月別アーカイブ  [ 2017年10月 ] 

≪ 前月 |  2017年10月  | 翌月 ≫

子育ても落ち着いた妻が、クスリを飲まされてキメセク地獄に堕ちていた3(ブロマガ転載禁止)

私は、射精しながらうめき声が出そうになるのを抑えていた。ネットカフェなので、いくら個室ブースでも変な声は出しづらい。
画面の中では、対面座位のまま中出しされている妻が、獣じみた声をあげている。気持ちよさそうと言うよりも、我を忘れてうめいているという感じだ。私は、妻のはしたない姿を見ながら、手も触れずに射精してしまったことに動揺していた。昔、それこそ学生の頃に夢精した経験はあるが、こんな風に起きているときに手も触れずに射精してしまうなんて、経験もなければ聞いたこともない。

「スゲぇ出た。どうだ、旦那より良かっただろ」
男は、ニヤけた顔で言う。妻は、
『ひどい……。中に出すなんて、話が違います』
と、小さな声で言う。

「はぁ? 中でイッてって言っただろ?」
男は、小馬鹿にしたように言う。
『そ、それは……。この動画、消してくれるんですよね?』
妻は、不安そうに言う。
「あぁ、俺を満足させたらな。まだ満足してねーよ」
『そ、そんな……』
「よし、とりあえず脚広げろよ」
『えっ? 広げるんですか? そんなの恥ずかしいです……』
妻は、脚を内股にして恥ずかしそうに言う。でも、全裸なので胸は丸見えだ。

「消して欲しくないのか?」
男は、冷たい口調で言う。すると、妻はゆっくりと脚を広げ始めた。すぐに妻のアソコが見えてくる。内ももまで濡れていて、膣口からはドロッとしたザーメンが流れ出ている。
妻の胎内から他の男のザーメンが流れ出ているのを見て、私はまた勃起してしまった。
『こ、これでいいですか……』
妻はうつむいて震える声で言う。
「よし、こっち見ろよ。それで、浮気チンポに中出しされちゃいましたって言ってみろよ」
男は、からかうような口調で言う。本当に楽しそうだ。
『そんなの言えません!』
妻は、叫ぶように言う。
「消さなくていいんだ」
男は、感情の起伏もなく言う。
『そ、それは……』
妻は、言葉に詰まってしまう。
「じゃあ、言ってみろって。おまんこも指で拡げながらだぞ」
男は調子に乗って指示をする。
『……はい』
妻は観念したように返事をすると、両手で自分のアソコを拡げ始めた。さらに流れ出てくる男のザーメン……。私は、妻がこんなにひどい目にあっているのに、ただ興奮して見ているだけだ。
「おぉ、エロいな。ほら、言ってみろ」
『……浮気チンポに、中出しされました』
妻は、抑揚のない声で言う。
「なんだそれ。やる気ないならネットに流すぞ」
『ご、ごめんなさいっ。どうしたらいいですか?』
パニックになった感じの妻が、すがるように言う。
「もっと笑顔で、俺が喜びそうなこと言えば良いんだよ」
男は、そんな抽象的なことを言う。

『うぅ……。み、見て下さい。淫乱な私のおまんこに、浮気チンポが中出ししてくれました。す、すごく気持ち良かったです』
妻は、泣きそうな顔のまま無理矢理笑っている。
「良いね。わかってきたじゃん。どう気持ち良かった? 何と比べて気持ち良かった? ほら、もう一回言ってみろよ」
男は、そんな指示をする。
『……み、見て下さい。淫乱な私のおまんこに、夫より大きな浮気チンポが中出ししてくれました。夫とのセックスよりも、ずっと気持ち良かったです。いっぱいイッちゃいました』
妻は、目を真っ赤にしている。涙こそ止まっているが、泣きながら笑っているような状態だ。

「いいねぇ、AVみたいじゃん」
男は、嬉しそうに言う。

『もういいですか? 消してくれるんですよね?』
妻は、懇願するような言い方だ。私は、妻がとんでもない事に巻き込まれてしまったなと、今さら焦りだしていた。実際のところ、この動画は消されるどころか、限定的ではあるが販売されてしまっている……。
いったんネットの海に流れ出た動画は、完全に削除することは難しいと思う。

「まぁ、待てよ。ちょっと目隠しするぞ」
男はそう言って、また妻の目に目隠しをした。ヘアバンドの大型判のような簡単な目隠しだが、妻の顔の3分の1くらいが隠れた。
『な、何するんですか?』
妻は、不安そうな声をあげる。すると、いったん男がいなくなり、戻ってきたときは手に小さな注射器のようなものを持っていた。そして、脚を広げたままの妻の足元に移動すると、それを妻のアソコのあたりに突き立てた。
『あぁっ、な、なんですか? うぅっ』
妻は、痛みを感じて叫んだ。でも、あっという間に注射は終わり、男は抜いてまた画面から消えた。

『何したんですか? 何を打ったんですか?』
妻は、本当に不安そうだ。私も、妻がなにをされたのか心配でしかたない。でも、この動画を撮られた後、ちゃんと帰宅しているので、命に関わることではないのは確かだ。
すると、男が戻ってきて、手には電動マッサージャーを持っていた。AVなんかでは、電マと言われて大人のおもちゃ扱いされているタイプのアレだ。
妻は性欲が強めで積極的だけど、私とのセックスで大人のオモチャは使ったことがない。

男は、無言で電マを妻のアソコに当てると、スイッチを入れた。うなるような音が響くと、
『うぅあぁっ、な、なにこれ、うぅあっ、と、止めてっ! ダメっ! うぅあっ! あぁ〜っ!』
妻は、慌てて脚を内股気味にしながら叫ぶ。でも、男は電マを押しつけ続ける。
『アァッァッ、イヤッ、ダメっ、うぅあっ! あぁっ! あぁっ〜っ! 止めてっ! お願い、止めて下さいッ!』
妻は、手を伸ばして電マを掴もうとする。でも、男はそれをさえぎり、電マを当て続ける。
妻は、腰を引いたり、身体を横にして逃れようとする。でも、男がそれを阻止し、
「動くなって。消さねーぞ」
と、冷たく言うと、抵抗をあきらめた。

『うぅっ、うぅっ、うぅ〜っ! んっうぅ〜っ!』
妻は、歯を食いしばるようにしている。それでも、うめき声のようなものが漏れ続ける。男は、電マを操作して振動を強くする。響いてくる音が、さらに甲高くなる。
『うぅう゛っ!!』
妻は、必死で歯を食いしばる。でも、しばらくすると、
『ダメぇっ、イ、イッちゃうっ、こんなのイヤッ! お願いっ、止めてっ! うぅああっ!』
と、首を左右にブンブン振りながら叫ぶ。こんなオモチャで気持ち良くさせられるのがイヤなようだ。妻は、目隠しされたまま必死で叫ぶ。もう、オルガズムに達する寸前という感じがする。すると、男は、電マのスイッチを止めた。
『うぅっ、ど、どうして?』
妻は急に電マが止められたことで、少し戸惑い気味に言う。
「へ? 止めろって言ったじゃん」
『……ありがとうございます』
妻は、元気のない声でお礼を言う。

すると、男はまた電マを妻のアソコに押し当てた。
『うぅあぁっ、ダメぇ、イ、イッちゃうよ、イッちゃいそうなの、あぁぁっ!』
妻は、さらに声のトーンが高くなった感じだ。男は、無言で電マを当て続ける。
『も、もうダメ、ダメっ、ダメぇ〜っ! イクッ! イクッ!』
男は、妻がクライマックスに突入していくタイミングで、また電マのスイッチを切った。

『ど、どうして?』
思わず声を漏らす妻。今度は、止められたのが不満という感じだ。
「なにが? やっぱり続けて欲しいのか?』
男は、冷たい声で言う。
『そ、それは……』
妻は、思わず口ごもる。
「イクとか言ってただろ? もっと気持ち良くなりたいんじゃないのか?」
男は、笑いながら言う。
『な、何を注射したんですか? こんなの……おかしいです……』
「何がおかしいんだよ?」
『その……。すごく敏感になってるみたいで……』
妻は、モジモジしながら言う。さっき注射されたのはなんだろう? その影響で、妻は敏感になってしまっているのだろうか?

「なんだよ、やっぱり感じてるんじゃねーかよ。どうだ、続きして欲しいんだろ?」
男は心底楽しそうに言う。妻は、モジモジと脚を内股にしながら、
『も、もう許して下さい。動画、消して下さい』
妻は、泣きそうな顔で言う。
「だから、満足させてくれよ。満足させてくれたらすぐに消すから」
男は、そんな事を言う。でも、そんな約束は守られなかったということだけはわかっている。

『わかりました。続けます……』
妻はそう言うと、男に近づきペニスをくわえ始めた。妻は、必死という感じでフェラチオを続けていく。頭を前後に激しく動かしながら、男を満足させようと必死の動きをしている。しばらくそのままフェラチオが続いたが、妻は男のものをくわえ込みながら、自分のアソコをまさぐり始めた。
『んっ、んっ、んっくぅ、うぅ』
うめき声をあげながら、フェラチオを続ける妻。私は、自分の目が信じられなかった。フェラチオしながらオナニーのようなことをしている? 私は、妻がそんな事をしているのがどうしても信じられない。

「なに勝手にオナってんだよ。マジでド淫乱だな」
男は、妻の動きを見逃さずに言う。
『だ、だって、おかしいの……。なにをしたんですか? こんなの……変です』
妻は、動揺したような感じで言う。でも、アソコをまさぐる手の動きは止っていない。
「スゲぇ上物だぞ。なかなか手には入らないヤツだよ。スゲぇキマってるだろ? いまチンポ突っ込んだら、天国行っちまうぞ」
男は、笑いながら言う。
『こ、こんなの……ダメなのに……。お願い……い、入れて下さい。我慢出来ない……』
妻は、苦しげに言う。でも、アソコをまさぐる手の動きはさらに早くなっている。自分でもコントロール出来なくなっているような感じなのかもしれない。
「もう止めて欲しいんじゃないのか?」
男は、からかうような口調になっている。
『身体が……変なの。お願い……欲しい……』
妻は、アソコをまさぐりながら切なげな声をあげる。私は、クスリの影響とはいえ、妻が他の男を求めている姿を見て、恐ろしいほどに興奮してしまった。そして、我慢出来ずにペニスを取り出し、しごき始めてしまった。さっき暴発してしまったザーメンでドロドロのペニス……それがローションが割になっているようで、普通にしごくよりもはるかに気持ち良い。

オナニーをする私の目の前で、妻が同じようにオナニーをしながら挿入をねだっている……。
「おねだりの仕方、忘れたのかよ」
男は、勃起したペニスを握り、前後左右に振りながら言う。まるで、ジョイスティックでゲームでもしているような動きだ。
『……私の淫乱なおまんこに、夫のより太くて大きなおチンポ、い、入れて下さい……』
妻は、震える声でそう言った。
「バックでケツ突き出して言えよ」
男は、さらに注文をつける。すると、妻はノロノロと四つん這いになり、男の方にお尻を向けた。こんな風に、四つん這いになっている妻を客観的に見ることもないので、見てはいけないものを見てしまったような気持ちになる。

妻はお尻を突き出すようにして持ち上げると、アソコを指で拡げ始めた。再び流れ出す他人棒のザーメン……。私は、オナニーをしながらそれを見つめている。どう考えてもまともではないと思うが、手を止められない。

『こ、これでいいですか? お願いします、入れて下さい』
妻は、泣きそうな声を出している。
「そんな格好で、おねだりかよ。旦那に悪いって思わないのか?」
男は、素直に挿入しようとはせず、そんないじわるを言う。
『言わないで……お願いします。もう、ダメなんです……。身体が熱くて……。入れてください』
妻は、途切れ途切れに言う。罪悪感を感じているような感じだ。私は、申し訳なくなってしまった。私に対して罪悪感を感じている妻を見ながら、オナニーをしている……。我ながら、ひどい夫だと思う。でも、この異常な興奮はおさまる気配もない。本当なら、警察に行くとか、妻を病院に連れて行くとかをしなければいけないのかもしれない。でも、私は狂ったようにペニスをしごき続けている。

「そんなに欲しいのか。しかたないなぁ」
男は、からかうように言うと、妻の後ろに回り込む。そして、その大きなペニスを握ると、妻のアソコにあてがった。
『うぅ』
焦らされた妻は、うめき声をあげる。でも、どこか気持ちよさそうな声だ。男は、ペニスを押し当てたまま上下に動かしてこすりつけていく。すんなりと入れないで、焦らすつもりのようだ。
『うぅ、お、お願いします。入れて……おかしくなっちゃう……早く、入れて下さいぃ』
妻は、自らアソコを拡げたまま懇願する。私は、妻のそんな言動が信じられなかった。確かに、どちらかというと妻は肉食系で、セックスが好きな方ではあると思う。それでも、こんなにはしたない姿をさらして事はない。

「自分で入れろよ」
小馬鹿にしたような言い方をする男。
『えっ? この格好でですか?』
戸惑う妻。男は、
「イヤなら入れなくてもいいぞ」
と、言った。すると、慌てて妻が、
『い、入れます、待って!』
と言って、腰を動かし始めた。バックの体勢のまま、お尻を男に近づけていく妻。カメラのアングルが変わり、真横からになる。長くて太いペニスが、ズブズブと入っていくのが見える。
『うぅあぁ、太い……あぁ、ダメぇ、太いのぉ』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


※妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる

27歳で結婚し、それがきっかけで親の会社を継いで3年、意外なほど上手く行き、会社の事業規模を2倍にする事が出来た。それも、全て妻の純子のおかげだと思っている。私にはもったいないほどの女性で、顔も美しくて上品な上に、Eカップの美巨乳でもある。笑った顔が、アナウンサーの夏目三久に似ていると思うのは、夫のひいき目だけではないはずだ。

そんな妻に、苦労や心配ををかけたくない一心で、私はがむしゃらに働いた。多少、妻には寂しい思いをさせてしまったかも知れないが、それでも同年代の平均的なサラーリマンの4倍以上を稼ぐようになったので、そこは大目にみてもらいたいと思う。

そんな風に忙しい日々を送っていたので、子作りはもう少し後にしようと言って、ここまで作らずにきた。でも、仕事も落ち着き、従業員も順調に育ってきているので、私は少しのんびりとして、妻との時間を増やそうと思っていた。

【続きを読む】
[ 2017/10/31 22:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女が酔って変なことを言ってきた

以前付き合っていた彼女と別れ、少しした時の話しです。

彼女とは、出会い系のサイトで知り合いました。
出会い系もあまり使った事も無く、どうせ軽い女の子ばかりだろうと思い、知り合った女の子と付き合うなんて考えてもいなかったのですが。

【続きを読む】
[ 2017/10/31 21:12 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

お世話になってる先輩が寝てる横で妻とセックスしてみたら

政令指定都市N市にある私立大の○○情報研究会っていうサークル。

入学後、とりあえず仲間欲しさに入ったサークルに葉子がいました。

素朴だけど整った顔立ちの「地味系美人」とでも言おうか、

ローカルな信用金庫の窓口にいる可愛いお姉さんって感じの子でした。

【続きを読む】
[ 2017/10/31 18:02 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺7(ブロマガ転載禁止)

結局、嫁は妊娠しなかった。
『赤ちゃんって、なかなか出来ないんだね。次は頑張ろうね』
嫁は、残念そうに言った。俺は、そうだねと言いながら、心底ホッとしていた。あのタイミングで妊娠したら、拓の子供か俺の子供かわからなくなっていたと思う。

そして、拓も一つの決断をした。拓は、携帯の番号やアドレス、住んでいる場所まで変えた。俺が、申し訳ないと言うと、
「いや、俺もヤバい感じだったしな。里帆ちゃん本当に良い子だから、マジになりそうだったわ」
笑いながら言う拓。でも、少し寂しそうな感じはある。俺は、もう一度謝った。
「良いって、それよりも、里帆ちゃん大切にな。それに、ちゃんと見とかないと、浮気されるぞ。里帆ちゃん、意外にエッチだからな」
拓はそう言って電話を切った……。

それからは、少し大変だった。嫁は、めっきりと元気がなくなってしまった。俺がどうしたのと聞いても、笑顔でなんでもないと答えるが、全然目が笑っていないような状況だ。夜中に、泣いていることもある。俺は、俺の仕組んだことでこんなことになってしまい、罪悪感が凄く大きかった。

そんな日が1か月ほど続いたある日、嫁が急に明るい嫁に戻った。俺は、色々と聞きたいことはあったが、吹っ切れたんだろうなと判断して何も聞かなかった。ただ、あまりにも明るく元に戻った嫁を見て、拓とよりが戻ったのかな? とか、またお客さんにナンパされて良い相手が見つかったのかな? などと、疑念を持ってしまった。

拓にそれとなく探りを入れるが、拓は拓で恋人が出来ていて、同棲まで始めていた。俺は、嫁に対して疑いの気持ちを持ってしまっていた。でも、明るさを取り戻した嫁は、中断していた子作りも再開してきた。

風呂上がり先にベッドに入っていると、嫁は裸にタオルを巻いたまま寝室に入ってきた。そして、ベッドに入る直前タオルをハラッと外し、俺に抱きついてくる。
『今日は赤ちゃん出来るかな? 雅くん、頑張ってね』
すでに上気した顔で言ってくる嫁。俺は、疑う必要はないのかな? と、安心する気持ちが大きくなる。嫁は、俺に覆いかぶさってキスをして来る。それと同時に、パジャマのズボンの上からペニスをまさぐってくる。
『カチカチだね。もう興奮してるの? 雅くんはエッチだなぁ〜』
嫁は、上機嫌で言うと、俺のパジャマとパンツを脱がせてくる。あっという間にペニスが剥き出しになる俺。俺は、猛烈に恥ずかしい気持ちになる。きっと嫁は、拓のペニスと比べているはずだ……。そんな思いに陥ってしまう。

嫁は、急にそのFカップの胸で俺のペニスを包み込んできた。軟らかい肉に包み込まれ、今までにない快感を感じる。
『どう? パイズリだよ〜』
嫁は、明るくそんな事を言う。いままで、パイズリなんてしてもらったことはない。嫁は両手で胸を押さえつけ、そのまま上下に動かし始める。軟らかい肉が俺のペニスをこすり上げ、本当に気持ち良くなってくる。俺は、気持ち良いと思いながらも、誰の影響なのだろう? と、疑いの気持ちを持ってしまった。

「どうしたの? こんなの、初めてじゃん」
俺は、重い気持ちで質問した。
『うん。女性誌に書いてあったんだ。男の人が喜ぶテクニックだって』
嫁は、無邪気に言う。確かに、最近の女性誌なら、そんな事まで書いてあってもおかしくないなと思う。
「ありがとう、すごく気持ち良いよ」
俺は、疑念を押し隠してお礼を言った。
『喜んでくれて嬉しいな。もっと、気持ち良くなってね』
そう言って、嫁は一生懸命にパイズリをしてくれる。この1ヶ月くらい、暗く沈み込んでいたのがウソのようだ。

でも、早漏の俺は、イキそうになってしまっていた。
「ゴ、ゴメン、出ちゃいそう」
俺は、情けない気持ちで謝った。すると、嫁はさらにパイズリを加速する。
『良いよ、イって。1回イッた方が、長持ちするでしょ?』
嫁は、そんな事を言う。俺は、情けない気持ちになりながらも、圧倒的な快感に逆らえず、射精してしまった。
『キャッ、いっぱい出てるね。ドクドクしてる』
嫁は、嬉しそうに言う。俺の精液は、嫁の胸の中程で暴発すると、嫁の首筋あたりまで飛び出していく。
「ゴメンね。これじゃ、子作り出来ないね」
俺は、早漏なのを恥ずかしく思いながら謝る。すると、嫁はそのまま胸を開き、俺のペニスをくわえてきた。強烈にバキュームされて、柔らかくなりかかっていたペニスが、一気に固さを取り戻していく。
『これで大丈夫でしょ? ねぇ、いっぱい気持ち良くしてね』
嫁はそう言って、仰向けに寝転がり、脚を広げていく。俺は、我慢出来ずに嫁に覆いかぶさった。

俺は、嫁の膣中にペニスを挿入しながら、自分のペニスが小さいことを残念に思った。俺のペニスが入って行っても、嫁は拓の時みたいに乱れない。敗北感を感じながら腰を振り始めると、
『あっ、ンッ、雅くん、気持ち良い。もっと、もっとしてっ』
と、嫁は俺のことを見つめながら言う。気持ちよさそうな顔で、甘い声をあげてくれている。拓とのセックスさえ知らなければ、俺も満足して幸せな気持ちになれたと思う。でも、いまの嫁のあえぎ方は、拓の時の半分以下だ。まったく感じていない……と言っても、言いすぎじゃないような気もする。

俺は、まったく嫁を満足させていないなと思いながら、それでも頑張って腰を振った。
すると、嫁が身体を折り曲げるようにして俺の乳首を舐めてきた。すごく舐めづらいと思うが、身体の柔らかさを生かして舐めてくる。一気に快感が増し、射精感も強くなってくる。さっき出したばかりなのに、もうイキそうな気配がしてきたことに、心底情けなくなる……。

『ふふ。雅くんの、カチカチだよ。気持ち良い? イッちゃう? 中でイッてね』
嫁は、嬉しそうな顔で言う。でも、俺は情けなくて泣きそうな気持ちになっていた。そして、そんな気持ちのまま、嫁の中に射精した……。
『熱いの出てるよ。赤ちゃん、出来ると良いね』
嫁は嬉しそうに笑いながら、キスをしてくれた。

こんな風に週に2回も3回も子作りをするようになった。俺は、幸せな気持ちだった。そして、疑いの気持ちも消えていった。

そんなある日、たまたま嫁のパートするホームセンターの近くを通りかかった。お客さんとのアポまでまだ時間もあり、ちょっと覗いてみようと思った。店の中に入ると、嫁はどこにもいなかった。今日は、働いているはずだ。休憩かな? と、思いながら店を回る。

そして、人のよさそうなおばさんに声をかけ、いかにも知り合いのように、今日は嫁はいないのかと聞く。すると、怪訝そうな顔で、もう辞めたと言われた……。俺は、パニックで声も出ないまま店を出た。

嫁は、どこに行っているのだろう? 働いていない? もう、パニックだ。でも、パニックになりながらもアポイントの時間もあり、仕事に戻った。

そして、集中出来ないまま仕事を続け、なんとか仕事を終えると少し早めに帰宅した。
『あれ? 早いね! お疲れ様!』
妻はいつも通りに家にいて、いつも通りに夕食を作っている。俺は、ホッとしながらも、どこに行っていたのだろう? と、疑念が強まっていく。
「里帆も早かったね。今日はホームセンターの日だよね?」
俺は、嫁の出方をうかがうように聞いた。すると、嫁はまったく焦ることもなく、
『うん。今日はヒマだったから、ちょっと早めに終わったんだ』
と、言う。動揺も何も感じられない。あまりにも動揺がないので、もしかして、あのおばさんがウソを言ったのかな? と、思うくらいだ。考えてみれば、怪しい男がそんな事を聞いたら、いてもいないと言ってしまうのかもしれない。

『もうすぐごはん出来るよ。でも、ご飯炊けるまでちょっと時間あるから、食欲より先に、性欲じゃない?』
と言って、嫁は俺のズボンの上からペニスをまさぐってきた。どう考えても、最近の嫁は淫乱すぎる。今までしなかったようなことしてくるし、少しの時間でも、セックスをしようとする。

俺は、結局キッチンで立ちバックでセックスをすることになった。たっぷり中に出した後、何事もなかったように夕食を準備する妻を見て、俺はやっぱり何かおかしいと確信した。

そして、俺は嫁がどこに行っているのか調べるため、嫁のiPhoneに入っているグーグルマップの設定を変えた。ロケーション履歴が取れるようにする機能を、こっそりとオンにした。嫁のグーグルアカウントは、俺が管理している。といっても、メールもなにも使っていなくて、マップだけを使っているような状況だ。でも、最近はiPhoneのマップも使いやすくなっていて、グーグルマップはほとんど使っていないみたいだ。

俺は、こんなことをしている自分に、嫌悪感を感じていた。でも、知りたいという気持ちが上回ってしまった……。

そして、次の日の午前中、嫁がどこに行っているのかわかってしまった。ノートPCで履歴を見ると、まったく知らない場所に行っているのがわかる。そして、少なくても2時間以上はそこにいるようだ。

マップで見てみると、そこは雑居ビルのようだ。そこそこ繁華街の雑居ビル……。俺は、ストリートビューでそのビルを見てみた。すると、そのビルはいわゆる風俗ビルと呼ばれるようなタイプのビルだった……。

俺は、まさかと思いながらそのビルを検索した。風俗店以外も、何か入っているのではないか? そんな気持ちだ。でも、1階から5階まで、全て風俗店で占められていた……。

俺は、まったく信じられなかった。まさか、風俗店で働くなんて……あり得ない……。GPSの精度が悪くて、間違っている……。俺は、そう思った。

会社帰り、そのビルに寄ってみた。すると、1階はギャル系ヘルス、2階はピンサロ、3階はイメクラ、そして、4階と5階が人妻ヘルスだった。俺は、どうしても信じられない気持ちだった。

周りを見ると、古い雑居ビルやマンションが並び、嫁が行くような店はない。俺は、貧血にでもなったようにフラフラしながら、気がつくと公園のベンチに座っていた。そして、スマホでさっき見た店のサイトを見始めた。そして、4階と5階の人妻ヘルスのサイトに、妻に似たヘルス嬢を見つけてしまった。顔が隠されていて、キャミソールみたいな下着姿の身体だけだが、特徴的なFカップと、抜けるような白い肌、そして、少し太めの太ももが瓜二つに思えた。
プロフィールを見ると、年齢25歳の若妻、Gカップの美巨乳、おすすめの新人などと書かれている。嫁より若くて胸も大きいということになるが、こんなプロフィールはサバ読みなんて当たり前のはずだ。なにより、身長が全く同じなのが気になる。

嫁なんだろうか? 見れば見るほど、嫁に見えてくる……。でも、風俗で働かなければいけないような理由もないと思う。お金に困っているわけでもないし、借金もない。本当に、なにも心当たりがない。

俺は、確証を持てないまま、帰宅した。家に帰ると、嫁はいつも通り出迎えてくれ、夕ご飯もすぐに出てくる。そして、昨日に続いての子作りも始まる。俺は、嫁を抱きながら、さっきの風俗店のサイトの事ばかり考えてしまっていた。

でも、嫁が見ず知らずの男に性的なサービスをしている姿を想像したら、驚くほど興奮し、あっけなく射精してしまった……。
『どうしたの? 凄く興奮してたね。ビックリしちゃった』
嫁は、1分と保たなかった俺に、目を丸くしながら言う。嫁は、早漏を恥じている俺に構わず、お掃除フェラを開始した。丁寧に、口で綺麗にしてくれる嫁……。俺は、前はこんなことはしなかったのにな……と、暗い気持ちになっていた。あの風俗店のサイトの説明書きには、お掃除フェラは標準サービスと書いてあった。

俺は、嫁がお客さんにお掃除フェラをしているところを想像して、激しい嫉妬に襲われた。そして、嫉妬に狂ったように嫁に覆いかぶさり、立て続けのセックスをした。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


同じ会社で勤務する妻が社員旅行でやられていた

秋に起こった事件を書きたいと思います。

私、山本順(仮名)29歳と妻、由里子29歳は結婚2年半の夫婦です。

同じメーカー勤務の同期で現在も共働きです。

由里子は超難関の国立大卒の才女で経営本部の課長補佐です。

【続きを読む】
[ 2017/10/31 12:19 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった

毎年冬が来ると、息子と二人で毎週のようにスキーに行く。そして、温泉旅館にもよく泊まる。小学4年生の息子は、今のところ私とそんな風にスキーに行くのを楽しみにしてくれている。
そのうち、一緒に行ってくれなくなるんだろうなと思うと寂しいが、今はなるべく沢山一緒の時間を過ごしたいと思っている。

寒いところが苦手な妻と、まだ小さい娘はいつも留守番なので、男同士の気楽な旅だ。今回泊まった宿は、かなり山深く秘境の宿といった感じだ。息子も、金田一耕助の映画に出てくるようなロケーションの宿に、妙にテンションが上がっていた。

【続きを読む】
[ 2017/10/30 22:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

元カノと再会して、お互いに既婚なのに昔よく行ったラブホに行ってしまった

俺も彼女(31歳)も結婚しているので、一応W不倫ということになるのですが、全然罪の意識がないのが不思議な位です・・・。 この間の宿直明けの日に、近くのダイエーにDVDを買いに行ったんですが、そこでこの彼女とバッタリ。 子供生んでも体の線は全然崩れてなくて昔のまま。

【続きを読む】
[ 2017/10/30 20:20 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

つまらない自治会のバス旅行でも、ママ友の人妻と一緒なら楽しく過ごせた

今日は、俺(30)の住んでいる街の自治会バス旅行。

俺は世話係として参加している。

俺の住んでいるところは、輪番で班長を決めて、回覧物の配布とか自治会費の集金などをしているが、その他に自治会委員として自治会の手伝いもある。

【続きを読む】
[ 2017/10/30 18:01 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

不倫が終わろうとするとき、中に出して欲しいと彼女が言った

地元の同好会で知り合った恵美と、2年前から体の関係になりました。

恵美は38歳だけど、見た目は若く興味もあり、恵美も興味を持ってくれてたみたいで、成り行きでそうなりました。

【続きを読む】
[ 2017/10/30 12:05 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※取引先の社長から黒人の男の子を預かった結果、妻が寝取られました(転載禁止)

保険の代理店を経営していますが、お客さんに頼まれて、外国からのお客さんを1ヶ月ほど預かることになりました。普通ならそんな面倒なことは引き受けませんが、ウチの売り上げの3割を占める会社の社長の頼みで、断ることもできませんでした。

『あら、別に良いじゃない。私もしばらく英語でしゃべってなかったから、嬉しいわ』
学生時代に留学経験のある嫁は、意外にも嫌がりませんでした。そして、タオルや布団なんかを用意したり、その日に備えました。息子が大学で東京に行ってしまったので、二年ほど嫁との二人暮らしでした。ですので、私も少しは楽しみな部分もありましたが、社長さんが連れてきたそのお客さんを見て、一瞬言葉につまってしまいました。

【続きを読む】
[ 2017/10/29 22:02 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

チャラくて巨根の俺が彼氏とご無沙汰の先輩を寝取ってみたw

こんにちは!
テツっていいます。今大学の1年生なんですが、サークルの4年生の先輩との体験談を書きます。
まず俺のスペック。まだ18歳ですけど経験人数は20人ぐらい。
高校の頃から女子大生やOLと遊んでました。
自宅が繁華街に近かったので、ナンパして関係持つことが多かったですね。

【続きを読む】
[ 2017/10/29 18:25 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻が会社の宴会で下着姿で歌っている写真が……

今日、妻麻奈美は会社の中間決算の打ち上げだと飲んで帰ってきました。かなり、酔っていてシャワーも浴びずに寝てしまいました。麻奈美の携帯にメールが入ったので何の気なしに見てみると「今日は、お疲れ様。さっきの見る」というメッセージと添付画像がありました。

【続きを読む】
[ 2017/10/29 12:24 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※おしとやかで上品だけど、夜はドSの嫁が若い男の子と

『ゆっくりしていって下さいね』
嫁の美和子が、友人の健吾にお茶を出しながら言う。ニコニコと温和な笑みを浮かべながらお茶を置く嫁。前屈みになると、豊満な胸が盛大に胸チラしてしまっている。

健吾は、見ていないような感じを装いながら、チラチラと嫁の胸の谷間を楽しんでいた。
嫁が奥に下がると、
『ホント、美和ちゃんはいつ見ても上品で優しそうだな。ウチのと大違いだよ』
と、健吾が羨ましそうに言う。
健吾は、私と学生時代からの友人で、今年40歳になる。私も同じ40歳だが、健吾は歳よりも老けて見える。私は、別に自分が若々しいとは思っていないが、嫁が若いので、多分つられて若々しいのだと思う。美和子は、まだ29歳だ。一回り近く年下の嫁と、どこで知り合ったんだとよく聞かれるが、嫁が取引先の受付だったという、よくある出会い方だ。

【続きを読む】
[ 2017/10/29 11:37 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

息子とその友人のために裸婦モデルを引き受けた妻は、芸術のために貞操を捨てた

一人息子19才は、今春、現役でN大芸術学部美術学科入学し自宅から通学中。
妻は46才、大人AKBに選ばれた塚本さんによく似でややスレンダー、但し若干垂れ気味なものの出るトコ出てます。
いつも大学生の子供がいると言うと驚かれ、若く見られています。

【続きを読む】
[ 2017/10/28 22:39 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻との旅行で、フェリーの雑魚寝部屋で寝た結果

事は先日妻と2人で北海道旅行へ行った時に起きました。

予約でいっぱいのフェリーに乗ったため、2等しか取れなかったのがそもそもの始まりでした。

夜に東京を出発した船ははとんど満員の状態です。

【続きを読む】
[ 2017/10/28 18:25 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由3(転載禁止)

妻は、私とするときとは比べものにならないくらいに大きく口を開けている。そして、達也のペニスは、それでもギリギリな感じで妻の口の中に収まっている。あんなに大きく口を開けているのに、まったく余裕がない感じなのが凄いと思う。
「あれ? 意外に上手っすね。気持ち良いです」
達也は、そんな感想を言う。確かに、真面目で奥手なイメージの嫁なので、そう思ったのかもしれない。でも、嫁は密かにしていたオナニーの時も、ディルドをフェラチオしたりしていた。

【続きを読む】
[ 2017/10/28 12:17 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

会社の同僚の彼女を睡眠薬レイプした

340 名前:sa 投稿日:02/02/16 22:11 ID:RBmtkDZ6
会社の同僚の女を犯しました。
その子は会社で美人で評判の女で、スタイルも良く性格も明るい
人気の子です。

【続きを読む】
[ 2017/10/28 10:16 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻がイタリアで白人男性にナンパされて始まった、遅咲きの冒険

ささやかな体験ですが、お付き合いいただけたら、うれしいです。
妻は43歳、私は46歳。結婚して、まだ2年ほどしかたっていません。
私はバツイチですが、妻はキャリアウーマンで婚期が遅れたパターンです。
40代が迫り、結婚を焦っていた時期に知り合ったのが、私にとっては幸運でした。
妻は宝塚の男役のような顔立ちで、第一印象では高飛車そうに感じさせます。

【続きを読む】
[ 2017/10/27 21:53 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※同棲している彼女が隠してたHDDには叔父さんが映った

僕には、付き合い始めてもうすぐ5年の彼女がいる。大学時代から付き合い始めて、社会人になった今も続いている。といっても、あまり大きな声では言いづらいが、彼女の真美はまだ大学生で22歳だ。
なので、付き合い始めた時、真美はまだ高校生だった。

僕が社会人になって1年目は、色々と環境も激変して、別れてしまうかな? と思う場面もあった。でも、それを乗り越えて今は同棲している。
一応、真美の母親公認だ。僕は間違いなく彼女と結婚するつもりだし、そのうち折を見て真美の父親にも挨拶をするつもりだ。

僕は一応一部上場している会社に就職出来て、仕事もとても順調だ。でも、会社の知名度が低く、コンパ受けが悪いと同僚は嘆いている。僕には真美がいるのでそんな事は関係なく、毎日幸せを噛みしめている。

【続きを読む】
[ 2017/10/27 20:06 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング
動画紹介