NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

元ヤンの姐さん女房は、昔先輩達に廻されていた2【ブロマガ】

前回の話

私は、礼子が男にアナルを犯された場面を見て、手も触れていないのに、パンツの中に射精してしまった。自分の妻が、例え過去のこととはいえ、男達と乱交し、アナルまで犯されている姿を見たのに、射精するほど興奮してしまった私……。興奮する意味がわからず、激しく動揺してしまった。

画面の中では、いきなりアナルに入れられても、痛みを感じるそぶりもなくあえぎ続ける礼子が映っている。
『イグッ! ケツマンゴぉ、イグぅっんっ!!』
礼子は背中をのけ反らせるようにして、言葉にもなっていないようなあえぎ声を上げている。獣のような感じだ。

「サボんなって。おら、奉仕しろ!」
さっきまでフェラチオを受けていた男が、アナルを貫かれたことで思わず口からペニスを吐き出してしまった礼子に命令する。
『んぉおぉ♡ ごめん……なさい、うぅあぁ……ご奉仕します』
礼子は、アナルをガンガン突かれながら、男のペニスを再び口にくわえた。

昔、先輩達に廻されていた……。礼子は、そう言った。でも、この動画の中の礼子は、廻されていると言うよりは、乱交プレイを楽しんでいるようにしか見えない……。

「ったく……マジで緩るすぎんぞ」
アナルに入れていた方の男が、舌打ちをして腰の動きを止めた。
『ご、ごめんなさいっ! いま締めます! ケツマンコ締めますっ!!』
そう言って、礼子は叫んだ。
「疲れたし。オマエが動けよ」
男は、そう命令した。すると、礼子が腰を振り始める。バックでアナルに入れられたまま、自ら腰を前後に動かす礼子……。必死という感じだ。もう一人の男は、礼子の口にペニスを突っ込み、腰を振り始めた。まるで、礼子の口をオナニーホールか何かと思っているような、容赦のない動きだ。

「なんか、ションベンしたくなった」
アナルに入れている方の男が、そんな事を言いだした。
『ダ、ダメぇっ! それは許してっ! お願いしますっ! 許して下さいっ!』
礼子は、泣き声で叫んだ。
「おぉ、すぐ出た。ビール飲むとはえーな」
男はそんな事を言う。
『うぅあぁぁ、入ってきてるぅ……イヤぁぁ……ダメ、うぅ、苦しいです……』
礼子は、お腹を押さえながらうめくように言う。男は、礼子のアナルに入れたまま、放尿を始めてしまったようだ。

「オマエ、マジでド変態だな。俺、スカは無理だから帰るわ」
フェラチオさせていた方の男は、そう言うと画面から消えた。でも、もう一人の男が、ちょっと深めの洗面器を持って来た。
「また、ひり出しながらイクなよ。マジ、オマエってド変態だよな」
そんな事まで言いながら、洗面器を床に置いた。

「よ〜し、全部出た! 抜くぞ、ちゃんと締めとけよ!」
男はそう言って、勢いよくペニスを引き抜いた。
『うぅあアァッ!! ダメぇっ! も、漏れちゃうっ! トイレに行かせて下さいっ! イヤぁぁーーっ!』
礼子は、絶叫している。まだ高校生の礼子……。いまよりも幼くて可愛らしい感じだ。
私は、動画の迫力に圧倒されて、今の今まで気がつかなかったが、礼子はほとんど金髪だった。粗い画像なので、細かいところまではよく見えないが、メイクもどぎついメイクをしている感じだ。スケバン……。今となっては絶滅危惧種だが、礼子はまさにそのスケバンの姿だった。しかし、全裸の礼子は、今よりもみずみずしい感じの身体をしている。まだ、青くて固そう……そんなイメージがする。でも、やられていることはAVでも見ないような、ひどいことだった……。

礼子は、床にうずくまるようにしゃがむ。必死でお腹を押さえて、
『く、苦しいです……お願いします……。トイレにぃ……行かせて下さいっ!』
礼子は、腸内にたっぷりと男の尿を貯えたまま、哀願する。私は、こんな姿を見てしまい、激しく後悔していた。昔ヤリマンで、廻されていた過去がある……。礼子からは、ちゃんと説明は受けていた。それを知った上で、交際して結婚をしたはずだ。でも、現実的にこんな姿を見せられて、私は激しく動揺してしまった。
礼子のことを嫌いになったわけではない……。むしろ、守らなければ! という、強い決意をしたくらいだ。でも、ここまでされてしまっていたとは、想像もしていなかった。処女信仰がなくても、この現実はあまりにも受け入れがたい……。

「よし、チャンスタ〜イム! 手を使わずに口だけでイカせたら、トイレ行ってもOK!」
さっきまで、アナルに入れていた男がそんな事を言う。すると、礼子は一切の迷いもなく、さっきまで自分のアナルに入っていたペニスを口にくわえた。そして、残像が残るほどの勢いで頭を振り、男を口でイカせようとする。

「やっべ、礼子マジになってる」
男はおどけたような口調で言う。本当に、礼子のことを肉便器程度にしか思っていないのが伝わってくる……。

礼子は、片手でお腹を押さえながら、必死で頭を振る。それだけではなく、空いている方の手で、男の乳首まで触り始めた。
「しっかし、テメーのケツに入ってたチンポ、よくくわえられるよな」
洗面器を用意した男が、からかうような口調で言う。
「確かにな。これじゃ、キスできねーよな」
フェラチオされている男が言う。
「肉便器とキスなんて、そもそもしねーしな」
もう一人が、笑いながら言う。私は、本当に不思議だった。礼子は、夫のひいき目もあるかも知れないが、かなり美人だと思う。恋人にしても、まったく恥ずかしくないどころか、どこにでも連れて行けるような女性だと思う。

それなのに、こんな扱いを受けている礼子……。一体、過去に何があったのだろう?

「おぉ、ヤベぇ、イキそうだわ」
フェラされている方の男が、少し恥ずかしそうに言う。すると、礼子の動きが加速した。
「おぉ、マジか、イクっ!」
男は、比較的あっさりと射精をした。礼子は、口にたっぷりと注ぎ込まれているようだ。
『い、行ってもいいですか!? トイレ、行っても良いですか!?』
礼子は、口からペニスを吐き出すと、すぐに叫んだ。口の中は、すでに空っぽのようだ。当たり前のように飲精をした礼子……。自分の妻が、他の男の精液を飲む姿を見て、私は絶望的なほどのショックを受けながらも、興奮してしまっていた。パンツの中は、さっき射精してしまった精液でドロドロになっている。それなのに、また勃起してしまっている私……。自分でも、おかしくなってしまったのだろうか? と、不安になる。

「ざけんなよ。次は俺だろ?」
もう一人が、少しキレ気味に言う。
『そ、そんな……もうダメ、限界なの……。お願いしますっ! 本当にお願いぃっ!!』
礼子は、自分のアナルを押さえるような仕草まで始めてしまっている。本当に、もう限界が近いみたいだ。

まだ高校生の礼子が、他の男達の前で排泄する……。それは、女の子にとって、死にたくなるほどツラくてみじめなシチュエーションだと思う。でも、男達の会話を聞いていると、すでに、過去に何度か経験しているような感じだった。私は、さすがに再生を止めようかと迷った。いくら夫婦でも、見てはいけないものがある……。そんな気持ちだった。

でも、私は結局止めることが出来ず、興奮したままの状態で動画を見続けた。

すると、男は礼子を立たせ、後ろから挿入してしまった。そして、無造作に腰を振ると、
「このガバマンでイカせたら、トイレ行ってもいいぞ」
と、からかうような口調で言った。
すると、礼子はぎこちない動きで、腰を振る。立ちバックでハマったまま、腰を振る礼子。動かしづらそうだし、なによりも苦しそうだ。

『ダメぇ、出ちゃうっ! 漏れちゃうっ! イ、イッてっ! 礼子の中でイッてっ! 出してっ! 早くおまんこに出してぇ!』
礼子は、そんなはしたない言葉を吐きながら、腰を振る。でも、力強い動きなど出来ないようで、弱々しい動きをするばかりだ。

「かったりーな」
男はそう言うと、礼子の腰を両手でホールドし、思い切り腰を振り始めた。今にも漏らしてしまいそうな礼子に対して、かまわずに全力で腰を振る男。

『うぅグッ! グゥああっ! ダメっ! 漏れるっ! 押し出されちゃうぅっ! イヤぁぁーーっ!!』
礼子は、本当に泣きながら叫んでいる。粗い画像でも、礼子が涙を流しながら腰を振っているのがわかる。

「頑張れよ〜。漏らして俺のこと汚したら、わかってるだろ?」
『うぅ……イヤァ……それだけは、もうイヤ……。許して下さい……。我慢しますから……』
礼子は、言葉を絞り出すように言う。本当に、ツラくて仕方ない感じだ。”それだけは”とは、一体何だろう? 礼子は、男達になにをさせられたのだろう? 私は、悪い想像をしながら、さらに興奮してしまう自分を抑えられなかった。

「ホントか? 実はしたいんじゃねーの? オマエって、マジでド変態だからな」
男は、礼子のピストンを味わいながら、からかうように言う。
「さすがにアレはねーだろ? そろそろイケって。あんなの、見たくねーよ」
もう一人が、イッて冷静になったからか、落ち着いた口調で言う。こんな彼が見たくないとまで言う行為……。一体、なんだろう?

『ダメっ! ダメぇーっ! 出ちゃうっ! 出ちゃうのっ! イッてっ! おまんこに出してぇっ!! お願いっ! おまんこにザーメン注いで下さいっ!!』
礼子は、絶叫した。トイレに行きたくて絶叫している……はずだ。でも、自らの快感のために、中出しをせがんでいるようにも見えてしまう……。

「よし、イクぞっ! おらっ! 孕めっ!!」
男はそう言うと、礼子の中に注ぎ込んだ。
『うぅああぁ、ダメぇ……』
礼子は、そのまま崩れ落ちるようにしてしゃがみ込んだ。すると、もう一人の男が、サッと洗面器をあてがった。同時に、礼子のアナルから、黄色い液体がほとばしった。たぶん、男の尿だと思う。それが、噴水のように飛びだしていく。

『イヤァァァーーっっ!! 見ないでっ! 見ないでぇっ!! うぅああっぁっ!!』
礼子は、しゃがんだ格好で、アナルから勢いよく出しながら叫ぶ。もう、半狂乱と言っても良いくらいの叫び方だ。

「うわ、すっげ」
腸内に注いだ方の男が、礼子の恥ずかしい姿を見ながら言う。
『ダメぇっ! ダメっ! 見ないでッ!!』
礼子は、金切り声で絶叫する。すると、黄色だった液体が、濃い色に変わり、固形物も混じり始める。画像が荒くて本当に良かったと思った……。

「スッゲぇ量だな」
もう一人の男が、バカにしたように言う。でも、二人の男は、気持ち悪がる様子もなく、礼子の一番恥ずかしい姿を観察し続けている。

『あぁっぁっ! 止らないぃっ! イヤぁっ! 見ないでっ! 見ないでぇ……』
礼子は、絶叫するのに疲れたのか、弱々しい声に変わっていった。そして、泣きながら洗面器に排泄し続ける。時折、空気の破裂音も混じる。
「おならじゃないのよ? ってか」
「いやいや、おならだろ」
二人は、小馬鹿にしたように言う。礼子は、泣きながら排泄を続けていた……。そこで、ビデオが唐突に終わった。真っ黒の画面に、”礼子15歳、私の恥ずかしい姿全部見せます01 オープンプライス”と、白抜きの文字が現れた……。それだけはやたらと鮮明で、あの男がふざけて編集したんだなとわかる……。
私は、グッタリと椅子にもたれかかり、身動きが取れなくなってしまった。


その後、精液で汚れた下着をとりあえず拭き、仕事を手早く片付け、帰宅した。
「ただいま……」
私が、玄関に入り、弱々しく言うと、
『おかえりっ!』
「おかえりなさ〜い」
「パパお帰り〜」
と、3人が笑顔で出迎えてくれた。礼子は、いつもとまったく変わらない感じで、
あんなことがあったのがウソのようだ。そして、いつもと変わらない家族の時間が始まった。食卓につき、4人で食事をする。学校であったことを話してくる子供達、そして、それを笑顔で聞いている礼子。私は、夢でも見ていたのかな? と思ってしまう。

そして、子供達と一緒に風呂に入り、私はリビングで少し仕事を片付け、礼子は子供達を寝かしつけた。しばらくすると、礼子がやって来て、私の対面に座る。テーブル越しに、礼子が話しかけてくる。
『心配かけたな。もう、片付いたから』
と、短く言う礼子。私は、意味がわからずに聞き返す。
『うん。他の先輩に間に入ってもらって、30万円ですませたから。心配かけて悪かった』
礼子は、相変わらずの言葉の悪さで言う。でも、顔には反省の色が浮かんでいる。
「そ、そうなんだ! よかったね!」
私は、本心でそう言った。
『よかないよ。アンタにあんなの見られちゃって、本当に申し訳ないよ』
礼子は、珍しく殊勝な態度だ。いつも、尻に敷かれて怒鳴られてばっかりの私は、ちょっと嬉しかったりもした。

「でも、昔のことだし、関係ないよ。今、礼子がここにいてくれる……。それだけで幸せだよ」
と、私は言った。
『……ありがとう……。あ、愛してる……ぞ』
礼子は、顔を赤くしながらそう言った。私は、心底ホッとしながらも、動画データを密かに持っていることを反省した。あんな姿は、絶対に見られたくないはずだ。私は、明日データを消して、記憶からも追い出そうと決めた。


そして、いつも通りの朝が来て、私は事務所に向かった。駐車場に車を止め、歩き始めると、急に声をかけられた。
「旦那さん、ちぃーっす」
驚いて振り返ると、アイツがいた。私は、情けないことに、足が震え始めてしまった。それでも、必死で虚勢を張り、
「な、なんだ。もう終わったはずだろ」
と言った。
「もちろん。栄治先輩が出てきたら、俺も何も言えねっす」
礼子が雅弘先輩と呼んだ男は、そんな風に言う。
「じゃあ、一体どうして?」
私が問いかけると、
「いやね、動画に興味ないかなって思って。栄治先輩の目の前で8ミリは全部燃やしたけど、こっちに移しておいたヤツがまだあったんで」
そう言って、USBメモリを突き出す彼。
「や、約束が違うんじゃないか?」
私が言うと、
「いや、ちがわねーって。興味ないなら、これも捨てるし。栄治先輩に逆らったら、マジで命取りだからよ。ただ、見たいなら、あんたに、やるぜ」
と言って、USBメモリをポンと投げ渡してきた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング