NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

▲年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5(転載禁止)

前回の話

嫁は、獣の雄叫びのような声をあげながら、見たことがないようなイキ方をしてしまった。秋雄のディルドで感じているときも恐ろしく乱れてしまっていたが、それ以上だ。
私は、手も触れていないペニスが射精をしてしまったことに動揺しながらも、あまりの快感にうめいていた。

秋雄は、自分はまだイッていないが、動きを止めた。
「大丈夫?」
彼は、ぐったりしている嫁に心配そうに声をかけた。

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です

『大丈夫なわけないだろ……。なに入れてんだよ。合意がないセックスは、犯罪だろ……』
嫁は、いつもの強気な言葉を口にする。でも、その声は弱々しく、まだトロンとしたような顔のままだ。
「ゴメン。でも、すごく気持ちよかったでしょ?」
秋雄は、少しからかうような口調だ。
『まぁまぁかな。ほら、早くどけって』
嫁は、強気な言葉を繰り返す。でも、秋雄はペニスを抜かない。それどころか、奥に押し込んでこすりつけるように腰を動かす。
『うぅあっ、こ、こらっ、やめろって、もう十分だろ!』
慌ててそんなことを言う嫁。でも、顔が紅潮して上気したような感じになっている。
「十分なの? まだ、足りないんじゃない?」
秋雄は、そんなことを言いながら腰を微妙に動かす。回すような動きで、あまり動きはないが、嫁は足の指が開いたり閉じたりしている。
『た、足りてる。いいからどけって、うぅくぅ』
嫁は、抵抗しながらも声が漏れている。さっきまで、あんなに激しく感じていたので、体中が敏感なままなのだと思う。

「またまた~。ここはそう言ってないじゃん。キュンキュン締め付けてきてるし」
秋雄は、楽しそうにそんなことを言う。嫁は、とろけた顔のまま、それでも抵抗を続ける。
『もう、いいって! 早くどけよ。アンタも、なに見てるんだよ。とめろって!』
嫁は、私にも矛先を向ける。でも、私はパンツの中で暴発してしまい、ズボンにまでシミが出来ているような情けない状態だ。
『はぁ? またイッたの? 触ってもないのに? この、どヘンタイ』
嫁は、あきれたような顔で言う。私は、小さくゴメンとしか言えなかった。
「ほら、アイツも楽しんでるんだから。美冬ちゃんも楽しまないと損だって」
秋雄は、そんなことを言いながら動きを大きくしていく。すると、嫁の両足がピンと伸び、つま先がギュッと内側に曲げられ始めた。秋雄のディルドでわかったことだが、嫁は本当に気持ちいいと、こんな動きをする。私と普通にセックスをしていたときは、わからなかったことだ。
『うぅっ、うぅ~っ! あぅ、だめぇ、もう、あぁっ! あんっ、うぅっ』
嫁は、やめろとは言わなくなった。でも、さっきみたいにあえぐことは拒否しているようだ。声を必死で抑えながら、なんとも言えない表情で私を見つめている。怒っているようにも、困惑しているようにも見える。もしかしたら、助けを求めているのかな? とも思う。

「素直に感じればいいのに。身体はめっちゃ反応してるじゃん。子宮も、指で触れるくらい降りてきてるよ」
秋雄は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。単純な動きから、動きの読めない複雑な動きに変わってきている。

『うぅっ、ち、違う、そんなこと、ひぃぅ、ないから、うぅあっ!』
嫁は、苦しげな声で言う。私は、必死で声を抑えようとする嫁に、私への愛情を感じた。でも、これは私の仕組んだことなので、申し訳ない気持ちが大きくなる。そして、
「あっちの部屋にいるから。我慢しなくていいから」
と、嫁に言って隣の部屋に移動を始めた。
『な、なに言ってんだよ! そんなの、うぅっ、だ、だめ、あっ、あっ、うぅっ』
私の方を見て、そんなことを言い続ける嫁。でも、私は部屋を出て扉を閉めた。しかし、隣の部屋には移動せず、ドアに耳をくっつけて中の様子を聞き続ける。室内の薄いドアなので、ほとんど声は丸聞こえだ。

「ほら、もう平気でしょ? 声我慢しなくていいから」
秋雄は、そんなことを言う。そして、嫁はどんどん声が大きくなっていく。
『うぅあっ、あっ、そこ、うぅっ、気持ちいいっ、もっと強く、うぅあっ、あっ、そう、そこっ!』
嫁は、秋雄に注文まで始めてしまった。やっぱり、私が見ていることで声を我慢していたんだなと感じた。
「ここでしょ? わかりやすいな」
秋雄は、楽しそうに言う。そして、嫁はさらに声が大きくなっていく。
『イ、イクっ、イクっ! イクゥッ! んおおぉおおおぉおっ!』
嫁は、獣の雄叫びのような声をあげる。でも、まだ秋雄は動きを止めないようだ。

「ほら、舌出して」
秋雄はそんな指示をする。そして、急に声が聞こえなくなる。私は、不安に感じてドアを薄く開けた。すると、ベッドの上には、正常位で繋がりながら、濃厚にキスをする二人がいた。秋雄が舌を差し込み、かき混ぜるようにしている。そして、嫁の舌も控えめながら動いていて、秋雄の舌に絡ませているようだ。

私は、棒で頭を殴られたようなショックを受けた。すでに、嫁は秋雄とセックスをしているのに、今さらキスくらいでとも思う。でも、他人とキスをする嫁を見るのは、信じられないほどの衝撃を私に与えた。

やめてくれっ! と、私は叫びそうになった。でも、それ以上に私は興奮している。さっき射精したばかりのペニスが、脈を打つようにビクンビクンと跳ねている。

秋雄は、キスをしたまま杭を打つように打ち下ろすピストンを続ける。機械で種付けをしているような動きだ。
嫁は、キスをしたままうめき声を漏らし続け、そして、堪えきらなくなったように秋雄に抱きついた。こんなに濃厚なセックスをするなんて、想定もしていなかった。まるで、恋人同士みたいだ。

一度もキスを解くことなくセックスを続ける二人。すると、嫁の脚も秋雄の身体に絡みついていく。両手両脚で絡みつくように抱きつく嫁は、種付けされるのを望んでいるようにしか見えない。

「あぁ、出そう。イクよ、もう限界」
秋雄が、やっとそんなことを言い始めた。私なら、とっくにイッてしまっていると思う。

『イ、イッてっ! もう、だめっ、おかしくなるっ! 一緒にっ! 私もイクっ! イクっ! イクぅ~っ!』
嫁は、泣きそうな声で叫ぶ。そして、秋雄はスパートをかけ始めた。嫁は、秋雄の激しい動きに、声にならない声に変わる。
『んおぉおおおぉおお゛お゛お゛っ』
断末魔の声のようなものをあげながら、嫁は痙攣し始めた。秋雄は、うめきながら射精を始める。そして、どちらからともなくキスを始めた……。

私は、そっとドアを閉じた。そして、キッチンに向かう。冷蔵庫を開けて缶ビールを開けて飲み始めた。アルコールの酩酊感が、少し冷静にさせてくれた。

私は、缶ビールを二本手に持つと、寝室に戻った。少し大きめの足音を立てて近づき、ドアを開けると、嫁と秋雄は離れた位置に座っていた。

『途中でいなくなるなよ! バカッ!』
嫁は、私に怒鳴ってきた。秋雄は、涼しい顔で私と嫁を見つめている。私は、二人に缶ビールを渡した。
「おっ、サンキュー」
秋雄はそう言ってビールを飲み始める。嫁も、渋々という感じでビールを開け、飲み始めた。
『まったくもう……。たくらんでただろ』
納得できないという顔で言う嫁。私は、素直にゴメンと謝った。
「どうだった、俺のチンポは?」
笑顔で質問する秋雄。
『どうって、大きかったよ』
「痛くなかった?」
秋雄が質問を続ける。
『別に痛くはないけど……』
「じゃあ、気持ちよかったってこと?」
『う、うん。まぁ少しは……』
「美冬ちゃん、最近ディルドにこってるでしょ」
『なっ! なんでそんな……。雄太! アンタだろ!』
嫁は、顔を真っ赤にしながら怒鳴る。私は、思わずごめんなさいと謝っていた。

「まぁまぁ、あれって、俺のチンポで作ったんだよね」
『はぁ? 作った?』
嫁は、意味がわからないという顔になっている。秋雄は、どんな風に作ったか説明をした。

『……手の込んだことしたんだ。ホント、その情熱を他に生かせないのかねぇ……』
妻は、怒ることもなくあきれたように言う。私は、怒ってないの? と、質問した。
『別に怒ることでもないし。ただ、どうして? なんでそんなに他の男に抱かせたがるの?』
嫁は、直球で質問をしてきた。私は、正直、そんな風に言われると返答に困ってしまった。

『興奮するってこと? 私が、他の男と浮気するのが……』
釈然としないという顔で嫁が言う。私は、素直に興奮してしまうと言った。
「まぁ、いろんな性癖があるからさ。美冬ちゃんもあるんじゃない? こんな状況だからさ、言ってみれば?」
秋雄は、そんなことを言い始めた。私は、そういえば嫁の秘めた性癖については、考えたこともなかった。誰にでも、人に言えないことはあると思う。

『別にないよ。私はヘンタイじゃないし』
嫁は、私を冷たい目で見ながら言う。
「そんなことないでしょ。今だって、アイツが見てるからいつもより興奮したんじゃない?」
秋雄が言う。
『ま、まぁ、少しはあるかも』
嫁は、珍しく言いよどむ。
「でしょ? ほら、こんな時じゃないと言えないんだから、願望とか言ってみなよ」
秋雄は、そんな風に嫁を誘導していく。
『まぁ、願望というか、童貞の男の子としてみたいって思ったりはするかな?』
嫁は、少し照れくさそうに言う。
「へぇ、なんか、イメージ通り。童貞の男の子を食べちゃうとか、メチャ似合いそうじゃん」
秋雄はそんな風に言う。私は、想像してしまった。嫁が童貞の男の子相手に、イヤらしい個人レッスンをしている姿を……。

『うっさい。でも、想像するだけだから』
嫁は、顔を赤くしながら言う。いつも強気で、姉さん女房みたいな嫁が恥じらっていると、それだけで妙に興奮してしまう。

「なんで? やれば良いじゃん。それって、寝取られ好きのコイツも喜ぶし、美冬ちゃんも喜ぶしでwinwinってやつじゃない?」
秋雄は、良いこと思いついた! みたいな言い方をした。
『それはそうだけど、相手なんかいないし』
嫁は、まだ恥ずかしそうに言う。でも、乗り気になっているのを感じる。
「いるよ。俺の職場に、イケメンだけど女と付き合ったことないヤツが」
『そ、そうなんだ。でも、どうして? イケメンなのに童貞って、おかしいでしょ』

【続きは出典元から】

・2017年度寝取られ動画、同人ランキング!
・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)

その他の寝取られ体験談を探す
・いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果3
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4
・半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した2
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5
・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた3


【同じジャンルの体験談】


人生で最も寝取られたくないNTR話

妻が隠していたビデオ…~元カレ寝取らせ観察記~

[ 2018/11/04 22:54 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング