月別アーカイブ  [ 2015年07月 ] 

≪ 前月 |  2015年07月  | 翌月 ≫

黒髪清楚なまりちゃんと満員電車で超密着した

朝の地獄のような通勤ラッシュに揉まれながら、いつも会社に行く俺。社畜と言う言葉を強く意識する瞬間だけど、たまに良い事もある。本当に、身動き一つ出来ないようなラッシュの中、たまに制服の女の子と密着できたりする。
柔らかい感触と、良い匂いを満喫しながら、痴漢に間違われたらヤバいなと思い、両手を上に上げる俺。今日も、なかなか強烈な状態になっていた。

俺の股間は、ちょうど目の前の制服の女の子のお尻に密着している。俺の背が低いのか、彼女の背が高いのかは置いておいて、ちょうどはまっている感じだ。

まだまだ寒いのに、コートも着ずに生足の彼女。申し訳ないと思いながらも、さっきから俺はフル勃起状態だった。そして、今時珍しく真っ黒の髪に、ほのかに香るシャンプーか何かの良い匂い。良い朝だなと思っていた。

続きを読む

[ 2015/07/31 14:02 ] 萌えた体験談 | TB(0) | CM(-)

近くに出来たコンビ人店長は美人人妻だった

これは僕が高3の時の話。

僕は実家を離れて1人隣県の高校に通ってました。
高校からアパートまでは結構遠くて自転車で30分くらいの距離。
3年の春頃、その通学路の途中にコンビニ(青と白のストライプの制服)が一軒できた。

【続きを読む】
[ 2015/07/29 21:47 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ご近所夫婦と仲良くなり、夫婦交換日を設けて妻達が行き来するようになった

3年前に私達夫婦は結婚し、2年前に新居を購入した。
妻との間にまだ子供も無く、それでも楽しく新婚生活を送っていた。
新居完成が近づき、家を見に行くと直ぐ近くにも家が建てられていて、同じ時期に完成する予定らしい。
どんな人たちなのか?いい人だったらいいね!と妻と話していたのだ。

【続きを読む】
[ 2015/07/26 11:45 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

同僚夫婦の家に遊びに行き、疑似授乳体験をしておっぱいを見られた妻

夫35歳(銀行員)、私29歳(元受付窓口)の夫婦の香織です。

イヤラシイ体験をしたので書きます。

夫の同僚の清水さんの家に、夫と二人で訪問しました。

奥さんのゆかりさんは、私の同期で数ヶ月前に、子供を出産し出産祝いを兼ねての訪問でした。

【続きを読む】
[ 2015/07/26 11:33 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女はOK娘、オー娘だった

大学生の時、付き合ってた彼女との話。

その頃ってお互い初めてSEXしたのもあって、色々やってみようって青姦に嵌ってた。
映画館でずーっとクリ弄ったり、トイレとかマンションの屋上とか色んな所。
もうお猿さん状態(笑)

【続きを読む】
[ 2015/07/26 11:28 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ウブな人妻が知った肉の喜び7

前回の話

『ご無沙汰してます。今日はゆっくりしていって下さいね』
麻由香は、久しぶりに自宅に遊びに来た幸雄に、他人行儀な挨拶をしていた。この前麻由香が幸雄と会った時は、酔いのせいもあってか、あんな事になってしまった。それもあって、麻由香は必要以上に幸雄のことを意識してしまい、そんな態度を取ってしまっているのだと思う。

その上今日は、麻由香は夫の浩介の強い希望で幸雄に抱かれようとしている。意識するなと言う方が無理なのかもしれない。もちろん、夫の指示で麻由香が幸雄と関係を持とうとしていることを、幸雄は知らない。

幸雄はあの日以来、麻由香に会うのは初めてだった。あの時、確かに麻由香は寝室に誘ってくれた。浩介さえ起きなければ、最後まで行けたはずだ。今日はもしかしたら……。幸雄はそんな期待をしていた。


(本当に良いのかしら? 実際に私が他の人としてるところを見たら、浩介さん私のこと嫌いになるんじゃないかしら? 聞くのと見るのとでは、全然違うんじゃないかしら?)
麻由香はいざ幸雄を目の前にすると、そんな心配を始めてしまった。

「なに固まってるんだよ。早く上がれって!」
浩介は、麻由香と幸雄の間に漂う微妙な空気を感じながらも、もう進むしかないと覚悟していた。浩介は、麻由香から宅配便の男の子との浮気セックスの話を聞かされた時、信じられないくらいに興奮した。
それがきっかけで、麻由香を幸雄に抱かせる事に決めた。でも、話で聞くのと、実際に見るのとでは、違うのではないか? 実際に見てしまったら、やはり興奮よりも怒りや絶望感の方が強いのではないか? そんなことを考えていた。
偶然にも、夫婦で同じようなことを考えていた二人。やっぱり、夫婦は似てくるものなのかもしれない。


そして、いつものように3人での楽しい食事が始まった。
「麻由ちゃん、なんか綺麗になったよね? 恋でもしてるんじゃない?」
幸雄が冗談めかしてそんな事を言う。でも、幸雄は実際に麻由香が綺麗になったと感じていた。女性はセックスで綺麗になると、雑誌やテレビなどで言われるときがある。しかし、麻由香を見ると、それもあながちウソではないと思える。たった一度の不倫セックスで、麻由香は引っ込み思案で少しおどおどしていた態度が消えた。はるか年下の宅配便の早見を夢中にさせたことで、内側から女としての自信があふれ出しているようだった。

『してますよ〜。ずっと浩介さんに恋してます♡』
麻由香は、幸雄にそんな事を言われても、こんな風に切り返していた。
「ホントに? 実は誰かに恋してるんじゃないの? 宅配便の子とか」
浩介は、ニヤけた顔で笑いながら言う。

『そ、そんな事ないですよ!』
いきなり早見のことを出されて、動揺する麻由香。
「あれ? 何かあったの? 麻由ちゃんもやるなぁ」
幸雄は、事情もよくわからず話に乗った。でも、もしかしたら先を越されてしまったのかな? と、何となく察してもいた。

『そんな事よりも、もっと飲みましょ?』
麻由香は少し頬を赤くしながら、幸雄の持ってきてくれたワインを浩介と幸雄に注ぐ。浩介のグラスにはなみなみと、幸雄のグラスには半分程度しか注がない麻由香。浩介は寝たふりをするので、実際に酔わせる必要なんてないのだが、それでも無意識にそんな行動を取ってしまう麻由香。
麻由香は、昨日の夜から発情したようになっていた。幸雄とのセックスを想像して、身体が熱くなるのを止められない麻由香は、今も楽しい食事の時間を過ごしながら、セックスのことしか考えられないほど発情していた。

(いやだわ……。私、浩介さんを酔いつぶそうとしてる……)
自分の無意識の行動に気がつき、頬を赤くする麻由香。
(私、幸雄さんに早く抱いてもらいたいって思ってる……。そんなのダメなのに……。で、でも、浩介さんが望むことなんだから……。そう、仕方ないの!)
自分の心の中で、必死に言い訳をする。

「麻由ちゃん、浩介寝ちゃったよ」
麻由香は、幸雄の声に我に返った。心の中で必死に言い訳をしているうちに、浩介がテーブルに突っ伏して寝始めたことに気がつかなかった。もちろん、浩介は寝たふりをしているはずだ。でも、麻由香は心が弾んでいた。
(私、おかしくなっちゃったのかな? 早見君とエッチして、ストッパーが壊れちゃったのかな? ダメ……。もう我慢出来ない……)
麻由香は心の中でそんな事を思いながらも、スッと立ち上がった。そして、エプロンを外した。すると、ブラウスにはクッキリと二つの蕾みが浮き出ていた。それは、麻由香の発情具合をあらわすように、鮮明に浮き出ていた。

幸雄はそれを見て、麻由香の気持ちを悟った。そして麻由香も、幸雄の横に移動して椅子に座った。
『本当に、綺麗になったって思ってますか?』
麻由香は胸に幸雄の視線を感じながら、興奮で震える声で聞いた。
「本当に綺麗になったと思うよ。さっきの話、本当なの? 宅配便の子と何かあったの?」
幸雄は、ドキドキしながらそんな事を聞く。

『女って、エッチをすると綺麗になるんですって……。それも、夫以外の男の人とすると……』
麻由香は何があったのか直接説明するのではなく、挑発的にそんな事を言う。
「そうなんだ……。じゃあ、もっと綺麗になる?」
幸雄は、生唾を飲み込みながら言う。

『ふふ。浩介さんがいるのに、出来るの?』
麻由香は、唇を舌で舐めながら妖艶な雰囲気で言う。つい最近まで、夫に抱いてもらえなくて自信を喪失していたとは信じられないほど、麻由香は妖しい雰囲気を醸し出していた。

幸雄は、覚悟を決めた。麻由香の質問に答えることなく、ファスナーを降ろし淫棒を取り出した。
麻由香は、剥き出しになった淫棒を見て、よだれが出るような何とも言えない物欲しい気持ちになった。早見のモノと比べると少し細い感じがするが、それは単に長いからかもしれないと気が付いた。
(やっぱり、凄い……。早見くんのより、長くて大きい……。こんなの、入るのかしら? あぁ……。でも、欲しい……)
完全にスイッチが入ってしまった麻由香は、それを凝視しながら我知らず、自らのブラウスの上から堅くしこった蕾を指で撫でていた。

幸雄は、自分の淫棒を熱いまなざしで見つめながら、自ら乳首を触り、オナニーじみたことを始めた麻由香を見て、息が苦しいほどに興奮していた。

すぐ目の前には、浩介も寝ている。そんなシチュエーションで、いきり立った淫棒を取りだし、麻由香に対して誇示している……。そう思うだけで、何度も淫棒がビクンビクンと跳ねてしまうほど興奮していた。
麻由香は、気がつくと浩介の淫棒を握っていた。握ろうとか、具体的に考える前に無意識に握っていた。
『堅い……。それに、本当に太い……』
麻由香は、指が回りきらないその淫棒を見て思わずささやいていた。

その声は、寝たふりしている浩介の耳にもしっかりと届いていた。浩介は、二人がソファに移動するまでは、目を閉じているしかないと考えていた。目を閉じ、耳だけど聞いていると、想像がどんどん膨らみ、浩介の興奮は爆発しそうなほどだった。実際、浩介は麻由香の”本当に太い”という言葉を聞いたとき、自分が射精してしまうのではないかと思うほど興奮し、快感を覚えていた。

「今日は、口でしてくれるよね?」
幸雄は、期待のこもった声で聞いた。すると、麻由香は椅子に座る幸雄の前にひざまずき、見上げるように幸雄の顔を見た。そして、黙ってうなずくと、幸雄の血管が破れそうなほど浮き出ている破裂寸前の淫棒に顔を近づけていった。

それは、すでに先走りでヌラヌラと光っていた。麻由香は、その先走りを舐め取るように舌を這わせた。舌が亀頭に触れると、その何とも言えない柔らかさと、柔らかさの下にある鉄のような堅さを感じ、子宮の奥の方がキュンとうずいた。
(ダメ……。舐めただけなのに、イッちゃいそうだった……。浩介さんが聞いてるのに……。でも、あぁ、この堅さ……。欲しい……。欲しい!)
麻由香は、淫らな思いにとらわれたまま大きく口を開けた。早見の物をくわえ込んだときよりも、さらに大きく口を開ける麻由香。そして、そのまま濡れて光る淫棒を口の中に押し込んでいった。

麻由香は、くわえてみてすぐに気がついた。やはり、早見のモノよりも細く見えるだけで、実際には幸雄の方がわずかに太いということに。麻由香は、夫のすぐ目の前で他の男性の淫棒を口にしているということに、どうしようもなく興奮してしまっていた。
(やっぱり太い……。それに、この味……匂いも凄い……。こんなの、おかしくなっちゃう)
麻由香は、夢中で舌を動かし始めた。麻由香は、早見との昼間の情事で口での愛撫は経験済みとはいえ、やはり動きはぎこちなく、まだ経験2本目と言うことが伝わってくる。

だが、幸雄にとっては夢のような時間だった。幸雄は、麻由香のことをずっと綺麗な女性だなと思っていた。親友の妻でなければ、何とかしてものにしたいと思うくらいに彼女のことを気に入っていた。

それが、親友の浩介が眠るすぐ目の前で、こんな風に口でくわえてくれている。歯が当たり、フェラチオ自体もぎこちないが、それでも幸雄は早々に射精してしまいそうな感覚に陥っていた。

麻由香は口の中いっぱいに広がる肉の感触に、膣の奥から何かが流れ出てくるような感覚を感じていた。そして、こらえきれずに自らの淫泉を指でまさぐり始めた。スカートから差し込まれた手は、すぐに麻由香の淫泉に触れた。ブラジャーをしていないのと同じように、ショーツも身につけていない麻由香。それは、浩介の指示だった。

浩介もまた、麻由香が幸雄のモノを口でする水音を聞きながら、痛いほど勃起をしていた。こんなにもいきり立ったのは、高校生の頃以来……。そんな事を思っていた。

自分の妻が、他の男のモノをフェラチオする……。普通は怒りや絶望、そんな感情を持つものだと思う。しかし浩介は、激しい嫉妬と敗北感を感じていた。そして、その感情が浩介に信じられないほどの快感を与えていた。

(凄い……。まだ大きくなる……。あぁ、もう入れて欲しい……。でも、こんな大きいのでされたら、きっと私戻れなくなる……)
麻由香は、そんな不安を感じていた。早見としてしまったとき、その大きな淫棒がもたらす快感に、麻由香は我を忘れた。そして、許されないことだと思いながらも、夫と比べてしまっていた。

夫とのセックスに、不満があるわけではない。でも、早見と経験し、比較するものが出来てしまった今、夫とのセックスだけで満たされるのだろうか? きっと無理なはずだ……。麻由香は、そんな自問自答を繰り返していた。

「麻由ちゃん、もう出ちゃうよ。口に出しちゃってもいいの?」
幸雄は、優しい口調で聞く。すると、麻由香は慌てて口から幸雄の淫棒を吐き出し、
『ダ、ダメ……。もう、欲しい……です……』
と、耳まで真っ赤にしながら幸雄に告げた。

浩介は、麻由香の口からその言葉が出たのを聞き、射精寸前だった。妻が、他の男のモノを求めてねだる……。最悪な状況のはずが、最高の快感をもたらす不思議に、浩介はめまいがしそうだった。

「じゃあ、自分でまたがってごらん」
幸雄は、意地悪な口調でそう言った。幸雄としては、万が一浩介に見つかってしまったときのことを考え、麻由香が自ら挿入したという形を取りたかったのかもしれない。

『自分で? どうすれば良いですか?』
麻由香は受け身のセックスしかしたことがないので、自分から上になるという事がイメージ出来ていなかった。まして、椅子に座る幸雄に対して、どうして良いのかまったくわかっていなかった。

「上になったりしたことないの?」
幸雄は、驚いた口調で聞く。30代半ばの人妻が、騎乗位をしたことがないなんてあるのだろうか? いくら何でも、ウブすぎやしないか? そんな疑問が浮かぶ。でも、麻由香ならあり得るなと、思い直す幸雄がいた。

それにしても、本当にイヤらしい格好をしていると思う。一見清純な白のブラウスは、生地が薄めなこともあってか、麻由香の二つの蕾がクッキリと浮き出ている。そして、よく目をこらすと、その乳輪の姿もうっすらと確認することが出来る。
ミニスカートと言ってもいい丈のスカートからは、健康的で適度な肉感がある太ももが、伸びやかに突き出ている。本当に、美しい足駄と思う。ただ細いだけではなく、肉感的で生々しい太ももは、それを見た男性に性的な興奮を呼ぶだろう。

『そんなはしたないこと、したことないです!』
麻由香は、頬を赤くしながら強い口調で言う。ウブな麻由香にとっては、女性が上になって腰を振るなど、はしたなく下品なものと考えているようだ。

「じゃあ、酔いつぶれた旦那の前で、旦那にもしたことがない事をするんだね」
幸雄は、わざと煽るような言い方をした。しかし、麻由香はその言葉に強く反応してしまった。
(浩介さんともしたことがないことを……幸雄さんと……。あなた、良いんですか? 私……。私、ダメになるかも……。本当に、止めないんですか?)
麻由香は、寝たふりをしている浩介に、心の中で問いかけてみた。しかし、浩介は返事をすることも、止めることもしない。それどころか、麻由香が自ら幸雄のそれを膣内に招き入れる姿を想像して興奮し、呼吸が荒くなってしまうのを必死で押し殺していた。

麻由香は、見つめる視線の先の浩介が身動き一つしないことを確認すると、幸雄に視線を戻して彼にまたがり始めた。片足を大きくあげて彼にまたがろうとすると、スカートがまくれ上がり、ショーツを履いていない麻由香の秘部が丸見えになってしまう。

幸雄は、チラッと見えた麻由香の秘部が、ビックリするくらいに濡れて光っているのを確認した。麻由香は幸雄にまたがる形になると、いきり立った淫棒に秘部を押し当てていく。彼の太すぎる淫棒が麻由香の陰唇に触れると、かすかにクチュッと水音がした。そして、麻由香はそのまま腰を降ろしていく。だが、幸雄の淫棒は最大限に勃起して反り返っているので、麻由香の秘部を滑るように逃げてしまう。

そして、幸雄の淫棒が滑りながら麻由香のクリトリスを刺激すると、
『ゥうっ! ン、ふぅ……』
と、麻由香は色っぽいうめき声をあげてしまう。昨日の夜から、ずっと想像していた幸雄とのセックス……。麻由香は、発情した牝のようになっていた。

麻由香は一旦腰を上に上げ、もう一度幸雄のペニスを迎え入れようとする。しかし、10代の若者のように反り返るほど勃起した幸雄のペニスは、同じように滑って逃げてしまう。麻由香は、幸雄の柔らかくて固い亀頭がクリトリスに触れる度に、ゾクゾクするような快感を感じていた。そして、麻由香は何とかしてそれを入れようと、腰を必死で押しつけていく。

(ダメ、上手く入らない……。あぁ、欲しい……。欲しい!)
麻由香は、焦れて叫び出したい気持ちだった。
「手を添えたら良いんじゃないの?」
幸雄は、麻由香の必死の努力を見て、薄い笑いを浮かべたままそう言う。麻由香は幸雄にそんなアドバイスをもらい、どうしてそんな事に気がつかなかったのかと恥ずかしくなった。そんな単純なことにも気がつかないくらいに、麻由香は必死だったということだ。

そして麻由香は、幸雄の反り返った淫棒を手で掴んだ。そして、そのまま自らの蜜があふれ出す淫泉にあてがった。そのまま腰を降ろそうとした瞬間、麻由香はふと浩介の方を見た。すると、浩介は大胆にも少し顔を上げてしっかりと目を見開いて麻由香を見つめていた。

確かに幸雄は椅子の向きを変え、浩介に背を向けるような格好にはなっている。それでも、幸雄が急に振り返ったら見つかってしまうような危うい状況だ。浩介はそんなリスクを冒しても、見たいという気持ちを抑えられなかったようだ。

そして、麻由香は浩介と目があった瞬間、心臓が止まるかと思うほど驚いた。でも、すぐに唇の片端をあげるように微笑むと、そのまま舌で上唇をグルッと舐めた。恐ろしく妖艶で、挑発的な行動だった。

浩介はそんな麻由香の仕草を見て、立ちくらみを感じるくらいに興奮していた。

そして、麻由香は浩介の視線を受け止めながら、ゆっくりと腰を降ろしていく。何も隔てるものがない、生の淫棒が麻由香の濡れすぎなほど濡れた淫泉をかき分けて押し入ってくる。麻由香は、生理の周期から考えてまず安全な日だとわかっているが、確証があるわけではない。それなのに、昨日は早見に膣奥に直接注ぎ込まれ、また今も幸雄のいきり立った雄そのものを受け入れようとしている。

妊娠してしまうかもしれない……。麻由香は、そんな意識も持ってはいた。しかし、それがわかっていながらも、自分を止められないほど麻由香は色に狂っていた。夫以外の男性に、膣奥深く注ぎ込まれる……。少し前の麻由香ならば、そんな事は想像しただけでも気分が悪くなったはずだ。

それが今、夫の泣きそうにも見える視線を受け止めながら、ゆっくりと腰を降ろしている。幸雄の亀頭が膣口を越えた瞬間、
『ううっふぅ……アァンッ♡』
と、麻由香の口から甘い声が漏れた。麻由香は、膣口を押し広げられる感覚に、腰が砕けそうになっていた。
(太い……あぁ、これ、本当に凄い……)
麻由香は夫の目を見つめながら、顔を信じられないほどにとろけさせていた。

浩介は、麻由香の視線から逃げることも出来ず、射すくめられたように麻由香の目を見つめ続ける。とうとう麻由香が、目の前で他の男と繋がろうとしている……。浩介はそれを止めるどころか、もっとよく見たいとさえ思っていた。

そして麻由香は、もう限界だった。今にも幸雄のカリ首がGスポットに到達しそうになり、麻由香はそれがもたらすであろう快感を想像し、腰が抜けたようになってしまった。

麻由香は、脱力したように腰を落とす。すると、幸雄のカリ首が、ゴリゴリッとGスポットを削りながら奥深くに突き刺さっていく。
『ぅぅうあぁっ!! うっくぅっ! あああぁぁぁっ!!』
麻由香は、一気に立ち上がった強い快感に、叫ぶようにオルガズムを感じていた。

トン……。そんな感じで、幸雄の淫棒が麻由香の膣奥に突き当たる。麻由香は、それだけでイッていた。夫とのセックスでは、どれだけ浩介が頑張ってもイクことは出来ないのに、あっさりと一突きでイッてしまった麻由香。
麻由香は、昨日の早見とのセックスでも、子宮口を刺激されると狂ったようにオルガズムを感じていた。出産を経験していない女性は、子宮口を刺激されると痛みを感じるという。しかし、経産婦の麻由香は、子宮口に最大の性感帯があるようだ。

麻由香は必死で幸雄にしがみつく。椅子の上で対面座位で繋がる麻由香。そして、浩介は震えながらそれを見ていた。浩介は麻由香がイったことに気が付いていた。そしてその様子を見て、麻由香は自分とのセックスではイッていなかったことに気がついた。
それくらい、麻由香の反応は激しいものがあった。

「あれ? 麻由ちゃんイッちゃったでしょ?」
幸雄は、笑いながら少しからかうように言う。
『ぅ、うん、イッちゃったぁ……。幸雄さんの、奥に当ってるよぉ』
麻由香は、震える声で言う。快感が大きすぎて、少し怯えているようにも見える。麻由香は幸雄と繋がった今も、浩介から目を離さずにいる。
(あなた、私、戻れなくなる……いいの?)
麻由香は、とろけた声で幸雄にはしたない言葉を吐きながらも、心の中では夫の浩介にそんな事を問いかけていた。でも、幸雄がいきなり腰を突き上げた瞬間、そんな思いは霧散した。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2015/07/25 23:07 ] ウブな人妻が知った肉の喜び | TB(-) | CM(-)

姉の旦那さんは、私の旦那とは違って素敵だから

お盆の長期休暇を利用して私の親と私の家族、姉夫婦で旅行に行くのが恒例。
大分県にある某有名なリゾートホテルでの出来事。
私より2年ほど早く結婚した姉夫婦。

【続きを読む】
[ 2015/07/25 12:39 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ダンナもいるのに元カレと再会して都合の良いオンナに戻った私

結婚して3年になる28才の専業主婦です。1ヶ月ほど前に街で偶然昔の彼氏と再会しました。彼とはOLになってから5年間の間つき合っていました(というより彼の方は都合の良い女程度にしか思っていなかったと思います。私も時々彼氏いたし)。
その時彼は営業中で携帯電話を教えてしまいました。そして一昨日、電話がありました。私も平日の昼は時間があるのでつい…

【続きを読む】
[ 2015/07/25 12:35 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

パシリのアイツが急に付き合いが悪くなったと思ったら俺の母親と出来てた

隣りの席に俺の同級生が居ます。
キャシャで気の弱い智史は中学の頃からパシりでした。
高校は別に成りましたが俺とは仲がよくて。バイクで良くつるんでました。
それが高3に成ると 急に付き合いが悪く成りました。

【続きを読む】
[ 2015/07/22 10:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女と、彼女の兄夫婦との不思議な関係

変わった経験をしたので書きたいと思います。

自分(康司)は24歳、付き合っていた彼女(優)は23歳、1年くらい普通の付き合いをしていました。(スレンダーで胸はCカップ、かわいいタイプでおしゃれなコでした)

【続きを読む】
[ 2015/07/22 00:12 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ギャンブラーの友人に金を貸すのは、その妻を抱くためw

私は45歳、私の悪友・安田も45歳である。
悪友の安田はギャブル狂で、競輪競馬に狂って自分の家庭に生活費を入れない月もあるような男だ。

そんな安田と私が付き合うのは、安田の妻、照美が若くて美人だからである。
照美は33歳だから、安田や私よりひと回り年下なのだ。

【続きを読む】
[ 2015/07/20 10:46 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

夫婦でペンションに行った先で、視姦されていた妻

これは私達夫婦がペンション型ホテルで体験した話しです。
結婚して3年、まだ子供はいません。私33歳173cm中肉中背、普通のサラリーマン。
妻、27歳167cm、学生時代に雑誌モデルを目指していた時からのエステやセルフケアの賜物か、結婚した時よりも肌質も良くなりSEXも積極的になりました。

【続きを読む】
[ 2015/07/20 10:17 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

金髪ビッチだった嫁は、今では黒髪の上品な主婦になっていた2

前回の話

妻の純子はもうすぐ30歳になるが、まだ子供もいないこともあってか、若々しくて美人だと思う。そして彼女は、家庭的で清楚な女性だと言われることが多い。

実際、今の純子はその通りの女性だと思うが、昔の彼女は今とはまったく逆の女性だった。金髪ビッチ……。ひと言で言うとそんな女性だった。
でも、私と付き合う内に、彼女はどんどん変わっていってくれた。今となっては、金髪ビッチだった純子との日々も、あれはあれで楽しかったなと思えるくらいだ。

でも、偶然に見つけてしまった妻の過去の動画……。そこに映っていたのは、私とのセックスでは見せない、ビッチで淫乱な顔の妻だった。


そしてその動画は、私と交際している時に撮られたもののようだった。当時の妻は、見た目のビッチさから想像も出来ないほど、私に一途な女の子だった。でも、私がそう思っていただけなのかもしれないと、疑念を持ってしまった。

そして私は、動揺で手を震わせながら、他の動画をクリックして再生し始めた。そして始まった動画は、いきなり私を絶望させた。
さっきの動画で、もしかしたら純子は私と交際中に浮気をしていたのではないのか? と、そんな疑惑を持った。でも、きっと違うはずだと、現実逃避する私もいた。

再生が始まった動画には、ほとんど黒髪の純子が映った……。純子は、私と交際を始めて、半年過ぎたあたりから徐々に黒髪に変わっていった。
動画に映った純子は、まさに黒髪に変わり始めた頃の純子だった。純子が浮気をしていたことが決定的になり、私は強いショックを受けた。でも、その頃過ちを起こしてしまったとしても、今の純子はそんな過ちを犯していないはず……。そう思い、自分を奮い立たせようとした。でも、当時も純子の浮気に気がつかなかった私は、仮に今純子が浮気をしていたとしても、気がつかないのではないのか? そんな疑念が強くなってしまった。

『また撮るの? もう、いい加減多すぎじゃね?』
画面の中の純子が、汚い言葉で言う。今の純子からは、想像も出来ないくらいに下品な言葉づかいだ。でも私は、そんな言葉づかいにドキンとしてしまった。あの頃は、私は4歳も年下の純子に全てリードされていた。小馬鹿にするような態度を取られることも多かったし、からかわれたりするのはいつものことだった。
今では、純子は健気に尽くしてくれる感じになっているので、あの頃のことは夢だったのではないか? と思うこともあったりする。でも、こうやって動画で見ると、やっぱり現実だったんだなと思う。

そして今、突きつけられている現実は私にとっては辛いものだった。私と交際が始まり、どんどん髪が黒くなり化粧もナチュラルになって、ギャルからお嬢様へ変化していった純子。少しも浮気を疑ったことはなかった。

ビッチな金髪ギャルで、その上ヤリマンだった純子が、私との交際で本当の愛を知り、変わってくれた……。そんな風に思っていた。
それなのに、純子は浮気をしていた……。

「まぁまぁw だってオマエさぁ、彼氏とばっか遊んで、あんまやらしてくんねーじゃんw これは俺のオナニー用だってw」
軽薄な男の声が響く。だけど、驚いたのはそのあとだった。すでにブラとショーツだけの純子の横から、チャラい男がフレームインしてきたことに、私は声も出せないほどに驚いていた。

「オマエ、その動画裏ビデオ屋とかに売るなよw」
そのチャラ男は、カメラに向かってそんな事を言った。二人いる……。下着姿の純子と一緒に、男が二人いる……。それは、想像もしていない事だった。

純子がヤリマンでビッチだったのは、私の中で受け止めて消化しているつもりだった。でも、相手が複数というのは、まったく想定していなかった。
考えてみれば、ビッチでヤリマンならば、複数プレイなどは当然経験していると考えるべきだったのかもしれない。でも私は、現実逃避というか、それを考えないようにしていたのだと思う。

私の動揺などまったく関係なく、動画の中で男が純子にキスをした。でも、純子は彼を押しのけて、
『ちょっとぉ! キスはダメって言ってるじゃん! バカなの? 死ぬの?』
と、キレ気味に言う。

「そうだったw てか、生中(なまなか)とかするのに、キスだけ駄目って、スゲぇ矛盾w」
『うるさいなぁw キスは好きな人としかしないもんじゃん? 常識じゃんw』
純子はそんな事を言う。確かに、酷く矛盾していると思う。でも、純子は凄く楽しそうだ。

「じゃあ、好きじゃない人に、フェラしてくれよw」
チャラ男は、そんな事を言うとベルトを外し始める。そして、あっさりとペニスを取りだしたチャラ男。純子は、何も言わずにチャラ男の前でひざまずき、ペニスをくわえた。あまりにも躊躇がなく、当時の私への罪悪感など微塵も感じていないようだ。

私に一途な顔を見せて、その裏でこんな事をしていた……。悔しいというか、裏切られたというか、何とも言えない複雑な気持ちになる。でも、過去の過ちだ……。今はもう違う……。私は、すがるようにそう思った。

純子は、目が痛いほどのピンクの下着だけを身につけ、熱心にフェラをしている。純子のフェラで、みるみる大きくなるチャラ男のペニス。痩せて貧弱な身体で、その上チビと言ってもいいくらいの身長の彼は、ペニスだけは違和感を感じるくらいに大きかった。

『ホント、チビのくせにチンポだけはデカいよねw』
純子はからかうようにそんな事を言う。
「うっせw 入れてやらねーぞw」
チャラ男は、チビと言われても怒った気配もない。それだけ親しい間柄なのだと思うと、見るのが辛くなってきた。

私は、独占欲が強い方だとは思わないが、それでも純子がこんな風に親しげに他の男性と話をするのを見ると、嫉妬みたいな感情が湧く。ましてや、動画の純子はフェラをしながらチャラ男と話をしている。嫉妬するなと言う方が無理かもしれない。

『それは困るw たまにはデカいの入れとかないと、欲求不満になるしw』
純子は、悪びれる風もなく言う。

「彼氏のじゃ満足出来ねーのかよw」
カメラの男が言う。
『出来るよ! 出来るに決まってるじゃん! ラブラブだもん! でも、あんた達が可哀想だから、やらせてあげてるだけだってw ボランティアだよw』
純子は、憎まれ口を叩く。

「はいはいw じゃあ、今日はたっぷりボランティアしてくれよw 恵まれない俺達のためにさw」
チビのチャラ男が言う。

『わかってるって。今日は、たっぷりと搾り取るから、覚悟しといた方が良いよw』
純子は、そんな事を楽しそうに話す。私は、これは見てはいけないものだったなと思い始めていた。

これは、浮気の中でもなりタチの悪いものだと思う。浮気相手と、私のことを話す。それは、越えてはいけないラインを越えているように思える。浮気や不倫でも、最低限のルールみたいなものはあるのではないか? そんな風に思う私は、まだ青いのかもしれない。

「今日はって、いつもじゃんw」
男がからかう。
『うっさいなぁw ほら、アンタもチンポ出しなよw』
純子が、カメラの男に促す。すると、男はカメラを置いてズボンを脱ぎ始めた。置かれたカメラは、3人をいっぺんに撮している。カメラを持っていた男は、やはりチャラい感じの男で、チビとは違って180cmくらいはありそうだった。そして、やっぱりチビと同じようにペニスが大きめだった。

純子は、ペニスの大きさで男を選んでいたのではないか? そう思ってしまうほどだった。私は、短小ではないと思うが、巨根ではない。コンプレックスは持っていないが、それでも、こんな風に比べる対象があると気にしてしまう。

純子は二本のペニスを見て、満面の笑みになる。そして、まず長身のチャラ男のペニスを口にくわえた。そして、チビの方のペニスは手でしごき始めた。もう、3Pになってしまっている。まさか、純子の乱交する姿を見ることになるなんて、想像すらしたことがなかった。

これが、もしも今現在の純子の姿だったら、私は卒倒して倒れていると思う。まだ、昔のことだから……。そう思って、何とか気持ちを静めている自分がいる。
動画の中で、両手にペニスを持って嬉しそうに笑うランジェリー姿の女性……。それが、自分の妻の過去の姿だと思うと、すぐには受け止めきれない。

『甲乙つけがたいねw やっぱあんた達のチンポ、最高だ♡』
純子が、にっこり笑いながらのっぽのチャラ男のペニスをくわえた。
「やっぱ、上手いなw フェラ職人w」
チャラ男は気持ちよさそうにうめく。純子は、そんな事を誉められたのに、嬉しそうな顔になる。フェラチオを誉められて、喜ぶ純子。本当にビッチなんだなと思う。

純子は、口で一本をくわえながら、右手でチビのチャラ男のペニスをしごいている。でも、それは単純に握って上下に動かすのではなく、指を絡みつかせる感じで動かし、また、時折逆手みたいな感じにして、手の平を亀頭に擦りつけているような動きだった。その滑らかな手コキは、見ているだけで私も気持ち良くなってしまいそうなほどだった。

チビのチャラ男も、気持ちよさそうにうめいていたが、
「我慢できねw」
と、短く言うと、純子の後ろに回り込み、ショーツをずらすようにしてペニスを突き立てた。
『んンッ♡ ふぅンッ♡』
ペニスをくわえたまま後ろから貫かれ、甘くとろけたうめき声をあげる純子。

チビのチャラ男は、入れたそばから腰を強く振り始める。その動きには、純子のことを気持ち良くさせようという気配はまったくなく、ただ自分が射精するためだけの動きに見える。そんな風に、オナニーホールのように扱われる純子。でも、純子はペニスをくわえたまま、本当にとろけきった顔になっている。

すると、チビのチャラ男がピシッと純子の尻を叩いた。
「ちゃんと締めろってw 力抜いてるだろw」
そんな事を言うチャラ男。
『だって、締めたらすぐイッちゃうじゃんw もっと奥ガンガンしてよ♡』
純子は、そんな事を言う。
「めんどくせ〜。いいから締めろってw まぁいいや。オラ!」
男はそんな事を言うと、いきなり純子のアナルに親指を突き刺した。男の左手には、いつの間にかローションのボトルが握られていて、指にローションをつけて突き刺したようだ。

純子のフェラ顔ばかり見ていて、その動きに気がつかなかった。

『んンッ! んーーっ!!』
お尻に指を差し込まれ、うめく純子。
「おっ、締まったw マジ、お前って尻大好きだよなw」
男は、純子のアナルの指をさらに押し込みながら言う。

純子は、凄くきれい好きで、軽い潔癖症みたいなところもあるので、アナルなんて経験したことがないと思っていた。アナルなんて汚い……。そう思って、そこを使うことなんてなかったはずだ……と、勝手に思い込んでいた。

でも、ビッチだった彼女は、そこも使ってセックスをしていたようだ……。自分の妻の過去をこんな風に見てしまったことを、強く後悔してしまう。

でも、純子は動画の中でアナルに指を突っ込まれたまま、生の巨根をはめられてしまっている。しかも、口にはもう一本別の巨根がくわえられている。私は、叫び出したい気持ちを必死でこらえていた。

チビの方のチャラ男は、純子のアナルを指で犯しながらニヤニヤ笑っている。そして、自分がイクためだけの身勝手な動きで腰を振る。純子は、もうフェラを続けるのも困難なようで、ただくわえているだけになっている。この動画の時くらい髪が黒くなっていた純子は、私の前ではもうすっかりとギャルではなくなっていた。言葉づかいも、そして身振りや振る舞いも、ビッチなギャルではなくなっていた。
椅子にあぐらをかくこともなかったし、汚い言葉を使うこともなくなっていた。

でも、その裏でこんな事をしていたと思うと、激しく裏切られた気持ちになる。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


携帯に彼女の全裸写メが送られてきた件

昨夜の事なんですが書いてもいいでしょうか?

一人で考えてると気が狂いそうです

今長期出張中なのですが、昨夜ホテルに携帯を忘れて食事に出てたんです。
もともとメールも彼女以外からはほとんど来ないので「まあいいか」と思いそのままにしてました。

【続きを読む】
[ 2015/07/19 23:19 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

人妻でも、他人棒に中イキさせられると運命の人だと思ってしまうようです

今から二年程まえの話。
その頃の私は、旦那とうまくいかず、だが、経済的理由もありなかなか、離婚に踏み切れないでいた。
もう、修正のきかない関係とわかっていたのに…
パートもわざわざ日曜に入れたりして旦那とも顔をあわせないようにしていた。

【続きを読む】
[ 2015/07/19 23:16 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

社内恋愛で結婚してる彼女が俺の子を孕んだ件

先週、会社の事務員のA子(32歳)が妊娠しました。
旦那は隣の課の主任ですが子供は俺の子供です。
A子と旦那の主任は結婚して2年目ですがA子と俺は結婚前からセフレの関係でした。
結婚してから関係を持つ回数は以前より減りましたが、それでも月に2~3回は会ってHしていました。

【続きを読む】
[ 2015/07/18 23:44 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

結婚を考えていた彼女は俺の出張中に部屋に男を連れ込んでいた

2泊3日の出張だったが、思いのほか仕事が順調に進み、1泊で帰ってきた。

彼女(奈美/仮名)にはすぐに帰るとは連絡を入れず、奈美のアパートへ駅に停めてあった車で直行した。
ちょっとビックリさせようという気持ちがあったからだ。

【続きを読む】
[ 2015/07/18 23:22 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ビジネス京都弁のあの芸能人に似た女子大生を寝取った

むかしからの友人のTは「かならずヤレる女子」を合コンセッティングするという稀有な才能の持ち主。本当に不思議なのですが、彼が仕切った合コンで私は8割ぐらいの確率でギャルを持ち帰ることに成功しています。
理由はよくわかりません。他の合コンではサッパリなのに。もちろん見た目はピンキリですが。。。

いちばん興奮したのは、去年の夏のことです。

【続きを読む】
[ 2015/07/18 23:15 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

元カノが結婚すると聞いて欲望を抑えきれなくなり、婚約者ともしていないことをさせた

理恵・・・今、最もハメまくっている新妻です。
以前付き合っていて、今は同じ会社の女の子です。
結婚しようとしない私にしびれを切らして2年前に別れったきりでしたが、結婚すると聞いて急にムラムラと押さえることの出来ない欲情に駆られてしてしまいました。

【続きを読む】
[ 2015/07/18 00:13 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

主人の弟に強姦されるまで、私は女としての悦びを知らなかった

見合い結婚だった主人は、クンニやフェラチオといったオーラルセックスを好まなかった。

いたって淡白なセックスは、気持ちよさなんてなくて、ただの子作りのための運動という感じだった。

だから、主人の弟の豊に強姦されるまで、私は女としての悦びを知らなかった。

【続きを読む】
[ 2015/07/17 23:26 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング
動画紹介