NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

偶然再会した同級生は、男の娘になっていた

志望していた大学に合格して、念願の一人暮らしを始めた俺は、日々新しい発見を繰り返して、刺激的な毎日を送っていた。

高校の頃は、男子校に行っていたこともあり、彼女がいなかった。
ただ、親が多少イケメンに産んでくれたので、駅とか文化祭で告られたりはしたことがある。
ただ、多少ビビりで、友達と遊ぶことの方が楽しいと思っていた俺は、せっかくの告白を放置してしまった。


そして、大学生活が始まり、いわゆるデビューをした。
大学でも、バイト先でも、とにかくモテた。
有頂天で初体験を済まし、半年ほどで経験人数が二桁を超えた。


ただ、今のところ特定の彼女は作らずに、面白おかしく過ごしていた。



今日も、逆ナンがきっかけで、セフレにした27歳のOLとセックスをして、まだ一緒にいたいという彼女の元から、さっさと帰った俺は、自宅の近くで声をかけられた。




「マサキ君、久しぶり!」
その声に振り返ると、肩くらいまでの黒髪に、ぱっちりとした二重の美少女がいた。
170cm弱くらいの、身長がそこそこ高いその美少女は、黒のニーハイに、フレアのミニスカート、白いブラウスに薄いピンクのカーディガンを羽織っていた。


足がすらりと長くて、とてもスタイルが良い。
胸だけは小さな感じだが、女子アナとか、モデルさんみたいだ。


だけど、こんなにも可愛い女の子に、一切見覚えがない、、、

「え?あ、はい、、」
戸惑う俺に、連れの男が口を開いた。
「久しぶり!そう言えばお前も東京だったよな!」
慣れ慣れしく声をかけてきた男には見覚えがあった。
というか、高校の同級生のタカシだ。

>続きを読む

[ 2013/09/09 12:45 ] 萌えた体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング