月別アーカイブ  [ 2018年01月 ] 

≪ 前月 |  2018年01月  | 翌月 ≫

妻と温泉旅行に行ったら、妻が5人の若い男の子達に気に入られてしまった

今年で結婚25周年を迎える。私は50歳、妻の眞澄は51歳。記念に1泊で温泉旅行に行くことにした。
夕方にチェックインし、7:00頃からホテルバイキングの夕食。温泉が評判のこのホテルは週末でかなり混み合っていた。
私と妻は美味しい食事に舌鼓を打ちながら、仲睦まじくしていると、どうも他のお客の視線が気になります。

【続きを読む】
[ 2018/01/18 12:31 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ここでしか読めないオリジナル寝取られ体験談のご紹介

姉妹サイトのオリジナル寝取られ体験談のご紹介です。

お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました
マンガみたいにお裾分けをもってくるお隣の若妻さんに、オナニーを知られてしまい……
子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果
妻がむかし勤めていた会社でパートを始めた結果、衝撃的すぎる事実を知りました……
寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦
夫と食事中、大学生にナンパされたことを話し始める妻は、当たり前のように……
私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻
私がミスを隠そうとしたばかりに、部長に妻を差し出すことに……
EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩
会社の後輩は、EDを治すには妻を寝取らせることだと言った……
妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった
夜行バスでスキーに行ったら、寝ぼけた巨乳のロリママが抱きついてきた……
妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる
妻は月に一度だけ、本当に大好きな男の元へ行きます……
バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間
夜行バスでスキーに行ったら、寝ぼけた巨乳のロリママが抱きついてきた……
酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした
ベロベロに酔っ払った帰った夜、寝ている妻に欲情してしまい、睡姦をしたらお義母さんだった……
年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と
リゾートホテルに混浴スペースがあったことで、仲良くなったご夫婦とスワッピングする流れに……
仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした
家族ぐるみの付き合いの仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那さんのアレを握ってしまった……
結婚を決めた彼女が、出張中に俺の親友と浮気してた
高校時代からの付き合いで、同棲もしている彼女が、俺の親友に抱かれていた……
妻が露出プレイに目覚めた結果、巨根の甥っ子に寝取られた
妻とマンネリ打破のために始めた露出プレイは、甥っ子を巻き込んでネトラレへと変わっていく……
清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく
幸せな結婚生活、しかし、母親の借金が原因で裏社会の人間に身も心も堕とされていく美しい妻……

[ 2018/01/18 09:08 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

私が歩行者をはねた結果、嫁が身体で償うことになりました2(ブロマガ転載禁止)

前回の話

私は、壁に耳を強く押し当てたまま嫁の声を聞き続けていた。
『あっ、あっ、すごいの、イボイボ当たってるの! 里奈の気持ち良いところにゴリゴリ来てるのぉ』
はっきりと聞こえてくる声は、間違いなく嫁のものだ。私が不注意でこの柳野という男をはねてしまったばかりに、まさかこんな事になるなんて想像もしていなかった。
聞こえてくる嫁の嬌声は、私としているときとは比べものにならないほど大きくとろけているように聞こえる。と言うよりも、女性がこんな声を出してあえぐなんて、AVビデオの中だけの話だと思っていた。

「おいおい、そんなに動いたら痛いって。まだ完全には治ってないんだぞ」
あきれたような声で言う柳野さん。これでは、まるで嫁が積極的にしているように聞こえてしまう。おそらく、嫁は柳野さんに無理矢理犯されてしまい、改造ペニスの快感に堕とされてしまったのだと思う。

私は、この状況で勃起している自分に驚きながらも、今まで感じたことのない興奮を味わっていた。もちろん、嫁の浮気の現場を押さえた事による怒りや焦りも感じている。でも、嫁が無理矢理犯されている状況ではないので、助けに行くのも違う気がする。
かといって、嫁の積極的な態度を聞くと、出ていって柳野さんに怒りをぶつけるのも違う気がする。私は、迷いに迷った挙げ句、オナニーを始めていた。ファスナーを降ろし、いきり立ったペニスを取り出ししごき始めると、しごくそばからイキそうな感覚に襲われる。
自分の嫁が他人とセックスしているのをオカズにするオナニーで、こんなにも高ぶってしまう理由がわからないと思いながらも、私はしごき続けた。

『ごめんなさい。でも、動かないと柳野さんも気持ち良くないでしょ? 我慢しなくちゃ』
おどけた声で言う嫁。嫁が他の男と親しげに会話をしているのを聞き、さらに興奮が増す。自分でも、理解できない状況だ。
「ホント、淫乱だな。旦那で我慢しとかないとダメだろ」
『我慢できるわけないでしょ? こんなの知っちゃったんだもん。もう、このおチンポじゃなきゃダメになっちゃったよ』
「それは悪いことしちゃったな。でも、オマエさんが誘ってきたんだからな。自業自得だぞ」
柳野さんは、そんな事を言い始める。私は、その言葉に驚いてしまった。
『そうでしたっけ? 柳野さんが押し倒してきたんじゃなかったでしたっけ?』
嫁は、うわずり気味の声で言う。
「なに言ってるんだよ。チンポ洗いますって言って触ってきただろ?」
『ふふ。だって、綺麗にしなきゃダメでしょ?』
「そんなところまで洗ってくれなんて、言ってなかっただろ?」
『そうでしたっけ? でも、洗ってる最中に、大っきくさせたのは柳野さんですよ』
嫁は、妙に色っぽい声になっている。
「あんな洗い方されたら、インポ野郎でも勃起するだろ」
柳野さんは、笑いながら言う。一体、どんな洗い方をしたのだろう?
『ふふ。私は洗ってただけですよ〜。柳野さんに、無理矢理犯されちゃった』
言っている内容とは裏腹に、嫁は楽しそうに言う。私は、どちらが本当なのか気になってしかたない。でも、どちらがきっかけを作ったにせよ、嫁が柳野さんのペニスに夢中になっているのは間違いない気がする。

「シリコンボール入りのチンポは、そんなに気持ち良かったのか?」
柳野さんは、話を変えた。私は、オナニーをしながら聞いていたが、もうイキそうになっている。それでも、なんとかイクのを紛らせながら話を聞き続けていた。
『うん。ビックリしちゃった。痛そうだなって思ってたのに、入って来た瞬間、すぐにイっちゃったから』
嫁は、恥ずかしそうに言う。
「いや、確かに痛いって言う女も多いぞ。でも、ハマる女はとことんハマるみたいだな」
柳野さんは、そんな説明をする。
『じゃあ、私はハマっちゃったんだね。今も、イキっ放しだもん。こんな気持ち良いセックス、本当にあるんだね。パパとじゃ、絶対に気がつかなかったと思うよ』
嫁は、私と比べるようなことを言う。さっきから、そんな事ばかり言っている。私は、劣等感で情けないやら申し訳ないやら、何とも言えない心情だ。

「旦那とはしてないんだろ? 良いのか? 浮気されちゃうぞ」
『別にいいよ。私だってしてるんだし。でも、相手いるのかな?』
「そりゃ、いるだろ。会社に女の子もいるんじゃないのか?」
『うん。でも、あんなおちんちんじゃ、満足させられないんじゃないかな?』
「ひどいな」
『ひどいのは柳野さんもでしょ? 人妻のアソコの毛剃っちゃうなんて、ひどすぎるでしょ』
「ハハ。それもそうだな。でも、バレてないのか?」
『うん。だって、セックスしてないから』
「子作り中じゃなかったっけ?」
『そうだよ。色々と言い訳して逃げてるんだよ。大変なんだから』
「わるいわるい」
『ダメ。満足させてくれなきゃ、許さないからね〜』
甘えた声で言う嫁。私以外の男性に、こんな媚びた口調で話をするなんて、悪夢としか言いようがない。でも、私はもうほとんど限界だ。オナニーの手を緩めてみても、射精感が抑えきれない。

「よし、じゃあ、ケツ向けろ。ヒィヒィ言わせてやるよ」
『はぁ〜い。いっぱい可愛がってください』
本当に可愛らしい口調で言う嫁……。私は、まだ信じられない気持ちだ。

『うぅっ、フゥ、あぁ、深いよぉ』
嫁は、一気にとろけた声に変わる。さっきまでの会話と違い、一気に余裕がなくなった感じだ。
「本当に良いおまんこだな。キツキツだし、肉ヒダも絡みついてくるぞ」
柳野さんが、そんな風に嫁を褒める。
『ホントですか? 気持ち良いですか? 私のおまんこ、気に入ってくれましたか?』
嫁は、嬉しそうに言う。これではまるで、柳野さんに惚れているようにしか思えない。私は、ただの浮気ではなく、嫁の心まで奪われてしまうのではないかと不安になってきた。でも、嫁の心まで奪われるのではないかと思った瞬間、私は驚くほどの快感とともに射精してしまった……。
うめき声が出そうになるのを必死で抑えながら、床をザーメンまみれにしていた。

「あぁ、気に入ったよ。今までで一番名器だな」
『嬉しい。もっと感じてください。思いっきり締めますね』
嬉しそうに言う嫁。私は、射精して冷静になったあとでも、壁に耳を押しつけて二人のセックスを聞き続けていた。
「おぉ、すごいな。これならすぐ出ちゃうぞ」
『良いですよ。柳野さんの好きなところに出してください』
うわずった声で答える嫁。すると、肉と肉がぶつかるような音が響き始めた。
『あっ、あぁっんっ、凄いぃっ! 気持ち良いっ! もっと! うぅあっ! もっとしてっ! おチンポ良いっ! おチンポ凄いのっぉっ!』
嫁は、気持ちよさそうにあえぎ始める。私とするセックスでは、絶対に言わないような卑猥な言葉も漏らしている。私は、イッたばかりの自分のペニスがまだガチガチなことに驚いていた。

「ほら、もっと狂え! 淫乱! 浮気チンポでイキ狂え!」
柳野さんが、言葉責めのように声をかけ続ける。
『イクッ! 浮気チンポでイッちゃうっ! パパのより気持ち良いっ! 全然違うのっ! 柳野さん、もっとしてっ! 本物のセックスもっと教えて下さいぃっ!』
嫁は、そんな事まで言っている。私とのセックスは、本物ではないと言うことなのだろうか? 私は、声だけではなく、二人の姿を見たいと思い始めていた。壁中を探すが、さすがに穴は開いていない。私は、二人のセックスを妄想しながら、またペニスをしごき始めた。

「旦那に悪いって思わないのか? この淫乱が!」
『お、思ってるっ。でも、ダメなの、このおチンポ凄いのっ! 全然違うのっ! うぅあぁっ! イッちゃうっ! イクッ! イクッ! イクぅ〜ッ!』
嫁は、ほとんど絶叫状態だ。私は、女性をこんなに感じさせることが出来る柳野さんに、畏れを抱いていた。私では、どうやってもこんな事は無理だと思う。
「よし、イクぞ、どこに欲しい!?」
柳野さんも、興奮した声で言う。私は、心臓が壊れてしまうのではないかと思うほどドキドキしていた。まさか、中に出されてしまう? でも、私は二人を止めるどころかオナニーの手をさらに激しくしていた。
『な、中っ! そのまま出してっ! 欲しいのっ! 柳野さんのせーし、いっぱい出してぇっ!』
嫁は、あっけないほど簡単にそんな事を言ってしまった。私は、膝が震えだしていた。

「イクぞっ! 孕めっ! 浮気種で妊娠しろっ!」
柳野さんは、興奮した声で叫んだ。
『うぅあぁ、孕んじゃうぅ、パパ、ごめんなさいっ! イクッ! うあぁああっぁっ! イックゥッ!!』
嫁は、私に詫びながら果ててしまった。
「うぅっ、イクッ」
柳野さんは、短くうめくように言う。すると、嫁はあえぎ声とも悲鳴ともつかないような言葉を叫び、静かになった。

「いいのか? 中にたっぷり出したぞ」
『う〜ん。良くはないよね。でも、すごく良かったです』
甘えた声で言う嫁。中に注がれておきながら、慌てた様子もない。
「妊娠しても、責任取れないぞ」
柳野さんは、突き放す感じではなく、おどけたような口調で言う。
『わかってます。ちゃんと、パパともしますから安心してくださいね。柳野さんって、血液型なんでしたっけ?』
「B型だよ」
『やっぱり。そうだと思った。でも、それなら安心です』
「女は怖いな」
『そうですよ。こんなおチンポ知っちゃったら、何でもしちゃいます』
嫁は、甘えた声で言う。私は、ペニスをしごく手を止め、ドキドキしていた。そして、これからどうすればいいのか考えた。もちろん、この浮気を止める必要があると思う。でも、嫁はやめられるのだろうか? もしかして、切られるのは私の方ではないのか? そんな不安がよぎる。

「旦那と別れるとか言い出すなよ」
『言わないですよ。だって、別れちゃったら、柳野さん私の事興味なくなるでしょ? 柳野さんは、人妻の私が好きなんですもんね』
「はは。よくわかってるじゃないか。よし、じゃあ、人妻の里奈さん、綺麗にしてくれるか?」
柳野さんは、芝居がかった言い方をする。
『はい。浮気チンポ、綺麗にしますね』
嫁も、楽しそうに言う。

『ホントすごい……。また欲しくなっちゃう』
時折そんな事を口走る嫁。私は、セックスの後にフェラチオをしてもらったことはない。
「本当に淫乱な奥様だな。良いぞ、好きにしろ」
『はい。じゃあ、おかわりしちゃいますね』
嫁は嬉しそうに言う。
『うぅあぁ、ホントにすごいの。おチンポ奥に当たってるの。イボイボがゴリゴリこすれてるのぉ』
嫁は、はしたない言葉を口走りながらあえぎ始めた。ギシギシと床がきしむ音と、揺れるような振動も感じる。私は、狂ったようにペニスをしごき、あっけなく射精してしまった……。

そして、嫁のあえぎ声が聞こえてくる中、そっと部屋を出た。そのまま仕事に戻った私は、どうしたらいいのか自問自答し続けていた。でも、離婚するという選択肢はどうしても考えられない。私は、覚悟を決めて後日柳野さんと話し合おうと決めた。

心ここにあらずのような状態のまま仕事を続け、帰宅する私。
『おかえりなさ〜い。お疲れ様!』
嫁の元気な声に迎えられる。私は、複雑な心境だった。でも、なんとかいつも通りに嫁と接した。

「今日は早かったね」
私がそんな事を言うと、
『うん。最近人が増えたからね。シフトが楽になったんだ』
と、笑顔で言う。今日は、仕事ではなく柳野さんとセックスをしていたのに、そんな事はおくびにも出さない。私は、平気でウソをつく嫁に怖くなってしまった。昔から、女性のウソは見破れないと言う。こういう事なんだなと思い知った。

たわいもない会話を続けながら、夕食を始める。嫁は、本当にいつも通りの嫁だ。昼間に、あんな浮気セックスをしていたとは思えない位、まったくいつも通りの嫁だ。

そして、風呂に入って寝室に行き、ベッドに潜り込む私。なんとなくテレビを見ていると、嫁が入ってきた。嫁は、今まで見たことがないような、セクシーなランジェリー姿で入ってきた。黒の総レースのブラジャーにショーツ、そして、ガーターベルトにストッキングという、洋物のAVで見るような、コールガールスタイルだ。私は、驚きながらも興奮していた。
「ど、どうしたの? すごい格好だね」
私は、そんな質問をした。嫁は、恥ずかしそうにモジモジしながら、
『変かな?』
と聞いてきた。私は、変ではないと答える。すると、嫁は私に近づいてきてベッドの上に乗ってきた。
『興奮する? パパが興奮するかなって……』
モジモジしながら言う嫁。私は、すごく興奮してると答えた。
『良かった。最近、身体が弛んできちゃったから、これくらいしないと興奮してもらえないかなぁって……』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


☆老人たちに寝取られたセックスレスの夫を持つ爆乳どすけべ嫁


美人で若くて爆乳の嫁。しかし、そんな誰もが羨む嫁を持つ旦那はセックスレス。欲求不満の嫁は風呂でオナニーするが、義父に覗かれてしまう。そんな嫁がいとおしくなり抱いてしまう義父。そんな嫁を狙っていた義父の友人は、賭けで義父と勝負して勝って、嫁を抱く承認を得る。普段からアイマスクをして寝る嫁は、夜這いして来たのが義父と思い肉体をゆだねる。アイマスクをとった時はすでに遅し、媚薬を塗られ我慢できなくなり、自らも求めてしまう。そしてある日、旦那の目の前で三人の老人に囲まれ下着姿の嫁がカラダをクネらせて、老人たちと…


お色気P●A会長と悪ガキ生徒会 篠田ゆう

[ 2018/01/18 08:47 ] 寝取られ作品動画・コミック | TB(0) | CM(-)

妻が大学生にナンパされたと告白して始まった、童顔な妻との寝取られ生活4(ブロマガ転載禁止)

前回の話

私は、架純に投げ渡されたオナホを手に、激しく興奮して勃起していました。男の子は架純の行動に驚いたようで、本当に驚いた顔で私を見ています。
『じゃあ、下も脱がせてくれる?』
架純は、私の方を気にすることもなくそんなことを言っています。
「本当に、いいんですか? その……ご主人さん、見てますけど……」
男の子は、怯えたような顔で私をチラチラ見ています。
『だから、大丈夫って言ってるでしょ。だって、これがパパの希望なのよ。ねぇ、パパ?』
そんな風に言われ、私はうなずいていました。

「……わかりました。じゃあ、失礼します」
男の子は、まだ釈然としない様子です。でも、目の前の童貞卒業のチャンスを逃すことは出来ないようで、架純のスカートに手をかけました。
『待って、スカートはそのままで、パンツだけ脱がせてくれる?』
架純は、そんな事を言います。
「え? どうしてですか?」
男の子は、不思議そうに聞きます。
『その方が、エッチだからだよ。パパもその方が興奮するしね』
架純はそんな事を言います。そして、男の子は架純のスカートをまくり上げてショーツを脱がせていきます。架純は、顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしています。

ショーツは脱がされましたが、スカートが大事な部分を隠しています。スカートの中を気にしている男の子に、
『見たい?』
と、顔を赤くしたまま質問する架純。でも、恥ずかしそうな顔に、興奮したような顔も混じっている感じです。
男の子は、何度もうなずきながら見たいと繰り返します。すると、架純はゆっくりとスカートの裾を持ち上げていきます。太ももがあらわになり、ヘアも見えてきます。男の子は、のぞき込むようにそれを見ています。
『どう? 見える?』
うわずった声で質問する架純。男の子は、興奮した顔でうなずきました。
『どうしたい? 好きにしていいわよ』
架純は、そんな風に言いました。すると、男の子は立ったままの架純のアソコに顔を押しつけていきます。架純は、
『あんっ、落ち着いて、もっとゆっくり、あぁ』
と、甘い声をあげます。そして、脚を広げていきました。男の子は、もっと口を架純のアソコに押しつけていきます。そして、舌を使ってペロペロと舐め始めました。
『んっ、んっ、フゥ、そうよ、あん、上手』
架純は、恥ずかしそうな顔はしていますが、甘い声を上げています。私は、目の前で嫁がクンニされているのを見て、興奮しすぎておかしくなりそうでした。そして、我慢しきれずにペニスを出してしごき始めます。

『パパ、ダメだよ。ちゃんとオナホ使ってくれなきゃ』
架純は、気持ちよさそうな顔のままそんな指示までしてきました。私は、こんな屈辱的な状況にも関わらず、興奮が増すばかりでした。そして、オナホの中に入っていたローションを取り出し、それをペニスに塗りました。そんな作業をしている間も、架純は立ったままクンニを受け続け、あえいでいます。
夫の私がこんなオモチャを相手にしているのに、架純は気持ちよさそうにあえぎ続けています。そして、立っているのがツラくなってきたのか、ベッドに移動しました。
ベッドの上に座り脚を大きく拡げてクンニを受けている架純。私は、激しく嫉妬しながら、オナホにペニスを挿入しました。生まれて初めて使ったオナホは、一瞬ひんやりとしましたが、膣とはまったく違う感覚でした。正直、架純の膣より締まる感じで、なおかつ溝のようなヒダヒダが亀頭に絡みついてきて強烈に刺激してきます。そのエッジの効いた刺激は、人体ではあり得ないくらいの強いもので、入れたそばから射精感が高まってきました。

『パパ、どう? 私より気持ち良い?』
架純は、小悪魔のような顔で言ってきます。童顔で幼く見える架純が、SMの女王様のような事を言ってくるのは、かなりギャップがあります。でも、それに興奮する私がいます。私は、そんなことないと答えます。
架純は、
『本当に? じゃあ、この子にも比べてもらわないとね』
と、ニヤッとした顔で言いました。

「い、入れてもいいんですか?」
男の子は、口の周りをドロドロに濡らした状態で質問しました。
『いいわよ。オナホとどっちが気持ち良いか教えてね』
架純は、そんな事を言いました。すると、男の子はベッドの上のスペースにあるコンドームを手に取りました。
『パパ、コンドームいる?』
架純は、そんな質問をしました。私は、ハプニングバーの時の恥ずかしがっていた態度とは大違いだなと思っていました。まるで、美穂さんの淫乱が伝染したようです。
私は、いると答えていました。いくらピルを飲んでいるとは言え、避妊具無しでのセックスなんて許せるはずもありません。

『そうなんだ。てっきり、いらないのかと思った』
意外そうな顔をする架純。私は、オナホにペニスを入れた情けない格好のまま、ダメだよと弱々しく言いました。

男の子は、コンドームを装着し始めます。でも、慣れていないのが丸わかりなぎこちなさです。
『ふふ。つけてあげるね』
架純はそう言って、コンドーム装着を手伝い始めました。
「す、すみません。初めてなんで」
男の子は、申し訳なさそうに言います。でも、ペニスはさっきから何度もビクンと揺れています。勃起しすぎてそうなっているのだと思います。

彼のペニスは、明らかに私のものより大きいです。でも、美穂さんとしていた男性陣よりは少し小さい感じだと思います。たまたま声をかけた男の子が巨根だったのは、巡り合わせなのかな? と、思います。でも、今時の若い男の子は、身長だけではなくペニスのサイズも大きくなっているのかな? とも思いました。

『よし、OKだね。どうする? 私が上になる? それとも、リクエストある?』
「え? リクエストって?」
男の子は、キョトンとした顔で質問しました。
『後ろからが良いとか、座ってが良いとかよ』
「だ、だったら、上になって欲しいです。騎乗位でして欲しいです」
男の子は、そんなリクエストをしました。いかにも草食系なりクエストだと思います。
『いいわよ。じゃあ、寝てみて』
架純は男の子を仰向けで寝かせると、すぐにまたがっていきました。ペニスを掴んでアソコに導くと、
『じゃあ、入れちゃうわよ』
と、言って、腰を降ろしていきます。架純のアソコに、違う男性のペニスが入って行く……。私は、興奮が大きくなりすぎて、喉がカラカラになっていました。

『うぅ、大きいね……。こんなに違うんだ……』
架純は、少し怯んだような声を上げます。でも、そのまま腰を降ろしていき、
『うぅっ、あぁ、すごい……』
と、声を上げます。痛そうな感じはまったくなく、怯んだような顔は快感にとろけたような顔になっていました。
「あぁ、すごいです」
男の子も、気持ちよさそうな顔で言います。
『卒業しちゃったね。私も、パパ以外とは初体験よ』
架純は、そんな事を言います。私は、とうとうやってしまったなと思いながら、オナホを動かし始めました。架純が他の男に入れられているのに、私はオナホに入れている……。そう思うだけで、興奮が大きくなります。自分でも不思議だなと思いながら、オナホを動かし続けます。

『パパ、全然違うの。突き当たりまで届いちゃってるよ』
架純は、うわずった声で言います。私は、オナホを動かしながら何も言えずにいました。
『どう? どっちが気持ち良い?』
架純は、男の子に質問しています。
「こ、こっちです! 奥さんの方がずっと気持ち良いです!」
男の子は、即答しました。私は、本当かな? と、思ってしまっていました。実際、オナホでしごいている私は、もうイク寸前です。正直、刺激が強すぎると思っているくらいです。

『ふふ。ありがとう。パパ、どう? パパはオナホの方が気持ちよさそうね』
架純は、少しとろけた顔で言ってきました。そして、腰を上下に動かし始めます。
『んっ、ンうぅ、串刺しになってるみたい……。こんなところまで来ちゃうのね』
架純は、そんな事を言いながら腰を上下に動かします。普段、騎乗位なんてほとんどしないせいか、ぎこちない感じの動きです。でも、男の子は気持ちよさそうな顔で架純の胸のあたりを見つめています。
架純の小ぶりな胸でも、騎乗位だとユサユサと揺れています。
「そんなに気持ち良いの? そんなに違うの?」
私は、思わず質問しました。
『全然違うよ。パパのじゃ届かないところまで届いちゃってるよ。パパのが15年かかっても届かなかったところに、一瞬で届いちゃったね』
架純は、腰をくねらせながら言います。私は、劣等感を刺激されて切ない気持ちになりました。でも、架純の、
『パパのより、ずっと気持ち良いよ』
と言う言葉を聞いて、オナホの中に射精してしまいました……。

うめいている私に、
『あ〜あ、イっちゃった。パパって、変態だね。じゃあ、私も楽しんじゃうね』
と、言って、腰の動きを早くしていきました。
『あっ、あっ、んっ、ふぅ、気持ち良い。こんなに違うんだね。あぁっ、本当に気持ち良いわ』
架純は、私がイったことで遠慮がなくなったのか、ガンガン腰を振っています。動きもどんどんスムーズになっていき、ベッドのきしむ音がリズミカルに響きます。

「すごく気持ち良いです。オナホと全然違います」
男の子は、気持ちよさそうに言います。でも、私は本当かな? と、思ってしまっていました。確かに、セックスは気持ち良いですが、オナホの刺激は膣以上だと思います。

『もっと感じて。私も全然違うの。気持ち良い……。あっ、あんっ、奥まで来てる、うぅあっ、あっ、イ、イッちゃう、パパ、イッちゃうよぉ』
架純は、私の方を見ながら言います。その顔は、快感でとろけているようにも、罪悪感で泣きそうになっているようにも見えます。
私は、オナホの中のペニスが、まったく柔らかくなっていないことに気がつきました。そして、そのまま動かし始めると、今まで感じたことのない快感を感じました。

『パパ、イッちゃうっ、パパのじゃないのに、うぁうっ、いい? イッてもいい? もう、我慢出来ないぃ』
架純は、腰を動かしながら背中がピンと伸びていきます。足の指も広がったようになっていて、強い快感を感じているような感じがします。
今日会ったばかりの男の子に、こんなにもあっさりイカされてしまうなんて、予想もしていませんでした。そもそも、こんなにあっさりとセックスにまで展開するとも思っていなかったので、悪い夢でも見ている気持ちです。

『イクッ! イクッ! パパ、ごめんなさいぃっ!』
架純は、ピンとのけ反りながら果てたようです。そして、力なく男の子の胸に倒れ込んでいきます。
「だ、大丈夫ですか?」
慌てて質問する男の子。少し怯えたような顔になっています。
『大丈夫じゃない……。こんなの知らなかった……。全然違うのね』
架純は、甘えたような声で言います。
「今度は、僕が動いても良いですか?」
男の子は、そんな風に聞きます。まだイッていないので、必死なのだと思います。
『いいわよ。じゃあ、座ってみて』
架純は、そんな指示をします。そして、挿入されたままの状態で、対面座位に移行しました。ペニスが長くないと出来ないやり方だなと思いながら、私はオナホを動かし始めました。さっきよりも敏感になっている亀頭を、ゾリゾリと固めのヒダが刺激すると、うめき声すら出そうな程の快感です。

「じゃあ、やってみます」
そう言って、男の子は腰を動かし始めました。対面座位で腰を振っていると、男の子のペニスが本当に奥まで入っているなと感じます。
『あっ、あっ、すごい、うぅっ、気持ち良いっ! もっと、もっと強くして、うぅっあっ! あんっ、あんっ! パパ、凄いのっ! 子宮にギュッとなってるのっ!』
架純は、さっきよりも気持ちよさそうにあえぎます。男の子は、徐々に動きが滑らかになっていき、ベッドのきしむ音も一定のリズムになってきました。

『見える? こんなに入ってるよ。根元まで入ってるよ』
架純は、下をのぞき込むようにして言います。男の子も、結合部を見ながら、
「すごい……。こんな風になってるんだ……」
と、ささやきます。
『ああぁぁ、ぁっぁっ、気持ち良いっ。こんなのダメ、すぐイッちゃうっ、気持ち良いのっ! こすれて凄いのっ! おかしくなりそう』
架純は、口を半開きにしたようなとろけた顔になっています。そんな顔を、男の子は間近で見つめています。鼻と鼻がぶつかりそうな距離で見つめ合う二人。いまにも、唇が触れてしまいそうな感じがします。

私は、オナホでオナニーをしながら、二人がキスをする姿を想像してしまいました。この前は、架純は美穂さんとキスをしていました。他人とのキスですが、相手が女性ということもあり、嫉妬心はさほど湧きませんでした。でも、架純が他の男とキスしてしまいそうな状況は、私の嫉妬心を燃え上がらせます。

男の子は、架純のことを見つめたまま腰を振り続けます。滑らかになった動きで、肉と肉がぶつかるような音まで響いてきます。
『あぁっっ、気持ち良いっ。どうしたい? 好きにしていいよ。好きにしてぇっ!』
架純は、男の子を見つめたまま叫びました。私のドキドキはピークになっていました。架純が他の男とすでにセックスをしている状況で、今さらキスに危機感を感じるのも変ですが、私は叫んで止めたい気持ちになっていました。

男の子は、思い切って唇を重ねました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


1月15日更新しました ここでしか読めないオリジナル体験談

オリジナル体験談一覧です。姉妹ブログのものも全て含んでいます。
・オリジナル体験談一覧(姉妹ブログ含む)
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・課長にパワハラされて、嫁にセクハラまでされてしまいました
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです5
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由6
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・妻が大学生にナンパされたと告白して始まった、童顔な妻との寝取られ生活4
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました2
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

[ 2018/01/17 23:17 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

★夫が楽しく肉を焼いている傍ら、妻は友人達にフェラをさせられ、連続イキ…。


今日もお仕事のために子供を留守番させてやって来た、牝犬ママさんです。
どこにでもいそうな普通の奥さんなのですが、ひと度ご主人様のためとなれば頑張ってセーラ服を着てくれます。
30歳過ぎの人妻さんにセーラー服を着せて服従させるのは、まるでAV女優か商売女が目の前にいるようで、何ともイヤラシいのです。
プレイの途中では、電話でお子さんに帰りが遅いと怒られてしまう始末です(笑)



初PLAY後の二人は連絡先交換し、夫の私には遠慮なく連絡を取り合っていました。
毎日の「愛してる」の言葉・・・
確実に愛を育んでいた様子です。そして私は思ったのです。
夫が目の前で撮影してるより、二人っきりにしたほうが本当の性宴が観られるのではないか?と・・・。
会うのは二回目なので若干躊躇もしましたが、
「今度会う時は二人っきりで会っておいで」と妻に進言しました。



妻が他人男性に寝取られるところを見て興奮する変態夫です^^;
今回は私の友人たちとBBQしたときの動画になります。
夫が楽しく肉を焼いている傍ら、妻は友人達にフェラをさせられ、連続イキ…。

【続きを読む】
[ 2018/01/17 23:17 ] コンテンツマーケット | TB(0) | CM(-)

携帯サイトで知り合った人妻はガードが堅かったけど実際会うと簡単だった

携帯のメル友サイトに登録してメル友を探してました。
そのなかでまゆみちゃんと言う主婦でしたが、なかなか話の合う女の人がいてメルアドを交換しました。
毎日メールを送り、結構プライベートな事もメールで話してきたりするので、『大丈夫かな?!』と思い、少し下ネタ系のメールを送ってみたら、まゆみちゃんは旦那とのHが最近無いらしく「もう飽きた!とか言うんだよ」と不機嫌そうでした。

【続きを読む】
[ 2018/01/17 22:05 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた

妻の里央とは、職場結婚だった。美人と言うよりは可愛らしい顔で、驚くと、大きな瞳が落っこちてしまいそうなほど見開かれる、表情がとても豊かな女の子で、人を疑うということがなく、騙されてひどい目にあうんじゃないかと心配するほど純粋な子だった。
そんな里央に上司と部下という形で接しているうちに、いつの間にか一緒にいるのが当たり前になり、交際をするようになり、結婚に至った。

社内でも、彼女はかなり人気のある女の子だったので、結婚すると報告したあとは、男性社員達の風当たりが冷たくなったりもしたが、逆に女子社員達からは歓迎された。たぶん、男性社員達の競争率が下がったからだと思う。

【続きを読む】
[ 2018/01/17 21:13 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

☆シンジとママ




二十歳で無職の息子シンジ君はママに性的なイタズラを毎日のように
繰り返していました。
いつものようにお昼寝しているママにイタズラをしていると
ママが起きてしまいました。絶体絶命のシンジ君は一か八かの賭けに出ました。

実の母親にセックスさせて欲しいと土下座をしたのです。
その結果、母と子の関係が一変してしまうのでした…

[ 2018/01/17 19:36 ] 寝取られ作品動画・コミック | TB(0) | CM(-)

年の差夫婦の資産家宅に遊びに行ったら妻に媚薬を……

俺32歳、嫁27歳で元モー娘の辻ちゃんを巨乳にした感じ
結婚5年目になるが今でも本当に大好きだ(Hは週2回位)
夫婦2人で飲食店を経営していて結構繁盛している
可愛い元気な嫁と話をするのを楽しみに来る常連客も沢山いた

【続きを読む】
[ 2018/01/17 18:19 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

期せずして託卵をさせた相手と子どもの幸せを願う男の懺悔物語

23年前、私(40歳、課長)の職場に雅美がパートでやってきた。32歳。10月からの半年の雇用対策で、私の下で事務的な仕事をすることになった。長髪の美人でしかもプロポーション抜群だった。身長163㎝、バストはおよそ90㎝。高校ではバレーのエースアタッカー。正男という小学5年生の男の子がいた。

【続きを読む】
[ 2018/01/17 12:04 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻の姉は笑顔の可愛い女性だったが、夫と月一でしかしていなくて欲求不満だった

知り合いどころか妻の姉といい仲になっちゃいました。
妻の姉は私の1つ年下で人なつっこい笑顔が特徴的なかわいい女性である。
人見知りな妻とは正反対の年下のお姉ちゃんはいつも愛想良く振る舞ってくれ、私は大好きだった。

【続きを読む】
[ 2018/01/16 22:03 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁

こんばんは。
35歳の自営業者で、29歳の嫁と仲良く暮らしています。子供はまだで、楽しく2人で暮らしてます。

結婚して4年経つので、若干倦怠期かもしれません。
最近では、オナニーをすることも多くなりました。とは言っても、結婚して一緒に暮らしているので、動画とかでオナニーをするのは難しく、テキスト系のサイトばかり見てオナニーしてます。

【続きを読む】
[ 2018/01/16 20:10 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

漫画喫茶で彼女を単独男性達に

初はノーマルだった彼女を1年くらいかけて調教し、俺の趣味である他人棒を与える事に成功した。
ネットで募集した単独氏をホテルに呼んで彼女を抱かせる、と言う事を何回か行っていたがさすがにそれもマンネリだな、と思った時に次は屋外でのセックスを経験させたいと思ってた事もありまずはその前のステップとして漫画喫茶を選んだ。

【続きを読む】
[ 2018/01/16 18:15 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

バイト先は、若い男の子がいっぱいで、人妻の私は浮かれてしまいました

32歳の結婚4年目です。今年の夏前から働き始めたバイト先は、若い子がたくさんいます。女の子は大学生や専門学校の子達が多くて、10代の子が2人、20代の子が4人、30代は私ともう一人です。男の子はみんな学生さんで、店長が40代の他はみんな20歳前後の子達です。
バイト先でよく飲み会に誘われるけど、年齢の事もあって避けていました。

【続きを読む】
[ 2018/01/16 12:39 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した(転載禁止)

私はもうすぐ40歳になるが、まだ19歳の嫁がいる。出会ったきっかけは、ファミレスだ。客と店員という関係から、なぜか夫婦になった。
私はweb関係の自営業で、それなりに収入はあるが、その代わり休みがない。嫁の優乃は19歳で専業主婦をしている。150cmと小柄で、顔もどちらかと言えば童顔なので、私と歩いていても夫婦と言うよりは親子に見えると思う。
優乃は二重まぶたがパッチリしていて、可愛い顔立ちだと思う。でも、身体は可愛いと言うよりはエロくて、Fカップの胸はマシュマロのようだ。

【続きを読む】
[ 2018/01/15 22:09 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

隣の奧さんに、ベランダ越しに食事に誘われた

GWの終わりの土曜日のこと妻は出かけていて、玄関先にゴミを出しに行くと、隣の奥さんも丁度出している時だった。

奥さんはジャージにTシャツでいつもとは違うラフな格好だった。

挨拶をし、家に入り、ベランダで洗濯を干していると、隣の奥さんもベランダで洗濯を干しにやってきた。

【続きを読む】
[ 2018/01/15 20:13 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

家族水入らずの温泉記

今年の正月、僕と妻と息子の3人で温泉に行った時の話です。

僕は40代後半で、妻はアラフォー。息子は当時中学3年でした。

僕は普段から仕事人間で、ろくに家庭サービスをしてなかったし、

思春期に入った息子との間に「壁」を感じることも増えてました。

【続きを読む】
[ 2018/01/15 18:48 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング