NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

【体験談】俺の学生時代のすげー鬱な寝取られ話1

俺も学生時代にすげー鬱な寝取られ話があります。

当時、俺はA子という女と付き合っていました。
A子は顔はまぁまぁかわいいほうで、少々ぽちゃっとした
抱きごこちのいい女でした。

・オリジナル体験談一覧 ・寝取られ動画同人ランキング ・官能小説を探す

そして、同じゼミの友人山本(仮名)と俺はよくつるんでいました。
こいつにも彼女はいたのですが、色黒の不細工で鶏がらみたいな女で
色気も何もあったものではないです。

英子と俺は同級生で1年の時同じクラスでその時から付き合いだし、
ゼミはお互い別々のものに入りましたが、一緒に旅行に行ったり、
休みの日は彼女の部屋で過ごしたりしてました。
山本の彼女は村上(仮名)といい俺たちと同じゼミでした。
俺、山本、村上は同じゼミでよくゼミの飲み会やゼミ旅行とか共にしていた
ので、自然と仲良くなりよく英子を含めて4人で出かけるようになったんです。

山本は両親が年をとってからできた子供だったのでかなり甘やかされて育てられていました。
うちは父が非常に厳しくて何するにも不自由でしたが学校行事の時やこの山本と出かけることは
快く許してくれました。
山本はおっさんに好かれるタイプのやつで、俺に対しても凄くよくしてくれていました。
俺が彼女と2人きりで清里に旅行に行くときもゼミの合宿のふりをしてくれてアリバイつくりのために
わざわざ、うちの母がいるときにやつの車で清里まで行く振りして迎にきてくれたり旅行が終わったとも
わざわざ、駅で拾ってくれた後家まで送り届けていかにも合宿帰りかのようにしてくれていました。

だから俺も山本の事は心底から信用していたし、英子も山本さんっていい人ね。
っ言っていました。
俺も、自分の友人がよく言われるのはうれしかったです。
ただ、こんな言い奴が村上みたいな不細工の鶏がらと付き合っているのが信じられませんでした。
確かに、山本はお世辞にも顔はいい男ではなかったけれども、性格は最高の奴でした。
それに対して不細工村上は性格もかなりひねくれていたので俺は嫌いでした。

そんなある時、うちの父が関東のある地方の海辺に別荘を買いました。
もう目の前はすぐ海ですが、そこは特に綺麗なわけでもないし海水浴場でもありません。
まぁ、半ばだまされたようなものでしょう。値段はそんなに高いものではなかったので
週末過ごす分にはいいものでした。
1Fはリビングとバス、トイレ。
2Fは寝室が二つありました。

俺は英子と一緒に海水浴をしたいと思い、ある計画をたてました。
山本と2人で別荘で過ごすと父には言い、俺と英子と山本と村上の
4人で行こうと思いました。
寝室は2つあるので俺と英子、山本と村上で寝ればいいやと。
山本に相談した結果あっさりとOKしてくれました。

ここで、ひとつ英子と俺のことを説明しておきますが、
自慢するわけではないけど俺はけっこうもてるほうです。
ただ、俺は巨乳好きなので、はっきりいっちゃうと
英子とは乳目当てで付き合っていました。
顔はまぁまぁでしたが英子は爆乳でした。
週末はほとんど英子の部屋でセックス三昧でした。
英子は地方からの上京で都内のワンルームで一人暮らししていました。
俺は自宅だったので必然的に英子の部屋に入り浸るようになったのです。

英子は爆乳の割にはあまり遊んでいなく、俺がはじめての相手でした。
だもんで、フェラは下手だし乳がでかい割にはパイズリさせてもあまり気持ちよくなかった。
しかも、セックスは絶対にゴムつきでした。
安全日なら外だしの生くらいいいじゃないかと言っても聞いてくれません。

つまらない前置きが長くなってしまって申し訳ない。
これから本題に入ります。
夏休み、俺は父の別荘で4人で2泊3日の宿泊を計画し、山本の協力のおかげで
実行する事ができました。
この別荘で起きた出来事は俺にとっては大変な出来事でした。

当日、別荘につき、ひととおり買い物をすませてから前の砂浜で海水浴の
真似事をして遊んでから晩御飯に別荘の庭でバーベキューをしました。
この時は、肉を食べながらビールを飲んだ程度でした。
そして、完全に日が落ちてから俺と英子がまず一緒にシャワーして
その後に山本と村上が一緒にシャワーしました。
俺たちは山本達がまっているのでさっさとシャワーを済ませて、
先に夜の酒飲みの準備をしておくからゆっくりシャワーしてろと山本には言いました。

酒の準備をしている間に、俺は軽く英子にフェラチオさせたくらいで特に
Hなことはしませんでした。
山本たちがシャワーしている間に準備を済ませておくためです。
缶ビールくらいしか俺たちは用意しなかったのですが、山本がオヤジの
お酒を持ってきたとかでマッカランというスコッチをもってきてました。
俺は安いバーボンとかサントリーの安物くらいしか知らないのでそれを楽しみにしてました。

山本達のシャワーも比較的短い時間ですんでしまったので、早速、ビールで乾杯して、
俺は山本の持ってきたマッカランを試してみました。
するとやっぱ、いい酒は味が違いますね。
初めはストレートでいけよと山本が言うのでそのとおりにしてみましたが
物凄く飲みやすくてこれならいけると思いました。
しかし、山本はもったいないから初めだけで後は水割りかロックにしろ
というので俺はロックで飲むことにしました。

英子と村上はウイスキーはダメだとのことで初めはビールでそのうち
焼酎のサワー割を飲みだしました。
俺と山本は笑いながらガキだな~とかなんとか言ってました。
やっぱ大人の味だよなとかなんとかガキみたいな事を言いながら・・・
しばらくロックで飲んでいたら、昼間の疲れもあったのか物凄く眠くなってきました。
ふと気がつくと英子も村上も眠そうにしてたのです。
この時は皆つかれてんだろうなとかなんとか思っただけでした。

山本は全然眠そうではなくて、お前は酒強いなとかなんとか言いながら、
俺は英子とセックスもしたかったし、この辺で今日はお開きにしようぜ
とか何とか言っていたのは記憶にあるのですが、その後の事は記憶が無いのです。

次に俺が気がつくと、昼間の間に俺と英子が使うといってかばんやら荷物を置いた部屋
で真っ裸で寝ているのに気がつきました。
それも、真っ裸の英子が俺のことを起したから気がついたという感じです。

しかも、英子はかなり怒っていました。
俺は、酔っ払って寝ちまって、楽しみにしていたHができなかったので英子も怒っているのだと思いました。
というのも、英子が生理でセックスできない時は英子がフェラで俺のことを
いかせてから、俺が指で英子のクリトリスを弄くっていかせるということしていたのですが、
俺が先にフェラでいった後、英子のこといかせようとしながらクリを弄くりながら居眠りする事がたびたびあったからです。
「だから、さきに秀樹(俺の仮名)のこといかせるの嫌だったんだよ」
とかいってマジで怒られたりしてたからです。

しかし、この時の英子の怒り方は異常でした。
マジで怒っていたのです。

その時の英子の怒り方は尋常ではありませんでした。
俺は単にHしないで寝てしまったからだろうと思いましたが、その程度の怒り方ではなかったのです。

「何をそんなに怒っているんだよ」
「ふざけないでよ、私が寝ている間にヤッタでしょ」
「あー?寝ちまったからやってねえよ・・・」
「バカじゃないの?いいかげんなこといわないでよ、おっぱいや顔にもかけたでしょ」
「してねぇよ」
しかし、よく見てみると英子の顔や体には精液が乾いてテラテラと光ったナメクジの
はった後のようなものがたくさん張り付いてました。

「・・・確かにやっちまったようだな・・・」
「あんた、なかだしまでしたでしょ」
「・・・」
そうなんです、英子はなかだしされたから怒っているのでした。

俺は本当にやった記憶はありません。
しかし、確かに、英子のおまんこからは精液臭い白くてドロドロしたものが出てきてました。
英子がまんこをしぼるとまた中からどろりと出てきました。
匂いをかぐと確かに精液でした。

俺は訳がわからず言い訳しました。
やったはずの俺のちんちんは汚れてないのです。
生チンはめたなら汚れているはずだとか・・・
しかし、部屋にはティッシュが散乱してます。
「あんた、いつも終わった後ティッシュを投げ散らかしてんじゃん」
「拭けば綺麗になるにきまってるじゃん。言い訳する男って大嫌いなのよね」

俺はこのままだと泥沼化すると思い、酔ってやっちまったこととはいえ本当に
申し訳の無い事をしてしまった。
今夜は飲まないと英子と約束をした。
それでもやはり英子の機嫌は直らなかった・・・

しかし、俺達は山本の車であいのりしてきたから途中で帰るわけにもいかなかったので
英子はしぶしぶ残っているという感じがした。
そのことは山本や村上にも分かったみたいで山本が心配してどうしたんだ?
とかなんとか聞いてきた。
俺は正直に山本に今朝の出来事を隠すことなく全て打ち明けた。
そしたら山本も事情がわかったらしく、
「酔ってやったこととはいえ秀樹(俺の仮名)が全面的に悪い。
俺も一緒に謝ってやるから機嫌を直してもらおう」
ということになり、
山本も「飲ませすぎた俺が悪かった、今夜はほどほどにするから許してやってくれ」
とか何とかいって取り直してくれた。

そんな山本の協力もあって英子は条件を提示してそれを飲めば機嫌を直すといった。
それは、今夜は俺と山本、英子と村上のペアで寝ることとする、
そしてヴィトンのバッグをプレゼントする・・・
聞くところによるとヴィトンのバッグは10万以上するようだ・・・
俺はこの時、既に就職も決まっていたし、バイトで月15万円ほど稼いでいたので
これは仕方が無いと思い条件を飲むこととした。

そうして昼間は砂浜で軽くビールを飲んだり浮き輪で遊んだりなどして
昼飯に焼きそばを作ったりして和やかな雰囲気で何とか過ごせた。
夜は再びバーベキューをすることにした。
外食も近くにたいしたものは無いし、やはりただ焼くだけで手間がかからないのがいいからだ。

どうせ、今夜は山本と寝ることになっているから英子とやることはできないだろう。
そう思うと、もう飲まないと英子と約束したのに俺はまたマッカランを飲み始めた。
英子も村上と寝る事になっているから安心したのかやはりマッカランの水割りを
飲みたいと言い出した。
山本は本当にいい奴でこのときもこまめに動いてみんなの飲み物を作ったり
バーベキューが焦げないようにしたり炭の追加をしたり忙しく働いていた。

英子はそんなかいがいしく働く山本を見ながら
「山本君っていいひとよねー。私秀樹より山本君と付き合えばよかった」
「何いってんのよー。山本なんて気はきくけど顔とか全然秀樹君の方がいいしー」
「長く付き合うなら見た目なんかよりやっぱ性格よねー」
とかなんとか村上と話していた。
確かに山本はいい奴だ。俺と英子の間を取り直してくれたし、高い酒差し入れてくれたし
いつも俺のお願いを聞いてくれる。
そんないい奴なのに彼女がこの鶏がらのカラスみたいな村上ってのも納得できないな。

俺はそんなことを考えていた。それくらい村上の事が嫌いだった。
とにかく女のくせしてちっとも働こうともしない。
昨日もバーべキューも後片付けも俺と山本と英子がしたし
今も働いてるのは山本、こいつはいったい何様のつもりなんだ???
俺はなんだか腹が立ってきた。

こいつが山本の彼女でなければ俺は絶対に口もききたくない相手だった。
そんなことを考えながら楽しんでいるうちにバーベキューは終わりになった。
後片付けは思ったとおり俺と山本の仕事になった。
使った食器は英子が洗った。
村上はテレビを見ながら昨日の残りのサワーを飲んでいた。

俺は村上にちっとは手伝えよといいたかったが彼氏の山本が黙っているので
何も言うことはできなかった。
ほんと、こいつはいい奴だよな。いい奴過ぎるぜ・・・
俺は山本の事をマジでそう思った。

後片付けが終わると今度は山本が持ってきたモノポリーでもやろうということになった。

このときも山本は忙しく立ち回り、銀行役も兼ねながらまた酒をつくったりしてくれた。
「秀樹、昨日みたいになると困るからそれくらいにしてよー」
「大丈夫、今日は僕がついてるから秀樹にも飲ませてやってよ
ちゃんと見張っておくから大丈夫だよ」
「山本、お前、ほんといい奴だな。山本もこう言ってるし、今日は別々に
寝るんだから飲んでもいいじゃないか。これしか楽しみないんだからよ」
「秀樹のH、やることしか考えてないんだから」
「私の前で下ネタやめてくれない」
「・・・」

この村上って奴は、ホントに場の雰囲気も読めない奴だ。
こんなつまんねぇ事言い出すから場がしらけてしまった。
俺としてはエロイ雰囲気に持ち込んで何とか英子とやりたかった。
やりまくるつもりでゴム2ダースも持ってきたのに1個も使わず終いかよ。
俺はマジつまらなかった。昨日、英子になかだししたといっても
俺の記憶の中にそれは残っていない。
しかし、酔っていたわりになかだし、乳射、顔射に腹の上にも出してるようだった。
4発もやったのか???

俺は昨日の事を思い出すと鬱になっていった。
記憶にも無いなかだししたせいで俺はヴィトンのバッグを買わされることに
なったうえに今夜もやれそうに無い。
セックス三昧になるはずだったこの目的も果たせずにいたから不機嫌にもなる。
モノポリーをやりながら飲んでいたのだがふと眠気が襲ってきた。

俺は昨日の二の舞になるのが嫌だったのでとりあえず、英子に俺の代打ちを頼み
テラスのデッキチェア-でタバコを吸って眠気覚まししてこようと思った。
タバコに火をつけて外に出たあたりまでは覚えているのだがそれ以降の記憶が再び消えた・・・

この次に俺の意識が戻った時は激しい痛みでだった・・・

俺は事情がよく飲み込めなかった。
どうやら山本が怒りながら俺のことを殴っていた。
寝ていたところを上半身起して殴ったようだった。
俺は再び倒れこんだ。今度は数発蹴られた。
山本は何か叫びながら俺のことを蹴った。

激しい痛みで俺ははっきりと覚醒していった。
すると俺は真っ裸だった。
場所は昨日、山本と村上が寝ていた部屋だった。
隣にはやはり真っ裸で事情がよく飲み込めていないような村上がいた・・・

なんてことだ・・・俺は大嫌いな村上とやっちまったのか・・・

騒ぎを聞きつけてしたの部屋からボーとした英子もやってきた。
「朝から何騒いでんのよーーー」
英子は鼻血を出しながら山本に殴られている俺を見てギョッとした。
真っ裸の俺と村上がそこにいたからだ。
村上はまだボーとして事情が飲み込めていないようだが英子はすぐに理解したようだ。

英子は物凄い形相で俺の頬をたたくと、今度は村上に飛び掛っていった。
山本はそんな英子を引きとめると
「こんな奴らはほっといて2人で帰ろう」
そう言うと荷物を片付けだした。

俺と村上はいまだに事情がつかめづにいたが、真っ裸で2人で寝ていたのは
どうしょうも無い事実だった。

村上は自分のまんこを調べると、今度は俺に向かって怒りだした。
「あんた私の中に出したでしょう」
どうやら村上のまんこの中にもなかだししたようだ。
村上の怒り方は尋常でなかった。
「レイプだ!」
と騒ぎ立てだした。

村上は警察に訴えてやるとか何とか騒ぎ立てだした。

山本と英子は片付けが済むとマジで2人で帰ろうとする。
俺はとりあえずパンツだけはいて2人を引きとめようとした。
しかし、2人の石は硬いようだった。

村上は山本にすがりつくようにして
寝ている間に俺にレイプされたと訴えていた。
しかし、山本はそんな村上の懇願も聞かずに村上を振りほどくと
マジで英子と2人で車で帰っていった・・・
俺たちは山本の車で来ていたからこんな不便なところに置き去りにされたら
たまらなかったので必至に違うんだとかなんとか訴えたが無駄だった。

後に残されたのは俺の大嫌いな村上だけだった。
しかも、村上は俺をレイプで訴えると大騒ぎしている。
こんな奴と2人きりで車がなければ辺鄙な別荘で取り残されてしまった。
しかも警察を呼ぶとか何とか大騒ぎしている。

時間があいてしまってすみません。用事があったもので。続きを書きます。

俺はとにかく、村上に土下座して謝りました。
俺はベランダのデッキチェアーでタバコを吸ったところまでは覚えているがそれ以降は記憶がないと。
でも、本当に申し訳の無い事をした、謝って済む話ではないが許して欲しい。
とにかくこんな鶏がらカラスに土下座する事事態むかついて仕方が無いが警察という言葉にびびりまくった
俺は平謝りに謝った。

そこで村上のバカが条件を出してきた。妊娠していた場合は責任をとって欲しいと・・・
この言葉を聞いたとたんに俺は目の前が真っ暗になった・・・
性格が悪い上に色気も無い不細工な鶏がらが俺の嫁に???しかも、ガキができた場合
こんな不細工に似ていたらかわいがるきもしねぇ。責任なんか取りたくねぇ。
しかし、警察という言葉にびびっていた俺は責任を取ると約束してしまった。
もし、妊娠していなくても、なかだしされた上に、彼氏の山本に無残にも捨てられたので
責任を取って欲しいと・・・
責任って一体なんだか分からんが俺はそれにもうなずくしかなかった。
そして、私にもヴィトンのバッグを買って欲しいと。

どうせ、こんな酷い事をしたんだから英子にはふられるのは目に見えているしゼミも
違うから今後顔をあわす事も無いのだから英子にバッグをかってやる必要もないよ
とかなんとか言っていた。
その村上の一言で急に俺は英子の事が気になりだした。
かなり怒って山本と一緒に出て行った。お互い恋人に裏切られたもの同士で慰めあおうだなんて
ことになったりはしないか・・・
しかし、山本は俺の親友だ。これほどまでつくしてくれた友人だ。まさか、落ち込んだ俺の彼女に
手を出すはずが無いとそう思った。

しかし、ふと思った。
俺は、あんなにつくしてくれた親友を裏切った。
大切なかけがえの無い友人の彼女を寝取ってしまった。
いくら酔ってしまったとはいえ不覚にも嫌っていた村上のまんこになかだししただなんて。

俺は英子と付き合う前に2人ほど付き合ったことがある。
その時の1人とは生でやっていた。しかし、必ず外に出して中にもらした事など無かった。
かなり射精を我慢の限界までコントロールする自信はある。それが、英子にしろ村上にしろ
酔っていたとはいえなかだしするなんてありえないことだった。

俺は英子を裏切ってしまった事もショックだったが
よりによって親友の山本を裏切った事の方のショックの方が大きかった。
とにかくなんとか怒る村上も気持ちを鎮めたので、仕方なく我々2人で
電車で帰ることにした。
父の別荘は便の悪いところにあった。電車の駅までは歩いたら30分はかかった。
しかも電車も1時間に数本しかない。また、村上のバカが大荷物を持ってきていて
それを俺はかつがされるはめになった。朝っぱらから日差しが非常に強く感じた。
汗が頭のてっぺんから足の先まで流れているような気がした。
シャツはべとべとで額から流れる汗が眼にしみた。

俺は駅に着いてからも山本の携帯に連絡を入れてみたが電源は切られているのか
全くつながらなかった。当然といえば当然の事だ。
俺はこの後電車で大嫌いな村上と2人きりで帰らなければならなかった。
酷い苦痛だった。話も全く合わない。村上とはなすことといえばゼミの話と
ゼミの他の仲間の事くらいしか共通の話題が無かった。
しかも、別れしなには次のデートの約束までさせられた。
当然、ヴィトンのバッグを買わせるために新宿の伊勢丹に連れて行けときた・・・
伊勢丹にヴィトンが売っているのかどうかは俺は知らないが・・・

俺は家に帰るとすぐに山本の自宅に電話を入れてみた。
すると人のいい山本の母さんがまだ帰っていないと伝えた。
何かあったのですか?と聞かれたが、俺はいろいろと世話になったので
お礼を言いたかったのだと、帰ったら宜しくお伝えくださいと言って電話を切った。

別荘から山本の家までは車ならたいして時間はかからない。
多分、奴の事だから英子の事を部屋まで送っているのだろう。
それから帰るとなると夜になるかもしれないな。
俺はそう考えた。

俺は何とか山本に許してもらって再び英子との間を取り直してもらおうと画策した。
はっきり言ってかなりずうずうしい頼みごとをすることは俺にも分かっていた。
しかし、俺はそんな稚拙な事を考えるくらいパニクッていたし、それだけ英子の事が
好きで好きでたまらなかった。
はじめのうちは英子の体(巨乳)目当てで付き合っていたが、今、こうなってみたら
英子の事を本気で愛しているという事が分かった。
だから、山本なら俺の気持ちをわかってくれると・・・

夜になって山本の携帯にようやくつながった。
しかし、当然のように奴は出てくれなかった。
それでもしつこく鳴らしつづけると電源を切られてしまった。

俺はここで少々冷静になることができた。
今朝の失態からまだ時間もそんなに経っていない、奴の怒りも当然だと。
しばらく、奴にも頭を冷やさせようと。
その間に、村上の事だけはなんとか始末しておこう。
バッグを買うのは止むを得ない。しかし、再び山本との間をとりなおして
俺達は再び元鞘に収まろうと。

しかし、一応、英子の携帯にも電話を入れてみた。
呼び出しコールがなることはなく、着信拒否されているとかなんとか
アナウンスが流れるのみだった。
ここで、俺は少々不安になった。
まさか、山本が英子の部屋にあがりこんでいる事は無いだろうかと・・・

俺はそう思うといてもたってもいられなくなった。
俺は狂ったように、父のサニーに乗り込むと英子の部屋に向かった。
うちからだと英子の部屋までは約1時間、この時間帯ならそれくらいでつくだろう。
俺はあせりながら車を走らせた。
道はそんなに混んでいなかったため1時間かからずに英子のマンションについた。
マンションの側に車を停める。あたりを見渡すが山本のおんぼろパルサーは停まっていなかった。
英子の部屋の明かりはついていなかった。真っ暗だった。

実は、俺は英子の部屋の合鍵を持っている。
この時は、もしかしたら山本が英子の部屋に上がりこんで英子の事を犯しているのではないか!
そんなことを考えると頭に血が上って、裏口の扉を合鍵を使って開けると
(全ての部屋の鍵で開くようになっている)非常用階段を駆け上った。
そして、英子の部屋までいくと、問答無用で英子の部屋のドアを開けた。
中からは人の気配も無かった。俺は部屋の中をチェックしてみたが、旅行かばんも無いし
どうやら山本と英子はまだ帰っていないようだった。

「そんな、バカな」
この時間になってもまだ英子が帰った形跡が無いと言うことはまだ山本と
一緒にいるに違いない。
俺は震える手で携帯から山本の自宅の番号を呼び出してコールした。
再び山本の母さんが電話に出た。俺はゼミのことで緊急の話がしたいのだが
携帯がつながらない、どこにいったか知らないかと聞いてみた。

やはり、山本から自宅に連絡はあったようで、先ほど俺から俺いの電話があったことは
伝えておいたとのことだが、俺と別れた後、バイトに行ってそこで飲み会があるから
今日は帰れないと連絡があったとのことだった・・・

俺は、山本のバイト先を知っているので、急いで奴のバイト先に行ってみた。
英子の部屋からだと少々遠いが、英子の貞操の危機だと思うといてもたってもいられなかった。

おそらく、英子の部屋を出てから2時間近くは過ぎただろう。
山本のバイト先についたときには既に閉まっていた。
こうなることは予想できたが、どうしょうもなかった。
たとえバイト先がまだ営業していたとしても、山本の居所を
知っているわけが無いのに・・・

英子は部屋に帰っていない、山本も家には帰っていない。
そしてもう深夜をまわっている。
当然、2人は一緒にいてきっと夜をともに過ごしているのだろう。
俺の大切な英子が山本にやられるだなんて・・・
あの巨乳を山本の奴がいたぶるのかと思うと涙が出てきた。

結局夏休みの間に山本の自宅に電話を入れたが奴は居留守をつかったり
本当にいなかったりで話をすることができなかった。
ゼミの飲み会や自主研究会にも奴は顔を出さなかった。
英子は大家に鍵を無くしたとか何とか言ったのだろう。
鍵は交換されて合鍵が使えなくなっていた。
非常口や表玄関の鍵は開くが英子の部屋の鍵は開かなくなっていた。

俺は村上と約束の日に会ってヴィトンのバッグではなくて
伊勢丹でコムサ・デ・モードのスーツとワンピースを買わされた。
金額的には10万円程度だった。ヴィトンのバッグよりは安上がりだと思った。
俺はかなりやけくそになっていた。鶏がらカラスのような村上の体型には
コムサのスーツがよく似合っていた。
「これで色が白かったらちっとはかわいく見えるかもな」
俺はそんなことをふと思っていた。
村上はでっかいバッグにワンピース、スーツに合わせたシャツと
スーツの上着を入れてもらい(パンツは直しに出した)非常に
上機嫌だった。

俺はこの時かなりやけになっていた。
山本には無視される、英子の部屋の合鍵は使えなくなっている。
当然、英子の携帯は非通知はもちろん俺の自宅、俺の携帯、公衆電話からの
着信を拒否設定しているようだった。
そんなこともあり、俺は上機嫌の村上を歌舞伎町裏のホテル街に連れ込んだ。

そこで、今度は本当に村上とやってしまった。
今度はさすがになかだしはしなかったがなまはめのフィニッシュは腹射だった。

ついに、俺はこれで名実ともに村上の彼氏になっちまったのかな。
そう思うとかなり鬱だった。
顔は不細工で色黒、鶏がらみたいに痩せていて乳はおそらくAカップで乳首も黒い。
なんだか骨ばっていて抱きごこちもよくない。これで性格も悪いと着たらいいところは
何もなかった・・・
そういったら少々言いすぎだが、村上にもいい点は一つだけあった。
頭だけは非常によかった。

村上の協力のおかげで卒論の下準備は完璧だった。
資料もばっちり。構想にも相談に乗ってくれた。
夏休みの間にもう十分準備はできてしまった。
あとは執筆するだけだった。

夏休みの間にゼミの飲み会や自主研究会で俺と村上が仲良くしているのを
ゼミの中間達はみているので、山本が夏休みの間に一度も顔を見せないのは
俺と村上ができてしまってそれがショックだからだと皆は思っているようだった。

この時点までだと、俺が山本の彼女を寝取った話ということになっている。
事実、俺は伊勢丹での買い物帰りに俺の意思で村上をやっちまった。
確かに山本の彼女を寝取っている。別荘での事件でも確かに山本の彼女を寝取っている。
それに、大嫌いだった村上にもだんだんと情も湧きつつあった。
しかし、あいかわらず、英子に対する愛が失われたわけではなかった。
所詮、村上とやったのはやけになっていたわけだし、コムサの服を買ってやったんだから
それくらいしても罪にはならんだろうという軽い気持ちだった。

そして夏休みも明けてついに後期が始まった。
4年になると授業はほとんどない。
必修の課目が数科目あるだけであとはゼミがあるくらいだ。
1週間のうち学校に行くのは2日くらいだ。
しかし、俺のゼミは割と自主研究が多くて週に4日間くらい学校に行く事もあった。

あいかわらず山本は自主ゼミには出なかったがゼミには出席してきた。

俺は、ゼミが終わると真っ先に山本の下へ駆け寄った。
「話したい事があるから頼むからきいてくれ」
「お前とはもう口をききたくない」
「お前の気持ちは凄く分かる、どんなに謝っても許してもらえるとは思わないが
謝らずにはいられない」
「じゃ、勝手に謝ってろよ」
山本は冷ややかに言った。
「しかも、お前は村上とよろしくやってるみたいじゃねぇかよ」
「・・・」
俺は二の句も次げずにいた。

「違うんだ・・・」
「何が違うんだよ、お前の顔など二度と見たくない」
山本はそういうと部屋を出て行った。
「もう、山本なんか放っておきなよ」
村上は俺の腕をつかむとそう言った。
他のゼミ生たちは好奇の目で俺たちのことを見ていたのが気になったので
俺は村上の手を振り解いて山本の後を追った。
村上が何か言っていたが俺は何も聞いていなかった。

俺は山本が階段を下りているところで奴に追いついた。
「頼むから聞くだけでも聞いて欲しい」
「忙しいんだよ」
「殴りたければ好きなだけ殴ってもいい、だから俺の話を聞いて欲しい」
「俺は忙しいし、お前の事など殴る価値もない」
「お前の気持ちは分かるが頼むから聞いて欲しい」

俺があまりにもしつこいから奴もとうとうじゃ、歩きながら話せよといってくれた。
俺は、まず、あの別荘での事件の事から話し始めた。
モノポリーをやりながら飲んでいるうちに急に眠くなったので眠気覚ましに
デッキで潮風にあたりながらタバコでも吸おうとした。
タバコをくわえながらデッキチェアーに腰掛けたとこまでは覚えているがその後は全く記憶にない。
何故、そこから2階の部屋に行ったのかも覚えていないと。不思議でしょうがないと。
1日目も何故、いつのまにかに部屋に帰ったのか覚えていないと。

「一日目はお前が酷く酔っ払って、同じく酔った英子をお前が抱えて部屋に行ったんだよ」
山本は面白くなさそうにそう言い放った・・・
英子?こいつ、何故、俺の英子の事を呼び捨てにしてやがんだ???
俺は少々というかかなりむかついたが、その後の事も奴に聞いた。
「2日目はデッキチェアーでお前が寝ちまったから、俺と村上でお前の事
2階まで運んだんだよ」
「その後はしばらく3人で飲んでいたんだけれどもいつのまにか俺たちも寝ちまって
気がついたら俺と英子だけがリビングでひっくり返って寝ていた。俺は嫌な予感がして
2階に上がったら思ったとおり真っ裸でお前らが寝ていたんだ」

「ちょっと待ってくれよ、俺が先につぶれて寝ていて、村上が俺の寝床に
忍び込んだという事は考えられないか?」
俺は何とかならないかとよく考えずに軽口をたたいてしまった。
「お前は、ここまできてまだしらばっくれるつもりかよ!」
「お前はお前の部屋に寝かしたんだよ。ちゃんと服も着てた」
「だが、翌朝お前は真っ裸で隣の俺らが寝る部屋にいたんだよ」
「どう考えてもお前が村上の寝ている横に忍び込んだとしか思えないだろ」
山本の怒りは本気のようだった。

「ごめん、本当に申し訳ないことをした」
「お前は村上とよろしくやってんじゃねぇか」
「イヤ、そんなつもりじゃないんだ。お前と村上の間をとりなおしてやるから
頼むから許してくれ」
「いまさらあんな女とやり直す気は毛頭ない」
「そんなこというなよ、あいつ、頭はいいし、卒論とか手伝ってもらえるじゃんか」
「俺はお前と違って卒論なんて既に終わってんだよ、まぁ村上には手伝ってもらったがな」
「そうだろ、村上がいればいい論文がかけるよな。卒試も教えてもらえるだろ、考え直せよ」
「お前に汚された女にはもう用はねぇよ」
「・・・」

「お前もしつこい奴だな、俺にはもう新しい女ができたんだよ」
「・・・」
俺はこの時非常に嫌な予感がした。
まさか・・・
「・・・お前、まさか、え、英子と付き合ってんじゃないだろうな」
「そのとおりだよ、お前にはもう関係のない話だがな・・・」
「ちょっと待てよ、いくらなんでもそりゃないんじゃないか?
お前は俺の一番の友達だと思ってんのにお前、よくそんな事できるな」
「何言ってんだか」

この時の衝撃はかなり酷かった。
しかし、言う事は全て山本のほうがまともだった。
確かに、俺の方が山本の彼女に手を出した。
しかも英子と一つ屋根の下で過ごしていたにもかかわらず・・・
当然、その現場にも山本もいた。
お互い裏切られたもの同士、かなり落ち込んだ状態で車で行動を
ともにしていたらそういう関係になるのも無理はない。
俺に山本を批判する権利などなかった。
しかも、その後、俺は自分の意志で村上と寝ている。

「何言ってんだか」
山本のこのセリフはかなり堪えた。
俺はバカかもしれない。
自分の事ばかり考えていた。
英子の気持ちも山本の気持ちも考えていなかった。
英子にしてみれば自分の彼氏が自分というものがありながら
しかも同じ空間にいたのに他の女と真っ裸で寝ている姿を見たのだ、
ショックはかなりでかかっただろう。

山本も信じていた自分の親友に彼女を寝取られたのだ。怒って当然だ。
それをどの面下げて彼女との仲を取り直してくれと頼めるのだろうか・・・
しかも、山本と英子が付き合っているとは・・・
俺は悲嘆にくれた。英子とはここのところものすごく親密になってきたし
卒業して仕事にも慣れたら婚約してもいいなぁとか思ったりしていた。
山本とは卒業後も一生付き合える友達だと思っていた。

俺はこのままかけがえのないものを二つ同時に失うのは我慢できなかった。
「二兎を追うものは一兎も得ず」俺はこの時点で英子の事はきっぱりと諦めて
山本との付き合いを大事にしたいと思った。
「山本、本当に許してくれ。俺は、英子の事はきっぱりと諦める。
英子にも本当に申し訳のないことをしたと伝えて欲しい」
「・・・」今度は山本が無言になった。
「俺は、女のことで山本との友情をこわしたくない。村上に手を出した
俺が言うのもずうずうしい話だが、俺のことを許して欲しい」

「お前・・・」
さすがに山本も言葉が出なかった。
「ずうずうしいにもほどがあるぞ・・・」
山本はやっとのことでそう口にした。
「分かっている。本当にずうずうしいと思う、でも、お前との友情を
こわしたくない。英子とお前の事も心から祝福したい」
「お前・・・なんて奴だ!」

「何が祝福だ!」
山本は顔を真っ赤にして怒り出した。
「お前は自分が何をしたか分かってないようだな」
「気に障ったなら勘弁してくれ」
俺はとにかく謝るしかなかった。
こびへつらってでも山本との友情は壊したくなかった。

「許す許さないの問題じゃないんだよ」
「俺がゼミ生の間でなんて呼ばれているかお前知ってんのかよ」
山本は瞬く間もないくらい早口でまくし立てた。
「負け犬とか寝取られとか捨てられ君とか言われてんだよ」
「皆、別荘での事件を知らないから、俺が村上に捨てられたとしか思われてないんだよ」
どうやら山本は村上に捨てられたと思われているようだった。
確かに、事情を知らない奴らから見ると村上が俺に乗り換えたくらいに思えるだろう。

俺と山本を比べると成績はどっこいどっこいだけれども、教授受けは俺のほうがいいし
俺の自宅は都内のまぁ、割と高級な部類に入る住宅街だが奴の自宅ははっきり言って
郊外は郊外でも本当の田舎だ。いわゆるチバラギ。容姿も俺のほうが勝っている。
そんな奴が誇れるのは奴のまめまめしく動き回るところと誠実な人柄。
いわゆる「いい人」であった。裏を返せば「毒にも苦にもならない男」。
面白みにはかける。しかし、俺は奴にはいろいろと借りがあった。
これからも奴には世話になりたいと思っている。

奴はあらゆる条件で俺にコンプレックスを抱いていたのかもしれない。
今考えてみると、奴も、友人の女遊びのアリバイに使われたり等、
やつのプライドを今まで踏みにじってきたのかもしれない。
俺は、そんな自分勝手な自分に嫌気がさした。
「頼む、許して欲しい」
俺は、はじめて屈辱感に満ち満ちて奴に許しを乞った・・・

「お前、マジで謝っているのか?」
山本は俺が涙目になって謝っているのを見て少々戸惑っているように見えた。
「お前が俺に何でそんなに謝るんだよ」
奴はだんだんしどろもどろになってきた。
物凄く挙動不審に見える。
しかし、俺はかまわず続けた。
「村上との事は本当に申し訳ない」
「お前の気のすむような幕を引くつもりだ」
俺は山本のご機嫌を取るように続けざまに言った。
「お前が気のすむようにする、だから俺たちの関係も元に戻したい。
今すぐという訳じゃない。あんなことがあったんだ。
時間をかけて元に戻したいと思っている」

「お、お前、何で、俺なんかに・・・」
山本は目をきょろきょろさせてせわしなくハンカチで汗を拭いたり
めがねのレンズを拭ったりしている。
こいつは何故、急に落ち着きがなくなったのだろうか?
俺には分からなかった。
言葉もどもり気味になってきている。

「お、お前の気持ちはわわ分かったよ、そこまで言うならちちちちと考えてみるよ」
いよいよ山本の挙動は不審になってきた。
周りの人たちも俺たちのことを訝しそうに見ているのが分かった。
「ととととにかく、これくらいにしてくれよ」
「よかったらどこかでもっと話せないか?」
「お、お前も知ってんだろ。おおお俺の家は遠いんだよ」
「すまん、でも、まだ時間も早いし、いいじゃないか」
「だダメだっつて言ってんだろ」
「しつけぇよ」
山本はそう言うとまだ人もまだらな駅の改札へと消えていった。

「あいつ、何をあんなに慌ててんだ?変な奴だな」
「しかし、英子とあいつじゃ釣り合いがとれねぇよな」
「とりあえず、奴を手なずけておけば後は何とかなるだろ」
俺はそんなことをひとりごちていた。
奴が挙動不審になっていくうちに俺は落ち着きを取り戻し、
しおらしい気持ちもいつしか失せていた。
再び、山本を使って英子とやり直ししたいと思うようになっていた。

俺はマイルドセブンを取り出し一服した。
にやりと笑いながら煙をゆっくりと吐き出した。
「話は終わったの?」
後からいきなり肩をたたかれて心臓が止まるほどびっくりした。
後には村上が立っていた。
「今更山本に謝って何してんのよ」
「男には男の事情ってもんがあんだよ。お前には関係ねぇよ」
俺は冷たくそう言った。
「何よーもうー」村上はじゃれ付くように俺の頭をぽこぽこたたいた。

俺と村上はまるで俺の悪巧みを知らない奴が見たら仲のいいほほえましい
カップルにしか見えないかもしれない。
俺自身もそう思うくらい感じがよかった。
そこに、同じゼミの奴が来て
「お前らこのくそ暑いのにいちゃいちゃすんなよ。
見てるこっちが暑くなるよ」
とかなんとか言ってからかってい言った。
「おいおい、そんなんじゃねぇよ」
俺はそいつに向かって言った。

「いいじゃーん」そう言うと村上は俺の腕にしがみついた。
「ひゅーひゅー」やつらはそんなことをいいながら改札に向かっていった。
「じゃーなー」
「おう、じゃ次の発表はお前だからな」
「いちゃつきすぎてレジュメ作れなかったなんて言い訳するなよ」
「うっせーよ、早く帰れよ」俺は奴らに向かってそう言った。

「ねぇケンタにでもよってなんか食べていこうよ~」
「しょうがねぇな、じゃ、行くか」
俺たち2人は誰がどう見ようと完璧に仲のいいカップルのようにしか見えなかった。
大学からの帰り道でこんなことしていれば当然、皆に見られるのは分かっていたはずだった。
しかし、俺は山本を使い英子と仲直り、できれば元鞘に収まる方法を画策していたので
そこまで頭が回らなかった。

そう、俺と村上がいちゃつくのを英子は見ていた。
そんな英子に俺は全く気がつかなかった。

もちろん、このことは後で知ったことだが・・・

しばらくして、俺は以前のようにとは行かないが山本と次第に言葉を交わすようになった。
奴は相変わらず自主研究会は欠席していた。
「お前、あんまり自主研欠席ばっかしてっと教授ににらまれるぞ」
「余計なお世話なんだよ。ちっと口をきくようになったからって軽口たたくなよ」
「すまん・・・」
山本との関係はこんな感じだった。
俺は必至に打ち解けようとしたが奴はそうではないようだ。
それも当然といえば当然なのだが。

それに比べて俺と村上の関係は次第に深まっていく。
村上は自宅から通っていたので都内に住んでいる俺と会うのは
学校のある時と土日くらいしかない。
村上は神奈川県のあるサーファーで有名な町に住んでいて学校まで約1時間かかる。
俺は都内の中央線沿線の23区ないに住んでいるから、お互いの自宅は遠かった。

だから会うのは学校の図書館で卒論や自主研の準備をしてその帰りにドトールや
スタバでしゃべったり時には庄屋で飲んだりした。
俺のバイトがないときには歌舞伎町裏のホテル街で過ごす事もあった。
こうしていくうちに村上は俺に対して本気になっていた。
俺もだんだんと村上の事が好きになっていくのが分かった。
でも、やはり英子とのセックスは忘れられない。

連れて歩くにしても村上では物足りなかった。
村上は最近は俺がプレゼントしてやったコムサの服を着るようになってからは
大分まともになったがやはり華やかさに欠けている。
英子と一緒に歩いているとすれ違う男たちの視線が英子の巨乳にいくのが面白かった。
特に英子は胸元が大きく開いた服やからだにぴったりとフィットするシャツを好んでいた
からただでさえでかい乳が強調されるので視姦されまくっていた。
かく言う俺も、英子の巨乳目当てで付き合っていたのだから男たちの気持ちは分かった。
俺も、見られるくらいなら別に気にすることはなかったので英子の好きなようにさせていた。

俺は、心のどこかで村上に気持ちが傾きつつもまだ英子の事は諦めていなかった。
その後も、山本懐柔策をすすめていたがさっぱりうまくいかなかった。
今となっては、奴がうちに遊びに来たりすることも一緒にのみに行く事もなくなった。
しかし、俺が話しかけるとどんどん挙動が不審になっていくのが変だった。
俺は話題が勤めて英子の事に触れないように努力した。
山本は英子の事など全く話題に出さない。
俺は英子の事が気になって仕方がなかったが奴から口火を切らないかぎりこちらからは
なんとも切り出せなかった。

別荘事件から5ヶ月ほど過ぎた初冬のある時、再び事件が起きた。
ここから先の事件は俺が直接体験したことではなく伝聞に過ぎない。
しかし、その伝聞を裏付けるような決定的物証があった。
だからこの伝聞は限りなく事実に近いものだと思われる。
しかし、あくまで伝聞のため詳細は脚色もあるし俺の推測もある。
そのことだけはあらかじめご了承願いたい。

初冬のある時、俺は午前中必修科目があったため学校に出てきた。
この時期にもなると自主研もゼミもあまりなく、各々が卒論に取り掛かっていた。
俺は、村上の協力もあり、論文も完成までもう一歩というところまで来ていた。
必修科目では俺と山本と村上は顔をあわせるのだが最近山本は必修科目には出席していなかった。
俺はこのところバイトと卒論が忙しくて村上とはゼミと必修科目くらいでしか会っていなかったが
メールや電話は毎日欠かさずにしていた。

この日も、俺は村上と授業が終わったらHホテルに行くつもりでいた。
もちろん村上もそのつもりでいることは前からのメールや電話でお互いに分かっていた。

授業が終わると最近は渋谷方面に遊びに行っていなかったので、渋谷をぶらついて食事してから
円山町にでも行く事にした。
食事もファーストフードで早々に済ませて、マルイやパルコをちょっとのぞいて俺たちは円山町に向かった。

俺はホテルの中で村上とキスをしながらあることを思いついた。
山本の性癖はどんなものだったのだろうかと。
俺は巨乳がすきで英子と付き合う前に2人ほどと付き合ったことがあったが
その2人も巨乳の部類に入るほうだった。
しかし、村上ははっきり言ってぺチャパイである。
はじめのうちは半ば脅されて村上と付き合っていたが、今ではすっかり俺の彼女になっていた。
からだは英子の方が魅力的だったが村上はテクニックがあった。
英子のフェラは歯があたるし、奥までくわえ込むこともしないはっきり言ってへたくそで
ちっとも気持ちよくなかったが、村上はとてもうまかった。

もしかしたら、山本が教え込んだのかと思うとかなり鬱がはいった。
俺は村上とキスをしながらそんな事を考えていた。
しかし、いつ、村上にそんな過去のことを聞き出そうか?
お互いの元彼元彼女を知っている。知っているというよりも、俺が村上を山本から
寝取った事になるのだろう。
そんな事を考えながらキスをしていたので俺は勃起しなかった。

「ねぇ、何考えているの?」
ちっとも勃起しないし、キスにも集中していなかったので村上は不安そうに聞いてきた。
「いや、ちょっと卒論の事考えていた」
俺は、過去のことを考えていたなんて言えなかった。当然である。
「口でしてあげようか?」
村上はそういうと俺自身をやさしく口に含んだ。
村上のフェラは最高だった。過去の3人と比べようがないくらいだった。

村上は口の中に唾液をためると、俺をくわえながらその唾液を俺自身にだらだらと垂らしながら
指を巧みに使って感じさせてくれる。
はじめて村上にしてもらった時は村上が俺のチンチンを根本までくわえ込んでいるのかと思っていた。
しかし、実際は村上の唾液でねとねとになった指使いがまるで口の中を思わせるくらいに巧みだったのだ。
はっきり言って、俺は村上にフェラしてもらうのが大好きだった。

「うっ、気持ちいい・・・」
村上は巧みに口と指を行使して俺は完全に勃起していた。
「ねぇ、もういれてもいい?」
村上は俺にそう言った。
俺は黙ってうなずいた。
村上は俺の上にまたがるとゆっくりと腰を沈めた。
村上は既にぐちょぐちょに濡れていた。
俺自身も村上の唾液でねとねとになっているので簡単に村上と一つになれた。

俺の意識のある時ではじめて村上としたのは俺が村上に警察に行かない代償に
伊勢丹でバッグを買ってやるといって買い物した帰り、歌舞伎町裏のホテルでのことだった。
この時は、バッグではなくコムサのワンピとスーツを買わされた。
そのことでむかついてた俺は村上を憎しみをこめて突き入れるだけではっきり言えばこれこそ
レイプと変わらなかったと思う。
俺も気持ちはよくなかったし、村上はなおさらだろう。

しかし、その後、勉強を手伝ってもらったり、周りから恋人同士として扱われていくうちに
いつしか、2人は本物の恋人同士になっていった。
村上とのセックスが最高だと気がついたのは俺が山本と何とか話をしようと説得して結局、
挙動不審になった山本に逃げられた後、村上に誘われてケンタッキーで食事した帰りに
歌舞伎町のホテルでのことだった。
このとき、村上ははじめてフェラをしてくれた。そして村上のリードで騎乗位でした時、
今までにない快感に襲われたのだった。

村上の腰使いは非常に巧みだった。前後の動きや上下、回転運動を巧みに織り交ぜながら
俺のことを攻撃してくる。村上は危険日以外はなまでOKだった。
しかし、なかだしはNGだった。いく時は騎乗位の時は俺が
「もうだめ、いく・・・」というと村上はすばやく腰を上げて俺のチンチンをくわえてくれる。
そして、俺は村上の口の中に放出してくれる。放出し終わると村上は精液を飲み込んでくれる。
これも、俺にとってはたまらなかった。英子はなまはNG、フェラは下手、パイズリもいまいち。
フェラが下手だから口内射精すらしたことがなかった。

だから俺の精液を飲み込んでくれる村上に愛おしさを感じた。
村上は土地柄かボディーボードをするために日に焼けて真っ黒でまるで土人のようだったが、
俺が色白なのを好きなものだから最近はボディーボードもほどほどにしているようだ。
一度色黒になったらそう簡単に元に戻るものではないがそこまでする村上がかわいくて仕方がなくなってきていた。
次第に、俺は英子の事も忘れて、村上にのめり込んでいった。
そうなると必然的に山本も相手にしなくなる。
どうせ、英子は俺のことを捨てて山本にはしった女だ。俺の頭にはそのことが刻み込まれていたからだ。

俺は、自分の上半身を起すと村上と向かい合う形の座位になり、村上を抱きしめた。
ふと、英子のからだはこうした時など「抱きごこちはよかったな」と思うことはあった。
しかし、抱き合う事により村上はからだを安定させてより激しく動く事ができるようになる。
俺と村上はお互いの唇をむさぼりながら激しく腰を動かした。
俺は興奮の度合いが高まり、村上に今しか無いと言うタイミングで例の話を切り出していた。
「なぁ、山本としていた時もこんなんだったのか?」
「やめて、もう、彼との事は思い出したくないの」
村上はそれでも動きを止めなかった。村上はいくのが近づくと白目をむくので俺には分かりやすくてよかった。
まだ、村上はいきそうではない。
しかし、かなり激しく動いているからいくのもそう先のことではないな。
俺は、そう思い、質問を続けた。

「美香(村上の名前)のフェラは最高だよ、どこで覚えたの?」
「知らない・・・」
「美香のこと全て知りたいんだよ、全てを知った上で受け入れたいんだよ」
「イヤ・・・」
村上は白目をむき始めた。
「イヤならやめるよ」
俺は、そう言うと、村上の上半身をベッドに倒すと、俺自身を抜こうとした。
「やめないで」

いく寸前でじらされた村上は泣きそうな目で俺に懇願した。
「じゃ、俺の質問に答えろよ」
「それは、イヤ」
「なんでなんだよ、俺は美香の過去のこと全てを知りたいだけなんだよ」
「知ったからって、美香のこと嫌いになるわけじゃないよ」
「美香の全てを知った上で、美香の全てを受け入れたいんだよ」

「嫌いにならないと約束してくれる?」
「もちろん、約束する」
「話すから、もう意地悪しないで」
「分かった」
「いかせてくれる?」
「ああ、もちろん」
俺はそう言うと、村上の両足を脇に抱えると、村上のなかに再び侵入した。

村上は正常位よりも騎乗位や座位の方がいきやすいため、俺はすぐに村上の上半身を
起して座位の体勢にした。
こうすると、あとは村上が自由に動いて自分でいってくれる。
村上は再び激しく腰を動かし始める。
「美香はいつからこんなにHになったの?」
「こっ、こんなになったのは秀樹(俺の仮名)がはじめてだよぉ」
「嘘だろ、はじめからそうだったじゃないか」
「ち、違うぅ、こんなに激しくはなかったよぉ」
「はじめていったのはいつだよ?」
「イヤ」

「イヤじゃないだろ、言うと約束しただろ」
「あぁー、どうしても言わなきゃダメェ?」
村上はせつなげな喘ぎ声とともに言った。
「言わないとやめるよ」
「2年の時のサークルの先輩・・・」
村上がはじめていった相手が山本ではなくて俺は少々安心した。

俺は2年のころの村上の事はあまり知らなかった。というよりも気にもとめていなかった。
村上は2大学に入学するとすぐにマリンスポーツ同好会に入っていた。
そこで知り合った先輩としばらく付き合っていたらしい。
しかし、先輩が卒業するとすぐに別れる事になった。
どうやら先輩には本命の彼女がいたらしく、就職してからあまり時間がなくなり
二股をかけるのが難しくなったので捨てられたらしい。
「な、なんだよ、じゃ、美香はセックスフレンドにされていたのかよ・・・」
「いやぁ、怒らないで、ごめんなさい」
村上は喘ぎながら本当に申し訳なさそうに謝りつづけた。
「ごめんなさい、もう、秀樹以外とはしないから許して」

「その先輩とはなまでやっていたの?」
「うん、怒らないで・・・」
俺は嫉妬の念で勃起度が増したようだった。
「・・・なかに出していたの?」
「うん・・・」
衝撃的だった。なまでやられたのも我慢できないが、なかだしまでされていたとは。
「精液も飲んでいたの?」
「うん・・・怒らないで」

「怒ってないよ」俺は、顔も知らないその先輩にはっきり言って憎しみを感じた。
美香のことを愛していてやったことならともかく、自分には本命の彼女がいて、
その彼女とやれない時の性欲の捌け口に村上の事を利用していた事が許せなかった。
「俺だって、美香の中に出した事がないのに・・・」
「違うよ、秀樹も中に出したよ」村上は申し訳なさそうに言った。
「そういえばそうだけど、俺、覚えていないし、美香だって覚えてないだろ」
「ごめんね、ごめんね」村上は再び白目をむき始めた。エクスタシーが近づいている証拠だった。

俺は、質問はそのくらいで、今は村上をエクスタシーに導く事に専念した。
「いってもいいよ」
俺は村上をぎゅっと抱きしめるとそうつぶやいた。
村上も俺にしがみついて腰を激しく前後に振った。
村上は白目をむいて息遣いも胸の鼓動も激しくなった。
「あぁぁぁ」
村上はせつなげな声をあげると静かに俺の体に体重をあずけた。

村上の全身は汗ばみ、呼吸は乱れ、胸の鼓動が俺の体を伝わって全身で感じる事ができた。
村上はエクスタシーに達したのだった。
俺は静かに、上半身を後に倒し仰向けになった。
村上の上半身もそれに伴い俺に覆い被さる。俺たちはいつもそうしていた。
村上の息を整えるためだった。その間も、俺は、村上の全身を抱きしめてゆっくりと腰を
上下に動かしたり回転運動させたりして余韻を楽しませていた。

「ごめんね」
息の整った村上は言った。
「いいんだよ、俺が聞きたがったんだし」
「まだ、秀樹いってないのに先にいっちゃった」
「私の中でまだ凄く硬くなっている。なんかいつもよりも硬いみたい。鉄みたいだよ」
確かに、俺はいつもよりも興奮していた。村上が過去にしたセックスの話を聞いて興奮
したことは確かだった。

俺は、いやらしくねちねちと腰を回転運動させながら村上をさらに責める事にした。
「その先輩とはどれくらいしていたの?」
「先輩は一人暮らししていたし週に4回くらいはしていたと思う」
この言葉は再び俺に嫉妬させるのに十分だった。
俺も村上も自宅通いで家も離れているから、俺たちが愛し合う事は多くても月に2,3回しかなかった。
俺が、一月に愛し合うのよりも多い回数を週でこなしていたというのがたまらなかった・・・
「フェラもその先輩が仕込んだの?」俺は悔しくてたまらなかった。
その悔しさがさらに勃起度を高め俺を粘着質にさせた。

「そう、ごめんね・・・」
いちいちあやまる村上の言葉がさらに俺を嫉妬させてさらに興奮させた。
「フェラでいかせたこともあったの」
「うん・・・」
「外でHしたことあるの?」
「先輩の部屋のベランダでしたことがある」村上は恥ずかしそうに言った。
この言葉のショックは今までで一番大きかった。
「ベ、ベランダで???」

「夜だったし、バスタオルを干しているその陰でしたから外からは見られていないよ」
「・・・」
はっきり言って村上は便女扱いされていたのだ。俺だったら本気で愛している彼女を
誰かから見られてしまうようなベランダで犯すことなど考えられなかった。
「ごめんね」
「学校でやったことはあるの?」
俺は心臓が止まるくらいにどきどきしながら聞いた・・・

「学校でしたことはないよ・・・」
俺はホッとしたような期待はずれなような気がして妙に複雑な気分だった。
「学校でHはしてないよ・・・」
「・・・」Hはしてない???ほっとしたのはつかの間、村上の言葉を理解するのに時間がかかった。
「Hはしていないってどういう意味?」
俺は再びゆっくりと腰を動かしながら聞いた。
「フェラさせられたことがある」
村上は俺のからだに全体重をあずけて俺のことをぎゅっと抱きしめた。
「ごめんね、ごめんね」

「いったい、どこで?」
「図書館のトイレでさせられたの」
「いつ?」
「2年の時、昼休みとか授業中の図書館って人が少ないでしょ、
本棚の影でフェラしろって言われたけど、それだけは無理って断ったの。
そしたら、じゃ、トイレでしろとか言われて・・・」
「一度だけ?」
「ごめんね、ごめんね」
「何回もしたの?」

村上は俺の質問には答えずに、ごめんねと繰り返すのみだった・・・
確かに、図書館は試験前以外は会計士や司法試験などを目指しているような奴ら
しか勉強していないから、トイレのなかなら誰にも悟られずにフェラすることも
できるかもしれないが、このことはショックだった。
俺も利用していたような場所で村上がそんなことをしていたのは衝撃だった。
村上はその先輩に完全におもちゃにされていたのだ。
なまはめ、なかだし、精液を飲ます、屋外プレイに図書館でのフェラ、しかも
週に4,5回やられていたとは・・・
俺の女はその先輩に性欲処理工場にされていた・・・その事実は俺に激しく
嫉妬の念を抱かせて勃起度は最高潮に達していた。

はっきり言って、知りたくなかったような事実だった。
村上のテクニックは凄かったのでそれなりの経験はあるのだろうなとは思っていたが
ここまで酷い事をされていたというのが悲しかった。
俺は、村上に対してすまないと思った。
村上もこんなことを思い出したくはなかったのだろう、俺に何度もごめんねと繰り返すのみだった。

「初体験はどうだったの?その先輩がはじめてなの?」
俺は、その先輩に村上の処女を奪われたのかと思っていた。
そう思うとたまらなく悔しくて悲しかった。

「違うよ、はじめては高校の時の地元のサーフィン仲間だったの」
これも衝撃だった。
「何歳の時?」
「16の時」
「相手は?」

「22歳だったの」
「学生?」
「ううん」
「社会人?」
「定職にはついてなかったみたい。サーフィンショップでバイトみたいな事
しながら、朝夕とかサーフィンしていたの」

サーファーってのはDQNな奴しかいないのかよ・・・
俺はかなり腹ただしかった。ろくな仕事もしてないプータローの22歳の野郎に
16歳のころやられてしまったというのがショックだった。
「そのサーファーとは何回もしたの?」
「ううん、あんまりしていないよ」
「あんまりしてないってどういう意味だよ」
「怒らないで、もう、してないよ」
「もうしてないってどういうことだよ?」

「ごめんなさい、怒らないで」村上は泣きそうな声で訴えていた。
「怒らないから正直に全て話して欲しい」俺は、落ち着いてそう言ってみた。
「3年生の時までたまに会ってたの・・・」
「3年生って高校の?」
「去年のこと・・・」
これもまた俺には衝撃的だった。去年までそのサーファーと会っていた???
「いったいどういうことなんだ・・・」

「ごめんなさい」
「ごめんじゃ分からないだろ・・・」
「だって、その先輩が他にも女の人がいるって分かっていたから、
先輩がやっているなら私もいいだろうと思って・・・」
「なんで、そうなるんだよ」
「その先輩と会っていても携帯とかなっても保留にしたりとか
しょっちゅうメールとかはいてってきたりしていて、凄く不安になって、
でも、その先輩に嫌われるのはイヤで・・・」
「だからって、なんで他の男と寝るんだよ」
「先輩が、他の人としているのが我慢できなかったの、地元でボディーボード
してると、その前の人ともたまに会うし、それで誘われたから・・・」

「美香が16の時22だったってことはそいつもう28くらいのおっさんじゃないかよ
そんな奴と・・・」
「違うよ、去年までしか会ったないから」
「1年も2年も一緒だろ!」
「怒らないでよぉ」
「だから言いたくなかったんだよ」村上はほとんど涙声でそう言った。
確かに、村上にとっては思い出したくもない出来事だろう。
それに、俺が無理やり聞き出そうとしていたのだし、怒るのは筋違いかもしれない。

「他にはいないのかよ?」
「お願いだから怒らないで」
「怒ってないよ!」
「何で、そんな言葉使いなの?普段みたいにしゃべってよ」
俺は確かに頭に来ていた、言葉も自然と荒っぽくなっていた。
「分かったよ・・・」
「まだ普段と違うよ」

「もう、大丈夫だから話してみて」
「怒らない?」
「怒らないよ」俺はまだ他にも嫌な話が出てきそうな気がしていた。
「去年、不倫した・・・」
この言葉は衝撃が大きかった・・・
「去年って、さっき地元のサーファーともやったって・・・」
「いったい、どうなってんだよ・・・何人とやってんだよ!」
俺は嫉妬や悔しさを通り越して激しい怒りを感じた。
「その先輩と付き合っている時に、地元のサーファーと関係していて
その先輩と別れた後もその人とはしばらく続いていたのだけれども、
その人も、他に女がいてすごく落ち込んでいて、そんな時、バイトしていた
コンビニの店長に飲みに誘われて」
「コンビニの店長とやったのかよ!」

「違うの、コンビニの店長じゃないよ」
「じゃ、なんなんだよ!」
「店長と飲みにいった店のバーテンがいい人だったの・・・」
「・・・」俺は黙り込んでしまった。
「店長の行きつけの店で、そこに若い人がいて、その人が話していて
いい人だったからこの次に会いましょうってことになって」
「そいつから誘ってきたのかよ」

「えっ・・・私の方から誘ったの」
「なんで、そんな奴誘うんだよ!」
「怒らないでよ、だから話したくなかったのに」
「分かったよ、怒らないから」
「その地元のサーファーの人にも彼女がいて、だから落ち込んでいたのだけれども
そのバーテンも凄く人のいい人で、」
「そりゃ、客商売してんだからそう見えんだろ」
「もう、話すのやめる」

「ごめん、もう横から口はさむの止めるから」
「それで、その次の日のお昼にその人と会ったの」
「うん、それで」
「ワインを飲みながらお昼ご飯を食べていたんだけども」
「なんで昼まっからワインなんて飲むんだよ」
「もうー」
「ごめん、もう黙っているから」俺は口にチャックをするしぐさをして黙りこくった。

「話しているうちに、その人、結婚しているって言い出して、最初のうちは
冗談かと思っていたんだけれども、それが冗談じゃなくて」
「気がついたらワインも2本あけてしまっていて、気分が悪くなって
家に帰るのもめんどくさくなって気がついたらホテルにいたの」
「そいつはワイン飲んでたんじゃないのかよ?」
「その人は車だったから、はじめの1杯か2杯くらいしか飲んでなかったみたい」
「じゃ、はじめかっらやるつもりで美香にのませていたんじゃないのか?」
「違うよ」
「何でかばうんだよ、店長と飲んでいるとき、男に二股かけられていて落ち込んでいるとか
そんな話してたんだろ。その話をそいつ聞いてたんだろ?」
「多分・・・」

「お前、バカかよ・・・」
「だって、私かわいくないし、秀樹だって私の事からすとか鶏がらとか言っていたじゃない、
だから自分に全然自信がなくて、」
村上は涙を流しながら自分の気持ちを正直に吐露した。
「だから、もしかしてこの人はとか思うとすがりたくなって」
「ごめん、もう、泣くなよ、怒ってないから」
「ごめんね、もう秀樹以外の人とは絶対にしないから・・・」

「そのバーテンには何されたんだよ」
「何もしてないよ」
「何もしてないはずないだろ!ホテルに連れ込まれたんだろ!」
「普通にしただけだよ」
「普通ってどんな体位でやったんだよ」
「正常位でしただけだよ、フェラもなにもしてないよ」

「なまでやったのかよ・・・」
「してないよ、多分」
「多分ってどういうことだよ」
「なまではしてないよ」
「そいつとは1回だけかよ」
「・・・」

「2回した・・・」
「2回ってその日に2回したってことか?」
「それから1ヵ月後くらいにもう一度したの・・・」
俺は怒りを通り越してあきれてしまった。
これだけ嫌な話を聞かされた俺はいつのまにかちんちんも萎えてしまっえいた。
自分の女がとんでもないヤリマンだったという衝撃的な事実が萎えさせてしまったのだろう。

「何で妻帯者なんかと何度もやんだよ!」
「1回きりでもうやめようと思っていたの、その時だって、気持ち悪くて
どうでもよくなっちゃたの」
「じゃぁ、なんで、もう一度会っているんだよ」
「また連絡があって、前に話し聞いてもらっていたから、また聞いてもらいたかったの」
「で、なんでまたやるんだよ」
「その時もお昼ご飯に会って、またワインを飲んでいたらいつのまにかにホテルに行っていて」
「でも、もうイヤだからって思っていたの」
「じゃ、なんで断らないんだよ!」

「断ったら、お前みたいなブスはやってもらえるだけでもありがたく思えよって怒鳴られて
物凄く恐くなって、それで・・・」
「なんなんだよそいつは!ぶっころしてやる!」
「やめて、だから言いたくなかったのに」
「秀樹が怒らないっていうから話したのに!」
「そんな野郎許しておけるかよ!」

「なんでそんな奴と2回も・・・悔しいよ」
「お願いだから悲しまないで、もう、秀樹以外とは絶対にしないから」
「そいつ中に出したのかよ?」
「出してないよ、ホントだよ。お腹の上に出してたよ」
「一回目も中に出してないのか?」
「一回目もお腹の上にだしていたよ、中に出してないよ」

「さっき、なまでやっていないとか言っていたじゃないか!嘘ついていたのかよ!」
「ごめんなさい、ホントのこといったら怒ると思ったから・・・」
村上は俺の誘導尋問にひっかかってつい本当の事を言ってしまったのだ。
この事実も俺のことを憂鬱にした。よりによって妻帯者と・・・
しかも、二股をかけられて落ち込んでいるところを慰めるふりをして妻帯者のくせして
こいつは極悪人だ。二股の中でも妻帯者が一番性質が悪い。本当に殺してやりたいくらいだ。
しかもなまでやられているとは。

「じゃ、美香の経験は16にプーサーファにやられて、大学に入ってからマリスポの
先輩にやられて、再びプーサーファーにやられてバーテンにやられて・・・」
「その後、ゼミで山本君と知り合ったの」
俺が知りたかったのは山本の性癖だった。
それが思わぬ方向に向かって俺を憂鬱の谷底へと叩き込まれるとは思わなかった。
「山本とはどんなことしてたんだよ」
「えっ、そんな事も言わなくちゃいけないの?」
当然だろ!俺はそれが一番知りたかったんだ。心の中でそうつぶやいた。

「えー、だって友達だったのにそんなこと聞きたいの?」
「あんな奴、今じゃ友達でも何でもないよ」
「怒らない?」
「もちろん、約束するよ」
やはり、友人の性癖は気になるものだった。

「あいつとはどんなHしていたの?」
「えー、やっぱやだよー」
「奴とはじめてしてのはいつどこで?」
「3年の時、夏のゼミ合宿があったでしょ」
「ああ、そういえば、あの時、軽井沢の合宿所に山本の車でいったよね」
「そう、山本君と秀樹と私とSさん(女性)の4人で合宿所まで行ったじゃない」
「帰りもその4人だったよね。Sの家が埼玉県のT沢だったから、彼女をはじめに下ろして
そういや、次に俺が高井戸の駅でここでいいよとかいって降りたな」
「それで、湘南の美香の家まで山本が送ってやるとかいっていたな」
「まさか、その時に・・・」

「もう、いいでしょ、そんなことは」
「いいや、聞きたい、そこまで話したら最後まで聞かせろよ」
「そんなことよりHしようよ、秀樹まだいってなかったんでしょ」
俺のちんちんはすっかり萎えて村上のおまんこからいつのまにか外れていた・・・
確かに、中途半端で終わっているが、話の続きが気になってしまいHに集中できそうになかった。

村上は、Hに集中できない俺にはおかまいなしに再び俺のモノを口に含んだ。
「あっ、さっきしてたままだから拭いてないよ」
「んぐっ、大丈夫、自分のだし、気にしないで」
「あっ、気持ちいい・・・」
何度されても村上のフェラは絶品だった。
あれだけの経験をしていればそれも当然か・・・そう思うとまた鬱が入った。

「なぁ、山本にもこうしてフェラしてやったのか?」
「ングッ、趣味悪いよ~、もうやめてよ」
美香は、本当に嫌そうだった。しかし、俺は気になって仕方がない。
「美香の全てを知りたいんだよ。山本との事も含めて全てを知りたい」
「全てを知った上で美香のことを受け入れたいんだ」
村上は俺の裏筋に舌を這わせながら
「どうしても言わなきゃだめなの?」と聞いてきた。
「美香の全てを知りたい、隠し事はしたくない、過去も現在も未来に渡っても」

「さっきから私ばかりじゃん。秀樹も昔の事いってよ。英子とはどうだったのよ」
俺はまさか自分の事を聞かれるとは思っていなかったからかなり動揺してしまった。
「えっ英子の事はもう終わった事だろ、関係ないよ」
「だったら、私も山本君のことは関係ないもん」
村上はすこしすねて俺のアレに歯をたてた。
「いてぇ!歯たてるなよ!!!」
「だって秀樹がずるいからじゃんかー」

「英子とは何でもないよ。あいつとはなまでしたこともないし、口の中にだしたこともない。
ましてや、美香みたいに飲んでくれるだなんて事はありえなかったよ」
「でも、英子の方がかわいいし、おっぱいもでかいし、一人暮らししてるから秀樹とHたくさん
したんでしょ」
村上は唾液でぐちょぐちょになった俺自身を巧みな指使いで愛撫しながら言った。
俺は村上の愛撫で完全に勃起していた。
「たしかに、回数はたくさんしたけど、内容は薄っぺらだよ、美香のほうがずっといい・・・」
確かに村上の方がテクニシャンだ。一度味わったらやめられない・・・

体つきや容姿では英子は抜群だった。ただ入れて出すだけなら英子の方が抱きごこちはよかった。
しかし、英子は完全に受身で、サービス精神は限りなくゼロに近かった。
フェラは嫌いだし、なまはめは望むべくもない。
やせぎすで色黒で不細工の村上はそれらを補って余りある位の女だった。
性格もひねくれていると思っていたが付き合ってみるとそれは俺の思い過ごしだった。
今では物凄くいとおしいと思うようになっている。それは勿論セックスのみならず、
全てを含めてだ。

村上はキスもうまかったし、俺の乳首を舐めたりかんだりして愛撫する。
フェラチオをする時は裏筋から玉袋まで舌を這わせてあまつさえアナルまでをも
舐めあげてくれる。時にはアナルの中に舌を捩じ込むようにして愛撫をくわえた。
英子はおろか今まで付き合ったほかの女もそんなことをしてくれる人はいなかった。
最後にはフィニッシュした精液を飲み込んでくれる。
それはなまはめしてフィニッシュを村上の口の中で迎えるときもそうだった。
時には口元まで射精を我慢できずに胸元や口周りにぶちまける事もあった。
そんな時でも村上は、自分の体にかかった精液を指で掬い取りそれらを舐め取り飲み込んでくれた。

「大好きな秀樹とたくさん愛し合いたいよ」
村上はそう言うと再び俺のモノを口にくわえた。
「俺も、美香とたくさん愛し合いたいよ」
「秀樹は美香とたくさんHしたんでしょ?」
「たくさんっていってもそんなにはしてないよ」
「一日に何回くらいしてたの?」
「せいぜい2回くらいが限界だったよ。たまっている時で3回くらいかな」
俺自身は美香の愛撫にたまらずに勃起していた。早く、いきたい。
いつのまにか、俺はそう思っていた。さっきまではHに集中できなかったのに・・・

それくらいに、村上のフェラは素晴らしかった。
「ねぇ、美香のおまんこにいれたいよ」
「じゃ、英子との事全て話して・・・」
「・・・」
「言わないならやめちゃうよ」今度は村上が俺のことをいたぶる番だった。
「お願い、やめないで」
「じゃ、全て隠さずに話してね。私も秀樹の全てを受け入れたいの」

>>389
386で別荘で村上に抱いていたひねた性格だと思っていたのは俺の思い過ごしだった
とは書いておいたが、確かに説明不足かもしれないので、以下の文章をそこに挿入しておいて欲しい。

別荘で村上が皆が支度したり後片付けをしているのに手伝いをしなかったのは、当時の俺が露骨に
村上の事を嫌っていたので村上も俺のことが嫌いだった。お互いにそういう雰囲気は感じていたので
山本が俺の別荘でWデートをしようと誘った時はイヤだった。

なにせ、別荘は茨城県の某海岸で湘南在住の村上から見れば最低の田舎だったのだろう。
海なら、自宅のすぐ目の前に(本当に目の前ではないが)サザンで有名な烏帽子岩の見える海岸があるからだ。
それに、村上は山本がたいして好きではなかったのだが、そのことはまた会話の中でふれていくことなので
ここではかかない。
そんな状況で俺と英子がいちゃついてるは、本来なら海といえばボディーボードを
楽しみたいのに浮き輪でチャプチャプしているわで楽しくなかった。
また、自分の彼氏が下男のように働いているのも面白くなかった。
それらがあのような態度を取らせていたのだった。

セックスだけではなく、いろいろと俺につくしてくれた。
卒論の手伝いもそうだが、2人でホテルに行くときは手作り弁当を持ってきてくれたり
俺のことを喜ばそうとして必至になっているのが見て取れた。
また、コムサの服を買ってやったときも物凄く嬉しそうにしていた。
普段はサーファーファッションの村上なので普通の女子がするようなおしゃれぎとか
もっていなかったし、彼女にとってはコムサの服でも高級なグッチやシャネルのスーツ
並に喜んでくれた。また、色が黒いのを除けばスリムな体型をした村上にはコムサの
服が非常によく似合っていた。

当然、今までは単に友人の山本の彼女としか見てなかった村上と恋人同士として一緒に
いることにより情がうつっていったといのもあるだろう。
それを差し引いても余りあるくらい村上は俺につくしてくれた。
何もなまでやらせてくれたり精液を飲み込んでくれるから惚れていったというわけではない。
そのことだけは理解して欲しい。

何分、もの書きではないので十分に推敲もせず思いつくままに書き込んでいるので
至らない部分は多々あると思いますが、どうしても納得のいかない点がありましたら
遠慮なく指摘あるいは質問してください。煽りと判断されるもの以外は誠意を持って対応します。

「英子とは1年の時のニ外(ドイツ語)のクラスが一緒だった。美香は中国語とっていたから
クラスは別だったからその当時は知らなかったよ。俺はサークルはアウトドアスポーツだったし
美香はマリスポだったからね」
「はじめのうちは、語学のクラスの仲間同士でつらんだりしていただろ、その時、
同じクラスの奴らとアウトドアに入ったんだ、新歓コンパの時、英子も同じクラス
だったし、あのおっぱいに惹かれて向かいの席を取って仲良くしようと試みたわけだ」
「もーーーう、どうせ、私はおっぱいないわよ!」
村上は怒ったような表情を見せておれのちんちんに再び歯をたてた。

「いててぇ、ごめん、ごめん、今ではもう巨乳になんかこだわっていないって、
今では美香だけだよ」
「ふぉんほに?」
村上は俺のモノをほおばりながらそういった。くわえられたまましゃべろうとすると
妙に気持ちがよかった・・・
「ホントだって。その時は、サークルの先輩なんかも英子の事狙っていて、口説けなかったんだけど
夏休み前の前期テストで俺も英子もドイツ語成績が悪くてさー全然ダメだったんだよね」
「帰りすがらそんな事はなしながら夏休みどうする?みたいな話になって、英子と
遊びに行きたいなーとか話しているうちにじゃ、私の部屋にこれから行こうってな感じになったんだ」

「英子の部屋にいって缶ビールとか飲んでいるうちにそういう雰囲気になって、
俺はまえまえから英子の事気になっていたし、英子も俺のこと気になっていたらしい。
でも、英子は俺がはじめてだったから・・・」
村上は俺のものを口から出すと
「英子って秀樹がはじめての人だったんだ・・・」寂しそうにそう言った。
「男の人ってはじめてじゃないとダメなの?」悲しげなひとみで村上は聞いた。
俺はまた、心を打たれた。そりゃ、心のどこかでは初めてのほうがいいに決まっているだろ!
と訴えていたが、今の俺にとっては村上はかけがえのない存在だった。

だから口が裂けてもそんなことは言えなかった。言える訳がなかった。
「そんなことはないよ。過去の美香がいるから今の美香がいるんだ。
俺は過去のことはともかく、今の美香とこうしていられることに幸せを感じているよ」
「ありがとう、私も秀樹とこうしていれて幸せだよ」
俺と美香はお互いの唇を激しく求め合った。
「大好きだよ」
「私も大好き」

「英子ってどんなセックスしていたの?」
「俺が英子のまんこ舐めてゴムつけて突っ込んで射精するだけだよ」
「英子が生理の時にフェラとかさせたけれども歯はあたるし、あごが疲れたとかいって
数分も続けられなかった」
「じゃ、乳がでかいんだからパイズリさせても気持ちよくないし、あまりいいセックスは
していなかったな」
「英子とはなまでしてないんだよね」

「全然してないよ。ゴムつきだけだよ」
「じゃ、私となまでたくさんしていいよ」
そう言うと村上は再度俺にまたがって一気に腰を沈めた。
村上のフェラでいきり立っていた俺のものは村上の唾液でねとねとになっていたこともあり
村上の中にぬるりとなんの抵抗もなく入っていった。
「あぁぁ」村上はせつなげな色っぽい声を出して俺の上に状態を倒した。

「英子とはなまでしてなくてもたくさんしていたんでしょ?」
「ゴム付だからダッチワイフとやってんのと変わんなかったよ」
「英子とやるというよりコンドームとやるって感じだよ」
「で英子も俺とやるというよりコンドームとやるって感じじゃないかな?」
「秀樹は私とするときは何回もしてるけど英子とはどうだったの?」
「ゴムつけていたし1日1回が標準で多くても2回くらいだよ」
「さっき多い時は3回したって言ったーーー」
「それはよっぽどたまっていた時に3回したことがあるってだけだよ」
すねる村上をなだめるように言った。

「あー、思い出した、秀樹さっき英子となまでやったことないとか言っていたけど
別荘でなまでなかだししたとかいっていたじゃん!」
俺はすっかり忘れていた。というよりも俺自身はやった記憶は全然なかった。
「次の日、私にもなかだししたじゃん、嘘つき!」
村上はおてんば娘のように俺をいじめるように言った。
「忘れていた、でも、俺、全然覚えたないし、英子だって覚えていなかったよ」
「あん時は、よっぽどひどく酔っ払っていたんだろうな、村上はあん時、山本と
やっていたんだろ?やっぱ山本ともなまでやっていたのかよ」

「ずるい、話題転換しようとしている」
「してねぇよ」
「あの時は、私も酔っ払って寝てしまったから覚えたないけど、山本君とはしてないよ」
「嘘つけ!」
「ホントだってば、いくら酔っ払っていてもやったかやらないかくらい分かるわよ」
「ふーん、次の日俺としたのは覚えてんの?」
「されたことは分かるけど、どんなふうにされたか覚えてないな」
「でも、中に出された事は確かだよ、危ない時だったからホントびびったよ」
「危険日だったの?」俺は背中に冷たいものがはしった気がしたがその時幸いにも
村上は妊娠しなかった。

「今は私の事じゃなくて秀樹の事が話題なの」
「英子の事もっと話してよ」
「話すようなことはもう何もないよ」
「英子の部屋は学校から近かったから帰りに必ず寄ってやるような感じだったかな」
「やだー」村上は腰を前後に振りながらそういった。
「つーか、美香だって先輩とやりまくっていたじゃないか、しかもなまで」
「今は私の話じゃないの、今度私にふったら、やめちゃうよ」美香は頬を含まらせて言った。

英子との事は、本当にたいしたことはない。
普通に会って、ゴム付で突っ込んで射精するという単純な排泄行動にも似たものだった。
フェラも下手だったし、巨乳の割にはパイズリも気持ちよくなかった。
「ホントに英子とはそんなもんだよ。ただ、毎日のようにやったという事くらいかな」
「その時はそれで満足していたけれども、今は美香とこんなになってしまったからもう
英子となんかやる気も起こらないよ」
「絶対に他の人とやったらイヤだよ。特に英子となんかして欲しくない」
村上は俺のものをギュット締めながら言った。
「あー、そんなに締められたらいっちゃうよ・・・」

俺は肝心な事を村上から聞き出すのに苦労した。彼女は山本との事を話すのは本当に嫌そうだったからだ。
しかし、サークルの先輩や地元のサーファーやバーテンにやられた話はかなり衝撃的だったから山本の話を
聞いてもたいした事はないだろう。俺はそう思ったのでまた、村上に聞いてみた。
「なぁ、あの合宿の帰りに山本とやったの?」
「もうー、山本君の話はもうしない約束でしょ」
「さっきも言ったとおり美香の全てを知りたい、全てを受け入れたい」
「山本がどうやって美香を愛撫したのか、美香がどうやって山本を受け入れたのか」
「全てを知りたい、俺は山本以上に美香のことを愛したい」

「だって、秀樹は秀樹だよ、山本君と比べようがないよ」
「弘樹が今までで一番だよ。一番かわいがってくれているよ」
村上は俺のしたからの突き上げで感じ始めているようだった。
このままだとまた俺のペースにもっていけそうだった。
俺は下から村上のおしりをこねくり回すような回転運動をくわえながらグラインドさせた。
村上のおまんこはぐちょぐちょといやらしい音をさせながらネトついていた。

「俺を下ろした後、山本とやったのか?」
俺はできるだけいやらしくねちっこく村上に迫った。
「イヤ、やめて・・・」
「あーーー?やめて欲しいのか?」
俺は意地悪くそう言うと腰の動きを止めた。
「イヤ。やめないでぇ・・・」
村上は苦悶の表情を浮かべながら訴えるような目つきで俺の眼を見つめた。
「何を止めて欲しくないんだ?」
「欲しいの」
「何が欲しいんだよ」

「動かして欲しいの・・・」
「なんだよ、はっきり言えよ」ありがちだが、俺は村上の口からいやらしい単語を引き出したかった。
「もっと腰を動かして欲しいの・・・」
「あー?腰を動かす?じゃ、どけよ、どいたらいくらでも腰動かせるからな」
「意地悪、私のアソコで動かして・・・」
「なんだよ、アソコじゃ分からないよ」
「・・・イヤ・・・」
「イヤならやめるよ」

「違うの、秀樹の意地悪・・・」
「はっきり言えよ」
「・・・・・・・・・・・・・」村上は小さな声で何かいった。
いった内容は大体想像がつくがそれでは俺は満足しなかった。
「何言ってるか全然分からないよ。じゃ、俺はタバコでも吸うかな」
「私の・・・・動かして・・・・」
「聞こえないよ」俺は恥ずかしがる村上に物凄く興奮した。
「私のおまんこを秀樹のおちんちんでめちゃくちゃにして」
・・・ついに村上の口からいやらしい言葉が発せられた。
言わせるまでのシチュエーションは興奮したが、いざ言わせてみたら何の事はなかった。
こんなもんじゃ満足しない。村上の口からもっといやらしいことを言わせよう。
もっと羞恥にさいなまれる村上の事を観察したい、そのためには・・・

「山本のこと聞かせてよ。聞かせてくれないと、やめちゃうよ」
「今、いやらしい事言わせたじゃない・・・」
「美香のこと全て知りたいんだよ」
「全てを知った上で受け入れたいんだよ」
俺はさっきから同じ事を繰り返していた。まさか、村上の過去を聞いて興奮したからとは言えないし、
それ以外の言葉は思い浮かばなかったからだ。それに、恥ずかしがる村上のしぐさや表情にも萌えた。。。
「お願いだよ・・・」俺はねちねちと腰を動かしながら言った。
村上の感じる耳の穴にも舌を這わせた。そして耳元でささやくように言った。
「大好きだよ、大好きな美香の全てを知りたい」

「あん、そこまで言うなら・・・」村上は感じる耳を攻められたのであえぎあえぎ答えた。
耳元でささやいたのも功を奏したのかもしれない。
「山本とは俺と別れた後にやったの?」
「別れたなんて縁起でもない事言わないで・・・」
「じゃ、俺を高井戸で下ろした後に?」
「その時はまだ、そんな気分じゃなかったし、そんなつもりじゃなかったの」
「でも、あの後、ちょっと道路も混んでいてなかなか進まなかったの」
「山本君って悪い人じゃないんだけどなんか陰湿な感じもするし、その時は
好きでも何でもなかったし・・・」
「じゃ、なんでそんな奴と付き合ったりしたの?」
「あの時、合宿の疲れもあったし、渋滞していたし、それで眠くなっちゃって」
「寝ている間にやられたのか!?」俺は、かなり鬱になった・・・

「違うって・・・」
「まさか、渋滞している環八でそんなことできるわけないじゃない」
「まぁ、そりゃそうだけど、ちっと道を外れりゃホテルとか公園とかあるし」
「山本君がそんなことするわけないじゃない」
「まぁ、そりゃそうだよな。あいつが寝ている女をやっちまうなんて、
そんなことをできる奴じゃないもんな」
確かに山本はそんなことをするような奴ではなかった。

俺は山本にはいろいろと世話になっていた。
英子と逢引するのにも旅行に行くのにも山本をだしに使って挙句にはアリバイつくりのために
俺の自宅にまで送り迎いまでしてもらったこともあるくらいだ。
山本はいつだって人のことを考えて行動してくれるやつだった。
「あの山本が寝ている美香をやっちまうなんてことあるわけないよな」
「そうだよ、でも、助手席に乗っているだけの私が眠くなるくらいだから
ずーと運転していた山本君は凄く疲れていたのだと思うの」
「そうだろうな、行く時は俺も運転してやったけど帰りはあいつずーと
運転しっぱなしだったよな。途中変わってやればよかったな」
「そう言えば、俺も後ろで居眠りしていた気がする」

「それで、私も途中寝ていて気がついたらもう東名に乗るところだったの」
「ふーん、でも東名のったら美香の家まで遠回りじゃないか?第三京浜まで
行った方が早いよな・・・」
「そうだよね、でも山本君って家が茨城じゃない、多分、道を知らなかったんだよ」
「そうかもな。あいつ田舎もんだから仕方がないよな」
「そんなこと言ったらかわいそうじゃん」
「ごめん、ごめん、かりにもあいつお前の元彼だもんな。結果、俺が寝取った事に
なっちまうんだよな」
「もう、そのことはいいよ。お互い酔って訳分からなくなっていたし、
今はこんなに幸せだもん」

「美香ってかわいいよな」
「そんなことないよー」
俺たちはお互いをギュッと抱きしめあった。
美香は締めたり緩めたりガ自在にできた。俺は美香の中でとろけるような感覚に陥っていた。
「気持ちいぃ・・・美香・・・大好きだよ」
「私も・・・」

「それで、東名に乗るあたりで眼を覚ましたんだ」
「うん、私が目が覚めたのもちょっとトイレしたくなってきちゃって・・・」
「サービスエリアでやったとかいうんじゃ・・・」
「もう、そんなとこでやるわけないじゃない」
「私も、山本君にトイレ行きたいって言うのもなんかいいづらくて」
「でも、我慢も限界あるし」
「横浜町田の近くでトイレ行きたいってついに言ったの」

「ふむ・・・」俺の脳裏にあのあたりの風景が浮かんだ。あのあたりは・・・
ホテルがたくさんあったよな・・・まっまさか・・・
「美香のほうからホテルに誘ったのか・・・」
「・・・」
「まさか、違うよな」
「・・・ごめん・・・」
「・・・」俺は言葉が出なかった。
「・・・」美香も黙りこくってしまった。

「さっき、そんな山本のこと好きでも何でもなかったって言ったじゃないか」
「だって、山本君、ずーと運転していて疲れていたみたいだし、私も眠っていて
なんだか山本君に悪くて、トイレも行きたかったから、ホテルに行ってもいいよ
って言っちゃったの・・・」
ヤリマン・・・俺の頭にはその4文字が浮かんだ・・・
なんで・・・そうなんだよ・・・

「ごめんね、でも、あの時秀樹は英子と付き合っていたし」
「俺と英子の事は関係ないだろ」やはりこんな話聞かされて面白いわけがなかった。
そういえば、山本、村上と付き合う前はしょっちゅうソープに行っていたいたっけ。
確かに、あんまりもてない奴だった。俺はソープにいったことがなかったから、
山本からいろいろな情報を仕入れていたっけ。
いろいろなテクニックとか、そういえば、パイズリの方法も奴に聞いたっけ。
ソープではローション使うって言っていたけど、俺と英子はローション使わずにやっていたから
あまり気持ちよくなかったのかもな・・・

もしかしたら、今の村上には山本が仕込んだのだろうか・・・
鬱だ・・・
俺の頭の中にはいろいろな事が浮かんでは消えていった。
村上のフェラ、腰使い、締めたり緩めたり自在にできるのも奴が仕込んだのか・・・
そう言えば、一緒に風呂に入った時もボディーシャンプーで俺のこと楽しませてくれる。
あれなんて、山本から聞いていたソープのテクニックそのものじゃないか・・・

「それで、横浜町田インターのホテルに行ったのか?」
「うん・・・もうやめようよ、つらいよ・・・」
ここでやめられたら蛇の生殺しだよ・・・俺は心の中でつぶやいた。
「つらいのは分かるけれども続けて欲しい」
「違う、私もつらいけど、秀樹物凄くつらそうな顔してるよ」
「こんな話聞きたくないんでしょ・・・」
確かに、聞いていてつらい話だった。しかし、他人のエロ話というのは興奮するものだった。
それが自分の彼女となるとなおさらだ。今までにない嫉妬心が俺の中の何かを熱くさせていた。

この時の俺にはこの感情が何かは理解できなかった。
ただはっきりしているのは、「この続きを聞きたい」それだけだった。
自分の彼女が過去に親友と寝ていた。そして、その親友からこの素晴らしいテクを
仕込まれた、その事実がたまらなく俺の中の何かに熱く訴えていた。
「全てを受け入れたい、どんなにつらいことでもそれらが今の美香を形成しているのなら
俺はそれを全て受け入れたい。だから、全部聞かせて欲しい」

「トイレに行くために私と山本君はあるホテルに入ったの。もう、我慢の限界って
訳ではなかったけど部屋に入ると私はすぐにトイレにいったの」
「そこで、トイレしながらあーこの後どうなるんだろうとか考えていたの」
「山本君っていい人なんだけれども、彼氏にするってタイプじゃないし、
それに同じゼミだから一度きりの関係とかにしちゃうとその後の事とか気まずくなるじゃない」
村上は俺の上に覆い被さりながら話を続けた。

「いくらそんなことを考えていても全然まとまらなかったの」
時々村上はヴァギナを収縮させながら途切れ途切れに言った。
「でも、やっぱホテルに来ちゃったんだしやることはやるんだろうな」
「いくら山本君でもここまで来て何もしないってことはないだろうな」
「そんなこと考えていた・・・」
村上は微妙にヴァギナを収縮させながら話を続けた。
俺は収縮に合わせるように腰を回転運動させる。
時々、村上は感じているような声をあげる。その度に話は中断する。

普通の状態ならこんな話できないだろうな。俺はそんなことを考えながら腰を動かしていた。
俺の頼みで言いたくない事を言っている村上が俺にはとてもかわいく感じた。
村上は俺の頼みを何でも聞いてくれる。村上は俺のためにつくしてくれている。
そんなことがこんなところからも感じ取る事ができた。
「いつまでもトイレに閉じこもっている事もできないから、意を決してトイレを出たの」
「山本君は落ち着かない様子でなんだか部屋の中をきょろきょろしていたの」
「もしかしたら、山本君って童貞なのかな?って思ったの」

「ばかな!あいつのソープ通いは有名なんだぞ!」俺は心の中で叫んだ。
勿論、奴は親友だったし、村上の元彼だ、そんなことは声に出して言える訳はなかった。
「でも、違かったみたい。私の服とか脱がすのは上手じゃなかったけど」
「どちらかというと、彼が私に覆い被さってきて服を脱がそうとしてたけどあまりなれてないみたいだった」
「・・・そりゃそうだ、ソープでは服を脱がせるなんて手間は無いからな・・・」
俺は再び心の中でつぶやいた。

「なかなかブラのホックが外れないから私が自分で取ったのはよく覚えているけれども
その後の事はあまりよく覚えていないかな」
「って、なんで?」
「あまりよくなかったし」
「・・・」俺は何もいえなかった。そりゃ、ソープでは受身だからな。
じゃ、村上のテクはその前の先輩から仕込まれたのか?
「でも、彼、回数は多かった」
「・・・」多かったって?奴もただでやれると思って張り切っちまったのか?

「多かったってどれくらい・・・」
「あの日だけで6回くらいしたかな・・・」
「ろっ6回って・・・」
「前の先輩も多かったけど山本君は特別に多かったかな」
「さ、猿じゃん・・・」俺は絶句してしまった。
ゼミ合宿の時前の晩は遅くまで飲んでいたし、奴はずっと車運転していたのに
いったいどこにそんな体力が残っていたのだろうか?

「前の先輩も多かったってどれくらいしてたの?」
「だいたい一日3回から4回くらいかな・・・」
「そ、そんなに・・・」
「ごめんね・・・」また村上は悲しそうな声で俺の耳元でささやいた。
「でも、今は秀樹だけだから・・・」

「どんな体位でしたの?」
「はじめは正常位、後はバックとか上になったりとか・・・」
「なまでしたのか?」
「・・・うん・・・」
そりゃそうだろうな、ゴムしたって枕もとに置いてあるのはせいぜい2個だ。
それ以上やる奴はあまりいないのだろうな、せいぜい2回ってのが相場なんだろうな・・・
俺は自分の事にあてはめてそんなことを思った。

「なかだししたの?」
「ううん、外に出していたよ」
「6回もやっていたら先走り液とか残り汁とかがおまんこに入るんじゃないのか?」
俺にはこの回数も衝撃的だったが、奴の精液が村上のおまんこに流し込まれたのが
やはりショックだった。
「そうかもしれないけれども・・・」
「ゴムつけてとか言わなかったのか?」
「ゴムつけると何か痛くて、あまり好きじゃないし」

「・・・」確かに今までの話聞くと経験した相手は皆なまでやっているみたいだった。
今まで妊娠してないのが不思議なくらいだ・・・
まっ待てよ・・・俺はまだ村上に今までに妊娠した事はあるのかなんて事は聞いたことが無かった。
もしかしたら、堕胎したことがあるとか、隠し子がいるとか・・・
俺は目の前が真っ暗になった。目の前って本当に真っ暗になるんだな・・・

「・・・」
俺は言い出すことができなかった。
まさか自分の彼女に「オロシタコトアル?」
なんて聞くことなどできなかった。

「山本君って凄い絶倫ていうのかな?単なるスケベだったのかもしれないけど」
「いった後、また私にフェラチオさせるのよ。白い私の液とかついてるから
終わった後のおちんちんとか舐めるのはあまり好きじゃなかったんだけど」
だったら舐めるなよ・・・また俺は心の中でつぶやいた。
「それでやわらかくなった山本君のが私の口の中でまた硬くなっていって」
「それで私に上になれとか、後ろ向きになれとかいろいろな格好させられて」
「それで、6回くらいしたのかな・・・」

俺は堕胎の事が気になって、村上の話に集中できなかった。
いつのまにか、村上の中のおれのちんちんは柔らかくなりだしていた。
堕胎の事を考えていたら萎えてきたようだった。
「何度も何度もフェラさせられたけれども、その時も山本君、注文が多くて」
「口の中に唾液をためてやれとか、ためた唾液をおちんちんに滴れさせながらやれとか
舌の使い方がどうとか、袋の方も舐めろとか、お知りの穴も舐めろとか・・・」
「歯があたらないようにしろとか、滴った唾液を吸い込むように頭を上下させられたり」
「とにかくいろいろリクエストさせられたの・・・」

「フェラチオの仕方とか先輩からはひととおり教わっていたけど山本君のは何か異常な
くらいこだわっていたみたい」
「ねぇ、秀樹、大丈夫?」
「えっ?」
「つらいんでしょ?もうやめようか?」
「な、なんで?」
「だって、秀樹のおちんちん柔らかくなってきちゃった・・・」

「このままだと抜けちゃう・・・」
村上が少し力をいれて締めたらおれのちんちんはぬるりと村上のおまんこから締めだされた。
「あっ・・・」俺は声にならない叫びをあげた
「ぬけちゃった・・・」
村上はそう言うと、俺の上から降りて横に腰掛けた。
そして抜けたばかりの俺のちんちんを口に含んだ・
「あっ、美香、さっき、自分の液がついたの舐めるのいやだって・・・うっ」

俺の言葉は、あまりにもの快感に遮られてしまった。
ぶじょっじょぼっという音をたてながら村上は言った。
「秀樹のだったら大丈夫だよ」
そういうとまた村上はちんちんを口に含んだ。
さっき、山本に言われたようなテクニックを使い、俺はいつのまにかまた元通りの
硬さまで回復していた。
「美香、最高だよ・・・」あまりの快感にそれだけ言うのが精一杯だった。

山本の奴、村上のことをとんでもない女に仕込みやがったな・・・
俺は嬉しいような悔しいようなな何とも言えない複雑な心境になった。
確かに、英子とは比べ物にならない。愛情の深さも村上の方が上だ。
村上は容姿の事を気にしているが、最近はボディーボードもすっかりご無沙汰で
色も急には白くならないだろうが、肌の荒れは少なくなった気はする。
心なしか体つきも女っぽくなったかもしれない。

ボディーボードをしている時は、体に余計な肉はついてなく筋肉質だったが
最近は程よく筋肉も柔らかくなったというか脂肪がついてきたのだろうか、
抱きごこちがよくなった気もする。
それらも、俺の村上に対する感情の変化がただそのように感じさせているだけかもしれない。
やはり、今の村上は色黒で鶏がらのような体つきをしていた。

ぐちょっぶちゅっじゅぼっというような音をたてながら村上は愛撫を続けていた。

「山本から教わった舐め方なの?」
俺は快感に耐えながら質問をした。
「・・・、ごめん、そうかもしれない・・・」
「やめようか?」村上はすまなそうに言った。
「やめないで・・・気持ちいいよ・・・」俺は複雑な気持ちだったが快感には逆らえなかった。
「もう、過去のことだから、気にしなくていいよ・・・」
やっとのことで俺はそう言った。

「その日は、ホテルに泊まったの?」
「うん、さすがに休憩だけで6回もできないよ」
村上は俺のモノの横側に舌を這わせながら言った。
「美香の家は外泊にはうるさくないの?」
「うん、一応、家にはもう一泊するとは連絡したけどもね」
今度は美香の舌は俺のちんちんと玉の付け根に舌を這わせながら言った。

「射精した後の精液はどうしたの?どこに出してどう始末したの?」
美香は今度は俺の玉を口に含んでしわの間に舌を這わせるような感じで口の中で転がした。
「あーーー、暖かくて気持ちいぃ・・・」俺は思わず声にしてあえいでしまった。
「ふふふ、秀樹かわいい・・・」村上は俺の亀頭にキスをするとそう言った。
「うぅぅ、あっ・・・」村上は口を使っての愛撫を続けた。

「ねぇ、どこに出したの?」俺は快感に見をよじらせながら質問を続けた。
「どこって、別に普通のところだよ・・・」村上は口での愛撫を続ける。
「普通のところってどこ?」
「お腹の上とか、おっぱいとか・・・」
「とか?他は?」
「顔にもかけられたかな。。。」
まただ・・・そう言えば、奴は顔シャのオプション料金が気に入らないとかなんとか
よく言っていたのを思い出した。

村上に対する山本の野郎のやり方が俺の怒りに火をつけた。
あいつ、村上の事をなんだと思ってやがったんだ。ソープ嬢のような扱いしやがって。
「野郎、そんな酷い事ばかりやらせていたのかよ」
「怒らないで、もう、あんなことはしないから」
村上はやさしく諭すようにそう言うと亀頭を口に含んだ。
そして、絶妙な舌使いで俺自身を責めあげた・・・

「秀樹も顔に出したいなら、いいよ」
今度は村上は裏筋に舌を這わせながら言った。
「秀樹のだったら口の中に出したのも、顔にかけたのも全部飲んであげるから」
「うっ、気持ちいい・・・」
「その日はそれ以外にはどんなことしたの?」
俺は再び快感に耐えながら質問を続けた。

「後は、Hビデオを見ながらそれと同じような事させられたり・・・」
「えっ、凄い変態な事させられたの?」俺はどきどきしながら聞いた。
「ううん。それは普通のだったよ」
「普通ってエロビデオに普通のものなんかあるかよ」
「えー、なんかそのビデオの中でフェラしていたらそのとおりにさせられたり
正常位でしてたらそのとおりにしたり、体位を変えたらそのとおりにしたり」
「・・・それだけ?」
「うん、それ以上変な事はなかった・・・と思う」
「思うってなんだよ、正直に話してよ」

「大丈夫だよ、他にはしてないよ」
「ホントに?」
「ホントだってば」
「・・・」
「もーう、疑っているの?ここまで話して隠す事なんかするわけないじゃない」
がぶっという感じで村上は亀頭に軽く歯を立てた。
「いててて・・・分かった、信じる、信じるからやめて」

「だめだって、そこはマジで痛いんだから」
「私の事を信じない罰だよ」
「分かった、分かった、信じるからもう絶対にやらないで」
「うん。。。」そういうと村上は歯をたてた部分に舌を這わせてくれた。

山本の奴は村上にいろいろな事を仕込んだんだな、俺はふと英子の事が気になってしまった。
もしかしたら、英子も山本の毒牙にかかって今ではとんでもない淫売に変わってしまったのだろうか?
あれだけの体をしているのだからあれにテクニックが備わったら一体どうなるんだ?
かわいくて巨乳でテクニシャン・・・

英子・・・
俺がはじめてだと言っていた。俺がはじめてなんだからなんでも下手であたりまえだった。
パイズリだって、気持ちよくないからとその後全然しなくなったが、もっと練習させておけば
気持ちよくなっていたかもしれない。
フェラだって俺がやり方を指導してやればもっとよくなっただろう。
俺は、だんだんと英子の事が気になりだした。

「何考えているの?」
「えっ、何で?」
俺は動揺を覚られないように即座に答えたが実際はかなり動揺していたかもしれない。
「だって、何か考え込んでいるみたいだったよ」
「普段は感じている時は眼を閉じているのに、今は眼が開いていた」
「それに、感じてくれてないみたいだった・・・」
「違うよ・・・」次の言葉が直ぐには思いつかなかった。俺は黙りこくってしまった。

「やっぱり山本君のこと、気になるの・・・」
「う、いや、違う、違くない・・・えっ、う、うん、うん、あぁ」
しどろもどろになりながら答えた。
まさか、英子の事が気になったとは言えるはずがなかった。
「そうだよね、気になるよね。だって秀樹と山本君って親友だったもんね」
寂しそうに村上は言った。
「いや、もう、今では違うけどもね」俺はまだしどろもどろだった。

「私がたくさん感じさせてあげるから、もう、忘れよう」
「あっ、ああ」なんとはなしに気の抜けたような間抜けな返事をした。
村上は俺のアナルに舌をはわしだした。
「あっ、うぅぅ・・・うんんん、あっ」
俺はアナルを舐められるのがたまらなかった。英子をはじめてする今まで付き合った
女たちはそんなところまで舌を這わせてくれる人はいなかった。
ここは、マジで気持ちがよかった。

「たくさん感じていいからね」村上はアナルをこじ開けるように舌を侵入させてきた。
「うん、あっぁぁぁ、うううぅ」俺は快感に身をよじらせた。
村上の舌技は本当に凄かった。
そんな快感にしたりながらも俺は再び英子に思いを巡らせていた・・・
英子も山本のアナルに舌を這わせているのだろうか・・・
はじめてだった英子、純情可憐だった英子、フェラチオすら恥ずかしがっていた英子・・・
そんな英子になかだししてしまったんだな、俺は。
いくら酔っていたからって酷いことしたな。しかもその翌日には俺の親友の彼女と寝ていたんだ、
怒って当然だよな・・・

俺はそんなことを考えつつも、村上の口撃にも反応しなければならなかった。
気持ちいいのかよくないのか分からないような喘ぎ声を時々出したりしていた。
村上の舌技は凄いものがあったが、今はそれよりも英子の事が着になって仕方がなかった。
英子が山本からこんな仕込をされているのか・・・そう思ったら、村上の話よりも
俺は興奮しだした。
ビクッと体が反応する。村上が俺のアナルに指を入れ始めたのだった。
今まで舌でアナルをこじ開けるように舐められた事はあったが指入れははじめてだった・・・
「うっ・・・や、あっ・・・」俺は恥ずかしいやら気持ちいいやら、またはじめての事に対する
恐怖心から思わず声をあげていた。

「だ、だめ、だめだって」俺は慌てて村上をさえぎった。
「秀樹が他の事考えているから、罰だよ・・・」
村上は既に右手の第一間接まで沈めていた・・・俺は腰を引こうとするが村上は
しっかりと抱え込んで放さなかった。
村上はボディーボードで鍛えていたから割と腕力はあった。
しかし、やはり男と女では力には差がある、俺は本気では抵抗していなかった。
恐かったが、アナルにも興味はあった。いつか村上のアナルも犯してやろうと狙っては
いたが、まさか俺のほうが先に村上にアナルを奪われるとは思ってもいなかった。

「はうっ・・・うぅぅぅ」俺の心は恐怖とまだ見ぬ快感との狭間で揺れ動いていた。
もう、英子の事など考える余裕もなかった。というより英子の事も忘れていた。
それくらい恐くてまた気持ちがよかった。
ぬぷっという感覚とともに村上の人差し指は俺のアナルを突き抜けた。
「根本まで入ってるよ・・・」
村上はいやらしくそう言うと中で微妙に指を振動させた・・・
「あっーーーー、うぅぅ」

俺は今までに味わった事のない感覚をアナルに感じていた。
もう、頭の中は真っ白だった。
「これも、山本君に教わったの。凄く気持ちいいでしょ?」
「あ、うん、うっ、うぅぅ、んふぅ」
俺は快感にのたうちまわっていたことだろう。
これも山本が仕込んだのか・・・
「でも、美香のアナルは山本にはやられていないんだろ・・・」
俺は息も絶え絶えになりながら言った。

「うん、おしりは処女だよ」
「ここは秀樹のためにとっておいてあるよ」
「まだ誰にもやられてないよ」
村上は俺のことを責めながらそう言った。
「うぅ・・・」俺は気が遠くなりそうな感覚に声も出なかった。
じゅぼっちゅばっ・・・村上は右手で俺のアナルを責めながら
口と左手を使ってフェラチオを始めた。

「あぁ・・・」俺は我慢の限界に達しつつあった。
「ふぐっむふ、我慢しなくてもいいのよ」村上は咥えながらそのように言った。
村上の口からはよだれがだらだらと流れながら俺自身をべとべとにしながら
動きを激しくした。アナルの中の指も妖しくうごめいていた。
「顔に出す?口の中がいい?」
村上はいったん口を俺から離すと唾液でべとべとになった左手で愛撫をくわえながら聞いた。
「うっ、口の中に出したい。飲んで欲しいぃ・・・」
俺はやっとのことでそういうことができた。

「んっふふっ、秀樹かわいい。。。女の子みたいに喘いでいるよ」
村上はべとべとの俺のちんちんにねばつく唾液を垂らしながら言った。
唾液は村上の左手の指とからまりあいながら俺を刺激しつづけた。
「あっ、我慢・・・できない、口に出したい」
俺は快感に耐えられず咥えてくれるように懇願した。
「ふふふ、秀樹のおちんちん、棒みたいにかちこちになっているよ」
「お、お願い、口に、出したい・・・」

俺は真剣に懇願した。
「我慢、できない・・・お、ね、がい・・・」
村上は左手の動きを激しく、右手の指はゆっくりと回転するように動かした。
村上は一向に咥えてくれるそぶりも見せない、顔を俺の腰に近づけたと思うと
俺のちんちんに息を吹きかけたり唾液をたらしたりするだけだった・・・
俺はすでに我慢の限界に達していた、ちびっちびっと白い液体が
村上の唾液にまみれた鈴口からこぼれているのが見えた。
「う、うううぅ・・・」
村上は軽く鈴口に舌を這わせた・・・

村上は俺のちびりちびりと漏らした精液を軽く舐め取った。
「お願い、咥えて・・・」俺はついに我慢の限界を超えた。
「まだ、だめよ・・・」
村上は意地悪くそう言うとさらに指の刺激を強めた。
再び唾液を垂らしながら左手の薬指を亀頭の裏側に滑らせた。
「あぁぁ、お願いぃ・・・でる、でちゃうぅぅ」

俺は自分のちんちんを凝視した、もうだめだ・・・心の中でつぶやいた。
左手で亀頭の愛撫を受けているおれのちんちんは見たこともない位の大きさに膨れていた。
亀頭がいつもより一回りくらい大きくなっているのが見える。
その亀頭の鈴口からは白い液体がドロドロと溢れ出した。村上はさらにその溢れ出る液体を
唾液でべとべとになっている左手の指にからませた。そして俺のちんちんを精液でべとべとに
なるくらい愛撫した。
「あれー、おもらししちゃってるよ・・・」村上は意地悪くそう言った。

しかし、俺はまだ我慢していた。
こんなに精液がドロドロとゆっくり溢れ出ていたが俺はまだ達成感を味わっていない。
まだ、我慢しているのに・・・
俺は不思議だった。これまでにないくらいに大きく膨れた俺のちんちんからは
いまだかつてない位の精液がゆっくりと湧き水が染み出るように溢れ出ている、
それなのにまだ射精感を味わっていない。
まだ、金玉をぎゅっと締め付けて尿道を思い切り締めて我慢を続けているつもりだった。
それなのに精液はドロドロと徐々に溢れていた。

「あっ・・・」
村上がアナルの敏感な場所を刺激した瞬間、俺はこれまでにない位の勢いで村上の
顔をめがけて射精してしまった。
俺のちんちんは勢いよく4,5回脈打ち、その度に精液を飛ばした。
村上はそれら全てを顔で受け止めてくれた。
一発目は上唇から鼻にかけて、二発目は右眼から鼻にかけて、三発目は右の頬に、
四発目は勢いも緩まり首から胸にかけて飛んだ。そして最後の五発目は勢いなく
俺のちんちんを伝って村上の左手にだらだらと流れていった。

「みっ美香・・・」俺はそれ以上は言葉にならなかった。
村上は、さっき山本に顔射された話にショックを受けていた俺を癒すために我慢の限界を
超えてまでじらさせてついに限界を超えて射精した精液を顔面で受け止めてくれたのだった。
「美香・・・」俺は感激のあまり声を詰まらせてしまった・・・
「こんなにたくさん、でちゃったね・・・」

そう言うと、村上は静かに俺のアナルから右指をゆっくりと抜き、まづは左手に流れた
精液を舐めた。そして、上唇のあたりに射精した滴る一発目をいやらしく舌で救って舐めた。
さらに村上は、さっきまで俺のアナルに入っていた右手の人差し指を口に入れてしゃぶった。
「あっ、だめだよ、それは・・・き、汚いよ・・・」
俺は慌てて村上の右腕をつかんだ。
村上はゆっくりと口の中の指を抜いて言った。
「秀樹のだから汚くないよ」

「好きだよ」
俺はたまらなくなり村上を押し倒して覆い被さると夢中になって村上の唇を吸った。
村上の唇を舌でこじ開けて舌と舌を激しくからめあった。
「んっ、ふっ、ぐぅ・・」村上は喘ぎとも鼻息ともつかない息遣いをした。
俺は、唇を離すと、今度は村上の顔にかかっている俺の精液を舐めた。
はじめに右目のまぶたを舐めた。
「あっ、だめだよ、それ、秀樹の・・・」
「いいんだ、そうしたいんだよ」
俺は村上の顔にかかった精液を舐め取りながら言った。
鼻にかかった精液右頬にかかった精液・・・

俺は自分の舌を使って村上の顔を綺麗に舐めあげていった。
自分の精液は生ぬるく卵の白身のようなどろりとした感触だが
味はしなかった。はっきり言ってぬるりとした感触が気持ち悪かった。
自分の精液が自分ののどを通る時は最悪の感触だった。
「うぐっ・・・」
のどに張り付くような感覚がする・・・
「大丈夫?無理しないで、私、秀樹の飲むの好きだから私に飲まさせて」
そういうと村上は残っている、あごから首、胸にかけての精液を残らず
両手ですくって舐め取った・・・

「美香・・・なんていとおしいんだ」
俺は心底そう思った。
「私も秀樹の事とても愛しいよ」
「うん、これからもずーと一緒にいようね」俺は柄にもなくこんなことを言った。
もう、この時は山本のことも英子の事も頭の片隅にもなかった。
もう、俺にはこいつしかいない。そう思うと愛しい村上の事を抱きしめづにはいられなかった。

この日、はじめて俺は前もって親に報告する事無しに外泊した。
さすがに、父親が怒ると恐いので電話で友達のところに外泊するとだけ母に伝えた。

そして、この日は朝まで村上と愛し合い続けた。

この逢瀬以来、俺と村上は誰がどう見ても完全に恋人同士であった。
もちろん、俺も村上もそのつもりでいた。

初冬にもなれば学校に行く機会も減り、また、就職先での行事なども始まっていた。
俺も、就職先の現場訪問や簡単な説明会などがあった。
俺は、できるかぎりの時間を村上と過ごした。授業がなくても学校に行き教授の研究室や
図書館で勉強をしたり学校の近くのドトールなどで将来の事を語り合ったりしていた。
同級生たちも就職先の行事が忙しかったり、まだ内定をもらっていない奴らは必至に就職活動を
続けていた。当然、公務員試験を受ける奴もいた、そういった奴らはどこかにこもって勉強したり
予備校に通ったりしていたのだろう。

俺たちは同級生とほとんど出くわす事はなかった。
時々、村上のサークルの後輩や俺たちのゼミの後輩と挨拶を交わす程度だった。

この日、俺は家で卒業試験の勉強をしていた。
この担当教授は厳しいことで有名だった。
俺は村上のおかげで勉強に対する意欲も沸いてきて、
卒業試験の科目は全て優を取ろうと思っていた。
「この教授は、なかなか優をださないんだよなー」
そんなことを先輩たちが言っているのが思い出される。

しかし、今の俺には村上がいる。
村上が作ってくれたいくつかの模範解答を丸暗記して、
それをもとに自分なりの模範解答をいくつか作ってみた。
それを村上が添削してくれるというシステムで勉強を続けていた。
「あー、もっと早く村上と付き合っていればよかったな・・・」
「そうしたら、いい成績をとってもっといいところに就職できたかもな」
俺はそんなことを考えながら勉強していた。ちょっと村上の事を考えていたら勃起してきた。

今週は、村上が忙しくて会っていなかったからな。
たまっちまってるよな・・・
オナニーでもするかな。
俺は勉強を中断してせんずりでもここうかなと思ってベッドに横になった。
ズボンに手をかける寸前で携帯電話が鳴り出した。
「うん?村上からかな?」俺は画面に眼をやった。
村上美香・・・その名前は画面にはなかった。
画面には携帯電話の番号だけが表示されていた。

「ん?」
しかし、見覚えのある番号だった。
この番号は・・・

あまり考えていても仕方がないので俺は出ることにした。
「もしもし」
「・・・」
「もしもし?」
「久しぶり・・・」
聞き覚えのある声だった。
そう、この声は紛れもなく英子の声だった。

|FC2ブログランキングで寝取られ体験談を読む|
関連記事
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

嫁のお義姉さんが僕を大胆に誘惑寝取り
【DMMコミック】同人:関係を清算しにきた叔母を再び快楽堕ちさせるまでの一週間。(直タイトル) SP/PC
[ 2015/12/25 14:40 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング