NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています
月別アーカイブ  [ 2019年06月 ] 

≪ 前月 |  2019年06月  | 翌月 ≫

大学の時、男2人と女2人でプール行ったら乱交に

去年の夏の出来事です。
当時大学2年で、4人でプールに行ったときのことです。
メンバーは俺(隆志)、友達の俊宏、女友達の史奈、女友達の加奈子の4人です。(全て仮名です。)
俺達は中学から同じクラブで同じ高校に行き、エスカレーター式で同じ大学に入ったこともあり、とにかく仲が良かったです。

【続きを読む】
[ 2019/06/30 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

今度結婚する彼女は高校時代に野球部のフェラペットだった

野球部(名門)のやつらが
合宿のとき洗濯場でマネージャーにフェラさせてた
そのマネージャーとは当時は知り合いではなかったが大学なぜか同じになり学部学科も一緒
飲み会で仲良くなりつきあうことになって。

【続きを読む】
[ 2019/06/30 18:12 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

清楚だと思っていた婚約者は、元彼にリモコンバイブ調教されてた3(マガブロ 転載禁止)

前回の話

僕は、本当に信じられない思いで動画を見ていた。優子が、元彼とセックスをしているだけではなく、初対面の男の子ともセックスをしようとしている。

僕は、アソコから元彼の精液を垂れ流したまま男の子にお尻を向けている優子を見て、オナニーを続けていた。処女で恥ずかしがりだった優子……。一生、僕しか知らないまま過ごしていくのだと思っていた。

でも、優子は処女ではなかった上に、大勢との輪姦まで経験済みだったという……。


「本当に、良いんですか? 後で、お金とか請求されませんか?」
男の子は、かなり怯えたような感じだ。無理もないと思う。いきなりトイレに引きずり込まれ、フェラチオされた上に挿入まで求められるなんて、どう考えても普通ではないと思うはずだ。

『大丈夫。ただ、おチンポ欲しいだけだから。入れてくれないと、襲われたって声出しちゃうわよ』
優子は、楽しそうに言う。でも、男の子は真に受けたのか、慌ててペニスを握り、優子の膣口に押し当てた。戸惑ったのか、そのまま動きを止める男の子。でも、優子が自分から腰を押しつけるように動かし、あっけなく挿入されてしまった。
『アンッ。おチンポ来たぁ』
優子は、気持ちよさそうな声をあげる。
「バカ。声デカいって」
元彼が、慌ててそんな注意をする。でも、優子はお構いなしに腰を動かし始める。突っ立ったままの男の子。優子が、立ちバックの体勢のまま腰を動かす。
『んっ、んっ、うぅっ、気持ちいい。おチンポおっきい』
優子は、嬉しそうに言う。多少は声を抑えている感じはあるが、それでもそれなりの声が漏れてしまっているようだ。
「俺のより?」
元彼が、少しいらついたように質問する。
『焼きもち? フフ。可愛い。安心して、悠人の方が大きいよ』
優子は、そんな会話をしながらも腰を動かし続けている。元彼は、安心したような声を出すと、
「じゃあ、フィアンセと比べると?」
と、質問を重ねる。
『こっち。この子のおチンポの方が、大っきい』
優子は、即答した。僕は、惨めな気持ちになりながらも、いきり立つペニスをしごき続ける。どうしてこの状況で興奮してしまうのか、自分でも一切理解出来ない。でも、僕はもう射精寸前だ。
「あぁ、気持ちいいです。ホント、すごいです」
男の子は、気持ちよさそうに声をあげる。すると、優子はハメたまま振り返り、男の子にキスをし始めた。
「お、おい、キスはダメだろ」
慌てて止める元彼。
『焼きもち? 悠人らしくないね』
優子は、嬉しそうだ。
「そんなんじゃないって。ほら、フィアンセに悪いだろ?」
元彼は、そんなことを言った。すると、優子は吹き出して笑いながら、
『中出しまでしといて、よく言うよ』
と、からかうように言う。

そして、優子はいったんペニスを抜く。そのまま、男の子に身体をむけて立位で繋がる二人。身長が、割と同じくらいなので無理なく立位でつながれるようだ。
「じゃあ、動いてくれる?」
優子が、うわずった声でおねだりすると、男の子は腰を突き上げるような感じで動かし始めた。
『あっ、アンッ、気持ちいい。これ、すごく子宮に当たるよ』
優子は、とろけた声をあげる。そして、男の子にキスをし始めた。立ったまま、抱き合ってキスをしているような感じの二人。でも、しっかりとペニスは優子の膣に入っている。

一体、優子は何人の男性とセックスをした経験があるのだろう? 僕は、優子と初めてセックスしたときのことを思い出していた。あの時、優子はかなり激しく痛がっていた。涙すら見せていた。
僕は、処女をもらった満足感で、本当に幸せな気持ちだった。この子を一生大切にしよう……結婚しようと思った。その優子が、この日初めて対面した男の子と、生セックスをしている……。僕は、絡み合う舌を見ながら射精してしまった。

うめきながら、何度も何度も脈動するペニス……。こんなに気持ちいい射精は、初めてだと思う。画面の中では、キスをしたままの二人が、激しく腰を動かしながらセックスをしている。
そんな二人を、いろいろなアングルで撮影している元彼。彼も、嫉妬しているような感じだった。寝取る側の彼も、寝取られ性癖のようなものを持っているのだろうか? 僕は、よくわからなくなっていた。

『ダメぇ、イッちゃう。ねぇ、イッてもいい?』
カメラ目線で質問する優子。一瞬、僕に聞いているのかと思って動揺してしまった。すると、
「ホント、誰のチンポでもイクんだな。ド淫乱は直ンねーんだな」
と、元彼の声が響く。
『だって、おチンポ気持ちいいんだもん。大っきいおチンポ好きなの』
優子は、うわずった声で言う。
「も、もう出そうです。出ちゃいます」
男の子は、余裕のない声で言う。でも、腰は動かし続けている。
『良いよ。いっぱい出して。私もイキそう』
優子は、そんな風に言いながら男の子にキスをした。男の子は、舌を絡ませながら腰をさらに激しく振る。そして、うめきながら射精を始めた。優子は、中に出されながら身体を震わせる。
『気持ち良かった。お兄さんも、いっぱい出たね』
優子は、上機嫌で言う。男の子は、ありがとございましたと言いながら、不安そうな感じだ。動画は、ここで唐突に終わった……。

僕は、飛び散った自分の精液を見ながら、罪悪感を感じていた。優子が他人とセックスする姿を見ながら、オナニーをしてしまう……。我ながら、どうかしていると思う。

僕は、どうしたら良いのだろう? どうするべきなのだろう? と、思っていた。優子とは、もうすぐ結婚だ。両親への挨拶や、式場の手配も終わっている。

でも、結婚しても良いのだろうか? この動画の優子が本当の彼女の姿なのだとしたら……。僕は、混乱していた。そもそも、こんな風になるように元彼をけしかけたのは僕だ。自業自得とも言えるかもしれない。

僕は、混乱しながらも、さっきの動画の話を思い出していた。優子のノートパソコンに、乱交の動画がある……。僕は、居ても立ってもいられなくなり、優子の部屋を目指した。合鍵で部屋に入ると、まっすぐにノートパソコンを目指した。

動画を探すが、なかなか見つからない。動画の拡張子で検索すると、かなり深い階層にシステムフォルダのような名前のフォルダがあった。中を見ようとすると、パスがかかっている。僕は、元彼の誕生日を彼のツイッターで調べ、それを打ち込んだ。

フォルダの中には、動画ファイルがたくさん入っている。僕は、その全てを持ってきた外付けハードディスクにコピーした。

ノートパソコンを元に戻すと、逃げるように彼女の部屋を出た。そのまま自宅に戻ると、僕はすぐにファイルを確認し始めた。

動画ファイルは、ざっと見ただけで20個くらいはある。その日付は、どれも交際前のものだ。浮気していたと言うことはなさそうだ。

僕は、一番古い動画を見始めた。動画は、優子の顔のアップで始まった。そして、優子の顔の横には大きなペニスが映っている。
『本当に撮るの? ちゃんと消してよ』
優子は、顔を真っ赤にして恥ずかしそうに言う。髪の感じや顔立ちから、かなり若いときのような感じだ。高校生……下手したら中学の時? 優子は、そんなことを言いながらも、躊躇なくフェラチオを開始した。

イヤらしく舌が絡みつき、カリ首を舐め回している。まだ幼い優子なのに、フェラチオはかなり上手な感じだ。優子は、僕にするときは本当に恥ずかしそうに、ぎこちなくする。動画の優子とはまるで違う姿だ。

優子は、大きく口を開けてペニスを飲み込む。そして、頭を大きく動かしながらフェラチオを続けていく。すると、
「出るぞ」
と、元彼が短く言う。そして、彼は優子の口の中に射精した。小さくうめきながら口内に受け止める優子。すぐに口を大きく開けて中をカメラに見せてくる。真っ白な精液が、たっぷりと優子の口の中にあふれそうになっている。優子は、少しの間口を開けて見せていたが、口を閉じて飲み干した。
『ごちそうさま。今日も、たっぷりだね』
笑顔で言う優子。動画はそこで終わった。

僕は、秘密をのぞき見ている気持ちになる。嫉妬や怒りのような感情もわいてくるが、やっぱり興奮してしまっている。僕は、次の動画を再生した。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


彼女をバイト先の男性に抱かせたら、マゾ調教されてしまいました完(転載禁止)

前回の話

ひな子は、画面の中で満面の笑みを浮かべています。僕は、まるでひな子に見られているような気持ちになり、ドキッとしていました。この動画を撮ったときから、オナホのことを決めていたのだろうか? 僕は、少し怖くなってしまいました。

僕は、とりあえずオナホからペニスを抜きました。そして、画面の中のひな子を見つめます。ひな子は、顔中に精液を付着させたまま、カメラを見つめて笑っています。すると、ひな子は顔の精液を指で集め始めました。

そして、それを口に運ぶと、美味しそうに飲み干していきます。指に突いたものも舐め取りながら、喉を鳴らして飲み干していくひな子……。ずっとカメラを見つめたままです。


僕は、感情が整理出来なくなっていました。ひな子は、完全に楽しんでいるようです。僕を興奮させるため? 確かに、最初にけしかけたのは僕です。ひな子が、他の男性とエッチをするところを見たい……あの時、なぜか僕はそう思いました。
でも、こんなにエスカレートするなんて、少しも想定していませんでした。

『じゃあ、続きしようか。続けて出来るよね?』
ひな子は、男性達に声をかけます。もう、すっかりと主導権を握っているような話し方をしています。男性達は、すぐにうなずき、勃起したペニスを握ってアピールをしています。

握った手からはみ出ているペニス……。二人とも、本当に立派なものを持っていると思います。ひな子は、一人にまたがると、対面座位の格好で挿入してしまいました。ひな子は、気持ちよさそうな声をあげながら腰を動かし始めています。それだけではなく、キスもしています。

まだ、顔には精液が付着した状態ですし、おそらく口の中も精液だらけのはずです。それでも、男性は嫌がることもなくキスを受け入れています。

ひな子は、イヤらしいキスをしながら対面座位で腰を動かし続けています。僕は、目の前の光景がまだ信じられません。そもそも、どうして牧村さん以外の男性達とこんなことをしているのだろう? 僕は、理解出来ずにいます。

『あぁ、気持ちいい。このおチンポ、牧村さんのよりちっちゃいけど、ちゃんと子宮に届いてるよ』
ひな子は、カメラ目線で言います。僕は、自分に話しかけられているような気持ちになり、ゾクッとしていました。

『直くん、見てる? 直くんのじゃ届かないところ、いっぱい刺激されてるんだよ』
ひな子は、さらにそんな言葉を重ねます。カメラを見ながらキスをし、腰を動かし続けるひな子……。僕は、嫉妬や焦りを感じながらも、完全に勃起しています。そして、堪えきれずにもう一度オナホにペニスを挿入してしまいました。
締め付け、絡みついてくるオナホ……。人体ではあり得ないような感触です。僕は、ひな子が他の男とセックスをする姿を見ながら、激しくオナホを動かし始めました。

画面の中では、もう一人の男性がひな子の顔の近くにペニスを近づけていきます。ひな子は、嬉しそうな顔でそのペニスをくわえました。3Pを抵抗感もなくしてしまっているひな子。牧村さんは、このことを知っているのだろうか? 僕は、疑問を感じていました。

『すごく固い。おチンポカチカチだよ』
ひな子は、嬉しそうにペニスをくわえたり舐めたりしています。でも、そんなことをしながらも、腰の動きは止まることがありません。

「あぁ、出そうです。ヤバい」
ひな子と繋がっている男性が、余裕のない声で言います。
『出しちゃうの? 赤ちゃん出来ちゃうよ?』
ひな子は、男性の耳元でささやくように言います。でも、その顔はさらにとろけてしまっているような感じです。
「ヤバいです。出ちゃいます。ぬ、抜かないと」
慌てる男性。でも、ひな子はなまめかしく腰を動かし続けるばかりです。

『中に出しちゃうの? 子宮に当たってるから、子宮の中まで入っちゃうよ?』
ひな子は、いじめるような口調です。
「で、でも、あぁ、ヤバいです、出ちゃう、うぅっ」
男性は、うめくように言うと、身体を震わせました。
『あぁんっ、出てる。ドクドクしてる。子宮の中まで入ってきてるよ』
ひな子は、信じられないほどとろけた顔で言います。僕は、あっけなく中出しを許したひな子に、ただただ驚いていました。ピルを飲んでいるとは言え、中に出されてしまうのは、いろいろなリスクがあると思います。
僕自身も、妊娠や性病のリスク以上に、心情的に許せない気持ちが強いです。

ひな子は、
『パパになっちゃうね。名前、考えといてね』
と、男性にいたずらっぽく言います。ピルを飲んでいることを隠したまま、いじめるようなことを言い続けるひな子……。僕は、ひな子の知らなかった顔を見た気持ちです。

「そ、そんな……。早く流さないと」
焦る男性。やっぱり、見た目通りかなり若い男性のようです。動揺が伝わってくるようです。
『大丈夫よ。ピル飲んでるから』
ひな子は、そんな風に言いました。まるっきり、年上の女性みたいです。男性は、ホッとした顔になりました。ひな子は、楽しそうな顔のまま、
『他の人の精液入ってるけど、入れてくれますか?』
と言い、スッと立ち上がると、アソコを指で拡げながら妖艶な笑みを浮かべています。

ツルツルのアソコ……。ピンク色のビラビラが拡がっています。そして、垂れ流れてくる精液……。僕は、他の男の精液を垂れ流すひな子を見ながら、狂ったようにオナホを動かしています。
男性は、すぐにひな子に抱きつきました。そして、そのまま立位で挿入してしまいました。
『あぁっ、こ、これすごい、すごく奥に……うぅっ、こんなの初めてだよ』
ひな子は、立ったまま貫かれ、快感に声を震わせます。身長的に、無理なく立位でつながれているようです。男性は、腰を上下に動かすような動きを始めます。
『うぅっ、さ、刺さってる。おチンポ奥まで刺さってるよ』
ひな子は、さっきの対面座位よりもはるかに気持ちよさそうな声をあげています。男性は、そのまま腰を動かし続けます。ひな子は、男性にしがみつくような格好になりながら、どんどんあえぎ声を大きくしていきます。

僕とは、したことのない体位……。と言うよりも、こんな体位があるなんて知りませんでした。
『あっ、アンッ、これすごいっ、直くん、イッちゃう、違うおチンポでイッちゃうっ! 見ててっ、イクとこ見ててっ!』
ひな子は、とろけきった顔で叫びます。僕は、オナホの中でイク寸前です。

男性は、ひな子がイキそうになっていても構わず腰を突き上げ続けます。ひな子は、何度もイクと口走りながら、さらにとろけていきます。
『いやぁっ、ダメっ! で、出ちゃうっ、うぅっ、出るっ、いやぁっ!』
ひな子は、泣きそうな声で叫びます。すると、ビチャビチャっと音を立てて、ひな子のアソコから液体があふれ出しました。
「あ~あ、漏らしちゃって。この臭いって、潮じゃないね」
男性は、からかうように言います。ひな子の足下は、どんどん濡れて光っていきます。どうやら、潮吹きではなくお漏らしをしてしまっているようです。
『イヤッ、だめぇっ! 止めてっ、うぅあっ、恥ずかしいの、イヤァ』
ひな子は、ほとんど泣き声です。
「漏らすほど気持ちいいんだ。じゃあ、俺の入れちゃおっかな」
もう一人の男性が、そんなことを言いながらひな子の後ろに回り込みます。そして、ペニスにローションを塗りたくっています。僕は、絶望的な気持ちになっていました。

男性は、ローションまみれのペニスをひな子のアナルに押しつけていきます。詳細は見えませんが、すでに膣にはペニスが入っていますので、アナルを犯そうとしているのは間違いなさそうです。
『イヤッ、ダメっ、そこはしたことないっ!』
慌てて叫ぶひな子。
「ほらほら、力抜かないと痛いよ」
男性は、笑いながら言います。
『ダメっ、本当にダメっ、そこはダメなのっ、まだしたことないからっ! うぅっ、い、痛いっ、やめてっ! 無理、いやぁっ!』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


パチンコで負けまくってる人妻は、あっけなく損失補填に乗ってくる

先日の日曜日のことです。
バイトのない日は朝からパチンコに行っています。
今日の勝負台は人気機種シリーズの新台です。
爆裂機ですが、ハマるとかなり怖い台です。
その日も開店前から並んで台を確保して、最初2万円ほど投入しましたが当たり来ず。

【続きを読む】
[ 2019/06/29 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

高確率で本番出来るヘルスに、近所の奥さんがいたから寝取ってやった

人妻ヘルスに行きました。

コースは一番高い110分コース。

そこのヘルスは、完全に外からのぞけない部屋です。

【続きを読む】
[ 2019/06/29 18:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

さんざん調教した元カノを、彼氏に電話させながら抱いてみた

20歳の頃、出会い系で知り合った19歳の短大生と付き合ってた。
俺は遊びのつもりだが向こうは本気だった。
それを利用して剃毛やアナルセックス、夜中に呼び出してフェラだけさせる、友達にエッチ行為を見せつける、露出プレイなどなど、普通の19歳では経験しないようなセックスを教え込んでた。

【続きを読む】
[ 2019/06/29 12:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻と大人のおもちゃで疑似寝取られプレイをしていましたが……

あちこちの寝取られサイトに刺激を受け、この年で火が付いた40前半の男性です。
正直、この年で、まさか妻に夢中になるとは想像もしていませんでした。

子供二人は大学に進学し、それぞれ都内と横浜に憧れの下宿暮らし。
同い年の妻は日テレの杉上佐智枝アナに似た、活発で中性的な魅力の美人です。
二人暮らしに戻ったせいか夜の方も少し大胆な感じで、週に一度。

【続きを読む】
[ 2019/06/28 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

去年の猛暑日、修理にやって来た電気屋さんを誘惑したイケナイ人妻

去年の猛暑の8月、私は28歳でした。
あの日はすごく暑い日で、エアコンなしでは生きていけないくらいだったんですが、運悪く故障してしまったんです。
それで急遽、近所の電気屋さんに来てもらうことにしたんです。

修理にやってきた電気屋さんは20代前半の若くて体格ががっちりした人で、ランニングから出た小麦色の肌と肉厚な筋肉に思わず見入ってしまいました。

【続きを読む】
[ 2019/06/28 18:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

過去話を聞きたがる旦那の願望で他人棒でイク主婦

私は38歳の2人の子持ちの専業主婦です。

主人は私の過去のエッチ話を聞きたがり、それを話したときは激しく求められます。

それから「3Pをしよう」とか「他の人としたらどうだ?」と言われ断ってましたが何度も言われてるうちに「そうねぇ上手な人でアソコのおっきい人としたらたまらないかもね」と言うと、主人は興奮のあまりいつも一回で終わるのがその日は2回も求められました。

【続きを読む】
[ 2019/06/28 12:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

隣の奧さんに、ベランダ越しに食事に誘われた

GWの終わりの土曜日のこと妻は出かけていて、玄関先にゴミを出しに行くと、隣の奥さんも丁度出している時だった。

奥さんはジャージにTシャツでいつもとは違うラフな格好だった。

挨拶をし、家に入り、ベランダで洗濯を干していると、隣の奥さんもベランダで洗濯を干しにやってきた。

【続きを読む】
[ 2019/06/27 22:13 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

専業主婦が夫のリストラで働き出し、専務の愛人になるまで

私は某会社で経理を担当していました。
夫がリストラに遭い、いわゆる兼業主婦をしていました。
今では夫の再就職が決まり、専業主婦に戻りましたが、その時の話です。

勤めて1ヶ月くらい経ったある残業をしている日、専務室に呼ばれたんです。
今までそんなことはなく、なんだろうと思いながらも行きました。

【続きを読む】
[ 2019/06/27 18:21 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

寿退社する彼女が、婚約者のセックスが弱いことをほのめかしてきた

職場の同僚の友紀(27)が寿退社することになった。

友紀は見た目派手ではないので特別目立つ女というわけではないが、真面目で控え目な性格で家庭をしっかり守ってくれそうな雰囲気が好印象な女だ。

婚約者の男は一流大学卒で一流企業に勤めているエリートらしい。

【続きを読む】
[ 2019/06/27 12:23 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

テニススクールで知り合ったママ友の息子さんと偶然街で出会ったことで

私は45才の専業主婦をしている人妻です。

子供は高校2年生の長女と高校1年生の次女と1歳になる三女と生まれたばかりの四女がいます。

今から2年前の事、子供も手が離れる歳になり、自由な時間がふえたので近所のテニススクールに通いだしました。

幸い、夫が会社を経営しているので家計を気にする事無く、セレブ生活を満喫しておりました。

【続きを読む】
[ 2019/06/26 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

係長の大きくなってる……彼氏のいる部下に言われて理性が飛びました

少し前、部下の結婚式に出た。
真っ白なドレスの袖から出ていたむちむちの二の腕や、ドレスを大きくふくらませている胸。
新郎と腕を組みながらキャンドルの時に微笑まれたときは切なかった。

数年前の忘年会の日、車で来た俺は、4つ下の部下のA子を送っていくことになった。
直属の部下だし、泥酔しているし、車で来ていたのは俺だけ。

【続きを読む】
[ 2019/06/26 18:03 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻公認で、妻の母と妻の従妹とセックスしています

41歳の会社役員です。
結婚して10年になる妻は33歳。
そんな私には、妻公認のセックスパートナーが2人います。
2人とは、妻の母(56歳)と、大学3年生の妻の従妹です。
私は精力が人一倍強いのか、いくつになってもセックスがしたくてたまりません。

【続きを読む】
[ 2019/06/26 12:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

まだ何者にもなっていないガキが、人妻相手に本気になった結果

ずーっと昔、僕が未だ二十歳の頃の話。
ご多分に漏れずやりたい盛り・女大好きだった僕は女の子との出会いを求め、とあるファーストフードでバイトを始めた。ちなみにハンバーガー系のお店では無い。

カッコイイとはお世辞にも言えないけど、流行のヘアスタイルやファッションをして、雰囲気美男子だった僕は姉が2人いる末っ子の長男で、その影響もあり、年上の女性にまったく興味が湧かなかった。

【続きを読む】
[ 2019/06/25 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻の秘密口座にまとまったお金が振り込まれていた件

珍しく早朝に目覚めた私は昨夜会社の飲み会から遅く戻った妻が机の上に置いたままになっていたバックを見つけ覗いてみた。
バックの中に給料振込先に使っている銀行と違った銀行の通帳に興味を持って記帳してある項目をチェックしてみた。すると20万・35万と振り込まれているのを発見した。ん?何だろう? ボーナスじゃないし・・・振込元はカタカナ名の○○企画となっている。

【続きを読む】
[ 2019/06/25 18:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

夫は私が複数の男の人にヤラれてるのを見るのが大好き

私の旦那さんは私より15歳上の42歳です。
付き合い始めてから今日まで四年の付き合いです。

旦那には変わった性癖があります。
それは、私が他の男の人とHしてる所を観察すること。
しかも複数の男の人にヤラれてるのを見るのが大好き。

もちろんこの性癖を承知のうえで結婚したし、私自身Hが大好きなので最初は抵抗があったけど、今では喜んで旦那の趣味に付き合ってあげてます。

月に二回~四回のペースで自宅の防音設備が整った地下の部屋で1日中籠もってプレイします。

【続きを読む】
[ 2019/06/25 12:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

警備員の私の楽しみはアパートからセレブ妻を覗くことw

私は、35歳の独身でビルの警備員しています。
この時期は、花火大会が行われる時は、ビルの会社がお客様を招待してビルの屋上を解放します。
そのため、私はビルの中を見回りをするため花火が見れないので、せめて招待客のいい女を見つけて目の保養しています。

【続きを読む】
[ 2019/06/24 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング