NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

電車内でヤクザに絡まれていた人妻1

ちょうど世間は夏休みシーズン真っ盛り頃の話。
アウトドア用品関連の営業な俺は、逆にここが稼ぎどきって事で秋田方面まで商品の売り込みに行くことになった。
一応もう学校は夏休み期間に突入してるって事もあり電車も混雑が予想され、上司も特急指定席を取ることを許して下さった。
俺は昼飯用の弁当とお茶を買い指定の席に座った。
やっぱり結構混んでた。

・オリジナル体験談一覧 ・寝取られ動画同人ランキング ・官能小説を探す

(あ~指定で良かった)とつくづく思ったね。
秋田くんだりまで立って行ったら地獄だもん。

出張準備で朝5時起きだったんで俺はしばらく眠ることにした。
っていうか電車で座席に座ると俺、自動的に即寝する癖がある。
しかし電車が走り出すと隣のガキ共がうるせーうるせー、寝れやしない。

(今日の席は外れだな・・・)

心の中でそう思う俺だった。
電車の席の当たり外れは結構大きい。
酔っぱらいとかの近くになったら最悪だし。

母親が一人と子供が二人。
お兄ちゃんと妹。
たぶん上の子が7~8歳で、下の子が5歳前後じゃないか?と思われる。
ま、どーでもいいけど。
いわゆる騒ぎたい盛りだ。
で、座席180度回転させて4人座席に座ってた。
まぁこっちも相手が子供だし怒るのもなんだと思って我慢してたらそのうち慣れてきた。
で、ウトウト眠りについてたわけ。

どのくらい走った頃だったか定かではないが、「す!すみません!いま元に戻しますから!」とか急に母親の声がすんの。
尋常ではない母親の声質に俺は薄っすら目を開けた・・・。
すると体格のいいおっさんが立っている。
真夏なのに黒地に細く白いラインの入ったスーツを着て、金のロレックス(いや実際ブランドは分からんけど)。
明らかにかたぎの人ではない。
その筋のお方だった。
白いエナメルの靴履いてるし。

率直に気の弱い俺は凄い緊張した。

(やべー!やべー!やべー!)

自分のことでもないのにビビリまくる俺。
だって本当に怖かったんだもん、マジ。

どうやらその親子は勝手に座席を回転させ、4人ボックス席にしちまっていたらしいのである。
母親は急いで席を元に回転させようと席を立っている。
とても焦っているようだった(そりゃそうだろう)。
子供も明らかに普通じゃない人だと察しているのだろう、少し怯えた表情をしていた。
辺りをそ~っと見回すと他の席の人は見て見ぬふり。
かくいう俺も寝たふりを決めこんでた。
俺はてっきりヤーさんの怒声が響くと思い、目を瞑り、超ドキドキしてたわけ(なさけねー)。
が・・・。

「えーよ、えーよこのままで。なぁ?」

と、子供に向かってヤーさん言ってんの。
ドスの利いた人懐こい声で(なんじゃそりゃ)。

(あ~なんだ~いい人なんじゃん)

他人事なのにホッと胸を撫で下ろす俺だった。
普通の人が同じことをやっても何とも思わないのに、悪そうな人がちょっといい事すると凄く良い人に見えるのは何でだろうな?
凄い良い人に会ったって気がしたのを今でも覚えてる。

「あ、で・・・でも、ねぇ?」

そう言ってまだ遠慮している母親。
そりゃヤーさんと同じボックスじゃ心中も複雑だろう。

「だって奥さん、席ひっくり返したらお母さんと別々になっちゃうだろ。なぁ?」と言ってまたヤーさん子供に話し掛けている。

「うん」と頷く子供二人。

まぁ頷くしかないだろうな、あの場合。
大人の俺でも頷いちゃうわ。

「そ、そうですか?じゃぁお言葉に甘えて・・・。お兄さん有り難うは?」

子供にお礼を促すお母さんだった。

(やれやれ・・・)

緊張がほぐれたら急に眠くなってきた。
薄目で見るとヤーさん酒をビニール袋にごっそりに詰め込んでいらっしゃる。

(さすがヤーさんだ、気合いが違うぜ!)

俺はお隣に耳を思いっきりそばだてつつ目を瞑っていた。
草食系の人間は肉食系の人間が側に来ると気になってしょうがないのだ。
こういう時、自分という人間の小ささを改めて思い知らされる。

「ボウズ達はこれから何処へ行くんだ?うん?」

どうやら子供に話し掛けてるご様子。
プシ!ってさっそく缶ビールのフタ開けながら。
なるべく優しく言ってるつもりなんだろうが声が、やっぱりドスが利いてんのよ。
こえー。

「秋田!」と男の子が言うと、「お婆ちゃんち!」と女の子が補足している。
子供は無垢だからもう危機感をあまり感じてないようだった。

「お~秋田かおっちゃんの実家も秋田。秋田は美人が多いんだぞ~!だからお母さんも美人なんだ?なぁ?」

そう言って奥さんの方を見てニタニタ笑っている。
奥さん困った顔をして笑っているだけだった。

(これは困ったな・・・どうしよう・・)というのが率直な心の言葉だっただろう。

でも確かに美人だったよ。
いや、美人と言うより可愛い感じの人だった。
小柄だった記憶がある。
ごめん、具体的な顔つきまでは忘れちゃった。

そこからしばらくとりとめもない様なぶつ切りの世間話をしていたな・・・。
方言の話とかしてた記憶がある。
南部はどーたらで、北はちょっと違うとかなんとか・・・。
ごめん詳細な話を覚えてない。

そうこうしてるうちにもビールは進む進む・・・。
見るともう5本目開けてんだぜ?
(延べにして1時間ちょっとしか経ってねぇだろ?)
車内が酒臭ぇ酒臭ぇ。
あの独特の甘~い匂いが充満してんの。
こっちが飲んでないとあの臭いキツいよな。

そして駅が進むにつれ、だんだんと人も降りて席もまばらになっていった。
窓の外は緑の田園風景がのどかに延々と続いている。
まぁ殆どの人が秋田くんだりまで行かずに途中の観光地で降りるんだろうね。
奇しくも俺とお隣の席だけが人口密度が高かった。
つくづく(ついてねーな)と心底思ったよ、マジ。
何でこんなにガラ空きなのに俺とこの親子はヤーさんの隣の席に座らなければならねーんだ?っつぅ。
まだ寝たふりしながら薄っすら目を開けて隣席の状況を探る俺だった。
気になって寝られやしない。

ヤーさんはとうとう5本目のビールを完全に空け、何とウイスキーの小瓶を取り出したのである(まだいきますか?)。
でもさすがにちょっと赤ら顔になっていらっしゃる。
まぁそれはいいのだが、さっきから気になる事が一つ。
少しずつではあるがヤーさんの体が奥さんの方向に傾きかけている・・・気がする・・・。

(いや・・・気のせいだよな、酔っぱらってるし・・・)と思い直す俺。

どうしても良い人だと思い込みたい俺だった(そんな事ってないっすか?)。
しかしヤーさん豪快に足をおっ広げ、手を背もたれに投げだしてんだけど、明らかに奥さんの側に領空侵犯してんのよ。
まぁヤーさんはだいたい手足おっ広げてるのもんなのかもしれんから意図したもんじゃないと思ったけどね。
でも奥さんが体を起こしてるから背中には触れてないけど、寄りかかったら触れちゃう微妙な距離。
俺、気になってしょうがなかった。
現に奥さん超居づらそう・・・。
顔を引き攣らせてるし。

そんな母親の戸惑いにも気付かず、呑気にガキ共は「おかーさん!これ食べていい?」と、どうもお菓子を喰っていいのか聞いている様子。
ヤーさんは酔っぱらった厭らしい目でニタニタ笑いながら奥さんの方を見てる。
ちょっと厭な予感がした。
ごめん、言葉には上手く言い表せないんだけど、いわゆる(この女抱きてぇ)みたいな無言のオーラがあんのよ、ムンムンと。

(脱出しちゃえよ!次の駅で降りちゃえ!)

危機感を感じた俺の良心が叫んでる。
・・・んだけど逆にチンポは良からぬことを期待して高まってくるわけ。
男ってのはどうしようもねーな。

「あんまり食べちゃだめよ・・・」

奥さん、顔を引き攣らせながら言ってんの。

「ボウズよかったな」

そう言ってポケットをなにやらごそごそやっている・・・。
何が出るのか俺はドキドキしながら薄目で見てた。

「ガム喰うか?おっちゃんもう要らないからやるよ」と言って子供に差し出すヤーさん。

言葉にしちゃうと、とても良いヤーさんに聞こえるが、これで奥さんが逃げにくい環境を作られちゃったような気もする。
ヤーさんてこういうとこが上手いんだよな、たぶん意識しないでやってんだろうけど。
いい人そうに装いつつ、現に腕は図々しくももう奥さんの肩に届きそうなとこに来てんだもん。

「ありがとー!」と言って女の子の方が無邪気に手を伸ばしてんの。

(バカ!もらっちゃ駄目だって!)

俺、気が気じゃない。

「す、すみませんどうも・・・」と奥さん礼を言っている。

(礼なんか言っちゃだめだよ逃げなよ)

そう思うんだが、言わせちゃう雰囲気を作っちゃうとこがさすがだとも思った。

「いいんだよ、要らねぇって思ってたんだからよ、なぁ?」

そう言ってヤーさん女の子の方を見て笑ってる。
しかし手はもう奥さんの肩にかかりそう・・・。
俺はもうそっちが気になってしょうがなかった。
その時だ。

「お?奥さんその指輪いい指輪じゃねえか!?」

そう言っておもむろにヤーさんが奥さんの手を握ったわけ。

ドキン!
他人の奥さんなのに俺の方がビクった、マジビクった。

「あっ・・・はぁ・・・あの、け、結婚記念に・・・」

奥さん、ビクっとしながら生真面目に応えてんの。

(やめて!って言えよ!バカ)と思ったが、指輪褒められてんのに、(やめて)とも言い辛いんだろうな。
それにヤーさん独特の威圧感もある。

「高かったろ?え~?何カラット?」と言いながら奥さんの白い指を撫で撫でしてるわけ。

「あっあっ・・・な、何カラットなのかしら・・・主人が買ってきてくれたから良く分からなくて・・・」と奥さん。

撫でられるヤーさんの指の動きにビクッ!ビクッ!っと体を強張らせるんだけど、なかなか拒否できないでいる。

「お母さーん!あっちの席行ってゲームしてもいい?もう誰もいないよ?」と呑気なことを言うガキ。

(気付けよバカ!)とマジ思った。
俺があのぐらいガキだった頃なら気付くと思うな。

「おう!行け!行け!もう誰も来ねぇよ!貸し切り電車だ!」

ヤーさん、まるで邪魔者を追い払うかのようにシッシッとやっている。
母親の危機に気付かず無邪気に走ってくガキ共。

「わ、私も行こうかしら・・・」

奥さん、そ~っと席を立とうとしている。

「いいから奥さん、同郷同志飲み直そうや、な?」

ヤーさん奥さんの手を引いて強引に席に引き戻した。
ドスン!と席に尻餅をつく奥さん。

「あっ、・・・で、でも私お酒は・・・」

そう言って必死に逃れようとしている。

「なに奥さん恐がってんだ?あ?」

急にドスの利いた声。
(マジ怖いっす)

「こ、恐がってなんか・・・ないですけど・・・」と奥さん。

「そうか!ごめんな強要してるつもりはねんだけどよ。同郷の女に会えて嬉しいんだよ。奥さんウィスキー飲む?」

ヤーさん、瓶を差し出してる(完全にからまれてる)。

「い、いえ・・・本当に飲めないんです・・・私」と奥さん。

「ほんとかよ?え~?秋田の人間は酒強ぇんだけどな」とヤーさん。

そう言いながらもズンズン奥さんの方へ寄りかかっていくわけ。
今にも押し倒されそうだ。
率直にこの間合いの詰め方はヤーさんにしか出来ない。
言葉に表現は出来ないんだけど、拒否する隙を与えないんだよな。
率直に俺がカマ堀り目的で言い寄られても拒否できる自信がないよ、マジ。

「はぁ、父は強いんですけど」と奥さん。

そんな中ガタタンガタタンと何度か電車がトンネル出たり入ったりを繰り返してる。

「ふ~ん・・・」

しばらく奥さんの体を充血した目で舐め回すように眺めるヤーさん。
奥さん無防備に水色のタンクトップなんか着ちゃってるところが思いっきり逆効果だ。
豊かな乳房が強調されて思いっきり女らしさを強調しちゃってるし。
デニムの短めのスカートなんか欲情してください的エネルギーを補充させるのに十分だっただろう。

「奥さん何かスポーツやってたろ?」

ぶしつけにヤーさんが言った。

「え?何でですか?」と奥さん。

「だって子供二人も居たら普通体ユルユルになんのに、奥さんずいぶん引き締まったボディしてるから」

そう言って、ボンッキュッボンって胸と腰と尻を両手で表現して見せてる。

「ハァ・・・昔はテニスやってましたけど・・・今は全然・・・」と奥さん。

「あ~テニスねぇ、あれ体力使うからな」

ヤーさんもう奥さんと20cmぐらいに顔近づけてんの。
それを避ける奥さんの体勢はもう座席に寝そべってるみたいな感じになってた。

「も、もう随分昔の話ですけど」と奥さん。

必死に体を避けようと仰け反ってるんだけど、あんまりあからさまに避けるとまた凄まれると思ったからなのか中途半端。

「俺もスポーツやってたんだけど、何やってたか分かる?」とヤーさん。

「え・・・っと何かしら・・・柔道とか?」と奥さん。

確かにそんな体格をしてた。

「ボクシング」

そう言ってヤーさん拳を作って見せてる。
その手首に金色のゴツイ時計が光ってたのを今でも覚えてる。

「ああ・・・ぼ、ボクシング・・・す、凄いんですね」と一応おだてる奥さん。

「別に凄くねぇけどよ、もう腹なんかブクブクになってるしよ」

シャツの上から腹を摘んで見せてる。

「す、スポーツってやらなくなるとすぐ体が弛んじゃうんですよね」と奥さん。

「おう、もう見る影もねぇけどよ、でも腹堅めると腹筋だけはちゃんと残ってんだぜ、奥さん触ってみな」

そう言って腹を突き出すヤーさん。

「えっ」

戸惑いを隠せない奥さん。
ヤーさん返事を待たず奥さんの手をとり、自分の腹に持ってった。

「な?硬ぇだろ?」とヤーさん。

上下にゆっくり自らの腹筋を触らせてんのよ。
で、ゆっくり・・・ゆっくり・・・股間付近まで撫でさせてるわけ。

「あっ!ん・・・ほ、ほんとだ硬いですねすごい・・・」と奥さん。

「奥さんの腹はどうなんだよ、え?」

そう言って奥さんのお腹を覗き込んでる。

「わ、私はもう、全然・・・」と奥さん。

「あ?そんな事ねぇだろ?どれ・・・」

とか言って奥さんの腰から手を廻し、なんと腹を撫で始めたわけ!

(だめだ~!逃げろ~!)

俺の心が叫ぶ。

|FC2ブログランキングで寝取られ体験談を読む|
関連記事
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

宿泊客の母娘3人に中出し
【DMMコミック】同人:関係を清算しにきた叔母を再び快楽堕ちさせるまでの一週間。(直タイトル) SP/PC
[ 2016/11/11 12:14 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング