NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

自慢の豊満妻のお下には「加藤様専用」と書いてある

妻は色白で豊満です
むちょっとして小柄でなんとも抱き心地がいいです
帰宅後、妻は脱いで自慢の肌を見せてくれます
お臍の下に、黒々と
「加藤様専用」と書いてあります

・オリジナル体験談一覧 ・寝取られ動画同人ランキング ・官能小説を探す

正確には
「加藤様専用↓」と、股間へ矢印が向いています
「あなたは使っちゃダメよ」
と、妻が嗤います。
豊満な乳房が笑いとともに揺れます

よくある事でしょうが
子供も巣立ち、少し暇ができた妻のところに
家事の手伝いの依頼があったわけです

妻が嘗て勤めていた会社の上司だったので
気軽に引き受けました
新入社員時代の妻にいろいろ教えてくれたこともあったんだそうで
当時は、バリバリのやり手の課長だったそうですが
男ヤモメとなり、定年後、ちょっと家事に困っていたようでした
男はダメですね・・・家庭のことは

真面目な妻は私の好みに付き合ってくれず
スワップやハプニングバー、すべてNGでした。

ただ、妻は、私の嗜好のことは、良く判ってくれていたようです
子供が東京へ行ってしまうと
初めて、お父さんの好みに付き合ってくれるようになったわけです。

妻が処女を捧げたのは、課長でした。
っていうと作ったような話ですね・・・^^)
まあ、もちろん現実にはそんなことはなく
妻はきちっと大学時代にすることはしていたようで
アルバムは男の子とのツーショットばかりです
ただ、下半身は緩い会社なので、妻と課長も一発くらいはやってたかもしれません
いわゆる業界関連に近い会社なので、男女関係はゆるゆるなようです
浮気離婚はしょっちゅうで、夫じゃない種の妊娠+離婚なんてのも多いようです
その中では、妻は(たぶん)まじめな方なのでしょうが
仕事を教えてくれた課長のことは尊敬していたようです

もちろん課長(後に部長)もやり手のことですから
女性関連諸々あり、離婚にいたったそうですが
既にお子様も独立し、悠々自適に一人暮らしのようですが家事はどうにもなりませんね

定年と入っても、いまの60台は大いに元気です
たぶん、下半身も。

「じゃあ、行って来るわね?」
「あれ、今日は日曜じゃなかったっけ?」

「うん、そうよ」
「どこ行くんだっけ」

「え。もちろん加藤さんのところ」
「あれ?日曜もだっけ?」

「・・・」
「?」

「うふふふふふ」
「?」

「やあねえ???ホント鈍いんだから」
「え?」

「気がつかない?」
「な、なにを?」

「わ・・た・・・し」
「ううん、ちょっと肥った?」

「やあねえ・・・むしろやせたわよ、激しい運動で」
「え?・・・運動」

「あなたって・・・本当に鈍いんだから」
「ううん、化粧がいつもよりきれい?」

「うん、昨日ちゃんと美容院で切ってもらったの」
「ふうん。でもちょっと肥った?」

「だからあ・・・」
「え?」

「もおう・・・ええい・・・じゃあ、ほら、これ?」
「???・・・え??・・・・ええええ?」

妻は可愛い顔をしています
ちょっと丸顔なので、あまり小皺も目立ちません。
小柄で色白、やや太り気味で、純日本らしい、目立たない体型でしたが、
なんか、印象が違うような?

出かけようとしていた妻は、
にこやかに、眼をパッチリ見せる化粧の瞳で
華やかに笑いながら、コートの上の方のボタンを外しました

きれいに化粧して、皺も目立たなくなった妻の愛しい顔の下は・・・

すっと、薄手のコートの前を開くと、
日本人ではありえないような
トンでもない巨乳が、服地を押し上げていました

くっきりと見える妻の乳房の谷間に
「えええええ?」
と、驚いていると、さっとコートを閉じた妻は
「じゃあ、いってくるねええ」
バタン
と、さわやかに玄関を閉じて
ニコヤかに行ってしまいました
追いかけようにも、私は出られるかっこじゃありません。
あらあらら・・・

カッカッカッカッか・・・と、聞こえる妻の立ち去るヒールの音
派手な音だなあ。
そう言えば、妻はいつもパンプスだったのに、ハイヒールなんて持ってたっけ?
それよりあの巨乳、いや爆乳だ!
妻の乳房があんなはずはない
それは、新婚時代毎日むつみあってた私が一番良く知っているはずでした
最近は、すっかりレスですが

ささやかな妻の乳房が、あんな?
まさか?妊娠?
まさか?
母乳をやっていた妻の姿が浮かびます
そういえばあのときだけは豊満な乳房だった

妊娠?
まさか?
わかるのは、自分の子ではないと言うことだけです
レスで生んでもいいのは、マリア様くらいだけです

じゃあ、浮気?
加藤課長?
まさか?
まさかまさか?

「もしもし?」
「もしも~し?」
あれ・・・変だな?・・・どこから、かかってきたんだろう

「あ・・・あなた?・・・はっ・・・はっ」
「なんだあ、おまえか」

「うん。・・・う・・・・う。ふふっ・・・私運動してるの」
「え?」

「はっ・・・はっ・・・だから、肥ってなんかいないのよ・・・ん・・・ん」
「へえ」

「ん・・・ん・・・ああ。。。きもちいいい」
「え?」

「あ・・・あ・・・あなた・・・う、運動って気持ちいいわあ・・・あ・・・あ」
「お、おい」

「か・・・かえったら」
「うん」

「う・・・運動した成果・・・み。見せてあげるね?」
「おい」

「ああああ・・・きもちいいいいい」
「お・おい」

がちゃん。

ツー
ツー
ツー

妻の電話の後、それでも
運動って、まさか、
加藤課長と・・・ううん。
半信半疑でした。
帰ったらよく聴いてみて・・・
ところが、
家事のお手伝いだけのはずが
20時が21時になっても帰ってきません
イライラしながらまちます
まさか・・・そう思うと、ギンギンです
23時。
また電話が鳴りました

「はい、もしもし」
「ああ・・・あなた・・あ・・・あ」

「はい、おまえか?もしもおし!」
「あん・・・あ・・・あ・・・あなたが」

「あんなこというから、加藤課長が・・・」
「もしもし」

「あん、ちがった・・・あ・・・ぶちょうが」
「うん?」

「もっともっと運動させてやるって・・・あ・・・あ」
「え?」

「あ・・・あ・・・あ、それに・・・」
「うん?」

「あなたに、おっぱいチラッと見せちゃったって言ったら・・・あ・・・あ」
「え?」

「課長が、もう、嫉いちゃって・・・」
「え。しっと」

「うん、さっきから、バイアグラ飲んで」
「え?」

「うん、もっともっとガンガン運動させてやるって」
「ああ?」

「え・・・あ・・・だめえ・・・私、運動しすぎで腰が抜けそう」
「お。おい」

「わたし、今晩帰れないかもしれない」
「おお~い」

がっちゃん。
つう
つう
つう

・・・本当に、その晩、妻は帰ってきませんでした

子供も東京で、妻も居ない朝は、
狭い家がやたらにだだっぴろく感じます
ビンボくさい建て売り、こんなに広かったっけ?・・・

ぽつねんと、ご飯を作る気もせず
卵掛けご飯だけ食べて、それでも出勤時間はやってきます

尊敬する加藤さんに、バイアグラパワーで、がんがん運動させられている妻
どう好意的に考えても、一種類しか運動が思いつきません。

妻が運動でダイエット?・・・正直全く気がつきませんでした
いつのまにやら、巨乳になった妻。ぜんぜん、わかりませんでした。

ふつうの旦那さんはこんなもんじゃないでしょうか?
妻は私と加藤さんの間で揺れ動いたのかもしれません
でも、加藤さんの好み通りに外人バリのの巨乳となり
激しい腰の運動でダイエットにも成功しているのに
全然気がつかないレスの夫。
徹夜でガンガン、大きな愛を、一晩中つき込んでは、
たっぷりと注ぎこんでくる加藤さん
正直
勝負にならない気がしました

もしかして・・このまま。
真っ暗な気持ちで会社に
仕事も力が入りません
離婚になってしまったら、子供になんて言おう
就職に影響しないか?
へんなことばかり考えます

ところが、地獄の底のような気分の私を、天国が待っていたんです

家にたどり着くと、明かりが灯っているのに気がつきました。
もしかして、離婚せずに帰って来てくれた
私の心にも明かりが灯ります

ピンポオン
そういえば、最近あまり、鳴らさなかったな
そっと「ただいま」と、扉を開けると

「おっかえりなさあい!」
と白い固まりが私に向けて飛び込んできました
眼を白黒させる私
しがみついて来た白くふくよかな固まりが
私の唇を奪います
「むぐう???!?!?!?」

眼を白黒。
「うふふふ、あなたあ~お帰りなさい」
「あ??ああ」

こんな歓迎は、新婚以来全く思いつきません
せいぜい、ソープに遊びに行ったときくらい?
不謹慎か?

「ど・・・どしたの?」
不謹慎な思いつきをごまかすように言います

「うん。愛しい人には、ちゃんと気持ちを表すことにしたの」
妻が、自分の胸を
両手のひらで持ち上げるようにしながら言いました
なんと、ノーブラどころか、白い乳房が、エプロンの下で、すっかり覗いていました
見たこともないような巨乳です。

「えへ?」
妻は、軽く、エプロンを持ち上げるかわいい仕草をしました
ナマ太ももがすっかり覗きます
????
そう、
私の愛しい愛しい最愛の妻は、
エプロンの下は素っ裸なのでした

妻は右手で、私のズボンの上から
ぐっと股間をつかむようにして言いました

「ねえ、ご飯にする?お風呂にする?」
「え???・・・あ、ああ、それにしてもその格好」
「え?だってえ・・・どうせスグ脱ぐのに関係ないじゃなあい?」
妻は私の股間を右手でしごき上げるようにしていいました。

私の気持ちは、嬉しくって、舞い上がっていました
「うん、じゃあ、お風呂かな?」
「うふ、じゃあ・・・あたしもう入ったから、ベッドで待ってるね?」
振り向いて妻は廊下を歩み去ります
真っ白で大きなお尻がぷりぷりとベッドルームへ向かっていきました

私は、三分で、ダッシュでシャワーを浴び終えました
一部だけは良く洗ったことはもちろんです

若かりし頃にもなかったような
弾むような心の私を、地獄が待っていました

ダッシュで風呂から上がった私は
身体を拭くのもそこそこに、弾むような心で寝室に走ります
そんな広い家でもないのに、
走った!
と、
言う実感があります
それだけ気がせいていたのでしょう

寝室には灯りがついていました
いつもは、暗くしていたのですが
誰の流儀か?・・・今日は明るい寝室でした

そんなことを詮索する心の余裕はなかったのです
もうベッドにもぐりこんだ妻が、薄絹の中、既にヌードで、
魅力的な笑みを浮かべながら私を待っているのですから

好みの顔、ふっくらしてもっちりして眼が鋭角、プラスちょいと小皺の関与が愛らしい
そして、頸の下には、私の好みのとんでもない巨乳。
むしゃぶりつかない男は、それは、インポかホモでしょう。

興奮のあまり乱暴にしないように、丁寧に巨乳に触れようとします
はずかしがって隠そうとする両腕を開いてむしゃぶりつきます

・・・おお。。大きい。柔らかい。
私の理想がそこに存在していました
白い肌+豊満+もみし抱けば柔らかく・・・

「いま、プチ整形ってはやってるのよ」
「へえ、」
「うん、技術も進んで、ほら、柔らかいでしょ」
「ううん。でも、プチ?かなあ?」

目の前を見渡せば爆乳
とてもプチ、なだけの整形とは到底思えません

「うん、やっぱ、男性ホルモンの影響かなあ」
「男性って?女性ホルモンじゃないの?」

「うん、大量に男性ホルモンを直接注がれると、女性ホルモンが反応しちゃうんじゃない」

た・・・たいりょうの男性ホルモンって、誰からどこへ?

愚問でしたが
目の前に殺人的に魅力的な爆乳
妻にしたいくらい好みのフェース。
ちょっと皺がよりましたが。

それが目の前で素裸で・・・
目の前で裸の女が寝ていたら強姦罪で問われても情状酌量の余地はあるでしょう
むしろ
むしゃぶりつきたくならなかったら、それはホモかインポでしょう

夫婦の寝室のベッドで、それでも恥ずかしがって豊満な乳房を隠そうとする妻の両腕をはだけ
武者ぶりついて舐めるように進むと、、、あれ?
なんか、するっとすいこまれ、
衛兵を守る陰毛(飾り)が、なんの抵抗もなく突破してしまいました

吸い込まれるように、股間とふくよかなお腹が口元に
あれ?
なんか、飾り(陰毛)の代わりに黒々青々として異なモノが・・・
これって、矢印だよなあ、
飾り(陰毛)のあるべき場所は剃り上げられ、くっきりと矢印が下に向かっています

そして、私が現在舐めむしゃぶりついていた妻の豊満なおへその下には
もっとショッキングな黒々とした文字が
大きく、「課長専用」と大きく目立つように記載されていたのでした

敵を知り、己を知れば百戦危うからず。と、申しますが。まず敵を知ることは大事かもしれません
元祖?エロ引退老人?とも言える
加藤元課長の気持ちを翻って考えてみると、気持ちがわからない訳でもないような気もしてきます
妻に言わせると、会社を背負ったバリバリの仕事ができるやり手課長だった上
なかなか苦みばしった30代で、女子社員の人気もあったそうです
妻のように心引かれる新入OLも多く、
今時(当時でも)、処女の新人社員が居る訳じゃなく、課長も遠慮なく食いまくっていたようです
処女じゃなくても、学生同士の拙いセックスくらいしか知らない新人OLに、
中年テクで大人のセックスの味をたっぷりと叩き込み、自慢の極太チンポの錆びにしてきた時代は、
加藤課長にしても人生の最盛期だったのでしょう
どういうルートかわかりませんが、加藤課長の巨根ぶりは、好き者OLの間にも広がっていて、
新人OLの次は、人妻社員と言う感じで、ついに奥様にばれて熟年離婚に至った由。
ところが、仕事ができる華麗な社会人生活を送ったエリートであればあるほど
引退の後の虚脱感は大きいものがあるかもしれません。糟糠の妻も女癖の悪さにあきれて別居し、
子供も巣立った孤独な生活への落差は大きかったかもしれません
そんなところに、昔、チンポの錆びにもてあそんだ妻が、たまたま近所に居て家事を手伝いに来て
若々しい堅いつぼみだったのに、チンポの味をたっぷり叩き込んだ記憶のある女体が
熟れきって腐り落ちんばかりに、熟熟に熟して目の前に現れます。
その上、夫は寝取られスキーの変態である上、
レスで、熟した体が、完全に飢えに飢えきった状態と言うおまけ付きです
なんとかならないはずがなかったのでした。

あまたの女性にチンポの味を叩き込んで来た加藤課長が、
これぞ自分の最後の女とばかりに逆上せ上がって、自分の所有の印に
好みの爆乳に整形した上に、自分の所有の入れ墨を入れたくなったとしても無理からぬことだったのでしょう

妻にしてみれば、
子供も大学に何とか進み、いつのまにか
女性としての自分の人生の終わりに近づいたところで、ふと思い出を振り返ってみれば
OL時代に男にちやほやされたのは、
女として最大の良い思い出になっているでしょう
その中でも、課長は別格の男だったようです

学生時代に、おとこあそびはたしょうたしなんでいたとはいえ
社会人になり、仕事のできる課長はひときわ男として印象的だったでしょうし、
学生時代の彼氏など、幼く見える、女遊びに長けた中年テクに
本物の極太チンポの味を、じっくりと仕込んでくれた愛しい肉棒。
それが、妻帯者でもあり、他の熟した女体に愛しい男根をうばわれ
泣く泣く諦めた課長が
いつのまにか、邪魔な妻子とも別れ、
一人の寂しい独居男性として、妻の目の前に現れたのです。

せっかく課長が丁寧に、男の味わい方を、
妻の女性器をがっちり拡張するように、ぶち込んでくれたのに
味を十分覚えたところで、
結婚したレスの夫は
熟れた女性を、ますます、ただ飢えさせるばかりで
自分にスワップまで進める寝取られ好きの変態と来ています

妻にしてみれば、懐かしい愛しい課長には
それこそ頼んででも会いたかった状況でしょう

妻の話から状況がわかってきた私にしてみれば
敵を知り、己を知ってみれば、
はじめから、ぜんぜん。相手にもなるはずもない、
勝てるはずのない相手であることがわかってきてしまいました

妻は、洋画好きの課長の好みのために、頼んででも、自分から豊胸手術を受け
愛の証として、自分ででも、入れ墨で一生の証として課長の名前を入れたいくらい、
全身全霊で課長を求めていたのです

全身で求めあう二人がお互いの証を求めあうのは理の当然でした
でしたから、
それだけでは全く済まなかったわけです。

|FC2ブログランキングで寝取られ体験談を読む|
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

宿泊客の母娘3人に中出し
【DMMコミック】同人:関係を清算しにきた叔母を再び快楽堕ちさせるまでの一週間。(直タイトル) SP/PC
[ 2015/09/12 21:59 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング