NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

後輩カップルと嫁と4人でスキーに行ったらの続き

後輩カップルと嫁と4人でスキーに行ったら

220 名前:473 投稿日:2012/05/14(月) 15:32:17.15 ID:bqQNlYU60 [1/33]
前に友人とその彼女、俺夫婦で温泉で遊んだ時の話書いたものだけど覚えている人いるかな。

GW中にBと香織ちゃんの結婚式直前というタイミングで4人で又遊んでしまったので投下してみます。


223 名前:473 投稿日:2012/05/14(月) 15:47:30.62 ID:bqQNlYU60 [2/33]
ここの所数ヶ月間はBと香織ちゃんは結婚式の準備で忙しく、
俺は俺で2次会とか結婚式の手伝いとかでBの学生時代の友人と会ったりで割と休日は忙しかったんだけど
もう結婚直前になってたから大体の忙しい所は全部終わってある程度時間が取れる状態にはなっていて、
GWも予定が少し空くねって事でトントン拍子で企画が進んだ形。
18歳以上 FC2 Blog Ranking

[ 2012/05/31 22:39 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

後輩カップルと嫁と4人でスキーに行ったら

473 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2012/03/22(木) 15:54:09.65 ID:Fvyqgl/Y0 [1/39]
他の皆様のとは少し毛色が違うかもしれないけど今年の冬に友達と遊んだ話を投下してみます。

まず概要。
俺には最初は仕事関係で知り合って親友と呼べる位に良く遊ぶようになった友達がいる。
俺A,友達Bとするけど、Bとは大人になってから友達になったにしては凄く子供の頃のような友人関係になった。
Bは俺より年下だけど趣味が合うっていうか中学生同士の男友達みたいな雰囲気になれる奴だった。
外見は俺:(ハゲを隠す為の短髪で)ガチムチ B:嵐にでもいそうな感じの先の細い爽やかイケメン
バカっぽいことを同じノリでやれる奴で、例えばどこかに遊びに行った時にビルとかにいる受付のお姉さんを見かけて
「左から3番目だろ。」
「一番右じゃないっすか。」
「ええ~マジかよ。」
とか別にナンパする訳でもなくそんな馬鹿話をして
「おい受付のお姉さんこっち見てるって。」
「俺ら中学生みたいですね。」
なんて笑いながら話せるような関係。
Bは俺に一応敬語を混ぜて話してくるけど立場は対等な友人付き合い。
18歳以上 FC2 Blog Ranking

[ 2012/05/31 22:34 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁をAVに出演させてみて

最近、私たち夫婦にとって刺激的な展開が訪れました。
先日、妻がマンションの上の階の奥さんから、ある雑誌を借りてきました。
いわゆるレディースコミックというやつです。
中身は過激な体験談やマンガ、セックスの悩み相談、
あるいは体位やテクなどの記事が書かれていました。


「なんだよこんなもん借りてきて、上の奥さん欲求不満なのか?」
「ちがうのよ。息子さんが読んでたのを取り上げたんだって」
「あ、そういうことか」
「それより、ココ見て、これ面白そうじゃない?」


そこにはあるアダルトビデオ制作会社の求人募集広告がありました。
ビデオに出演する女性、男性を募集していて、夫婦も可となっていました。

18歳以上 FC2 Blog Ranking

[ 2012/05/30 22:26 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

オリジナル 元風俗嬢の嫁と寝取られ生活part28

拓人の所でセックスしてくると言って嫁が出て行ってから、もう長い時間経ち、深夜12時を回った。
携帯が鳴って、見ると嫁からだった。
「あっ!しょうくん・・・    ごめんね・・   ん  遅くなって・・・  あ」
「まだ拓人の所?」
「・・・・うん・・・  あ   しょくん・・・  今日  泊まるね・・・  はっ」
「えっ! 泊まるって?  拓人のとこに?」
「・・・うん・・・  あ あっ  ごめん・・・  しょうくん・・・  切るね・・・ 」そして電話から口を離したのだと思うが、少し遠くで「あぁぁぁぁっ!」という嫁の叫び声が聞こえた・・・

疑う余地無くはめられながら電話をしてきている・・・

そのまま浅い眠りを繰り返し、朝になり会社に行った・・・


夕方家に帰ると、まだ嫁は帰ってきていなく、電話しようか迷っていると、ちょうど帰ってきた。
「ただいま!しょうくん!ゴメンね!」と言って玄関に現れた嫁は、
綺麗だったセミロングの黒髪が、ショートカットのかなり明るい茶色になっていた。
服装も、どちらかというといつもガーリーというか、ナチュラル系の服装だが、嫁はギャルっぽい服で帰ってきた・・・
肩が片方出ていて、上からパンツが見えてるような白い短いホットパンツをはいていた・・・
メイクも、目が恐ろしく強調されてパッチリした、濃いめのメイクになっていた・・・
「どうしたの・・・」絶句しながら聞くと
「拓人君に選んでもらったんだ!  髪も、美容室に拓人君と一緒に行って、拓人君に指示してもらったんだよ!全部拓人君の好みの感じだよ!」と、少し上気しながら言う嫁。

なぜか、セックスをしているところを見るよりも、はるかに寝取られた気分になった。全てを奪われたような気持ちになった・・・
黒い長い髪、ナチュラルなメイク、可愛らしい洋服、俺の佳恵はそこにいなかった・・・

恐ろしいほどの嫉妬と興奮に襲われ、嫁にむしゃぶりつくと、キスをしながら嫁は俺の股間に手を伸ばして
「どうしたの?しょうくん。カチカチだよ・・・」俺の口に舌を突っ込みながら、ズボンの上から俺のペニスを握る嫁。
「どう?似合う?  全部拓人君の好みなんだよ・・・  拓人君に染められちゃった・・・」俺の耳元でささやきながら、ペニスを揉みしだく嫁。
「あぁぁっ!佳恵!」と、情けない声を出しながらズボンをはいたまま射精してしまった・・・

「どうしたの?変態さん・・・  イっちゃったね・・・  これじゃあ、勝負にもならないね」と、いじわるな顔で言う嫁。

たまらずに、嫁のホットパンツを脱がして玄関で立ちバックの状態で挿入しようとする。
「だぁめ! しょうくんはちゃんとゴムつけなきゃ入れちゃダメだよ!」と、ささやくように言う嫁。
「えっ!?  拓人とは・・・  あの・・・  つけてないの・・・?」と、知っていることを聞く俺。
「ん~?  どうでしょうか?  ないしょだよ・・・  早く持ってきて」可愛い笑顔で言う嫁。

慌てて持ってくると、嫁はシャワーを浴びていた・・・
浴室のドアを開けると、
「ゴメンね・・・ 垂れて来ちゃったから・・・」と言いながらシャワーを浴びている嫁の股間を見ると、毛のないアソコから白い液体が太ももをつたっていた・・・

ゴムをつけて、シャワーを浴びている嫁を立ちバックの姿勢にして挿入した。
「・・・ごめんね・・・  拓人ので広がってるから・・・・ 」と言って、吐息一つ漏らさない・・・
実際に、少し緩くなってる気がしたが、それでもがむしゃらに腰を振り、あっと言う間に射精感が高まってきた・・・
「佳恵!イく!」
「・・・  イイよ・・・   イって」と、感じる様子も無く言われる・・・
「イく!」
「・・・  じゃあ、先に寝ててね」と、笑顔で言われる・・・

どうしようも無い焦燥感を感じながら、ベッドに横になった・・・

落ち込んでいると、嫁がベッドに滑り込んできた。全裸だった。
俺の上に覆いかぶさりながら、激しくキスをしてくる嫁。
「しょうくん・・・ 愛してるよ・・・ しょうくん、嫌いになってなぁい?」と言いながら、激しく舌を絡めてくる。
すると、そのまま嫁が上になって生で入れてきた。
「あぁぁっ!  しょうくん!  凄いよぉ・・・ 硬い・・・  ダメだ・・  ダメだもん」と言いながら、狂ったように腰を振る嫁。
「あっ!あっ!あっ!  ハァあっ!  ダメだもん・・  イっちゃいそう・・・  しょうくん硬いよぉ・・・ あぐぅ・・」
嫁と体勢を入れ替えて、激しく腰を振りながらキスをする。
「佳恵!  愛してる! 愛してるよ!」と、叫びながら激しく舌を絡める。
「しょうくん! 愛してるよ! ずっと一緒にいてね!  あぁぁぁっ!  だめぇ・・・ イく!  イッちゃう!」と言いながら、ビクンと跳ねると、合わせて俺も嫁の中に射精した。

恐ろしく長いことドクンドクンと射精をすると、
「あぁぁ・・・  しょうくんのビクンビクンしてるよぉ・・・ 嬉しい・・・ しょうくんの出てる・・・」と言いながら、舌を絡めてくる嫁。


「生でしちゃったね・・・」と言うと
「うん!  凄く嬉しかったよ・・・  本当に、離しちゃ嫌だよ・・・」と、笑顔で言う嫁は、拓人の好みのショートカットになっているので、複雑な気持ちになった。

「拓人とは・・・  その・・・  生なの?」と聞くと
「・・・そうだよ・・・  いっぱい溢れるほど出されちゃうんだよ・・・」と、興奮した口調で言う嫁。
そのまま、またたまらなくなり激しくキスをしながら、生で嫁に挿入した。

「俺より先に中出しされたのか!? 拓人のこと好きなのか!?」と言いながら、バックで激しく突き立てる。
「あぐぅぅっ! だめぇ! 凄いよぉ・・・  しょうくんより先に生で入れられたのぉ!  私から中で出して!ってお願いしたのぉ!  だめぇ! イく!イッちゃう!」と言いながら、潮を吹きながら痙攣する嫁・・・

「拓人のこと好きなのか!?」と言いながら激しく腰を振る。
「だめぇ! いやぁぁっ! 言えないよぉ・・・  はぁっ!」
「好きなんだろ!」と叫ぶ俺。
「好き! 好きだよ! ごめんなさい!  だめぇ!イくっ!」そう叫びながらビクンと跳ねた。
それにあわせるように、嫁の中に射精した。

落ち着いて、腕枕の状態になると、
「ごめんなさい・・・しょうくん・・・  でもね、しょうくんだよ。しょうくんが一番大切だよ。しょうくんが会うなって言ったら、もう会わないよ・・・」心配そうな顔で言う嫁。
「ゴメンな。変なこと聞いて・・・  俺が一番なら、それでイイよ・・・」そう言ってキスをした。

シャワーを浴びて、抱き合いながら寝た・・・


次の朝も、ラブラブな感じでいつもと変わらない朝だったが、髪型とメイクが違って、朝から鬱勃起した・・・

そして会社に行き、夕方になると、拓人が来た。

「あまり撮れてないけど、一応ね・・・」拓人がメモリを渡してきた。
「俺がいないときとか、家に来てくれな。嫁も寂しがってるから」
「いいのか?っていうか、本当に凄いな、おまえは・・・」と、逆に感心された。

そしてデータを確認すると、髪型とメイクと洋服が替わった嫁が、ホテルらしき部屋で
「ねぇ・・・  本当におかしくない? 短すぎないかなぁ・・・」と、前髪をしきりに指で触りながら言う。
「100%俺の好みになったよ! 最高に可愛い。愛してる。  はい、最後はこれ!」と言いながら、小さな箱を渡した。
「なぁに?」そう言って開けると、指輪が二つ光ってた。
「いつも佳恵がしてるのと同じデザインだから、内側見ないとわからないよ!」と、笑顔で言う。
「・・・嬉しい・・・  でも・・・  ダメだよぉ・・・」戸惑いながらも、嬉しいとはっきり言った嫁・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

[ 2012/05/30 00:08 ] オリジナル 元風俗嬢の嫁と寝取られ生活 | TB(-) | CM(-)

オリジナル 元風俗嬢の嫁と寝取られ生活part27

旅行以来、嫁の態度が明らかに変わった。とにかく俺に対して今まで以上に一生懸命になった。

家に帰ると、ほぼ毎回コスプレでお出迎えしてくれて、凄く積極的にセックスも求めてくるようになった。
それ以外でも、とにかく甘えてくるようになり、お出かけのときなども、ずっと手を繋いでくるようになった。

それならば、なにも問題なく幸せそのものなのだが、セックスのときにやはり嫁の反応を拓人のときの反応と比べてしまって、軟らかくなってしまって最後まで出来ないということが続き、
「しょうくん・・・ やっぱり怒ってるの?拓人君とのこと・・・ もう会わないよ!」と、嫁が必死な顔で言うことが続いた。
ただ、拓人とのプレイ内容を聞きながらだと、激しく興奮して最後までイけることが多く、必然的に嫁とのセックスは拓人のことを聞きながらという形になってきていた。だから、俺としてはもっと続けて欲しいという気持ちが勝っていて、「いや、怒ってないし、拓人とはもっといっぱいしてもっと嫉妬させてよ」と、答えた。

すると、嫁も割り切って拓人とのことを意地悪く俺に聞かせて、俺を嫉妬させることを積極的にするようになってきていた。

嫁もSな才能が開花し始めてきていて、すでにペニスを挿入したのに
「しょうくん・・・早く入れて   指じゃなくて、おちんちん入れて!」とか、挿入しようとするときに
「私のアソコ、拓人君の形になっちゃってるけど、怒らないでね」などと言って、俺を嫉妬させるようになってきていた。
いびつな形ではあるが、セックスも最後まで出来るようになってきて、不安なことが少なくなると変態な心が騒ぎ出してきた。

「そろそろ拓人とデートに行ったら?」と、食事中に切り出した。
「良いの?嬉しいな! そろそろ体が我慢できないって叫び始めてたんだよね!」と、恐ろしく切れ味鋭いSなコメントをした。

それで、嫁はすぐその場でメールをして、2日後にデートになった。

あっという間にデートの当日になった。その日は俺は仕事で二人は休みだったので、朝仕事に出かけるときに、嫁は可愛らしいメイクをして、髪も巻いて、短いスカートをはいて気合いが入りまくっていた・・・

行ってきますと言って、キスをしようとすると、
「ダメ!今日はもう売約済みだから」と、いたずらっ子のような顔で言われた。

そして仕事に出かけ9時くらいに家に帰ると、当然まだ帰ってきていなくて、食事したり風呂に入って待っていた。

寝ようかな?と思っていると、2時くらいにやっと帰ってきた。

「しょうくん!ただいま! 起きて待ってたんだね。 可愛いなぁ」と言いながら抱きついてきた。
そのまま激しくキスをしながら、抱き締めようとすると、
「もう、しすぎて疲れちゃったから、今日は寝るね」と、笑顔で言われた。

そのまま本当にシャワーを浴びて、寝室に行ってしまったので、ベッドに潜り込んで襲い掛かったら、すでに寝息を立てて寝てしまっていた。

そのまま、悶々として寝られずにいると、嫁がいきなり俺のペニスを掴んで
「本当に寝たと思ったぁ?」と、笑顔で言いながらキスをしてきた。

そのままセックスに流れ込んで
「今日は拓人と何したの?」と聞くと、
「今日は朝からラブホテル行ったよ!サービスタイムで12時間もいたんだよ!」という。
嫁の硬くなった乳首を舐めながら、
「ずっとしてたの?何回したの?」と聞くと、
「ずっとだよ。本当に数えられないくらいしたよ・・・拓人君のがずっと入ってたから、緩くなってると思うけど、ゴメンね・・・  んっ! はぁぁ・・  はっ! はっ!」言いながら自分でも興奮しているようだ。

「いっぱいイったの?」
「イき過ぎちゃったから、今日はもうイけないと思う・・・  しょうくんだけ気持ち良くなってね」笑顔で凄いことを言う嫁。

もうたまらなくなり、すぐにゴムをつけて挿入すると、
「あっ!  ん・・ はぁ・・  あっ!」と、凄く控えめな喘ぎ声を出す嫁。それに逆に嫉妬で興奮して、あっという間に射精感が高まる。
「佳恵!ダメだ!もう・・」と言うと
「えっ!?  もう・・・  良いよ、イって」と、冷めた声で言う嫁。
「イく!」と言ってイクと
「あっ! ん・・・  イったの?  お疲れ様・・・」と、冷静に言われた。

もの凄い敗北感と焦燥感が襲ってきて、落ち込んでいると、俺のペニスをパクッとくわえながら
「もっとしよ!」と、笑顔で言ってくる嫁。すぐに硬くなってゴムをつけて入れると、

「あぁぁぁっ!  凄い・・・  硬いよ・・  しょうくん  やっぱりしょうくんのが一番良いよぉ!」と、さっきとはまるで違うリアクションを取る嫁。
「佳恵、気持ち良いの?    さっきはなんで?」戸惑いながら聞くと、
「我慢してた!   だって、そう言うのがたまらないでしょ?  変態さん!」と言いながらキスをしてきた。

「佳恵!愛してる!」そう言いながら一生懸命に動くと
「しょうくん! 愛してるよ!  離さないでね! あっ!  あぁぁっ!  ハァ! 凄いよ・・・  ダメ、ダメだもん!  佳恵イッちゃうもん!  いい? しょくん!だめぇ!  イく!」と言いながら、派手に痙攣して潮を吹いた。それに泣きそうなくらい感動して、あっと言う間に俺もイった。

「ゴメンね・・・ ビチャビチャにしちゃった・・・」嫁が泣きそうな顔で言う。
「凄いね・・・  こんなの初めてだね・・・  拓人に仕込まれたの?」

「・・・・うん・・・  ごめんなさい・・・  でも、しょうくんとする方が気持ち良いよ!だって、気持ちが違うから・・・」泣きそうな顔で言う嫁。


その後は、シーツを換えたりしながら、大丈夫だよとか、愛してるとか言いながら、仲良く寝た。


次の朝は、逆に俺が休みで嫁が美容室だったから、ゆっくりしていると、拓人がふらっと来た。昼休みに少し抜けてきてくれたそうだ。
「ほら! 撮ったぜ!  でも、どうするつもり?佳恵ちゃんとは・・・ 俺も、落とすつもりで色々と言ってることが、自分でも本気かどうかわからなくなってきてるぜ?」
「大丈夫!俺と佳恵はラブラブだから!おまえが入る隙間はないよ!」と、強がって言う。
「そっか!なら、安心してもっと攻めるぜ!」
「落とせるものなら落として見ろよ」少しおどけて言うと、拓人も笑っていた。

ただ、その余裕もSDカードを確認する頃には全て消え失せていた・・・


映った映像は、またこの前のSMの台があるホテルで、嫁がピンクのガターベルトにストッキング、カップの無いピンクのヒモだけのようなブラという姿で、分娩台のような台にベルトで手首と足首を固定されていた。

「拓人ぉ・・・ 普通にしよ? 」と少し不安げな嫁。
「うるさいよ。今日は佳恵の初めてもう一つもらっちゃうから。」と言いながら、ボールタイプの口枷をする拓人。

そのまま電マ使ったり、舌で舐めたり、嫁をイきまくらせて、潮を拭かせまくると、口枷を外す。
「もうだめだよぉ・・・拓人ぉ・・・  入れて!拓人のおちんちん入れてぇ!」と、今まで聞いたことのないセリフを自分から言う嫁・・・
「だぁーめ!」と言いながら、嫁のアソコに顔を近づけて舐め出す拓人。

「んっ!  ダメ!そこは違うよ! 汚いよぉ・・  いやだぁ・・」と言いながら身をよじらそうとする嫁。アナルを舐められているようだ。
「佳恵の体に汚いところは無いって言ってるだろ?」と言いながら、ローションを手に取るとそれを嫁のアナル周りに塗り、人差し指でほぐしだした。

「ダメだよぉ・・・ 怖いよ・・・」と言いながら、すでに身をよじって逃げるそぶりは消えている。
「リラックスして」と言いながら、指を入れ始めたようだ。
「あぁぁっ! いやぁ・・ 入ってくるよぉ・・・」
「ほら? もう指奥まで入ったよ。」拓人が言う。
「だめぇ・・・汚いよぉ・・・ 抜いてぇ・・・」

「だいぶほぐれてきたよ・・・  もう一本」言いながら、指を2本にしたようだ。
「あっ!  だめぇ!  入っちゃうよぉ 」少し必死な声になってきた。
「痛い?  でも、もう2本くわえ込んでるぜ」と、クールに言う拓人。そのまま、指を出し入れする。

「だめぇ! なんか、出ちゃいそうな感じがする! やめてぇ!  指も汚れちゃうよぉ!」結構、本気で嫌がってるように見える。
「ん?  どれどれ?」と言いながら、指を抜いて自分の目の高さまで大げさに上げた。
「だめぇ! いやぁぁぁぁっ!  見ちゃだめぇ!  ダメだもん!  本当にいやぁ!」ほとんど絶叫状態の嫁。

「大丈夫だよ。なにも付いてないから。  でも、奥でなんか指に当たったけどね」と、意地悪く言う拓人。
「本当にもうイヤだよ  嫌いになるよ  拓人、もう普通にしよ!  入れて!拓人のおちんちん入れてぇ!」嫁の声を無視しながら、カバンからシリンダー型の浣腸器を取り出す拓人・・・ さすがに引きながら見ていると、嫁の声を無視しながら、嫁の死角で準備をする拓人。そして、嫁のアナルにあてがうと、
「ちょっと、拓人何してるの?  怖いよぉ  見えるところでしてよぉ・・」不安げな嫁。そして拓人が挿入すると、
「いやぁ! なに入れたの?  だめぇぇ!そんなの入れちゃダメだよ!  あぐぅ・・・  なんか入ってくるよぉ・・・  冷たいよぉ・・・  イヤだ!  イヤだ!  絶対イヤだから!  早く外してぇ!」必死だ・・・

「全部出して綺麗にしないと、入れられないだろ?我慢しな」凄く冷たく言う拓人。
「もう一本入れるぞ」と言いながら、手早く準備してまた入れ始める

「だめぇぇぇ・・ 苦しいよぉ・・・ 抜いてぇ・・・  外してぇ!」無視して淡々と作業を続ける拓人。

すると、5分もしないうちに
「拓人・・・ ダメ・・・ 痛いよぉ・・  おなか痛い・・・  外して・・・ 本当に外して!」苦悶の顔で言う嫁。当然、外してトイレに行かせると思ってみているが、拓人は外さない。結果は変わらないとわかっているのに、もの凄くドキドキして、早く外せ!と、つい声に出してしまう・・・

ついには泣き出しながら
「お願いします・・・ 外して下さい!  本当に、出ちゃうから! 出ちゃう!  イヤだぁ!  いやぁぁ!お願い、拓人ぉ!」と叫んだと思うと、音を立てながら出してしまう・・・
「だめぇぇ! 見ないでぇ! 見ないでぇぇぇ!」泣き叫ぶ嫁・・・
さすがに気持ち悪くてこれ以上書けないので、かいつまんで書くと、全てを出し切って本気で号泣している嫁の前で、素手で掴んで処分しながら、
「俺は佳恵と一緒になって、老後は介護でも何でもするつもりだよ。だから、汚いとか思うわけないし、こんな恥ずかしいところまで見て、もう何も隠し事はない、全てを知って、しょうとよりも深く繋がったんだよ」と言いながら、キスをする拓人・・・ その光景を気持ち悪いとか、汚いと思って見ていた俺は、色々な意味で負けた・・・男として拓人にはかなわないと思い知った・・・


号泣していた嫁も、拓人のその態度と言葉に感動したようで、拓人とキスをしながら
「本当に嫌いになってなぁい?  引いてなぁい?」と、心配そうに聞く・・・ さっきは嫁が拓人を嫌いになると言っていたはずなのに、もう逆のことを言っている・・・

ベルトを外しながら、
「佳恵のことを嫌いになれる方法があったら、逆に教えて欲しいよ・・・  おいで」と言いながら、ベッドに誘い込む・・・

同時に、カメラの場所も変えて、ベッドの上が良く写る位置に変わる。
それにしても、ビデオで撮られていることに嫁はもうまったく抵抗がないようで、普通に受け入れているのが切なかった。

そしてベッドで寝た嫁のアナルあたりに、ローションを塗りながら指でほぐすと
「んっ!  ハァ・・」と、吐息が漏れる。
「少しは気持ち良くなってきた?」優しく聞く拓人。
「・・・・わかんない・・・  でも、声が出ちゃうよ・・・」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

[ 2012/05/28 01:09 ] オリジナル 元風俗嬢の嫁と寝取られ生活 | TB(-) | CM(-)

ED治すために嫁を寝取らせたらハマった

634 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 09:02:59.28 ID:u5rGrX/i0 [2/3]
>>632
そう、かも。

1.ここ数年レス(俺のEDのせい)
2.文句一切言わない嫁にいたたまれず…
3.他の男との関係を俺から打診、嫁怒る
4.暫く話題に触れなかったものの、先々月嫁からポロっと言われる。
5.恐る恐る再打診、嫁受託
6.相手探す
7.年末嫁とその相手、会う事になった。

今、ここです。

638 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 09:27:14.79 ID:u5rGrX/i0 [3/3]
>>636
このままだと夫婦間ギクシャクしてきてその内離婚、なんて事にしない為に思いついた事。離婚なんてあり得ないよ。
ただ、このスレ以前から見てる位なんで、興味はあったし少し麻痺してるかもしれない、とは思う。

>>637
複数なんてとんでもない。


取り敢えずここで良いのかい?
でもさっき書いたような状況なんで、進展したら、ってことで。
18歳以上 FC2 Blog Ranking

[ 2012/05/27 13:23 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

女子大生の彼女を後輩に抱かせてみて

507 名前:383 ◆wd1LlKF2EI [sage] 投稿日:2012/02/19(日) 20:31:45.45 ID:mu+Qvkkb0 [1/23]
予告通り投下してみる

エロシーンとか書き方わかんないから俺君とかパクったけどw

まず概要としては彼女を可愛がってる後輩に抱かせたったw俺と彼女は大学三回生で後輩は一回生。彼女だけ別の大学。

俺と彼女は高ニからの付き合いで、後輩は同じサークル。

彼女はミキって名前で身長高くてスラっとしてる。顔もまあ美人な方だと思う。ハーフっぽい。あと姉御肌というか、女の後輩にやたらモテる。結構えらそうなんだけど実はドM。

後輩はユウって名前で、もろにジャニ系って感じの風貌。身長も低い。めちゃくちゃ礼儀正しいすごい良い奴。

ある日、ユウと二人で飲んでて、俺が潰れちゃって、たまたまミキのアパートが近くだったからそのまま泊まるつもりで部屋に上がりこんだ。
18歳以上 FC2 Blog Ranking

[ 2012/05/27 12:52 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女と彼女の幼なじみと3Pして

483 名前:カズ ◆gYn3Be4RVQ [sage] 投稿日:2012/05/24(木) 18:58:41.11 ID:4K4UHdqm0 [1/21]
少し前に投下したことあるんだけど憶えてる人いる?
ミキって彼女にユウって後輩を抱かしてたもんだけど。
363って名前で、俺はカズって仮名で投稿してた。

トリップも着けてたんだけど忘れちゃったよ。
新しく付け直すけど別に良いよね?

485 名前:カズ ◆gYn3Be4RVQ [sage] 投稿日:2012/05/24(木) 19:06:32.10 ID:4K4UHdqm0 [2/21]
あれから抱かせるプレイにドップリ嵌ってる。
つってもユウとは一回無しになった。
ある日ユウと二人で遊んで時、「すんません。俺ミキさんのこと好きになっちゃいました。」
って謝られた。

俺はまぁしゃあないかって感じで、別に全然怒らなかった。
ユウはユウで、本当好きだし気に入ってる後輩だから
彼女がそいつに好かれたってのが嬉しいって思ったくらい。
18歳以上 FC2 Blog Ranking

[ 2012/05/27 12:38 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁を高校時代の同級生に寝取らせて

684 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 01:15:09.79 ID:qgquSCoq0 [1/40]
他スレから誘導されて来ました。
初投稿です。失礼します。
来月で結婚2周年の共に27歳の夫婦です。GWに嫁を初めて抱かせました。

685 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 01:15:55.34 ID:qgquSCoq0 [2/40]
気にはなっていたけど過去のことを聞いてもしょうがないと結婚するまであえて聞かなかった嫁の過去の男性経験。
結婚後しばらくして、2人して結構酔ったときについ聞いてしまいました。
まぁ内容としてはそんなに驚くような経験は無く、初体験17歳、経験人数7人。
しかし俺と付き合い始めたのが22歳だったので約5年で7人てちょっと多いなと思いました。
でも1回限りは無く、全て付き合った彼氏とのことだったので少し安心。
嫁の方も過去を聞かれないことを軽く気にしてたみたいだけどこれまでは聞いても仕方ないことと思っていたと伝えると納得してくれたみたい。
18歳以上 FC2 Blog Ranking

[ 2012/05/27 12:25 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

オリジナル 元風俗嬢の嫁と寝取られ生活part26

色々と葛藤はあったが、あっという間に旅行前日になった。
明日からの旅行が楽しみだと嫁と話をして、楽しく食事をして少し飲んで寝た。

朝になって車で拓人を拾った後、高速に乗る前にアラームを着信音で鳴らして、電話がかかってきたことにして車を停めて車外で電話をした。
予定通り仕事と言うことで、終わり次第合流するから先に行ってくれと言う話をした。

「仕事頑張ってね!でも、早く来ないと拓人君に襲われちゃうよ!」と、おどけて言う嫁。
「しょう、来なくても大丈夫だからな!俺が楽しませるから!」と、拓人も悪のりして言う。

もちろん、拓人にはこのまま俺はもう合流しないことは話してある。余裕があればメールしてくれとも頼んであった。

セックス依存症になった妻が課長に調教された

私は海外事業部で係長をしている40歳の男です。
妻、京子36歳。子供は小学校5年と3年の娘がいます。
妻とは社内恋愛で、1年間交際し12年前に結婚しました。
専業主婦をしている妻の、様子がおかしいと思ったのは昨年の3月でした。
出張先の中国から帰り風呂に入っていると、上の娘が小学校に入ってから1度も一緒に入った事の無い妻が入ってきました。
「おい。どうした。」
「子供達も寝たし、いいでしょ?」
隅々まで洗ってくれ、風呂からあがってベッドに入ると初めて妻から求めてきました。
翌日からも、何かに付け甲斐甲斐しく世話を焼いてくれて、とにかく優し過ぎるのです。
「何か最近すごく優しいな。」
「そう?私は前から優しかったでしょ?」
妻の言うとおり、優しく控えめなところに惚れて結婚したのですが、何かが違うのです。
優しい妻が嬉しいのも有りましたが、何か嫌な予感がしました。
私の仕事は中国担当で、3日から10日の出張が月に2回は有ります。
次の出張から帰ると、やはり風呂に入って来て洗ってくれた後、急に私の物を口に含みました。
こんな事を自分からする妻では無かったので戸惑っていと。
「あなた。気持ちよくない?」
「そんな事は無いが・・・・・・・・。」
「今日はいっぱいサービスしちゃう。」
ベッドでも妻主導で、始めて見るこんな妻に興奮しましたが、やはり何か不安
になり、次の休日、妻が買い物でいない時、娘に尋ねました。
18歳以上 FC2 Blog Ranking

[ 2012/05/24 23:32 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

首と引き替えに嫁を部長に抱かせて

私は40歳で、従業員500人程の企業で、課長をしてます。
しかし、部下の不祥事を何度も隠ぺいしていた。金額にすれば800万は下らない。
昨年9月、とうとう部長に発覚してしまった。
当然、クビを宣告された。しかし、子供はやっと小学生、家もまだ築4年。
部長に クビだけは勘弁してもらえないかと、必死に頼んだ。
部長は厳しい条件を私に突き付けた。
 
 
「お前の女房を好きにさせてくれれば、今の地位も確保しよう。
 ダメなら上に報告するまでだ。そうなれば、クビだけじゃ済まないぞ」
それから数日間は殆ど眠れず、悩みに悩んだ。
目の前では、妻(32歳)と子供(6歳)が風呂から上がり、楽しそうに話してる。
妻の裸を見て思った。相変わらずスリムだけど、出る所は出てる均整の取れた身体。
毎週、エアロビクスで鍛えているので、体脂肪は13パーセント。
腹も尻も締まりに締まり、私も羨ましく思ってます。
「こんなに綺麗な身体、あんな部長の好きにされるなんてとても出来やしない。
 この家庭が壊れるのが恐い。どうしたら良いのか?」
18歳以上 FC2 Blog Ranking 

[ 2012/05/14 00:27 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

経験人数の少ない嫁を他人に抱かせて

狂おしい表情で、ピクピクと身体を跳ねる妻の姿態は今、思い出しても興奮の極致です。
32歳になった妻、由美と結婚したのは、今から11年前…今で言う合コンで知り合い、私の一目惚れから強引とも思える電話攻勢をかけて結婚までこぎつけたのです。
166cm・51キロ・バスト87cm・ウエスト61cm・ヒップ88cmすべて由美の自己申告ですが、色白の妻です。
処女ではありませんでしたが、まだまだ未開発だった妻を、時間をかけて育てる楽しさに、私は没頭し溺愛しました。
 
 
5年もたった頃、処女でなかった事を聞くと、二日間も口をきいてもらえず、野暮な事を聞いてしまったと反省したのですが……
『何でそんなこと聞くの…処女でなきゃ嫌だったの?私…汚い?』
「そんなことないよ…ごめん…そんなつもりで聞いた訳じゃないよ…ごめんな…お前のことが好きで…お前の初めての男になりたかったから…そう思っただけだよ…」
『……そんなこと……仕方ないじゃない…あなたと会ってなかったんだから…』
「…そうだよなぁ…」
由美を刺激しない様に…早くこの話しを打ち切りにして、いつもの妻に戻って貰おうと必死でした。
『一人よ…』
18歳以上 FC2 Blog Ranking

[ 2012/05/09 00:15 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻を色々な男性とセックスさせてみて

妻をいろいろな男に貸し出しています。
貸し出す条件として、ビデオ撮影をお願いしているんだけど、生で見るよりビデオの方が興奮するのはなぜだろう?

あと、貸し出すといろいろな男性の趣味趣向が調教されて、驚くような淫乱女に変身していく。
もし、一人の男性しか知らなかったらこんなテクニックは身につけないだろうと思うようなことを覚えてくる。

<報告1>
テレクラに電話をさせ知り合わせた50歳過ぎの中年男性K氏の場合

K氏と出会った頃は妻もまだ経験が少なく、特にテレクラへの電話も初めてだったので、
かなり緊張をしていたが、このK氏との出会いの良さがこの後の快楽の道へと続いたと
いってもいいと思う。
18歳以上 FC2 Blog Ranking