NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった最終回【オリジナル】

前回の話

『ご、ごめんね、直樹のおチンポ、太すぎて押し出されちゃった。汚れてない?』
対面座位でアナルで繋がったまま、マキが聞く。汚れるもなにも、直樹の下半身は、マキの漏らした潮だかおしっこでグチョグチョだ。
「マキのなら、平気だって。飲んでも良いくらいだよ」
直樹は、マキのことを見つめながらそんなことを言う。アブノーマルで変態な発言だけど、マキは妙に嬉しそうだ。

『直樹の、子宮まで届いちゃってる♡』
「え? 子宮? お尻に入れてるのに?」
『うん。壁越しに子宮にゴリゴリ当ってるよ。こうやってるだけで、イキそうなんだよ♡』
マキは、エロすぎる穴あきランジェリーを身につけたまま、直樹と一つになっている。直樹のことを見つめる目が、すごく熱っぽい。

「痛くないの?」
心配そうに直樹が聞く。
『平気だよ。カズ君がバイブでほぐしてくれたから。直樹が入れやすいように、ほぐしてくれたんだよw』
マキは、からかうように言う。すると、直樹が僕の方を見て、
「わ、悪いな」
と、申し訳なさそうに言った。僕は、まだ射精した快感の中にいたので、間抜けな顔で直樹にうなずくのが精一杯だった。

『いいの、そんなこと言わなくても。カズ君は楽しんでるんだから。ほら、パンツの中でイッちゃったみたいだよw』
マキは、直樹にそんなことを言う。直樹は、僕の股間のあたりを見て、一瞬目が大きく開いたが、すぐに薄い笑みを浮かべた。僕は、直樹に馬鹿にされているような気持ちになり、落ち込んでしまった。でも、マキはそんな僕の様子を見ていたように、直樹にキスをした。マキが、自分から熱心に舌を絡めているのがわかる。

僕は、アナルに極太を入れられて、うっとりした顔でキスをするマキを見て、悔しい気持で泣きそうだった。
僕は、さっきかろうじてマキのアナルに入れさせてもらうことができた。でも、バイブでほぐした直後ということもあってか、ユルユルのガバガバだった。そして、マキは気持ちいいという感じはまったくなく、ほぼノーリアクションだった。

それが今は、お漏らしをするほど感じてしまっている。直樹は、自分からも積極的に舌を絡め始めた。童貞でキスもしたことがなかった直樹でも、これだけ短期間に色々と経験すると、さすがに上手になるみたいだ。

『んふぅ♡ 直樹、キス上手になったね。どう? アナルセックスの感想は?』
マキは、そんなはしたない質問をする。
「凄く気持ち良いよ。それに、マキのことを全部知ったような気持になったよ」
直樹は、感動したような顔になっている。
『まだまだだよ。もっと色々な秘密があるんだからw』
マキは、もったいぶったように言う。
「そっか。じゃあ、一つずつ教えてもらうよ」
直樹はそう言うと、逞しい身体を存分に生かし、マキのことを突き上げ始めた。まだ、服も中途半端に着たままの直樹。さっき対面座位で繋がったとき、2人は少しでも早く一つになりたいという感じだった。もう、マキの心もかなりの部分が奪われてしまったように感じる。

『んぅぅっ! お尻拡がっちゃうぅ、うっ! うぅあっ! 気持いいぃっ! ぶっといの子宮まで届いてる♡ もっと、もっと強くていいいよ! マキのアナル壊していいよぉっ!』
マキは、すっかりととろけた顔で叫ぶ。そして、直樹のTシャツを脱がせていく。すぐに逞しい大胸筋が姿を現わし、同時にマキが苦しい姿勢を取りながら、直樹の乳首を舐め始めた。

「あぁ、マキ、それ凄く気持ち良いよ……」
直樹は、マキに乳首舐めをされながら、腰をガンガン突き上げる。マキは、とろけた顔であえぎ続ける。自分の彼女が、アナルを貫かれながら相手の乳首を舐めている姿は、思考が停止してしまいそうな程、衝撃的だ。でも、僕はやっぱり興奮してしまっていた。自分の心が壊れないように、マキの浮気セックスを見て興奮するように進化したのかも知れない。

『もっと気持ち良くなって。直樹のおチンポ、どんどん固くなってきてるからぁ♡』
マキは、さらに直樹のペニスを硬くするために乳首を舐めているようだ。
「マキ、キスも……」
直樹が、うめくように言う。すると、マキはすぐに直樹の唇に唇を重ねた。そして、濃厚すぎるキスをする。直樹は、腰を突き上げながら必死で舌を絡めていく。
『んっーっ! んふぅっーーっ! んんおぉっ!』
キスで口を塞がれたまま、叫んでいる感じのマキ。直樹の背中に爪を立てている感じで、直樹の背中には爪の痕がはっきりと残っている。マキは、穴の開いたセクシーなランジェリーを身につけたまま、キスを続けている。そして、マキの胸や首筋などには、いたるところに直樹のキスマークが見えている。キスマークだらけのマキ……。僕は、さっき下着の中で射精してしまったのに、もう勃起してカチカチになっている。

「マキ、好きだっ!」
直樹が、真っ直ぐに気持をぶつけるように言う。
『私も好きっ! 直樹のおチンポ、一番気持ちいいっ! ねぇ、イク時はおまんこに出してっ!』
マキは、とろけた顔で叫ぶ。
「い、いいの? そんなことしても……」
『いいのっ! 出来てもいいからっ! 直樹の赤ちゃんだったら、産みたいのぉっ!』
マキはそんな言葉を叫んだ。僕は、ショックでめまいがしそうだった。

「好きだっ! マキっ! 愛してるっ!」
『私も愛してるっ! 直樹! マキ、イッちゃうっ! お尻でイッちゃうっ! うぅああああっぁっ! イクっイクっ! イイぃグゥッ!!』
マキは、直樹にしがみつくようにして絶叫した。でも、直樹はかまわずに腰を振り続ける。
『ヒィ、ぐぅ……うぅっ、あぁっ、ダメぇ、イッてるのにぃ、うぅあぁっ! またイッちゃうぅっ! 直樹もイッてっ! 一緒にイキたいぃっ! 愛してるぅっ!』
直樹は、マキの言葉に燃え上がったようで、部屋が揺れるほど腰を突き上げ始めた。

「イクっ、マキっ! 愛してるっ!」
『うぅああっ! イッてっ! おまんこに出してっ! 子宮に全部飲ませてぇっ!』
マキは叫びながら腰を持ち上げ、アナルからペニスを抜くと同時に膣に入れた。まるで、マジックでも見ているような素早いすり替えだった。

「あぁ、イクっ! マキっ! マキっ!!」
直樹は、マキの名前を何度も叫びながら射精を開始した。
『んおおぉおおぉおっ!! イグぅっ!! 直樹の子宮にかかってるぅっ! 直樹っ! 愛してるっ!!』
そして2人は、キスをした。対面座位で注ぎ込まれながらのキス……。マキは、心の底から幸せそうな顔になっている。

そして、長い時間むさぼるようなキスをした後、マキはスッと立ち上がり、当たり前のようにお掃除フェラを開始した。アナルに入れていたことなんて、気にもしていないようだ。
「マキ、愛してるよ。今日は、朝までするからな」
直樹は、お掃除フェラするマキの頭を優しく撫でながら言う。
『へへ。じゃあ、まずはシャワー浴びようよ』
マキは嬉しそうに言うと、直樹の腕を掴んで浴室に向かった。そして、2人で一緒にシャワーを浴び始めた。僕は、全くの蚊帳の外だ。

狭い浴室の中から、マキの無邪気な笑い声が聞けてくる。僕は、すりガラスみたいな浴室のドア越しに、肌色の塊が動くのをただ眺めていた。
それは、はっきりと2人の姿が見えるよりも、焦燥感と嫉妬を感じてしまう。色々と妄想が働くからだと思う。

すると、
『あっ、ダメぇ。うっ、外で、うぅあぁ、狭いでしょ、あっ、もう……んっ、あっ、あっ』
と、マキの甘い声が響き始めた。
「ほら、もっとお尻突きだして」
『もう……。はい。うぅっ、奥まで来てるぅ♡ あっ、あっ! あっっくぅ♡ ンンッ、ふぅ♡ あっ! あぁっんっ!』
透けたドア越しに、肌色の塊が揺れるのが見える。どう見ても、立ちバックで後ろからハメられてしまっている感じだ。狭い浴室の中から、ミクの甘い声と、ギシギシと床がきしむ音が響く。

僕は、2人の目がないことをいいことに、ペニスを取りだしてオナニーを始めてしまった。それは、信じられない程に気持ち良くて、しごいてものの30秒もしないうちに、イキそうになってしまった。

「ほら、口開けろって」
『うん♡』
「飲めよ。そう。全部飲めよ」
『……美味しい♡ ねぇ、もっと頂戴』
「ほら。マキ、舌出して」
そして、マキのくぐもった声が響き始めた。透けたドア越しに、2人がキスをしているのがわかる。しばらく、うめき声と床がきしむ音が続く。僕は、なんとかイクのを紛らせながら、オナニーを続けていた。

『ダメぇ、イッちゃうっ! イッちゃうっ! 直樹の大きいチンポでイッちゃうのぉ♡』
「イケっ! マキ、俺のじゃなきゃイケない身体になれよ!」
『うぅああっ! 直樹のチンポじゃなきゃ、イケなくなっちゃうよぉっ! うぅあぁぁっ! イクっ! イクっ! イグゥゥッッ!!』
浴室の中から聞こえてくる、容赦ないマキのあえぎ声。僕は、必死で声を殺しながら、射精した。自分の彼女が他の男とセックスしている声をおかずにしての射精は、何か僕の中の大切なものが出て行ってしまったような感じがした。

そして、お風呂から出てくる気配がすると、僕は慌ててズボンを戻し、床に飛び散った精液をティッシュで拭いた。

『ゴメンね、長くなっちゃって。カズ君もシャワーどうぞ』
タオルを身体に巻きながら、僕にそんなことを言うマキ。マキの顔は、とろけて上気して、今やってきましたよという感じの顔になっている。そして、僕を浴室に行かせようとするのにも、すごく疎外感を感じてしまった。

でも、僕はパンツの中が濡れて気持ち悪いこともあり、素直にシャワーを浴びるために浴室に向かった。浴室に入ると、微妙に臭いがした。ここで中出しセックスをしたと知らせてくるような、生々しい臭いだ。
僕は、その臭いをなくすために、シャンプーで頭を洗い始めた。シャンプーのいい匂いで、生々しい臭いが消えていく。僕は、泣きそうな気持ちのまま頭をガシガシ洗い続けた。

でも、流し始めようとした時、マキの甘い声が響いてきた。シャワーの音でかすかにしか聞こえないが、どう考えてもセックスしている声だ。本当に、少しの休憩もすることなく、やりっ放しになっている。

僕は、マキとのセックスは大好きだし、夢中になっているつもりだ。でも、こんなに短時間に、何度も何度もセックスをしたことはない。直樹に、想いの濃度で負けてしまっている気がしてきた。

僕は、かすかなマキのあえぎ声を聞きながら、身体も洗い始めた。身体を洗いながらも、勃起が収まらないのを複雑な気持で眺めていた。

そして、浴室から出ると、全裸の2人が正常位で繋がっていた。でも、普通の正常位ではない感じだ。マキは、お尻の下にクッションを敷いていて、かなりお尻が持ち上がった状態になっている。そして、そんな状態のマキに、杭を打ち込むような感じで腰を打ちつけている。
パチュン、ブチュンと、聞いたこともないような音を立てながら、直樹の大きくて長いペニスが出入りする。

『もう死んじゃうぅ。イッてる、イキっ放しなのっ! 直樹、もうイッてっ!』
マキは、自分で太ももの下に手を回し、大きく足を上げながら開脚している。たぶん、少しでも奥まで直樹のペニスを受け入れるためにだと思う。
「俺の形にする! マキのおまんこ、俺の形にしてやるからっ!」
直樹は、さらに杭打ちのパワーを強くしながら言う。

『なってるっ! もうなってるのぉっ! マキのおまんこは直樹の形だよぉっ!』
直樹のことを熱っぽい目で見つめながら、マキが絶叫する。もう、浴室から出てきた僕のことなど、気がついてもいない感じだ。
「マキ、俺の赤ちゃん作って! 愛してる!」
『作るっ! 欲しいっ! 直樹の赤ちゃん欲しいのぉっ! 出してぇっ! マキの子宮の中にっ!』
「あぁ、マキ、イクっ、孕めぇっ!」
『うぅあぁっ!! イグゥゥッ!! 直樹ので妊娠するぅっ!!』
そして2人は、抱き合いながらキスをした。真後ろから見てしまったので、直樹の睾丸の辺りがドクンドクンと脈打つのが見えてしまった。男がイク時、こんな風に動くんだなと思いながら、こんな風に注がれてしまったら、絶対に妊娠してしまう……。そんな恐怖を感じていた。

『すごいよ……。直樹のが、子宮に入ってくるのがわかる……』
マキが、そんなことを言う。実際にわかるのかどうかはわからないが、マキが本気で妊娠したいと思ったからこそ、そう感じたのだと思う。
「なんか、少し開いてる感じがする。大丈夫? 痛くない?」
少し心配そうに直樹が聞く。
『平気だよ。そのまま、直樹のが入っちゃえばいいのにね♡』
「え? 子宮の中にってこと?」
『うん♡ 無理だと思うけどね。でも、直樹のだったら、すっごく長くて固いから、いつか出来るかもね』
「マキ、愛してるよ」
『私も♡ メッチャ愛してる』
そう言って、繋がったままキスを繰り返す2人。僕は、愛してるのは僕だと言ってくれたマキの言葉が、幻だったのかな? と思い始めていた。

「……俺と、付き合ってくれないの?」
『ゴメンね。それはダメだよ。カズ君がいるから……』
マキはそう言いながら、僕の方を見てくれた。とろけきった顔だけど、罪悪感と戸惑いを感じているような目をしている。
「でも……。俺ので妊娠したら? 俺と結婚してくれるでしょ?」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった5【オリジナル】

前回の話

マキは、大人のおもちゃ屋さんを出ると、いつも以上にベタベタしてきてくれた。腕を組み、歩きづらいと感じるほどに身体をすり寄せてくる。
『ねぇ、歩きづらい?』
マキは、ニコニコしながら聞いてくる。僕は、
「平気だよ。歩きづらくても、マキがくっついてくれる方が嬉しいよ!」
『え? そうじゃなくて、さっきパンツの中で出しちゃったでしょ? ベタベタしたりしないの?』
と、イタズラっぽく笑いながら言うマキ。僕は、マキに直樹とのカーセックスや昔の輪姦の話を聞かされ、手も触れずにパンツの中に出してしまったことを思い出し、顔を赤くしてしまった。
「い、いや、トイレで拭いたから……」
『へぇ、そうなんだね。でも、話聞いただけで出ちゃうなんて、カズ君って変態入ってるよねw』
マキは、完全にからかっている感じだ。僕は、顔を赤くしてうつむきがちに歩くのがやっとだった。

『でも、変態でも大好きだよ。カズ君とだったら、なんでも受け入れちゃうよ』
そう言って、さらに身体をくっつけてくるマキ。服を着てるとわかりづらい巨乳が、腕に当る。
「だったら、その……。お尻も……」
僕は、マキが直樹とアナルセックスをしてしまう前に、なんとか先にさせてもらえないだろうかと思い、そう言ってみた。
『ごめんw それはダメだよ。だって、小さいのですると、くすぐったいだけだし、空気漏れちゃって恥ずかしいんだもん』
マキは、経験豊富なのが伝わってくるような発言をする。マキが奔放にセックスを楽しんできたのはわかっていた。でも、アナルセックスまで経験済みだったとは、覚悟できていなかった。

そして今、マキに断られた上に、僕のが小さいことまでからかわれ、泣きそうな気持ちになっていた。でも、僕ははっきりと興奮していた。
『カズ君、大きくなってるよw』
マキは、僕の勃起に気がついたようで、笑いながら言ってくる。本当に、楽しそうな笑顔だ。この笑顔のためなら、何でもしようと思ってしまう。
「ごめん。でも、どうして興奮しちゃうんだろう?」
僕は、助けを求めるようにマキに聞いた。
『カズ君が、私の事を好きだからだよ。大切に思ってくれてるから、負けたくないとか、奪われたくないって思うんじゃないのかなぁ?』
マキは、そんなことを言った。僕は、そう言われて納得した。

そして、家に帰ると、僕はすぐにマキに抱きついた。そして、むさぼるようにキスをした。マキは、嬉しそうに舌を絡ませてきてくれる。僕は、そのままマキの服を脱がせ始める。
『このままする? シャワー浴びなくても良いの?』
マキは、上気した顔で言う。僕は、そのままでいいと言って服を脱がし続ける。
『直樹の、まだ入ってると思うよ。出てきちゃうと思うけど、平気?』
マキにそんなことを言われて、僕はさらに燃え上がってしまった。ほとんどはぎ取るように服を脱がせ、ブラも脱がすのももどかしく、下に引きずり下げるようにした。ブラで持ち上げられた胸が、いつも以上に大きな谷間を作る。見た目の幼さとはギャップがある巨乳に、むしゃぶりつこうとすると、乳首の上辺りにアザのようなものが複数あるのに気がついた。

『あ〜あ、色濃くなっちゃった。ごめんね、キスマークいっぱいつけられちゃった。私が嫌がるから、余計にムキになっちゃったみたいw』
マキは、あっけらかんと笑いながら言う。僕は、マキの胸の複数のキスマークを見て、嫉妬で目の前が真っ赤になったような気がした。

そして、そのキスマークの上からキスをして、そこにキスマークをつけるように強く吸ってみた。僕のキスマークで上書きしてやる! と言う気持ちからだ。
『あん。痛いよぉ〜』
マキはそんなことを言いながらも、嬉しそうな顔をしている。
『嫉妬してくれてるの? ふふ。じゃあ、後でもっと嫉妬させちゃうね』
マキは、興奮でうわずった声で言う。そして、全部のキスマークを上書きした後、マキのショーツも脱がせた。そして、僕も脱ぐのももどかしく、ほとんど着衣のままマキのあそこにペニスを押し当てようとした。

すると、パイパンの綺麗なマキのあそこから、ドロッとした白いモノが流れ出てきた。それは、さっきマキが言っていたように、水っぽい感じではなく、ドロッとした半固形みたいな粘度のものだった。

『トイレで流したのに、まだ残ってたね』
マキは、悪びれもせずに笑顔で言う。僕は、強烈に不安になってきた。中に出されていることだけでも異常事態で不安なのに、こんなにもドロッとした濃そうな精液を見て、マキが妊娠させられてしまうのではないかと、本気で心配になってしまった。確かに、僕の精液はもっと水っぽくて薄い感じだ。それと比べると、直樹のドロッとした精液はより妊娠させる能力が高そうだ。

豚やなんかは、生殖後にドロッとした液体を出してフタをするという。必ず孕ませようという、生命の力みたいなものだと思う。まさに直樹のそれは、フタみたいな働きをしそうだ。

マキが孕ませられる……。そう思ったとき、僕は胸が苦しくなって立っているのも辛いほどだったが、驚くほどペニスがカチカチになってしまった。ビクン、ビクンと脈打つように上下に動くペニス。こんなになったのは、初めてマキとエッチをしたとき以来かも知れない。

『凄いね。いつもより大きくなってるみたい』
マキは嬉しそうにそう言うと、僕のものをくわえてきた。うめくように声を漏らす僕。
『カチカチだね。いつもこうなら嬉しいのに♡』
そう言って、嬉しそうにフェラチオを始めてくれた。マキは、笑顔のままフェラチオをしてくれる。僕は、気持ちよさと幸せを感じたが、直樹にしてるときとの違いに、また嫉妬心が強くなる。マキが直樹にフェラチオしているときは、もっと夢中な感じだった。入れたくて仕方ないという感じだった。

『カズ君、掻き出してぇ。直樹が来る前に、カズ君ので満たして欲しい♡』
マキは、ソファに座って脚を広げながら言う。それだけではなく、パイパンのあそこを指で拡げた。ドロッとした直樹の精液が、ゆっくりと流れ出てくる。

僕は、すぐにマキのあそこに挿入した。マキのあそこは、強烈に締め付けてきた。今までは、単にマキの膣は締まりがいいと思っていた。でも、それはマキが締めていただけだと知って、焦燥感を感じていた。その上、直樹の時は締める必要がないと言っていたマキ……。僕の時は、目一杯締めているらしい……。

『アン。カズ君の、いつもよりカチカチで大きいよ♡』
嬉しそうに言うマキ。でも、余裕がありすぎて泣けてくる。直樹としたときと比べると、あまりにも違いすぎて勝負にもならない感じだ。

「……直樹のは、そんなに大きいの?」
僕は、ペニスを入れた状態で、腰も振らずに質問した。すると、マキが入れたまま体勢を入れ替えて、僕の上になった。そして、騎乗位で腰をゆっくりと動かしながら、ヘソの辺りを指さした。
『直樹のはね、ここまで来るんだよ』
さっきから、マキは直樹のことを呼び捨てにしている。直樹とセックスしているときもそうだったけど、そうじゃないときまで呼び捨てにし始めた。僕は、不安がムクムクと大きくなっていくのを感じていた。
でも、それ以上にマキが言った言葉が衝撃的だった。女性の体内がどうなっているのかわからないが、あんなところまでペニスが入ってしまって、平気なんだろうか?
「い、痛くないの?」
『全然。痛いどころか、天国だよ』
マキは、顔をトロンとさせた。僕と繋がりながら、直樹のペニスを思い出し、興奮した顔になるマキ。悔しいという気持ちが大きくなる。でも、それと同じくらいに興奮も大きくなっていく……。

『カズ君のは、このへんかな?』
そう言って、ヘソよりもはるかに下の方を指さすマキ。恥丘の丘すら越えていない位置だ。直接比較されるようなことを言われ、僕はただただ凹んだ。

『あれ? 柔らかくなってきたよ。落ち込んじゃった?』
マキは、腰を動かすのをやめて無邪気な顔で聞いてくる。
『元気出して。カズ君のは小っちゃいけど、一番だよ』
マキはそう言って、騎乗位のまま僕の乳首を舐めてきた。膣と乳首の快感に、僕はうめき声をあげるように感じていた。

『カチカチにならないね……。ごめんね、変なことばっかり言って』
少し反省したような顔のマキ。僕は、気にしないでと言った。
『さっきはカッチカチになったのにね。そっか、同じことすればいいのかw』
マキは、ニヤリという顔で笑った。僕は、さっきと同じとはどういうことなんだろう? と思っていると、
『カズ君、早くイッてね。直樹とアナルセックスするから、準備しないとw』
と、笑いながら言ってきた。僕は、その言葉にすぐに反応してしまった。マキが直樹とお尻でしてしまう……。当然、僕も未経験のことだ。

『わっ、もうカチカチになったよw』
そう言って、腰を振るマキ。気持ちよさそうな顔になってきた。
『あぁ、気持いい。カズ君のカチカチ。いつもより気持いいよ』
マキは、うっとりとした顔で言ってくれる。マキは、腰をこすりつけるようにして動かしながら、自分の乳首をつまみ始めた。
『うぅ、気持いいぃ♡ カズ君、いつもより気持いいよ♡』
マキは、自分で乳首を刺激しながら、腰をグイグイ振り続ける。僕も、いつもよりも気持ちよさそうなマキを見て、心底嬉しかった。

『直樹とのエッチの半分くらい気持いい♡』
マキはとろけた顔で言う。
「うぅ……。そんなに違うの?」
『全然違うよ。直樹のは、子宮にガンガン当るから。ポルチオイキさせてくれるから、全然違うよ♡』
「奥って、そんなにいいの?」
『うん。頭が痺れるくらい気持いいよ』
「ごめん。届かなくて……」
『仕方ないよ。あ、そうだ。さっきのディルド買って、アレで責めてくれればいいんだじゃない?』
マキは、いいこと思いついたという顔で言う。
「ぼ、僕のじゃダメってこと?」
『ダメじゃないよ。でも、これから何十年も一緒でしょ? そういう楽しみも欲しいかな?』
マキは、少し照れたような顔で言った。僕は、どんなツンデレだよと思いながらも、泣きそうなほど嬉しかった。
「じゃあ、明日買いに行こうよ!」
『うん♡ ゆくゆくは、シリコンリング入れたり、大っきくする手術もしようね♡』
マキは、嬉しそうにとんでもないことを言った。

『固くなってきたね。もうイク? 直樹のために準備しないといけないから、早くイッてね』
マキはそう言って、腰の動きを速くした。僕は、その言葉と動きに抵抗できず、あっけなくイッてしまった。中に注ぎ込んだのに、マキはリアクション一つ取らない。

『じゃあ、準備するね』
マキは、余韻も何もなく、サッと立ち上がるとお風呂の方に行ってしまった。そして、僕はこの後のことを想像して、一人で落ち着かずに立ったり座ったりを繰り返した。

マキは、お風呂とトイレを行ったり来たりしている。何を準備しているのかわからないが、トイレに入ってはウォッシュレットを使い、風呂に行ってシャワーを使うという流れを繰り返す。

それをけっこう長い時間繰り返した後、マキは僕の待つリビングに戻ってきた。リビングと言うほどの広さもない部屋に、ソファが置かれている。そこに座る僕の目の前に、さっき買ったランジェリーを身につけたマキが戻ってきた。
ブラもショーツも、透けるどころか穴まで空いている。肝心の場所が全然隠れていない。乳首も、あそこのビラビラまでもが見えてしまっている。

でも、不思議なもので、全裸よりもはるかにエロく見える。
『見えすぎかな?』
マキは、少しだけ恥ずかしそうだ。でも、隠そうともしない。
マキは、僕にすべてを見せるためか、後ろも見せてきた。すると、Tバックみたいな感じになっているショーツのお尻部分に、尻尾が生えていた。それは、さっき買ったアナル用のバイブだった。それを刺したまま、マキは僕にお尻を向けた。

「お、お尻……。刺さってるよ……」
『うん。ほぐさないと、裂けちゃうから。ほぐすの手伝ってくれる?』
そう言って、マキは床に四つん這いになり、僕にお尻を向けて突き出してきた。エロい下着を身につけたマキ。そのお尻には、アナルバイブが突き刺さっている。こんな信じられない状態なのに、僕はすぐにそれを受け入れて、アナルバイブに手をかけていた。

『アン。そう、ゆっくり奥まで入れてみて』
マキはそんなリクエストをする。僕は、半分程度まで入ったバイブを、ゆっくりと押し込んでいく。このバイブは、ボコボコとボールみたいなものが連なった感じのバイブだ。根元に行くに従って、ボールが大きくなっていく感じだ。

押し込むと、ボールの一つがマキの可愛らしいアナルに消えた。
『うぅっ、やっぱり、キツくなってる……』
マキは、少し痛そうな顔で言う。でも僕は、マキのアナルを責めることができて、凄く幸せで嬉しいと思っていた。
「痛い?」
『大丈夫。これくらいで痛がってたら、直樹の入れたら死んじゃうよw』
マキは、そんなことを言う。僕は、劣等感を感じながらも、アナルバイブを押し込んでいった。ボールが入っていく度に、アナルが大きく広がる。すでに、僕のペニスよりも直径の大きいボールが入っている。こんなにキツそうな穴なのに、意外なほどスムーズに入っていくのを見て、マキの過去のことを思い、複雑な気持ちになった。

『ん、うぅ……入ってくる……。あぁ、この感じ……忘れてたよ……』
マキは、すでに気持ちよさそうな顔になっている。僕は、マキの気持ちよさそうな顔を見て、残りのボールを押し込んでいった。そして、最後のボールがマキのアナルに消えた。最後のは、かなりの直径があった。たぶん、直樹のペニスよりちょっと細い程度だと思う。それでも、少し力を入れるとスムーズに消えていった。

『あぁ、ヤバい……。カズ君、気持いいの。壁越しに子宮に当ってるよ。ねぇ、動かしてぇ』
マキは、四つん這いのまま甘えた声を出す。僕は、言われるままにアナルバイブを動かし始めた。でも、動かし方がいまいちわからず、軽く押し込んだり引っ張ったりする程度だ。

『もっと強くぅっ! ボール引っ張り出してぇ!』
マキは、とろけた顔で叫ぶ。僕は、力を入れてバイブを引き抜いていった。すると、ボールが抜けていく断続的な振動と共に、マキが叫んだ。
『んっ、うぅあああっ! 気持ちいいぃっ! お尻気持ち良いよぉ♡ 一気に押し込んでぇっ!』
マキは、とろけた顔のまま叫ぶ。僕は、今度は一気にバイブを押し込んでいった。ボコン、ボコン、と、ボールが入る度に手応えを感じるが、かまわず押し込む。

『うぅあぁっ! 入ってきたぁ♡ 奥にぃ、押し込んでぇ』
マキは、お尻を突き出すようにしておねだりをする。こんなにも感じているマキは、見たことがない。僕の手で、こんなに感じさせることが出来た……。そう思うと、妙な自信が湧いてくる。

僕は、そのままアナルバイブを押し込んだり、抜き取ったりを繰り返す。マキは、本当に気持ちよさそうにあえぐ。
『うぅっ! うっ! うアァッ! もっとぉっ! 一気に引き抜いてぇっ! ひぃあああぁああぁっ! イッちゃうっ! お尻でイッちゃうよぉ!』
マキは、泣きそうな顔で叫ぶ。気持ち良すぎて腰のあたりがガクガク震えているみたいだ。

僕は、我慢できなくなってしまった。一気にそれを引き抜くと、僕のペニスを押し込んでいった。僕のペニスは、あっけないほど簡単に入ってしまった。でも、驚くほど感覚がない。
『アン。くすぐったいよぉ。ダメだってw』
マキは、僕のペニスがアナルに入っても、全然気持ちよさそうではない。それどころか、笑っている。くすぐったいと言っていたのは、本当みたいだ。さっきのアナルバイブの時とは、まったく違うリアクションだ……。

『ごめんね。気持ち良くないよね? 緩くてごめんね』
マキは、僕にアナルを貫かれたままそう言った。僕は、泣きそうだった。マキのアナルに入れることが出来たのに、嬉しいと思うこともできない。
確かに、マキのアナルはユルユルだった。マキの膣に入れたときに、マキが締めなかった時以上にユルユルだ。僕は、急速にペニスが柔らかくなっていくのを感じていた。

『柔らかくなっちゃった? ごめんね。もうすぐ直樹来るから、見ながらオナニーしてもいいよ』
と、マキは笑顔で言った。そして、スルッと僕のペニスを抜き去り、トイレの方に行ってしまった。

すると、本当にすぐに直樹がやって来た。
「あれ? マキは?」
直樹は普通にマキのことを呼び捨てにする。僕は、一瞬ムッとしたが、何も言えなかった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった4【オリジナル】

前回の話

マキは、
『あれ? 柔らかくなっちゃったね』
と言うと、僕の下からすり抜けた。そして、吸い寄せられるように直樹のペニスに顔を近づけていく。
『凄いね。2回も出したのに、もう復活してるね♡』
マキはそう言って、直樹の血管がうねるペニスに舌を這わせた。チロチロと、カリ首や尿道口を舌で責めるマキ。その顔は、発情したように上気して赤くなり、ひどくとろけている。

『カズ君の柔らかくなっちゃったから、もう一回しよ?』
可愛らしい声で直樹に言うマキ。僕は、固さを失ってフニャフニャになったペニスを、なんとか勃起させようとしごいてみたが、まったく大きくなる気配がない。焦れば焦るほどダメになる感じだ。

「いいの? 避妊しないと、ヤバいんじゃない?」
『平気だよ。私、出来にくいんだと思う。今までも、大丈夫だったから。それに、中に出してもらわないと、エッチしたって感じしないもん』
興奮したような顔で言うマキ。マキは、僕と初めてセックスをした時から生で中出しだった。同棲中の今も、生でする事が多い。でも、中に出すのはさすがに避けていた。

「でも、危険日って言ってたでしょ?」
『そうだよ。でも、そうだと思うともっと気持ち良くなるんだ……。中に出して欲しいなぁ……。ダメ?』
小首をかしげて聞くマキ。こんな風に言われて、断る男はいないと思う。
「ダメじゃない! マキちゃん、入れてもいい?」
『マキでいいよ。さっきみたいに、呼び捨てで呼んで♡』
そう言って、マキは直樹にキスをした。そして、マキは積極的に舌を絡めていく。直樹も、夢中で舌を絡めていく。そのまま、マキをギュッと抱きしめる直樹。逞しい筋肉がうねるように脈動し、凄く生々しい。男が見ても、格好いい身体だなと思ってしまう。

『直樹、好きって言いながらエッチして♡』
マキは、僕が見ていることなんて忘れてしまったような顔で言う。
「う、うん。わかった」
直樹は、チラチラと僕の方を見ながらも、結局”うん”と答えた。

『直樹のぶっといおチンポ、危険日のおまんこに突っ込んで♡』
マキは、ベッドの上で足を広げ、アソコを指で拡げながら言う。毛のないパイパンのアソコから、真っ白な液体が流れ出る。でも、それは全部直樹のモノだ。僕は、さっき直樹の精液を掻き出し、僕のものを注ぎ込もうとしたのに、まさかの中折れをしてしまった。

「マキ、好きだ!」
直樹はそう言うと、マキに覆いかぶさって大きすぎるペニスを挿入した。
『うぅあっ、全然違うっ! 本当に大きい♡ 奥が潰れちゃってるよぉ』
マキは、目を見開くようにしてあえぐ。直前まで入れていた僕のものと比べるようなことを言うマキ。敗北感はさっきから感じっぱなしだったが、今はさらに絶望感を感じていた。
「マキちゃん、すっごくキツキツだよ。さっきよりキツくて痛いくらいだよ」
直樹が、あえぐように言う。
『ゴメン。カズ君のと間違えて締めちゃった。直樹のなら、締めなくても平気だよね』
マキがイタズラっぽく言う。僕は、また比較されたことで心底凹んでいた。でも、さっきまで何をしてもダメだった僕のペニスが、ムクムクと大きくなるのを愕然としながら見ていた。さげすまれるようなことを言われて、興奮してしまっているのだろうか?

「マキ、好きだ。本当に好きだ」
そう言って、腰を振り始める直樹。童貞は、初体験の相手を好きになりがちだと思う。特に、相手がマキほどの女の子だったら、誰でも恋に落ちてしまうと思う。
『直樹、好き♡ 今までで一番気持いいよ。ねぇ、もっとギュッとして』
甘えた声で言いながら、自分からキスをしていくマキ。濃厚なキスをしながら、正常位でのセックスが始まる。相当な身長差があるので、キスするのが少し苦しそうだが、それでも必死で唇を重ね、舌を絡ませあう二人。

『直樹、わかる? 子宮が下がってるの。直樹のザーメン欲しくて、子宮が下がってるの』
「うん。なんか、凄くコリコリしてる」
『そこが子宮の入り口だよ。直樹のおチンポでもっと刺激して♡ 直樹のザーメン注いで欲しくて、開き始めてるからぁ』
「う、うん。でも、妊娠しちゃわない?」
『しちゃう。直樹のザーメンで受精したくて子宮がキュンキュンしてるよ♡』
「ダ、ダメだって!」
『大丈夫! 直樹には迷惑かけないから! 欲しいのぉっ! 直樹のザーメン欲しいのっ!』
マキの勢いに押されて、腰を振り始める直樹。マキは、ピンと足を伸ばすようにして力を入れている感じだ。正常位で突かれながら、足をV字開脚みたいにしているマキ。足の指が開いたり、ギュッと内側に曲げられたりしている。僕とする時には、したことのない仕草だ。

「マキ、好きだっ! 俺の女になって欲しい!」
直樹が、調子に乗ってドキンとするようなことを言う。
『ダメ……。そんな弱気じゃダメ。なれって言って……』
マキは、とろけきった顔で言う。
「俺の女になれっ!」
直樹が叫ぶ。
『なる♡ 直樹の女になる』
マキは満面の笑顔で言うと、ピンと伸ばしていた足を直樹の身体に巻付けた。そして、そのまま抱きつきキスをする。両手両脚を直樹の身体に絡みつかせながらキスをするマキ。
直樹も、嬉しそうに舌を絡めながら腰を振る。
『ンッ、ンッ! んっーっ! ん、ふっうぅ♡』
一つに溶け合うような濃厚なセックスを見せつけられ、僕は信じられない程に勃起してしまっていた。

『うぅっ凄いっ! 気持いいっ! 好きっ! 好きっ! うぅっ!』
マキは、まったく余裕がなくなってしまった感じだ。夢中でしがみつき、あえぎ続ける。さすがに3回目なので、直樹はまだまだイク気配もない。でも、動きはまったく遅くならない。無尽蔵の体力があるように、腰を振り続ける。そう言えば、直樹は”永久機関”というあだ名をつけられていた時期があった。それくらい、体力が有り余っているということだ。

「マキ、好きだっ! 好きだっ! 俺の女になれぇっ!」
『なってるっ! もう、マキは直樹の女だよ! もっと! もっと! 直樹の形にしてぇっ! おまんこ、直樹専用にしてぇっ!』
二人はむさぼるようにセックスを続ける。もう、僕の存在など消えてなくなってしまったような感じだ。

力強いピストンを続ける直樹。マキは、すっかりととろけてしまった顔のまま、直樹の乳首を舐め始める。正常位で突かれながらも、こんな風に乳首を舐めるマキ。僕には見せたことのない淫乱な姿だ。

「あぁ、マキ、イキそう……ヤバい……」
『イッてぇっ! マキの子宮に全部注いでぇっ! うぅあああぁっ! イクっ! イクっ! 一緒にっ!』
「イクっ! 中に……うぅっ!」
『ひぃあああぁぁっ! イグッ! イグッ! うぅあああぁぁーーっっ!!』
マキは、見ていてわかるほど全力で直樹にしがみつきながら、身体をガクガクッと何度も震わせた……。

荒い呼吸をする直樹。本当に気持ちよさそうだ。そして、グッタリとするマキにキスをした。すると、マキは嬉しそうに舌を絡めていく。

『直樹のザーメン、子宮に入ってくるのわかった気がする……。すっごく幸せ♡』
「マキ……好きだ」
『ふふ。私も好き♡』
繋がったまま、イチャイチャし続ける二人。僕は、マキに捨てられてしまうイメージしかなかった。

しばらくして、マキが直樹の身体の下から抜け出し、直樹のペニスを口で清め始めた。
『お掃除するね』
ニコニコ幸せそうに笑いながら、お掃除フェラをするマキ。僕は、すっかりと急性インポから抜け出していたのに、何も出来ずに眺めていた。

「マキ……本当に、俺と付き合ってくれるの?」
『え? 付き合う?』
「え? だって、女になるって……」
『なったよ。直樹の女になったよ。でも、私はカズ君の彼女だよ?』
「えっ? どういう意味?」
『直樹とはいつでもエッチするけど、付き合うのは無理だよ。だって、二股になっちゃうでしょ?』
「エッ……」
直樹は、絶句した。無理もないと思う。言っていることはメチャクチャだ。僕も、意味がわからない。でも、僕が捨てられることはなさそうだ……。それにホッとする僕。

『直樹、毎日でもいいよ。直樹のおチンポだったら、生理の時でもしてあげる♡』
マキは、目がハートになっているような感じで言う。本当に、身体だけが目当て……そんな感じだ。

「わ、わかった。じゃあ、また明日来るよ……」
直樹は、複雑な表情のまま、服を着始めた。
『うん! 待ってるね〜』
マキは可愛らしく言った後、今度は僕に近づいてきた。そして、キャパオーバーでフリーズしている僕に、いきなりキスをしてきた。すぐにマキの可愛らしい舌が僕の口の中で暴れ回る。

『カズ君、お待たせ。今度は、ちゃんと中に出してね♡』
そう言って、鬱勃起している僕にまたがり、対面座位になってしまった。マキのアソコは、さっきとは違いちゃんと締まっている。ユルユルという感じはない。

『どう? ちゃんと締まってるでしょ』
おどけて笑いながら言うマキ。僕は、うなずくことしか出来なかった。服を着始めた直樹は、マキが僕と繋がっている姿を見て落ち込んでいる。そして、そのままそっとドアを開けて出て行ってしまった。

『また明日ね〜』
その背中に、マキが声をかける。僕は、ちょっとだけマキが怖いと思ってしまった。

『カズ君……。こんな女だけど、許してくれる?』
僕と対面座位で繋がったまま、真剣な顔で言うマキ。その目には、僕へのあふれる愛が見える気がした。
「お、俺なんかでいいの? おちんちん小さいし、早漏だし……」
『いいの。カズ君のこと、愛してるの!』
マキは、ムキになって言う。
「だ、だったら、どうして直樹と?」
『だって、したいんだもん……。ぶっといおチンポで、狂わせられたいんだもん』
頬を膨らませて、すねたように言うマキ。本当に、意味がわからないと思ってしまう。

「マキ、愛してる。僕と結婚して欲しい……」
まだ学生の身分なのに、僕は思わずそう言った。直樹に奪われたくないという気持ちが大きすぎたのだと思う。
『うん! ふつつかな私ですが、よろしくお願いします』
マキは嬉しそうに笑いながら言ってくれた。僕は、そんなマキにキスをした。すると、すぐに舌が絡みついてきて、マキの腰も動き始めた。

マキは、激しく腰を振る。痛いくらいに締め付けながら、腰を前後や上下に激しく振る。僕は、あまりの気持ちよさにマキの舌に舌を絡ませるのがやっとだった。

そして、5分も持たずに、マキの中に射精してしまった。
『あん♡ カズ君の出てる。直樹のに負けるな〜』
と、笑いながら言うマキ。僕は、どちらの種にしろ、妊娠してしまったらどうするつもりなのだろう? と、不安に思っていた。
そしてマキは、直樹にしたようにお掃除フェラをしてくれた後、ベッドに僕の腕枕で寝そべった。

『ねぇ、どんな気持ちだった? 嫉妬した? 興奮した? それとも、怒っちゃった?』
好奇心で、目をクリクリと動かしながら聞いてくるマキ。
「全部……。嫉妬も興奮も、怒りも……あと、泣きそうだった」
『へへ。ゴメンね。でも、私もカズ君に見られてるって思うと、すっごく感じちゃったよ。頭が真っ白になっちゃった』
「それって、あいつのがデカいからでしょ?」
『へへ。それもあるかも』
イタズラっぽく笑うマキ。
「……いいの? 俺の、あいつの半分以下だよ?」
『いいの。肉体的には直樹としてる時の方が気持いいけど、心はカズ君としてる時の方が、100倍気持いいよ♡』
マキは、真剣な目で僕を見つめながら言ってくれた。僕は、その言葉に、涙をボロボロと流していた。

『ずっと、ずぅ〜っと一緒にいようね!』
マキはそう言って、僕に抱きついてくれた。こんな風に、マキと直樹との初エッチは終わった……。

そして、マキは次の日、やたらと甘えん坊だった。とにかく僕に触れていたいという感じで、ずっとくっついてくるような一日だった。
『カズ君、我慢できなくなっちゃった……。部室行こうよ……。今なら誰もいないと思うし……』
見てすぐにわかるくらいに興奮した顔で言うマキ。そして、授業をサボって部室に行く僕ら。確かに、そこには誰もいなかった。

すると、マキはすぐにスカートの中に手を突っ込んで、パンツを脱いだ。そして、僕を椅子に座らせると、ファスナーからペニスを取りだした。
『あぁ、凄い……カチカチ……』
うわずった声で言いながら、僕のペニスをくわえるマキ。強烈なバキュームをされて、あっという間に勃起100%にされた。すると、すぐにまたがってくるマキ。ペニスに熱い肉が絡みついてくる。
『うぅ、入った♡ カズ君、愛してる』
マキは嬉しそうにうめくように言うと、僕にキスをしてきた。そして、キスをしたままの対面座位が始まる。

椅子がギシギシときしみ、マキの甘いうめき声が漏れる。僕は、早く終わらせなくては……という気持ちと、マキの強烈な締めつけで、すぐにイキそうな気配がしてきてしまった。

『カズ君、まだダメだよ。カチカチになってきたけど、まだイッちゃダメだからね』
苦しげな息遣いで言うマキ。直樹のモノとは段違いに小さい僕のペニスでも、こんなに感じてくれる……。本当に、泣けてくるほど嬉しい。

「マキ、愛してる。本当に気持いいよ」
『私も気持ち良いよ。カズ君、もう少し……。うぅっ、あっ、あっんっ。イケそう……もう少しでイケそうなのぉ』
マキは、今まで僕としたエッチとは全然違うリアクションをしてくれる。本当に、いまにもイキそうな感じだ。こんなマキを見ると、いつもの僕とのエッチでは、演技をしていたんだなと思ってしまう。

僕は、イカないように気を紛らわすようなことを考える。でも、マキの腰の動きはどんどん速くなっていき、限界間際になってきた。すると、マキは腰を振りながら、自分のクリトリスをまさぐり始めた。
『カズ君、気持いい。お願い、突き上げてっ! もう少しでイケるからぁっ!』
マキは、部室ということも忘れて、結構な声を出してしまっている。僕は、もう破れかぶれで腰を突き上げ始めた。
『うぅっ! イクっ! イクっ! カズ君愛してるっ!!』
マキは、僕とのエッチでは始めて見せるようなとろけた顔でイッてくれた。そして僕も、それにあわせるように射精した。
『うぅあぁ、出てる、カズ君のザーメン熱いよぉ』
マキははしたないことを言いながら、キスをしてくれた。
「人来ちゃうよ……」
イッて冷静になった僕は、そんなことを言う。
『そ、そうだね。へへ。夢中になっちゃった』
ニコニコ笑いながら言うマキ。本当に可愛らしいと思った。

『じゃあ、また後でね〜』
そして僕とマキは、それぞれの教室に向かった。あっという間に時間が過ぎて、待ち合わせのベンチに行くとマキはもう待っていた。
隣に座る僕に、腕を絡めてくるマキ。でも、どことなく様子が変だった。フワフワしているというか、落ち着きのない感じで、頬が赤くなっている。
「どうしたの? 体調悪いの?」
心配になって聞く僕に、
『平気だよ。元気だよ』
まだボーッとした感じで言うマキ。
「そう……。じゃあ、どうしたの? なんか、ボーッとしてる感じだけど」
『さっきね、lineで直樹君に呼び出されたんだ』
マキは、いきなりとんでもないことを言い出す。
「エッ? 呼び出された?」
意味がわからない僕は、間抜けな感じで聞き返した。
『うん。車で来てるからって、西門のところで……』
マキは、モジモジしながら言う。西門は、裏通りみたいな感じの道路に面している。その道路は、駐車禁止でもないので車を停めている生徒も少なからずいるみたいだ。

「来てるって、あいつ学校は?」
『休んだって言ってたよ』
「……なにしてたの? マキの講義は?」
『へへ。サボっちゃった。直樹君とついさっきまでエッチしてたんだよ』
潤んだ目で言うマキ。
「なっ……。どこで?」
『車だよ。結構揺れてたから、バレバレだったかも』
マキは、言いながら興奮している感じだ。
「どんな風にしたの?」
僕は、怒りも嫉妬もさほど感じず、ただ興奮していた。どんな風にしていたのだろうか? 狭い車の中で、どんなエッチをしたのだろうか? それを知りたい一心だった。

『やっぱり興奮するんだね。モッコリしてる』
笑いながら言うマキ。確かに、僕のペニスは一瞬で勃起してしまっていた。
「……ゴメン」
『良いよ。カズ君が興奮してくれる方が、私もやりやすいから。やっぱり、多少は悪いなぁって思ったりするからさ……。興奮してくれるなら、やり甲斐があるよ』
イタズラっぽく笑うマキ。僕はひたすらドキドキしていた。

『直樹君、夕方まで我慢できなくて来ちゃったんだって』
マキは、僕が黙って聞いているので、一方的にしゃべる感じになっていた。直樹の家からは、車でも1時間半くらいはかかるはずだ。確かに、昨日約束っぽいことはしたが、まさか本当にまた来るとは思っていなかった。でも、考えてみたら、童貞を卒業させて貰い、また来てねと言われたら、こうなるのは当然かも知れない。

『それでね、直樹君の車に乗ったんだけど、直樹君ガチガチに緊張しちゃってて、なにも言わないの』
「……」
『だからね、私が先にお口でしてあげたんだよ。学校の横だし、見られちゃったら大変だから、お口でして終わりにしようって思ったんだ』
その言い方だと、口だけでは終わらなかったと告白しているようなものだ。
「口では終わりにならなかったってこと?」
『そうだよ。車の中でしちゃった♡』
上気した顔で、興奮気味に答えるマキ。罪悪感のようなものは一切感じていない雰囲気だ。
「あ、あんな場所じゃ、誰かに見られたんじゃないの?」
僕は、的外れなことを言ってしまった。僕の見ていない場所でセックスしてしまったことよりも、誰かに見られたんじゃないのかを心配するなんて、どうかしていると思う。

『うん。多分見られちゃったと思う。でも、見られてるって思うと、頭真っ白になっちゃった♡』
マキは、さらに興奮した顔で言う。
「……どうやってしたの?」
『聞きたいんだ。やっぱりカズ君は寝取られマゾなんだね』
「そ、そんなんじゃないよ」
『じゃあ、言わないよ。教えてあげない』
ニコニコ笑いながら言うマキ。本当に楽しそうだ。
「……ゴメン。教えて欲しい……」
『そう言うと思った。あのね、直樹のくわえてて、欲しくなっちゃったの。でも、さすがにマズいと思ったから、自分でしたんだ。直樹君の大きなおちんちんくわえながら、アソコに指入れてオナニーしちゃったんだよ』
ここが、校内でも外れの方にあり、人があまりいないベンチだからか、マキはためらいもなく恥ずかしいことを話す。
『それでね、膣中からカズ君のザーメンが出てきちゃったから、匂いでバレちゃったんだ。それで直樹嫉妬しちゃって、覆いかぶさって入れてきたんだよ。見られちゃうって押しのけようとしたんだけど、直樹凄い力だから……』
マキは、興奮した顔で話を続ける。僕は、言葉も出せなかった。
『でもね、直樹のが入ってきた瞬間、イッちゃったんだ。多分、今まで生きてきた中で、一番のイキ方しちゃった♡』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった3【オリジナル】

前回の話

直樹は、イッたことで冷静さを取り戻したようで、僕の方を見て謝ってきた。
「悪い! 気持ち良すぎて我慢できなかった……」
本当に申し訳なさそうに謝る直樹。でも、僕はパンツの中で射精してしまって、それがバレてしまうんじゃないかと気が気ではなかった。

『悪くないよ。カズ君も全然怒ってないし、興奮したみたいだよ。だって、イッてるもん』
マキは、僕のズボンの股間部分を指さして言う。僕は、慌てて股間を手で覆い隠したが、ズボンにまで染み出ていることに気がついた。

「えっ!? イッた? しごいてもないのに?」
直樹は驚いた顔で僕を見る。でも、驚いているのは僕も同じだ。普段から早漏気味な僕だけど、さすがにこんなことは初めてだ。

『私が直樹君のゴックンしたのに、怒りもしないで興奮してるんだよ。だから、謝る必要なんてないの』
マキはそう言うと、直樹のペニスを握った。
「アゥ……」
ペニスを握られ、思わずうめいた直樹。
『イッても固いままなんだね。素敵だよ♡ じゃあ、卒業しちゃおっか』
マキは、期待に目を輝かせながら言う。僕は、この状況が信じられなかった。確かに、約束はした。マキがしたくなったら、誰とでもしていいと……。でも、マキは僕と付き合い始めて以来、僕しか見えていない感じだった。僕なんかのどこがいいのかわからないけど、どこに行くにもべったりで、少し恥ずかしいくらいだった。

僕の部屋で同棲も始まったので、24時間、いつも一緒にいる状態で、寝る時も、狭いシングルベッドに一緒に寝て、朝まで抱きついたままだったりする。朝、目が覚めるとマキが抱きついている。僕はそんなマキを見て、本当に幸せを感じていた。
そんな日々を過ごして、マキはヤリマンではなくなった……。最近はそう思っていた。

「どうすればいい?」
直樹は、戸惑ったようにマキに聞く。
『私が上になるね。童貞奪っちゃうから』
マキは笑顔で言う。そして、直樹をベッドに移動させる。いつも2人で寝ているベッドに、全裸になった直樹が寝転がっている。小さなシングルベッドが、ゴツい直樹の身体のせいで余計に小さく見える。

『凄いね。ここまで大きいのは、私も初めてだよ。外人さんレベルだね』
マキは直樹のペニスを見つめながら、興奮が隠しきれない顔と声になっている。そしてマキは、ベッドに乗った。そのまま直樹をまたぐようにすると、しゃがみ込んでいった。直樹のペニスは、さっき射精したばかりだというのに、柔らかくなっている気配はない。それどころか、血管がよりクッキリと浮き出るように勃起しているのがわかる。

僕は、別にゲイの要素はないはずなのに、思わず見とれてしまった。見慣れている自分のモノと違い、直樹のモノは完全に剥けて亀頭が露出している。仮性包茎が普通だと思っていた僕には、違和感を覚えるほどだった。そして、大きさも大人と子供くらいの違いがある。僕は、自分が短小とは思っていなかった。ごくごく普通のサイズだと思っていた。きっと、実際に標準サイズなのだと思う。でも、こうやって直樹のモノを見てしまうと、自分のモノがとても小さく思える。

マキはまだ腰を途中までしか降ろしていないのに、もう直樹のペニスがあそこに触れてしまった。長さも長いということなのだけど、157cmしかない小柄なマキなので、あんなものを入れてしまったら、内臓がおかしくなってしまうのではないか? そんな心配をしてしまう。

『うぅ、凄い。こんなの信じられない……。ちょっと、怖いかも……』
マキは、少し不安を感じている顔で言う。でも、ほとんど躊躇なくしゃがみ込んで行ってしまう。そして、直樹の亀頭部分がマキの膣の中に消えた。
『うぅ、拡がってる……。こんなの、嘘みたい』
マキは、快感や痛みではなく、驚きを感じている様子だ。そして、そのまま腰を降ろしていくのかと思って凝視していると、そこで動きを止めた。

『止めないの? いいの? このまま入れちゃっても』
マキは、急に僕の方を見て聞いてくる。つられて、直樹も僕を見る。直樹は、不安と期待と罪悪感が入り混じったような、初めて見る表情をしている。
僕は、急に聞かれてただただ狼狽してしまった。
「や、約束だから」
なんとかそう答えると、
『そっか……。わかった』
と、マキが答えた。少し寂しそうに言ったマキ。僕は、ドキンとしてしまった。もしかして、止めて欲しくてこんな事をした? 慌てて止めようとする僕の目の前で、マキの腰がストンと落ちた。

『うぅぅっ! ふぅ、あぁっ! んっ、うぅ……子宮に届いてる……。こんなのダメぇ、もう、イッちゃうぅ』
マキは、泣きそうな顔になっている。でも、痛いという感じはなく、上気したような顔だ。
「凄く気持ち良い……。マキちゃん、俺、コンドームつけてないよ……」
直樹は、気持ちよさそうな顔と不安な顔がクルクル入れ替わるような感じだ。
『そうだね。でも、生の方が全然気持ち良いんだよ。女の子もね』
「で、でも、妊娠しちゃうんじゃ……」
『そうだね。今日は、ちょっと危ないかも……。ちゃんと外に出してね』
マキは、イタズラっぽく言う。僕は、ドキンとしてしまった。マキと僕とのセックスは、安全な日は生で中に出す。基礎体温をしっかりと測っているマキは、中に出されるのが本当に好きみたいだ。でも、危ない日は、しっかりとコンドームをつけてしていた。さすがに、妊娠してしまってはシャレにならないと思っているようだ。それなのに、いま目の前で直樹の生のペニスをくわえ込んでしまったマキ……。僕は、胸が引き裂かれそうだった。

「わかった……」
直樹は、不安そうに返事をした。童貞に、外出ししろというのは無理があると思う。

マキは、腰を左右に揺さぶるようにした。そうやって、直樹のペニスを根元まで入れようとしている感じだ。
『う、うぅ……、まだ……。もう少し……ぅ、あぁぅ、ぅぅ、全部入った♡』
マキは、もう完全に出来上がった顔になっている。こんなにとろけた牝の顔のマキは、見たことがない。
「凄い……。マキちゃん、ありがとう」
直樹は、感激しているようだ。無理もないと思う。マキみたいな子と初体験をするのは、男にとっては最高の幸せだと思う。
『へへ。卒業おめでとう。直樹君のおちんちん、ここまで来てるんだよ』
マキは、うわずった声で自分のおへその辺りを押さえる。確かに、あの長さだとそこまで行っていると思う。でも、どうなっているのだろう? あんなに膣は長いのだろうか? それとも、無理矢理押し広げられているのだろうか? どちらにしても、僕のモノが到達したことのないエリアに、直樹のペニスが入っているのは間違いないと思う。

『カズ君、直樹君の初めて、もらっちゃったよ♡ 直樹君の、本当に大っきいの。子宮にゴリゴリ当たってるから、もう軽くイッちゃったの♡』
マキは、まったく罪悪感を感じている様子もなく言う。僕は、マキが他の男と一つになった姿を見ているのに、怒りの感情はまったく起きなかった。嫉妬と敗北感……そして、認めたくないのだけど、興奮を感じている。

「マキ……。あぁ……」
僕は、かける言葉が見つからず、うめくようにマキの名前を呼んだ。
『カズ君も、イッちゃいそうだね。いいよ、私が直樹君にイカされるところ見ながら、オナニーしても♡』
マキは無邪気な笑顔でそう言うと、腰を動かし始めた。

『う、うぅっ、あっ、凄いぃ、気持いいっ! 直樹君の太いのぉ』
マキは、とろけた顔のまま腰を上下させる。マキの膣に、直樹のモノが出入りするのがはっきりと見えてしまう。マキは、いつもセックスの時に電気を消さない。理由は、僕の表情や僕のペニスをしっかりと見たいからだと言っていた。

そして今も、煌々と照明がついた状態で、なんの恥じらいもなく腰を上下に動かしている。
『あっ、あっ、ダメッ! イクっ! イクぅ! おまんこイクぅっ!! んおおおぉおぉっ♡』
マキは、本当にあっけなくイッてしまった。僕とのセックスでは、ボクがイク間際にならないとイカないマキ……。それが、1分もかからずにイッてしまった。マキは、だらしなく半開きになった口から、時折舌を出して唇を舐めるような動きをする。僕とのセックスでは、したことのない仕草だ。そんなに唇が乾くのだろうか?

マキは、そのまま直樹の逞しい胸板に倒れ込み、頬をうずめる。
『直樹君の、本当に凄いよ。こんなの初めて……』
マキは、さっきまでのお姉さんキャラが消えて、恋する乙女のような感じになってしまった。
「俺も、ヤバい……。こんな気持いいなんて、想像以上だよ」
直樹は、興奮した顔で言う。
『じゃあ、直樹君が上になってくれる?』
可愛らしくおねだりするマキ。直樹は、うんと答えた。すると、マキは直樹に抱きつき、そのまま直樹ごと回転する。繋がったまま、上下入れ替わった二人。

『凄いね。こんな事しても抜けないんだ。本当に、大っきいね♡』
マキは、うっとりとした顔で言う。直樹の巨根に、すっかりとハマってしまった感じだ。

「動くよ……」
直樹は緊張気味に言う。そして、逞しい身体を動かし始めた。
『うぅ、あっ、おっきいいっ! 直樹君の、太くて気持ち良いぃっ! あっ! あっ! あぁっんっ!』
直樹の力強い動きに、すぐにマキはあえぎ始める。本当に気持ちよさそうだ。

「マキちゃん、キ、キスしても良い?」
直樹は腰を振りながら、おどおどと聞く。
『ダ、ダメッ! 今したら、うぅあっ、ダメぇ、好きになっちゃうから! あぁっ! イクっ! またイッちゃうっ! イクっイクっ!! うぅっーーっ!!』
マキは、直樹にしがみつきながら叫ぶ。直樹は、キスを拒否され、あっけなくあきらめた。そして、さらに腰の動きを強くした。逞しい筋肉が躍動するように動く。長年柔道をやって来た直樹なので、動きがどんどんスムーズになっていく。寝技はお手の物と言うことなのだろうか?

直樹は、マキがイッてもお構いなく腰を振り続ける。マキは、大きな声であえぎ続ける。足の指がギュッとすぼまったり、逆に思いきり広がったりする。こんな感じ方をするマキは、初めて見る。僕とのセックスに、満足している……。そんな風に思っていた。マキは気持ちいいと言ってくれるし、いつもイッていた……。でも、目の前のマキを見ていると、これが本当のイッている姿なんだなと知った。

『カズ君! 直樹君のおチンポ、気持いいのぉっ! こんなの初めてっ! 奥にガンガン来てるのぉっ! んうぅぅっ! あっ! あっ! あぁん♡』
マキは、さっきまで童貞だった直樹に、イカせ続けられる。マキの顔は信じらないほどとろけていて、少し涙目に見える。

すると、直樹が動きを止めた。
「ダ、ダメだ、イッちゃいそう……」
切羽詰まった顔で言う直樹。
『まだダメ。もっとして!』
マキは焦れたような顔で言うと、腰を振り始めた。正常位の下側にいるマキが、両脚を直樹の身体に巻付けて腰を振っている……。柔道家の直樹が、カニばさみをされる姿は、ある意味ではしっくりくる感じだ。

「ヤバいって! もう、出ちゃう! ストップ!」
直樹は、慌てふためいて言う。
『凄いぃ、もっとカチカチになってきたぁ♡ もっとっ! 動いてッ! 直樹ッ! ガンガン突いてぇっ!』
マキは直樹を呼び捨てにして叫ぶ。
「ダメだ、動いたらイッちゃうよ」
弱気な顔で言う直樹。

『いいのっ! イっていいから動いてッ!』
マキは焦れたように叫ぶ。直樹は、マキに押し切られるように腰を振り始めた。
『うぅあああぁっ! おチンポすごいぃっ! 大っきいっ! 気持ち良いぃっ! 今までで一番気持いいっ!』
マキは、直樹にカニばさみしたままで叫ぶ。好き好きホールドにはなっていないが、こんな風に足を絡めながらあえぎまくるマキを見て、僕は涙を流していた。なぜ見てしまったのだろう? 部屋を出て、どこかで時間を潰してくればよかったのに……。


マキは、あえぎながら自分でクリトリスを触り始めた。そして、空いている方の手で、直樹の乳首を触り始めた。
「あぁ、ヤバい……出そう……」
直樹は、腰を振りながら必死でイクのをこらえている感じだ。お尻がキュッと引き締まり、力が入っているのがわかる。でも、必死でこらえても、マキがイヤらしく乳首をいじってくるので、ますます余裕がなくなっている感じだ。

『出して良いからっ! 直樹のザーメン、真希の子宮にぶっかけて良いからぁッ! もっと突いてっ! 奥を! おぉおおオォオオッ!!』
マキは、クリトリスをまさぐる指の速度を上げた。僕には見せたことのないはしたない姿……。快楽をむさぼる姿……。これが、本当のマキなんだなと思うと、僕は開き直ったようにオナニーを始めた。ファスナーを開けて、ペニスを出してしごき始める僕。もう、イッてしまいそうだ。

「マキちゃん、ダメだ……、本当に出る……」
そう言って、腰の動きが止りそうになる。すると、カニばさみしたままのマキが、腰を引きつけるようにして無理矢理動かす。可愛らしい顔を、淫乱AV嬢のように歪ませながら直樹をコントロールするマキ。

『すごいぃっ! 固いぃっ! チンポ固いぃっ! イクっ! イクっ! イクぅっ! 直樹もイッてっ! 一番奥でイッてぇっ!』
マキは、絶叫した。すると、直樹が腹を決めたように腰を振る。全力でパンパンと音がするほど腰をぶつける。

そして、直樹は苦しげな顔のまま、マキにキスをした。マキは、拒否することなく、そのまま舌を絡ませていく。そして、両腕で直樹にしがみつく。両脚と両腕でガッチリと直樹をホールドしながらキスをするマキ。直樹は、うめきながら腰を思いきり押し込み、身体を震わせた。

その瞬間、マキも身体をガクンと大きく震わせた……。

僕は、中出しされたマキを見ながら、信じられないほどの快感を感じていた。そして、自分でも驚くほどの飛距離で射精をしてしまった……。僕の精液は、矢のような勢いで飛んで行き、マキのすねのあたりにかかった。でも、マキは気がつきもしない。そのまま、直樹と濃厚なキスを続けている。

『直樹、凄かった。本当に、死んじゃうって思った……』
「マキちゃん、本当にありがとう……。最高だった……」
『マキって呼んで良いよ……。ふふ。直樹の、凄く熱い……。いっぱい出たのわかるよ……』
うっとりとした顔で言うマキ。
「……中に出しちゃった……。ごめん」
『良いの。出して欲しいって思ったから……。中に出されるのって、本当に幸せなんだよ。頭が真っ白になっちゃうんだ……』
「いつも中に出してもらうの?」
『うぅん。安全日だけだよ。危ない日に出されたのは、今日が始めて……』
「平気なの?」
『平気じゃないw でもね、どうしても中に欲しかったの♡』
そう言って、直樹にキスをするマキ。積極的に舌を絡め、直樹の顔を舐めつくすようなキスをするマキ。あんなキスはしてもらったことがない。

そして、キスをしながら直樹の乳首を触り始めたマキ。
『ふふ。ここもカチカチ。舐めてあげる』
マキは、まだ直樹と繋がったまま、直樹の乳首を舐め始める。イヤらしい舌使いをするマキ。

僕は、絶望を感じていた。僕の精液は、マキのすねにかかった状態だ。でも、直樹の精液は、マキの中にある……。この差はどうしてだろう? 愛し合っていたはずなのに、どうしてだろう?

『おちんちんも、まだカチカチだね。もっとして欲しいなぁ♡』
マキは、甘えた声で言う。
「え? 良いの? コンドームは?」
直樹は、戸惑った感じで聞く。
『今さら良いよ。1回も2回も同じだよ。今度は、もっと長持ちさせてね』
マキはそう言うと、直樹にキスをした。マキの方からキスをして、積極的に舌を絡めていく姿。僕は、どうしようもないほどに嫉妬しながら、同じくらい激しい興奮を感じていた。

直樹は、さっきよりも滑らかな動きで腰を振る。マキは、のけ反ったり、うめいたりしながらも、キスをやめない。直樹は、疲れを知らない感じで腰を振り続ける。体力のない僕には真似の出来ない動きだ。

『もう、イキっぱなしだよ♡ 本当に気持いいの、直樹のチンポ最高だよ♡』
マキは、直樹のことを熱っぽい目で見つめながら言う。直樹は、照れくさそうな顔で腰を振り続ける。マキは、直樹の逞しい大胸筋に舌を這わせ、乳首を舐めていく。正常位で突かれながら、必至で直樹の乳首を舐めるマキ。もう夢中なのだと思う。

『カチカチw 乳首舐めると、すぐ固くなるんだね。直樹、クリ触って』
甘えた声でおねだりをするマキ。直樹は、素直にぶっとい指をクリトリスに這わせる。マキは、直樹の乳首を舐めたまま、大きな声でうめく。本当に気持いいみたいだ。

『イクっ、イクっ! 直樹、イクぅっ!』
マキは、直樹を熱っぽく見つめながら果てる。もう、何回イカされてしまったのだろう?
直樹は、嬉しそうにマキにキスをする。直樹は、疲れを知らないように腰を振り続ける。すでに2回も射精したので、さすがに余裕があるようだ。

『直樹、今度はバックでして♡』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった2【オリジナル】

前回の話

『うぅん……。直樹君と……。直樹君とエッチしたいの♡』
マキは潤んだ目でそんなことを言った。僕は、一瞬言葉の意味が飲み込めなかったが、すぐにマキとの約束のことを思い出した。
「ど、どうして直樹なの?」
僕は、よりによってブサメンの直樹とエッチしたいなんて、マキは本気なんだろうかと思って聞いた。

『だってぇ、凄い筋肉だし、あんまり格好良くない人に犯されてるって言うのがゾクゾクしちゃうから……』
マキは、そんなことを言った。微妙に声が震えてうわずっている感じだ。こんなに興奮したマキは、あまり見たことがない。
ブサメンに抱かれる自分を想像して、ゾクゾクと興奮してしまうマキ。ひどい話だとは思う。でも、何となく理解できる。こんなに可愛い私が、こんな不細工に抱かれるなんて……そんな感じなのだと思う。

「そんな……。本気なの?」
『うん♡』
マキが元気いっぱいにうなずいた直後、直樹が戻ってきた。
「なんか、楽しそうだね」
ニコニコと上機嫌のマキを見て、直樹が笑いながら言う。僕は、なんと言っていいのかわからず、言葉に詰まってしまう。

『なんでもないよ。直樹君って、彼女はいないの?』
マキはニコニコしながら話をする。でも、こんなに可愛らしい笑顔の下で、直樹とのセックスを想像しているのかな? と思うと、足が震えるほど焦る気持ちが生まれる。

「い、いや、いないよ。なかなかいい子がいなくてさ」
動揺する直樹。直樹は、仲間内では三振王と呼ばれているらしい。手当たり次第に交際を申し込み、フラれまくっているからだそうだ。
『そうなの? いつからいないの?』
マキは、無邪気に質問を重ねる。彼女いない歴=年齢の直樹に、酷な質問だ。

「そ、その……。ずっとだよ」
顔を赤くしながら直樹が言う。
『えっ? 童貞なの!?』
マキが、ド直球を投げ込む。しかも、ビーンボール気味だ。
「……うん」

『ホントに!? 可愛い〜』
マキは、嬉しそうに言う。
「恥ずかしいよ。あんまり言わないでよ」
直樹は、落ち込んだ感じで言う。
『キスとかは? デートもしたことないの?』
マキは、直樹の言葉なんて無視して、どんどん質問を重ねる。

「な、ないよ。手も繋いだことないよ!」
直樹は、少しムッとしている感じだ。当然だと思う。プライドを傷つけられた感じになっているのだと思う。

『じゃあさ、私がもらっても良い?』
マキは、信じられない程に上気した顔で言う。
「えっ? もらう?」
直樹は、軽くパニックになっている。
『直樹君の童貞を♡』
「な、なに言ってんの? ていうか、からかいすぎだって! マキちゃん意外にSなんだね」
直樹は、ちょっとふてくされた感じで言う。すると、そんな直樹にマキがキスをした。
直樹は、目を見開き、死ぬほどビックリしている。そして、少しタイムラグがあった後、慌ててマキを押しのけようとした。でも、マキが直樹の頭を両手でホールドし、唇を押しつけていく。それだけではなく、舌まで差し込み、フリーズ状態の直樹の口の中を荒らしていく。

そしてしばらくキスした後、マキが離れると、
「ちょっ! ダ、ダメだって! 何してんの!?」
と、直樹は激しく動揺しながら言う。
『ファーストキス、もらっちゃった♡』
マキは、直樹の言葉なんてサクッと無視して、可愛らしくそんなことを言う。
「カズ、悪い。でも、どうしてこんな……」
僕の方を見て、戸惑った顔で言う直樹。でも、僕はもっと戸惑っていた。確かに、マキとは交際を始めるときに約束をした。マキがしたいと思ったら、誰とでもセックスをしていいと……。でも、約束はしたものの、本当にこんな事になるとは思っていなかった。どこか、本気だとは思っていなかった……。

マキは、思いきり焦っている直樹に抱きつきながら、
『私が相手じゃ、ダメ? イヤかな?』
と、潤んだ目で言う。マキにこんな風に詰め寄られたら、どんな男でも落ちるると思う。
「イヤなわけないって! ち、違う、そんなことじゃなくて、カズがいるでしょ? からかってるの? ドッキリか何か?」
直樹は、見ていて可哀想になるくらいに動揺している。

『違うよね! カズ君、大丈夫って言ってあげて』
マキは、上気した顔で僕に言ってきた。僕は、大丈夫だから続けていいと告げた。

「なっ、なに言ってんだ? おかしくなったのか?」
直樹は、怪物でも見るような顔で僕を見る。僕の正気を疑っているようだ。
『平気だよ。カズ君とは、約束したの。私は自由に誰とでもエッチしてもいいって♡』
マキはそう言うと、さっきよりも情熱的なキスを開始した。直樹の頭を両手でホールドしながら、唇を強く押し当てて舌を差し込む。そして、目を見開いて驚いている直樹に構わず、舌を絡ませていく。

僕は、目の前でマキが直樹とキスをする姿を見て、激しく動揺していた。でも、止めることも出来ずに、泣きそうな気持ちのまま見続けていた。確かに、約束はした。でも、本当に止めずに見ているだけでいいのだろうか?

僕は、感情の交通整理が出来ないまま、焦燥感に焼き尽くされそうだった。

マキは、直樹とキスしながら、直樹の股間をまさぐり始めた。ズボンの上から、その綺麗な指でペニスをまさぐる。
『直樹君の、すっごく太いんだね♡』
うわずった声で言うマキ。大きめの黒目は、期待でキラキラと輝いている感じだ。濡れたような長いまつげも、妙になまめかしく見える。

「本気なの? ていうか、なんで俺と? 俺って、不細工じゃん……」
直樹は、本当に戸惑っている。
『もっと自信持ったら? 直樹君マッチョだし、優しいし、おちんちん大きいじゃん!』
マキはそんな風に元気づけるようなことを言う。
「あ、ありがとう……」
『ねぇ、直樹君がキスしてみてよ。何事も練習だよ!』
マキはそう言うと、目を閉じて少しあごを上げる。画に描いたようなキス待ちの顔だ。

すると、直樹はじっとマキの唇を見つめる。すると、急に直樹が僕の方を見た。でも、なにも言わない。黙って僕を見つめている……。
僕は言葉が見つからず、スッと視線を外してしまった。自分でも、情けないと思う。

『んっ……』
マキのうめきに慌てて顔を上げると、直樹がマキのアゴのあたりを指で支えながら、唇を重ねていた。マキが、キスをされてしまった……。それは、マキの方からするよりも、衝撃が大きかった。マキは、目を閉じたままされるがままにキスを受けている。
直樹の舌が遠慮がちにマキの口の中に差し込まれ、おずおずとマキの口の中を探るように動く。すると、マキが直樹に抱きついた。両腕を直樹の身体に回し、ギュッと抱きつくマキ。
直樹はそんなマキの行動に興奮したのか、舌を激しく動かし始めた。

自分の恋人が、他人にキスされて口の中をかき混ぜられている……。僕は、気が狂いそうだった。やめてくれ! そう絶叫したい気持ちだった。でも、マキとの約束が、僕の行動を縛り付けていた。

マキは我慢できなくなったのか、自分からも舌を絡め始めた。唇同士が密着しているが、時折外れて舌が絡み合うのが見える。僕だけの唇……僕だけの舌のはずなのに、生き物のようにうねりながら絡み合う。

しばらくキスが続き、どんどん呼吸が荒くなるマキ。そして、マキの指が直樹の股間に走る。直樹の股間は、ズボンの上からでも盛り上がっているのがはっきりとわかる。そして、マキが言うように、確かにそのサイズが大きい。

僕は、本能的に怖れを抱いてしまった。雄としての能力で、負けた気持ちになってしまった。

マキは、キスしたまま器用に直樹のファスナーを降ろしていく。そして、魔法のように直樹のペニスを取りだした。直樹は、もうマキを止めようという気持ちはなくなったようで、夢中で舌を絡ませている。

取り出された直樹のペニスは、彼の立派な身体に似つかわしい、立派なものだった。太くて長い。それだけではなく、完璧なまでに皮が剥けている。僕の仮性包茎とは違う種類のモノみたいだ。

マキは、その白くて細い指を直樹のペニスに絡ませていく。カリ首に巻き付けるような動きをするマキ。本当に、滑らかな指の動きだ。経験豊富なのがよく伝わってくる。
直樹は、気持ちよさそうにうめく。
『ヤバい……。本当に大きいよ』
マキは、うっとりとした顔でささやく。直樹の勃起した巨根を見つめたまま、直樹のペニスを指で責め続けるマキ。
すると、マキはいったん責めるのを中断し、直樹の服を脱がせ始めた。直樹は、興奮した顔でマキにされるがまま脱がされていき、全裸になる。
『凄い! なにこれ!? ムキムキじゃん!』
マキは、直樹の鍛え抜かれた身体を見て、ハイテンションで言う。女性は、ムキムキは引くと思っていたが、マキはそんなことはないみたいだ。それどころか、雌の顔でベタベタと直樹の身体を触りまくっている。男性のストリップを見た関西のおばちゃんのように、遠慮なくベタベタ触りまくっている。

『私より巨乳じゃない?』
マキは直樹の大胸筋を触りながら言う。少し羨ましそうだ。
「いや、胸囲がデカいだけだから……。マキちゃんのおっぱいの方が、カップはデカいでしょ?」
真面目な直樹らしく、そんなことを真剣な顔で言う。マキは思わず吹き出しながら、
『直樹くんって、ゴツいのに可愛いんだね♡』
と言った。直樹は、少し頬を赤くしながら、照れくさそうに笑っている。
『ホントに凄い筋肉……。ドキドキしちゃう』
マキはそう言うと、直樹のたくましい大胸筋に唇を押し当てた。そして、彼の乳首を舐め始める。そんな動きをしながらも、指でペニスの刺激も続けている。まるで、風俗嬢とかAV女優のように見えてしまう。

『私の胸も、舐めてくれる?』
興奮でうわずった声で聞くマキ。直樹はすぐに大きくうなずいた。すると、マキは嬉しそうに服を脱ぎ始める。あっという間に下着姿になると、直樹に背を向けた。
『ブラ、外してくれる?』
イタズラっぽくいうマキ。直樹は、うんと返事をして、ホックに手を伸ばしていった。僕は、今さらマキが本気なんだなと思った。もしかして、最後まではしないんじゃないかと期待していた。

直樹は、おぼつかない指使いでブラのホックを外している。でも、マッチョで指が太い直樹は、悪戦苦闘している。
『可愛いぃ〜』
そんな不器用な直樹に、マキは子猫に可愛いというような感じで言う。そして、なんとかブラが外されると、マキはすぐに直樹の方に向き直った。直樹は、あらわになったマキの胸を凝視している。もしかしたら、直樹は生乳を見るのは初めてなのかもしれない。

『どう? 私のおっぱいは』
マキがちょっとだけ得意げに聞く。マキの胸はけっこう大きめで、肌のきめも細かく、張りもあるので、本人もかなり自信を持っていると思う。僕も、もちろん大好きだ。そして、僕だけのモノだと思っていた……。

「綺麗だよ……。本当に綺麗だ」
直樹は、マキの胸を凝視したまま言う。
『舐めて♡』
マキは、何とも言えないようなエッチな顔をしている。直樹は、おそるおそるマキの胸を舐め始めた。直樹にとって初めての経験だからか、乳首を舐めると言うよりは、赤ちゃんがおっぱいを飲むように吸っている感じだ。

『赤ちゃんみたい。舌で舐めてみて……』
笑いながらマキが言う。直樹のことを、愛おしいと思っている感じだ。僕は、どうしようもないくらいに不安な気持ちになっていた。

直樹は、マキに言われたとおり、舌でマキの乳首を舐め始めた。マキの小さな乳首を、直樹の大きな舌が舐めていく。
『ん、ふぅ♡ そう、もっと強くていいよ。あっ、気持ちいい。反対も舐めてぇ』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった

僕には、分不相応な彼女がいる。取り立てて取り柄もない僕が、必死で頑張ってなんとか交際までこぎ着けた。
彼女は真希子という名前だ。でも、某政治家と同じ名前なのが気に入らないらしく、マキちゃんと呼ばせる事が多い。SNSもマキで統一しているので、友人関係でも、マキが本名だと思っている人も多いようだ。

マキは、彼氏のひいき目もあるかもしれないが、10人いれば10人が可愛いと言う女の子だと思う。157cmで小柄。童顔で子供っぽい印象だけど、脱ぐと意外に胸がある。
顔は、目がぱっちりと大きく、八重歯が可愛くて印象的だ。細かく言うと、黒目がちょっと大きめで、まつげも長くて量も多く、付けまつげをしているように見える。何よりも、肌のきめが細かく、赤ちゃんみたいな肌をしている。48人集めなくても、単独で通用しそうなルックスだと思う。


そして、一番驚いたのが、天然のパイパンだと言う事だ。本人は、温泉やスーパー銭湯に行くのが恥ずかしいのでイヤだと言っているが、僕にとっては最高だ。

そんなマキなので、とにかく競争率がやたらと高かった。大学のサークルでも、男は全員マキを狙っているんじゃないか? という感じだったし、実際、それに近いものがあったと思う。

そんな中、映画の好みや読む小説なんかが一緒だったので、学校帰りに買い物に行ったりするようになった。そして、映画に行ったり、休日にデートっぽい事をするようになっていった。そんな日々が続き、僕はイケるんじゃないかと思うようになり、交際を申し込んだ。
『ゴメンね。カズ君の事は好きだけど、友達としてなんだ。これからも、ずっと仲良くしたいから、付き合うとかは無理だよ』
と、明るく言われた。でも、明るく言ってくれたので、気まずくなる事もなく、その日以後もそれまで通りに接する事が出来た。

でも、マキは他の男と付き合う事もなく、ほとんど毎週末、僕と遊ぶような感じだった。サークルでも、僕とマキが付き合っているという噂が流れるほどだったが、マキは笑顔でそれを否定していた。
『えぇ〜? ただの友達だよ。だって、顔が好みじゃないもん』
と、サークル仲間に笑顔で答えるマキを見て、僕は落ち込みながらも、苦笑いをした。

そんな風に日々は流れていったが、クリスマスイブが近づいてきた。僕は、今までの人生であまり意識した事もなかったけど、今年は少し意識していた。マキはどうするのだろう? 誰と過ごすのだろう? そんな期待と不安が入り混じったような気持ちになっていた。

『ねぇ、今度の土曜日って、ヒマ?』
マキとカフェでお茶をしている時、何気ない感じで聞かれた。次の土曜日は、まさにクリスマスイブだ。
「えっ? ヒマだよ。何も予定ないけど」
僕は、少し声が裏返り気味だった。
『だったら、シーに行かない?』
そう言って、浦安のテーマパークに誘ってきたマキ。
「えっ? いいの? クリスマスイブだよ?」
僕は、バカ正直にそんな事を言ってしまった。マキが気がつかずに言っているとしても、素直に行くと言えば良かったのに、確認してしまった僕は、本当にバカ正直な間抜けだと思う。

『クリスマスイブだからじゃん。カズ君なら、安心でしょ?』
と、おどけて笑いながら言うマキ。安パイと思われて誘われたんだとしても、僕は飛び上がりそうに嬉しかった。

そして、僕は浮かれた気持ちのまま週を過ごし、あっという間に土曜日になった。マキと駅で待ち合わせた僕は、やたらと早く起きてしまい、30分も前に駅に着いてしまった。すると、マキはもう待ち合わせ場所に立っていた。いつ見ても可愛いのだけど、今日はいつもより髪がクルクル巻いてある感じで、服も初めて見る可愛らしいものだった。そして、コロの付いたカバンを持っていた。けっこう大荷物なんだなと思いながら、彼女のそばに駆け寄った。
「おはよ〜。早かったね!」
僕は、笑顔で声をかけた。すると、
『え? だって、待ち合わせ7:30でしょ? ちょうどじゃん』
と、耳を赤くしながら言うマキ。約束は8:00だ。すぐにスマホに書き込んだから、間違いはないと思う。
何か言おうとする僕の腕を掴み、
『早く行こ。これ、重いから持ってよ!』
と、カバンを押しつけてくるマキ。僕は、30分も前から待っていたのが僕に知られて、恥ずかしがっているんだなと理解した。本当に可愛いなと思う。僕は、ずっしりと重いカバンを引きずって歩き始めた。

何となく、街全体がクリスマスイブで浮き足立っているような感じがした。そして、電車の中もカップルが多い気がした。そして、シーに到着した。チケット購入の長い列に驚きながらも、慌てて並ぼうとする僕。すると、
『もうチケットあるから並ばなくていいよ』
と、笑顔で言うマキ。そして、入場ゲートに向かうが、宿泊者の15分前入場の列に並ぶマキ。
「え? ここでいいの?」
と、質問する僕に、
『うん。宿泊パックで申し込んであるから。カズ君、どうせ明日もヒマなんでしょ? 予定ないなら、泊まっていけば? 予定あるなら1人で泊まるけど……』
と、恥ずかしそうに言うマキ。僕は、自分の身に起きた幸運がやっと理解できた。ハイテンションで予定がないことを告げ、ありがとうとか、支払いするよとか言ったが、
『別にいいよ。ただ、ファストパスが欲しかっただけだし、カズ君のために部屋取ったわけじゃないから。1人で泊まるつもりだったから』
と、耳まで赤くしながら言うマキ。これがツンデレかと感動しながら、ありがとうと、もう一回言った。

『じゃあ、並んでてね。ホテルに荷物預けてくるから』
と言って、一旦列を離れるマキ。僕は、何となく気になってスマホで色々調べた。すると、イブのミラコスタなんて、まず予約できないみたいだ。半年前から申し込まないとダメだし、宿泊パックの料金も驚くほど高いと思った。

マキの本気が垣間見えて、僕は嬉しかった。もしかして、心変わりして、僕と交際してくれる気になったのかな? いや、きっとそうだ! と、ウキウキしながら待っていると、マキが戻ってきた。やっぱり、周りの目を引くほど可愛らしいと思う。けっこう注目を浴びているように思えた。

そして、デートが始まった。入場が始まると、人混みで迷子になりそうになる。そんな僕の手を握り、
『こっちだよ〜』
と、引っ張っていくマキ。何度も一緒に歩いたが、手を繋いで歩くのは初めてだった。人混みを抜けても、手を繋いだままのマキ。僕は、本当に幸せだった。

15分早く入ったので、タワーのアトラクションにもあっさりと乗れた。落ちる瞬間、ギュッと手を握ってきたマキ。僕は、どんどん彼女のことを好きになっていった。

そして、宿泊特典のファストパスを使いながら、ほとんど並ぶことなく色々なアトラクションを体験した。そして、あっという間に15:00になり、
『チェックインの時間だよ、部屋行こうよ!』
と、テンション高めに言うマキ。そして、部屋に行くと、そこはバルコニーのテラスに出ることの出来る部屋だった。こんな部屋があることにも驚いたし、バルコニーテラスに出ることが出来るのにも驚いた。まるで、セレブになったような気持ちだ。

『すっご〜い。これ、夜のショーとかも見られるね!』
と、無邪気な子供の顔で言うマキ。
「ねぇ、ここって、高いでしょ? 僕も出すよ。なんか、申し訳ないよ」
と、僕が言うと、
『カズ君の為じゃないって! 泊まりたかったら泊まればいいっていう程度だもん。1人で泊まる気だったんだから、気にしなくて良いよ』
と、またツンデレをしてくれたマキ。僕は、癖になりそうだった。

そして、少しそこでくつろいだ後、スイート利用者専用ラウンジでお茶をした。マキも少し緊張気味だったが、僕はもっと緊張してしまった。
「マキちゃんもここ使うの初めてなの?」
『うん。泊まるのも初めてだよ。カズ君は?』
「僕も。なんか、緊張しちゃうね」
『でも、ちょっといい気分だね』
と、無邪気に笑うマキ。こんな施設があるなんて、ここもやっぱりお金持ち優遇なんだなと思った。僕も、頑張って稼げるようになろう! と、少し気合いが入った。

そして、楽しく時間が過ぎ、夕食も食べて、バルコニーテラスでショーを見始めた。それは、凄く幸せな時間だった。空を見上げれば星が見える。そして、周りにはマキしかいない。二人きりでこんな風に見られるなんて、最高すぎて震えそうだった。

僕は、無邪気にショーを見続けるマキの後ろに立ち、そっと抱きしめてみた。一瞬身体を固くしたマキ。でも、抵抗はなかった。そして、抱きしめた僕の腕に手を乗せて、ギュッと握ってきた。

そのまま抱き合ったままショーを見続け、花火が上がり始めた時に、勇気を持ってキスをした。すると、マキが僕に抱きついてくる。そして、小さな舌が僕の口の中に飛び込んできて、僕の舌に絡みついてくる。

僕は、この時までキスもしたことがない童貞だったので、絡みついてくる舌に驚き、何も出来なかった。
『キス……しちゃったね』
恥ずかしそうに言うマキ。僕は、もう一度付き合って欲しいと言った。すると、マキは恥ずかしそうに僕の手を握り、そのまま部屋に引っ張り込んでいく。

そして、僕をそのままベッドに引っ張っていき、僕に抱きつきながらベッドに倒れ込んでいった。柔術の技でもかけられたように、ベッドに寝転がる僕。マウントポジションにはマキがいる。そして、僕に覆いかぶさりキスをして来るマキ。

『私、初めてじゃないよ……。私みたいな汚れた女、カズ君にはもったいないよ……』
と、悲しそうな顔でいうマキ。悲しそうな顔をしても、なんでこんなに可愛いんだろう? それにしても、汚れているなんて大げさだと思った。処女じゃないのは確かにショックだけど、これだけ可愛ければ男達が放っておく訳もないと思う。
「汚れてなんてないよ。それに、もし汚れていたとしても、そんなの関係ない! ずっと好きだった」
僕がそう言うと、マキは嬉しそうに笑ってキスをしてきてくれた。

そして、マキは僕の服を脱がせ始める。慣れた様子であっという間に僕の上半身を裸にすると、そのまま首筋や乳首にキスをして来る。未知の快感に、僕は声が漏れてしまう。マキは、夢中で僕の体中にキスをする。そして、ズボンの上からペニスをまさぐってきた。

指で引っかけるような、こすりつけるような、巧みな指の動きで僕のペニスを触り続けるマキ。ズボンの上からなのに、僕はイキそうになってきてしまった。
「ダ、ダメだよ、出ちゃいそう……」
弱々しく言う僕に、マキはニコッと笑いながら、
『まだダメだよ。脱がせるね』
と言って、僕の下も脱がせ始めた。慣れた動きで僕のズボンとパンツを脱がせるマキ。僕は、あっという間に全裸になった。

そして、マキはすぐに僕のものを口でし始めた。可愛い顔で、口を大きく開けて僕のものを飲み込むマキ。そして、舌と唇での責めが始まった。気持ち良すぎて、声が漏れてしまう僕に、くわえながら微笑むマキ。
本当に、経験豊富という感じだ。童顔で子供っぽいところもあるマキだけど、性的な経験は豊富なようだ。僕は、ショックを受けていたし、過去の男達に嫉妬もした。でも、今は僕だけのはずだ。そう思うと、嬉しさがこみ上げてくる。

マキは、僕の竿やカリ首を舐め続け、睾丸のものまで舐めてくる。玉を口に含んだり、内ももを甘噛みしたりもしてくる。
「マキちゃん、ゴメン。もうダメ、出る……」
僕が情けない声で言うと、マキは僕のものを口に含んで激しく頭を前後に振った。一気にこみ上げる射精感。僕は、うめきながらマキの口の中に射精した……。
『んっ、ん〜ん♡』
と、マキは可愛らしい声でうめきながら、僕の竿をバキュームしてきた。僕は、あまりの快感に腰が抜けそうになりながら、竿の中の精液まで吸い取られた。

マキは、僕の顔を見ながら、コクンと喉を可愛らしく動かして飲み込んでくれた。
『いぃ〜っぱい出たね! お腹いっぱいになっちゃった♡』
マキは、無邪気な顔で笑いながらそんなことを言う。僕は、イッて多少冷静になったが、それでもまだ興奮状態だった。

マキは僕のものを指で弾くと、
『まだガチガチだね。カズ君、好きにして良いよ♡』
と言って、ベッドに寝そべった。僕は、すぐにマキにキスをした。そして、見様見真似で舌を差し込み、マキの口の中をかき混ぜた。すると、何とも言えない生臭い感じがしたが、興奮状態の僕は構わずに舌を絡め続けた。

『ふふ。飲んだ後って、みんなキスしたがらないのに、カズ君はしてくれるんだね♡』
と、嬉しそうに言うマキ。でも、僕はその言葉に凹んでしまう。一体、マキは何人の精液を飲み干してきたのだろう? 僕は、嫉妬にまみれながらマキの服を脱がし始める。勝手がわからず、少し苦労しながらもマキを下着姿にした。マキは、真っ赤なレースの高級そうなランジェリーを身にまとっていた。
『クリスマスっぽい?』
と、無邪気に聞いてくるマキ。最初から、こうなることを見越していたのかな? と思った。僕は、クリスマスっぽいということと、凄くセクシーだということを言った。

『今日のために買ったんだよ』
マキは、照れた顔で言う。
「あれ? 1人で泊まるつもりだったんじゃなかったっけ?」
僕は、ちょっとだけイジワルを言ってみた。すると、一瞬で耳どころか首元まで真っ赤になったマキが、
『べ、別にカズ君のためとは言ってないもん!』
と、すねた感じで言う。
「じゃあ、誰のためなの?」
『そ、それは……サンタさんだよ』
と、恥ずかしそうに言ったマキ。僕は、思わず吹き出してしまった。
『も〜! 笑うな!』
と、恥ずかしそうなマキ。僕は、彼女を抱きしめてキスをした。舌を絡ませてギュッと抱きしめていると、どんどん彼女の息遣いが荒くなってくる。僕は、キスを続けたまま、彼女のブラジャーを外そうとした。でも、ホックに悪戦苦闘しているうちに、マキが自分で外してしまった。
『下手くそ』
笑いながら言うマキ。

初めて見た彼女のおっぱいは、想像以上に大きかった。そして、肌のきめが細かく、色も白くて、本当につきたてのお餅かと思った。僕は、夢中でそれを揉んだ。柔らかくて、そしてすべすべしている。指が乳首に触れると、
『んふぅ♡』
と、マキが可愛らしくうめいた。僕は、我慢できずにそれを口に含んで舐め始めた。マキの乳首は、とても小さいのにカチカチで、不思議な感触だった。乳輪はビックリするくらい小さくて、パッと見た時、乳輪がないのかな? と思うほどだった。そんな、究極に美しいおっぱいを、僕は舐め続けた。

『カズ君、もう我慢できないよぉ……。下も……』
と言って、モジモジと太ももを内股にするマキ。僕は、すぐにショーツに手をかけて、それを脱がせ始めた。すると、どこまでショーツを降ろしても、ヘアが出てこない。僕は、不思議に思いながらも、ショーツを完全に脱がせた。
『私、生えてこないんだ……。なんか、子供みたいでしょ?』
と、マキは恥ずかしそうに言う。僕は、マキのパイパンを絶賛した。実際、恐ろしくエロい姿だ。これが、他の男に剃られたものだとしたら、それは立ち直れないほどのショックだと思う。でも、マキの場合はそうじゃないみたいだ。僕は、凄く綺麗で好きだよと言った後、そこを舐め始めた。
『あぁっ! カズ君、ダメぇ、まだシャワー浴びてないもん』
マキはそんな風に言う。でも、僕を押しのけようとはしない。僕は、夢中でマキのあそこを舐め続けた。

味も臭いもほとんどなくて、ムニっとした肉の柔らかさに驚きながら、とにかく舐め続けた。
『気持いい、カズ君、もっと強く舐めてぇ♡』
マキはすぐに感じ始めてくれた。俺は舐めながら、女の子はこんなにも濡れるんだなと驚いていた。舐め取っても舐め取っても、どんどんあふれてくる愛液。僕は感じてくれてると思うと、嬉しくなってきた。

すると、マキが自分の指であそこを触る。そして、クリトリスの皮をめくり始めた。すると、ぷっくりと膨らんだピンク色の肉芽が姿を現わす。
『ここ舐めて♡』
快感にうわずった声でマキが言う。僕は、そこを舐め始めた。すると、マキがビクッと身体を震わせる。
『気持ち良いぃっ、クリ気持ちイイよぉ♡ もっと、軽く噛んでぇ』
マキは、腰を突き上げるようにしながら言う。すると、凄く舐めやすくなった。マキは、舐められる事にも慣れている感じだ。僕は、姿もわからない元彼たちに嫉妬をしながら、恐る恐る甘噛みしたりした。

『カズ君、イッちゃうよぉ、もう入れて♡ 一緒にイキたいよぉ』
甘えた声であえぎ続けるマキ。僕は、ここでコンドームがない事に気がついた。まさか、こんな展開になるとは予想もしていなかったので、そんな準備はしていない。謝りながらそう言うと、
『そのまま来てぇ♡ 平気だから。そのまま入れて』
マキは、いつもの無邪気な笑顔からは想像も出来なほどの、妖艶な顔でおねだりをしてくる。僕は、ヤバいと思う気持ちよりも、欲望が勝ってしまった。

マキに覆いかぶさる僕。すると、嬉しそうな顔でマキが僕のペニスを掴む。そして、濡れすぎな秘穴に導いてくれた。
『そのまま押し込んで』
マキは、僕を潤んだ目で見つめたまま指示をした。僕は、こんな風にリードされていることを恥ずかしいと思うこともなく、腰を押し込んだ。すると、今まで味わったこともない感覚に包み込まれ、うめき声をあげてしまった。

『うぅん♡ 入ったね。カズ君、気持いい?』
優しい顔で微笑みながら、マキが聞く。僕は、正直に気持ち良すぎてもうイッちゃいそうだと話した。
『まだダメ〜。マキのことも気持ち良くして♡』
そう言って、キスをしてくれた。僕は、キスをされたまま腰を動かし始めた。キスしながらのセックスが、こんなに気持いいなんて想像も出来なかった。僕は、必死で腰を振ってみた。思っている以上に動かしづらく、なかなか上手く出来なかったが、それでも必死で腰を振った。

『あんっ、あっ、うぅあっ! カズ君、気持いいよぉ♡ 好きっ! 好きっ! ギュッとして!』
と、潤んだ目で叫ぶマキ。僕は、好きと言われて泣きそうなほど嬉しかった。
「マキちゃん、好きだ! 好きだっ! ずっと好きだった!」
そう言って、ガンガン腰を振る僕。でも、もうイキそうだ。
『カズ君の大きくなってきた♡ イッてっ! マキの中でイッてぇっ!』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング