嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました2【ブロマガ転載禁止】

前回の話

あのデート以来、嫁は週に1回程度はパート先の社員とデートをするようになった。嫁は、俺が嫉妬するのがよほど嬉しいのか、デートから帰ってくるとすぐに俺に抱きついてきて、キスをしながら色々と挑発的なことを言ってくる。

『今日は井の頭公園でデートしたんだよ。ずっと手を繋いで歩いちゃった』
嫁は、イタズラっぽく言ってくる。でも、これくらいの挑発にはもう慣れてしまった俺は、それは良かったねとか言ってクールを装った。

すると、嫁はさらにニヤけた顔になり、スマホを見せてくる。スマホには、繋がれた手のアップが映っていた。部分的とはいえ、嫁のデート相手の画像を見て、俺は激しく動揺していた。そして、繋がれた手も、ただ手を繋いでいるだけではなく、いわゆる恋人つなぎだ。指と指が絡み合い、ただ手を繋いでいるだけなのに妙にイヤらしく見えてしまう。

「な、なんて言って写真撮ったの?」
『え? 別に……記念にって言って撮っただけだよ』
キョトンとした顔で言う嫁。俺は、そんな写真を撮ったら、嫁が本気になっていると勘違いされちゃうと指摘した。

『え? ダメなの? もう、けっこう本気なんだけどなぁ〜』
嫁は、冗談とも本気ともつかないような言い方をする。俺は、かなり焦っていた。でも、意地っ張りな性格が邪魔をして、
「本気になっても良いけど、避妊は忘れるなよ〜」
と、軽いノリで言ってしまった。

『えっ? エッチしても良いの?』
嫁は、真顔で聞いてきた。俺は、もう我慢の限界で、嫁を荒々しく押し倒してキスをした。口の中をグチャグチャにかき混ぜるようにキスをしながら、スカートの中に手を突っ込むと、嫁はキスで口を塞がれながらも何か言っている。俺は、それを無視してショーツの中に手を突っ込んだ。

すでに濡れすぎてあふれるほどになっている膣口。俺は、
「セックスしたいって思ってるのか! アイツに抱かれたいのか!」
と、わめき立てながら嫁のアソコに指を入れた。すぐにキュゥっと締めつけてくる彼女の膣。
『そ、そんな事ないっ! 浩介が言ったからだよ、違うのっ、うぅあっ、ダメぇ、指ぬいてぇっ』
一気にとろけた顔を見せる嫁。最近、M気質が加速して、ドMみたいになってしまっている。俺は、指をガシガシ動かしながら、
「ウソだっ! こんな風にされたいんだろ! ていうか、もうされたんだろ!! 抱かれたんだろっ!!」
と、嫉妬に任せて叫ぶ。嫁の膣は、さらに痛いほど締め付けてくる。顔もとろけきってひどい有様だ。もう、イッてしまいそうなほど感じているように見える。

『してないっ! デートしただけだよっ! 手を繋いだだけだもん!』
嫁は、泣きそうな声で叫ぶ。でも、表情はイク寸前という顔になっている。俺は、嫁を強引に四つん這いにする。そして、スカートをまくり上げると、ショーツを引きずり下ろそうとした。でも、初めて見るそのショーツに、動きが止まってしまった。

いつもの、薄いピンクのありふれたショーツではなく、黒のレースで出来た高そうなショーツだ。ランジェリーモデルが穿いているような、セクシーなタイプだ。
「ど、どうしたの? このパンツ……」
俺は、さっきまでの犯してやる! と言う気持ちが消え失せ、弱気でヘタレな顔が出てきてしまった。

すると、嫁は俺から少し離れていく。指がヌルンと抜け、根元までグチョグチョに濡れているのがわかる。

嫁は、妖艶な笑みを浮かべながら服を脱いでいき、上下ランジェリー姿になった。ブラもショーツと同じような黒のセクシーなタイプで、かなり布の面積が少ない。胸の谷間がやたらと強調されたような感じになっている。

『勝負下着だよ。いつどうなっても良いようにね』
嫁は、イタズラっぽくそんな事を言いながら、俺のズボンに手をかける。そして、俺のペニスを剥き出しにすると、俺の顔を見つめたままくわえ始めてしまった。すぐに舌が絡みついてきて、俺の気持ち良いところを責めてくる。気持ち良くて思わず声を漏らす俺。
『気持ち良い? 最近ないくらいに固いね。興奮してる? 私、拓也に抱かれた方がいい?』
そんな事を言いながら、俺のペニスを責め立てる。嫁は、ここのところ俺を嫉妬させるためにか、その社員のことを名前で呼ぶようになっていた。嫁が他の男の名前を呼ぶのは、嫁の狙い通り俺に激しい嫉妬心を巻き起こす。

俺は、フェラチオされながらうめくだけで、返事が出来ない。それにしても、嫁は本当にエロい格好をしている。こんなにセクシーな格好をしている彼女を初めて見たということもあるのか、本当に興奮してしまう。

『どう? 拓也が黒が好きって言ってたから、黒にしてみたの』
嫁は、さらにそんな事を言ってくる。俺は、嫉妬と不安で泣きそうな気持ちになってしまった。

『ねぇ、拓也に見せてあげても良い? あっ、もちろん生じゃないよ、写真でだよ』
嫁は、そんな事を言う。俺は、このセクシーな姿を他人に見られてしまうことを想像して、呼吸すら苦しくなるほど焦っていた。
『さすがにダメだよね。無理だよね』
嫁は、からかうような口調で言う。俺は、馬鹿にされたような気持ちになってしまった。

「別にいいよ、それくらい。ほら、スマホ貸してみて」
俺は、意地っ張りな性格が恨めしいと思いながらも、そんな事を言ってしまった。すると、一瞬驚いた顔になった嫁。でも、素直にスマホを渡してきた。
『顔はダメだよ。流出しちゃったら大変だもん』
嫁は、そんな事を言う。俺は、わかったよと言いながら、彼女の首から下を撮影し始めた。

『わっ、意外とエッチな感じになるんだね。私も、まだまだイケてる?』
嫁は、自分のセミヌードを見ながら、恥ずかしそうに言う。
「まぁ、そこそこじゃない?」
俺は、凄くイケてると思っているクセに、そんな事を言ってしまう。

『もう……。いいよ、拓也に褒めてもらうから!』
嫁はそう言って、スマホを操作し始めた。

『よし、なんて言ってくれるかなぁ?』
嫁は操作し終えるとそんな事を言った。
「えっ!? 送ったの?」
『うん。lineでね』
俺は、ドキンとしてしまった。まさか、すぐに送るとは思っていなかった。

『あっ、もう返事きた。ほらぁ〜、凄くセクシーだって言ってくれてるよ!』
そう言って、スマホを見せてくる嫁。すると、lineのタイムラインに彼の”すっげっ! メチャクチャエロいっす! オナニーしていいっすか!?”
と言う、下ネタ全開のメッセージがあった。

そして、タイムラインには、見える範囲にそんな下ネタ気味のやりとりがいくつかあるようだった。

『でしょ〜。捨てたもんじゃないでしょ!』
嫁は、ドヤ顔で言う。俺は、泣きそうな気持ちのクセに、
「はいはい。ほら、オナニーして良いよって返さないと」
と、言ってしまった。

嫁は、少しふくれた顔になったが、すぐにスマホを操作した。
『もうしてるって。ホント、バカなんだから』
嫁は、楽しそうな顔で言う。俺は、デートの約束の為だけではなく、2人が日常的にlineをしていることに激しく動揺していた。

そして、嫉妬に任せて嫁に覆いかぶさろうとしたが、
『ちょっと待ってて。いま、ダーリンとline中だから。浩介のは、手でしてあげるね』
と言って、スマホをいじりながら手でペニスを握ってきた。

嫁は、わざわざ俺に見えるような角度でスマホを持ちながら操作をする。

嫁:すぐイッちゃうんでしょ? 拓也、早そうだもんね
拓也:まさか、まだぜんぜんですよ。理恵ちゃん、おっぱいも見せて!
嫁:バ〜カ
拓也:お願いっ! 乳首は隠して良いから!
こんなやりとりを見せられながら、手コキをされる俺。嫉妬と興奮でわけがわからなくなりそうだ。

「み、見せてやれば? 乳首隠せば問題ないでしょ?」
俺は、そんな事を言ってしまった。自分でも、なんでそんな事を言ってしまったのか驚いてしまった。

『もう……。じゃあ、また撮ってくれる?』
嫁は、さすがに恥ずかしそうに言う。でも、俺にスマホを渡すと、ブラジャーを外してしまった。
少し小ぶりのおっぱいがあらわになる。でも、色は真っ白で、乳首も薄いピンク色だ。エロいというよりは、綺麗なおっぱいだと思う。

嫁は、手の平で胸を覆い隠す。グラビアアイドルがよくする、手ブラみたいな感じだ。
『大丈夫? ちゃんと隠れてる?』
嫁は、恥ずかしそうに聞いてくる。
「隠しすぎでしょ。もっとサービスしてあげないと」
俺は、本心とは裏腹なことばかりを言ってしまう。
『もう……。こんな感じ?』
そう言って、指三本で乳輪と乳首を隠し始める嫁。下乳が思いきり見えてしまっていて、やたらとエロい感じだ。
「そんなんじゃ、ぜんぜん興奮しないって。指1本で大丈夫でしょ?」
俺は、そんな事を言ってしまった。すると、
『無理だって、隠れないよぉ』
と、顔を赤くしながら人差し指だけで乳首を隠す嫁。それは、驚くほどエロい姿だった。乳首はなんとか隠れているが、乳輪は指の上下にはみ出ている。
『ほらぁ、隠れてないでしょ?』
「いや、平気だって。乳首は見えてないから」
そう言って、俺は嫁のスマホで撮影をした。
『ダ、ダメっ! なに撮ってるの! もう!』
嫁は慌てて胸を手の平で覆い隠す。でも、すでにエロい姿は撮影済みなので、それを嫁に見せてみた。
『はみ出てるじゃん!』
嫁はスマホを見てそう言った。
「でも、喜ぶんじゃない? オナニーしてるんでしょ? 早く送ってやらないと」
俺がそう言うと、
『いいの? 他の人に見られちゃうんだよ?』
と、嫁が少し怯んだ様子で言った。
「それくらい、平気に決まってるじゃん」
俺は、結局また虚勢を張ってしまった。
『わかったよ、知らないからね!』
そう言って、スマホを操作した嫁。すぐに返事が来る。

拓也:エロすぎる! ヤバい、もうイキそう
嫁:やっぱり早漏じゃん
拓也:だって、理恵ちゃんエロすぎ〜
嫁:ほら、早くイッちゃいなよ
拓也:ち、乳首を……お願いします!!
嫁:ダメだって、調子乗りすぎ〜
拓也:じゃあ、俺のも見せるんで!
そして、画像がタイムラインに乗せられてきた。それは、ペニスのアップの写真だった。勃起してギンギンになっているペニスには、血管まで浮かび上がっている感じだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました【ブロマガ転載禁止】

ちょっとした俺の嫉妬心がきっかけで、嫁を他の男とデートさせるようになった。相手は、嫁がパートしている先の社員の男で、5つも年下だ。
俺と嫁は、学生時代に知り合い、6年交際して結婚した。まだ子供はいない。子供が出来るまでの暇つぶしみたいな感じで、嫁はパートに出ている。

嫁の理恵子は、パッと見地味なタイプで、性格もどちらかというと控えめなタイプだ。でも、よく見ると顔のパーツは整っているし、しっかりとメイクしてオシャレをすれば、かなりレベルが高いと思う。でも、そういうのには無頓着な女性だ。良く言えば飾らない女性、悪く言えばずぼらな女性という感じだ。

結婚後も、ほとんど喧嘩らしい喧嘩もなく仲良く過ごしていたが、ある日、嫁の昔の写真を見てるときに、6年生の時の修学旅行の写真を見て、
『康太君だ! なつかし〜。私の初恋の相手だよ。ファーストキスもこの子なんだ。ホッペにだけどね』
と、嫁が懐かしそうに言ったのを見て、俺は強烈な嫉妬心を抱いてしまった。
「告白はしたの? 付き合ったりしたの?」
俺は、少し早口でそんな事を聞いた。考えてみれば、俺は嫁の元カレのことはほとんど知らない。嫁が高校の時に、同じ学校のヤツと付き合って初体験をしたらしいということくらいしか知らない。付き合ってるときにもっと聞いておけば良かったけど、結婚した今では、今さら聞きづらい。

『まさか。中学別々だったし、私の片思いだよ。でも、今頃なにしてるのかな?』
嫁がそんな事を言った途端、俺は嫁に荒々しくキスをしていた。いつも以上に強引に舌を突っ込み、激しくかき混ぜる。歯が当たってしまうほどの勢いだったけど、構わず続けた。
『ちょっと、どうしたの? あれれ〜、焼きもち?』
と、妙に嬉しそうに言う嫁。俺は、比較的クールな方だと思う。普段、あまりムキになったりすることはない。そんな俺が必死になっているのが面白いのか、
『でも、別々の学校になっても気になってたんだよ。康太君の家まで行ったこともあるんだ。バッタリ会えないかなぁって』
と、ニヤけながら言ってきた。俺は、さらに嫉妬心が増し、嫁を抱きしめてキスをした。それだけではなく、服の中に強引に手を突っ込み、胸を揉み始めた。ブラも無理矢理上にずらし、いつもより強めに揉むが、嫁は抵抗しない。
『アン。犯されちゃう〜』
と、楽しそうに言う嫁。最近は、嫁の方から夜のお誘いがくる感じで、俺の方から行くことは少なかったので、嫁にしてみれば嬉しいのかも知れない。でも、そんな事は関係なく、俺は嫁を抱きたくて仕方ない気持だった。

服をまくり上げ、嫁の乳首に吸い付く。いつも以上に固くなっているのを感じながら、メチャクチャに舐めていく俺。初恋の相手に嫉妬しても仕方ないのに、コントロールが効かない。
『あっ、ダメぇ、まだ明るいよ、うぅっ、あっ、あっ、激しいよぉ』
嫁は甘い声をあげ始める。嫁も、いつも以上に興奮している感じがする。俺は、ギンギンになったペニスをズボンから解放し、嫁のスカートをまくり上げ、ショーツをずらして強引に入れてしまった。

『あぁっんっ、浩介、いつもより固いぃ』
嫁は、愛撫もそこそこに入れたのに、気持ちよさそうな顔であえぐ。実際、嫁のアソコは糸を引くくらいに濡れていて、なんの抵抗感もなく根元まで入ってしまった。俺は、避妊を忘れたことも気がつかず、でたらめに腰を振った。休日の真っ昼間に、リビングでセックスをするなんて、今までにない行動だ。

『そんなに気になるの? 嫉妬してるの?』
嫁は気持ちよさそうにあえぎながら、そんな質問をしてくる。
「そんなに好きだったのか!?」
俺は、みっともなくそんな事を叫んでいた。
『す、好きだった! 初恋だったから! ずっと忘れないよ、ごめんね!』
嫁は、俺のことを見つめたまま叫ぶ。俺は、今までに感じたことのない感情にパニクりながら、あっけなく嫁の膣中に射精してしまった。

『うぅああぁ、ドクンドクンしてる……』
嫁は、嬉しそうに言う。勢いで中出ししてしまったけど、嫁が嬉しそうにしていてとりあえずホッとした。

「ごめんね、中に出しちゃったよ」
『いいよ。ねぇ、子供作ろうよ。愛してる』
嫁は上機嫌で言ってきた。俺は、うんと言って頷いた。
『ふふ。じゃあ、さっそくもう一回ね』
嫁はそう言って、俺の服を脱がせ始める。そして、乳首を舐めてくれる。積極的な嫁に少し驚きながら、そのまま2回戦に突入した。

この日以来、嫁との子作りのセックスが始まった。でも、嫁も面白くなってしまったみたいで、わざと俺を嫉妬させるようなことを言うようになった。
初めの頃は、その初恋の相手のことばかり話していたけど、より刺激を求めたのか、高校時代の元カレの話をするようになってきた。

『初めての時、痛すぎて1時間以上かかっちゃったんだ。でも、そんな苦労したから、一生忘れられないよね』
嫁は、俺に正常位で責められながらそんな事を言う。俺は、泣きそうな気持ちになりながら、狂ったように腰を振る。
「ずっと忘れられないのか! 今でも思い出してるのか!」
そんな事を言いながら、俺はなぜだかわからないほど興奮して、もうイキそうになっていた。
『そうだよ、今も思い出してるの! 浩介に入れられているのに、彼に入れられてるって思ってるの!』
嫁にそんな事を言われ、俺はほとんどコントロール出来ずに射精してしまった。
『ふふ。今日も早かったね。そんなに興奮しちゃう?』
嫁は、満足そうな顔で言う。俺がうんと答えると、
『嫉妬するのは、それだけ私の事が好きってことだよね?』
嫁は幸せそうな顔で言う。そして、俺にギュッと抱きついてきて、甘えた仕草もする。本当に、俺のことが好きなんだなと伝わってきて嬉しい。

「本当に忘れられないの?」
俺が質問すると、
『1時間かかったことはね。本当に大変だったもん。でも、彼のことは顔も忘れちゃったなぁ』
と、おどけた仕草で言う嫁。俺は、少しホッとして、幸せだなと思った。

そして、元カレとのことを聞かされながらのセックスも、多少マンネリになってきたなと思っていた頃、嫁がセックス中に、
『心配させちゃうから言わなかったけど、パート先に私の事口説いてくる人がいるんだよ』
と、嫁に言われた。俺は、予想もしていないその言葉に、身体をガッと起こして、
「ダ、ダメだよ! 口説かれちゃダメだって!」
と、慌てて言った。
『うん。全部はぐらかしてるよ。でも、あんまり邪険にしても働きづらくなるしね〜』
嫁はそんな事を言いながら、俺のペニスを指でもてあそぶ。
「ダメじゃん、はっきりと断らないと!」
俺は、かなりムキになっていたと思う。嫁は、嬉しそうな顔で、
『嫉妬してる? 心配?』
と言いながら、手コキを続ける。
「そ、そうじゃないけど……。どんな人なの?」
『そうじゃないなら、言わな〜い』
嫁は、プイと横を向いてしまった。でも、手コキは続けたままだ。
「……心配だよ」
『それだけ?』
「嫉妬してる……」
『ふふ。よく出来ました〜。じゃあ、教えてあげるね。5歳年下の、社員の男の子だよ。けっこうイケメンかも』
嫁は、俺をいじめるような感じで言う。実際、俺はいじめられたようなショックを受けていた。俺は、イケメンの若い男に言い寄られる嫁を想像して激しく嫉妬していた。
「本当は嬉しいんだろ! 口説かれて、嬉しいんだろ!」
俺は、そんな事を言いながら腰を振った。
『あぁっ、浩介の固いぃっ、嫉妬してる? 浩介、愛してる。もっとして……。もっとしてくれないと、口説かれちゃうからぁ』
嫁はそんな事を言ってくる。でも、言いながら嫁の顔も発情したようにイヤらしい顔になっていることに気がついた。

「想像してるんだろ! そいつとデートすることを!」
俺は、そんな事を叫びながら、肉がぶつかる音が響くほど強く腰を振っていた。
『してるっ! 想像してる! ごめんなさいっ!』
嫁は興奮しきった声で叫ぶ。でも、”ごめんなさい”と言われたことで、プレイではなく本気でそう思っているのかな? と思ってしまった。
そして俺は、あっけないほど簡単にイッてしまった。

『ふふ。今日は、今までで一番早かったね。興奮しすぎだよぉ〜』
嫁は甘えた声で俺にじゃれつきながら言う。本当に、可愛いなと思うと同時に、
「本当に口説かれてるの?」
と、質問していた。

『ホントだよ。でも、全然相手にしてないから安心してね』
そう言って、俺にキスをして来る嫁。
『あれ? まだガチガチだね。どうしたの? まだ興奮してるの?』
嫁は、いじめっ子の顔で言ってくる。楽しくて仕方ないという感じだ。
「どんなヤツなの?」
『5歳年下で、けっこうイケメンだよ。って、さっき言ったね。まだ、男の子って感じの子だよ。まだ学生みたいな感じ』
説明してくる嫁。俺は、一気に妄想が広がってしまった。そんな年下の男と、デートをする嫁……。手を繋いで、キスをして……。そんな妄想がどんどん広がっていく。
『あれれ? ビクンってなってる。もう一回しちゃう?』
嫁は、嬉しそうに言ってくる。
「理恵は、本当はどう思ってるの? デートしたいって思ったの?」
『う〜ん、興味はあるかな? 彼がどんなデートするのか、見てみたいって思うよ』
嫁は真剣に考えて答えた。サラッと冗談で流されるよりも、よほど堪えた。

「そいつのこと、嫌いではないってこと?」
『嫌いではないよ。素直だし、明るくていい子だよ』
嫁がそんな風に答えた。俺は、嫉妬で目がくらみ、嫁を犯すように抱いた。
『ダメぇ、激しすぎるぅっ! 浩介、怖いよっ』
嫁はそんな事を言いながらも、すっかりととろけた顔になっている。
「そいつとしたんだろ! 抱かれたいって思ってるんだろ!!」
俺は、ほとんど怒鳴るような声で言いながら腰を振り続けた。
『ち、違うっ! そんな事ないっ! 思ってない!』
嫁はそんな風に言いながらも、身体をガクガクッと震わせる。
「こんな風にイカされたいんだろ! 中に出されたいんだろ!!」
俺は、自分でもわけがわからないようなことを口走っていた。
『抱かれたいっ! 犯してもらいたいのっ! ごめんなさいっ! 想像してるのっ!』
嫁は泣きそうな顔で叫んだ。俺は、その口を塞ぐようにキスをしながら果てた。

しばらく荒い呼吸を続ける嫁。そして、
『凄かったよ。今までで、一番気持ち良かった……。愛してる』
と言ってキスをしてきた。俺は、彼女を抱きしめたまま眠りについた。


その日以来、そんなプレイを続けていたが、次第に彼のことを言われながらのプレイにも慣れてしまった。そして俺は、
「一回だけ、デートしてみたら?」
と、言ってしまった。
『……うん。浩介がそう言うなら』
嫁は、あっさりとそんな風に言った。俺は、笑い飛ばされて終わりと思っていただけに、焦ってしまった。でも、自分で言い出したことなので冗談とも言えず、
「じゃあ、今度口説かれたら受けてみなよ」
と、言ってしまった。
『うん。じゃあ、たぶん明日だね』
イタズラっぽく笑いながら言う嫁。どうやら、毎回パートに出ると口説かれているようだ。俺は、足が微妙に震えるのをとめられなかった。

そして次の日、俺が会社から帰ってくると、
『誘われちゃったよ〜。明日、一緒に夕ご飯食べてくるね』
と、嫁がニコニコしながら言ってきた。
「あ、明日!?」
俺は、急すぎて驚いてしまった。
『うん。私の気が変わらないうちに、早くデートしたいんだって』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング