月別アーカイブ  [ 2016年08月 ] 

≪ 前月 |  2016年08月  | 翌月 ≫

去年の事なんですけど彼女が浮気してました

去年の事なんですけど彼女が浮気してました。
相手の男は軽い気持ちだったみたいなんだけど、段々本気になったみたいで彼女の携帯を盗み見て、俺に連絡をとってきました。

俺と彼女が会ってるときはメールしても全く返信がないらしくジェラシーで俺にすべてをばらそうと一方的なメールが来ました。
彼女とは彼女の働いてる店でお客として知り合い(携帯店)5ヶ月浮気関係にあった事を知らせてきました。
俺は頭が真っ白になりその男より彼女に怒りを狂いました。

【続きを読む】
[ 2016/08/31 12:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

人妻と良い感じで出会ったが、のめり込んで孕ませた結果

俺は、地方都市の工場で働く22歳だ。
田舎なので、社員寮の周辺にはパチンコ屋ぐらいしかなく、普段の休みはゲーム三昧。
今日は(気分転換のつもりで)寮の最寄駅に車を停め、電車とバスを乗り継いで、とあるショッピングセンターにあるシネマコンプレックスに映画を見に行くところだ。
営業や配達で毎日のように車に乗っているので、今日ぐらいは運転から解放されたい。
郊外ショッピングセンターへは、ターミナル駅からバスに乗り、40分。

【続きを読む】
[ 2016/08/30 22:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

出世街道邁進中だったのに、フィアンセを寝取られました

私が27の時の出来事です。一時再起不能かと思うほど落ち込みました。
当時私には付き合って2年になるちえという彼女がいました。
職場に新入社員として入社してきたのが彼女でした。
当時私は、仕事に夢中で、自分でいうのもなんですが、出世街道を驀進中だったのです。
社内でも実力派の上司に気に入られ、本当に仕事が楽しくなったころでした。
そのころ、新歓コンパでちえと知り合いました。

【続きを読む】
[ 2016/08/30 18:25 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

怪しいスティンガー業者に案の定騙されて、彼女を寝取られました

2年前インターネットであるサイトを見つけた。

『あなたの彼女の本性暴きます』

何だろう?と気になり内容を見ると自分の彼女が浮気しないか試しませんか?
というような内容で、自分としてすごく気になり、少し緊張しながらも掲載されていたメールアドレスにメールを送っってみました・・・。

数時間後に返信。

【続きを読む】
[ 2016/08/30 12:14 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

仲良くしてるお隣夫婦が、セックスしてるのを見て欲しいと言ってきた完【ブロマガ】

前回の話

『んぎぃっ! あぁぁっ、クゥ、イクぅーーっ!!』
嫁は、あえぎ声と言うよりは、断末魔の悲鳴のようなものを上げて身体を震わせた。20cm君に正常位で貫かれ、脚をピンと伸ばした状態になっている嫁。脚はピンと伸びているのに、つま先はギュッと内側に曲げられている。
「だ、大丈夫ですか? 痛いですか?」
20cm君は、嫁のあまりのリアクションに、怯えたように聞いた。
『へ、へーきよ。痛いどころか、イッちゃったわ♡』
嫁は、とろけた顔で彼に言う。すると、茉莉ちゃんが嫁の結合部をのぞき込みながら、
『根元までズッポリだね』
と、嬉しそうに言う。お揃いのセクシーなランジェリーを身につけた嫁と茉莉ちゃん。まるで、アダルトビデオの撮影現場に迷い込んだようだ。

『これ、ホントにエグいね。へそのところまで届いてる感じ』
嫁が、自分のおへその辺りをさすりながら言う。
『でしょ〜。私も、内臓の位置変わったかもw』
茉莉ちゃんも、おへその辺りをさすりながら言う。そんな仕草ですら、大介君はカメラに収め続けている。

「動いても良いですか?」
20cm君は、恐る恐る聞く。あれだけ茉莉ちゃんをイカせまくっても、おどおどした感じは変わらない。
『良いよ。でも、生で入れちゃったね。人妻を妊娠させるつもり?』
嫁は、20cm君をいじめるような感じで言う。すると、彼は、慌ててペニスを抜こうとしながら、
「そんなつもりないです! すぐ抜きます!」
と言った。でも、茉莉ちゃんが20cm君の身体を押さえ、
『良いよ。そのままやっちゃいなよ。旦那さんがあんな風になってるんだから、気にせずにやっちゃいなよw』
と言った。同時に、3人の視線が私に注がれた。私は、オナニーでイッてしまい、床や手を精液でドロドロにしたまま、まだペニスを握っていた。そんな姿を、ニヤけた顔で見る茉莉ちゃんと嫁、そして、驚きの表情で見る20cm君。

『私がイカされるの見て、自分もイッちゃったんだねw』
嫁が私に話しかけてくる。私は、恥ずかしさのあまり、顔を真っ赤にしてうつむいてしまった。

「でも、妊娠しちゃいませんか?」
20cm君は、とても不安そうだ。
『私には思いっきり中出ししたくせに』
茉莉ちゃんは、からかうように言う。
「す、すみません……」

『大丈夫よ。作ろうと思っても、なかなか出来ないんだから。私が行ったことのない世界に、連れてってね♡』
嫁はそんなことを言うと、20cm君の背中に腕を回して抱きしめ、キスをした。すると、20cm君はぎこちないながらも必死で舌を絡め、腰も振り始めた。それほど女性経験が多くないと言っていた彼は、確かにぎこちない腰の動きだった。でも、有り余るほどの長さを生かして、ストロークの長いピストンをしていく。私が真似ようと思っても、絶対に出来ない動きだ。

『うぅっ! ンッ、太すぎるっ! 拡がってるっ! 拡がっちゃうぅ!』
嫁は、快感と言うよりは、驚きを感じているような言葉を出している。
『うわ、こんなに太いんだ。純さん、由里ちゃんのガバガバになっちゃいますよw』
茉莉ちゃんが、私に向かってイタズラっぽく言う。それだけではなく、M字開脚した足の付け根を指差し、
『私のアソコも、まだ何か入ってるみたいだもんw 拡がっちゃってるよw』
と言った。小さすぎてほとんど役に立っていないショーツは、完全にズレててしまっている。まったく毛のないロリなアソコからは、20cm君の精液がまだ流れ出ている。でも、アソコが拡がってしまったのかどうかは、見ただけではわからない感じだ。そして、そんな茉莉ちゃんのアソコのアップを撮り続ける大介君。荒い息遣いで夢中でシャッターを押し込んでいる。

『あなた、見える? 私のおまんこ、こんなに拡がっちゃってるよ』
嫁は、はしたない言葉で私を挑発する。普段の彼女からは、そんな言葉を口にするなんて想像も出来ないくらいなのに、今の彼女はとろけた顔でそんなことを言う。

「凄く締まります。メチャクチャ気持ち良い……」
20cm君は、気持ちよさそうにうめくように言う。
『私も気持ち良い♡ 奥、もっと潰しちゃって。うぅ♡ そう、もっと思い切りして良いよ! 気持ちいいっ! うぅあぁっ♡』
嫁は、彼を見つめながら甘えた声でねだる。
「凄い、もっと締まってきました。あぁ、最高です!」

すると、茉莉ちゃんが頬を膨らませながら、
『私のが緩いみたいじゃん!』
と、すねたように言う。

「い、いや、そんな事ないです! 茉莉さんのも凄かったです!」
慌てて言い訳をする20cm君。でも、茉莉ちゃんは頬を膨らませたまま、ベッドを降りる。そして、嫁に向かって、
『由里ちゃん、勝負しようよ』
と、いたずらっ子みたいな顔で言った。そして、ベッドに両手をついて立ちバックの格好をする。
『ふふ。良いよ。負けないわよ〜』
嫁は楽しそうな顔で言う。そして、20cm君の下からスルリと抜け出し、茉莉ちゃんの横で同じ格好をした。

私は、ドキンとした。ベッドに両手をついてお尻を突き出す二人。ガーターベルトに、穴あきブラが信じられないくらいにエロい。そして茉莉ちゃんが、
『良いよ、比べてみて』
と言って、お尻を振る。挑発的な笑みが、凄く印象的だ。

「は、はいっ!」
20cm君も、並んだお尻を見てひどく興奮したようだ。ただでさえデカいペニスが、より大きくなったように感じる。
そして、茉莉ちゃんのアソコにペニスを押し当て、一気に挿入した。
『んふぅ♡ バックだと、もっとヤバいね……。軽くイッちゃった♡』
一気に、可愛い顔をとろけさせた茉莉ちゃん。
「あぁ、凄く締まってます」
20cm君は、本当に気持ちよさそうだ。

『私のは? 早く比べてよぉ!』
嫁は、せかすように言う。すると、20cm君は慌てて茉莉ちゃんのアソコからペニスを引き抜き、嫁のアソコに挿入した。
『う、うぅっ、深すぎるぅ♡』
嫁も、バックで入れられて、一気に泣きそうな顔になった。
「メチャ締まってます」

茉莉ちゃんは、
『どっちが締まってる? どっちのおまんこが気持ちいい?』
と、目をキラキラさせながら質問した。
「それは……。同じくらい気持ち良いと思います」
『そんなのダメだよ! ほら、よく味わってみて!』
茉莉ちゃんは、バックのままアソコをクパァと開いて挑発する。こんな風に、1本のペニスを奪い合うようにする二人。この空間には、私も大介君もいるのに、そんな事は忘れたように、20cm君のペニスを取り合う二人……。

20cm君は、慌てて嫁からペニスを引き抜くと、再び茉莉ちゃに挿入した。
『んぅふぅ♡ ほ、ほら、締まってるでしょ?』
茉莉ちゃんは、相当負けず嫌いのようだ。必死でアソコを締めているような感じが伝わってくる。
「ま、茉莉さんのは、柔らかい肉に包み込まれている感じです。肉全体が締めてくる感じです」
彼は、必死で感想を言う。
『私の方が締まる? 気持ちいい?』
茉莉ちゃんは、嬉しそうに言う。
「それは……」
口ごもる彼に、
『ほら、私の番だよ!』
と、嫁が言う。嫁も、負けず嫌いに火がついているみたいだ。

20cm君は、すぐに嫁に挿入する。
「由里さんのは、ギュッと手で握られてるみたいです。締まるのは由里さんかな? でも、茉莉ちゃんの方が気持ち良いかも……」
彼がそんな風に言うと、茉莉ちゃんは嬉しそうに笑う。
『ん〜っ! そんな事ないでしょ! 気持ちいいでしょ!』
そう言って、嫁は腰を振り始めた。立ちバックでハマったまま、腰を前後に動かす嫁。
『あぁ〜! ズルいよ!動くのは反則だよっ!』
茉莉ちゃんが、慌てたような感じで言う。でも、嫁はイタズラっぽい笑みを浮かべたまま腰を振り続け、
『どう? 私の方が気持ちいいでしょ?』
と、20cm君に聞く。
「はいっ! メチャクチャ気持ちいいです!」
彼も、即答した。
『交代してよぉ! 私の番だよ!』
茉莉ちゃんも、負けたくなくて必死な感じだ。20cm君は、ビビったように嫁からペニスを抜くと、すぐに茉莉ちゃんに挿入した。こんな風に、交互に挿入する彼。
夫の私達がこの場にいるのに、もう、気にもしてない感じだ。

そして、茉莉ちゃんは挿入されると同時に、腰を振り始めた。さっきの嫁よりも、勢いよく、力強く腰を振る茉莉ちゃん。バックでハメられたまま、浅ましく腰を振る。
『私の方が、気持ちいいでしょ!?』
と、叫んだ。すると嫁が、
『これだと、抜いて入れるまでに時間がかかるでしょ? 比べるなら、もっと手早くしないとね』
と言って、立ちバックの体勢になっている茉莉ちゃんの上に重なるように乗っかった。親亀の上に子亀が乗ったよう格好になる二人。茉莉ちゃんも、嫌がるそぶりもない。

すると、上下に二人のお尻が並び、剥き出しになった二人のアソコが、凄く近い位置になる。
『ほら、これでじっくりと比べてみて』
嫁がそんな風に言う。すると、20cm君は、茉莉ちゃんで数回ピストンをして、そのまますぐに抜いて嫁のアソコに挿入した。ほとんどワンアクションで入れ替えた彼。徐々にリズミカルな動きになっていく。
『うぅ、あっぁっ、んっ♡ 深いよぉ♡ 気持ちいいっ! 大介のより10倍気持ちいい!』
茉莉ちゃんはそんなふにあえぎ、
『当ってるっ! 子宮にギュッと当ってるぅっ! 気持ちいい? おまんこ気持ちいい?』
と、嫁もあえぐ。

20cm君は、長いペニスを生かし、二人のアソコに入れては抜きを繰り返す。まるで、普通にセックスをしているようなリズムで、二人に入れたり出したりする彼。嫁も茉莉ちゃんも、とろけきった顔であえぐ。まさか、こんなセックスをするとは想像もしていなかった。これでは、二人がオナホになっているみたいだ。

でも、私は興奮しすぎてペニスは完全回復していたし、ほとんど無意識にオナニーを再開していた。大介君は、片手でシャッターを連射しながら、いつの間にか取り出したペニスをしごいていた。二人のはしたない姿を撮しながら、オナニーをする大介君。本当に気持ちよさそうで、興奮しきった顔をしていた。

「二人とも最高です! ぼ、僕、もうイッちゃいそうです。どちらに出せばいいですか?」
切羽詰まった声で言う20cm君。
『私だよ! まだ出してもらってないし!』
嫁がすぐに言う。でも、茉莉ちゃんも、
『ダメだよ、妊娠しちゃうよ。私の中に出して! へーきだから!』
と叫ぶ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


パートのおばちゃんが、上司のセクハラを愚痴ってきたので慰めたw

僕は30代前半。
どこにでもいる普通のサラリーマン。既婚者。

パートのおばさん。既婚者。人妻。

どこにでもいる普通のパートのおばさん。
おばさんとは部署が違う。
しょっちゅう会うわけでもない。

【続きを読む】
[ 2016/08/28 22:21 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

男友達の家でハプバーで4Pした話をしたら、再現させられた

先日、男友達の家で飲んでいて、話が下ネタになっていった。
そのうち『今までで一番興奮したプレイ』を話すことになり、酔ってエッチな気分になっていた私は、ハプニングバーで3人の単独さんと4Pしてイキまくった話をしてしまいました。

話し終わって、なんだか友達の空気が変わってしまったのを感じて、誤魔化そうと笑ってたのですが、「まきってそんなにエロかったんだー」とか「初対面の男にやらせるんだから、仲の良い俺らにはもっとやらしいことできるよね」なんて耳元で囁かれながら体を愛撫されて、つい皆で気持ち良くなりたいと思って、「・・・うん」って答えてしまいました。

【続きを読む】
[ 2016/08/28 18:15 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

巨乳の熟れた熟女は、車に乗るとすぐに股間を握ってきた

熟専の出会い系で知り合い、メル友になった人妻と2ヶ月メールした末に、ようやくリアルに出会う事ができた。

その40代の人妻は自分の住んでいる街だと人目につくから嫌だというので、隣県までドライブすることに。

駅前のロータリーで待ち合わせをし、車を止めて待っていると大き目のサングラスをかけた、ティーシャツ越しにわかるほどの巨乳の熟れた熟女が周囲をしきりに気にしていた。

【続きを読む】
[ 2016/08/28 12:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女を友人とシェアしていたあの頃

まだ独身だった時、親友の俊彦と、今は私の妻になっている優子と、私たち3人はいつも一緒に遊んでいました。
優子と付き合いだした頃、俊彦と会う時間が少なくなってきました。
俊彦と一緒に遊んでいると、今度は優子が、「私と遊んでくれないのね」と文句を言います。

俊彦はよく私の部屋に泊まり、ひとつのベッドで寝ていました。
なぜか誰も引き取り手のいないダブルベッドを貰ってしまったからです。

【続きを読む】
[ 2016/08/27 22:07 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

もうすぐ結婚の掲示板で出会った結婚直前の女性は、生中だった

のり子と知り合ったのはかれこれ3年前。

某出会い系サイトで、もうすぐ結婚の掲示板に

「来月から埼玉⇒山梨へ嫁ぎに行きます 仕事を辞めたので、しばらくは暇になりなりますので、メールだけで話しませんか?」

に引かれて、メールを入れてみました。

【続きを読む】
[ 2016/08/27 18:10 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

後輩の嫁の子は、俺の種w

高卒18で同期入社したナオミ。

お互い今年で40歳。

俺は技術系、ナオミは事務で、最初は気にもしてなかった。

25歳の時に俺が結婚。

27歳の時に俺の後輩とナオミが社内結婚。

【続きを読む】
[ 2016/08/27 12:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

息子がガンで先立ち、息子の嫁が同居してくれたが

私は55歳の男です。
3年前に一人息子が癌で他界してしまいました。
私のことを心配して息子、息子の嫁が同居してくれてたのですが。
私の妻は、5年前にやはり癌で他界してしまって、今は息子の嫁と私だけ。
息子が死んだあとは、広い家がしーんと静まり返る毎日でした。

【続きを読む】
[ 2016/08/26 22:10 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ボケた夫の父親と同居したことで

数か月前、夫(40歳)の父(65歳)が痴呆症と診断されました。
義母がガンで亡くなり、その後実家で独り暮らしをしていた義父も数年前に定年を迎え孤独な生活を
送っていたんです。
義父の異変に気付いたのは今年の正月に実家を訪れた時でした。
昼食を食べ終えた義父が”昼食まだか?”と聞いて来たんです。

【続きを読む】
[ 2016/08/26 18:36 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻は前夫に調教されて、おまけ付き雑誌に載っていた

25歳で3歳年下の前妻と結婚、3年後に長女、その2年後に次女を儲けて幸せに暮らしていた。
子供の成長とともに、俺によく似た長女とまったく似ても似つかない次女の差に気付き始めた。
気付いたのは家族写真で、俺と長女は、顔つきだけでなく手を開いた感じや肩から背中にかけてのラインがソックリなのに対し、次女はまったく似ていなかったのだ。
7歳になった長女は俺に似てスラッとしてきて、5歳になった次女はズングリムックリで天然パーマ、あまりにも似ていない姉妹に耐え切れなくなった前妻が浮気妊娠を白状して、結婚10年、35歳で離婚した。

【続きを読む】
[ 2016/08/26 12:35 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

僕が気弱なばかりに、彼女がDQNにやられてヤリマン堕ちした

高校1年の時の話です。
当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。
告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり・・・。
少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。
家は隣で小中と同じ、成績の良い彼女と同じ高校に進学するために必死で勉強したものです。

【続きを読む】
[ 2016/08/25 22:03 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

社内セックスの相手は人妻で、トイレでイキまくっていた

俺は都内に勤める40歳の会社員。
同僚に36歳の不倫相手の人妻がいる。
うちの会社は完全週休2日の一般的な企業だが、部署によっては、当番制で出勤を強いられる場所もある。
俺の部署がそれであり、そこの課長がこの俺だ。

ある週末のこと、平日の仕事が思うように進まなかったことから、土曜日に出勤するハメになった。
社屋に入り、エレベーターを使用し、事務所のある8階まで上がる。

【続きを読む】
[ 2016/08/25 18:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

訳ありで一人暮らしを始めた後輩の母親の家に行ったらw

旦那に逃げられ、2人の息子たちはそれぞれ所帯を持って、家から離れ、1人暮らしとなった後輩の母親(46歳)の家にちょっとした用があって行くことになった。

行ったのは、昼間だったが、出迎えてくれた母親の姿に少し驚いた。
小柄な母親だが胸と尻がでかいのだが、薄手のよれよれのTシャツにパンツもはみ出してしまうくらいの短パン姿だった。

内心、『誘われてるのかな?』と思いつつも、『いやいや、勘違いだろう』との思いが、交錯していた。

まぁ、昔から知ってるし、身内みたいなもんだから、誘われることは無いだろうと途中から思って、用を済ませた。

【続きを読む】
[ 2016/08/25 12:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

裏の豪邸に美人の若妻がいたことで始まったイケない関係

大学3年の時、親戚の家で1年間暮らしました。
叔母夫婦が海外に行ってて、引っ越しタイミングの調整で1年間空家になったんです。
1年間誰も住まないと荒れ放題になるので、急きょ暇な俺が住むよう言われました。
庭の掃除や近所に迷惑を掛けないなど色々な事を言われていましたが、俺にとっては初めての1人暮らしです。
女の子呼んで疑似同棲とか妄想してました。

【続きを読む】
[ 2016/08/24 22:33 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

人妻熟女と月明かりに照らされて激しく淫らなセックスをした

『おいおい やめろよぉ こんなところで・・・。』
『ウフフフ いいじゃない。 気持ち良いでしょ。』

『ほぉ~ら だんだん硬く元気になってきたわよ。』
『もぉ! 正直なんだから・・・。 もっとして欲しいんでしょ。』

嬉しそうに微笑み見つめながら運転中の私の股間をまさぐる彼女の手・・・。

勃起しても楽なように硬直し出してきたペニスの位置を整え、ズボン越しに左手のひらで上下に撫でまわすように擦り、掴んでは上下に動かす、彼女のそのリズミカルな繰り返しの手淫行為がズボン越しにもかかわらず、快感として全身を貫いていく・・・。

【続きを読む】
[ 2016/08/24 18:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

旦那さんに抱かれて喘いでいる元カノを妄想して、切なくなっていました

結婚8年の34歳、妻は30歳です。
私は女性を見ると、色々妄想してしまいます。

あの女性は処女かな?とか、あの人は結婚指輪してるけど、どんなセックスするのかな?とか、清純そうな顔した若いお母さんを見ると、旦那さんに中出しされて、さぞかし喘いだんだろうなとか、妄想をめぐらしてしまいます。
そんな私が妻と知り合ったのは妻が短大の時で、当時の私の彼女の友人でした。

【続きを読む】
[ 2016/08/24 12:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング
動画紹介