こんなことは、今までに経験がない。どちらかというと、セックスには積極的だった莉乃だが、ここまでノリノリで僕の服を脱がせてくることなんてなかった。

処女と童貞同士で始まった関係だったので、やっぱり恥じらいというか、照れみたいなものもあったのだと思う。それが今は、テンガを片手に僕の服をはぎ取っている。

僕は、あっけなく下半身丸裸にされると、そのままベッドに寝転がるような格好にさせられた。
『ふ〜ん。やっぱり、全然違うんだね。なんか、アキ君のって可愛いね♡』
莉乃は、バカにする感じではなく、本当に可愛いものを見ているときの顔で言う。
「やっぱり、大きいと気持ち良いの?」
『う〜ん。圧迫感は凄いよ。でも、アキ君とする方が私は好きだよ。先輩としてるときは”凄いっ! 深いっ!”て感じだけど、疲れ切っちゃうし……』
「でも、昨日凄く気持ちよさそうだったよ……」
『アキ君が見てたからだよ。ダメって思うと、気持ち良くなっちゃった……』
莉乃は、そんな事を言ってくれる。僕は、ホッとしながらも、僕がいないところでした動画でも、凄く気持ちよさそうだったことを思い出していた。

すると、莉乃がテンガのパッケージをはがし始めた。
『んっ? これ、どうするんだろう? これか、これを剥がすのかな?』
と、説明書きを読みながらエアホールシールを剥がした。
『え? これでOK?』
と言いながら、不思議そうにホールの中の部分に触れる莉乃。
『わっ、柔らかい! それに、ローションが染み込んでるんだね!』
莉乃は、初めて触るオナニーホールに、好奇心で目が輝いているようだ。
「それ、先輩も使ってるの?」
『入らなかったんだって。友達にもらったけど、大きすぎて入らなかったんだって。だから、全部くれたよ。まだ5個くらいあるよ』
そう言って、莉乃はカバンの中を見せた。そこには、テンガがギュウギュウ詰めになっていた。

『じゃあ、行くよ〜』
そう言って、莉乃は僕のペニスにそれをかぶせてきた。僕は、思わず逃げようとしたが、莉乃が空いている方の手で僕を固定して、
『逃げちゃダメだよ』
と言いながら、テンガを押しつけてきた。僕の小ぶりなペニスは、先輩のペニスと違ってあっさりと根元まで入ってしまった。
「うぅっ、り、莉乃、ダメって、恥ずかしいよ!」
僕は、そんな事を言いながらも、イキそうになってしまっていた。それくらい、テンガは気持ち良かった。昔から、オナニーホールには興味があった。でも、恥ずかしくて買えなかった僕は、使ったことがなかった。

『どう? 気持ちいい?』
莉乃は、オナホを押し込んだままイタズラっぽい顔で聞いてくる。服を着たままの莉乃。150cmで能年玲奈にそっくりな、可愛らしい童顔の顔。まるで、未成年みたいだ。そんな莉乃に、オナホでしごかれている状況は、あまりにも違和感が強い。

「気持ちいいよ、でも、ダメだよ……」
『なにがダメなの? 凄く気持ちよさそうだよ。ねぇ、私のアソコとどっちが気持ちいい?』
莉乃は、小悪魔の顔で聞いてくる。僕は、
「莉乃に決まってるよ! 莉乃の方が気持ちいいよ!」
と、即答した。でも、実際は同じくらい気持ちいい……。

『じゃあ、やめる?』
そう言って、莉乃はスポンと抜いてしまった。僕は、イキそうなところで宙ぶらりんにされて、泣きそうになってしまった。
「い、いや、その……莉乃としたい」
『ダメだよ。約束したでしょ? アキ君がまねいたことだよ。自己責任でしょ? どうする? これでよければ、最後までしてあげるよ』
莉乃は、いじめっ子みたいな感じで言う。僕は、こんな扱いを受けているのに、屈辱なんかは感じていなかった。それどころか、この状況に馴染みつつある自分を感じていた。

「……お願い……」
『へへ。いくよ〜』
莉乃はそう言って、またテンガをかぶせてくれた。そして、さっきとは違い、ジュポッジュポッと、音を立てるくらいに激しく動かし始めた。一気に快感が高まり、僕は思わずうめいてしまった。

『気持ちいい? いいよ、いつでもイッていいからね』
莉乃は、本当に楽しそうに言う。そのまま、上下にテンガを動かし続ける莉乃は、小悪魔を通り越してインキュバスのようだった。

「ダメ……イキそう……」
僕は、自分の彼女にオナホでイカされかかっているという状況に、さらに興奮してしまっていた。

すると、莉乃がテンガを止めた。
『そうだ、忘れてたw ビデオメッセージがあるんだよ。ちょっと待って……。はい、見ていいよ』
莉乃はそう言って、僕のペニスにテンガをかぶせたまま、スマホを取り出して渡してきた。

ロックを解除した状態で渡されたスマホは、動画再生画面で一時停止になっていた。僕は、震える指で再生をした。

「彼氏さん、悪いね。莉乃借りてるよ」
動画が再生されると、莉乃の背中と先輩の声が響いた。莉乃は、先輩の上に後ろ向きでまたがって腰を振っているみたいだ。騎乗位の、後ろ向き版だ。
『ちょ、ちょっとぉ、なに撮ってるの! ダメだって!』
莉乃が慌てて振り返り、手を伸ばしてスマホを取り上げようとする。
「なんだよ、急に止るなってw ほら、もう一回言ってみろよ。なんだっけ、彼氏の粗チンじゃイッたことないのぉ! だっけ?」
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?

旦那の前でイカされる妻


単独さんに妻のマッサージをおねがいしました。
最近の妻は、なんだか体が敏感になってきたような気がします。
旦那の私がいうのもなんですが...色気が増したような気もいたします。
ワンピースを着たままマッサージをされているとすぐにイヤラシイ声が漏れてきます。
単独さんが妻の黒いパンティーをずらしてみると妻のアソコはびっちょりで汁があふれてきています。



今回の奥様は6年間セックスレスで旦那さん以外にも触られていないというので男性に触られたいですと、
女性としてまだ34歳はこれからですからね、女性の魅力とか感度、気持ち良さは30代から40代にかけてどんどん上がってきますから、これからが楽しみと言う時に何もして貰えないのは女性としては辛いですね・・・



BBQで妻が輪○された続編です。
コテージに移ってからは、本当に入れ替わり立ち替わり友人達にまわされていく妻。
[ 2016/09/25 00:35 ] コンテンツマーケット | TB(0) | CM(-)

夫に先立たれ、バイブで慰めていましたがもう限界です

私はドスケベで淫乱な女なんです。
今までは人妻として、夫との夫婦の営みに満足していたいんですが、昨年、夫が心筋梗塞で倒れ、そのまま亡くなり未亡人になると、欲求不満が募り、さらに痴女になってしまいました。

幸いにも夫は多額お生命保険をかけていてくれたので、一人息子も東京の大学に入れることができ、死んだ主人にすごく感謝しています。
[ 2016/09/24 22:36 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

同じアパートに住んでいた人妻との甘く濃厚な不倫に溺れた

 今から20年ちょっと昔、私は大学を出て今の会社に就職した。同じアパートに住んでいた人妻との甘く濃厚な不倫に溺れた、と言うよりも、若かった俺が食われちゃったと言ったほうが良いかもしれない。俺が就職した会社には独身寮や社宅がなく、家賃補助を受けて自分でアパートを借りて一人暮らしを始めた。

 本当は23区内が良かったが、間取りや設備と家賃の兼ね合いを考えると23区内なんて到底無理で、どうしても会社から1時間ほどかかる郊外に借りるしかなかった。
[ 2016/09/24 21:34 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

・日焼け跡のある人妻が童貞を卒業させてくれる町内会


まだ、残暑も厳しい九月下旬。
彼女も出来ず、夏休みも何処にも行けず童貞の僕はただ毎日を、ダラダラすごしていた。
そんなある日アパートのポストに町内会から俺宛に一通の手紙が入っていた。
何かと思い、手紙を開けてみると
そこには「夏に童貞を卒業出来なかった君へ、今年から婦人会の皆さんが交代でアナタの童貞卒業を、お手伝いすることになりました。」


[ 2016/09/24 21:25 ] 寝取られ・人妻コミック・CG | TB(0) | CM(-)

※先輩が自分の嫁さんを抱いてくれとお願いしてきた

俺は28歳の社会人で、今年結婚したばかりだ。
自分で言うのも気恥ずかしいが、それなりのイケメンに生まれてきたので、小学生の頃から常にモテてきた。

そんな俺が、一目惚れして、この女しかいないと思って結婚したのが恭子だった。
ポカリスエットのCMの女優さんにそっくりで、性格も良い上に、男性経験も少なくて、俺にとってはドストライクだった。

恭子は、俺と知り合ったときはまだ大学生で、コーヒーショップでバイトしていた。
[ 2016/09/24 20:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

今となっては懐かしい伝言ダイヤルでゲットした人妻は中出しをおねだりしてきた

先月仕事で東京に出張をした。
前日に仕事をこなして、2日目は午後からの予定だけの自由な日。

伝言で私の考えと希望をいれておいた。
かけてきたのは40歳の主婦。
ご主人は海外に単身で、子供と日本に帰ってきたところで友人からこの番号を悪戯で教えられて伝言を聞いてかけてくれた。
[ 2016/09/24 18:26 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

・俺の新妻が中年上司に中出し寝取りされていた


でっち上げた旦那の不祥事の口止めに豊満な胸を鷲掴み!
そのまま脅してパイズリフェラ
旦那が留守の間に旦那とみのりのベッドで堂々とクンニ
そのまま2人が営んでいるベッドで自分も挿入!!
後日会社に呼び出し言いなりのみのりに背後から挿入!
旦那のヘルプに応えるみのりの車内フェラ
旦那まで50cm! 食卓での指マン
寝ている旦那の横に転がして堂々とハメハメ
ついに堕ちたみのり…ラブホテルでの69
中年上司とバックでの生ハメを経験したみのり…そして


[ 2016/09/24 18:24 ] 寝取られ・人妻コミック・CG | TB(0) | CM(-)

・再婚したての自慢の新妻を実の息子に寝取られ


俺は結構いい年齢だが再婚したばかりの妻は若くて綺麗だ。はっきり言って自慢の妻だ。ところが俺の留守中に間男が現れた!そいつがよりにもよって俺の息子だったとは…。「人の物を盗むとは親はどんな教育をしたのだ」と憤ったところであとの祭り…。殺してやりたいほど癪だが、妻が俺の時よりもいい顔をして感じている気がする。そして俺はなぜか欲情している、俺には寝取られ願望があったようだ。


美人魔女105
透明感半端ない美人奥様まおさん36才、「子供を産んでからSEXは10年くらいしていないの…」。普段から欲求不満に悶々としている身体が快楽を求めそこにいるだけで牝の匂いがプンプンと匂います!恒例の快楽チェックにマンコをヒクヒク本気汁を垂らし「あっ、ヒぃ~、いっちゃう~!」我を忘れ快楽の虜となったまおさん、男優の責めに我慢できず身体を痙攣させながら「おチンポ欲しいの!」快楽に狂う女の姿は必見です!


寝盗られの若妻
酔った夫を送り届けてくれたのは、妻・森沢かなが3年前に付き合っていた元カレ。ずっとかなを好きだったという男は、夫が寝ているすぐ横でかなの唇を奪い、生チ○ポ握らせフェラ抜き口内射精!夫との営みはアナル舐めに69、バックで突いて中出しと激しいが、自分勝手なSEXに気持ちが冷めていき…逆に元カレへの気持ちが強まったかなは「私を抱いて…」と、夫よりも激しい立ちバックでヨガり逝き、不倫性交快楽で満たされる!
[ 2016/09/24 18:22 ] 寝取られ・人妻動画 | TB(0) | CM(-)

職場の部下の若妻27歳とエッチしちゃった

俺は43歳の平凡なおっさんサラリーマン。
それで職場の部下の若妻27歳とエッチしちゃったんだよ。
その若妻は結構上玉で、若美熟女とでもいうのか、可愛いけど綺麗。
芸能人だとYOUみたいな感じ。
あんな老けておばさんじゃねーけど。
若い男共はPerfumeの、かしゆかに似てるって言ってるな。
[ 2016/09/24 12:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

アラフォーの主婦ですが、夫には言えない「初めて」の話があります

アラフォーの平凡な主婦です。

主人には絶対言えない秘密があります。

といっても不倫や浮気じゃなくて、私の「初めて」の話。

私は小さい頃からおとなしいというか、地味で暗い子でした。

モテないくせに自意識過剰なのか、男の子に話しかけられると身構えるタイプ。
[ 2016/09/23 22:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※結婚を決めた彼女が、出張中に俺の親友と浮気してた

俺には、高校生の時から付き合っている恋人がいる。今は二人とも25歳なので、もう8年の付き合いだ。そして、もう3年ほど同棲もしているので、結婚もそろそろかなと思っている今日この頃だ。

彼女の典子は、身長150cmで、体重は教えてくれないが、無駄な肉もなくウェストもくびれているので、40kg台なのは間違いないと思う。そして、俺が夢中になっているのはそのおっぱいだ。凄く巨乳というわけではないけど、体型にしては大きい方だと思うし、何よりも形が抜群に良い。釣り鐘型というのだろうか? つんと上を向いたおっぱいは、AV女優の吉川あいみのようだ。
[ 2016/09/23 20:18 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

・僕のマリーが寝取られビッチ化ボテ腹END


主人公は億万長者のザックという男に、南の島のリゾート地のオーナーを任される。
オーナーの仕事は、招待された美女たちのお世話をして楽しませること。
その中のマリーという金髪の美少女に恋をしてしまった主人公は、仲を深めて告白を決意。
なんと告白は成功し、二人は恋人同士になった。

…約束のデートの当日、急にマリーとの連絡が取れなくなる。
その時、ホテルのマリーの部屋で「ナニ」が行われていたのか…。
主人公は最後までそれを知ることはできない…。


※寝取られ、ボテ腹表現を含みます。苦手な方はご注意下さい。
※D○Aを知らなくても、寝取られものとして楽しめる作りを目指しました。


[ 2016/09/23 18:58 ] 寝取られ・人妻コミック・CG | TB(0) | CM(-)

バイト先で知り合ったギャル系のお姉さんと付き合い始めたら、あっさりと寝取られて調教されていた

バイト先で一目惚れしてしまったんです。
パチンコホールでバイトしていて、キャンペーンの期間だけ来てくれるギャル系のお姉さんにガチ惚れそして、猛アタックして連絡先も交換して、なんとこのエロ可愛いギャルお姉さんと付き合い始めた。

お姉さんは玲奈という名前で、19歳の大学生。
SKEの松井玲奈似でかなり可愛い。
[ 2016/09/23 18:22 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

・日常的にお母さんに出す生活 お父さんに内緒の中出しエッチ編


全編フルカラーオリジナル母子相姦マンガ!

◆ストーリー
息子の性欲処理が日課となっているお母さん。
今までは息子と二人暮らしだったのでそんな関係も続けられていたが
ある日お父さんが単身赴任から帰ってきた!
もちろんお父さんには内緒の親子関係…
しかし父親が家に居るにも関わらず性欲旺盛な息子は我慢できずに…


[ 2016/09/23 16:00 ] 寝取られ・人妻コミック・CG | TB(0) | CM(-)

他人棒に嵌ってしまった社長夫人


かなり落ち着いて見えるが24歳のセレブ妻。知り合いの二代目バカ社長の奥さん。他人棒に嵌ってしまって、ガチで何度も逝きまくる!今後、徐々に精処理マ○コに調○する予定。社長にバレない事を祈る。



「演技ではなく真面目な子が巨根で連続で逝く」がコンセプト。
ここにしかないスカウトなどを使わない本当の素人のハメ撮りです。
真面目な子や経験の少ない子が多く、顔が一部隠れているのも本当の素人の為です。



貴方は“さいみん”を信じますか??
女性に“淫さいみん”をかけ、本能のままに欲望を貪る・・・。
初めての“さいみん術”体験・・・。
最初は楽しい“さいみん術”だったはずが、自分の“欲望”を引き出されていく人妻「久美」。
彼女が持つ“複数願望”を叶えるべく、“逆ナンンパ”を命令し・・・。
[ 2016/09/23 14:06 ] コンテンツマーケット | TB(0) | CM(-)

※妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる3

前回の話

私は、妻がカズ君とラブホテルに入ったと聞かされ、ショックを受けながらもホッとしていた。ラブホテルに入ったことを隠されるよりはマシ……。そんな気持ちだった。でも、妻はカズ君に対して、手でしただけで最後まではしなかったと言った。

私は、お互いに好きだと思っている同士がホテルに入り、最後までしないなどという事があるのだろうか? と、疑念を持ってしまった。

でも、私が妻に疑念を持ってしまったのとは逆に、妻の私への態度はさらに献身的で愛情深いものになっていった。そしてなによりも、私の気持ちをつなぎ止めようとでもするように、ほとんど毎晩セックスを求めてくるようになっていた。
[ 2016/09/23 14:04 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ここでしか読めないオリジナル体験談 更新案内

すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる3
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・友達カップルと、一日だけパートナーを入れ替えて鍋パーティーをしたら13
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・就職祝いに何でもしてあげると言われて、他の男とHしてと頼んだら怒られた完
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした03
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・やっと出来た彼女の処女を、他の男に奪ってもらいたい僕
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
[ 2016/09/23 14:03 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

・尋問 今晩、妻を責め立て寝取られの一部始終を白状させる―


尋問 今晩、妻を責め立て寝取られの一部始終を白状させる―。
谷原草太と申します。いきなりこんな‘ふしだら’をお見せしてしまって申し訳ありません。妻の希美と結婚して早8年、お互い忙しかった事もあり、まだ子供はおりません。しかしながら、希美と2人で助け合いここまで幸せな夫婦生活を送って参りました。ですが…まさか隣家の夫・佐藤と希美の間であの様な事が起こっていようとは。あの日、忘れ物を取りにエレベーターを上がったあの時まで、私は予想だにしませんでした…。


嫌なのに、嫌なのに、私は義父でしか濡れなくなった…
私は、夫と結婚後独り暮らしのお義父さんと三人で暮らしていました。お義父さんは見るからに女好きで、私はそんなお義父さんが苦手でした…。『親父はテクニシャンで、一度抱かれた女は二度と忘れられないらしいぜ…。』そんな言葉を夫から聞かされました。お義父さんが離婚された理由も浮気癖が原因らしいです。私もお義父さんの淫技に溺れて夫では満たされない身体になってしまうとは、この時知るはずもありませんでした…。


愛する夫のために他人に身を捧げた美人妻
外資系企業に勤める夫と二人で幸せに暮らしていた妻・いろは。そんなある日、夫が投資事業に失敗し、会社に莫大な損害を与えてしまった。その事で夫は半年間の謹慎処分、さらに会社側は、損害賠償を求める裁判を起こすと言ってきたのだ。マイホームを買ったばかりで貯金も無くノイローゼ気味になってしまった夫を見かねたいろはは、夫の上司に直接会って相談を持ちかけたのだが…。
[ 2016/09/23 13:57 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング