NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

泥酔した人妻をナンパしたら、即ヤリ出来ました1

深夜の駅前で歩いていた人妻をナンパした。
最初は無視されたが、ねばって話しかけつづけたら徐々に和んできて、送って行く事になった。
近くに止めてあった車に乗せて、取り合えず人妻の家の方向に車を走らせた。
助手席に座った人妻を見ると、グレーでチェックのスカートがふとももの半分くらいまでせり上がって、白っぽい半透明なパンストをはいた脚が艶かしく光っていた。

・オリジナル体験談一覧 ・寝取られ動画同人ランキング ・官能小説を探す

ロングブーツがふくらはぎまでを覆っていて、さらに淫靡な感じに見えた。
いろいろな会話をしていくうちに人妻も打ち解けてきて、会社の飲み会の帰りだとか、自分の年齢が37才で、結婚して12年経つとか、さらに旦那の事などを話しはじめ、2人目の子供が生まれてから殆どHをしなくなり、6年間で数えるくらいしかしてないと言った。

しきりに「私、酔ってるから・・・」「変な事、話してるでしょ!」と言いながらも、「小学校のお母さん仲間の中には、浮気しているお母さんもいるんだよ!」とか、「事務のアルバイトをしている会社で、飲み会の帰りに変な所に連れて行かれそうになった。」とか、きわどい事を話し続けた。

話しを聞きながら、なんとなく人妻の様子がクネクネしてきた事に気付き、ダメだったら家まで送って帰ろうと思い。
意を決して、「子供が2人もいるとは、思えないくらいスタイルがいいね。」と言いながら、人妻のふとももに手を置いてみた。

すると人妻は、少し脚をずらしただけで、オレの手を払い除けようともせず、
「いつもそんな事言って、女の人を口説いてるんでしょ」と言い、
逆にオレの手の上に自分の手を重ね合わせた。


心の中で(ヤッター!)と思いながら、走る道すがら広くて暗い駐車場が無いかと探した。


途中で人妻が「トイレに行きたいからコンビニに寄って。」と言うので、コンビニにでコーヒーを買い、しばらく走ると、すぐに駐車場は見つかったので、奥まった暗がりに車を止めて、

オレ : 「もうすぐ、家の近くに着いちゃうけど、少しくらいなら時間大丈夫でしょ?」
人妻 : 「うぅ~ん。 あんまり遅くなると主人に変に思われちゃうよ。」

その時、すでに24時をすぎていたので、時計を見ながら困った様子ではいたが

人妻 : 「ちょっと家に電話してみる。」と言って、車を降りた。

話しの内容は聞こえなかったが、戻ってくると

人妻 : 「同じアルバイトの子と、少しお茶してから帰るって言ったから、1時間くらいかな…?」
オレ : 「旦那に変に思われなかった?」
人妻 : 「もう、先に寝てるって。」
人妻 : 「こんな所に止まって、何の話しをするの?」
と意味ありげに言うので、無言で人妻の肩を引き寄せ、顔を近づけて「キスしてもいい?」と言った。

人妻もすでに、ある程度の事は予測していたようで、抵抗もせずキスに応じてくれた。
そのうえ人妻のほうが、唇を重ねると同時に舌を挿し込んできた!
助手席に覆い被さるように人妻の体を抱きながら、ディープキスをしていると、自分の指をオレの指に絡ませて、上半身をクネクネ動かし、その気モードに入った感じだった。

一度、唇を離して人妻の肩をシートに押し付けるようにしながら首筋に移動し、舐めたり吸ったりして

オレ : 「感じてきたんじゃないの?」と唇を這わせながら小声で言うと
人妻 : 「あぁ~ん、うぅぅん? なに?」
オレ : 「気持ちいい?」
人妻 : 「はぁ~ん、こんな事してたら、感じちゃうじゃな~い!」と身を捩る。
さらに首筋にキスをしながら、胸を揉みはじめると、背中を反らして自分からオレの手をとり着ていた黒いセーターの中に入れさせた。

弄りはじめて驚いたのは、セーターの中は、スリップらしき物だけを着用しているだけで、ブラジャーは身に着けていなかった。
ツルツルした生地の上から乳首のあたりを摘むと、コリコリに硬くなっていて、上半身をぴっくぴっくっと動かしながら「はぁっ、はぁ~ん、あぁ~ん」と敏感に反応する。

オレ : 乳首を集中的に弄りながら「いつもブラジャーしてなの?」と尋ねると
人妻 : 「さっき、コンビニのトイレで取っちゃった。」と言う
オレ : 「なんで!?」
人妻 : 「なんか、こんな事になるんじゃないかと思って… うそ!うそだよー」
人妻 : 「きつくて、苦しかったから。」

そんな話しをしながら、肩紐を落としてスリップをズリ下げ、生乳首に触れると

人妻 : 「あっ、あぁぁ…」と感度好く唸り、自分から顔を近づけてキスを求めてきた。

またディープキスから始めて、どんどんエスカレートしていき、セーターを捲くり上げて乳首に吸い付き、脚を開かせてスカートの中に手を入れて、パンスト越しに中心部を刺激した。

体勢が辛かったので、シートを倒し自分も運転席から助手席の人妻の上に移動して、開いた脚の間に入り、さらに乳房にキスしながら、完全にスカートを捲くり上げて、腰の回りから中心部を丹念に弄りまわした。

人妻は、上半身を反らして、腰を上下に浮かせながら、オレの空いてる手を自分の乳房に誘導して上から手を重ね合わせて、乳房を揉むよう求め「乳首が敏感なの」と言って催促する。

体を上のほうに移動させて、もう一度、唇を合わせながらネットリしたキスをして、手をパンストとショーツの中に挿し込むみ、恥毛を掻き分けて陰部に到達すると、もうすでに恥かしいほど、濡れほそっていた。

穴が開いて、ヌルッと指が吸い込まれるような感触で、お尻の方まで愛液が滴り、指を中に入れると、下半身をビック・ビックと痙攣させながら
「あっ、あっ、あぁ~ん、あぁぁぁ…」と
高まっているのが判った。

狭い車内の上に着衣のままだったので、思うように愛撫が出来ず、もどかしくなって人妻に断わりもなく、パンストの股間のあたりを破き、破いた穴から手を入れて、ショーツをズリ下げながら股間に当たる部分を引っ張って余裕をつくり陰部を丸出しにしてから、膝を持ち上げて脚をM字に開かせた。

人妻は、上体を起こし自分の下半身を見てから、手で顔を覆い「こんな格好、恥かしい!」と言う。
人妻の股間に顔を近づけて、両手でじっくり弄りまわしながら、意地悪っぽく「もう、欲しいんじゃないの?」と人妻の顔を見てみると、声を出さず2回ほど頭を振って頷いた。

シートに横たわる人妻の横に並び、指で陰部を触りながら、耳元にキスする体勢をとり、耳の中に舌を這わせながら、中指と薬指の2本を膣の中に挿し込んで、天井あたりをグイグイ擦ると指の動きに合せて、腰をビックン、ビックンと震わせながら「はっ! はぁ~はぁ~ん!」と、せつない声をだしている。

オレ : 「このへんが、気持ちいいんでしょ?」
人妻 : 「あぁ~そこっ! すごくいいぃ~」
オレ : 「もう、時間ないから、入れちゃおうか?」
人妻 : 「そんな! ダメっ! 困るわっ!」 
オレ : 指の動きを乱暴に出し入れしながら「おチンチンのほうが、気持ちいいんじゃないの?」
人妻 : 「あぁ~、あっあっあっ… でも!」
オレ : 「ちょっとだけ、ちょっとだけ入れたら、すぐやめるから、いいでしょ?」
人妻 : 「ほっ…ほんとうに? ほんとうにすぐやめてくれる?」
オレ : 「大丈夫、いやだったら、すぐやめるから…」

M字に開いた人妻の脚の間に腰を割り込ませ、ショーツを横にずらして、ぱっくり開いている割目に手でポコチンをなすりつけ、亀頭に愛液をよくひたしてから、膣の入口に亀頭をあてがった。

人妻は、早く入れて欲しいと言わんばかりに腰を浮かせて準備していた。
最初は、先っちょだけを挿入して、ゆっくり出し入れしながら

オレ : 「旦那さんに悪いから、奥まで入れないほうがいいかな?」と意地悪を言うと、オレの首に両手を回して、キスをせがみながら

人妻 : 「奥が感じるの。」と小さい声でささやく。
オレ : 「奥まで入っちゃって、いいんだ。」 言うなり、グイッと挿し込む。
人妻 : 「あっ! それっ! そこっ、いいよぉ~」
人妻 : 「はっ、はっ、はっ、はぁ~ん」

人妻の両脚を抱えて、何度かピストンをするも、体が安定せず思うようにいかなかった。
数回ピストンすると人妻の体が上にズリ上り、挿入しづらくなるので、体勢を直すという事を何度か繰り返していた。

シートを倒していても、助手席では踏ん張りどころが無く、うまく腰のグラインドが出来なかったので、人妻に後部座席に移動しようと言った。
幸いRV車だったので、後部座席を倒すとトランク部分と合せて、フルフラットになる。
前方に頭を向けて横になったが、足を伸ばしても十分余裕があり、
人妻も「この車、広いんだね!」と感心していた。

多少下が固かったが、今度は満足出来る動きが出来そうだった。
改めて向き合い、またキスするところから始めると、人妻が自分から履いていたブーツを脱ぎ、パンストとショーツを片脚だけ脱いで、着ていたセーターも脱いだ。
オレも中途半端に脱ぎかけだったジーンズとトランクスを脱いで、動きやすくした。

|FC2ブログランキングで寝取られ体験談を読む|
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

宿泊客の母娘3人に中出し
【DMMコミック】同人:関係を清算しにきた叔母を再び快楽堕ちさせるまでの一週間。(直タイトル) SP/PC
[ 2016/11/03 21:08 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング