NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と完

前回の話

真希との新婚旅行は、まったく予想もしていない形になりました。真希の元カレのギブソンが同行してきたことで、普通の新婚旅行になるとは思っていませんでしたが、まさかもう一人のリオまで出てくるとは、想像も出来ませんでした。

車の中で愛し合うリオと真希。そして、リオの自宅に着いてからも、リオと真希は私に恋人同士のようなセックスを見せつけ、私はギブソンに牝として扱われました。そうして、新婚旅行初日は終わりました。

次の日、目が覚めると、私はベッドの上でした。そして横には真希がいて、私のことを見ていました。

『あなた、よく眠れた?』
真希は、ニッコリと笑いながら私に言いました。私は一瞬、昨日のことは悪い夢だったのかな? と思いました。でも、身体を起こそうとして、自分のアナルに違和感を感じ、夢ではなかったことを思い知りました。痛みではなく、うずくような、少しヒリヒリするような感覚……。ギブソンに、失神するまで責められたせいだと思います。

真希は私に軽くキスをすると、
『ギブちゃんの事好きになっちゃった? 私よりも?』
と、不安そうな顔で聞いてきました。私は、真希のその態度に心底驚いていました。もう、私のことなどはどうでもいいと思っているとばかり思っていたので、真希の不安そうな顔には本当にビックリしました。

「そ、そんなわけないよ! それよりも、真希こそどうなの? リオ君のこと、愛してるんでしょ?」
私は、嫉妬にまみれながらそう聞く。
『へへw スッゴいイケメンでしょ? 愛してるよ♡ でも、マサが一番だよ♡』
真希は、真っ直ぐに私の目を見つめながらそう言ってくれました。私は、思わず真希を抱きしめ、少し涙ぐみながら、
「愛してる! 真希、ずっと一緒にいて欲しい!」
と、言っていました。

『ありがとう……。でも、本当に私でいいの? 浮気はやめないよ?』
真希は、少しだけ罪悪感を感じている様子でした。でも、私はそれでもかまわないと即答しました。

『へへw じゃあ、早速始めようか!』
そう言って、私の手を引きリビングに移動を始める真希。すると、すでにリオとギブソンが朝食を摂っていました。二人とも、クラシカルなビンテージのアロハシャツを着て、下は短パン姿です。でも、だらしない感じはまったくせず、どことなく気品を感じるのは、私が日本人だからでしょうか。

「おはよう。ハニーよく眠れたかい?」
ギブソンは、真っ白の歯を見せ笑いながら言います。でも、どう見ても私に向かって言っている感じです。
「へぇ、ヒゲ生えないんだ。これはますますいいねw」
リオも私を見ながら言います。ギブソンほどではないですが、上手な日本語です。外国語を覚えるには、その国の恋人を作るのが一番だと聞きます。
まさに、真希がその役目を果たしたのだと思います。

ギブソンは私に歩み寄ると、少し強引に私を抱き寄せ、そのままキスをしました。肉厚の舌が口の中に飛び込んできて、私の舌を絡め取るようにします。私はもう逃げようとも思わず、自らも舌を絡めてしまいました。

『朝から熱いねぇw』
真希はからかうように言いながらも、リオに抱きついてキスを始めました。私は、ギブソンにキスをされながら、妻の真希が金髪のイケメン白人とキスする姿を見て、ハッキリと興奮していました。

でも、妻を寝取られて興奮しているのか、ギブソンに牝扱いされて興奮しているのか、自分でもわかりませんでした。

「じゃあ、マサさん、シャワー浴びてきてくれますか? ヒゲはないみたいだけど、産毛も剃ってきて下さいね」
リオは、丁寧な口調で指示をしてきます。私は、何が始まるんだろう? と、ドキドキしながら、指示通り浴室に向かいました。

そしてシャワーを浴び、歯を念入りに磨き、産毛も剃りました。すると、かすかに嬌声が聞こえてきました。私は、昨日あれだけしたのに、朝からまたしてるのだろうか? と思いながら、リビングに戻りました。

すると、真希は椅子の上でリオと対面座位で繋がっていました。それだけではなく、傍らに立っているギブソンの黒い極太もくわえていました。
ついさっき、私のことを一番愛してると言ってくれた真希。それが、ほんの少し離れただけでこれです。

『あ、早かったね。ちょっと待っててw』
真希は私に気がつくと、そんな事を言いました。
「じゃあ、手早くすませましょう」
リオはそんな風に言うと、真希のお尻をぐっと左右に広げるようにしました。
「よし、いくぞ」
ギブソンはそう言うと真希のアナルにペニスを押しつけ、そのまま押し込んでいきます。真希のアナルは、ギブソンの極太をあっさりと飲み込んでいきます。あんなに太いモノが、あんなに小さなアナルに入っていくのは、もの凄く不思議な気がします。でも、考えてみれば私も平気で入れることが出来るようになったので、アナルの収縮性能は高いんだなと思いました。

『ンふぅ♡ ゴリゴリ来るぅ♡』
真希は朝食を食べていた食卓の椅子の上で、サンドイッチされるように二穴責めをされています。身長は170cm近くあり、日本人女性としては大きめな真希でも、二人にサンドイッチされていると子供が犯されているように見えてしまいます。

昨日の夜は、リオと真希、私とギブソンの組み合わせだったので、サンドイッチはありませんでした。
私は、自分の新婚の妻が大男達にサンドイッチファックをされているのを見て、心配や嫉妬をしながらも、やっぱり興奮していました。
『ファックミー! もっとぉっ! んぅふぅっ! おぉうぅ♡ 壊れるぅっ! お尻壊れちゃうぅっ♡』
真希は、アメリカ人女性のようにシィーシィー息を吐きながら、大きなリアクションであえぎます。アメリカ人の二人が相手だと、真希もアメリカ人のようなリアクションになってしまうのでしょうか?

二人は、息の合った動きで真希を責め立てます。二人が同時にピストンをするなんて、よほど息が合わないと難しいのでは? と思いながら、真希がリオにしがみつき、濃厚なキスをする姿をただ見ていました。
私のことを一番愛してる……。真希はついさっき、そう言ってくれました。それなのに、真希は私の目の前でリオと濃厚なキスをしています。

私は、何一つリオに勝てていないと思っています。真希が私のことを一番と言ってくれるのも、本当なのかな? と思ってしまいます。でも、真希が私以外の男性の事を愛してると思うだけで、心臓がドキドキして興奮してしまう私がいます。

『うぅーっ! うぅん♡ んーっ♡』
キスをしながら真希がうめきます。しばらくそのまま、3人でのプレイが続いていきます。
「イクぞ、Ohhh!」
最初にギブソンが果てました。真希のアナルに押し込みながら、吠えるようにして射精をしています。
『ンンッふぅ♡』
ギブソンに獣汁を注がれて、真希も果てたようです。ギブソンは真希からペニスを抜くと、
「ハニー、綺麗にしてくれるかい?」
と、私に向かって言いました。その口調と表情は柔らかく、本当に恋人に向かって言っているような感じでした。
そして私も、ドキドキしていました。無理矢理犯されて、牝の部分が開花してしまった私……。もともと、素質があったのかもしれません。私は、愛する妻の腸内深く犯していた漆黒のペニスを、大きな口を開けてくわえました。イッたばかりなのに、まだ固さを失わないそれをくわえ込むと、ギブソンの獣汁の臭いと味が広がります。でも、私はまったく不快感を感じませんでした。それどころか、前立腺の辺りがキュンとうずきました。

『リオっ! ダメぇ、イッちゃうッ! I'mカミン! 愛してるっ!』
真希はリオに膣中に注がれながら、大声で果てました。そして、イッた後もキスを繰り返す二人。真希の顔は、完全に乙女のそれになっていました。新婚旅行なのに、私と真希はまともに愛し合うことなく、お互いに他の相手と愛し合っています。でも、私はそれに興奮しきっています。

目の前で一つになったまま、恋人同士のキスを続けるリオと真希。真希の膣中は、リオの精液で満たされているはずです。真希はピルを飲んでいるわけでも、リングを入れているわけでもありません。妊娠してしまうのではないか? 私はそんな恐怖を感じながらも、夢中でギブソンのペニスを口で奉仕していました。

すると、リオが真希のことを立たせます。
「じゃあ、早速始めようか」
リオは楽しそうに言います。するとギブソンは、リオに”よろしく頼む”というようなことを英語で言うと、ソファに腰掛けました。真希はギブソンの所に行くと、当たり前のように背面座位で繋がります。
『ンふぅ♡ やっぱり太い♡』
真希は嬉しそうに、腰を上下に動かします。ギブソンは、
『haha、昨日あれだけしたのに、まだ足りないのか? 真希はスーパービッチだなw』
と、笑いながら言います。自分の妻をそんな風に言われているのに、私は嫉妬していました。それも、真希に対してです……。本当は、私に入れて欲しかった……。ギブソンの極太を、突っ込んでもらいたかった……。そんな事を思ってしました。

私とリオは、リビングの横のメイク室みたいなところに移動します。
「そんな、捨て犬みたいな目をしないでw ここに座ってくれる?」
リオは、ゾクッとするほどの美しい顔で私に言います。その青い目で見つめられると、魅入られてしまうのも仕方ないなと思うほどです。

リオは、なにをするのかと思えば、下半身裸のままで私にメイクを始めました。さっきまで真希の中にあったペニスは、だらんと垂れ下がっています。その状態でも、はるかに私のものよりも大きいです。

リオに、眉を整えられたり、髪も切られてエクステンションもたくさんつけられました。そして、爪も切られてマニキュアを塗られ、足の指もされました。そして、すね毛も陰毛も全て剃り上げられ、アナルの方の毛も全剃りされました。

最後の仕上げにキャミソールを着せられて、小さなショーツも穿かせられました。
「いいよ、じゃあ、鏡見てごらん」
リオは満足げにそう言いました。そして、そう言っているリオが勃起していることにも気がつきました。メイクを始めた時は、まったく立っていなかったのに、今は天井を向くほどそそり立っています。ギブソンのほどではありませんが、それでも凶悪に大きいペニスです。

私は、リオに言われるままに全身が映る鏡を見ました。そして、そこに映っている自分を見て息を飲みました。自分で言うのもおかしいですが、美しい少女みたいな姿が映っていました。
もともと女顔だと言われていましたし、男性としては小柄でしたが、メイクとエクステでこんなに変わるなんて夢にも思っていませんでした。

すると、いきなりリオにキスをされました。驚いて押しのけようとする私の頭を両手で固定して、舌でかき混ぜてきます。私は、姿格好が女性になったせいか、女性のような感覚でそのキスを受け入れてしまいました。

「可愛いね。後ろ向いてお尻突き出してごらん」
リオは、荒い息づかいで私に指示をします。リオは真希とセックスをしている時よりも、よほど興奮しているようです。私は、一瞬迷いました。真希に申し訳ないという気持ちと、ギブソンに対しての罪悪感からです。
でも、我ながら意味不明な感情だなと思いました。もう、グチャグチャに交じっているのだから、今さら私がリオとしたところで同じこと……。そう思った私は、素直にリオに向けてお尻を突き出しました。すると、リオは興奮しきったように荒々しくキャミをまくり、私のショーツをずらすと、柔らかそうな見た目からは想像も出来ないほど硬いペニスを押し当ててきました。

ローションもなにも塗っていないので、引きつれたような痛みを感じましたが、メリメリッとめり込んでくると、急にスムーズになりました。入り口周りは乾いていても、中は昨日のローションやらギブソンの獣汁やらで、グチャグチャだったのだと思います。

そして、一気に奥まで貫かれると、私は牝の声で叫んでいました。愛する妻が心奪われる憎い相手に、私は一突きで牝にされました。
「これは凄い……。名器だね」
リオは、荒い息遣いのままそんな事を言いました。私はそんな風に褒められて、ドキンとしてしまいました。どうしてこんなに嬉しいと思ってしまうのだろう? そんな事を思いながらも、前立腺をえぐるリオのペニスに、声を抑えることが出来ませんでした。

リオは、いきなり容赦なく腰を振り始めます。私の腰をガシッと掴みながら、その太くて長いものを容赦なく根元まで突っ込み、そして抜けそうになるまで引き抜いていきます。
私は、完全に牝になっていました。ふと横を見ると、全身が映る鏡に私が映っていました。女の姿の私が、牝の顔で気持ちよさそうにあえいでいます。もう私には、男としてのプライドも、妻を寝取られている事への怒りも嫉妬もなく、極太ペニスがもたらす快感の虜でした。

そしてリオは、バックで私を犯しながら、私のペニスを握ってきました。バックで突かれながらペニスをこすられると、泣きそうなほどの快感でした。
「凄く締まってるよ。もう出そうだ。どこに欲しい?」
リオに耳元でささやかれ、ゾクゾクッとしながら、私は中に欲しいと叫んでしました。その瞬間、リオは思いきり私の奥まで押し込み、射精を始めました。熱いものが腸壁にぶつかる感覚に、私は気持ち良すぎて狂うかと思いました。そして、私は射精までしていました。
大きすぎる快感に、グッタリする私。するとリオは、私に優しくキスをしてきました。
身も心も牝にされたと感じながら、私も舌を絡めていきました。

すると、いきなりドアが開きました。驚く私に、真希がニヤニヤ笑いながら、
『マサちゃん可愛い♡ なんか、私より可愛くない? ムカつくw』
真希はそう言いながら私に近づいてきます。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と5

前回の話

真希との結婚初夜は、元カレのギブソンも交えて、結局深夜まで続きました。そして、真希も私もひどい状態のまま眠りにつき、目が覚めたときはもう昼近くでした。
私は、慌てて真希を起こしましたが、
『そんなに焦らなくて大丈夫だよ。ギブちゃん迎えに来てくれるから』
寝ぼけた顔でそんな事を言う真希。寝ぼけていても、やっぱり美人だなと思いながらも、新婚旅行にギブソンがついてくることを思い出しました。

新婚旅行に元カレが同行するなんて、あり得ないことだと思います。でも、私はそれを楽しみに思っていました。目の前で妻が寝取られる姿を見れることと、私自身がギブソンに犯してもらえるという両方への期待からでした。

私は目が覚めると、少しアナルが痛みました。初めてが、あんな極太とだったので、無理もないと思います。でも、ギブソンが塗ってくれたあの外国製の軟膏のおかげか、少し出血していた程度でした。そんな風にパンツが血で汚れていましたが、まるで私が本当に処女を失ったみたいでドキドキしてしまいました。

私は、急いでシャワーを浴びようと真希をせかしました。
『ふふw そんなに急がなくて間に合うからw 一緒にシャワー浴びようよ!』
真希はそう言うと、私の手を引っ張り浴室に向かいます。ベッドから出た彼女は、全裸でした。昨日、ギブソンと何度もセックスをして、そのまま失神するように眠りについたので無理もないですが、それにしてもやっぱり綺麗な体でした。私とほぼ同じ身長なのに、腰の位置は全然違います。脚が長く、そしてお尻の形も本当に綺麗だと思います。そして、やっぱりその綺麗な形の胸が、真希の価値をさらに高めているようでした。

浴室に入り、シャワーを浴び始めると、
『垂れてきちゃった♡ どうするの?』
と、熱っぽい上気したような顔で私に言ってきます。私は、少し足を広げた真希のアソコから、太ももに獣臭のするギブソンの名残が垂れ流れているのを見て、ほぼ無意識にひざまずき、真希のアソコに口を近づけていきました。

そして、それをすすり取ります。何とも言えない青臭さと、そして喉に絡みついてくる高い粘度。でも、私はそれを飲み干しながら、昨日の圧倒的な快感を思い出していました。

すると、真希が私のペニスを足で踏みながら、
『大きくなってるよw そんなに美味しいの?』
と、少しだけからかうように言いました。私は、どう答えていいのかわからず、顔を赤くして視線をそらしました。

すると、真希が壁に手をついて後ろを向きました。
『いいよ。い・れ・て♡』
と言いました。昨日の初夜は、真希とは少ししか交われなかったので、私は喜びでアタフタしながら真希に立ちバックの体位で挿入しようとしました。

でも、腰の位置が違いすぎて高さが合いません。
『ごめんねw 届かないねw ギブちゃんとは違うもんねw』
真希はそんな事を言うと、膝を曲げて腰を落としてくれました。私は、屈辱や羞恥で顔を真っ赤にしながらも、そのまま挿入しました。

真希の膣中は、ウネウネと絡みついてくるような感じで、入れただけで声が漏れるほど気持ち良かったです。でも、昨日ギブソンの規格外に大きなペニスで広げられたはずなのに、緩いという感じはまったくしませんでした。

『どうしたの? 入れていいよw』
真希は、からかうような言い方でそんな事を言います。
私は顔を真っ赤にしながら、もう入っていることを告げると、
『えっ? ゴメンねw ギブちゃんのと違いすぎて、気がつかなかったw』
真希がそんな事を言います。私は恥ずかしさと悔しさで顔をさらに赤くしながら、火がついたように腰を振り続けました。
『ふふw 可愛い♡』
真希は優しい口調でそんな事を言ってくれました。そして、はめたまま振り返り、キスをしてもらえました。真希の小さな舌が絡みついてきて、私は本当に幸せな気持ちでした。
『愛してるよ♡ 今日からずっと一緒だね♡』
真希は、さっきまでのからかう感じもなく、真剣な口調で愛の言葉をささやいてくれました。

私は泣きそうなほど嬉しく、そして一気に限界が来てしまいました。
「ま、真希、イクっ! イッちゃう!』
私がうめくように言うと、真希はサッと身体を前に動かし、私のペニスを抜いてしまいました。イキそうなところで止められて、歯がゆい感じのまま、真希になぜと聞く私。
『妊娠したら大変でしょ? ほら、時間ないよw 着替えよ?』
と、真希はイタズラっぽく言うと、先に浴室を出ました。

私は、収まりがつかなくてオナニーをして果てようとしました。でも、
『自分でしちゃダメだからね〜w』
と、浴室の外から言われ、あきらめてすぐに浴室を出ました。昨日、あれだけギブソンやセフレに中出しをされておきながら、妊娠しちゃうからダメなんて納得出来ないと思っていると、
『他の種で妊娠した方が興奮するんでしょ?』
と、イタズラっぽく言う真希。私は否定しようとしましたが、それを想像すると、確かに信じられないほど興奮してしまいました。

真希が、私以外の種で孕む……。絶対にあってはいけない事なのに、それを想像したとき、私は射精寸前まで興奮してしまいました。

そして真希はメイクをしたり、出かける準備を始めます。荷物はすでにまとめてあるので、私も服を着て出かける用意をします。すると、ドアがいきなり開き、
「おはよう。準備出来てる?」
と、ギブソンが入ってきました。相変わらず流ちょうな日本語で言うギブソン。昨日あんなことがあったとは思えないくらいに、紳士的な雰囲気でした。ギブソンは、ラガーシャツというか、ポロシャツみたいな服を着ています。そして、白い短パンにデッキシューズみたいな靴を素足で履いています。本当に、オシャレで格好いい黒人という感じです。

私は、正直に言うとドキドキしていました。妻を奪われるとかそんな感覚ではなく、牝的な感情でギブソンのことを見ていました。そんな私の心を見透かしたように、玄関で出迎えた私を抱き寄せ、いきなりキスをしてきました。

真希の小さな舌と比べると、驚くほど肉厚で大きな舌が私の口の中に飛び込んできます。私は、腰が抜けそうなほど感じてしまいました。
「お嬢さん、もうこんなになってるよw」
ギブソンはそう言いながら、私の小さなペニスをズボンの上から掴みました。……と言うか、摘まみました……。

私は、思わずうめき声をあげると、
『ずる〜い! 私も!』
と真希が言いながら、ギブソンに抱きついてきます。そして、私の目の前で濃厚なキスを始めると、ズボンの上からギブソンの大きすぎるペニスをさすり始めました。
真希は夢中で舌を絡めながら、彼のペニスをズボン越しに揉み続けます。すると、あっという間にムクムクと大きくなっていき、ズボンの前の部分が漫画のように盛り上がっていました。

真希は、スカートをまくり上げると、
『ファックミー♡』
と、発情したような声で言いました。ショーツを穿いていない真希は、形のいいお尻を剥き出しにしています。

「ダメだよw 時間ないからw」
ギブソンは楽しそうに言うと、玄関に置いておいたスーツケースを軽々と運び始めます。
『イジワル〜』
真希は少しすねながらも、出発の準備を続けます。そして、準備が終わり、ギブソンの車に乗り込みました。彼の車は、BMWのX6いう車で、大柄な彼にはピッタリの車でした。その、高級感あふれる車に乗り込むと、私まで偉くなったような気持ちになってしまいました。

国産の安い車にしか乗ったことがない私には、アクセルやブレーキ操作をせずに前の車についていく機能や、フロントガラスにナビが投影されるのを見て、未来の乗り物のように思えました。

そして、空港でチェックインをするときに驚きました。当然エコノミーだと思っていたのですが、チェックインカウンターはビジネスクラスの
それでした。驚く私に、真希がギブソンの招待だと告げました。父親の会社に入り収入が増えたとは言え、私にとってビジネスクラスなど、そもそも選択肢にすら入ることがありません。なので、ギブソンが手配してくれていることを知り、本当に驚きました。でも、ギブソンは当たり前のようにしています。

そして、フライトの時間までラウンジで過ごしました。私は、ラウンジ自体入ることが初めてでした。舞い上がる私でしたが、二人は慣れた様子でドリンクやおつまみを口にしています。ソファの席に座り、ギブソンといちゃつく真希。どこから見ても、真希とギブソンが夫婦という感じでした。
真希がギブソンにつまみを食べさせたり、逆にギブソンが真希に食べさせたり、ラブラブな二人という感じです。そして二人は時折軽い感じですが、キスもします。唇と唇が一瞬触れる程度の軽いキスですが、こんな状況で見せつけられると、胸が苦しくなります。
でも、私は自信がありませんでした。胸が苦しくなるのは、ギブソンへの嫉妬のためなのか、それとも、ギブソンにキスをしてもらっている真希への嫉妬なのか……と言うことです。

そして、フライトの時間になりました。当然のように横並びで座る二人。私は、通路を挟んで一人座ります。初めてのビジネスクラスに、おどおどしてしまう私に対して、ギブソンと真希は慣れた感じでCAと談笑までしていました。

そして、飛行機が離陸し、しばらくして機内食も食べて落ち着くと、どうしても二人のことが気になりました。広々とした席で、足を伸ばした状態ですわり、ギブソンにもたれかかるようにしている真希。ギブソンの腰回りにはブランケットが掛けられていますが、その中でさっきから真希はずっともぞもぞと手を動かし続けています。

なにをしているのかは、私には理解出来てしまいます。ギブソンは急に私の方を見て、ニヤッと笑いました。そして、私の方を見たまま、真希の頭を掴んで自分の股間の方に引きつけます。

真希も私の方をチラッと見てイタズラっぽく笑った後、ブランケットの中に顔を突っ込みました。そして、ブルッと体を震わせたギブソン。目を閉じて気持ちよさそうな顔をしました。

すぐにブランケットから顔を出した真希。そのまま私の横に移動してきました。真希は私の横に座ると、私の顔を両手でホールドしてキスをしました。すぐに舌が巻き付いてきて、そのままドロッとしたものを流し込まれます。私はそれが何かはすでにわかっていましたし、それが口の中に流れ込んで来た時、嬉しいと思っていました。間男の精液を口移しにされて喜ぶなんて、人として終わっているのはわかります。でも、私の中で開花してしまったメスの部分は、その雄種を喜びと共に飲み下していました。

『美味しいの?』
真希は、私に向かってそう言いました。私は、素直にうなずいてしまいました。
『いいよw 愛しのギブちゃんの横、行ってもいいよw』
真希はイタズラっぽく言います。私は、浮かれた気持ちを隠しながら、ギブソンの横に座りました。

すると、いきなり彼にキスをされました。周りはすでに消灯されて、寝てる人も多い感じです。CAさんも見当たりませんが、それでも彼の激しいキスは、誰かに見られてしまうのではないかとドキドキしてしまいました。

「お嬢さん、下脱ぎな」
私の腰回りにブランケットを置きながら、小さな声で彼が言いました。私は、ブランケットで隠しながら、素直に下半身裸になります。こんな状況で見つかってしまったら、どうなってしまうのだろう? ハワイの刑務所に入ることになるのだろうか? そんな心配をしながらも、彼の言葉には逆らえませんでした。

すると、彼は自分の人差し指に、さっきの機内食に付いていたバターを塗りました。そして、ブランケットの中に手を突っ込み、私のアナルにその太い指を差し込んできました。
昨日、散々拡張されたので痛みはありませんでした。それどころか、声を抑えるのが大変なくらいに大きな快感が走りました。彼の指は、まったく迷うことなく私の気持ちいいところを探り当てます。そして、そのまま彼は私の体内で指をグネグネと動かします。

前立腺をこするように、叩くように責める彼。私は、あまりの快感に声をこらえるので精一杯でした。

すると、そこにCAさんが通りかかりました。私は、泣きそうな気持ちでうつむいて声をこらえているのに、ギブソンがCAに声をかけました。私のアナルに指を突っ込みながら、楽しげにCAさんと話をする彼。ドリンクを持ってきてくれというようなことを言ったようです。

私は、泣きそうでした。彼は、さらに私の前立腺を指でこすり上げます。すると、射精しそうな感覚がどんどん大きくなっていきます。
本当に出てしまう! と思った瞬間、CAさんがドリンクを持ってきました。そして、私に対しても、
『飲み物はいかがですか?』
と、下手くそな日本語で聞いてきました。私はその瞬間、射精していました。私は、必死で声を押し殺しながら、
「ノーサンキュー」
と、絞り出すように言いました。CAさんはニッコリと笑って立ち去りましたが、私はバレてしまったのではないかと、気が気じゃなかったです。

そして、
「イッちゃったねw 部屋に着いたらもっと楽しませてあげるからね」
と、笑顔で言うギブソン。どうやら、本当に私のことを気に入っているようでした。確かに私は、きゃしゃで女顔と言われます。ナヨナヨしているので、女性にモテたことはありませんが、大学でも男の先輩にカミングアウトされたことがありました。ゲイとかバイの人には、私は魅力的なのかもしれません……。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と4

前回の話

今日は、私と真希との結婚式でした。と言っても日付は変わっているので、厳密には昨日だったのですが、日が変わる前からもう何時間もセックスをしています。

でも、新婚初夜の今、妻を抱いているのは私ではなく、妻の元カレで黒人のギブソンです。そして私も、ギブソンにフェラをさせられたり、オナホのような扱いを受けていました。

そんな屈辱的な扱いを受けている中、私は怒りも嫌悪感もなく、あろう事か彼に奉仕することに喜びを感じていました。私自身が知らなかった私の秘めた性癖が、一気に開花してしまったようでした。

そして、ひとしきりギブソンに犯され中出しまでされた真希は、お色直しではないですが、今日着用したウェディングドレスに着替えました。


私と、永遠の愛を誓った時に着ていた神聖なドレスを着て、真希は元カレのギブソンの極太をお口で奉仕しています。もっとも、私と永遠の愛を誓った時ですら、真希の膣中には他人の精子が入っていました……。

確かに、真希は自由に誰とでもセックスをして良いと言うのが、私なんかと結婚してくれる条件でした。でも、まさか式直前や、新婚初夜にこんな事になるとは、夢にも思っていませんでした。

純白のウエディングドレスを着た真希は、本当に綺麗でした。でも真希は、その馬鹿げたほどの大きさの黒光りするペニスを、小さなお口に収めています。新婚初夜にこんな事になるなんて、悪い夢のようです。
『んっ、んっ! 大きい♡ やっぱり、ギブちゃんのが一番だねw くわえてるだけで、妊娠しちゃいそう♡』
ウエディングドレスの真希が、うっとりした顔で言います。

そしてギブソンが、私に話しかけてきます。
「お嬢さん、乳首舐めてくれるかな?」
ギブソンは、妻の下着を身につけた私をお嬢さんと呼びました。私は、妻のショーツとブラを身につけていました。もちろん、自分でつけたわけではなく、妻とギブソンに命令されたような形で身につけました。

もともと、妻と同じくらいの身長しかない私は、男としてはきゃしゃでしたので、妻の下着も問題なく着れてしまいました。体毛も薄い私は、とくに足は、すねも太もももほぼ無毛なので、こんな風に女性の下着を着けていると、顔さえ見なければ貧乳の女性に見えてしまうかもしれないです。

妻の前でこんな扱いを受けているのに、私は言われた通りにギブソンの乳首を舐め始めました。不思議なもので、こんな小さな布きれを身にまとっただけで、本当に自分が牝にでもなったような錯覚がしました。

「上手いぞw ほら、ご褒美」
ギブソンはそんな事を言うと、私のアゴを掴んで顔を上げさせ、キスをしてきました。分厚い舌が口の中に無理矢理入り込んできて、私の口の中をかき混ぜます。もう、嫌悪感は感じませんでした。と言っても、最初からほとんど感じなかったので、もしかしたら私の中にはもともと牝の部分があったのかもしれません。

『カチカチになったよ♡ あなた、もっと上手に舐めてあげて。そしたら、ギブちゃんのもっとガチガチになるから♡』
ウエディングドレス姿の純真な見た目の妻が、顔よりも長いのでは? と思うようなペニスを、レースの手袋をした手でしごきながら言います。

純白のドレスに、レースの手袋……それは、本当に美しい姿でした。式の時はベールもしていましたが、ベール越しに見える彼女の顔は、神々しいまでに美しかったです。
それが、今はペニスのことしか見えていないような、淫蕩な顔で私に指示をしてきます。

妻を喜ばせるために、元カレのペニスをより勃起させようと、その元カレの乳首を舐める私……。こんなはずではありませんでした。新婚初夜は、二人で愛し合う……。そして、明日からの新婚旅行に備えて、仲良く抱き合いながら眠る……。そんなイメージをしていました。

すると、いきなりギブソンのゴツい指が、私のペニスをショーツ越しに摘まみました。
「haha、可愛いペニクリがギンギンだなww ギンギンでもはみ出さないなんて、ホントちっちゃなペニクリだなw」
驚くほど流ちょうな日本語で煽られて、私は屈辱よりも感心していました。難しいと言われる日本語を、こんなにもマスターしている彼は、IQも高いのかもしれません。

そして、ショーツ越しにペニスをまさぐられるのが、こんなにも気持ち良いものだとは想像もしていませんでした。布の摩擦で、切ないような、とろけるような快感が走り抜けていきます。その状態で、また雑にキスをされました。
キスをされながらペニスを握られると、より快感が高まるのがはっきりとわかりました。

『わぁw ギブちゃんの、血管ビキビキになってきた♡』
真希が、嬉しそうに言いました。私は、ギブソンがキスを解いたタイミングで、彼のペニスを見ました。
それは、異様な迫力がありました。彼のペニスは、確かに長くて太い棍棒みたいなものでしたが、勃起しても何となく柔らかそうな感じがありました。彼が直立した状態で勃起させると、ペニスは90度よりも下で、せいぜい45度くらいの角度でした。

それが今は、真希が手を離しても、90度以上の角度でそそり立っています。そして、その黒い棍棒の表面を、血管がビキビキという感じで走っています。
格闘漫画で、ドーピングをした人間の筋肉みたいになったギブソンのペニスは、規格外生命体のように見えました。そして、私はその圧倒的な迫力に、つい見とれてしまいました。

「お嬢さん、舐めたいのかい? 舐めてもいいぞw」
ギブソンにそう言われて、私は黙ってうなずき、彼の足元にひざまずきました。そして、ニヤニヤと笑いながら私を見る真希と目があうと、吸い寄せられるようにギブソンのペニスを口に含みました。かなり頑張って口を開けないと、歯が当たってしまうほどの太さのものを、私は一気に喉奥まで飲み込みました。

さっき、ギブソンに無理矢理それをやられて、窒息感と吐きそうな感覚で涙が出ましたが、同時に快感も感じてしまいました。そして今、自らイラマチオをしてみると、やはり快感を感じてしまいました。

『すっごーい! そんな奥まで飲み込めるんだ! 私もやってみるw』
真希はそう言うと、私からギブソンのペニスを奪い取り、喉奥に入れていきます。私は、愛する妻が他の男のペニスをくわえているのに、それに嫉妬や怒りを覚えるのではなく、ペニスを”奪われた”というような気持ちを持ってしまいました。

喉の奥まで頬張り、さらに押し込もうとする真希。みるみる顔が真っ赤になっていきます。
『ぷはぁ、無理だw あんなに奥まで入れられないw』
涙目で言う真希。すると、真希は立ち上がり、ギブソンに抱きつくようにしてキスをします。女性にしては長身の真希でも、190cm以上あるギブソンとキスをするのには、背伸びをするような格好になります。私は、それを見て悲しくなりました。170cmしかない私とでは、真希はキスをするときに上を向くどころか、少し下を向くような格好になります。同じ身長でも、ヒールの分彼女が高くなるからです。

ウエディングドレス姿の彼女が、黒人の元カレとキスをする姿……。白と黒がハレーションを起しそうなほどコントラストを描いています。

そして真希は、ギブソンに背を向けると、壁に手をついてお尻を突き出すようにします。そのままスカートをまくり上げると、真っ白な可愛らしいお尻が剥き出しになります。真希のショーツは私が履いているので、彼女はショーツを身につけていません。

そして真希のアソコには、へアがありません。昔ですが、ギブソンの趣味で永久脱毛したからです。自分の妻が、他の男の趣味で改造をされている……。それは、何回見ても胸が苦しくなるほど嫉妬してしまいます。

真希はレースの手袋をしたままの手で、自分のあそこを押し広げます。すると、さっき私が飲み干したはずですが、膣奥に残っていたのか、真っ白な獣汁が流れ出てきました。日本人のそれよりも、確実に粘り気と臭いが強い獣汁は、か弱い日本人女性など、一発で妊娠してしまいそうに見えます。

『もうダメ♡ カモ〜ン♡ FuckMe♡』
純白のドレス姿とは真逆の、淫らで下品なことを言う真希。すると、ギブソンは少しだけ腰を落としましたが、立ったままで、
「自分でどーぞw お嬢さんの嫁は、クソビッチだなw」
と、言いました。私は、自分の嫁をビッチ呼ばわれしたのに、なぜか興奮していました。愛する妻が他の男に抱かれる……。それに、興奮する私がいます。しかも、私が絶対に与えることの出来ない大きな快感を、他人棒に与えられてしまう……。それも、大きな興奮につながっていました。

真希は、とろかた顔で、
『イジワルぅ! 勝手に入れちゃうんだからw』
と言いながら、ギブソンのペニスにお尻を当てていきます。すると、ギブソンは微妙に立ち上がったりして、上手くペニスが入らないような意地悪をします。
『もう! イジワルしないでよぉ、おかしくなっちゃう……。このメガチンポ、早く入れたいよぉっ! 入れて、入れてっ! 入れてよぉっ!』
真希は、つま先立ちするくらいに腰を上げ、なんとかギブソンのペニスを入れようとします。顔をとろけさせながら、必死であがく真希。でも、ギブソンはニタニタ笑いながら、微妙に腰をずらして意地悪を続けます。

「お嬢さん、手伝ってやれば?」
ギブソンは、意地悪を続けながら私にそんな事を言いました。
『あなたぁっ! 手伝って! 早く入れて欲しいのっ! このぶっといの、真希のおまんこにぶち込んでよぉっ!』
真希も、私を見てそんな事を言いました。真希は、焦れて狂ったように腰をギブソンに当て続けます。

私は、ゴクッとツバを飲み込むと、恐る恐るギブソンのペニスを掴みました。それは、さっきとは違ってカチカチのガチガチになっていました。柔らかい……。そんな最初の印象は、綺麗に消えていました。

私は、その指が回りきらないほどの極太を握ると、真希のあそこに誘導していきます。すると、今度はギブソンも意地悪な動きをしないので、あっさりと膣口に亀頭がキスをしました。
妻のあそこに、他人棒を導く私……。私の中で、また何か新しい性癖が生まれた気がしました。

そして、真希の体を押すようにして、ギブソンのペニスが奥まで入るように導く私。その瞬間、真希が腰を押し込みました。その動きは力強く、あっさりとギブソンの巨大な肉の塊が真希の体内に消えました。
『ンおぉオオンッ! ヒィ、ぎぃ……うぅあぁぁ♡』
串刺しにされて、背中をのけ反らせながら叫ぶ真希。一突きで、真希の顔は放送禁止レベルのとろけきった顔になりました。アヘ顔AVというモノがありますが、アレに近いくらいの顔になった真希。美しく、気高い印象の真希の顔が、見ていられないほどの下品なものになっています。

すると、信じられないことが起きました。真希が私を見て、
『あなた、キスしてっ! 愛してるのぉっ!』
と、叫びました。下着だけとは言え、女装した夫に対して、愛してるといってくれる真希。私は、こんな状況なのに、嬉しくて泣きそうでした。

そして、真希にキスをする私。可愛らしい舌が絡みついてきました。私も、夢中で舌を絡めていきます。でも、ついさっきしたギブソンとのキスと違い、物足りなさを感じてしまいました。真希は、私に舌を絡めてくれはしますが、私の口の中をかき混ぜると言うほどではありません。
舌の厚みも、そして長さも違うので、ギブソンと同じように出来ないのは当たり前ですが、やっぱり比較してしまいます。

一度経験した自分が牝になってのキスは、私の中に強い爪痕を刻み込んでしまったようです。すると、ギブソンが苛立つように息を吐き出し、腰を猛然と振り始めました。

『ングゥッ! ンヒィンッ! Fuck! FuckMe! おぉオオンッ! KillMe!! ンうぅフゥッ♡ ふぅッ♡』
真希はあえぐと言うよりは、断末魔の悲鳴でもあげているような感じで叫び続ける。
真希は、感じすぎて逆に苦悶の表情に見えるような顔で私を見ると、
『ギブちゃん嫉妬して、燃えてるw 上手くいったw おぉおおおああぁっっ! Fuck! ファァーーッッック! イグぅっんっ! イグゥううっ!!』
と言いながら、全身をガクンガクンと震わせました。

私は、一瞬意味がわかりませんでしたが、真希がギブソンを嫉妬させるために、私にキスをして愛してると言ったと理解しました。私への愛の言葉をダシにして、より深い快感を得ようとした……。私は、自我が崩壊しそうでした。でも、それ以上に私は興奮していたようで、密かにショーツの中に射精してしまいました。

愛する妻にダシにされ、そして目の前で元カレの黒人の巨根に狂わされている妻を見て、手も触れずにイッてしまった私……。私は、頭も逝ってしまったのかもしれません。

ギブソンはすでに何度か射精をしているので、なかなかイク気配がありません。それに引き換え、真希は口の端からはよだれも流れ、立ちバックの姿勢を維持することも難しいようで、腰が崩れ落ちかかっています。それを、丸太のような太い腕が支えています。

『ダメっ! ダメぇ、死んじゃうぅっ! うぅうう゛う゛う゛っ!! い゛ぐぅっ!!』
真希はそう叫ぶと、ガクンと身体震わせ、電池が切れたように弛緩しました。

「haha、ちょっと力入れすぎたw」
ギブソンは、子供みたいに無邪気な表情でそんな事を言うと、真希の体をソファに寝かせました。はだけたウェディングドレスの隙間から、真希のツルツルのアソコが見えていました。ポッカリと穴が空いたようになっているあそこからは、もう白い獣汁は流れていませんでした。

「ふぅw じゃあ、お嬢さんの番だな。そこに手をついて、ケツ突きだしな」
ギブソンは、私に対してさっきの真希と同じ格好を要求してきます。私は、そんな要求にもかかわらず、素直に立ちバックの姿勢を取ってしまいました。

すると、ギブソンが私のショーツをはぎ取るように脱がせます。そして、机の上に無造作に置かれたローションボトルの中身を手の平に出すと、私のお尻に塗りつけ始めました。一瞬冷たくてビクンとしてしまいましたが、私は黙ってされるがままにしました。

すると、ギブソンの太い人差し指が、私のアナルに挿入されました。何の躊躇もなく、一気に挿入されたそれは、鋭い痛みを感じさせました。でも、その痛みは一瞬で消えました。ギブソンの人差し指は、的確に私の前立腺を捉えたようで、今まで経験したことがないような、内側からにじみ出るような、多幸感というか、切ないような快感に包まれました。

「分かり易いなw こんなにクッキリしてるのは珍しいw ホントお嬢さんは、根っからのビッチなんだなw」
と、ビッチだけ綺麗な英語の発音で言うギブソン。私は、そんな風に言われても、まったく実感がありませんでした。

でも、ギブソンの指が動き始めた途端、自分がビッチなんだなと自覚しました。初めてのアナルなのに、私はいきなり気持ち良くなってしまいました。

ギブソンは、人差し指でコリコリとひっかくような動きをしますが、その度に内側から広がる快感に、私は快感で顔がにやけるのを止めることが出来ませんでした。

すると、ギブソンは躊躇なく指を2本にしました。一瞬、引き攣れるような痛みはありましたが、なぜか指を1本入れたときよりも痛みは少なかったです。

「これ、効いてるだろ? 痛くないから、リラックスねw」
ギブソンはそう言うと、チューブの軟膏みたいなものを見せてきました。それは、英語表記しかないもので、日本の薬品ではないみたいでした。

痛み止め? 痛みを麻痺させる? 筋弛緩? どんな効果があるものかはわからないが、太い指を二本も突っ込まれているのに、ほとんど痛みがないのはそう言うことなんだと思います。

痛みがないとわかったからか、ギブソンはガシガシと指を動かし始めた。私は、あまりの快感に、声をこらえきれなくなってきた。すると、またギブソンにキスをされました。それは、気のせいだと思いますが、真希にするよりも丁寧にしてくれている気がしました。愛のこもったようなキスをされて、私はさらに心が牝化していくのを感じていました。

そして、ギブソンが自分のペニスにローションを塗り始めた。ただでさえ黒くて迫力のあるそれが、ローションでヌラヌラ光っていると、言いようがないほどの迫力があった。それは、怖いと思うほどでした。

そして彼は、本当に躊躇も何もなく、私のアナルに押し当ててきた。一瞬、引き裂かれるような感覚を持ったが、それでも痛みはほとんど感じなかった。缶コーヒーの缶よりも太いモノを突っ込まれても、痛みを感じないことに、私は不安を感じましたが、それも一瞬で消えました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と3

前回の話

妻の真希との結婚式は、私の立場を思い出させるものでした。真希は、私などでは釣り合いが取れないと自覚するほど、美しい女性でした。私なんかと結婚してくれたのは、本当に奇跡のようなものだと思います。

私がプロポーズした時、真希は私に二つの条件を出しました。それは、一生彼女を離さないことと、彼女が私以外の男性と自由にセックスをすることを認めるというものでした……。でも、それは彼女の照れ隠しのようなもので、本気だとは思っていませんでした。

しかし、結婚式の当日、それが本気だったことを思い知らされました。まさか、これから式を挙げる直前の控え室で、元カレの巨根に狂わされる真希を見ることになるとは、想像すらしていませんでした。

そして、真希は他人の精液を膣に入れた状態で私と式を挙げ、誓いのキスをしました。それは、私にとってはこの上ない屈辱でしたが、どうしても興奮する自分を隠せませんでした。


そして、表面上は感動的な結婚式……。私にとっては、屈辱的で泣き出したくなるような結婚式は終わりました。

でも、それはほんのスタートでした。新婚初夜、やっと二人きりになれたと思ったら、真希は着替えて出かけていきました。今日の結婚式での、純白の姿からは真逆にも思える、マイクロミニに肩出しキャミに着替えた真希は、日本に到着した元カレの黒人を迎えに行きました。

『じゃあ、ファックしてきま~す♡』
と、悪びれもせずに言いながら出かける真希。彼女が、セックスのことをなぜかファックと言う理由がわかりました……。

私は、式場の控え室で、真希の膣とアナルを犯したマサキという男が、真希の元カレだと思っていました。でも、彼はただのセフレだったようです。私の、勃起しても10cm程度しかないペニスとは大違いの、外国人並みの巨根だったマサキ。でも、いま真希が迎えに行ったギブソンという名の元カレ黒人は、それ以上だという話です……。

私は、新居に一人きりでいて、泣きそうな気持ちでした。明日からは、私達は新婚旅行に出かけます。1週間二人でハワイで過ごすのに、真希は身体を休めることもなく出かけてしまいました。

私は、屈辱感と焦りと、言いようのない色々な感情で胸が苦しくなり、それをごまかすように明日の荷物の最終チェックに入りました。そして、自分の荷物を点検し終え、手持ちぶさたな私は、真希の荷物も確認しておこうと思いました。
真希のトランクの中には、色々なものが入っていましたが、今まで見たことのないような淫らな下着や、ギャルそのものの露出過多な服が入っていました。こんなもの、どうするのだろう? 私のため? 色々な考えが頭を巡ります。

すると、ドアが開く音がしました。私は、真希がこんなにも早く帰ってきてくれたことに、心底ホッとしましたが、玄関まで行き、奈落に突き落とされた気持ちになりました。

「ハッハー! こんばんは、旦那さん! お邪魔するよ〜」
そこには、ボブサップのような黒い壁がありました。ギブソンは、黒人特有の年齢不詳な感じでしたが、デカくて日本語がやたら上手いという感じでした。190cm位はありそうな身体は、筋肉と脂肪で分厚い壁のようでした。カットバリバリのボディビルダーのような身体ではなく、アメフトの選手みたいな、筋肉の上にクッションとしての脂肪がある程度残っている……。そんな感じでした。

『ギブちゃんには狭いけど、上がってね。あっ、靴は脱ぐんだよw』
真希は、楽しそうな笑顔でギブソンを招き入れます。真希も、170cm程度は有り、日本人女性としては長身ですが、ギブソンと並ぶと小学生くらいに見えてしまいます。
靴を脱ぎ、上がってくるギブソン。私は、圧倒されて何も言えませんでした。彼は、私に向かって手を差し出してきます。私は、何の抵抗も出来ず、握手をしてしまいました。

元カレが自宅に上がり込み、握手を求めてくる……。異常事態です。でも、私は出て行けとも言えず、正直怯えていました。
多分、彼が本気になれば、私など2秒で殺せる……。そう思うと、足が震えました。

『あなた、ギブちゃんです。私の昔の知り合いよw』
真希は、わざとらしく私のことを”あなた”などと呼びます。そして、ギブソンのことを知り合いだなどと言います。私は、
「ど、どうぞ、狭いところですけど」
と、卑屈に言っていました。

「結婚、おめでとう! 真希はいい奥さんになるよw」
流ちょうすぎる日本語で言うギブソン。でも、私を小馬鹿にしいている雰囲気が伝わってきます。

そして、彼はリビングのソファに座りました。彼が座ると、横に座れない感じになります。デカい彼が座ると、一人掛けのソファみたいでした。
そして、ギブソンの横の狭いスペースに、真希が座ります。もう、身体ごと密着している感じになっています。そして私は、行き場がなくなりフローリングに直接腰掛けました。すると、真希のマイクロミニスカートの中が見えてしまいました。彼女は、ショーツを穿いていませんでした。それだけではなく、薄く開いた足の付け根には、彼女の陰唇までもが開いているのが見えました。

真希のアソコからは、白いドロッとしたものが流れ出ています。
『どこ見てるのw 出てきちゃってるでしょw ギブちゃんの日本人と違って、3倍くらい出るんだよ♡』
真希は、私を何とも言えない色っぽい目で見つめながらいいます。

「ははw ゴメンね、もう借りちゃったよw 真希のプ??ー、相変わらず最高ねw」
ギブソンは、そんな風に言いましたが、上手く聞き取れませんでした。どうやら、プッシーと言っているようでした。

すると、真希が立ち上がりマイクロミニスカートをまくり上げました。彼女のあそこは、少し赤くなっている感じで、気のせいか膣肉が少しはみ出してしまっているように見えました。

そして、膣口からはドロッとした白いモノが膝当りまで流れています。
『どうしよう? このままだと、出来ちゃうかもw あなたに、とりあえずお疲れって言われちゃうww』
真希は、元巨人の駒田のエピソードを絡めたようなことを言いながら、自分であそこを広げました。すると、やっぱり膣口や、膣中が赤くなっている感じでした。大きすぎるサイズでかき混ぜられたのがよくわかります……。

私は、真希の目を見て、真希がなにを求めているのか理解しました。私は、ゴクッとつばを飲み込んだ後、真希のアソコに顔を近づけていきます。

そして、彼女の膣口に口をつけると、それを吸い取り始めました。すでに何回もしたこの行為ですが、ギブソンのそれは全然違いました。まず、粘度がやたら高い感じで、固形のようでした。そして、臭いと味が強烈でした。生臭いとか、栗の花の匂いと言う言葉では生やさしいくらいに、強烈でした。言い表すとすれば、獣臭という感じでした。

それでも私が真希のアソコに口をつけ、吸い取り始めると、ギブソンはファックとか、シットとか、驚いたように小声でつぶやいていました。
『そう……。もっと吸わないと、赤ちゃん出来ちゃうよw あなたの子じゃないのバレバレになるわよw』
真希は、酷いことを言っていますが、その目には確かに愛情を感じました。気のせいかもしれませんが、それでも確かに私はそう感じました。

そして、真希の膣中の獣の種を吸い尽くし、彼女の太ももの垂れ流れているそれも舐め取りました。

「旦那さんは、バイなの?」
ギブソンは、少し引き気味に言ってきました。私は、まったくそっちの気はないので、どうしてそんな事を聞くのか不思議に思いました。
すると、真希が私のペニスを足で踏んできました。
『ホントだw 何でギブちゃんのせーし飲みながらおっ立ててんの?ww』
真希のその言葉で、私は自分がおかしなほど勃起していることに気がつきました。

「ははw 凄い旦那だなw」
そう言って、ギブソンはズボンを脱ぎ始めました。すると、デロンという感じで真っ黒な太い肉棒が姿を現わしました。それは、完全に垂れ下がった感じで勃起している気配もないですが、圧倒的な大きさでした。

普通の標準的な日本人の生活では、黒人のペニスを生で見る事なんて無いと思います。そして、そんなのは見ない方が良いと思います。私は、自信を失いました……。
もともと、日本人標準よりもかなり小さめな私は、普段からコンプレックスを感じていました。いま私のコンプレックスは、最大限に大きくなっていました。

すると、ギブソンが自分のペニスを鷲づかみにして、私の顔に近づけてきました。
「真希ので汚れてるから、お掃除してくれる?」
私は、バカになったようにギブソンの言葉の意味が理解出来ませんでした。固まる私……。彼は、私の口にそれを押しつけてきました。反射的に顔を背けようとする私ですが、真希の小さな手が私の頭をホールドします。

『私のが、汚いってこと?』
真希が、冷たい口調で言います。完全に、論点をすり替えられている感じでしたが、私は”違う”と言いました。

「じゃあ、口開けろよw」
ギブソンが、バカにした口調で言います。私は、怯えると同時に口を開けてしまいました。すると、すぐに軟らかい肉の塊が私の口の中に飛び込んできました。それは、勃起していない感じの柔らかさでしたが、すでに私の口いっぱいになっていました。

始めてくわえるペニス……。でも、想像していたほどの嫌悪感は湧きませんでした。これがさっきまで、真希の中に入っていた……。そう思うと、なぜか愛おしさのようなものを感じてしまい、歯が当たらないように気を使ってしまいました。

『ちゃんと綺麗にしてね♡』
真希は、小馬鹿にしたような表情の中にも、私への愛を感じさせる言い方で言ってくれました。

私は、ただただ真希の期待に応えようと、見様見真似でフェラを始めました。私は男ですので、どこを舐められると気持ちいいかよくわかります。自分がされたいように、ギブソンのペニスを舐めていくと、それは私の口の中で膨張していきました。ただでさえ太いモノですが、これ以上大きくなるのか!? と思った私は、パニックになりました。

このまま大きくなってしまったら、息が出来なくなる! あごが外れてしまう! そんな恐怖に、私は胸が苦しくなりました。そして、それを吐き出そうとすると、ギブソンの太い指が私の頭に絡みつき、ホールドしました。

「行くぞw」
ギブソンはそう言うと、腰を振り始めます。私の口をオナホのように扱いながら、容赦なく喉奥まで入れてきます。
私は、窒息しそうになり、えづいて吐きそうになりながらも、必死で耐えました。振りほどいて逃げることも出来ないほどに、力強い手が私をホールドしています。

涙まで流している私に、
『どうしてこんななの?』
と、真希が笑いながら私のズボンとパンツを脱がせます。私のペニスは、ギブソンのと比べると恥ずかしいほどに小さいですが、すでにガマン汁でドロドロになっていて、いまにも爆発しそうでした。

『あなたって、ドMなのねw』
真希は楽しそうに言います。そして、涙目で見上げる私の前で、真希はギブソンに近づき、自らキスをしました。そのキスは、舌が生き物のようにうごめき、絡み合う肉感的なキスでした。
キスが始まると、ギブソンの腰の振りが収まり、私はチャンスとばかりに逃げようとしました。すると、頭をギブソンにガシッと掴まれ、
「サボっちゃダメダメw」
と、陽気な笑顔で言われました。

私は、逃げられないと観念し、ギブソンのペニスをフェラし始めました。勃起したその黒棒は、固さだけで言ったら私の方が固い感じでした。でも、その太さと長さが信じられないレベルで、なおかつカリ首の張り出し方が日本人離れしていました。日本人ではないので当たり前なのかもしれませんが、そんな感想を持ってしまいました。

見上げると、今日結婚式を挙げたばかりの妻が黒人の元カレとキスをしている……。私は、現実逃避するようにギブソンのペニスをフェラし続けました。


『んっ、もっと、んンッ♡ 飲ませて♡ ヒィあぁ♡』
真希は、可愛らしい声を上げながら、彼に口内をかき混ぜられています。時折、真希に唾液を飲ませるようなことまでする彼は、私に対しての遠慮などはまったくない感じです。

そしてギブソンは、無造作に真希の股間に手を持って行き、そのゴツい指を真希の膣中にねじこみました。実際はそんな事はないと思いますが、彼の指は私のペニスよりも太く見えました。

『ンンッふぅ♡ それ好きぃ♡』
指を入れられ、そして雑に動かされて、一瞬でとろけた顔になる真希。私とのセックスでは、見せることのない顔です。ギブソンは、私にフェラをさせながら、真希の膣中をガシガシかき混ぜます。その動きは、愛情とかを感じない機械的な動きでしたが、それでも真希はどんどん上り詰めていきます。

『んっ! ンあぁっ! ンふぅ♡ そこ好きぃ、あっ、くぅぅぁっ♡ 旦那のチンポより気持ちイイぃ♡』
真希は、私を見ながらそんな事を言います。でも、私はそんな屈辱的なことを言われて、どうしようもないほど興奮してしまっていました。

「力抜けよw 指増やすぞw」
ギブソンは、そんな事をふざけた感じで言います。そして、指を2本にして真希の膣中をかき混ぜるようにしますが、真希はそんな太い指が二本も入れられたのに、痛がる気配もなく、
『ンヒィィッ♡ イ、イクぅっ! 指でイッちゃうぅっ! 旦那のチンポじゃいけないのに、ギブちゃんの指でイッちゃうぅっ!! イクぅっ♡』
真希は、あっけなくイキました。私とのセックスでは見せることのない顔、見せることのないあえぎ方で、あっけなくイッてしまいました。

「オォぅ、イキそうw」
私のフェラで、彼もイキそうになっているようで、うめくように言いました。確かに、さっきから固さが増して、太さもさらに太くなった感じでした。イク兆候を感じ、私は妙に嬉しくなってしまい、さらに夢中でフェラをしていましたが、
『ダメぇっ! 私でイクの!!』
と、イッたばかりでトロンとした顔のままの真希が、私を押しのけるようにしながら言いました。

押し出された私は、床にへたり込むようにして二人を見上げました。
真希は、イキそうになっていて血管もビキビキで怖いくらいのギブソンのペニスを、躊躇なく生であそこに入れようとしました。そして、わずかに亀頭部分が挿入された瞬間、
「おぉっ! うぅおぉっ!!」
と、ギブソンが吠えるようにして射精しました。

二人は、向かい合って立っている状態です。ギブソンが膝を曲げて腰を落とし、真希は向かい合って立ったまま、ギブソンの極太を握ってあそこに入れています。亀頭部部しか入っていない状態で、うめきながら射精をする彼。また、シットとか、ファックとかスラング系の言葉をうめいています。

『うぅあぁぁ♡ 熱いよぉ♡ びゅるびゅる当ってるぅ……』
膣内射精を受けながら、夢の中にいるような顔をする真希。本当に、中に出されるためだけに繋がっている感じです。セックスをしたわけでもなく、イク寸前にちょっとだけ挿入して射精する……。まるで、真希がミルクタンクになったようでした。

「いっぱい出たよw どうするの? 孕んじゃうよw」
黒人が、孕むという言葉を使うのに驚きながらも、私は吸い寄せられるように真希のアソコに顔を近づけました。そして、さっきと同じような真希のあそこに口をつけ、中の獣汁を吸い取り始めました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と2

前回の話

私と真希との結婚は、本当にトントン拍子でした。私の両親は、挨拶に連れて行った真希を見て、
「本当に雅和で良いの?」
と、思わず確認をする程でした。もちろん反対などなく大歓迎で、私の評価までうなぎ登りに上がりました。

そして結婚を機に、私は父親の跡継ぎとして父の会社に転職しました。父としては、まだ数年外で修行させたかったようですが、真希という嫁を連れてきたことで、彼女に不自由させてはいけないと、すぐに会社に入れてくれました。しっかりと基盤が出来上がった保険代理店だったので、私がほとんどなにもしなくても会社は回っていく感じでしたし、収入も一気に3倍ほどになりました。これもすべて、真希のおかげだと思いました。

真希は、私の両親や親族の前では、完璧とも言える妻でした。私の前で見せる、サディスティックな部分や、ワガママなお姫様の部分は一切見せず、一歩下がって私を立てる出来た妻を演じていました。と言っても、演じると言うことではなく、それも真希の本当の姿なのだと思います。

誰でも、二面性はあると思います。真希は、それを隠さずに私に見せてくれるので、それはそれで幸せなのかもしれません。

そして、真希との例の約束ですが、やはり本気でした。もしかして、冗談かな? と、淡い期待をしていましたが、それは結婚式当日に打ち砕かれました。
結婚式当日、かなり早い時間から会場入していた私と真希は、さすがに緊張していました。
『なんか、いよいよだね。緊張してるの?』
真希は、余裕のある感じで私に言ってきます。でも、その顔は緊張で少しこわばっているように見えました。

「緊張してるよ。真希は? なんか、表情硬いけど」
私が、少しからかうような感じで言うと、
『す、するわけないじゃん! なに言ってんの? 緊張してるんじゃなくて、本当にマサで良かったのかなぁって考えてただけだよ!』
と、頬を赤くしてムキになって言う真希。最近、彼女のこのツンとした態度は、照れ隠しみたいなものだとわかってきました。

「僕は真希と結婚できて、最高に幸せだよ。本当にありがとう」
私はこんな風に言いながら、真希はこういう直球に弱いよなと思っていました。
『あ、当たり前じゃん! 私と結婚できるなんて、幸せに決まってるでしょ! わかりきった事言わないでよ……』
さらに顔を赤くして、ツンとした態度で言う彼女。

「ゴメンね。でも、どうしても言いたくなっちゃった」
『そんなの、いちいち言わなくてもいいから! ……あ、ありがとう……』
真希は、小さな小さな声で、ありがとうと言ってくれました。私は、真希のこういう態度が、本当に可愛らしいと思えるようになっていました。

『じゃあ、ドレスに着替えたりするから、また後でね!』
真希は顔を赤くしたまま、新婦控え室に入っていきました。私は、心の底から幸せを噛みしめながら、新郎控え室に入り準備を始めました。

途中、両親や妹が覗きに来て、色々と私をからかうようなことを言いましたが、この結婚を心底喜んでくれているのが伝わってきました。特に母親と妹は、中学、高校、大学時代と、一度も彼女を連れてきたことがなかった私なので、結婚式当日の今でも、まだ信じられない様子でした。
『真希さんの言うこと、何でも聞かなきゃダメだよ! あんな美人がお兄ちゃん好きになってくれるなんて、宝くじ当たるより奇跡なんだからね!』
妹は、本気で言っていました。そして母も、
『そうよ。真希さん泣かせるような事したら、勘当ですからね』
と、100%真希寄りの立場を表明しました。まぁ、無理もないかなと思いながら、私も自分の幸運を噛みしめ、笑っていました。

そして、自分の準備が出来たので、真希の様子を見に行きました。人気のない廊下の奥の新婦控え室のドアを開けようとすると、鍵がかかっていました。
着替え中なのかな? と思い、ノックをしましたが返事がなく、私は式場から渡されていた合い鍵で開けました。

そしてドアを開けて中に入ると、
「あ、すんません、すぐ終わるんでw」
と、髪の毛が茶色のチャラい若者に声をかけられました。彼は、服装から判断すると、結婚式の出席者なのだと思いますが、そんな事はどうでもいいくらいに私はパニックになりました。

男は椅子に座り、ズボンをはだけさせてペニスを丸出しにしています。そして、その前にひざまずくようにして、ウェディングドレス姿の真希がフェラチオをしていました……。真希は、まだブーケはしていませんが、白い長い手袋もしていますし、髪型もしっかりと出来上がっています。
そんな純白の天使みたいな真希が、椅子に座る見ず知らずの男のペニスをくわえていました。

私はパニックのあまり、部屋に入るとすぐに後ろ手に鍵をかけました。そして、真希に話しかけようとすると、
「すんませんね。なんか、人のモノになる前に、どうしてもやっときたかったみたいで、コイツに呼び出されたんすよw すぐ終わるんで、そこでコーヒーでも飲んでて下さい」
真希にフェラされながら、そんな事を説明する男。真希はチラッと私を見ましたが、何も言わずにすぐ男のペニスに視線を戻しました。

そして、その男のペニスを見て、私は理解しました。真希があの時言っていた巨根の男……それが彼なんだと……。

彼のペニスは、私の10cm砲とは違い、おそらく倍の20cm砲でした。私の重度の仮性包茎とは違い、余分な包皮がゼロなのでは? と思うほど、完全に剥けきっていましたし、全体的に淫水焼けというのか、亀頭も含めて黒っぽい色をしていました。

そして一番目を引くのが、そのカリ首でした。カリ首は、他の男の精液を掻き出すためのモノ……そんな風に聞いたことがありますが、この男の異常に張り出したカリ首ならば、2~3回ピストンをしただけで、すべて掻き出せてしまいそうです。

私は、それを止めなければいけないはずなのに、動けませんでした。真希にプロポーズをしたとき、私は二つの約束をしました。
一生彼女を離さないことと、真希は好きなときに誰とでもエッチをしていいということを……。
ただ、その約束をして以来、一度もそんな事はありませんでした。プロポーズ前は、頻繁に私以外の男と遊んでいた真希が、一切そういうことをしなくなっていました。私は、真希はあんな約束をしながらも、私に操を立ててくれるんだなと、安心していました。

それなのに、まさか今日……結婚式当日にこんな事になるなんて、想像もしていませんでした。プロポーズ以来、真希とは普通にセックスもしていました。その時も、真希は私を煽るようなことは言わず、普通の恋人同士のように愛し合いました。
そんな日々を送っていた私は、すっかりと油断をしていました。

真希は、何も言わずに黙々と私の知らない男のペニスを舐め続けています。でも、私以外の男にフェラチオをしているというとんでもない状況でも、ウェディングドレス姿の真希は美しかったです。真希は、ウェディングドレス選びに私を同席させませんでした。
『式の日まで、楽しみにしててね♡』
真希はそんな事を言いながら、どんなドレスを選んだのかすら教えてくれませんでした。でも、それはそれで、結婚式当日がより楽しみになるサプライズ的な要素でした。
それなのに、真希は私に見せるよりも先に、この男にウェディングドレス姿を見せました。それは、フェラチオするのを見せられるよりも、ある意味で私の胸をえぐりました。

「ほら、旦那見てるし、早く終わらせろってw 俺も集中できないしw」
軽薄なノリで言う男。私は、真希がどちらかというと男に下に見られている事に驚きました。真希は、生まれ持っての女王様気質だと思っていました。こんな扱われ方に、我慢できる女性だとは思っていませんでした。

『うん♡ じゃあ、入れてくれる?』
真希は、私に見せるサディスティックな顔は一切見せず、甘えた顔で男におねだりしました。私には見せない顔を、他の男に見せる真希……。私は、強烈な敗北感を味わっていました。

「だりーってw いつもみたいに勝手に入れろよw」
男は、真希がおねだりしているのに、こんな事を言って取り合いません。私は、怒りとかよりも、ただただ驚いていました。自分の妻にこんな事を言うのもおかしいかもしれませんが、真希は芸能界にいてもおかしくないくらいの美貌を誇っていると思います。そんな真希に、抱いて欲しいと言われて、すぐに飛びつかないこの男が信じられませんでした。

『もう~。わかったよ! 意地悪!』
可愛らしくすねた真希は、そのままウェディングドレスのスカートをまくり上げて、椅子に座った男にまたがり始めました。当然、コンドームをつける間もなかったので、私は止めようと声をかけました。
「ダ、ダメだって! 避妊は!?」
私は、自分で言いながらズレているなと思いました。私の言い方では、避妊すればして良いと言っているようなものです。夫ならば、その行為自体を止めるべきだと思います。でも、私は真希との約束を思い出してしまっていました。
「ヘーキっすw いつもしてないんでw」
男は、私を見下すような顔で言いました。そして、唖然とする私を無視して、真希は対面座位で男のモノを挿入しました。すぐにウェディングドレスのスカートで結合部分は見えなくなりましたが、真希の反応で入ってしまったのがわかりました。
『んンッふぅん♡ マサキの、いつもより固くなってる♡』
真希は、嬉しそうに言いました。その顔は、私に対する罪悪感はゼロで、トロンと甘くとろけているように見えました。
「そりゃ、そんなの着てるとさすがに興奮するってw」
男は、私の目の前で真希に生挿入したにもかかわらず、軽いノリのままでした。私は、完全に舐められていましたが、何も言えませんでした……。

『時間ないから、全力で行くね♡』
真希は可愛らしい口調でそう言うと、男にキスをしました。そして、腰を勢いよく振り始めました。
結婚式の当日に、控え室の中でこんな事を始める真希……。私は、悪い夢の中にいるような気持ちになりました。

でも、どんなに信じられなくても、真希はウェディングドレスを着たまま、自らハードに腰を振り、濃厚なキスをしています。それに対して、男の方は自ら動くこともなく、キスも受け身でされるがままという感じです。
『んっ♡ ンふぅンッ♡ やっぱ、大っきい♡』
真希は、本当に気持ちよさそうにあえぎ続けています。
「声デケぇw」
『だ、だってぇ、マサキのおチンポ、子宮に入りそうになってるんだもん♡』
私とのセックスでは、けっして見せないようなとろけた顔で言う真希。
「入るかよw でも、すっげぇ子宮降りてんなw」
からかうように言う男。
『だってぇ、マサキの入ってくると、赤ちゃん欲しい! って思っちゃうから♡』
私が今まで一度も見たことのない、男に媚びを売る態度の真希。彼女に、こんな一面があることに驚きながらも、激しく嫉妬しました。これから、大勢の前で永遠の愛を誓う相手が、他の男にまたがり、その男の赤ちゃんが欲しいと言う姿……。私には、これ以上の地獄は思いつきませんでした。

「じゃあ、作っちゃうか? 認知しねーけどw」
男は、そんな事もふざけた口調で言います。本当に、とことん軽薄な男のようです。
『作るわけないじゃん。そんな風に思うの、今だけだから。マサキって、セックス以外は最低だもん』
「確かにw でも、そんな最低男のチンポが好きなんだろ?」
『まぁ、天は二物を与えないからね。でも、ホントにマサキのおチンポ、最高だよ。黒人越えてるもん♡』
サラッととんでもない事を言う真希。黒人? まさか……。

「アレ? ギブちゃんだっけ? まだアイツとやってんの?」
男はちょっと驚いたように聞く。
『もう何年も会ってないよ。なんで?』
「いや、アイツとやってんなら、コンドームしないと……ほら、エイズとか怖いじゃん?」
『酷いよねw 偏見じゃん。マサキの方がよっぽど危ないって』
「大丈夫w 俺はほら、正露丸飲んでるからw」
私は、吐きそうになっていました。二人の会話が、あまりにも酷いものだったから……。

『ヤバいね、時間もうないよ。マサキ、いつものして♡』
そう言って、真希は立ちバックの格好になりました。そして、自分でウェディングドレスのスカートをまくり上げると、ツルツルで毛のないロリマンが、ピンク色にウネウネとうごめいていました。元カレに永久脱毛をさせられたという話ですが、この男がさせたのでしょうか?

「綺麗にしてある?」
『してあるよ! ホント、変なところばっかり潔癖なんだから』
「悪い悪い。だって、ばい菌入っちゃうじゃん? まぁいいや、じゃあ行くぞ」
そう言って、男はペニスを真希のアナルに押し当てて行きます。そして、そのまま躊躇なく一気に押し込みました。その極太のペニスが、とても入りそうにない小さなアナルに、驚くほどあっさりと入って行きます……。
『うぅああぁぅ、ンふぅ……入ってきたぁ♡ おチンポ、ケツマンコに入ってきた♡』
純白のウェディングドレスを身にまとい、信じられないほど下品な言葉を吐き出す真希。
「オォ、さすがにスゲぇ締まるなw」
『ちゃんと、マサキに言われたトレーニング続けてるから……』
顔を赤くして、恥ずかしそうに言う真希。まるっきり、恋する乙女のような顔をしています。私には見せてくれない顔です……。

「マジで? 今何キロくらいでやってんの?」
『2.5kgだよ』
「マジかw 鉄人w」
『もう! いいから早くイキなさいよ!』
からかわれて、顔を赤くしながら言う真希。
すると、男はいきなり凄い勢いで腰を振り始めました。

パチンッ! パチンッ! と、激しく肉を打つ音を響かせながら、ウェディングドレスの真希を責め始めました。
『んァッ! ヒィィあっ! すごぃぃっ! 気持ちいいぃっ! 子宮に当ってるぅッ! うぅあっ! アンッ♡ アンッ♡』
立ちバックのまま、どんどん高まっていく真希。アナルあんな太いモノを入れられて、痛がるどころかこんなにも感じている真希。私とのセックスの時とは、大違いの感じ方をしています。

「アナル越しに子宮やられるの、ホント好きだなw 旦那の前でイクのかよ?」
『イ、イクぅっ! ケツマンコイクぅっ! マサキぃっ! もっと! もっとガンガンしてぇっっ! お尻ぶっ壊してぇっ!』
真希は私のことなどお構いなしで、イク寸前になっているようです。真希は、私とのセックスでイクことはありません。いつも真希が主導で、私をイカせて終わり……そんな感じです。イク演技すらしてくれません……。

「オラ、イケよw 旦那の前でケツイキしろw」
男は、真希のお尻を平手で叩きながらそんな事を言います。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と

妻の真希とは結婚して2年ほど経ちます。私は33歳、妻は28歳です。私なんかのように、何の取り柄もない男と結婚してくれた妻に、日々感謝をしながら生活する毎日です。

何ともパッとしない私と比べて、妻は夫のひいき目とか関係なく、本当に美しい女性だと思います。知り合った当時から、とにかく男性にモテモテで、いつもイケメンを連れている印象でした。
奔放で、おそらく貞操観念も低い彼女は、男性経験も多かったと思います。

勝ち気な性格で、黙っているとゾクッとするほど美人の彼女は、女王様という言葉がピッタリ来る感じでした。私とは住む世界が違う人……私とは交わることがない人……そう思っていました。

彼女と知り合ったのは、親しい友人の結婚式の2次会でした。会場の中で、飛び抜けて美人だった彼女は、大勢の男達に囲まれていました。下心いっぱいの男性達に囲まれながら、それでも醒めた笑みを浮かべている彼女は、生まれながらの女王様のようでした。

私はその輪に入ることも出来ずに、男友達と話していました。そんな中、トイレに行き、トイレから出ると、いきなり彼女に声をかけられました。
『こんばんは。少しお話しませんか?』
真希は、丁寧な言葉とは裏腹に、少し苛立ったような感じでした。私は、驚いたのと、少し怖かったのとで、しどろもどろになりながらも、会話を始めました。

彼女は、終始少し苛立った感じでしたが、
「声かけられてビックリしました。話しかけたいなって思ってたけど、あまりにも美人で気後れしてました」
と私が言った途端、花が咲いたような笑顔になり、
『良かった。私に興味ないのかと思ってました』
と、可愛らしい声で言いました。
男性陣が皆声をかけてくる中、一切話しかけもしない私に、プライドが傷ついていたみたいでした。そんな、思い上がりというか、高慢な女性なのに、意外なほどの可愛らしい笑顔に、私は胸を撃ち抜かれました。

そして、彼女も私のなにが気になったのかわかりませんが、別れ際にメルアドの交換をしてくれました。LINEをやっていないことをぶつくさ文句を言われましたが、友人も少ない私には、SNSやLINEなんて不要なものでした。でも、そんなアナログなところも、彼女の好奇心を刺激したようでした。

そして、5歳も年下の彼女に、振り回される日々がスタートしました。
彼女の誘いは、いつも突然でした。
一人暮らしの私が会社から帰宅して、夕ご飯を自炊していると、どこそこの店にいるから30分以内に来て、とか、そんな感じでした。
それは、デートのお誘いと言うよりは、下僕を呼び出す命令のメールのようでしたが、私は本当に浮かれながら、すぐに飛んで行きました。

私なんかを、彼女ほどの女性が誘ってくれる……。それだけで、夢のようでした。
私が息を切らせながら店に入ると、いつも彼女は男性と話しています。たいていは、私よりはイケメンの男性と、親しげに話をしているのですが、私が入ってくると、男性を冷たく追い払います。
男性は、少し不満そうに席を立ち、私を見て驚いたような顔をします。言葉には出しませんが、”なんでこんな男と?”と思っているのがありありとわかります。

私は、自分でも不釣り合いだなと思いますが、こんな風にあからさまな態度を取られると、さすがに傷つきます。

そして、私が席に着くと、彼女は本当に無邪気な笑顔を見せてくれます。
『遅かったね。もう少し遅かったら、あの人と遊びに行くところだったよ!』
と、少しすねたように言う彼女に、私の胸は高鳴りっぱなしでした。

本当に不思議なのですが、彼女はどんなイケメンと話しているときも、ほとんど笑いません。笑っても、冷笑という感じです。
こんなにも無邪気な笑顔を見せるのは、私の前だけでした。

こんな風に、私に対しての好意を見せてくれる彼女ですが、基本はSでした。なにをするのも、どこに行くのも彼女が決めますし、レストランのメニューまで私に選択権はありません。
彼女の食べたいものを2品頼み、それを一緒に食べるという感じです。でも、私の生まれ持っての下僕精神がそう思わせるのか、私にとってそれは普通のことでした。

これだけならば、私は幸運な男というだけの話ですが、実際は少し違いました。真希は、私のことを好きという素振りを隠そうともしないのに、他の男性達とも今まで通りに遊んだり、食事をしたりしていました。そして、これはただの想像に過ぎないのですが、セックスもしているのだと思いました。

彼女の口から聞いたわけではないのですが、友人を介して聞こえてくる噂話と、たまに彼女が私に電話を掛けてきたときの素振りでそう判断しました。
彼女は、気まぐれに私に電話を掛けてきます。時間も真夜中だったり、早朝だったりすることもあります。私の都合などお構いなしなのですが、どんな時間であれ、彼女からの電話は嬉しいものでした。
でも、
『ン、起きてた? フフ。寝てるかと思った。んンッ……』
と、妙に甘えたような、おかしな様子で掛けてくることがたまにありました。
「どうしたの? 酔っ払ってるの?」
私が心配になりそう聞くと、
『ううん……違う……あっ、んっ、ヒマだったから……なに……してる、の……』
と、妙に苦しげに言います。私は、いつも嫌な想像でいっぱいになります。もしかして、真希は誰かに抱かれながら電話を掛けてきているのでは? そんな想像で、胸が苦しくなります。

「誰かいるの?」
『え? うぅん、一人、だよ……あぁっ、ン、クゥ……ストレッチしてるだけ』
私は一瞬、”一人エッチしてるだけ”と聞こえて、ドキッとしました。ストレッチと一人エッチ、語感が似ていました。

「大丈夫? 今から行こうか?」
『へへ、優しいね……そういうとこ、好きだよ♡ ンアあぁっ! だ、ぇ……。へへ、ストレッチし過ぎちゃった』
「大丈夫? 本当に一人?」
『……りぃ……だよ……。ご、めんんっ……眠いからぁ……切るぅ、ね』
と、いきなり電話が切れます。私は、すぐにかけ直しますが、いつも電源が切れてしまっています。
この後、私は悶々と眠れぬ夜を過ごします。今頃真希は、イケメンに激しく責められている……。
私に電話を掛けさせて、ニヤニヤしながらハメているイケメンを想像して、泣きそうでした。

でも、人間不思議なもので、そんな事を何度も繰り返されると、それによって興奮するようになりました。
愛する人が他の人とセックスをしているのを想像して、興奮するようになった私は、どんどん妄想がエスカレートしていきました。

そんなある日、真希に呼び出されて真希の家に行き、うつぶせに寝る真希にまたがり、下僕のようにマッサージをしていると、
『マサは、私とファックしたくないの?』
と聞いてきました。エッチでもセックスでもなく、ファックと言う彼女に、強い違和感を覚えましたが、なぜか興奮しました。美しい女性の口からそんな言葉が出てくると、いわゆるギャップ萌えなんでしょうか?

「そ、それは、したいよ……」
『したいよ? 違うでしょ?』
真希は、冷たい口調で言います。
「し、したいです……」
私は、慌てて言い直します。
『フフ。よろしい』
彼女は、満足げに言います。私は、5歳も年下の彼女に、敬語で話すことが多いです。でも、お互いに生まれ持った性分なのだと思いますが、それがピッタリと来るように思いました。

『じゃあ、どうしてファックしないの?』
彼女が、不思議そうに聞きます。
「そ、それは……」
私が口ごもると、
『手、止まってるよ。マッサージしながら話せないの?』
と、冷たく言われました。私は謝り、すぐにマッサージを再開します。

正直、真希とエッチしたいに決まっています。でも、自信のない私は、真希が私をただの便利屋として見ていると思っていました。私に見せる好意のような仕草も、ただの気まぐれなのでは? と思ってしまい、彼女の気持ちを計りかねていました。

『本当にマッサージ上手だよね。知ってる? いつもマサにマッサージしてもらうと、すっごく濡れてるんだよ……』
真希は、ゾクッとするほど妖艶な言い方をしました。
「……そうなんだ……」
私は、ここまで言われても、襲いかかることも出来ないくらいの腰抜けでした。

すると、真希は私にまたがられたまま仰向けになりました。
『私のこと、嫌いなの?』
真希は、無表情でそう聞きました。私は、その氷のような表情に、怖いと思うと同時に、ゾクゾクするような興奮を覚えていました。

「す、好きです! 好きに決まってます!」
私は、情けない声で言いました。すると、真希は子供のような無邪気な笑顔になりました。

氷のような顔から、ひまわりのような暖かく明るい顔に切り替わり、私は胸がときめいて仕方ありませんでした。
すると、真希が目を閉じ、少しアゴを持ち上げるようにしました。私は、それが何かまったくわかりませんでした。当時アラサーと言われる年齢なのに、女性と付き合ったこともキスをしたこともなかった私は、それがキス待ちの顔だと気がつきませんでした。

すると、目を開けた真希が、あきれたような顔になり、私の襟首を掴むと、柔道のように私を引きつけ、そのまま私を抱きしめてキスをしてくれました。
こんなにも情けないファーストキスでしたが、私は身体がとけるような気持ちになりました。真希のキスは、情熱的で巧みでした。私の歯ぐきや、上顎、舌、全てを舐めつくし、吸い尽くすようなキスでした。経験豊富なのが伝わってきて、少し悲しくもなりましたが、一気に欲情が爆発しました。

私は、そのまま彼女を押し倒し、彼女の見様見真似でキスをしました。何度も歯が当たり、カチッ! と音がしましたし、彼女の唇に歯を当ててしまったりもしましたが、意外にも彼女は怒りませんでした。

それどころか、本当に嬉しそうな顔をしてくれました。その表情を見て、私は迷いが消えました。
「真希……真希さん、僕と結婚して下さい!」
と、震える声で言いました。
『はい♡ でも、二つ条件出しても良い?』
と、真希はニコニコしながら言いました。

私は、まさかのイエスの返事に、舞い上がっていました。なので、即答で条件を飲むと言いました。

「条件ってなに?」
『一生私を離さないことと、私は自由に誰とでもエッチするって事♡』
真希は、私の目を真っ直ぐに見つめながら、そんなとんでもない事を言いました。
「そ、そんな……」
『あれ? 飲むって言ったのに、破るの?』
「それは……わかった……わかりました……」

こんな風に、とんでもない条件付きの結婚が決まりました。

その話が決まった後、私は童貞を卒業できました。真希は、私を仰向けで寝かせると、私の顔の上にまたがり、腰を降ろしてきました。
スカートの中には、ショーツはありませんでした。
『いつもはいてなかったんだよ。なのに、襲ってくれないんだもん』
と、真希はイタズラっぽく言いながら、どんどん腰を降ろしてきます。

初めて見る生の女性器は、想像していたよりも美しく、神々しく見えました。陰唇はとても小さく、色も綺麗でした。そして、その中はピンクの肉が見えました。テラテラと光って濡れているアソコは、濡れすぎてあふれた蜜が太ももも濡らしていました。
そして、少し大ぶりなクリトリスが、半分ほど顔を出し、その上の恥丘にはへアがありませんでした。剃った痕もなく、脱毛か天然かわかりませんが、そこだけ妙に幼く見えました。

『元カレの趣味で、永久脱毛したんだよ♡』
彼女が、私の視線に気がついたのか、そんな風に言いました。元カレの趣味で、永久的に身体を変えられた……。それは、これから真希の夫になろうとしている私には、胸が掻きむしられるほどに嫉妬する事でした。

これから、彼女と結婚して一緒にすごしていても、へアのないアソコを見るたびに、元カレのことが頭をよぎるはずです。
そんなショック状態の私の顔に、彼女のアソコが押し当てられました。熱く濡れたアソコは、私の唇に押し当ると、クチョッと音を立てました。
『舐めて♡』
彼女は、上気した顔で言いました。その言葉通り、私は夢中で舐めました。そのあふれ出た蜜をなめ取ると、それは少し塩っぽい味がしましたが、本当に美味しいと思えました。

『んっ、んン、ふぅ……あっ♡ そう、上手……そこ、あぁっ♡ んっ♡』
真希は、微妙に腰の位置を動かしながら、私に気持ち良いところを舐めさせようとしました。私は、彼女に導かれるままに舐め続けました。

すると、真希のアソコから、ドロッとした液体が流れ出てきました。真っ白なそれは、嗅ぎ覚えのある青臭い臭いをさせていました。慌てて離れようとする私に、さらに体重を掛けてアソコを押しつける真希。

『ゴメンね。さっきまでしてたから。流れ出てきちゃった♡』
真希は、他の男の精液をアソコに注がれていたということなんでしょうか? 私は、パニックになり、顔を背けようとしました。
『全部吸い取って♡ いいの? 他の男の種で妊娠しちゃっても?』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング