NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

※恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました5(転載禁止)

前回の話

僕は、完全に動きが止ってしまった。あまりにも予想外の里恵の姿に、言葉も出てこない。豊胸や恥丘のバタフライのタトゥーも驚きだが、クリトリスに直接通されたピアスは、この目で見ていても信じられない。

「そ、そんな……。いくらなんでも……」
僕は、やり過ぎだという言葉を飲み込んだ。実際、やりすぎだとは思っている。里恵は、さらに後戻り出来ない身体になってしまったなと思っている。でも、僕は異様なほどに興奮してしまってもいる。
手も触れず、射精寸前になっているほどだ。そして、よく見ると、クリトリス周りの包皮がない……。包茎手術のように、切除してしまったのだろうか?

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です

『いくらなんでも、なに? やりすぎって思った?』
不安そうに質問してくる里恵。僕は、すぐにそんな事はないと言った。
「興奮してるよ。凄くセクシーだよ」
ここまで里恵を改造したのに、僕には秘密にしていた大川に、怒りのような感情を持った。でも、興奮の方が上回っているのも間違いない。
『本当に? 良かった。やりすぎだったかなって心配してたの』
里恵は、安心したように言う。僕は、里恵の心の中がまったく読めないなと思っていた。これだけ大川に良いように改造されてしまったのに、僕への愛情は消えていないように感じる。僕に嫌われたくない……そんな風に思っているのが感じられる。

『パパ、興奮してる? ビッチな私はどう?』
里恵は、そう言って僕のペニスをまさぐってきた。ズボンの上からでも、的確に僕のカリ首を醒めてくる。もう、セックスが下手な振りはやめたようだ。
僕は、あえぎながら、
「すごくエッチだよ。すごく興奮しちゃうよ」
と、言うのが精一杯だ。実際、童顔でおとなしいイメージしかない里恵が、こんな身体をしているのはギャップがとても大きい。

『良かった。パパが興奮してくれて、嬉しいな』
里恵は本当に嬉しそうにそう言うと、僕のズボンを脱がせ始めた。あっという間にパンツも脱がされると、手術で大きくなったペニスが剥き出しになる。
長さで5cm近く、そして、太さも一回り大きくなっている。その上、竿の途中にはリングもグルッと回っているので、一目で変わった事がわかるはずだ。

『パパの、凄く大きくなってる。いつもより、大きくなってるね』
里恵はそう言って、僕のペニスをくわえてきた。リング部分も口の中に含むと、舌がカリ首に絡みついてくる。軽くバキュームしながらのフェラチオは、気持良すぎて腰が抜けそうになった。
いつも下手くそな振りをしていた里恵……。でも、本気を出せばこんなに上手だったんだなと思い知った。

『パパ、すごく固くなってるよ。いつもより、太くて長いみたい。こんなに興奮してくれるなんて、痛い思いした甲斐があったよ』
里恵はそう言って、フェラチオを続けてくれる。僕は、もしかして、本当に里恵は気がついていないのかな? と、思い始めていた。天然キャラなところがある彼女は、信じられないような言動をする事がある。思い込みが激しいというか、いわゆるド天然だと思う。

でも、さすがに気がつかないなんてあるのかな? とも思う。でも、日々あれだけ沢山のペニスを相手にしていたら、僕のペニスの事なんて忘れてしまってもおかしくないのかもしれない。

僕は、強い興奮と嫉妬を感じながら、里恵のフェラチオ姿を見つめていた。Fカップにまで豊胸された胸……。そして、両乳首のハート型のピアス、乳房のタトゥー……。それだけではなく、恥丘にまでバタフライのタトゥーがある。
僕は、こんな身体で、どうやって息子と入浴していたのだろう? と、怖くなってしまった。一歳なので、見られてもかまわないと思っているのだろうか? それとも、なにか対策をしたのだろうか?

僕は、そんな事ばかりが気になってしまう。こんなものが入っていては、スーパー銭湯も温泉も、プールも入れない……。僕は、その事実に今さら後悔を始めていた。あの時、大川としっかりとした決着をつけていれば……。彼に取り込まれずに、毅然とした態度が取れていれば……。でも、もうなにもかもが手遅れだ。

「もう、出ちゃうよ。入れてもいい?」
僕が、情けない声で言うと、
『まだダメ。今度は、パパが舐めて。ピアスつけたら、ずっとうずいてるの。すぐにオナニーしちゃうの……。はしたないよね? 軽蔑する?』
と、里恵が言ってきた。その顔は、すでに発情したようにとろけていて、目も潤んでいるように見える。大川の手によって、里恵の淫乱さはすっかりと開花してしまったみたいだ。僕は、軽蔑なんてしないと答えた。そして、希望通りに里恵のクリトリスを舐め始めた。

完全に包皮がなくなってしまった里恵のクリトリスは、剥き出し状態になっている。そして、クリトリスにはリング状の小さなピアスが貫通している。痛くないのかな? と、心配になってしまうような状態だ。

僕は、恐る恐るクリトリスを舐め始めた。ずっと剥き出し状態だったせいか、すごく固く感じる。そして、舌が触れた途端、里恵は激しく乱れ始めた。
『うっ、うぅ~っ! パパすごいっ、気持ちいいのっ、もっと、もっと強く舐めてっ』
里恵は、あの秘密の部屋で男達とセックスをしている時のような感じ方になっている。僕は、里恵をこんなにも乱れさせる事が出来ている事に、嬉しいと思っていた。

里恵のクリトリスは、気のせいではないレベルで大きくなっていると思う。小指の先ほどはあるみたいだ。そして、同じようにピアスが貫通している乳首も、明らかに大きくなっていると思う。

僕は、里恵がどんどん改造されていく事に、今さらながら焦燥感を感じている。でも、やっぱりどうしても興奮がおかしなほど大きくなってしまう。

僕は、思い切ってクリトリスのピアスを引っ張ってみた。
『ンギィッ! うぅあ、あ、ダメぇ、イッちゃった、パパ、イッちゃったのぉ』
里恵は、ガクガクッと身体を震わせながら言う。僕は、さらに強く引っ張ってみた。クリトリスが引っ張られ、伸びていくのがわかる。
『ギ、ギィッ! ダメぇ、千切れちゃうっ、クリちぎれちゃうよぉ』
里恵は、泣きそうな声をあげる。でも、痛そうな感じではなく、気持ち良さそうな顔に見える。僕は、ピアスを引っ張りながらクリトリスを触り続けた。

里恵は、あごを上げて天井を仰ぎ見るような格好になっている。そして、太もものあたりがガクガクッと震えている。
僕は、あの男達のように、かなりの強さでピアスを引っ張り続けた。
『ウゥッ! うぅう゛う゛う゛ぅっ!!』
里恵は、歯を食いしばるような感じになっている。こんな風に痙攣みたいに身体を震わせる里恵を見て、僕は有頂天になっていた。僕の手で、里恵を感じさせている……。こんなにも感じさせている。

僕は、さらに強くピアスを引っ張った。千切れちゃうんじゃないか? そんな心配をしながらも、僕はギュッと引っ張る。すると、里恵がのけ反り、
『ンギィッ!!』
と、短く悲鳴を上げた。そして、アソコから透明の飛沫が勢いよく飛び散った。
『イ、イッちゃった、出ちゃった、ごめんなさい。パパ、汚しちゃった』
里恵は、慌てて謝る。そして、濡れたシーツを拭こうとする。僕は、強引に彼女をあおむけに寝かせた。そして、改造して大きくなったペニスを、そのまま挿入した。
『うぅうああぁっ! パパ、すごいぃっ! おちんちん、すごくこすれてるよっ、気持ちいいっ!』
里恵は、驚いたような顔で感じ始めた。僕は、夢中で腰を振る。カリ首が太くなった分、こすれる感触が強くなったようだ。僕は、すぐに射精感が高まってしまった。
カリ首に注射した特殊な素材のせいで、少し感覚が鈍くなるそうだ。でも、太くなった分強くこすれるので、逆に快感は強くなったように感じる。

里恵は、本当に気持ちよさそうにあえいでいる。あの男達としている時に近い感じだ。僕は、少しでも里恵が気持良くなるように、長くなったペニスを生かしてロングストロークで責め続ける。

僕が動く度に、大きくなった胸が揺れる。そして、ピアスも激しく揺れて時折ぶつかって音を立てる。本当に、卑猥な眺めだ。清楚だった妻が、こんなビッチに変えられてしまった……。僕は、悔しいと思っていた。

『パパ、ピアス引っ張って。強くして。もっと気持ちよくしてっ』
里恵は、とろけきった顔で叫ぶ。僕は、言われるままに彼女のピアスを引っ張った。そして、引っ張りながら腰を振る。
『ンギっ! うぅあっ! ンオォオオォオッ!』
里恵は、あえぎ声とは思えないような声であえぐ。もう、断末魔の悲鳴みたいだ。

すると、里恵は自分で乳首のピアスを引っ張り始めた。左右のピアスを、乳首が伸びるほど引っ張る彼女……。すると、膣がより強く締まり始めた。

里恵は、獣のような声をあげながらあえぎ続ける。鳥肌が立ったような感じになっているし、顔も涙やよだれでドロドロだ。
『イグイグイグゥッ! パパ、死んじゃうっ! おチンポすごいのっ! パパのおチンポ気持ちいいっ! もっと! もっとしてっ! ハメ殺してぇっ!』
里恵は、乳首のピアスを引っ張りながら絶叫した。僕は、里恵のあまりに卑猥な姿に我慢しきれず、膣奥深く射精を始めてしまった……。 

『パパ、すごく気持良かったよ。興奮してくれたみたいで良かった。いつもより大きくなってるみたいだったよ』
里恵は、甘えた仕草でそんな事を言ってきた。里恵は、本当に気持良かったみたいで、僕に抱きついたまま寝息を立て始めた。

僕は、本当に気がついていないのかな? と、疑問を持った。僕のペニスは、明らかに変わったと思う。見た目も大きさも、一目瞭然のはずだ。いくら天然の彼女でも、気がつかないなんてあるのだろうか? 
そんな事を考えてしまう。もしかしたら、大川から聞いているのではないか? そんな邪推をしてしまった。

僕に抱きつきながら寝る里恵は、無邪気な顔をしている。まるで、少女のように感じる。でも、さっきから僕の腕には乳首のピアスが当っているし、タトゥーも見えている。

彼女は、僕を喜ばせるためだと言っているが、大川にいいように改造されているだけだと思う。

次の日、僕はいつも通り大川の病院に出社した。
「どうだった? 改造ペニスの成果は? すごかったでしょ?」
大川は、無邪気に聞いてくる。彼は、僕より15歳も年上だが、妙に子供っぽいところがある。僕は、確かにすごかったと報告した。
「やっぱり! あの手術の効果は絶大だからね。そのペニスがあれば、里恵も満足してここに来なくなるんじゃない?」
大川は、そんな事まで言う。いつのまにか、里恵の事も呼び捨てにしている。僕は、そうだといいですけどと言った。

「今日は来るかな? じゃあ、最近の里恵の動画でも見ててよ」
彼はそう言うと、部屋から出ていった。一人残された僕は、とりあえず壁のスイッチを押した。すると、一瞬で鏡が透明になり、プレイルームが見える。でも、里恵はいない。

僕は、もう一度スイッチを押して鏡に戻すと、机の上のパソコンのスイッチを入れた。そして、彼のコレクションを見始めた。ネットにあげているものとは違い、編集も修正もない動画達だ。

僕は、僕が出張(実際は長茎手術だが)に出た次の日の動画を確認した。ファイル名は撮影日時になっていて、僕がいなくなった次の日の動画も存在した……。

あんな風に悲しそうに別れたのに、さっそく次の日からプレイをしていたのかと思うと、僕は嫉妬や悲しさが湧いてくる。

動画は、里恵が部屋に入ってきたところから始まった。里恵は、股下0センチの短すぎるスカートを穿いている。そして、上はブラジャーだけだ。そのブラは、乳輪がかろうじて隠れるほどの面積しかないマイクロミニのもので、つけている意味がないような感じだ。実際、ピアスが隠れきらずにほとんどはみ出てしまっている。

【続きは出典元で】

・2017年度寝取られ動画、同人ランキング!
・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)

その他の寝取られ体験談を探す
・いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果3
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4
・半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した2
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5
・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた3


【同じジャンルの体験談】


人生で最も寝取られたくないNTR話

妻が隠していたビデオ…~元カレ寝取らせ観察記~

[ 2018/11/06 20:04 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング