NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

・保証人になった僕のせいで、嫁が素人系動画に出演するハメになりました完(ブロマガ転載禁止)

前回の話

「もう一回比べてみたらどうだ?」
ショウは、笑いながら言う。僕は、ドキッとしていた。寝たフリしている僕は、興奮しすぎて勃起どころではなく、射精寸前といっても良いくらいの状態だ。見られたらマズい……。そんな焦りで、イヤな汗が噴き出していた。
『えぇ~? 時間もったいないですよ』
麻衣は、そんな風に言う。
「いいからいいから。そういうのもないと、ここでする意味ないだろ?」
ショウは、本当に楽しそうだ。本当に撮影をしていないとすると、ショウも麻衣も演技ではないと言うことになってしまう。僕は、妻と親友に裏切られている状況なのかな? と、強い不安を感じる。

『はぁ~い』
麻衣はそんな事を言う。ほとんど同時に、僕のパジャマのズボンに手がかかった。
『あれ? 勃ってる? なんで?』
麻衣の不思議そうな声に、僕はドキドキして逃げ出したくなる。
「そりゃ、あんなに激しくイキまくってたら、寝てても聞こえるだろ」
ショウが笑いながら言う。
『だってぇ、ご主人様のおチンポ、すごすぎるから。これとは全然違いますよ』
麻衣はそう言うと、僕のパジャマのズボンとパンツを一気に膝のあたりまで降ろした。勃起したペニスがブルンと揺れるのを感じながらも、僕は寝たフリを続ける。

『やっぱり、ちっちゃいです。でも、お汁いっぱい出てます』
麻衣は、からかうような口調だ。
「麻衣ちゃんがエロい声出すから、変な夢見てるんだろ」
ショウは笑いながら言う。
『そうですね。でも、本当に違うなぁ。パパのは、これでほとんど隠れちゃうから』
麻衣はそんな事を言いながら僕のペニスを握る。片手で握っているが、僕のペニスはほぼそれで隠れているのだと思う。
『御主人様のは……。両手でも足りないです』
麻衣は、比べるようなことを言う。僕は、悔しい気持ちがムクムクと大きくなるが、こればかりはどうしようもないと思う。

「でも、満足してるんだろ? その小さいのでも」
『御主人様とする前は満足してましたよ。でも、今はもうダメですよ~。これ知っちゃったら、もう戻れないです』
麻衣は、可愛らしく言う。
「本当に? 小さくても、愛があるから気持ち良いんじゃないの?」
『そ、それは……。気持ちいいですよ。でも、御主人様と比べたら、全然です』
麻衣は、ハッキリと言う。撮影もしていないのに、そんなひどいことを言っている。それは、本心だと言うことなのだろうか? 僕は、動揺しながらも寝たフリを必死で続ける。
「じゃあ、また入れてみろよ。こんなに勃ってるんだから、入れてあげないと可哀想だろ」
ショウがそんな事を言う。すると、
『じゃあ、入れたらもう一回してくれますか?』
と、麻衣が言う。
「良いぞ。ほら、早くしろよ。起きちゃうぞ」
ショウがそう答えると、すぐに麻衣は僕にまたがってきた。重さを感じると同時に、ペニスが熱い肉に包み込まれる。こんな状況なのに寝たフリを続けていると、我ながら滑稽だと思う。
『やっぱり御主人様の後だと、あんまりわからないです』
麻衣はそんな風に言う。僕は、別に麻衣の膣が緩くなったとは思わない。ショウのすぐ後でも、いつも通りだと思う。そんなに簡単に緩くなるものではないはずだ。

「動いてみたら? 動けばわかるんじゃないの?」
ショウが、適当な感じで言う。すると、麻衣は腰を振り始めた。僕は目を閉じ、寝たフリをしたままそれを受け止める。正直、気持ち良すぎて射精してしまいそうな感じになっている。

『動けばよくわかります。すごく固いから、はっきりわかります。御主人様より、固いかも』
麻衣が、少しからかうようなニュアンスで言う。
「そんなわけないだろ。ほら、比べてみろよ」
ムキになるショウ。負けず嫌いが出てしまっているようだ。
『どれどれ。あれ? やっぱりパパの方が固いかも』
麻衣がそんな風に言う。僕は、事の成り行きにドキドキしていた。あまり派手に動かれると、寝たフリも継続が難しくなる。すると、
「そんなことないだろ! ほら、ケツ向けろ! 今突っ込んでやるから、比べてみろって!」
と、イラついた口調でショウが言い、麻衣が僕の上からどいた。無理矢理引き剥がしたような感じなのだと思う。そして、すぐに、
『あぁんっ、御主人様の入ってきた。すごく固くなってます』
と、嬉しそうに麻衣が言う。麻衣の作戦なのかわからないが、結局、2回戦目が始まったようだ。

「どうだ! 俺の方が固いだろ!」
『うぅあっ、あっ、激しいよぉ、でも、同じくらいです。パパのも固いからぁ』
麻衣は、とろけた声で言う。すると、ベッドの揺れがさらに大きくなる。
「どうだ! 俺の方が固いだろ!」
ショウが、そんな言葉を吐きながら腰を激しく動かしているようだ。こんなのは、普通ならば目が覚めるはずだ。ここまで揺れて、起きないはずがない。でも、二人とも睡眠薬のようなものを僕に飲ませていると思っているせいか、気にもとめていないように感じる。

『そ、そんなことない! パパの方が固いっ!』
麻衣は、とろけたような声で叫ぶ。それは、単にショウを嫉妬させるために言っているように感じる。
「ウソだ!」
ショウは、ムキになって腰を振り続ける。僕は、激しく揺れるベッドの上で、寝たフリを続けた。

『あっ、うぅあっ、激しいっ、ダメぇ、イッちゃうっ! イクっ! うぅっ!!』
麻衣は、あっけなくイカされてしまった。すると、やっとショウの動きが止る。
「どうだ? 俺の方が気持ちいいだろ?」
ショウが言う。
『はい。御主人様の方が、ずっと気持ちいいです。でも、固さは……』
麻衣は、からかうように言う。
「じゃあ、どっちが固いか思い知らせてやるよ。ほら、移動するぞ」
『え? どうしてですか?』
「起きたらマズいだろ?」
『じゃあ、リビングで』
そう言って、二人は寝室から出て行った。僕は、ズボンもパンツも降ろしたまま置き去りにされてしまった。

戻すのも不自然だし、どうしようかと思っていると、麻衣の声が響いてくる。ほとんどあえぎっぱなしのような感じだと思う。僕は、見に行きたい気持ちを抑えながら、間抜けな状態で寝たフリを続けた。

そして、しばらくすると、玄関で物音がした。少しすると、麻衣が部屋に入ってきた。
『さすがに小っちゃくなってるか……』
麻衣はそう言って、僕のペニスを触ってきた。僕は、どうしていいのかわからず、寝たフリを続けるしかない感じだ。
麻衣は、無言で僕のペニスをしごいてくる。さっき、射精感すら感じるほど勃起していたせいか、すぐに反応して勃起してしまう。
『寝てても勃つんだ……』
麻衣は面白いと感じているような口調だ。
『こんなに固いのに……。もう、大きくならないのかな? おっぱいみたいに、手術で大きくならないのかな……』
麻衣は、そんな事を言いながらペニスをしごき続ける。もう、100%の勃起になってしまった。麻衣はそのまましごき続け、ついには口にくわえてくれた。すぐに舌が絡みついてきて、激しくカリ首を責めてくる。今までの麻衣とは別人のような巧みさだ。僕は寝ているので、下手くそのフリをしなくても良いと言うことなのだろうか。

『パパの、もう少し大きかったらいいのに……』
そう言って、フェラチオを続ける麻衣。僕は、少しホッとしていた。僕への愛情がなくなったわけではないと言う事だと思う。
そして、麻衣は僕にまたがってきた。そして、さっきよりも激しく腰を振る。
『んっ、んっふぅ、うぅ、あっ、パパ、愛してる』
そんな事を口走りながら腰を振る麻衣。でも、気持ち良さそうな感じはない。あえぎ声と言うよりは吐息しか漏れていないし、息遣いもジョギングをしている時程度にしか乱れていない。

麻衣は、僕に覆いかぶさってキスをしてきた。そして、舌を絡ませてかき混ぜてくる。タバコの味というか臭いが強く伝わる。僕は、嫉妬を感じて息苦しくなる。でも、麻衣は夢中でキスをしながら腰を振る。

僕は、さすがに寝たフリをやめようと思い、ムニャムニャと寝ぼけたような声をあげる。すると、動きを止める麻衣。僕は、
「あれ? どうしたの?」
と、寝ぼけ声で言った。
『ご、ごめんね。パパの大きくなってたから、イタズラしちゃった』
慌てた感じの麻衣。僕は、嬉しいよと言って彼女にキスをした。そして、下から突き上げるように腰を動かす。すると、
『あっ、あっ、パパ気持ちいいっ! すごく気持ちいいのっ、パパ、愛してるっ』
と、大げさにあえぎながら麻衣は言った。完全に、さっきとは違うあえぎ方だ。でも、演技だとは思いながらも、僕は興奮が増していく。
僕は、いったん仕切り直す意味も込めて体位を正常位に移行する。そして、正常位で腰を振った。でも、すぐにイキそうになってしまい、
「ごめん、もう出そう」
と、うめくように言った。すると、
『イッてっ! 私もイッちゃう! 一緒にイッてっ!』
と、麻衣があえぎながら言う。でも、ショウとしている時と比べると、我を忘れた感じがない。演技をしているのが見え見えだ。

僕は、嫉妬と敗北感の中、慌ててペニスを抜いて麻衣のお腹に射精した。麻衣は僕のザーメンがかかった途端、身体を小さく震わせて、
『イクっ』
と、言った。

『中に出してくれて良いのに……』
麻衣は、寂しそうに言う。僕は、つい謝ってしまう。そして、安全な日なの? と、質問した。
『違うけど、ピル飲んでるから……』
麻衣は、そんな風に言う。僕は、飲んでいるのか飲んでいないのかどっちなんだろう? と、わからなくなってしまった。麻衣はお腹のザーメンもそのままに、僕に抱きついてくる。そして、僕の首筋や胸にキスをしたりしてイチャイチャしてくれる。
『愛してる。もう少し、頑張るね』
麻衣は、少し思い詰めたような口調で言う。僕は、ごめんと謝りながらも、本当はもう完済してるんだよな? と、モヤモヤしてしまった。もしかして、あの言動も含めて演技で、実はちゃんと撮影をしているのではないか? とも思った。でも、それだと辻褄が合わないことが色々出てきてしまう。

『パパ、ごめんね。来週末、泊まりで撮影なんだ。不倫旅行みたいなシチュエーションで撮るんだって』
麻衣は、申し訳なさそうに言う。僕は、覚悟していたので、
「そっか……。無理しないでね。ツラい思いさせて、本当にごめん」
と、言った。麻衣は、黙って僕に抱きついてきた。そして、何も言わずにずっと抱きついていた……。


あっという間に、麻衣の撮影旅行の日が来た。でも、実際は撮影ではなく、ただの不倫旅行だ。僕は、どうしていいのかわからない気持ちだった。そもそも、本当に撮影はもう終わったのだろうか? 確かに、コンテンツマーケットには新作がアップされなくなった。でも、この程度の本数で、本当に3,000万円も売れたのだろうか? 僕は、何か裏があるんじゃないかと心配になっていた。

『じゃあ、行って来ます。本当にごめんなさい』
麻衣は、小さな旅行カバン一つ抱えてそんな風に言う。僕は、僕こそごめんねと言うのが精一杯だった。そして、彼女が出かけると、まだ寝ている娘を起こし動物園に出かけた。娘には、ママは友達と旅行に行っていると話してあるが、胸が痛んだ。まさか、他の男と不倫旅行に行っているとは言えるはずもない……。

今頃、何をしているのだろう? 不安な気持ちで胸が苦しい。でも、無邪気に遊ぶ娘を見て、なんとか笑顔で過ごした。
次の日の夕方、麻衣は普通に帰ってきた。帰ってこないかも……と、少しは思っていただけに、ホッとした。
『ただいま。ごめんね~。お腹すいたでしょ~』
麻衣は申し訳なさそうに言う。娘にじゃれつかれながらも夕ご飯の準備を始める。僕は、ホッとしながらも彼女のことを観察していた。何か変わったことはないだろうか? そんな気持ちだ。

しかし、特に変わったことはないように見える。心なしか疲れているようには見えるが、いつも通りの麻衣だと思う。でも、一泊でショウと何回してきたのだろう? どんなセックスをしてきたのだろう? そんな事ばかり想像してしまう。

そして夜になり、娘が寝付くと、麻衣が部屋に入ってきた。
『パパ、ごめんなさい。ねぇ、抱いて下さい……』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


・保証人になった僕のせいで、嫁が素人系動画に出演するハメになりました4(ブロマガ転載禁止)

前回の話

僕は、画面の中でバックで犯されている麻衣を見ながら、堪えきれずにオナニーを始めてしまった。麻衣は、僕が寝ているベッドに両手をつき、立ちバックのような格好で犯され続けている。まだ着衣のままで、スカートをまくり上げた状態でハメられてしまっている。

ベッドには、寝たままズボンとパンツを膝まで降ろされている僕が映っている。身体全体に薄いモザイクがかかっているが、どう見ても僕に間違いはないと思う。
僕が寝ているすぐ横でこんな撮影をしていたなんて、まったく知らなかった。

「そんなにちっちゃいのか? 旦那のは、奥まで届かないのか?」

小馬鹿にしたように言うショウ。演技だとはわかっていても、僕は打ちひしがれたような気持ちになる……。と言うか、本当に演技なのだろうか? さっきの3本の動画と違い、編集している感じがほとんどない。さっき見た3本は、良くコマが飛んでいた。細かくカット割りされ、かなり編集がされていたのだと思う。
でも、この動画に関しては、ほとんどワンカットで撮っているような感じがする。と言う事は、演技ではないのだろうか? 二人の素のセックスが、こんな風になってしまっている……。そんな、悪い想像ばかりが大きくなる。

『全然届かないの。届いたこと一回もない。今までのセックスって、なんだったのかなって思っちゃいます』
麻衣は、興奮しきったような声で言う。とても演技には見えない感じで、僕は動揺してしまった。
「じゃあ、旦那とのセックスでイッたことないだろ?」
ショウが腰を動かしながら、からかうように聞く。
『う、うん。イッたって思ってたのが、間違いだった……。あんなのでイッたって思ってたなんて、笑っちゃいますよね』
麻衣は、楽しそうに言う。そして、麻衣はベッドに寝転んでしまった。僕が寝ているすぐ横に寝転ぶ彼女。あまりにも大胆な行動に見える。そして、両脚を拡げると、自分で膝を抱えるようにしてしまった。
「エロい格好だな。そんなに奥まで欲しいの?」
ショウがあきれたように言う。
『はい。こうすれば、もっと奥まで入るでしょ? ご主人様のおチンポ、子宮の中まで入れて欲しいです』
麻衣は、まるで恋する乙女のような口調で言う。さっき見ていた動画は、かなり演技臭が強かった。でも、今のこの動画は、演技をしている気配もない。本当に身も心も堕ちてしまった……。そんな風に見える。
「じゃあ、たっぷり子宮に当ててやるよ。旦那が起きないように、声我慢しろよ」
そう言って、覆いかぶさっていくショウ。モザイク越しでも長くて太いのがわかる。きっと、コンドームをしてくれているはずだ……。中に出しているような感じの動画にしているが、本当はAVのようにちゃんとコンドームをしているはず……そんな風に、祈るような気持ちだ。
いくらピルを飲んでいても、コンドーム無しでセックスをされるのは本当に堪える。いくら僕が悪くて自業自得とは言え、それだけは勘弁して欲しい気持ちだ。

『うぅあぁ、太いの来たぁ』
両脚を自分で抱え上げたまま、麻衣があえぐように言う。少しでも奥に入れて欲しくてそんな格好をしているのだと思うと、何とも言えない気持ちになってしまう。僕は、麻衣とのセックスに何一つ不満はなかった。麻衣もそうだと思っていた。でも、まったく違ったみたいだ……。

「声デカいぞ。旦那、起きるぞ」
ショウはそんな事を言いながらも、腰を動かし始めた。あんなに大きく動いては、ベッドはかなり揺れていたはずだ。
『良いの。起きたら見てもらうの。本当のセックスは、こうやるんだよって教えてあげるの』
はしたなく足を広げたまま言う麻衣。私は、これは演技ではないんだろうなと思い始めていた。
「はは、ひどいな。じゃあ、遠慮無く突くぞ」
ショウはそう言って、串刺しにするような感じのピストンを始めた。
『うぅっ、ひぃぅ、深いぃ、突き抜けちゃうぅ、ご主人様のおチンポ、突き抜けちゃいますぅ』
麻衣は、しっかりと両脚を抱えたままあえぐ。着衣のまま、とろけた声をあげ続ける麻衣を見て、僕はもうイキそうになっていた。こんな動画を見ながらオナニーをするのも狂っていると思うが、どういうわけだかわからないが、今までの人生で一番気持ちいいと言っても良いくらいの強い快感だ。でも、僕は今イクのがショウに負けることになるような気がして必死で堪えた。

「よし、もっと感じろ。旦那の横でイキまくれ!」
ショウも興奮した声で言う。僕は、ショウの友情を疑うつもりはないが、そうも言っていられないような状況なのかな? と、思っていた。
すると、麻衣が服を脱ぎ始めた。さっと上着を脱ぎ、ブラジャーも外すと上半身裸になる。
「良いのか? 起きたら言い訳出来ないぞ」
『良いんです。言い訳なんてしませんから。だって、乳首も触りたいから』
麻衣はそう言って、自分の乳首を指でつまみ始めた。
「ド淫乱だな」
ショウはあきれたように言う。そして、腰の動かし方をさらに早くする。麻衣は、自分で両方の乳首をつまみながら、あえぎ声を出し続けている。僕は、寝ている間にこんな事が行われていたなんて、この目で動画を見ても信じられない気持ちだ。

『気持ちいいっ、おチンポ奥まで届いてるっ。全然違うのっ、御主人様のおチンポ、本当に気持ちいいっ! いっぱい出して下さいっ! 牝穴の奥に、ザーメンいっぱい注ぎ込んで下さいっ!』
麻衣は、卑猥なことを叫ぶ。もう、棒読みな感じもなく、心から発している言葉という感じだ。

「おっ、声デカいから、旦那反応してるぞ。勃ってるぞ」
ショウがそんな事を言う。
『ホントだ。こうやって比べると、本当にちっちゃい……。こんなので満足してたなんて、知らないって怖いですね』
麻衣がそんな事を言う。
「それって、フル勃起してる?」
『そうですよ。これで目一杯です。こんなんじゃ、子宮に届くわけないですよね』
からかうように言う麻衣。
「なぁ、入れて見ろよ。どんな感じか教えてくれよ」
『えぇ~? 時間の無駄だよぉ』
麻衣は、そんな事を言う。僕は、泣きそうな気持ちになってきた。でも、それなのにオナニーの手を止められない僕がいる……。

「いいからいいから。ほら、早くしろって」
『もう……いじわる。ちょっとだけですよ』
そう言って、麻衣は立ち上がる。そして、寝ている僕にまたがって、なんの躊躇もなく入れてしまった。ここまでされて起きなかった? 一体、何を飲まされたのだろう? 僕は、平気でこんな事をしてしまう二人に、恐怖を感じてしまった。

『あれ? 入ってる? 入ってるか……。御主人様のすぐ後だと、入ったかどうかもわかんない』
おどけたように言う麻衣。そして、腰を動かし始めた。
『本当にちっちゃい……。全然気持ち良くないです。もう、抜いても良いですか? 欲求不満になっちゃう』
麻衣は、少しも気持ち良さそうな気配もなく言う。
「そっか。じゃあ、いいぞ。戻ってこい」
ショウがそう言うと、すぐに麻衣はショウにまたがって挿入した。
『うぅっ、太いよぉ。やっぱり全然違う。本当に素敵です。このおチンポのためなら、何でもしちゃう』
麻衣はそう言って、腰を動かし始めた。すごい勢いで腰を上下に動かす麻衣。それだけではなく、ショウの上着をまくり上げ、乳首を舐め始める。

ショウの乳首を舐めながら腰を動かす麻衣……。僕は、そのはしたない姿を見て限界が来てしまった。射精感を抑えきれずに、爆発的に射精してしまった……。僕は、思わず声をあげそうになった。あまりの快感に、驚いてしまった。

僕は、イッてしまったこともあり、これ以上動画を見る気持ちになれなかった。飛び散ったザーメンを拭き取りながら、こんな事がいつまで続くのだろう? と、不安になってしまう。
そして、帰宅すると、家には誰もいない。娘は音楽教室で、麻衣は買い物か何かだと思う。すると、
『ただいま~。ごめんね、遅くなっちゃった』
と、麻衣の声が響く。
僕は、麻衣を出迎えて買い物袋を運ぶのを手伝う。
『早かったね。もう帰ってたんだ。お腹すいたでしょ? ごめんね、すぐ作っちゃうからね』
そう言って、エプロンを身につけると夕食を作り始めた。笑顔で夕食を作る麻衣……。以前と何も変わっていないように思える。優しくて清楚な雰囲気だ。動画の中の麻衣とは、違う人間にしか見えない。

『美味しい? 急いで作ったから、大丈夫かな?』
麻衣は、エプロンをしたままだ。僕は、美味しいと答える。実際、麻衣の料理は美味しいと思う。本当に、家庭的な良い奥さんだと思う。ちょうど音楽教室から帰ってきた娘と一緒に、3人の楽しい食事が始まる。

『パパ、次の土曜日、動物園いきたい!』
娘がそんなおねだりをしてくる。僕は、良いよと答えながらも、娘もすっかりと隔週土曜日に麻衣がいない生活が当たり前になってしまったんだなと感じた。僕は、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

その夜、娘が寝付いた後、麻衣に質問した。
「最近はどう? ツラいこととかはない?」
『ありがとう。大丈夫だよ。ショウさん優しいし、上手く行ってるって』
「そっか……。その……毎週セックスしてるんだよね?」
『……うん。ごめんなさい』
麻衣は、申し訳なさそうに言う。やっぱり、動画の中の麻衣は作られた麻衣なんだなと思って安心した。
「謝らなくていいよ。僕が悪いんだし……。その……。毎回、ちゃんとコンドームはつけてるの?」
僕は、どうしても我慢出来ずに質問してしまった。
『もちろん。ちゃんとしてるよ。だって、つけててもモザイクでわからないから……。安心してね』
麻衣は、よどみなく答える。僕は、ホッとしながらそっかと答えた。すると、麻衣の手が股間に伸びてきた。
『心配かけてごめんね。してあげる……』
そう言って、麻衣は僕のズボンとパンツを降ろすと、パクッとペニスをくわえてくれた。そして、舌が絡みついてくる。ぎこちない感じでフェラチオを続ける麻衣。動画の中の麻衣とは、全然違う。動画の中の麻衣は、AV女優や風俗嬢のように巧みにフェラチオをしていた。

僕は、気持ちいいと思いながらも、麻衣が内心なにを考えているのだろう? と、思ってしまった。やっぱり、小さいと思っているのだろうか? ショウと比べているのだろうか?
そう思えば思うほど、劣等感と敗北感が強くなる。すると、あんなにいきり立っていたペニスが、みるみる固さを失っていく。
『ご、ごめんね。私が下手くそだから……』
麻衣は、動揺している感じだ。僕は、誤魔化すように麻衣に覆いかぶさり、キスをした。すると、すぐに舌が絡みついてくる。僕は、必死で舌を絡めていくが、かすかにタバコの味を感じてしまった。僕も麻衣もタバコなんて吸わない。でも、確かショウは吸っているはずだ……。僕は、イヤな汗が噴き出すのを感じた。

もしかして、撮影日以外にも会ってる? 僕は、そんな疑念を吹き飛ばそうと麻衣の胸を揉む。そして、荒々しく上着を脱がせると、乳首に舌を這わせていく。気のせいかもしれないが、最近、乳首が大きくなったような気がする。

『あん。パパ、どうしたの? 激しいよ。あ、あっ、気持ちいい。パパ、すごく気持ちいいよ』
麻衣は、気持ち良さそうに声をあげてくれる。僕は、気がつくと勃起していた。さっきみたいにならないうちにと思い、すぐに挿入する。すると、ヒダが絡みついてくる感じと、熱い肉に包み込まれる感じに思わず声が漏れる。
『あっ、パパ、入ってきた。パパ、愛してる』
麻衣は、僕の顔を真っ直ぐに見つめながらそんな事を言ってくれる。でも、顔は少しもとろけていない。真顔と言っても良いくらいの顔だ。ショウが挿入した時の、我を忘れた感じは少しも無い。

僕は、愛してると言いながら腰を振る。少しでも奥に、少しでも麻衣を感じさせようと、必死で腰を押し込んでいく。
『あっ、あっ、パパ、気持ちいい。声我慢出来なくなっちゃう』
麻衣は、そんな事を言う。でも、ショウとのセックスとはまるで違う感じ方だ。と言うよりも、ショウの時と比べると、まるで感じていないように見えてしまう。

「あ、あいつとしてて、感じるの? 気持ちいいの?」
僕は、聞いてはいけないことだなと思いながらも、どうしても我慢出来ない。
『え? ふふ。そんなわけないでしょ。ショウさんとは、演技だよ。アダルトビデオみたいなものだよ。そんな心配してたんだ。大丈夫だよ。気持ちがないと感じないもん』
麻衣は、優しい顔で言う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


・保証人になった僕のせいで、嫁が素人系動画に出演するハメになりました3(ブロマガ転載禁止)

前回の話

『本当にこんなので歩くんですか? これって、パンツ見えてるでしょ?』
麻衣は、カメラに向かって不安そうな声で言う。麻衣は、セーラー服を着ていた。今時のオシャレな制服ではなく、AVなんかやバラエティ番組なんかで出てくるような、古典的なデザインのセーラー服だ。
ただ、普通と違うのは、股下が0センチではないか? と、思うほどの短いスカート丈だ。

「大丈夫だって。見えてないから」
ショウの声が響く。でも、言っている言葉とは裏腹に、立っているだけでチラチラとショーツが見えてしまっている。童顔で小柄な麻衣だけど、子持ちの人妻だ。さすがに無理がある格好だと思う。顔には薄いモザイクがかかっているので表情まではわからないが、恥ずかしそうにしているのは仕草でわかる。

『ホントですか? 恥ずかしいな……』
麻衣はそう言いながらも、歩き始めた。ショッピングモールの駐車場から、店内に移動を始める麻衣。入り口の感じで、いつも行っているモールではないことがわかる。少しホッとしたが、店内に入った麻衣は、さっそく注目を浴びている。少し後ろから、低めのアングルの映像が続く。多分、カバンか何かに隠しカメラをセットしたようなアングルだ。

麻衣とすれ違う男性が、チラチラと麻衣のことを見たり、すれ違った後で振り返って観察しているのがわかる。時折ショウは近づき、色々な指示をしていく。
麻衣は、わざとらしくポーチを落として拾ったりする。短すぎるスカートでしゃがむので、ショーツが丸見えになっている。そして、何度もエスカレーターに乗ったりする。後ろから見ると、お尻が丸見えになってしまうほどの状況だ。
そんな羞恥プレイみたいな事が続き、麻衣は生ジュースのお店で飲み物を購入しはじめた。男の若い店員さんが、驚いたような顔で麻衣の事を見ているのがわかる。かなり薄目ながら、店員さんの顔にはモザイクはかかっている。でも、表情がわかるほどの薄いモザイクだ。肖像権だとかなんかは大丈夫かな? と、心配になってしまうが、普通のAVビデオではないので、それほど大勢に見られるわけでもないのかもしれない。

麻衣は、お金を払うときに小銭を床に落としてしまう。そして、慌ててしゃがんでお金を拾い始める。でも、スカートがめくれ上がり、ショーツが丸見えなのがわかる。お尻はヒモのようになっているショーツなので、ぱっと見穿いていないようにも見えてしまう。

男の店員さんは、拾うのを手伝っている。でも、目線は嫁のスカートの中というか、剥き出しのショーツに注がれている。
『見えちゃった?』
麻衣が店員さんに声をかけると、店員さんは慌てて視線をそらした。そして、ごめんなさいと謝る。
『ダメぇ~。店長さんに言いつけちゃおうかな?』
麻衣は、少しぎこちない感じだが、そんなことを言った。すると、必死で謝る店員さん。麻衣はさらに話を続け、バイトが終わる時間を聞く。すると、30分後にはアップするとわかる。

麻衣は、35分後に駐車場の入り口に来るように指示をした。不安そうな顔で、店員さんはわかりましたと答えた。

そして、画面はブラックアウトして違う場面に変わる。駐車場の入り口に立っている麻衣。そこに、さっきの店員さんが私服でやって来た。
『早かったのね。じゃあ、こっちにおいで』
麻衣は、少し震えているような声だ。店員さんは、不安そうな声で、どこに行くんですかと質問する。
『大丈夫よ。言いつけたりしないから』
そんな会話をしながら、麻衣は駐車場の奥へ歩き始める。その後を追うカメラ。すると、また場面が転換した。すると、いきなり車内になった。ワンボックス車の後部座席のような、広い空間だ。座席の上には、麻衣と店員さんが座っている。麻衣は、スカートをまくり上げてショーツを丸見えにしている。

『どう? 見える? 見たかったんでしょ?』
麻衣は、そんな痴女のような言葉を言う。
「は、はい。よく見えます。すごくエロいです」
店員さんは、かなりおどおどしている。僕は、本当に驚いてしまった。これは、本当にやっているのだろうか? それとも、最初から店員さんと話を通してやっているのだろうか? 台本無しでやっているとすれば、かなりマズい気がする。でも、店員さんのキョドりっぷりは、あまりにもリアルだ。

『じゃあ、脱がしてくれる?』
麻衣は、少し腰を持ち上げて言う。僕は、脇に汗が噴き出すのを感じていた。ショウとセックスをしたりするのは、ある意味では自業自得で仕方ないことだと思っている。でも、まさか他の男にまでこんな姿をさらすなんて、聞いていないし想定もしていない。

「わ、わかりました」
店員さんは、ゴクッと生唾を飲み込むような感じで答える。そして、手を伸ばして麻衣のショーツを脱がせ始める。麻衣は、腰を浮かして脱がせやすくするので、あっという間に脱がされてしまった。この時にはまだヘアがあったようで、あまり整えられていない感じのヘアが丸見えだ。膣口周りにはモザイクがかかっているので見えないが、なんとなく濡れて光っているような風に見える。

『どう? どんな感じ?』
麻衣は、うわずった声で聞く。ここまで脱がされて覚悟が決まったのか、声の震えがなくなった感じだ。
「すごく……濡れてるみたいです」
店員さんが答える。
『うん。あんな格好で歩いてたから、興奮しちゃった。みんな、ジロジロ見るんだもん』
麻衣は、うわずった声で言う。興奮しているのが伝わってくるような声だ。

「見られたいんですか?」
男の子は質問する。
『そうよ。ほら、ここも見て欲しいの。見える? 中まで見てくれる?』
麻衣は、両手でアソコを拡げ始めた。僕は、信じられない思いでそれを見ていた。あの麻衣が……。清楚で恥ずかしがりの麻衣が……。いくら動画を売るためとは言え、やりすぎやらせすぎだと思う。

「見えます。ウネウネしてます」
店員さんは、あまり女性経験が無いのか、緊張した声で言う。
『触ってくれる? クリトリス、触って欲しくてうずいてるの』
麻衣は、そう言ってさらにクリトリスの包皮を剥き始めた。モザイクがかかっていても、包皮から剥き出しになるクリトリスがわかる。いくら何でも、薄すぎないか? そんな心配をしてしまう。

「良いんですか!?」
店員さんは、ハイテンションになる。
『そんなに嬉しいの? もしかして、童貞くん?』
麻衣は、不思議そうに聞く。これが台本無しだとすると、麻衣は上手すぎるなと思ってしまう。店員さんは、恥ずかしそうに童貞だと告白した。
『あら、可愛いわね。じゃあ、卒業しちゃう?』
麻衣は、よどみなく言う。僕は、これは台本無しで、麻衣のしたいようにしているのではないかと思い始めていた。

「いっ、いいんですかっ!?」
店員さんは、すごい勢いで聞いた。
『ふふ。じゃあ、まずはお口でしてあげるね。初めてだよね?』
麻衣はそんなことを言う。すると、店員さんはそうですと答える。麻衣は、
『じゃあ、頂きま~す』
と、明るい口調で言いながらフェラチオを始めてしまった。
「あぁ、凄い……」
男の子は、思わず声を漏らす。麻衣は、わざとなのか、イヤらしい音を立てながらフェラチオを続ける。卑猥なセーラー服姿の麻衣が、初対面の童貞にフェラチオをしている……。僕が保証人になんてなったばかりに、麻衣にとんでもないことをさせてしまったと、強い後悔を感じていた。

『けっこう大きいんだね。いつもオナニーしてるの?』
そんなことを聞きながら、フェラチオを続ける麻衣。店員さんは、はいと答える。
『こんなに立派なおちんちん、使わないともったいないよ』
そう言いながら、手でしごき続けている。
「で、出ちゃいそうです」
店員さんは、切羽詰まった声で言う。もう、イッてしまいそうだ。

『ダメだよ。お口じゃ物足りないでしょ? じゃあ、卒業させちゃうね』
麻衣はそう言って、対面座位のような格好で店員さんにまたがり始めた。その様子を、カメラは撮し続けている。そう言えば、ショウは一切言葉を発していないし店員さんも麻衣も、カメラを意識していない感じだ。カメラは固定アングルのまま動かないので、もしかしたらショウはこの場にいないのではないか? そんなことを考えてしまう。もしもそうなら、麻衣が自分で行動していることになる。僕は、麻衣は嫌々撮影をしているわけではない……そんな風に思い始めていた。

『あん。入っちゃた。どう? 卒業した気分は』
麻衣は、そんな風に聞く。僕は、そんなにあっけなく……と、思っていた。そして同時に、コンドームは? と、心配になってしまった。どう見ても、コンドームをつけている場面はなかった。動画は、ほぼワンカットみたいな感じなので、本当につけていないのだと思う……。

「ヤ、ヤバいです。出ちゃいそう」
店員さんは、情けない声で言う。
『ダメよ。出したら出来ちゃうわよ。人妻妊娠させたら、ヤバいわよ~』
麻衣は、イタズラっぽく言う。
「えっ!? け、結婚してるんですか? さっきの人ですか?」
怯えたような感じで聞く彼。
『違うわよ。あれは、御主人様。パパはおちんちんちっちゃいから、あんまりセックスしてないの』
麻衣は、そんなことを言う。もう、演技なのかなんなのかわからなくなってしまった。

「そ、そうなんですか? おちんちんって、大きい方が気持ちいいんですか?」
店員さんは、そんな質問をした。
『もちろん。全然違うわ。キミのは奥に当ってるけど、パパのは全然当らないの。子宮を突いてもらわないと、イケないのよ。だから、パパは女性をイカせることが出来ないの。可哀想よね』
同情した口ぶりで言う麻衣。本心で言っているように聞こえてしまう。

「そうなんですね……。じゃあ、僕のならイケますか?」
『そうね。キミがイクの我慢できたらね』
そう言って、麻衣は腰を振り始めてしまった。車の中で、対面座位でセックスをする麻衣……。いくら車内とは言え、ショッピングモールの駐車場では人目があると思う。それでもかまわず、麻衣はガンガン腰を振っている。

『あぁ、ホント気持ちいい。奥に当ててくれないと、全然気持ち良くないんだ。だから、パパとしても欲求不満になっちゃうんだよね』
麻衣は、そんなことを言いながら腰を振り続ける。設定上のセリフ……のはずだ。

「本当に気持ちいいです。でも、もう出ちゃいそうです、ヤバいです」
焦った口調で言う彼。でも、麻衣は腰の動きを止めない。
『ほらほら、我慢しないと。妊娠しちゃうよ~』
麻衣は、からかうような口調で言う。店員さんは、かなり焦った口調で、本当にダメだとか言い続ける。
すると、麻衣は店員さんにキスをした。舌が差し込まれるのがハッキリと見えている。僕は、まさかこんな事までしているとは思ってもいなかっただけに、頭を鈍器で殴られたようなショックを受けてしまった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


保証人になった僕のせいで、嫁が素人系動画に出演するハメになりました2(ブロマガ転載禁止)

前回の話

麻衣はショウのペニスをくわえながら、スカートの中でディルドを夢中で抜き差ししている。僕とのセックスでオモチャなんて一度も使ったことはないし、セックス自体も恥ずかしがるような麻衣だったのに、こんな事までしている……。もちろん、僕の借金のせいだし、これが演技だともわかっている。それでも、視覚的な衝撃は大きい。

『えぇ~。大きいけど、やっぱり本物が良いです。この大きなおちんちん、淫乱な牝穴にハメて下さい』
麻衣は、甘えてせがむような声で言う。カメラは嫁のフェラチオを映し続けている。時折横からのアングルに切り替わるが、正面からのアングルは、薄いモザイクも相まって、麻衣の顔がなんとなくわかる気がする。
こうやって見ると、確かにモザイク越しでも可愛い雰囲気は伝わってくる。そして、普段はまったく意識していなかったが、麻衣は声が可愛い。その上小柄で巨乳という要素が加われば、確かに顔出ししなくても買う人がいるのはわかる気がする。

「じゃあ、それ入れたまま服脱いでよ。ストリップショーで楽しませてくれる?」
ショウは、そんなリクエストをした。
『もう……変態。ストリップしたらすぐに入れて下さいね』
麻衣はそう言って立ち上がり、服を脱いでいく。上着を脱ぐと、薄いピンク色のブラジャーが姿を見せる。初めて見るブラジャーだ。少しサイズが小さめなのか、胸の谷間がいつも以上にどぎつい。視覚的なエロさがすごく大きいと思う。
そして、スカートを脱ぐと、すでにショーツは穿いていなかった。モザイク越しでもわかるくらいに大きなディルドが突き刺さったままになっている。

「うわ、エロいね。じゃあ、ディルドから手を離して、少し脚拡げてくれる?」
ショウは、そんなリクエストをする。
『えぇ~? 抜けちゃうよ?』
麻衣は、戸惑ったような声で言う。演技しているわざとらしさが本当に薄くなっている。麻衣に、眠っていた才能があると言うことなのかな? と、不思議に思った。

麻衣は、言われたとおりに脚を拡げる。すると、アソコからディルドが生えているような感じになる。
『あぁ、抜けちゃう。抜けそう』
焦った声で言う麻衣。
「ダメだよ。力入れてごらん。締めつけてみてよ」
ショウは、楽しそうに言う。友情を疑うつもりはないが、個人的な楽しみを入れているのではないか? そんな疑いを持ってしまいそうだ。
『うぅ、ダメ、重すぎて……あぁ、抜けちゃう、ダメぇ』
麻衣は、切羽詰まった声で言う。でも、その声が場違いにセクシーに聞こえる。
「ほらほら、もっと頑張って。トレーニングだと思って」
『は、はい。うぅ、ダ、ダメぇ、これこすれて、うぅっ、気持ち良くなっちゃうぅ』
麻衣は少し内股気味になりながら、切なげな声を上げる。ショウは、頑張れと繰り返す。
『あぁ、ダメぇ、もう、うぅっ、ひぃぁぁっ』
麻衣がセクシーな悲鳴のような声を上げると、スポンと言う感じでディルドは抜けてしまった。
「あ~あ。抜けちゃった。それでトレーニングしたら、旦那のおちんちんでも気持ち良くなれるんじゃない?」
ショウはそんなことを言う。僕は、台本だとわかっていても、そのセリフに複雑な気持ちになる。

『うん。やってみるね。でも、今は早くこのおちんちんが欲しいです』
麻衣は、発情した牝のような声で言う。
「じゃあ、入れるところ撮るから、自分で入れてみて」
ショウはそんな指示をする。ノリノリというか、テンションが高くなっているような口調だ。
『恥ずかしいな……。本当に撮るの?』
麻衣は、モジモジしながら言う。
「当たり前じゃん。そのためにカメラ買ったんだから。ほら、早く早く」
せかすショウ。麻衣は、渋々な感じでまたがっていく。ベッドの上で脚を伸ばして座っている彼の上に、麻衣が腰を降ろしていく。
「生で平気?」
『うん。今日は安全な日だよ』
麻衣はうわずった声で言う。
「いつも安全日なんだね」
笑いながら言うショウ。
『そ、そんなことないよ。安全日だから、今日にしたんだよ』
「そんなに中に欲しいの?」
『うん。だって、中に出されると、本当に気持ちいいんだもん』
「悪い奥さんだねぇ」
『そんなことないよ。このおちんちんが悪いんだよ。気持ち良すぎちゃうんだもん』
そう言って、麻衣はあっさりとショウの上にまたがってしまった。モザイクがかかっているので、本当に生で入れているのかゴムをつけているのかわからない。でも、当然コンドームはつけてくれているはずだ。僕は、祈るような気持ちで動画を見続けた。
『あぁ、ヤバい。やっぱり気持ちいいよ。パパのと全然違うね』
麻衣は、気持ち良さそうに言う。本気で言っているのではないか? そんな臨場感がある。

「そんなに旦那の小さいの?」
『うん。全然小さいよ。でも、それが普通だって思ってた』
おどけて言う麻衣。
「じゃあ、このチンポ知らない方が良かったんじゃない?」
『ホントだよ~。もう、知っちゃったから戻れない』
麻衣は、悪びれる風もなく言う。
「じゃあ、たっぷり楽しませてあげるよ」
ショウはそう言うと、腰を突き上げ始めた。ブラをしたままの胸が、ユサユサ揺れるくらいの激しい突き上げ方だ。
『あぁっ、あっ、あんっ! 当ってる。おチンポ当るぅっ! うぅあっ、気持ちいいっ! 奥までいっぱい届いてるよぉ』
麻衣は気持ちよさそうな声をあげながら、どんどん高まっていく。

「コリコリしてるよ。子宮降りすぎじゃない? 妊娠する気、満々じゃん」
ショウは、そんなことまで言う。僕は、演技とはいえやりすぎじゃないかな? と、思っていた。いくら動画を売るためとは言え、ここまでしなくてもいい気がする……。

『もっとっ! もっと子宮いじめてっ! 気持ちいいのっ、こんなの知らなかったのっ! あっ! あんっ、気持ちいいっ! もっとチンポ突いてぇっ!』
麻衣は、はしたない言葉を叫びながらどんどん高まっていく。のけ反ったり、ビクンと体を震わせたり、僕とのセックスではまず見ないようなリアクションを繰り返す。

「よし、次は後ろからハメるよ。バック好きでしょ?」
ショウは、そんなことを言う。すると、麻衣はすぐにペニスを抜き、四つん這いになりながら、
『好き~。犯されてるって感じがして、ドキドキしちゃう』
と、言った。実際の麻衣は、バックを求めることはない。正常位で、僕の顔を見ながらしたいと言ってくれる。

「よし、たっぷり犯してやるよ。じゃあ、自分で拡げて犯して下さいって言ってみろ」
ショウは、命令口調に変わった。麻衣は、言われるままに両手でアソコを拡げ始める。バックの格好で、自分でアソコを拡げる麻衣……。麻衣が好き好んでこんな事をするはずがない……。そう思うと、やっぱり台本で演技なんだなと安心する。でも、さっきから僕の興奮は高まるばかりだ。

『淫乱な牝穴、大っきなおチンポで乱暴に犯して下さい』
麻衣は、震えるような声で言う。興奮で、声がうわずっているように聞こえる。
「どんな風に大きいチンポを入れて欲しいの?」
『もう……。パパのより大っきなおチンポ、浮気主婦の牝穴に突っ込んで下さい』
麻衣は、そんなAVのようなセリフを言う。でも、ほとんど不自然さはなくなっている。演技が上手になったというか、慣れたのだと思う。

ショウは、一気にペニスを挿入した。そして、ひぃっ! と、あえぐ麻衣にかまわず、ペニスをピストンさせ始めた。麻衣は、あえぎっぱなしになる。シーツをギュッと掴んだり、顔をクッションに押しつけたりしながら、とろけたあえぎ声をあげ続ける。
「この浮気牝犬が!」
ショウは、そう言って麻衣のお尻をピシンと叩く。鋭い大きな音が響き、かなり力を入れて叩いているのが伝わってくる。

『イヤァ、もっとしてぇ、もっと強くっ! 真っ赤になるくらいぶってっ!』
洋物のAVでは、よく見る光景だ。でも、実際にお尻を叩かれて感じるのだろうか? 僕は、不思議に思いながらも、実際に麻衣はトロトロにとろけた声をあげているなと感じていた。

「おらっ、もっと締めろっ! こんな締めつけじゃ、旦那は全然気持ち良くないぞ!」
ショウは、思いきり麻衣のお尻を平手打ちしている。完全にサディストだ。ショウは何度も麻衣のお尻を叩きながら、腰を振り続ける。
『イクっ! イッちゃうっ! おチンポイクっ! イクゥッ!!』
麻衣は、はしたない言葉を叫びながら背中を大きくのけ反らせる。
「イクぞ、出すぞっ!」
ショウも、すぐにつられるように叫ぶ。
『中に出してっ!』
麻衣はそんな言葉を叫んだが、ショウはペニスを抜くと、強引に麻衣を座らせてその顔にザーメンをぶっかけた。
『キャッ、あぁ、熱い……』
麻衣は、感じているような声をあげている。薄モザイク越しに、恍惚とした顔の麻衣が見えるようだ。

「顔にかけられたことあるの?」
『ないよ。なんか、ぞくぞくってしちゃった。へへ、ドロドロになっちゃったね』
麻衣の顔のモザイクが鼻より下が消え、ドロドロになった頬や口周りが丸見えになる。僕には、麻衣だと一瞬で分かる状態だ。僕は、身バレてししまうのではないか? そんな不安を感じた。でも、そこですぐに動画は終わった。

僕は、荒い呼吸を整えるので精一杯だった。そして、どうして僕はあんなにも興奮してしまったのだろう? そんなことばかり考えていた。もう一本動画を買おうか迷ったが、僕自身のキャパをオーバーしてしまったこともあり、今日はやめておいた。そしてその夜、僕は興奮が収まりきらず、麻衣と娘が眠る寝室に忍び込んだ。
『あれ? どうしたの? 眠れないの?』
麻衣は、読んでいた小説をサイドテーブルに置き、笑顔で話しかけてくる。娘は、もうスヤスヤと寝ている。
僕は、黙って麻衣のベッドに潜り込み、抱きついてキスをした。麻衣は何も言わず、抵抗もせず、舌を絡ませてきてくれる。僕は、夢中でキスをしながら、ザーメンまみれの顔になった麻衣の姿を思い出していた。

僕は、強引にパジャマの中に手を突っ込み、彼女の大きな胸を揉み始めた。寝るときはブラとキャミソールが一体になったようなものを着ているので、柔らかい胸の感触が手の平に広がる。
僕は、この胸をショウにも触られてしまっていると思うと、激しい嫉妬を覚えてしまう。

『あん。どうしたの? 興奮してる?』
麻衣は、不思議そうな声で聞いてくる。僕は、そんなことないと言いながらも、さらに荒々しくパジャマとキャミをまくり上げ、直接乳首を舐め始めた。
『んっ、ん、あっ、パパ、気持ちいいよ。んっ、くぅ、うぅぅっ!』
僕の愛撫に、すぐに反応してくれる麻衣。でも、僕はあの動画のことしか頭にない。そして、麻衣はどう思っているのだろう? と、邪推し始めてしまった。アイツの愛撫と比べているのではないか? アイツの大きなペニスと比べているのではないか? そんなことばかり考えてしまう。

そして、パジャマのズボンの中にも手を突っ込み、ショーツの中に手を差し込んだ。すると、あるべきはずのヘアの感触がない……。僕は、ビックリして質問した。
『ご、ごめんなさい。撮影で、剃られちゃったの……。ごめんね。でも、売れるためには工夫しないと……。顔も出していないし……』
麻衣は、申し訳なさそうに言う。でも、口調とは裏腹に、表情は悪いと思っているようには見えない。仕方ないでしょ? と、言われているような気持ちになってしまう。

僕は、嫉妬と焦りでわけがわからないテンションで、彼女を全裸に剥いた。そして、麻衣のアソコを舐め始めた。クンニなんて、いつもはほとんどしない。でも、ツルツルのアソコを見たら、無性に舐めたくなってしまった。

まったく毛のないロリなアソコを舐めると、かすかに剃った毛の感触がある。そして、アソコはすでに十分すぎるほど湿っていて、クリトリスもカチカチになっている。

『あっ、ダメぇ、恥ずかしいよ、ダ、ダメ、うぅっ! うぅ~っ!』
嫁は、アソコを舐められながらうめくような声であえぐ。そして、身をよじるようにして抵抗してくる。僕は、それでも夢中で舐め続けた。ヘアのないアソコを舐めていると、とてもイケないことをしているような気持ちになる。
『ダッ、ダメッ、ホントに、うぅっ! あっ、あっ! あんっ』
麻衣は、気持ちよさそうにあえぎ始めた。僕は、バター犬になったつもりで舐め続ける。すると、急に何かドロッとしたものが流れ出てきた。僕は、一瞬驚いた固まってしまった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


保証人になった僕のせいで、嫁が素人系動画に出演するハメになりました(ブロマガ転載禁止)

会社の上司の保証人になった事で、3000万円の借金が出来てしまった。勤めているのが一部上場の会社で、なおかつそのとても仕事の出来る上司だったので、完全に信じ切ってしまっていた……。
上司は、他にも使い込みや横領にも手を染めていて、聞いた話ではフィリピンの女性に入れあげてしまっていたそうだ。テレビのニュースにもなってしまい、それこそ蜂の巣をつついたような騒ぎになったが、上司は消息不明になってしまった……。

僕は、会社には連帯保証人になった事などとても言えず、自殺すら考えるような状況だった。そして、ワラにもすがる思いで、友人のショウに連絡をした。中学の頃からの友人で、真面目タイプな僕とは違って悪いグループに属しているようなヤツだったが、なぜか僕とは気が合った。
そして、彼がネットで儲けているというのは、昔から聞いていた。

「いくらなの?」
ショウは普通のテンションで聞いてきた。僕は、素直に金額を言う。
「そっか。3年だな。心配すんなって」
と、あっさりと言ってくれた。僕は、意味がわからないながらも、なぜか安心して泣いてしまった。

「とりあえず、金利もったいないから、いったん払っとこうか。口座教えてくれよ」
彼は、何食わぬ顔で言う。そして、その場でネットで振り込んでしまった。そんな高額の振り込みがネットで出来る事にも驚いたが、何も担保をとらずに、あっさりと僕の口座に振り込んだ事に驚きすぎて言葉も出ない。

「オマエって、文章得意だっけ? パソコンは、どの程度使える?」
そんな質問をしてくるショウ。僕は、順番が逆のような気がしていた。何も確認せずに、先にお金を振り込んでくれた彼に、どうしてそんな事をしたのか聞いた。
「え? ダチだからだろ。俺にとっちゃ、数少ないダチだからな。それに、それくらいの額なら、マジでなんとでもなるし」
ショウは、涼しい顔で言う。僕は、感動してまた泣いてしまった。

ただ、その後の話し合いで、僕に出来る事がほとんどない事がわかる。文章作成能力があれば、アフィリエイトやブログ系でなんとかなるそうだが、それは難しそうだと言われた。
「言いづらいけど、嫁さんに協力してもらうしかないかな?」
彼は、少し言いづらそうだった。でも、僕も後には引けないし、今さら格好をつけるつもりもない。

彼の説明は、正直に言うとショックだった。一言で言えば、嫁のハメ撮り動画の販売……というものだ。ただ、顔にはモザイクで、嫁とはわからないようにするらしい。でも、そんなものが売れるのだろうか? と、質問すると、
「シチュエーション次第だよ。これ見てみ。寝取られ系の素人動画で、メチャ売れてるヤツ」
そんな風に見せてきた動画は、本当に顔にモザイクが掛かったものばかりだ。それどころか、アソコにもちゃんとモザイクがかかっていて、非合法ものではない感じだ。
「こんなので、売れるのか?」
僕は、率直な意見を言った。でも、彼の説明では売れまくっているそうだ。そして、おそらく月額200万は固いと言った。
「でも、オマエの場合は3000万だろ? そんなに焦らなくても良いんじゃね? 月2〜3本で良いと思うぞ」
彼は、そんな事を言った。

僕は、彼の提案に納得はした。でも、嫁に話したら離婚だろうなと思っていた。まだ娘も小さいし、今離婚すれば僕の事なんて忘れてしまうはずだ。
それに、嫁は夫の僕が言うのも恥ずかしいが、本当に可愛いと思う。バツイチ子連れでも、再婚は簡単だと思う。

それを話したら、
「そっか、でもよ、そうなったら自己破産すれば良いんじゃね?」
と、彼は言う。僕は、その言葉を聞いて肩の荷が下りた気持ちになった。

そして、嫁に話をすることになった。ショウもついてきてくれるという。僕は、心強いと思いながらも、自分が情けなくて泣きそうだ。

そして、帰宅すると、
『あれ〜? ショウさん? お久しぶりです!』
と、嫁は上機嫌で挨拶をしてきた。
「こんばんは。久しぶり。もっと可愛くなったね」
ショウは、軽いノリで言う。
『そんな事ないですよ〜。今日は、どうしたんでか?』
嫁は、本当に楽しそうだ。僕は、普段こんな風に友人を連れてくる事もないので、刺激になっているのだと思う。

娘が寝ているのを確認すると、僕は話を始めた。
『パパは人が良すぎるよ。本当にバカなんだから』
嫁はこんな話なのに、笑いながらそう言った。怒っている気配もない。僕は、離婚の事も話した。
『え? なんで? 私の事嫌いになったの?』
嫁は、ズレた事を言う。僕は、その意味も説明した。
『するわけないじゃん! だって、パパが悪い事したわけじゃないんでしょ?』
嫁は、笑顔で言う。僕は、信じられない思いだった。
『でも、3000万か〜。ゴメンね、実家がお金持ちだったら良かったんだけど……』
嫁は、そんな事まで言ってくれる。確かに、嫁の実家は裕福ではない。でも、極貧というわけでもない。ごく普通の家庭だ。逆に、うちの実家の方が貧乏なくらいだ。結局、両方とも実家には頼れない状況だと思う。

そして、ここでやっとショウが説明を始めた。内容があまりにも突拍子もない内容だけど、ノートパソコンで実際の動画を見せながら説明する彼。
『……これなら、私みたいなブスでも出来るね……』
そんな事を言う嫁。自己評価が低いのは、謙遜ではなくいつもの事だ。

「麻衣ちゃんがブス? なわけないじゃん。顔出ししたら、1日で3000万くらい売り上げちゃうって」
ショウはそんな事を言う。でも、麻衣はそんな事ないと言い続ける。
「まぁ、顔出しなんかしちゃったら最後だから、焦らずに行こうよ」
ショウは、そんな事を言った。そして、驚くほどあっさり麻衣は承諾した。

『だって、私がちょっと我慢すれば、今まで通り暮らせるんでしょ?』
麻衣は、明るく言ってくれる。それどころか、
『でも、私の事、嫌いになったらダメだからね。約束だよ』
と、言った。僕は、やっぱり感動して泣いてしまった。

そして、3人で具体的な話を始める。
「いや、それはダメだ。そう言うのって、やっぱりバレるんだよ。顔見せしない分、リアリティには気を使わないと」
彼は、そんな説明をする。僕が男優になればいいんじゃないかという提案に対してだ。

「なるべくプロは使わない方がいいからな。二人さえよければ、俺がやろうか? 俺がやれば、その分費用も浮くし」
ショウは、そんな提案をしてきた。
『え? 良いんですか? 私なんかが相手で、イヤじゃないですか?』
麻衣は、そんな事を真顔で言う。彼女の自己評価の低さに、驚くばかりだ。
「イヤなわけないじゃん! 喜んでやらせてもらうよ。どうだ、オマエはOK?」
ショウは、僕に聞いてくる。僕は、即答出来ずにいた。
『パパ、全然知らない人は怖いな……。ショウさんにお願いしたら?』
嫁にそう言われ、僕は彼に託す事にした。

そして、さっそく今週末に撮影をすることになった。僕は、ショウが帰った後、もう一度麻衣に謝った。
『謝らなくてもいいよ。それより、今すぐ抱いて欲しいな……』
と、潤んだ目で言われた。
セックスの間中、
『嫌いにならないでね。パパ、愛してる。絶対に嫌いになっちゃダメだからね』
と、言い続けてくれた。僕は、不思議な気持ちだった。どう考えても、嫌われるとすれば僕の方だ。と言うよりも、僕が捨てられるパターンだと思う。
僕は、麻衣と結婚出来て本当に良かったなと思っていた。

そして、土曜日、
『じゃあ、行ってくるね。頑張るからね!』
と、嫁は元気いっぱいに出かけていった。まるで、何かの試合にでも行くようなテンションだった。僕は、娘と公園に行ったり、本屋さんに行ったりしながら時間を潰した。でも、今頃何をしているのだろう? そんな思いで胸が苦しくて仕方ない。
『パパ、どうしたの? どうして泣いてるの?』
娘にそんな言葉をかけられ、僕は自分が涙を流している事に気がついた。僕は、なんでもないよと誤魔化しながら、娘と帰宅した。
『おかえり〜』
帰宅すると、すでに麻衣がいた。
「えっ? ど、どうしたの? 中止になったの?」
戸惑う僕に、
『もう終わったよ。最初は軽いヤツだって。ねぇ、ご飯食べに行こうよ! なんか、疲れちゃった。手抜きでゴメンね』
と、明るく言う麻衣。特に、何も変わっていないと思う。何をしてきたのだろう? 僕は、不安と心配で胸がいっぱいになる。でも、明るい彼女の様子を見て、心配する必要は無いのかな? とも思う。そして、3人でファミレスで食事をした。いつも通りの感じで楽しく食事を終え、帰宅し、娘を寝かしつけるとリビングで嫁に質問した。
「大丈夫だった? イヤな事はなかった?」
そんな風に質問する僕に、笑顔で、
『大丈夫だよ。ショウさん、凄く気を使ってくれたし、優しかったよ。早く返し終わるように、頑張るね』
と、言ってくれた。その言い方が、あまりに普通で軽い感じだったので、僕は今日はセックスまではしなかったのだろうなと思った。

そして、隔週の土曜日に麻衣が撮影に出かける日々が始まった。でも、それ以外は本当に何も変わらない毎日だった。麻衣は明るいままの彼女で、セックスも以前通り週に2回程度はある。とくに、テクニックが変わったわけでもないし、麻衣の感じ方が変わったわけでもない。本当に、ハメ撮りなんかしているのだろうか? と、疑問を持ってしまうほどだ。

そして、ショウに会ったときに話を聞いたが、
「やっぱり嫁さん可愛いから人気だな。モザイクしてても、可愛いってわかるもんな。このペースなら、2年かからんぞ」
と、言う。僕は、内容を聞いてみたが、
「それは言えないな。悪いけど。麻衣ちゃんに止められてるんだ。でも、イヤがる事は一切してないし、ハードな絡みもないから安心してくれよ」
と、言う。僕は、ホッとしながらも、やっぱり絡みはあるんだなと落ち込んだ。

ただ、ショウは本当に正直で、売上も全部見せてくれるし、通帳まで見せてくれた。確かに収入は右肩上がりで、半年目にして月100万円に届いていた。そして、半年が経過した。麻衣は、以前と何も変わる事がない。僕は会社で順調に成績を伸ばし、係長になる事が出来た。この会社で30歳で係長になれたのは、比較的早いほうだと思う。

そんな、一見幸せな日々が続いていたが、僕は気になってしかなかった。どんな動画を撮影しているのだろう? 二人とも、一切教えてくれない。

僕は、色々と検索して探すようになっていた。すると、コンテンツマーケットというところで、それらしいものを見つけてしまった。それは、旦那に隠れて浮気する若妻のネトラレ動画という体裁を取っているものだった。

顔にはモザイクがかかっているが、体型と服で麻衣だと気がついてしまった……。14本ある動画の説明ページを片っ端から閲覧した。最初の方の動画は、着衣のままだったり、部屋が暗くなっていたりして隠し撮りっぽい感じのサムネイルだったが、そのうち、ヘソが見えている短さのセーラー服を着たり、大人のおもちゃを使ったり、野外でしているものに変わっていく。ただ、説明のページにはほとんど写真がない。乳首が見えているものもほとんどない。

そこで売られている他の動画は、もっと写真が多く、過激な煽り文章なものが多い。麻衣の動画は、積極的に売ろうという感じがないように見える。それでも、コメント欄にはたくさんの書込みがあり、どれも動画を絶賛するものばかりだ。

あえぎ声が可愛いとか、美乳だ美脚だとか、大人のおもちゃでのオナニーがエロいとか、色々な褒め言葉が書いてある。僕は、それが麻衣に向けられたものだというのが、どうしても信じられない。とりあえずアカウントを作り、一本目の動画を購入した。ショウにバレてしまうかな? と、思ったけど、ポイントをコンビニ払いにして、偽名でアカウントを作ったので、たぶん大丈夫だと思う。

動画の説明文には、”淫乱な若妻を寝取りました。ナイショで隠し撮りしました”と、書かれていた。動画を再生すると、ソファに座る男性をフェラチオしている女性が映る。薄暗くて画像は粗いが、何をしているかは明らかだ。

男性にも女性にも、顔にモザイクがしてある。でも、まず間違いなくショウと麻衣だ。
「おちんちん美味しい?」
男性が、そんな声をかける。声を聞くと、もう完全にショウの声だ。
『うん。美味しいよ』
女性が答える。これも、聞き慣れた麻衣の声だ。少し棒読みっぽい感じで答える麻衣。画像の荒さもあり、臨場感が凄い。
「旦那のとどっちが美味しい?」
ショウは、そんな質問をする。棒読みっぽい麻衣にくらべ、ショウは慣れた感じで普通にしゃべっているように聞こえる。
『えぇ〜。そんなの、言えないよ。言えるわけないじゃん』
麻衣は、ぎこちなく言う。
「じゃあ、どっちが大きい?」
ショウは、そんな質問をする。
『それは……こっちだよ。ヘンな事聞かないでよ〜』
麻衣は、恥ずかしそうに答える。そして、またペニスをくわえた。そのまま、頭を振ってフェラチオを続ける麻衣。モザイクがしてあり画像も荒いので、まず麻衣とわからないと思う。普通なら、僕でも気がつかないと思う。

「本当に美味しそうにくわえるねぇ」
『だって、時間ないんだもん。早くしないと、パパ帰って来ちゃうから』
「じゃあ、もう帰ろうか?」
『いじわる。早く……入れて欲しいです』
麻衣は棒読みっぽい感じながら、甘えた口調で言う。さっきから、時折コマが飛ぶ感じがある。多分、何回も取り直して編集しているのだと思う。でも、どんな状況であれ、麻衣がショウのペニスをフェラチオしているのは変わりない……。

「何を入れて欲しいの?」
『もう……。このおちんちんだよ』
恥ずかしそうに答える麻衣。本当に恥ずかしいと思っているような感じだ。
「入れてもいいの? 旦那に悪いって思わないの?」
『それは……思うけど……。だって、おちんちんくわえたから、うずいてるの……』
麻衣は、申し訳なさそうに言う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング