NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

知り合いの社長が、私の妻を覗いて巨根を勃起させていた

妻を寝取られてしまったんです。
昔近所に住んでいた電気設備屋の社長の50代のSに誘われて、妻と3人で露天風呂に行きました。
私は仕事の電話がかかり、少し遅れて風呂に行きました。
露天風呂のどこにSがいるのかわからずに探しました。
少し離れた岩の影にSがいるのを見つけました。

・オリジナル体験談一覧 ・寝取られ動画同人ランキング ・官能小説を探す

どうも女湯を覗いている様子だったので、脅かしてやろうとそーっと後ろから近づきました。
Sは驚くほど長いペニス、巨根を硬直させ擦り上げていました。
ところが女湯に入っているのは70歳くらいの年寄りと、もう一人は妻でした。
Sは妻の裸を見ながら巨根をおっ立てて擦っているのです。
私は息を殺して見ていました。
大きな乳房をゆさゆさと揺らしながら身体を洗う妻を見ながら、ますますSのペニスは硬度を増してきた様子でした。
妻が黒々としたヘアーの間に手を入れて股間を洗い始めた時、「うっ、うっ」と言ってSは岩の上に大量の精液を発射しました。

私は知らぬ顔をして風呂に戻り、そして知らぬ顔で一緒に食事をしました。
Sは、ノーブラの妻の浴衣の胸元からチラチラと見える谷間を見ながら何食わぬ顔で、「奥さん、ここの露天風呂はどうでした?なかなか景色もいいでしょ?」と他愛もない話をしていました。

部屋に戻り、3人でビールを飲みながら話をしている間も、Sは妻の身体を舐め回すように見ていました。
酔った妻は調子に乗ってはしゃぎ始め、動くたびに浴衣の裾が肌蹴て、白く太い内股とストライプのパンティーがチラ見えしていました。

その日の夜、Sは自分の部屋に戻り、私たちも横になりました。
布団の中で妻がぽつりと言いました。

妻「ねえねえ、Sさんと田中さんの奥さん、浮気した事があるのよ」

私「へぇー」

妻「それでさー、聞いた話だけど、Sさんのアレってすごく長いんだって。お風呂の中で見た?」

私「ああ」

妻「どうだった?」

妻はいやらしい目つきで私に尋ねました。

私「お前、Sさんが好きなのか?」

妻「やだ、高校生じゃあるまいし」

妻は笑って誤魔化しましたが、興味がある様子でした。

昨日、Sから電話があり、出張で近所に行くから一晩泊めて欲しいと頼まれました。
私は出先から妻に電話をかけて準備をしておくように言いました。
妻は家に人を泊めるのは好きではないはずなのに、すんなりオッケーしました。
私の悪巧みがここで生まれました。

Sが家に着いた夜10時頃に電話をかけて、「今日、仕事のトラブルで帰れなくなってしまった。県外まで出張になったから、夜も遅いししょうがないから泊めてやってくれと」妻に伝えました。

私は家の近所に車を停めて、ちょうど居間が見える向かいのアパートの非常階段から家を覗きました。
ソファーにはSが一人で座りテレビを見ていました。
少しすると妻が現れました。
風呂上りの様子で、しかも一番スケスケのネグリジェでした。
200メートルくらい離れた私からでも黒いパンティーと乳首が透けて見えるほどでした。
妻は窓際に歩いてきてカーテンを閉めました。
私は居ても立ってもいられずに家の塀を飛び越えて庭に入り、カーテンの隙間から居間を覗きました。
二人の話し声が聞こえてきました。
どうやらSの浮気についての話の内容でした。

S「奥さん、あんまり悩ましい格好でいると」

妻「主人がいない夜に、大人の男と女が二人きりで風呂上りにビール・・・、すごくいやらしい雰囲気よね」

もうすでに二人は目と目でセックスをしているような様子でした。

妻「Sさんのアレ、大きいんでしょ?」

S「人にはそう言われるけど、立っているところを比べた事は無いからなぁ」

妻「うちの主人のも小さくはないけど、この2、3年食べたことないのよ」

妻が足を組み替えたり、動くたびに胸の開いたネグリジェから乳首が見え隠れしていました。
Sが落としたライターを妻が腰を屈めて拾った時、妻の胸元から乳房のすべてがSに見えた様子でした。

S「奥さん、おっぱいが丸見えだよ。わしだってまだまだ現役なんだから刺激されると・・・」

妻「あらやだ・・・私でも興奮するの?」

S「当たり前だよ。奥さんは色も白いしおっぱいは大きいし、20代の男でもクラクラくるほどセクシーだよ」

妻「まぁーなんかすごくエッチな雰囲気ね。私、今晩犯られちゃうのかしら?」

妻がいやらしく話し掛けた。

S「奥さんさえ良ければ、私はもう準備オッケーだよ」

Sはニヤニヤしながら妻の身体を見て手を差し出した。

妻「やだ・・・これって官能小説みたいじゃない?」

S「そうだね」

妻「このままベッドで私とエッチしながら、『奥さん、奥さん』って言いながら私の中に出すんでしょ、きゃぁーーっエッチね」

S「中には出しちゃまずいだろう?」

妻「私達、子供いないでしょ?だから中出しし放題よ。男の人って中に出したいんでしょ?」

S「そりゃそうだよ」

妻「ねぇー、絶対に誰にも内緒にしてくれる?」

S「何が?」

妻「やだ、これからする事をよ」

S「もちろんだよ」

妻「絶対に誰にもよ。後でしつこく呼び出したりするのもナシよ」

S「わかってるよ」

妻「うふふふ・・・じゃあいいわよ」

S「今まで浮気は?」

妻「一度も無いの、でも結婚する前の日に前の彼氏とお別れのエッチはしたわ。もう二度と他の人とする事はできないからと思って」

今まさに寝取られようとする瞬間!
いよいよだ。
私の股間は鉄よりも硬く、火のように熱くなっていた。

妻「寝室に行かない?」

S「ああ」

妻「私達の寝室は匂いが残るとまずいから客用の方に」

S「なんか、夢のような話だなぁー」

妻「私、知ってるのよ」

S「なにを?」

妻「この前、温泉で覗いてたでしょ」

S「えっ?あっああ」

妻「私の裸でイッたでしょ」

S「ああ、でもなぜそのまま」

妻「私だってすごく興奮してたのよ。だって私の裸を見ながら男の人がアレを出そうとしてるのよ。まるで犯されてる気分なのよ」

S「犯されたかった?」

妻「やだ・・・ちょっとだけ、アハハ」

Sは妻の横に座りネグリジェの上から太股を擦った。

妻「立ってるの?」

そう言いながら妻はSの股間に手を当てた。

妻「すごいすごい、元気いいわね」

妻はSのジッパーを下げた。
Sはベルトを外してズボンを脱いだ。
Sはズボンと靴下、そしてシャツを脱ぎ捨てた。
パンツの前がテントを張り、ペニスの先の辺りが濡れてシミになっていました。
妻はSの前に立ちました。
Sは妻の唇を吸いながら、一気にネグリジェの前のボタンを開きました。
プチプチプチと音を立てて白くボリュームのある妻の裸体がSの目の前に曝け出されました。
妻はSの巨根を擦り、「あっ、あっ」と時折仰け反りながらSにしがみついていました。
Sの唇は首筋から耳へ、そして乳首を咥えた時・・・。

妻「ああーん、布団で・・・寝室に行きましょ」

Sは妻の言葉を無視してその場でネグリジェを剥ぎ取り、パンティーの縁に手をかけました。
Sが手を下げた瞬間、Sの目の前に真っ白な太股と真っ黒なヘアーが現れました。
妻のムチムチした股間に顔を埋めるS。

S「奥さん、ずっと前からこうなりたかったよ」

妻「ほんと?気持ちよくしてくれる?」

S「ああ」

妻「あうっ・・・」

Sの指が妻の中に滑り込んだ様子でした。
妻はその場にヘナヘナと座り込んでしまいました。
Sは大きく白い太股をゆっくりと開き、その中心の部分に顔を埋めていきました。
10分くらいでしょうか、妻は絨毯の上で藻掻き、あがきながらSの舌技に激しい声を上げ続けていました。

妻「もう・・・もうだめ・・・入れて」

Sはペニスを妻の口元に近づけました。
少し萎えていたペニスはぬるりと妻の口の中に滑り込み、妻は雁首の部分を唇で吸い込みながら深く浅く顔を動かし始めました。

妻「すごい・・・すごく長い」

S「欲しいかい?」

妻「これで今晩泣かされるのね」

S「どうだい?ご主人以外のモノで泣かされる気分は?」

妻「早く・・・早く入れて」

妻は仰向けになり、股を開きSの腰を引き寄せようとしました。
Sは天を向いたペニスを手で掴み、妻の股間に宛てがいました。

妻「はうぅぅ~ん」

妻の悩ましく大きな声でペニスが挿入された事がわかりました。

S「あああ、奥さん奥さんの中は結構きついなぁー」

妻「どう?気持ちいい?」

S「ああ、すごく良いよ。奥さんのエッチな顔・・・すごく可愛いよ」

妻「ほんと?すごく気持ちいい、あっあっあーん」

妻の太股の間で腰を振るSは、妻の乳首や脇、首筋を舐め回しながら、「ああ、すごく良いよ・・・締まる締まる」と呻いています。
私以外の男が妻の密壺の感触をペニスで味わい、そして妻も私以外の男のペニスを味わいながら身体をくねらせ、男の背中にしがみついて泣き声と喘ぎ声の混じった快楽の叫びを上げ続けている。

私は夢中でペニスをしごきました。
まるで高校生の時のようにカチカチに勃起したペニスをものすごい速さでしごきました。
1メートルは飛んだでしょうか。
味わった事の無い快感が胸元からペニスを走り抜け飛び出していきました。

S「奥さん、出すよ・・・」

妻「いいわよ、中に出してもいいわよ。あっあっ、イク・・・突いて・・・もっと、やめないで、すごく硬いあっ」

S「ううっ、出る」

Sは頭を仰け反らせ、膝を突っ張らせながら妻の股間に最後のピストンをものすごい速さでぶつけ、射精を始めました。
今、妻の膣奥にはSの精液がぬるぬると注ぎ込まれています。
妻は太股をSの腰に絡めたままSの首に手を回し、ペニスの先から注ぎ込まれる精液が最後の一滴まで出尽くすのを待っていました。

|FC2ブログランキングで寝取られ体験談を読む|
関連記事
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

宿泊客の母娘3人に中出し
【DMMコミック】同人:関係を清算しにきた叔母を再び快楽堕ちさせるまでの一週間。(直タイトル) SP/PC
[ 2016/11/05 17:20 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング