NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

遠距離の私は、会社の先輩に優しくされて簡単にまたがってしまいました1

小さい会社で働き始めて1年半になります。
やっと周りの人とも対等に話ができるようになって、仕事もスムーズに捗るようになりました。

よく面倒をみてくれる男の先輩がいます。
私は彼氏もいるので、先輩のことを好きとまではいきませんが、ちょっと気になる程度でした。
先輩は後輩をよく面倒みているので、憧れの気持ちもありました。

・オリジナル体験談一覧 ・寝取られ動画同人ランキング ・官能小説を探す

私はいつも2階の事務所にいます。
2階には私を含めて計5人います。
いつも3人は営業に行ったりしているので、実際は2人しかいません。
先輩の席は1階にあるのですが、ちょくちょく2階に上がってきては私のことを気遣ってくれました。

ある日、いつもいる隣の席の男性も営業に出て行って、私一人だけでした。
いつものように先輩が上がって来て、「今日は一人なんだ」と話し掛けてきてくれました。

「そうなんです。営業に行っちゃって。でもたまには一人もいいかなー」みたいな感じで世間話を話していました。

私は憧れの先輩と二人きりで、内心すごくドキドキしていました。

話しているうち、なぜか私の彼氏の話になりました。
私の彼氏は転勤で大阪にいるのですが(私は東京)、約2年くらは帰ってこれなく、遠距離恋愛になっています。

「彼氏と会えなくて寂しくないの?」

先輩が聞いてきました。

「あんまり会えなくて寂しいけど、我慢するしかないですしね」

私は明るく返しました。
そしたら先輩が立ち上がって、座っている私を後ろから抱き締めてきました。
びっくりして声も出ませんでした。

「いつもそうやって笑顔でいるけど、本当はすごく寂しいんでしょ?」

耳元で言ってきました。
私は何も言葉が出なくて固まっていました。
すると先輩は手を離し、「ごめんね。なんか抱き締めてくなって。ごめん。彼氏いるのに迷惑だよね!」といつもの調子で言ってきました。

「いや、そんなことないです。全然平気です。気にしないでください!」

私はそう返しました。

「今度、ご飯でもご馳走するよ。お詫びに・・・。変なことしないからさ!」

私は先輩のことを憧れていたし、抱き締められてすごくドキドキしたのでOKすることにしました。

その日は普通に終わり、翌日に先輩とご飯を食べに行きました。
窓際のテーブルに入り、ちょっとした個室になっていました。
お互いお酒を飲み、会社での愚痴や悩みなどを話していました。
いい感じにお酒も回ってきて、先輩がトイレに行くと席を立ちました。
私は元々お酒が強い方ではないのでうとうと寝てしまいました。
気が付くと先輩が席に戻ってきて私を見ていました。

「ごめんなさい、つい」

「いいよ、眠たかったら寝て。隣にいてあげるから」

先輩が手を握ってきました。

「手、握るの嫌?」

嫌ではなかったです。
でも、彼氏のことがちらついて、「嫌じゃないですけど」と言うと、「送るよ」と席を立ちました。
私の家はその店からすぐのところです。

先輩は私の家まで来ると、「今日は楽しかった。また月曜に」と言いました。
私はなんだか急に寂しくなって・・・。

「お茶でも飲みませんか?コーヒーでも入れます」

自分の言葉に驚きました。
彼氏以外の男の人を部屋に入れるなんて。
ちょっと前の私ならありえないことでした。

先輩は、「いや、女の子の一人暮らしの部屋には入れないよ」と言うと、「今日は楽しかった」と言って微笑んでくれました。

なんだか自分がすごく恥ずかしいことをしたようで、先輩にさよならも言えなかったです。

それから数日が経ちました。
先輩とは何事もなかったかのように過ごしていました。
ある土曜日、私はいつも通り仕事をしていました。
月に1度、土曜日出勤があるのですが2階メンバーは一人だけ出勤する決まりがあるのです。
先輩が2階に上がって来て、「あれ、今日は君の日なんだ。俺も今日、当番なんだ」と言うと隣の席に座ってきました。

すると先輩はまじめな顔になり、「実は、君の日だってわかってたから、俺も今日出勤してきたんだけどね」と言ってきました。

「え?」と言った瞬間に先輩は椅子から立ち上がり、後ろから抱き締められました。

「君のこと、ずっと好きだったんだ。ずっとこうして抱き締めたかったんだ」

私はドキドキして何も言葉が出ませんでした。
先輩の指が私の唇をなぞってきました。
と同時に顔を持ち上げられ、キスをされました。
彼氏とは違うキス。
熱い熱いキスでした。
私の体を椅子ごと先輩と向き合うように移動しました。

先輩は、「彼氏がいるのわかってる。でも、俺の気持ちもわかってくれ」と言うと首や耳にキスをしてきました。

私はすごく感じてしまい、息が荒くなってきました。
先輩にはバレないようにずっと我慢していました。
先輩の手は私の制服の中に入ってきました。

「すごく柔らかいよ。ブラ、とってもいい?」

「先輩・・・」

私が返事を出す前に先輩はフックを外しました。
先輩の手は私の胸を優しく揉んできます。
もうすごく乳首が立っているのがわかり、恥ずかしくなってきました。

「先輩、だめです」

「こんなに立ってるのに・・・」

コリコリしてきました。
その時、とうとう「あん」と、びくっと体が動いてしまいました。

「感じてるんだね。可愛いよ・・・」

制服の前ボタンをはずされ、ブラを持ち上げられ、胸が出てしまいました。

「先輩、だめです。会社で」

「静かにしててね」

先輩が乳首を舐め始めました。
私は、感じやすいのもありますが、会社で先輩とこんなことをしてると思うと、余計に感じやすくなっていました。
先輩の頭を手で抱き締めて、「先輩。あんっ」と大きな声が出ないように先輩の耳元で言いました。
先輩も興奮して、スーツのズボンからでも立っているのがわかりました。

先輩の手が私のスカートの中に入ってきました。
私のあそこはすでにぐしょぐしょで、パンツが濡れているのもわかっていました。

「先輩、だめです」と先輩の腕を掴みました。

先輩は乳首を思いっきり吸ったり舐めたりしてきました。
思わず私は手を離し先輩の首を抱き締めました。
スカートの中の手は私のパンツの濡れた部分に触れました。

「すごく濡れてるよ。エッチな子なんだね・・・。もっと感じていいんだよ」

キスをしてパンツの間からクリを触ってきました。

「ああん」と私の体はびくっとなりました。

「そんなに大きな声出すと、誰か来ちゃうよ」

先輩は私を持ち上げて会議室に連れて行きました。
机の上に私を座らせてパンツを下ろしました。

「恥ずかしいです。先輩だめです」

私は足を閉じました。

「恥ずかしい顔もすごく可愛いよ。ここなら誰も来ないから」

私の足を開き、クリを舐めてきました。
私は先輩が私のクリを舐めていて、ここが会社だと思うと、すごくすごく感じてしまい、声を抑えることが出来ませんでした。

「これ、口に咥えてて」

先輩がハンカチを私の口に入れてきました。
先輩はまた私のあそこを舐めてきました。
ハンカチを口に咥えながらされるのにもすごく興奮しました。

「んんっ。んっ」って、すごく感じていました。

先輩の指が私の中に入ってきました。
先輩の指が私の中で動いていました。
くちゅくちゅと音が立っていて、恥ずかしい気持ちでいっぱいです。

「すごい濡れてるよ。テーブルまで濡れてる。感じやすいんだね」

首を舐めてきて、指も一本から二本になっていて・・・。
もうイキそうでした。
気持ちよすぎて涙が出るくらいでした。

「まだイッちゃだめだよ。君の顔をもう少し見てたいんだ」

テーブルの上に寝かせ、私の顔を見ながら指で攻めてきました。
くちゅくちゅと指が動くにつれて、勝手に足が閉じていってしまいます。

「だめだよ、閉じちゃ。手で足を持ってて」

言われるままに私は、自分の手で足を開きました。

「すごいエッチな格好だね。もうクリもこんなに大きくなってるよ」

クリを攻められました。

「ああんっ。んっ」と私が喘いでいると、「俺のも気持ちよくして」と、先輩がズボンを脱ぎました。

先輩のは長さは普通でしたが、とにかく太かったです。

私を起こして椅子に座らせました。
先輩はテーブルに座り、私の目の前に先輩のアレがありました。
先輩は私の口からハンカチをとると、頭をアレに誘導しました。

「舐めて・・・」

私は先っちょをぺロっと舐めました。
汁が垂れているのがわかりました。

「気持ちいいよ・・・」

そう言われると、私も舐めたくてしょうがなくなり、テクニックなど考えずに、思いっきり先輩のを舐めました。
太かったので、根元までは入りませんでした。
先輩の顔をたまに見ながら、「気持ちいいですか?」と意地悪しました。
先輩は、「もう我慢できないよ」と言い、私をテーブルに乗せて69になりました。
濡れた私のあそこがくちゅくちゅと音を立ててるのと、先輩のを私が舐めている音が部屋に響いていました。

「だめだ、イク」

私の口の中でドクドクと出てきました。
びっくりして全部飲んでしまいました。

「ごめん、出ちゃった」

そう言うと、ハンカチを差し出しました。

「先輩の、飲んじゃいました・・・」

「えっ。飲んだの?ごめんね。でもすごく嬉しいよ」

そう言って先輩は抱き締めてきました。
テーブルに上に私を寝かせ、再びクリを舐めてきました。
私はまだイッてなかったので、すごく感じていました。
先輩の指が私の中の一番気持ちいい部分を攻めてきました。

「先輩っ、そこっだめっ」

「ここが気持ちいいんだね。もっと感じさせてあげるから」

ズブズブと音を立てて、入れたり出したりを繰り返していました。

「先輩気持ちいいです。ああん」

ハンカチを口に入れてないのに喘いでしまいました。
先輩が指を私の口の中に入れてきました。

「声出すと、みんなにバレちゃうよ」

そう言って、またクリを弄ってきました。

「入れてもいい?」

さっき出したのに、先輩のがもう立っていることにびっくりしました。
でも私も欲しかったので、「先輩のが欲しいです」と言いました。
今思えば、ゴムもつけてませんでした。
でもその時はとにかく欲しかった。
先輩のが私の中に入ってきました。

「ああんっ。先輩っ」

「すごくあったかい。締め付けられてるよ」

先輩はそう言うと、腰を思いっきり突いてきました。
先輩は一回二回と思いっきり奥まで突いてきました。
その動きは徐々に速くなっていき、先輩の動きにあわせて私の声も、「あんっ。あんっ」と出てしまいました。
もう声のことも、ここがテーブルの上でギシギシ鳴ってることも頭にありませんでした。

「先輩、イッちゃう、イッちゃう」

先輩をぎゅっと抱き締めました。

「俺もイクよ・・・」

先輩が激しく突いてきました。

「あんっ!」

私はイッてしまいました。

「イッたの?すごく締め付けてるよ」

先輩も数回腰を振り、私のお腹の上に出しました。

「最高だったよ。すごく可愛かった」と言ってキスをしてきました。

すぐにお腹を拭いて、制服と身だしなみを整え、そーっと席に戻りました。
土曜日だったので誰もいませんでした。
とりあえず一安心でした。

「俺、君のことずっと好きだったんだ。彼氏がいても構わない」

そう言うと先輩は私を抱き締めてきました。
何も言えませんでした。

先輩は、「じゃあ、またね」と言って1階に戻りました。
私は部屋に一人になり、先輩のこと、彼氏のこと、頭の中でぐるぐる回っていました。
もう訳がわからないくらいでした。
とりあえず仕事に戻りましたが、先輩のあそこの感覚が残り、仕事どころではありませんでした。

あの日以来、先輩とはなんとなーくぎくしゃくしていて。
メールでは普通なんですけど、直接会うと緊張しちゃって顔を見て話せませんでした。
先輩から「好きだ」と言われたのはあの日だけだったので、(遊ばれた?)とかって思ったりもしました。

|FC2ブログランキングで寝取られ体験談を読む|
関連記事
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった2
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

嫁のお義姉さんが僕を大胆に誘惑寝取り
【DMMコミック】同人:関係を清算しにきた叔母を再び快楽堕ちさせるまでの一週間。(直タイトル) SP/PC
[ 2016/08/17 18:30 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング