NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。
月別アーカイブ  [ 2017年01月 ] 

≪ 前月 |  2017年01月  | 翌月 ≫

※地味で押しに弱い彼女が、ナンパものAVに出ていた

大学のサークルで、新入生の有以を見かけた時、メチャクチャテンションが上がった。清楚な感じで、眉もいじっていないような太眉、少し田舎っぽい雰囲気だった。でも、俺の好みを絵に描いたら有以の顔になるんじゃないかな? と思うほどドストライクだった。

俺は、その日からかなり積極的に有以に近づこうとした。それは上手く行き、1週間もしないうちに二人でカフェに行ったりするようになった。そして1か月後には付き合い始めることが出来ていた。
[ 2017/01/22 23:20 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた【ブロマガ】

最近、大学の頃の友人の悦治がよくウチに遊びに来るようになった。大学卒業後、徐々に会う機会が減っていき、ここ3〜4年くらい会っていなかったのに、偶然仕事で絡むことになり、昔のように一緒に遊んだり食事をするようになった。

嫁の麻衣も、温和で話題豊富な彼が遊びに来るのは楽しみのようだ。まだ私達が子供を作っていない事もあり、二人きりだと会話も減っていたので、悦治が遊びに来るようになって麻衣の表情も明るくなったように感じる。

最初は、ウチに男性が遊びに来るのは何となく心配だった。あまり男性に免疫のない麻衣が、気疲れしてしまうのではないか? また、ないとは思うが、悦治のことを男性として気に入ってしまわないだろうか? そんな心配だった。
でも、何度かウチに遊びに来るうちに、そんな心配もなくなった。
まだ独身の悦治だけど、付き合っている彼女がいることがわかったし、麻衣も悦治は恋愛目線では好みのタイプではないと言ったからだ。

『ねぇ、今度彼女さんも連れてきてよ。なんか、女一人だと寂しいよ』
麻衣が、悦治に馴れ馴れしく言う。すっかりと打ち解けた彼女は、ほとんどため口で悦治と話をする。でも、悦治はそれを嫌がっているそぶりはなく、その方が心地いいようだ。

「あ、うん。いいよ、聞いとくわ。あいつ、結構人見知りだから恥ずかしがるかも」
悦治は、枝豆を食べながらそんな事を言う。もう食事は終わったので、軽いつまみを食べながらビールやワインを飲んでいたところだ。
『ホントにぃ? 連れてくるのがイヤだから、そう言ってるんじゃないの〜?』
麻衣は今日は少し飲みすぎたのか、珍しく絡み酒のような感じになっている。
「そんな事ないって。ちゃんと話してみるよ。でも、麻衣ちゃんも最初はすっごく人見知りだったよね。俺、何か嫌われてるのかな? って思ってたよ」
悦治が、懐かしそうに言う。確かに、最初の頃の麻衣は恥ずかしがってなかなか話そうともしなかった。
『そうだっけ? でも、今は仲良しでしょ? ねぇ、パパ』
麻衣は、私にも振ってくる。私は、まだ子供もいないのにパパと呼ばれることに多少の違和感を感じているが、もう慣れてしまった。

「そうだね。でも、悦治の彼女もいた方が盛り上がるんじゃない? 俺も、華が多い方が嬉しいし」
私は、何となくそんな事を言った。すると、麻衣がムッとした顔で、
『ん〜っ! ダメだよ、そんな言いかたして! パパは、私だけ見てればいいでしょ!?』
と言う。焼きもち焼きの彼女らしい。私は悦治の手前、麻衣に苦笑いみたいな表情をするが、実際はすごく嬉しい。焼きもちを焼くのは、私のことを好きだという証拠だと思う。

「わかったよ。麻衣だけ見てるよ」
私は、嬉しくてニヤけながら言った。
「相変わらずラブラブだな。こっちが恥ずかしくなるよ」
と、悦治がからかうように言う。私と麻衣は、顔を見合わせて笑った。

『悦っちゃんは、彼女さんとラブラブしないの?』
麻衣は、馴れ馴れしく聞く。
「するよ。いつもラブラブだよ」
悦治は、少し照れ臭そうに言う。
「どんな風に?」
私が興味をそそられて質問すると、
「え? 会うたびにキスしたり、エッチしたりしてるよ」
と、彼は答える。
「なんだ、普通じゃん」
私は、悦治の当たり障りのない回答に拍子抜けしてそう言った。

『普通じゃないじゃん。ウチなんて、もう何ヶ月もレスだよ。羨ましいよ』
麻衣は顔を赤くしながら、そんなカミングアウトをした。私は、慌ててそれを否定したが、
『だってそうじゃん! 最後にしたの、まだ冬だったでしょ?』
と、麻衣は多少語気を強めて言う。
確かに、言われてみるとそうだった気がする。寒くて、毛布にくるまったまました記憶がある。

「マジかよ。なんでこんな可愛い奥さんいるのに、ほったらかすかなぁ〜」
悦治は、真面目にそんな回答をする。
『でしょ〜。サイン出してるのに、気がつきもしないんだよ』
頬を膨らませて言う麻衣。少女みたいに可愛い仕草だなと思いながらも、ちょっと居心地が悪くなってしまった。

「へぇ、そうなんだ。雅彦って、セックス嫌いなの?」
悦治が、不思議そうに聞いてくる。
「そんなわけないじゃん! 好きだって!」
私は慌ててそう言う。
「だったら、なんで?」
悦治は不思議そうだ。
『まぁ、タイミングとか、色々だよ』
言葉を濁すように言う私。口ではそう言ったが、私は少し淡泊なのかも知れない

『もう、私なんかじゃ興奮出来ないんだよねぇ〜。飽きちゃったんだよね〜』
と、すねたように言う麻衣。
「そんなはずないでしょ!? 今だって、その太もも見て興奮してるから」
私は、そんな説明をした。実際、ホットパンツから伸びやかに突き出た麻衣の太ももは、ほどよい太さですごく肉感的だ。
細すぎも太すぎも気持ち悪いと思う私は、麻衣の少し太めの太ももが大好きだ。でも、麻衣の言うように、少し飽きてしまっているのかも知れない。倦怠期は誰にでもあると思うが、申し訳ない気持ちになった。

「確かに、麻衣ちゃんの太ももは凄く良いよね。俺も好きだな」
悦治がそんな事を言うと、一瞬で耳まで真っ赤になった麻衣。まるで、茹でたタコみたいだ。
『もう! 変なこと言わないでよぉ! いつもそんなエッチな目で見てたの?』
麻衣は、少し恥ずかしそうに言う。でも、どことなく興奮しているような目になっている気がする

「だって、エッチな目で見て欲しいから、そんな際どいのはいてるんでしょ?」
私がそんな風に言うと、麻衣はもっと顔を赤くしながら、
『バカ……』
とつぶやいた。
「へぇ、麻衣ちゃん見て欲しいんだ。じゃあ遠慮なく」
悦治はおどけてそう言うと、麻衣の太ももをチラ見ではなく凝視し始めた。
『ちょっ、ちょっと、恥ずかしいよぉ』
麻衣は顔を赤くして恥ずかしそうだ。

「ホントに良い太ももだよね。麻衣ちゃんスタイルも良いし、可愛いし、雅彦がうらやましいよ」
悦治は酔いもあるのか、やたらと麻衣のことを褒める。
『悦っちゃんの彼女さんは? どんな子なの? 写真ないの?』
麻衣は話をガラッと変えて、悦治に質問する。
「あるよ。ちょっと待って、麻衣ちゃんみたいに可愛くないけど……」
と言いながら、スマホを操作する彼。差し出されたスマホの画面には、ゴスロリみたいな格好をした女の子が映っていた。
『えぇっ!? これ彼女なの!?』
麻衣は驚いた顔をしている。私も驚いた。テレビなんかでは見かけることもあるが、実際にこんな格好をしている女の子を見たことがない。

「そうだよ」
『可愛いじゃん! でも、若すぎない? いくつなの?』
麻衣は質問を重ねる。
「エッ? その、18歳……」
『若すぎでしょ! 犯罪じゃん!』
麻衣はさらに驚いた顔で言う。
「いや、でも18歳だし、犯罪ではないよ。それに、真剣な交際だから大丈夫」
悦治は多少バツが悪そうだ。そのあとは、悦治の彼女のことで盛り上がった。知り合ったのはまだ彼女が16歳の時で、コスプレ系のイベントで知り合ったそうだ。悦治は、イベントなんかを運営する会社で働いているので、そういう出会いがあったようだ。

可愛くないと言っていたが、写真で見る限りかなり可愛らしいと思う。でも、ロリ系な可愛さなので、麻衣とは方向性が違うと言えば違う。

『メチャ可愛いじゃん。私なんて、相手にもならないよ!』
麻衣はそんな事を言う。私的にはそんな事ないと思うが、麻衣は謙遜したように言う。
「そんな事ないって、フォトショップマジックだよ」
悦治はそんな事を言う。
『本当に? 修正してるの?』
「ちょこっとね。元の写真はこれだよ」
そう言って、さっき見せてくれた写真の、加工前の写真を見せてくる悦治。それは、確かに少し違った。さっきの写真は、肌の質感がわからないくらいにソフトフォーカスがかかっているような感じだった。

でも、加工前の写真も、全然可愛かった。多少肌荒れの感じと、色が肌色っぽい感じだ。目も、加工後の写真よりも少し小さいかも知れない。でも、自然でいいと思う。さっきの写真はお人形さんみたいだったが、加工前のは人間の女の子という感じだ。

そして、悦治の可愛い彼女の話で盛り上がった後、
『この子と、エッチしてるの?』
麻衣が恥ずかしそうに聞く。
「う、うん。週に2回はしてるかな?」
悦治は正直に答える。
『やっぱり、犯罪だよねぇ〜。おまわりさん、ここです!』
麻衣はふざけた感じで言う。でも、こんな可愛らしい少女と付き合っている悦治を、少しだけうらやましく思ってしまった。

「いや、だから、同意のもとだから!」
悦治はすこしむきになっているみたいだ。

『他に写真ないの?』
麻衣が質問しながら、勝手に悦治のスマホをスワイプし始める。
「あっ、ダ、ダメだって」
慌てる悦治。でも、画面にはすでに悦治の彼女の裸の写真が映っていた。それは、いわゆるハメ撮りとかそういうたぐいのヌードではなく、何かコスプレっぽい衣装を着た状態で、おっぱいが見えている感じの写真だった。
生々しいセックスの写真というよりは、アート作品みたいな感じがする。

『エッ? なにこれ、すごいね! 写真集みたいじゃん!』
麻衣は、その写真に釘付けだ。
「い、いや、結構修正しているし、たいしたことないよ」
悦治は、見られてしまってもう諦めたのか、スマホを取り上げようとしない。
麻衣は、凄いとか綺麗とか言いながら、写真を次々に見ていく。どうやら、悦治の彼女は胸には自信があるみたいだ。ウエストがくびれているのに、胸は結構大きい。でも、垂れたりせずにツンと上を向くような張りのあるおっぱいだ。若さがあふれている感じがする。

私は、久しぶりに見た若い娘のおっぱいに、敏感に股間が反応してしまっていた。
『裸なのに、エッチな感じじゃないんだね。なんか、本当に綺麗……』
麻衣は、感心したように言う。
「麻衣ちゃんも、撮ってみる? 良い記念になると思うよ」
悦治は、冗談ではなく本気で言っているような顔で言う。
『えぇっ? そんなの無理だよ!』
麻衣は、恥ずかしそうに言う。
「別に、ヌードになる必要はないし、絶対に記念になると思うよ。10年後に、撮っとけばよかったって後悔するって」
悦治は、熱っぽく言う。でも、私もそう思った。若いときの身体は、ずっと維持出来るものでもない。麻衣はまだ20代だけど、やっぱり10代の時とは身体も変わっていると思う。

『……そうかもね。脱がないなら、良いかもね』
麻衣は、あっさりと納得してしまったみたいだ。私も、
「絶対に良いと思うよ。それに、俺だって悦治の彼女の写真見たんだから、おあいこでしょ?」
と言った。
『そっか、それもそうだよね。不公平だよね』
麻衣は、そんな事を言って自分を納得させているみたいだ。

「じゃあ、決まり〜。俺、たまたま今日はカメラ持ってるんだよ。さっそく撮ろうか!」
と言って、カバンからカメラを取り出す悦治。そこに、外してあったレンズを装着する。一眼レフのカメラだ。とくにカメラに興味がない私は、一眼レフと言うだけですごいなと思ってしまった。それは、麻衣も同じだったみたいで、
『すごいカメラだね。なんか、プロっぽいね』
と、感心したように言う。
「まぁ、一応プロなんでね。webに乗せるヤツは、俺が撮影して俺が編集してるんだよ」
と、普段の仕事の内容を話す悦治。イベント運営会社に勤めていると言うことしか知らなかったので、そんな事もしているんだなと思った。
『でも、本当に今から撮るの? なんにも準備してないよ』
麻衣は、少し戸惑っている。でも、悦治は自信たっぷりに、
「大丈夫だよ。麻衣ちゃんなら、そのままでも充分綺麗だから」
と言う。麻衣は、少し頬を赤くして照れながら、
『じゃあ、メイクだけ直してくるね』
と言って、いったんリビングを出た。意外にノリノリなのかな? と思った。

「さっきの彼女、ホントはいくつなんだよ?」
私は、どう見ても若すぎる悦治の彼女に疑問を持っていた。
「えっ? バレた? 16歳だよ」
悦治は悪びれる風も無く言う。
「やっぱりな。でも、大丈夫か? 逮捕されるなよ」
私は、少し心配でそう言った。

「大丈夫。マジで結婚するし、お母さんにもすでに挨拶済みだよ。娘をよろしくって言ってもらってるし」
悦治は意外に真剣な顔で言う。
「そっか。だったら、早く結婚しろよ」
「高校ぐらいは普通に卒業させてあげたいしな。さすがに、結婚したら行きづらくなるだろ?」
悦治はそんな事を言う。確かに、新婚の高校生は聞いたことがない。すると、麻衣が戻ってきた。メイクを直したようだけど、正直よくわからない。私的には、まだまだ充分にノーメイクで通用するくらい綺麗だと思う。

「やっぱり綺麗だね。そのアイシャドウ、MACの?」
悦治は麻衣にそんな事を言う。
『すっご〜い! よくわかったね。ていうか、パパは塗ったことすら気がついてないでしょ〜』
麻衣は、そんな事を言う。私は、図星を突かれ素直に謝った。仕事柄もあると思うが、悦治は凄いなと思った。こういう細かいところに気がつくのが、モテる秘訣なのかな? と思う。

「じゃあ、始めるよ。そうだね、ここに立ってくれる?」
テキパキと指示をする悦治。戸惑いながらも言われた通りにする麻衣。すると、悦治はすぐにシャッターを切り始めた。一眼レフのシャッター音は、意外なほど大きく響く。でも、妙にカッコイイ感じがした。プロに撮ってもらっている……そんな感じが強くなる。

「そう、少し視線外して。そうだね、あの時計ぼんやり見て」
「少し悲しそうな顔で」
「もうちょっとアゴあげて」
「そうそう、綺麗だよ。レンズ見て」
そんな言葉をかけながら、どんどんシャッターを切る悦治。ポーズも色々と変えていく。

短時間に、かなり大量に撮ったみたいだ。そして、いったん休憩をする。悦治はカメラにケーブルを挿し、テレビに接続した。HDMIで接続できるみたいだ。

そして、スライドショーが始まる。50インチの画面で見る麻衣は、迫力があった。そして、凄く綺麗だった。
『うわぁ、なんか、恥ずかしいね』
麻衣は、ポーズを取っている写真や、視線を外してすましている写真を見て、照れた顔で言う。でも、私は結構感動していた。
写真なんて、スマホで記念撮影的なモノしか取っていなかった。こんな風に、ポーズを撮らせたり、視線や表情にこった写真なんて撮ったこともなかった。

「でも、本当に綺麗だよ。これなら、修正しなくても良い感じだね」
悦治はとにかく麻衣をよく褒める。すると、ソファに座った写真がテレビに映る。何枚か送ると、上目づかいで可愛らしく笑う麻衣の写真が映り、ドキッとする程可愛いなと思った。でも、同時に盛大に胸チラしていて、ピンクのブラジャーがはっきりと映ってしまっている。

『あっ、ダメ! これは恥ずかしいよ』
麻衣は慌ててテレビの前に立ち、写真を隠そうとする。
「あとで消せばいいよ。でも、雅彦は俺の彼女のおっぱい見たでしょ? 不公平だなぁ」
悦治はおどけた感じで言う。すかさず私も、
「そうだよな。俺、おっぱいもお尻も見ちゃったし……。ごめんな」
と言ってみた。麻衣の裸を見られるのはイヤだけど、下着くらいなら……。そんな気持ちだった。

「それもそうだね。あとで消せるしね」
麻衣はそう言って、テレビの前からどいた。アップになっている麻衣の胸チラ。画面が大きいので、実物よりも大きく見える。白くて柔らかそうな上乳。あらためてこうやって見ると、大きいなと思う。悦治の彼女のおっぱいも大きかったけど、麻衣のも負けていないと思う。そして、麻衣の方が色白なので、ちょっとだけ綺麗だと思う。

「じゃあ、続けようか。今度は場所変えて、寝室で」
そう言って、麻衣を移動させようとする。
『えっ? 寝室で?』
麻衣は、さすがに抵抗を感じているようだ。
「ここだと、間接照明がないでしょ? ムードのある写真も撮ろうよ」
悦治は落ち着いた口調で説明する。
『う、うん』
戸惑いながらも押し切られた麻衣。私も、少し戸惑っていた。でも、何となくドキドキして興奮したような感じになっていく。


そして、寝室に移動して間接照明にし、撮影を始める悦治。ちょっと暗いけど、カメラは大丈夫かな? と思ったが、問題なく撮影を続けている。最近のカメラは、性能が良いんだろうなと思う。

「良いねぇ、セクシーだよ。上唇ちょっと舐めてみて」
「もっと、切ない顔で」
「口、半開きにしてみて」
さっきとは違い、セクシーに写るような指示をする悦治。照れて恥ずかしがっていた麻衣も、セクシーな顔が出来るようになってきた。私は、麻衣のそんな表情を見たことがなかったので、ひどく興奮してしまった。

「じゃあ、ベッドに座ろうか」
麻衣は、指示通りにベッドに座る。
「良いねぇ、もっと腕をクロスして。そう、持ち上げる感じで」
悦治は、そんな指示をする。すると、麻衣の胸がもっと強調されて、胸チラもよりはっきりと見えてくる。

「脚組んでみて」
悦治は、今度は麻衣の脚を撮し始めた。ホットパンツなのでパンツが見えるようなことはないが、太ももを接写されているというシチュエーションが、私の嫉妬心を刺激した。麻衣は、脚を組み替えたり、拡げたりしながら撮影され続ける。リビングでの撮影の時は、笑ったり話したりもしていた麻衣だが、今は少し上気したような顔で黙っている。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ここでしか読めないオリジナル体験談 更新案内

アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・地味で押しに弱い彼女が、ナンパものAVに出ていた
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません完
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた完
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・妹とのエッチをいとこ姉弟に聞かれたら、スワッピングになった
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
[ 2017/01/22 23:17 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

でかちんの相方と双子のママをゲットした話

名古屋在住の双子の子持ちママで、25歳人妻綾香ママを”相方でかちん”とゲットした時の事。

俺の自宅の近隣にある団地住まいの綾香ママを初めて見た時から、俺の相方で通称”でかちん”と綾香ママの行動を監視しながらお近付きになるチャンスを狙ってました。
[ 2017/01/22 22:07 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※嫁のキョウコがデカチンの友人に寝込みを襲われた

俺は25歳の社会人で、ホントにどこにでもいるような特徴のない男だ。
175cm、72kg、ちょっと太り気味の内向的なキモオタだ。

だが、奇跡的に最近結婚した。
しかも、嫁はかなり可愛い。
嫁のキョウコは、まだ21歳で、ピチピチの若妻だ。
彼女が短大の時に知り合い、卒業と同時に結婚した。
知り合ったのは、いわゆるオンラインゲームだ。
ゲームの中で知り合い、色々と助けてあげているうちに、キョウコの方から一度会いたいと言い出した。
[ 2017/01/22 20:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

AV出演でバツイチになった女性と結婚した結果

バツイチの俺は、14年前、36歳の時に32歳のバツイチ女性と再婚した。

お互い子供がいたが、親権は相手側にあった。

俺の離婚原因は俺の浮気、妻の離婚理由はAV出演だった。
[ 2017/01/22 17:14 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

息子のエロ本を見つけた私は、セーターに黒タイツで気持ちに応えました

息子の部屋を掃除していたら、ベッドの隙間からエロ本が出てきました。息子は13歳、私と二人暮らしの母子家庭です。仕事で忙しくてなかなか息子にかまってあげられないうちに、エロ本に興味が出てきた息子の成長に驚きました。ゴミ箱には精液を拭き取ったらしいティッシュが無造作に捨ててありました。
[ 2017/01/22 12:07 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

・寝取られ夫としては、妻が他人棒でよがり狂うところを目の当たりにするのは


妻をそそのかしてキモ男の集まる部屋に連れ込み、全員にまわしてもらいました。
やはり複数プレイはやめられません。妻を1本では満足できないカラダに調教する。。
寝取られ夫としては、妻が他人棒でよがり狂うところを目の当たりにするのは至高の喜びでして・・・。



来週、主産予定の臨月妊婦の美人妻!エッチが大好きで仕方がない奥さん。旦那がタンパクで、あまりSEXしてくれなくて、毎日オナニーしてるスケベな奥さん。後4~5日で出産するにもかかわらず、他人棒にむしゃぶりついて、バックでガンガン突かれて大量中出し!



久しぶりい何かチンポにビンビンくる綺麗な人妻のSさんと出会った!
顔がタイプとかは置いておいて抱きたい綺麗さとでもいいましょうか
説明が難しいですがとにかく抱きたい女性とでも言っておきます。
彼女の情報をは一応…人妻、2人の子の母、女性用のエステ(マッサージ?)勤務ということです。
[ 2017/01/22 11:50 ] コンテンツマーケット | TB(0) | CM(-)

・僕が仕事復帰した人妻主婦とヤレちゃった話


僕が仕事復帰した人妻主婦とヤレちゃった話をします!

育児休暇も明けて仕事復帰した彼女二人にアンケートモニターを
していただきました。彼女達・・・・育児に仕事に頑張ってるんですね。
そこで僕は癒しのエステを無料で付けてあげる事にしたんです。
もちろん二人っきりで・・・・。

おやぁ・・・随分と・・・。
忙しくて旦那さんにも構ってもらえない彼女達の本音が垣間見えるんです。
こんなにエッチな身体をしているのに勿体無いなぁ。
せっかくなので僕が旦那さんの代わりに中出しして満足してもらいましょう。

本当は疼いて仕方がない身体をしっかりほぐしていきたいと思います。


[ 2017/01/22 11:27 ] 寝取られ・人妻コミック・CG | TB(0) | CM(-)

・愛する夫のために… 上司に抱かれた妻


母乳ママ ~変態マゾ若妻の中出しSEX~
出産前、妊婦期にAV出演した上原みくが出産して華麗にカンバック。変態NTR趣味の夫が呼び出した男に母乳を晒し、セックスまでさせてしまう純真依存症若妻。豪快に母乳を撒き散らしながら夫が見てる前で感度の上がった痴態を曝け出す。まだあどけないおさな顔の『19歳若妻・みく』の貴重な母乳エロスをご堪能下さい!!


夫へ宛てた寝盗られビデオレター
夫へ向けてビデオレターを撮影する人妻・あゆみの変態告白。カメラに向かい卑猥淫語のマンズリ見せつけたら「若いチ○ポしゃぶって楽しんでまーす(笑)」と夫の居ぬ間に見知らぬ男と不倫性交。今度はコスプレしてカメラの向こうの夫に魅せつける様な濃厚接吻。他人チ○ポと生ハメSEXを楽しみ「種付けされちゃった♪」と膣内射精に悦ぶ!卑猥な落書きした身体に再び中出しされ、最後は大量ザーメン顔射のド変態SEX5発射!


愛する夫のために… 上司に抱かれた妻
愛する夫を助けるために他人に抱かれることを選んだ妻たち。歯を食いしばり感じないように我慢する妻たち。他人棒が容赦なく妻たちに突き刺さる!初めて味わう夫以外のサオに妻たちは…。
[ 2017/01/22 11:23 ] 寝取られ・人妻動画 | TB(0) | CM(-)

性欲のない嫁だと思っていたのに

妻は性欲が無く、夜求めてもほとんど断られます。
年齢も33歳と今が一番いい時だと思うのですが、さっぱりです。
皆さんの様に自慢と言える位の美人ではありませんが、胸はDカップ程あり
身体もムチムチしていて、私は毎日でも妻を抱きたい位なんです。
[ 2017/01/21 22:10 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

・アパート住まいの人妻ウィッチ


閑静な住宅街に住む「新山真由」は、見かけ上は平穏な生活を送っている。
しかしその正体は――年少の男子を犯し殺した罪で魔界を追放された罪人××。
未だに欲求が抑えられなくなる真由は、しばしば道を歩く少年に声をかけ、自身のアパートへと連れ込む。
畳の上で繰り広げられる体液に塗れた禁断の交尾は、真由の旦那が帰ってくる直前まで続くという。
――そんな噂話を聞いて、一人の少年が真由のもとを訪れた。
まだ精通もしていないその少年は、真由の黒い魅力に段々と惹かれていく……。


[ 2017/01/21 20:05 ] 寝取られ・人妻コミック・CG | TB(0) | CM(-)

・彩音かのん【仮名】27歳 婚約者に内緒で上京AVデビュー


結婚式を3ヶ月前に控える彼氏とはすでにセックスレスの‘かのん’さんは欲求不満を解消するため出来心で携帯の出会い系サイトに登録。そこでAV監督の嵐山みちると知り合いメールする仲になり今回の撮影までに至りました。「結婚もAV出演も勢いだ!」と語る彼女は美しい乳房とパイパンマンコを披露し1晩で88回もイキまくります。溜まっていた性欲を出しきった彼女はどこか哀しそうにも見えました。


本物人妻理容師が本格AVデビュー 他人棒10本の快楽に溺れ淫乱覚醒3本番
現役人妻理容師が本格AVデビュー!!発掘素人が専属女優へ!!旦那の浮気が発覚し当てつけに再び撮影志願。前回のSEXよりも激しい刺激を求める彼女に他人棒10本を用意し濃密な3本番【濃厚オヤジとベロキス性交・カリ太チ○ポで絶頂痙攣性交・W激ピストン3Pセックス】と人生初の顔面に大量のザーメンをぶっかけて淫乱覚醒!!理性が崩壊していく貞淑な人妻の乱れ狂うイキ姿をご覧ください…。


ケダモノ妻を派遣します。発情痴女のギンギン誘惑中出し性交
淫乱ケダモノ人妻が在籍するドスケベ痴女デリバリー。底ナシの性欲に射精サービスは無限エスカレート【エロ下着で訪問即フェラ・デカ尻顔騎中出しSEX・ヌルヌル密着尻コキ暴発・寸止め小悪魔責めパイズリ挟射・強制淫語責め痙攣中出しSEX最後は凄い挟射】肉食系人妻の欲求不満が爆発し絶倫チ○ポを8発射精と発情痴女に抜かれっぱなし!!
[ 2017/01/21 20:00 ] 寝取られ・人妻動画 | TB(0) | CM(-)

※なまりのある彼女と、俺の親友の秘密レッスン

俺は大学3年生で、実家を継ぐことも決まっているので、就職活動で必死になってる仲間達をよそに、のんきに過ごしていた。
気ままな一人暮らしだったんだけど、付き合って2年ほど経つ彼女の玲奈と、最近同棲を始めた。
玲奈は、岩手出身の身長162cm、体重50kg前後? の、可愛いらしい女の子だ。短めの髪はボサボサになっていることも多く、ファッションとかにも無頓着で、ちょっと天然な性格だ。

時折言葉に方言というか、なまりが混じり、それを指摘すると、顔を真っ赤にしてムキになるのが可愛いと思っている。
[ 2017/01/21 20:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

人妻ですが、パーティーで知り合った外人達と

前に3年前に主人の会社の代表との最初の夜のセックスについて投稿しました。読んでくださった方が投稿してくれたお返事を読んで、自分のみだらなセックスを見せているようで興奮してしまいました。

結婚前はセックスフレンドもいたり遊んでいましたが、結婚後は貞淑な妻をしていたのに・・・私は告白した3年前から淫乱な妻になってしまいました。
[ 2017/01/21 17:32 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

隣の家は冬場は旦那が出稼ぎに出るので、私がお相手します

隣の家は東北の農家で、冬季は旦那さん(47歳)が単身出稼ぎにいっている。奥さんは45歳で年齢よりは若く見える。子供も2人居る。

私は44歳、独身です。旦那さんがもう2ヶ月以上出稼ぎに出ているある日、村で飲み会が行われ、タダ酒ということもあり、しこたま飲んだ。
隣の奥さん、マコさんも相当飲み、家が隣ということもあり、肩をかして歩いていた。
[ 2017/01/21 12:28 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

・隣のヤンキー妻に媚薬入りのお菓子をおすそ分けしたら寝取り中出しできた


隣に住む奥さんは現役を彷彿とさせるヤンキー奥さん。さすがに卒業しているようだが、マザコン風の旦那さんをいびってばかり。いつしか旦那さんが出て行ったのか、静かな日々。奥さんはマンション共有部で喫煙したり、ゴミ出し日が適当だったりと、ご近所に少し迷惑を掛ける困った人だが、なかなかの美人。一発やりたい!そう思って考えた方法が…



時間を止めて、いじめっ子の母親にいたずら中出し
ある日のこと。シンジは発明大会で優勝したメダルを、いじめっ子の剛太に取られ、しかも頭を殴られてしまう。その件で剛太の家にクレームを付けに行くと、母・千明が「殴られる貴方の方に責任があるんじゃないの?」と、逆ギレをしてきた。頭にきたシンジはタイムストッパー01号を作成し、千明をぎゃふんと言わせてやろうと企んだ…。


僕の知らない妻を見たくて…
まゆみ。37歳。T153cm B85cm(Dカップ)W55cm H83cm。結婚13年目。以前は人材派遣会社で管理職として勤め、現在は専業主婦。
[ 2017/01/21 01:11 ] 寝取られ・人妻動画 | TB(0) | CM(-)

・少子化対策による種付け義務化法案


2052年日本。予測を上回る少子化に政府は頭を抱えていた

そんな中、研究によりある特殊なDNAが発見される
そのDNAは、病気に強く健康で、何より『繁殖能力が異常に高い』という特性を持っていた。
政府はそのDNAに、少子化対策の希望を見い出し、ある法律を可決する
それが…


『少子化対策による種付け義務化法案(通称STTG法)』


この法律選ばれた男は、その優秀なDNAを残すため
より多くの女性とセックスをし、子孫を残す義務を負う。
また女性は、何時いかなるときもこれが拒む事は出来ない
つまり、この法律に選ばれた男は


『いつでも何処でも女とセックスが出来る!』


[ 2017/01/21 00:22 ] 寝取られ・人妻コミック・CG | TB(0) | CM(-)

腹上死した夫と、それを助けてくれた若いパティシエ

私は20歳の娘がいる48歳の未亡人です。
20年前に夫婦で洋菓子屋を開業。
途中で男の子(K君)を住込み職人として雇いましたが、その彼も今では25歳。
立派なパティシエになり、頼もしい限りでした。
[ 2017/01/20 22:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

夫婦げんかでうちに転がり込んできた母と

お母さんと母子相姦するようになったのは父と夫婦喧嘩をした母が家を飛び出してきて、僕のマンションに転がり込んできたことから。
偶発的というか成り行きで、僕が母を性欲処理のはけ口にして無理やり犯してしまったのです。
夜の8時頃、マンションのインターホーンが鳴り、モニターを見ると、母が1階のエントランスに来ていました。
[ 2017/01/20 20:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
ランキング