NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった完(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

あやみは、突然射精した俺を見て、本当に驚いた顔になった。そして、笑い始めた。爆笑に近いような笑い方だ。スパートをかけてあやみに種付けしようとしていた彼も、動きを止めてなんとも言えない顔で俺を見ている。

『どうしてまさくんがイッちゃうの? 触ってもないのに出ちゃうなんて、おかしすぎるよ〜』
あやみは、目に涙を浮かべる勢いで笑っている。俺は、情けない気持ちと恥ずかしい気持ちで、消えてしまいたいと思っていた。

「あやみちゃん、旦那さんはこういうのが興奮するみたいだよ。もっと見せてあげたほうが良いんじゃない?」
彼は、からかう感じでもなく、真面目な口調で言う。
『そうだね。私が感じてるとこ、もっと見てもらわないとね』
あやみは、楽しそうに言う。でも、小馬鹿にした感じはなく、無邪気に楽しいと思っているみたいだ。

あやみは、ソファに座った彼に背を向けるようにしてまたがった。背面座位の格好で挿入すると、あやみは自分の指でアソコを広げるようにした。太いペニスが、あやみの膣口を大きく押し広げて根本まで入っているのが丸見えだ。
『見える? こんなに太いおちんちん、根本まで入ってるんだよ。子宮にギュって当たってるの。まさくんのと違って、ギューって当たってるんだよ』
俺は、手も触れずに射精したばかりなのに、もう興奮状態になっている。そして、射精しても柔らかくなる気配もない俺のペニスは、縦に何度も何度も脈打つように動いている。

『フフ。ホントだ。すごく興奮してるね。やっぱり、まさくんのほうがヘンタイさんだ』
あやみは、楽しそうに言う。でも、すごく顔が上気した感じになっていて、興奮しているのも伝わってくる。
『見てて。まさくんのじゃ、絶対できないことするから』
そう言って、あやみは腰を上下に動かし始めた。ゆっくりと立ち上がるように上に動く彼女。すると、あやみの膣から彼の長いペニスが見えてくる。
どこまでも抜けずにあやみの腰が上がっていく。どれだけ長いペニスなんだとあらためて驚かされる。それは、たしかに俺のでは無理な動きだった。俺のではとっくに抜けてしまっていると思う。
『まだ全部じゃないんだよ。あぁ、すごい、内蔵まで掻き出されちゃいそう』
あやみは、とろけた顔で言う。長いペニスが、あやみの膣壁をゴリゴリと擦り上げているのだと思う。そして、驚くほど長いペニスが全部抜けてしまった。
彼のペニスは、あやみの蜜や本気汁でまだらになっていて、湯気が立ちそうな感じに見える。張り出したカリ首や、反った感じのフォルムに、俺は敗北感を感じてしまった。

『じゃあ、入れるね。ちゃんと見ててね』
あやみは、いたずらっぽく言うと、そのまま腰を下ろしていく。彼のたくましい亀頭が、あやみの小さな膣口に押し当たる。あやみは、なんの躊躇もなく腰を下ろしていく。
『うぅっ、あぁ、見える? 入ってるよ。みーやんのおっきなおちんちん、あやみの中にどんどん入ってるよ』
あやみは、うわずって震えてしまっているような声で言う。俺は、あやみのとろけた顔と結合部を交互に見ながら、圧倒的な敗北感を感じていた。

あやみは、根本まで挿入すると、
『見える? あんなに大きなおちんちんが、全部入ってるんだよ。子宮にギュ〜って当たってるよ。みーやんのなら、子宮の中に直接注げちゃうんじゃないかな?』
あやみは、挑発的に言う。俺は、最初から勝ち目なんてなかったのではないかと思い始めていた。そもそも、俺の短いペニスでは、射精したところで奥の奥までは注げないと思う。直接子宮に注げる彼に、勝てるはずがない……。俺は、敗北感を感じていた。でも、そう思えば思うほど、俺のペニスは制御が効かなくなったように何度も何度も上下に揺れるように動き続ける。
『フフ。すごく興奮してるね。じゃあ、見ててね』
あやみはそう言って、腰を上下に動かし始めた。
『あぁっ、あっ、気持ちいいっ。みーやんの、子宮に強く当たってるの。あぁ、ダメェ、すぐイッちゃう。気持ちよすぎてバカになっちゃうよぉ』
あやみは、腰をリズミカルに動かしながら、とろけきった声を上げ続ける。もしかしたら、俺が見ていることで快感が増しているのかもしれない。

俺は、あやみの膣がまくれ上がるようになりながら、何度も何度も彼のピストンを受け止めているのを見続けていた。
『まさくん、イッちゃうっ。イッても良い? まさくんのじゃないおちんちんで、イッても良い?』
あやみは、泣きそうにも見える顔で叫ぶ。俺は、うなずいた。すると、彼がいきなりあやみの方を掴むようにして動きを止めた。
『ど、どうして? なんで止めちゃうの? もう少しなのに』
あやみは、不満そうに彼に言う。すると、
「せっかくだから、手伝ってもらったほうが良いんじゃない?」
と、彼が言う。あやみは、意味がわからないようで、どういう意味なのかと質問した。彼は、俺に参加しろというような意味のことを話す。あやみは、
『まさくん、手伝ってくれる? もっと気持ちよくさせて欲しいな』
と、言った。俺は、迷いながらもうなずく。そして、何をすれば良いのか質問した。
『じゃあ、乳首舐めてくれる?』
あやみは、恥ずかしそうに言う。俺は、他の男とつながっているあやみの乳首を、迷いながらも舐め始めた。
『あっ、うぅ、まさくん気持ちいい』
あやみは、とろけた声を上げる。俺は、夢中であやみの乳首を舐め続けた。固く凝った乳首……。指でも触ってみる。あやみは、可愛らしい声を上げながら時折身体をビクンとさせる。

そして、舐めながら下を見ると、あやみが焦れたように腰をモゾモゾと動かしているのが見える。すっかりと、快感の虜になってしまっているように見える。俺は、夢中になってあやみの乳首を責め続ける。
『まさくん、もっと……もっと強くっ』
あやみは、うわずった声で言う。俺は、言われるままに強くつまんだりしながらあやみの乳首を責める。すると、こらえきれなくなったように、あやみが腰を動かし始めた。私が舐めているせいか、上下ではなく前後に動かす彼女。
『うぅあぁぅ、当たってる、おちんちん当たってるよぉ』
あやみは、気持ちよさそうに声を上げる。俺は、対抗心を燃やすように、あやみの乳首を舐め続けた。あやみの腰の動きは、徐々に早くなっていく。なるべく上下に動かないように、揺さぶるように動いているのは、乳首を舐めている俺に配慮したのだと思う。
俺は、夢中であやみの乳首を舐めながらも、また3Pになってしまったなと感じていた。すると、
『まさくん、下も舐めてほしい』
と、うわずった声で言うあやみ。俺は、ドキッとしてしまった。彼のペニスが入っているのに、クリトリスを舐めさせようとしている……。俺は、信じられない気持ちになる。でも、そもそも妊娠させた方と結婚するという発言自体、信じられないものなのかもしれない。

俺は、あやみのことを見た。どういう心理状況でそんな発言をしたのだろう? そんな事を考えてしまう。あやみは、興奮した顔で私を見つめ、そしてもう一度下も舐めて欲しいと言った。
俺は、さすがに抵抗を感じながらも、顔をあやみの下腹部に近づける。すると、彼のペニスがみっちりとはまり込んでいるのが見えた。
俺は、恐る恐るあやみのクリトリスを舐め始めた。ビクッと体を震わせるあやみ……。
『気持ちいいよ。まさくん、すぐイッちゃいそうだよぉ』
あやみは、甘えたような声を上げる。俺は、感じているあやみに嬉しくなりながら、夢中で舐め続けた。彼女のクリトリスは、驚くほど固く大きくなっていて、自然に包皮から剥けてしまっている。
むき出しのクリトリスは、皮膚が薄い感じで見るからに破裂しそうな感じになっている。俺は、舌を使って夢中で舐め続けた。すると、グチョグチョに濡れたアソコから、白いモノが流れ出てくる。そして、精液独特の匂いが広がる。一体、どちらの精液だろう? と、思いながらも、舌が触れないように気をつけて舐め続けた。

あやみは、止めていた腰の動きを再開する。さっきのように、前後に動かし始めた。すると、クリトリスの位置が動き、舐めづらくなるそれでも必死で追従して舐め続けていると、彼のペニスに舌が触れてしまった。慌てて舌を引っ込める俺。一瞬触れた彼のペニスは熱くてとにかく固い感じだ。
成り行きで一瞬とはいえ、男性のペニスを舐めてしまった……。そう思うと、悲しく情けない気持ちになってしまう。

あやみは、腰を動かしながらあえぐ。そして、
『もっと舐めてっ。強く舐めてっ』
と、俺に泣きそうな顔で叫ぶ。俺は、慌てて舐めるのを再開した。あやみの腰の動きも少しずつ早くなり、舌がクリトリスから外れることも多くなる。そして、彼のペニスに舌が触れることも多くなってきた……。

『まさくん、みーやんのおちんちん、どんな味?』
いきなり質問するあやみ。俺は、気が付かれていたんだなと動揺してしまった。ごまかすようにクリトリスを舐め続ける俺。あやみは、
『みーやんも気持ちいい? 男に舐められるの、始めてなんじゃない?』
と、いたずらっぽく言う。彼は、照れたような感じで、
「そうだね。なんか、変な感じだよ。でも、いいの? こんなことさせて、可愛そうだと思うけど』
彼は、そんな風に言う。俺は、同情されたことに落ち込んでしまった。そして、そもそも言い出したのは彼なのにと、理不尽さも感じた。

『まさくん、もっと舐めてみて。まさくんがするところ、見てみたい』
あやみは、興奮しきった顔で言う。俺は、そんなのは無理だと断った。どこの世界に、嫁の不倫相手のペニスを舐める旦那がいるだろう。俺は、ふざけるなと思いながらも、強くは言えない。

『早く早く。ちょっとだけでいいから!』
あやみは、無邪気に楽しそうに言う。何が楽しくてこんなことをさせるのだろう? そんな風に思うが、何度も言われるうちに、俺は諦めたように彼のペニスを舐め始めた。
あやみの膣に入ったままのペニス……。その根元の部分を舐めてみる。やっぱり固くて熱い感じだ。

「やりすぎじゃない?」
彼は、申し訳無さそうに言う。俺は、彼に同情されたことでムキになってしまった。そして、彼のペニスを必死で舐め続けた。
『すごいよ。みーやんのおちんちん、もっと固くなってきた。ビクンビクンしてる。男に舐められて、興奮してるんだね』
あやみは、不思議そうに言う。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング