NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と4

前回の話

今日は、私と真希との結婚式でした。と言っても日付は変わっているので、厳密には昨日だったのですが、日が変わる前からもう何時間もセックスをしています。

でも、新婚初夜の今、妻を抱いているのは私ではなく、妻の元カレで黒人のギブソンです。そして私も、ギブソンにフェラをさせられたり、オナホのような扱いを受けていました。

そんな屈辱的な扱いを受けている中、私は怒りも嫌悪感もなく、あろう事か彼に奉仕することに喜びを感じていました。私自身が知らなかった私の秘めた性癖が、一気に開花してしまったようでした。

そして、ひとしきりギブソンに犯され中出しまでされた真希は、お色直しではないですが、今日着用したウェディングドレスに着替えました。


私と、永遠の愛を誓った時に着ていた神聖なドレスを着て、真希は元カレのギブソンの極太をお口で奉仕しています。もっとも、私と永遠の愛を誓った時ですら、真希の膣中には他人の精子が入っていました……。

確かに、真希は自由に誰とでもセックスをして良いと言うのが、私なんかと結婚してくれる条件でした。でも、まさか式直前や、新婚初夜にこんな事になるとは、夢にも思っていませんでした。

純白のウエディングドレスを着た真希は、本当に綺麗でした。でも真希は、その馬鹿げたほどの大きさの黒光りするペニスを、小さなお口に収めています。新婚初夜にこんな事になるなんて、悪い夢のようです。
『んっ、んっ! 大きい♡ やっぱり、ギブちゃんのが一番だねw くわえてるだけで、妊娠しちゃいそう♡』
ウエディングドレスの真希が、うっとりした顔で言います。

そしてギブソンが、私に話しかけてきます。
「お嬢さん、乳首舐めてくれるかな?」
ギブソンは、妻の下着を身につけた私をお嬢さんと呼びました。私は、妻のショーツとブラを身につけていました。もちろん、自分でつけたわけではなく、妻とギブソンに命令されたような形で身につけました。

もともと、妻と同じくらいの身長しかない私は、男としてはきゃしゃでしたので、妻の下着も問題なく着れてしまいました。体毛も薄い私は、とくに足は、すねも太もももほぼ無毛なので、こんな風に女性の下着を着けていると、顔さえ見なければ貧乳の女性に見えてしまうかもしれないです。

妻の前でこんな扱いを受けているのに、私は言われた通りにギブソンの乳首を舐め始めました。不思議なもので、こんな小さな布きれを身にまとっただけで、本当に自分が牝にでもなったような錯覚がしました。

「上手いぞw ほら、ご褒美」
ギブソンはそんな事を言うと、私のアゴを掴んで顔を上げさせ、キスをしてきました。分厚い舌が口の中に無理矢理入り込んできて、私の口の中をかき混ぜます。もう、嫌悪感は感じませんでした。と言っても、最初からほとんど感じなかったので、もしかしたら私の中にはもともと牝の部分があったのかもしれません。

『カチカチになったよ♡ あなた、もっと上手に舐めてあげて。そしたら、ギブちゃんのもっとガチガチになるから♡』
ウエディングドレス姿の純真な見た目の妻が、顔よりも長いのでは? と思うようなペニスを、レースの手袋をした手でしごきながら言います。

純白のドレスに、レースの手袋……それは、本当に美しい姿でした。式の時はベールもしていましたが、ベール越しに見える彼女の顔は、神々しいまでに美しかったです。
それが、今はペニスのことしか見えていないような、淫蕩な顔で私に指示をしてきます。

妻を喜ばせるために、元カレのペニスをより勃起させようと、その元カレの乳首を舐める私……。こんなはずではありませんでした。新婚初夜は、二人で愛し合う……。そして、明日からの新婚旅行に備えて、仲良く抱き合いながら眠る……。そんなイメージをしていました。

すると、いきなりギブソンのゴツい指が、私のペニスをショーツ越しに摘まみました。
「haha、可愛いペニクリがギンギンだなww ギンギンでもはみ出さないなんて、ホントちっちゃなペニクリだなw」
驚くほど流ちょうな日本語で煽られて、私は屈辱よりも感心していました。難しいと言われる日本語を、こんなにもマスターしている彼は、IQも高いのかもしれません。

そして、ショーツ越しにペニスをまさぐられるのが、こんなにも気持ち良いものだとは想像もしていませんでした。布の摩擦で、切ないような、とろけるような快感が走り抜けていきます。その状態で、また雑にキスをされました。
キスをされながらペニスを握られると、より快感が高まるのがはっきりとわかりました。

『わぁw ギブちゃんの、血管ビキビキになってきた♡』
真希が、嬉しそうに言いました。私は、ギブソンがキスを解いたタイミングで、彼のペニスを見ました。
それは、異様な迫力がありました。彼のペニスは、確かに長くて太い棍棒みたいなものでしたが、勃起しても何となく柔らかそうな感じがありました。彼が直立した状態で勃起させると、ペニスは90度よりも下で、せいぜい45度くらいの角度でした。

それが今は、真希が手を離しても、90度以上の角度でそそり立っています。そして、その黒い棍棒の表面を、血管がビキビキという感じで走っています。
格闘漫画で、ドーピングをした人間の筋肉みたいになったギブソンのペニスは、規格外生命体のように見えました。そして、私はその圧倒的な迫力に、つい見とれてしまいました。

「お嬢さん、舐めたいのかい? 舐めてもいいぞw」
ギブソンにそう言われて、私は黙ってうなずき、彼の足元にひざまずきました。そして、ニヤニヤと笑いながら私を見る真希と目があうと、吸い寄せられるようにギブソンのペニスを口に含みました。かなり頑張って口を開けないと、歯が当たってしまうほどの太さのものを、私は一気に喉奥まで飲み込みました。

さっき、ギブソンに無理矢理それをやられて、窒息感と吐きそうな感覚で涙が出ましたが、同時に快感も感じてしまいました。そして今、自らイラマチオをしてみると、やはり快感を感じてしまいました。

『すっごーい! そんな奥まで飲み込めるんだ! 私もやってみるw』
真希はそう言うと、私からギブソンのペニスを奪い取り、喉奥に入れていきます。私は、愛する妻が他の男のペニスをくわえているのに、それに嫉妬や怒りを覚えるのではなく、ペニスを”奪われた”というような気持ちを持ってしまいました。

喉の奥まで頬張り、さらに押し込もうとする真希。みるみる顔が真っ赤になっていきます。
『ぷはぁ、無理だw あんなに奥まで入れられないw』
涙目で言う真希。すると、真希は立ち上がり、ギブソンに抱きつくようにしてキスをします。女性にしては長身の真希でも、190cm以上あるギブソンとキスをするのには、背伸びをするような格好になります。私は、それを見て悲しくなりました。170cmしかない私とでは、真希はキスをするときに上を向くどころか、少し下を向くような格好になります。同じ身長でも、ヒールの分彼女が高くなるからです。

ウエディングドレス姿の彼女が、黒人の元カレとキスをする姿……。白と黒がハレーションを起しそうなほどコントラストを描いています。

そして真希は、ギブソンに背を向けると、壁に手をついてお尻を突き出すようにします。そのままスカートをまくり上げると、真っ白な可愛らしいお尻が剥き出しになります。真希のショーツは私が履いているので、彼女はショーツを身につけていません。

そして真希のアソコには、へアがありません。昔ですが、ギブソンの趣味で永久脱毛したからです。自分の妻が、他の男の趣味で改造をされている……。それは、何回見ても胸が苦しくなるほど嫉妬してしまいます。

真希はレースの手袋をしたままの手で、自分のあそこを押し広げます。すると、さっき私が飲み干したはずですが、膣奥に残っていたのか、真っ白な獣汁が流れ出てきました。日本人のそれよりも、確実に粘り気と臭いが強い獣汁は、か弱い日本人女性など、一発で妊娠してしまいそうに見えます。

『もうダメ♡ カモ〜ン♡ FuckMe♡』
純白のドレス姿とは真逆の、淫らで下品なことを言う真希。すると、ギブソンは少しだけ腰を落としましたが、立ったままで、
「自分でどーぞw お嬢さんの嫁は、クソビッチだなw」
と、言いました。私は、自分の嫁をビッチ呼ばわれしたのに、なぜか興奮していました。愛する妻が他の男に抱かれる……。それに、興奮する私がいます。しかも、私が絶対に与えることの出来ない大きな快感を、他人棒に与えられてしまう……。それも、大きな興奮につながっていました。

真希は、とろかた顔で、
『イジワルぅ! 勝手に入れちゃうんだからw』
と言いながら、ギブソンのペニスにお尻を当てていきます。すると、ギブソンは微妙に立ち上がったりして、上手くペニスが入らないような意地悪をします。
『もう! イジワルしないでよぉ、おかしくなっちゃう……。このメガチンポ、早く入れたいよぉっ! 入れて、入れてっ! 入れてよぉっ!』
真希は、つま先立ちするくらいに腰を上げ、なんとかギブソンのペニスを入れようとします。顔をとろけさせながら、必死であがく真希。でも、ギブソンはニタニタ笑いながら、微妙に腰をずらして意地悪を続けます。

「お嬢さん、手伝ってやれば?」
ギブソンは、意地悪を続けながら私にそんな事を言いました。
『あなたぁっ! 手伝って! 早く入れて欲しいのっ! このぶっといの、真希のおまんこにぶち込んでよぉっ!』
真希も、私を見てそんな事を言いました。真希は、焦れて狂ったように腰をギブソンに当て続けます。

私は、ゴクッとツバを飲み込むと、恐る恐るギブソンのペニスを掴みました。それは、さっきとは違ってカチカチのガチガチになっていました。柔らかい……。そんな最初の印象は、綺麗に消えていました。

私は、その指が回りきらないほどの極太を握ると、真希のあそこに誘導していきます。すると、今度はギブソンも意地悪な動きをしないので、あっさりと膣口に亀頭がキスをしました。
妻のあそこに、他人棒を導く私……。私の中で、また何か新しい性癖が生まれた気がしました。

そして、真希の体を押すようにして、ギブソンのペニスが奥まで入るように導く私。その瞬間、真希が腰を押し込みました。その動きは力強く、あっさりとギブソンの巨大な肉の塊が真希の体内に消えました。
『ンおぉオオンッ! ヒィ、ぎぃ……うぅあぁぁ♡』
串刺しにされて、背中をのけ反らせながら叫ぶ真希。一突きで、真希の顔は放送禁止レベルのとろけきった顔になりました。アヘ顔AVというモノがありますが、アレに近いくらいの顔になった真希。美しく、気高い印象の真希の顔が、見ていられないほどの下品なものになっています。

すると、信じられないことが起きました。真希が私を見て、
『あなた、キスしてっ! 愛してるのぉっ!』
と、叫びました。下着だけとは言え、女装した夫に対して、愛してるといってくれる真希。私は、こんな状況なのに、嬉しくて泣きそうでした。

そして、真希にキスをする私。可愛らしい舌が絡みついてきました。私も、夢中で舌を絡めていきます。でも、ついさっきしたギブソンとのキスと違い、物足りなさを感じてしまいました。真希は、私に舌を絡めてくれはしますが、私の口の中をかき混ぜると言うほどではありません。
舌の厚みも、そして長さも違うので、ギブソンと同じように出来ないのは当たり前ですが、やっぱり比較してしまいます。

一度経験した自分が牝になってのキスは、私の中に強い爪痕を刻み込んでしまったようです。すると、ギブソンが苛立つように息を吐き出し、腰を猛然と振り始めました。

『ングゥッ! ンヒィンッ! Fuck! FuckMe! おぉオオンッ! KillMe!! ンうぅフゥッ♡ ふぅッ♡』
真希はあえぐと言うよりは、断末魔の悲鳴でもあげているような感じで叫び続ける。
真希は、感じすぎて逆に苦悶の表情に見えるような顔で私を見ると、
『ギブちゃん嫉妬して、燃えてるw 上手くいったw おぉおおおああぁっっ! Fuck! ファァーーッッック! イグぅっんっ! イグゥううっ!!』
と言いながら、全身をガクンガクンと震わせました。

私は、一瞬意味がわかりませんでしたが、真希がギブソンを嫉妬させるために、私にキスをして愛してると言ったと理解しました。私への愛の言葉をダシにして、より深い快感を得ようとした……。私は、自我が崩壊しそうでした。でも、それ以上に私は興奮していたようで、密かにショーツの中に射精してしまいました。

愛する妻にダシにされ、そして目の前で元カレの黒人の巨根に狂わされている妻を見て、手も触れずにイッてしまった私……。私は、頭も逝ってしまったのかもしれません。

ギブソンはすでに何度か射精をしているので、なかなかイク気配がありません。それに引き換え、真希は口の端からはよだれも流れ、立ちバックの姿勢を維持することも難しいようで、腰が崩れ落ちかかっています。それを、丸太のような太い腕が支えています。

『ダメっ! ダメぇ、死んじゃうぅっ! うぅうう゛う゛う゛っ!! い゛ぐぅっ!!』
真希はそう叫ぶと、ガクンと身体震わせ、電池が切れたように弛緩しました。

「haha、ちょっと力入れすぎたw」
ギブソンは、子供みたいに無邪気な表情でそんな事を言うと、真希の体をソファに寝かせました。はだけたウェディングドレスの隙間から、真希のツルツルのアソコが見えていました。ポッカリと穴が空いたようになっているあそこからは、もう白い獣汁は流れていませんでした。

「ふぅw じゃあ、お嬢さんの番だな。そこに手をついて、ケツ突きだしな」
ギブソンは、私に対してさっきの真希と同じ格好を要求してきます。私は、そんな要求にもかかわらず、素直に立ちバックの姿勢を取ってしまいました。

すると、ギブソンが私のショーツをはぎ取るように脱がせます。そして、机の上に無造作に置かれたローションボトルの中身を手の平に出すと、私のお尻に塗りつけ始めました。一瞬冷たくてビクンとしてしまいましたが、私は黙ってされるがままにしました。

すると、ギブソンの太い人差し指が、私のアナルに挿入されました。何の躊躇もなく、一気に挿入されたそれは、鋭い痛みを感じさせました。でも、その痛みは一瞬で消えました。ギブソンの人差し指は、的確に私の前立腺を捉えたようで、今まで経験したことがないような、内側からにじみ出るような、多幸感というか、切ないような快感に包まれました。

「分かり易いなw こんなにクッキリしてるのは珍しいw ホントお嬢さんは、根っからのビッチなんだなw」
と、ビッチだけ綺麗な英語の発音で言うギブソン。私は、そんな風に言われても、まったく実感がありませんでした。

でも、ギブソンの指が動き始めた途端、自分がビッチなんだなと自覚しました。初めてのアナルなのに、私はいきなり気持ち良くなってしまいました。

ギブソンは、人差し指でコリコリとひっかくような動きをしますが、その度に内側から広がる快感に、私は快感で顔がにやけるのを止めることが出来ませんでした。

すると、ギブソンは躊躇なく指を2本にしました。一瞬、引き攣れるような痛みはありましたが、なぜか指を1本入れたときよりも痛みは少なかったです。

「これ、効いてるだろ? 痛くないから、リラックスねw」
ギブソンはそう言うと、チューブの軟膏みたいなものを見せてきました。それは、英語表記しかないもので、日本の薬品ではないみたいでした。

痛み止め? 痛みを麻痺させる? 筋弛緩? どんな効果があるものかはわからないが、太い指を二本も突っ込まれているのに、ほとんど痛みがないのはそう言うことなんだと思います。

痛みがないとわかったからか、ギブソンはガシガシと指を動かし始めた。私は、あまりの快感に、声をこらえきれなくなってきた。すると、またギブソンにキスをされました。それは、気のせいだと思いますが、真希にするよりも丁寧にしてくれている気がしました。愛のこもったようなキスをされて、私はさらに心が牝化していくのを感じていました。

そして、ギブソンが自分のペニスにローションを塗り始めた。ただでさえ黒くて迫力のあるそれが、ローションでヌラヌラ光っていると、言いようがないほどの迫力があった。それは、怖いと思うほどでした。

そして彼は、本当に躊躇も何もなく、私のアナルに押し当ててきた。一瞬、引き裂かれるような感覚を持ったが、それでも痛みはほとんど感じなかった。缶コーヒーの缶よりも太いモノを突っ込まれても、痛みを感じないことに、私は不安を感じましたが、それも一瞬で消えました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング