NTR使える寝取られサイト

寝取られ体験談、人妻寝取り体験談など、寝取られに特化したサイト。寝取られ動画などの紹介もしています。

オシャレから遠ざかっていた妻が、女へと戻ってしまって14

それから何もお互い話をせずに、どれくらい時間が経ったのかわかりませんが、私の頭の中では色んな葛藤が駆け巡っていました。

妻の方はシクシクと泣きながらもその場に倒れこんだままでした。

私はあえて妻と出合ってからのことを思い浮かべました。

シーンと静まりかえった妻の部屋で、倒れこみ泣きじゃくる妻を見ながら・・・

・オリジナル体験談一覧 ・寝取られ動画同人ランキング ・官能小説を探す

妻と出会って、すぐに娘達が生まれて、必死に自分のことも気にせずに娘達を育ててきた妻の様子やその時々の娘達の様子を回想シーンのように私の頭のなかで浮かばせながら自分の気持ちを落ち着かせようとしました。

なんの愚痴を言う訳でも無く、自分の事など気にもせずに、私と娘二人の為にだけ必死に家事をこなし、家庭を守って来てくれた妻。

空気のような存在の妻が家を出て行ってから妻の有り難さを始めて痛感した私。

そして・・・今妻の口から聞かされた信じられない行動を告白した妻。

どれもが現実の妻と私の姿でした。

私は自分自身に言い聞かせるように口を開きました。


「まゆみ・・・そんなに辛かったのか・・・」


私がそう言った瞬間に起き上がり泣きながら、私の前に正座をする妻でした。

「忘れたかったんだ・・・」
「・・・・・」
「もし俺がこのまま怒って帰っていれば、また会うかもしれないよな」
「・・・ううん。もうそんなことはしない・・・」
「わかんないだろ!嫌なことがあれば逃げ出すためにセックスしに行ったんだろ!」
「・・・・・」
「そいつとのセックスで嫌なことを忘れられるから快感だったんだろ」
「・・・・・」
「ケンジとのセックスでは満たされないからだろ」
「・・・・・」
「どうんなんだよ!黙っていてもわからないだろ」


妻がゆっくりと話し始めめした。


「そうかもしれない・・・いつもいつもあなたの事や、あの娘達の事、そしてケンジの事ばかり考えてた」
「・・・・・・・」
「辛くって・・・辛くって・・・毎日考えるのが辛かったの」
「・・・・・」
「ダメだって解っていても・・・あの日のことを思い出して・・・電話して・・・遭ったの」
「その時だけは忘れられたんだろ?」
「・・・・うん。けど家に帰ってくると・・・もっともっと落ち込んだ」
「当たり前だろ・・・」
「・・・・うん」
「まゆみ?今晩泊まってもいいか?」
「え?」
「まゆみが嫌でなければ俺をここに泊めてくれ」

妻は大きな眼をまん丸にして私のその言葉に驚いたようでした。

「ダメか?」

しばらく何かを考えて俯いたまま、私を見ることは無く


「パパがそう言うなら・・・・」



私は妻の部屋に泊まることにしました。


「あの娘達に連絡はしないでいいの?」
「遅くなるときは朝方になることもあるけど、朝心配するといけないからもう少ししてからメールしておくよ」
「そう・・・・」

妻は少し不安げな表情を浮かべて机の上の空になった缶ビールを台所の方へ持っていきました。

私が泊めてくれと言ってから口数が極端に減った私と妻でした。

「そろそろ寝ようか?」私は二人でテレビを見て何も話さない妻にそう言うと妻は「私はここで寝るから・・・」と机の上のモノを片付け出しました。

「ベットで二人で寝れないか?」その言葉を恐れていたかのように妻の動きが一瞬止まりました。

「お風呂に入らないの?」私のその問いかけを避けるように妻は私からの視線を合わせないように片付けながらそう問いかけて、台所へと。

「入ってもいいかな?」私がそう言うと「いいよ。シャワーでいい?それともつかりたい?」
「うん。シャワーでいいよ」
「そう?じゃぁバスタオル出すね」

そう言って小さなタンスからバスタオルを出して私に渡してくれました。

私が風呂場へと向かおうとしたときに「着替えないでしょ?」と聞いてきたので、「別にいいよ。このままで」と答えると
「パンツくらい履き替えないと。さっきコンビにで買ってくればよかったね。今から買ってくるよ」

「いいって。今度は俺が行ってくるから」私はそう言って脱ぎ掛けたシャツをもう一度着なおしてコンビニへと向かいました。

妻の部屋を出て、コンビニまで行く間、私は娘達に会社の同僚とサウナに泊まるからとメールを打ちました。
コンビニに着くまでに二人の娘から直ぐに返事が帰って来ました。

(何かあったんじゃないよね)娘二人は本当に同じ内容のメールを私に返信してくれました。

つくずく二人の娘に心配をかけていることを痛感し、二人の娘に(何もないよ。同僚とゆっくり風呂につかりながら話をしたいから。朝には帰るね)と嘘の返信をしました。

直ぐに二人から殆ど同時に(わかった。おやすみ)とメールが帰って来ました。


コンビニで自分のパンツを買って妻のアパートへ戻った私は、風呂場に行き、シャワーから勢い良く出る少し温目のお湯を頭から被りながら、自分自身に嘘を付かずに妻と向き合えるようにと願う私でした。

「お先に入らせてもらったよ」と風呂から出て妻にそう言うと妻は「じゃぁ私も入るね」といい私に隠すようにバスタオルでタンスの引き出しから自分の着替えを出して風呂場へと行きました。

自分の妻がただ風呂へ入りに行っただけの事でコレだけ気を使うことなんて、今までありませんでした。
今までなら私も素っ裸で風呂から出てきて、うろうろしていたのにその時はきっちり着ていた服を着てから、妻のいるところに戻りましたし、妻もまたジャージに着替えて髪の毛をタオルで拭きながら風呂場から出て来ました。

風呂から出てきて妻が出してくれた缶ビールを呑みながらテレビを見ている私の横に、妻も冷蔵庫から缶ビールを出して来て座りました。
何も話さない私と妻。ただテレビの音だけがしている部屋でした。

しばらく何もしゃべらずに、ビールを呑みながらテレビを見る私と妻でしたが、ビールを呑み終えた私がもう一度妻に「そろそろ寝るか?」と問いかけると妻は、「はい」と一言だけ返事して開いた缶ビール二つを台所に持って行きました。

「ダブルじゃないから狭いかもだよ」
「いいよ。俺が奥に寝ればいいかな?」
「どっちでもいいよ」

夫婦とは思えないよそよそしく、まるで初めて彼氏が彼女の部屋に泊まったときのようでした。

私が先にベットへ仰向けに寝ると電気を消してから妻がそっと私の隣に入って来ました。

「何か緊張するな・・・」
「うん・・・そうだね」

妻は私に背を向けてそう答えました。

「まゆみ?俺が嫌か?」
「・・・・・・」
「そんなにこうして一緒に寝るの嫌か?」
「そんなことないよ」
「そっか・・・」
「うん」
「じゃぁ戻ってくればいいじゃないか。こうして寝るのと何も変わらないだろ?」
「・・・・・」
「色んなことを考えれば考えるほど、辛くなるだけじゃないかな?」
「そうだけど・・・・けど」
「けど何だよ?」
「今までのようには出来ないよ・・・」
「そうする必要ってあるのかな?」
「だって・・・パパは嫌でしょ?」
「嫌って言うよりもまゆみが居ない方が俺は嫌かな・・・」
「こんな私だよ?」
「どんなまゆみなんだよ・・・どこか変わったか?」
「・・・・・・・」
「まゆみが俺を生理的に受け付けないのならこうして一緒に寝れないだろ?今苦痛か?」
「苦痛じゃないけど・・・」
「それがただの情で苦痛じゃないかもしれないけど・・・嫌だと思う奴とはこうして一緒に寝れないだろ?」
「・・・・・・」
「俺も一緒に寝れるかどうかって思ったけどさぁ・・・苦痛じゃない」
「そうなんだ・・・・」
「うん。まゆみがしたこと考えると叫びたくなるほど悔しくって、辛くって仕方ないよ」
「・・・・・・」
「けど・・・まゆみをそうさせたのも俺だから・・・」
「パパだけのせいじゃないよ」
「正直に言うと・・・」
「うん。何?」
「今、まゆみを抱けるかっていうと抱けないと思う・・・」
「・・・・・・」
「まゆみだって同じだろ?」
「・・・・・・」
「前までの俺ならきっと・・・まゆみがどんな風に抱かれたんだろって思ったと思う」
「うん」
「けど・・・今は抱かれたってこと忘れたいくらいかな・・・」
「・・・・・・」
「まゆみを以前のように信頼できるかって聞かれれば、うんとは答えられない」
「・・・・・・」
「それもまゆみと一緒だと思う」
「ううん・・・私はパパを疑ったりはしないよ」
「それって、まゆみ以外の女とってことだけだろ?」
「そんなことないよ・・・パパに裏切られたなんて思ってないから・・・」
「じゃぁ・・・どうして・・・したんだよ・・・」
「・・・・・・」
「どうして・・・抱かれたんだよ」
「ごめん・・・・」
「俺は辛くってもまゆみ以外の女に逃げたりしない」
「・・・・・・・」
「どうして・・・・どうしてまゆみは・・・抱かれるんだよ・・・悔しいよ・・・」


怒りよりも悔しさしか、そのときはありませんでした。

自分の愛する妻が、ただ嫌なことを忘れるために好きでもない男に抱かれたことに悔しくて仕方ありませんでした。

そんな私に妻がこう言って来ました。

「じゃぁどうしてパパは私を自由にさせたの?どうして他の男の人に抱かれて来いなんて言ったの?」
「それは・・・・」
「どうしてパパだけにしてくれなかったの?嫌なら・・・・」
「嫌じゃなかったよ」
「嫌じゃなかった?じゃぁどうして悔しいの?」
「どうしてって・・・」
「それって・・・自分の妻が軽い女って思うからでしょ?私が軽い女ってことに耐えられないんでしょ?だから悔しいのでしょ?」
「・・・・・・」
「私を軽蔑してるのでしょ!」

妻が少し声を荒げてそう私に言います。

「だからパパと一緒に入れないの・・・そう思ってるって私にはわかるから!」
「・・・・・・」
「汚い女って思うから抱けないのでしょ!!パパがそう思ってるから・・・だから・・・だから」

感情をむき出しにして私にそう言う妻でした。

「そんなのわかってるさ!自分でも嫌になるくらい! まゆみに言われなくっても!」
「じゃぁどうして戻って来いなんて言うのよ!!」
「自分でもわかんないさ!許せないって気持ちもあるってことも」
「じゃぁどうしてそんなこと言うのよ!そんな簡単に!」

その時の妻の表情は今でも忘れません。

私が始めて見た、憎しみをも持つような表情で私に怒鳴るようにそう言いました。

「わかってくれよ・・・・」

「何をわかれって言うのよ!私はパパが思ってる様な誰とでも寝る女なの!汚い女なのよ!」
「・・・・・・」
「好きでもない男に抱かれて喜ぶ女なの!だから・・・もう戻れないの!」
「・・・・・・」
「わかったでしょ!」
「まゆみ・・・本気でそう言ってるのか?」
「本気だって!パパが思ってるような女じゃないの!それくらいわかってるでしょ!」
「わかってるさ・・・・けど・・・」
「けど何よ・・・もういいって・・・」

妻の声が小さくなりました。

「いいことなんかないって・・・」
「無理だよ・・・パパ」
「無理なんてことないんだよ」
「もういいから・・・これ以上憎しみ合うのは嫌だ」
「憎しみ合ってないだろ・・・」
「一緒にいると・・・ずっとこんなことで言い合いになるんだよ。お互い自分が制御できなくなって」
「まゆみはそんなに簡単に終わりにできるんだ・・・・」
「・・・・・・」
「何度も何度も考えても・・・俺には出来ないんだよ」
「私だってあの娘達のこと考えるとパパと暮らす方がいいって思う・・・けど・・・きっと毎回こんなことで言い合いになるって」
「まゆみはケンジがいるからそんなに簡単に割り切れるんだろ?」
「ケンジにも話すよ。パパに今日話したこと」
「・・・・・・」
「ケンジもパパと同じ思いすると思う・・・だから御終いにしようって思ったの」
「そっか・・・・」
「そうよ・・・」
「俺は・・・俺は諦められない・・・」
「・・・・・・」
「何度も何度もまゆみを・・・嫌いになろうと思っても・・・・なれないんだよ」
「・・・・・・」
「どれほど嫌いになれれば楽かと思ってるよ・・・けど・・・出来ないんだよ!」
「・・・・・・」
「まゆみが苦しんでるように俺も苦しんでるんだ・・・まゆみがしたこと許せなくっても・・・汚い女だって思っても・・・嫌いになれないんだよ・・・」
「・・・・・・」
「そんな俺どうすればいいんだよ・・・・」
「・・・・・・」


それが私の本音でした。そして妻も同じように私に言ったことがそのときの本音だったと思います。
しばらく何も言わなくなった私と妻でしたが、妻が起き上がりベットから出てベットの傍に立ちゴソゴソとしだしました。

真っ暗な部屋の中を目を凝らしてゴソゴソする妻を見たとき妻は着ているものを全て脱ぎ、私を見下ろすようにこういいました。




「パパがそこまで言うなら私を抱いてみてよ」


真っ暗な部屋の中で薄明かりに照らされた、久しぶりに見る自分の妻の裸体はどこか以前の妻のようには見れずに、目をそらす私でした。。

すらっと伸びた長い脚、年齢の割には引き締まったウエスト、そして大きくはない少し膨らんだ程度の乳房、時々私の目に飛び込むその姿はとても綺麗に見えました。

「どうして目をそらすの?私の身体を見るのも嫌?」
「そんなことはないよ。ただ長い間見ていなかったから」

私がそう言うと妻は、生まれたままの格好で私の寝ている横にそっと入って来ました。
そして黙ってじっと天井を見つめている妻でした。

「まゆみ?どうして抱いてなんて言うんだ?」
「・・・・・・・」
「俺はそんなつもりで今日ここへ泊めてもらった訳じゃない」

仰向けに寝ていた妻が私のその言葉を聞いて私の方を向き、私を見つめていました。

「パパは私を抱けないでしょ?」
「そんなことはわからないよ」
「だったら抱いてよ。抱きたくないでしょ?」
「まゆみは心底、俺に抱いて欲しいと思ってるのか?」
「思ってるよ・・・だからこうして・・・」
「本当に?」
「うん・・・」
「すまない。その気にならないんだ・・・まゆみが嫌じゃなくって」
「私が軽い女だからでしょ・・・・」
「そんなんじゃないよ・・・」

私がそう言った瞬間に妻は私に抱き付いて来ました。

「お願い抱いてよ・・・」

そう言って私の愚息を愛撫し出す妻でした。
私のトランクスの中に手を入れて来て、私のまだ小さな愚息を愛撫し出しました。

妻の愛撫の仕方すら、どこか私の知っている頃の妻とは違う気がしました。
なかなか大きくならない私の愚息を妻は起き上がり、自分の口で愛撫し始め、私の袋から、そして時々乳首まで愛撫をする妻の動作一つ一つが違って感じる私はどれだけ妻の愛撫を受けても私の愚息が大きくなることはありませんでした。

いくら自分の口と手を使っても大きくならない私の愚息に痺れをきらせたのか、妻は片手で私の袋とアナル、そして愚息とを順番に優しく撫でるように愛撫しながら私に言いました。

「パパは本当に私のこと嫌だって思ってるんだね・・・」
「・・・・・・」
「身体は正直だよ・・・・」
「そんなことないって」
「ううん・・・いいよ無理しなくっても」
「無理なんかしていないって」
「だって・・・わかるんだ・・・」
「何を?」
「パパは興奮してないって・・・・」
「・・・・・・」
「嫌だよね・・・こんな女」
「そうじゃないって・・・じゃぁ まゆみはどうなんだよ?」
「何が?」
「興奮してるのか?」
「してるよ・・・・触ってみてよ」

私の手を取り自分の股間へと導く妻でした。

久しぶりに触れる柔らかい妻の陰毛の感触は懐かしい気がしました。

そして導かれるまま妻の淫唇に私の指が導かれたとき、妻のその部分はすでに熱くなりヌルヌルした愛液で満たされていました。

「興奮してるでしょ?」
「あぁ」
「俺、自分でもよくわからないんだよ・・・」
「何がわからないの?」
「今まではまゆみが他の男に抱かれたって聞くだけで、凄く興奮したんだ」
「・・・・・・」
「けど今・・・まゆみが俺を感じさせようとしてくれた一つ一つが前と違うって思っちゃうんだよ」
「かわってないと思うけど・・・」
「いや・・・変わってるよ。まゆみが気が付かないだけだって」
「そう?そんなことないよ。パパがそんな風に思うからだよ」

妻は私に背を向けてそう言いました。

「わかんないんだよ・・・本当にどうして興奮しないのかが・・・」
「嫉妬もしない?」

妻は寂しそうにポツリと私に背を向けたまま、そう言いました。

「まゆみが行きずりの男にどんな風に抱かれたって聞きたいって思う気持ちが無いって言えば嘘になる・・・けれどそれを想像すると・・・」
「興奮しないのね・・・」
「嫌なのかどうなのかさへ、自分でもわからないんだ」
「ごめんなさい・・・」
「まゆみが誤ることないって・・・まゆみは俺とセックスできるのか?」
「出来ると思う・・・たぶん・・・」
「本当に?」
「でも・・・・前とは少し違うかな・・・」
「前と違う?」
「うん。前までなら上手くいえないけれど、エッチしたいって気持ちじゃなくって・・・」
「今はエッチな気持ちなのか?」
「ううん。そうじゃないけど・・・ぎゅっと抱きしめて欲しいって思う気持ちの先にエッチがあったように思う」
「今は違うだろ?」
「うん・・・違うね・・・」

私に背を向けていた妻が、私の方へ向き直り、少し私によりそって来ました。


「エッチしなくっていいじゃないか?」
「うん・・・パパがそれでいいのなら・・・私はいいよ」
「うん」

妻はベットから出て下着を取りそれを身につけ、そしてTシャツを着て、そのままトイレへと立ちました。

|FC2ブログランキングで寝取られ体験談を読む|
関連記事
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

宿泊客の母娘3人に中出し
【DMMコミック】同人:関係を清算しにきた叔母を再び快楽堕ちさせるまでの一週間。(直タイトル) SP/PC
[ 2016/11/29 17:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
おすすめサイト
動画紹介
ランキング