バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3【ブロマガ】

前回の話

優美ちゃんは、完全に俺とのセックスにハマってしまったみたいで、なんでも言いなりになった。優美ちゃんの家庭を壊す気はないけど、優美ちゃんは、もうパパさんとのセックスでは物足りないと思ってしまっているようだ。

今日は大学が早めに終わったので、優美ちゃんのリクエスト通り、彼女の自宅を訪ねた。優美ちゃんの自宅は、結構大きめの一戸建てだ。渋谷区でこの規模の一戸建てだと、1億くらいするんじゃないのかな? と思う。

そんなセレブな家に、優美ちゃんは二回り近く年上のパパさんと二人暮らしだ。俺は、いつものように、宅配業者っぽい作業着を着て、彼女の家のインターフォンを鳴らした。

すると、可愛らしい声の優美ちゃんの返事が聞こえる。俺が”お届け物です”と言うと、どうぞと言って門のロックが解除される。一戸建てなのにオートロックなんて、あまり聞いたことがない。

そして玄関のドアを開けると、優美ちゃんがあられもない格好で立っていた。俺は、外から見られないように慌ててドアを閉めた。
優美ちゃんは、俺と一緒に大人のおもちゃ屋さんで選んだスクール水着を着ている。でも、学校で着るような本物ではなく、生地が極薄なので乳首も淡いヘアも透けて見えている。

『遅いよぉ。翔くんが遅いから、自分でしちゃってたよ』
少しすねた顔で言う優美ちゃん。よく見ると、手にはディルドを持っていた。これも、一緒に買ったヤツだ。
「優美はド淫乱だな。そのおもちゃで、どうやってたんだ? 見せてみろよ」
俺は、冷たい口調で命令する。優美ちゃんは顔をとろけさせ、ゾクゾクッとした快感を感じているような仕草をした。そして、優美ちゃんはそのディルドを下駄箱の横の柱に吸盤でくっつけると、そこにひざまずいてフェラチオを始めた。
まるで、本当に誰かにしているような、丁寧なフェラチオをする優美ちゃん。顔はいっそうとろけている。そして、イヤラシい舌づかいでディルドをフェラし続けると、そっと右手を股間に移動させていく。そして、ディルドにフェラチオをしたまま、スケスケのスクール水着越しにアソコをまさぐり始めた。

『んっ、んっ、んん〜っ』
優美ちゃんは、うめき声をあげながらフェラチオを続ける。アソコをまさぐる指も、どんどん動きが速くなる。クチョクチョという音まで聞こえてくる。

「そのチンポ、パパさんのより大きいのか?」
俺がそんな言葉責めを始めると、優美ちゃんは身体をビクンと震わせた。
『お、大きいです。パパさんのより、倍くらいあります』
優美ちゃんは、うわずった声で絞り出すように言う。
「パパさんとのエッチよりも、気持ちいいのか?」
『は、はいぃ。気持ちいいですぅ、全然違いますっ!』
優美ちゃんは、アソコをまさぐりながら叫ぶように言う。優美ちゃんは、興奮した顔のまま俺を見ていて、アソコをまさぐっていた指をスクール水着の隙間から差し込み、アソコを直に触り始めた。
『うぅあぁ、ダメぇ、もう欲しいっ、おまんこに入れて下さいっ!』
優美ちゃんは、幼い顔に似合わないはしたない言葉を吐く。俺は、ニヤニヤしながらそれを見続ける。すると、優美ちゃんは焦れたような顔で俺を見ながら、自分の指をアソコに入れ始めた。

少し前まで、優美ちゃんはクリトリスを優しく撫でる程度のオナニーしか経験がなかった。それが今は、指を二本突っ込んで、掻き出すように激しく動かしている。
『うぅッ、気持ちいいっ、おまんこ気持ちいいですぅ! もっと太いの欲しいぃっ!』
優美ちゃんは、自分でアソコの中をかき混ぜながら、メスの顔でおねだりをしてくる。

「そのおもちゃ入れろよ」
俺が短く指示をすると、優美ちゃんはヨタヨタと立ち上がり、スクール水着のアソコの部分をズラして、柱から生えたようになっているディルドを押し当てた。
『入れるね、パパさんのよりぶっといおチンポ、優美のおまんこに入れちゃうね』
発情して震える声で言うと、優美ちゃんはジワジワと力を入れて腰を柱に押しつけていく。すると、ディルドはすぐに優美ちゃんのアソコに埋まっていく。
『うぅぅあぁ、入ってきたぁ♡ パパさんのよりぶっといおチンポ、優美のおまんこに入っちゃってるぅ』
優美ちゃんは、はしたない言葉を吐きながら、ディルドを奥へ奥へと挿入していく。こんな玄関のすぐ横でよく出来るなと思いながらも、俺も興奮してしまう。

優美ちゃんは、柱にくっついているディルドを根元まで入れると、幸せそうな顔で腰を振り始めた。優美ちゃんは、過激なイメージビデオのモデルのような格好のまま、柱にお尻がぶつかってドンドンと音がするほど腰を振る。
そんなはしたないことをしていても、顔も格好もまるっきり少女のようだ。こんな見た目で人妻というのが、いまだに信じられない。

『翔くん、ダメぇ、欲しいのっ! もっとぶっといのが欲しいのぉ♡』
立ちバックでディルドに犯されている優美ちゃんが、本当に切なそうな顔で言う。もう、俺のチンポじゃなければ満足出来ないみたいだ。

俺は、優美ちゃんの前に立ち、ズボンとパンツを一気に降ろした。すると、優美ちゃんはディルドを入れたまま前屈みになり、俺のチンポをくわえてきた。優美ちゃんは、この疑似3Pが本当にお気に入りのようで、必死でフェラチオをしながら、狂ったように腰を振る。
『んうぅッ! んんっおっ、んっ、ん〜っ!』
優美ちゃんは、くわえたままうめきっぱなしだ。すると、唐突に身体を痙攣させながら、崩れ落ちるように床にへたり込んだ。
「誰がイッていいって言った?」
俺が冷たく言うと、優美ちゃんはとろけた顔のまま俺を見て、
『ごめんなさい。悪い優美に、罰を下さい♡』
優美ちゃんは、潤んだ目で俺を見つめている。

「よし、じゃあ、俺にケツ向けて自分で拡げろ」
俺が命令すると、優美ちゃんは嬉しそうに四つん這いになり、俺の方にお尻を向けた。そして、スクール水着のアソコの部分をズルッとズラすと、アソコを指で拡げ始めた。両手で左右に目一杯拡げる優美ちゃん。充血したような膣中からは、透明の液体がツゥーッと流れ出てくる。それが、廊下の床を濡らしていく。

俺は、幼妻にこんなことをさせていることに興奮していた。優美ちゃんは、毎朝ここで旦那さんを送り出し、行ってらっしゃいのキスもするそうだ。そんな場所でこんなことをさせているなんて、旦那さんに申し訳ない気持ちになる。
でも、旦那さんは優美ちゃんを一ヶ月に1回程度しか抱いていないという。そんな風にほったらかす方が悪いと思いながら、俺は優美ちゃんのアソコにチンポを押し当てた。そして、自分でペニスを握り、優美ちゃんのアソコにこすりつけるようにした。
『うぅあぁ、気持ちいい、翔くんのおチンポ、すごく固くなってるぅ♡』
優美ちゃんはアソコを拡げたままの格好で、甘い声を漏らす。もう、入れたくてしかたないようで、ジリジリと腰を押しつけてくる。すると、亀頭部分が優美ちゃんのまだ初々しいアソコにめり込んでいく。

『うぅぁぁぁ、おチンポ入ってきたぁ♡』
嬉しそうにあえぐ優美ちゃん。本当に気持ちよさそうだ。でも、俺はいったんチンポを引き抜いた。
『イヤぁぁ、抜いちゃダメぇ……イジワル』
優美ちゃんは、四つん這いのまま顔だけ俺に振り返る。そして、頬を膨らませながらすねたように言う。

「ほら、おねだりしろって。教えただろ?」
俺は、チンポをこすりつけながらそんな事を言う。すると、優美ちゃんは一瞬で耳まで赤くなる。そして、恥ずかしそうに、
『翔くんの大きなおチンポ、優美の淫乱おまんこに突っ込んで下さい♡ パパさんのよりも、100倍気持ちいいおチンポ、生でイイから入れて下さい♡』
優美ちゃんは、言葉を震わせながら言う。時折、身体がビクンと震えていたのは、自分の言葉でイッてしまったからなのだろうか?
「いいのか? 俺ので孕んだら、どうするつもりだよ?」
俺は、実際少し心配に思っていることを聞いた。優美ちゃんは、俺との経験以来、膣奥に射精されることの快感に取り憑かれてしまった。とにかく、中に出して欲しくてしかたないようだ。そして俺も、幼妻の子宮に注ぎ込む事への快感にハマってしまっている。
自分の精子で、人妻を孕ませてしまうかも知れない……。身体だけではなく、幼妻の子宮の中まで寝取ってしまうかも知れない……。そう思うと、ゾクゾクするような背徳的な快感を感じる。タブーというのは、破ってこそだと思っている。

『ダメぇ、そんなのダメなの……。パパさんの以外で、妊娠しちゃダメなのにぃ』
優美ちゃんは、泣きそうな声で言う。でも、身体が紅潮していて、息遣いもとても荒い。どう見ても、興奮しきっていて、孕まされるのを望んでいるように見えてしまう。

「絶対に妊娠させるからな。優美、お前は俺の女だよ」
俺は、人妻相手になに言ってるのだろう? と思いながら、チンポが鉄のように固くなっていくのを感じる。
『ヒィあぁ、あ、ダメぇ、妊娠しちゃうぅ、翔くんのおチンポで妊娠しちゃうぅ♡』
優美ちゃんは、興奮しきった感じだ。
「絶対に産めよ。俺と優美の子、絶対に産むんだぞ」
俺は、半分本気で言った。最近では、遊び程度かな? と思っていた優美ちゃんに、俺は結構な好意を持っている。出来ることであれば奪ってやりたい……。そんな事すら思っている。

『うぅあぁ、翔くん、ぅ、産みますぅ、翔くんの赤ちゃん、産んじゃいますぅ♡』
優美ちゃんは、とろけた声で宣言した。俺は、その言葉と同時に、腰を思いきり押し込んだ。痛いかな? と、少し心配するくらいの力強さでチンポを押し込むと、
『ヒィギィィッ! ンうぅああぁっ!! イクぅっ! おチンポ凄いのぉ♡ イクぅっ! イッちゃうよぉ♡』
優美ちゃんは、俺にバックで一突きにされ、身体をのけ反らせるようにしてあえいだ。
「こんな玄関でイキまくって、パパさん帰ってきたらどうするんだ?」
俺はそんなことを言いながら腰を振り続ける。
『うぅああっっ、イッちゃうっ! 見られながらイッちゃうっ! 優美が妊娠させられるの見てもらうのぉっ!!』
俺は、優美ちゃんの乱れっぷりと、メチャクチャよく締まる膣の快感に、一気に限界が来てしまった。
「優美、イクぞ、良いのか? ホントに妊娠しちゃうぞ!」
俺は、イク間際になって、少しビビってしまった。
『イッてっ!! 中にっ!! 一番奥でザーメン出してっ! 翔くんので妊娠するのぉっ!!』
優美ちゃんは、そう叫ぶと、アソコを拡げ続けていた指を自分の乳首に持っていった。そして、バックでハメられながら、自分の両乳首を摘まみだす。本当に、信じられないくらいにセックスにハマってしまっているようだ。

俺は、そんな優美ちゃんを見ながら、思い切り腰を押し込み、まだ幼い膣の中にたっぷりと射精を始めた。
「イクっ! 妊娠しろっ!!」
『ンおおおぉおおぉッ! 熱いの出てるぅ、翔くんのビュルビュル出てるよぉ♡ 赤ちゃん出来ちゃうぅ、パパさん、ゴメンね、翔くんので妊娠しちゃいますぅ♡』
優美ちゃんは、幼い顔からは信じられないくらいに卑猥なことを言って果てた。腰のあたりがガクガクと震え、俺を見る顔は快感に歪みきっている。

優美ちゃんの家に来ると、たいていはこんな風に玄関で始まってしまう。スリルがたまらないようだ。でも、今日はもっと過激なことをしようと決めていた。と言っても、ほとんどは彼女のアイデアなのだが、さすがにこれからする今日のプレイは、俺としてはビビり倒している。

『じゃあ、靴隠すね』
優美ちゃんは、エロいスクール水着姿のまま俺に言う。ズラしていた股間部分も元に戻っているが、膣から流れ出てくる俺のザーメンで、凄いことになっている。今日は、俺の希望でツインテールにしているので、余計に幼く見える。こんな幼い見た目なのに、すでに人妻……。そのギャップに、俺はどんどんハマっていく。

「本気なんだ。優美はド変態になっちゃったね」
『翔くんが変えたんでしょ。ホント、ひどい先輩だ』
優美ちゃんは、可愛らしい顔で言ってくる。こうやってよく見ると、本当に整った顔をしている。今は、ツインテールでスクール水着なので可愛らしく見えるが、黙っていると怖いくらいに美人だと思う。俺は、旦那さんに嫉妬してしまう。こんなに素直で可愛い優美ちゃんと結婚出来るなんて、おっさんのくせにズルいと思ってしまう。

「もう帰ってくるの?」
『まだ平気だと思うけど、準備しとかないとヤバいでしょ?』
優美ちゃんはそんな事を言いながら、俺の靴を下駄箱の中の隅っこに隠した。そして、エロい格好のまま廊下を進んでいく。お尻も丸っと透けていて、可愛らしいお尻が丸見えだ。そして、流れ出ているザーメンが、生地を通り抜けて太ももまで流れていく。そして、歩くたびに揺れるツインテールも、俺の欲情に火をつける。

優美ちゃんは、そのまま階段を上がっていく。俺は、我慢しきれずに後ろから彼女に抱きつき、小ぶりな胸を鷲づかみにする。
『アン♡ 翔くん、エッチ』
優美ちゃんは、可愛らしく喘ぐ。俺は、せっかく穿いたズボンとパンツを膝まで降ろし、立ちバックで彼女の膣に挿入した。
『凄いぃ、もうカチカチ♡ 翔くん、気持ち良すぎて好きになっちゃう』
優美ちゃんは、立ちバックでハメられながら、顔だけ俺に向けて言う。
「俺のこと、まだ好きじゃないの?」
俺は、腰をガンガン振りながらそんな質問をする。
『す、好きだよ、うぅあっ、奥当るぅ♡ パパさんより好きになっちゃうって事……ヒィうぅあぁ、深すぎるぅ』
優美ちゃんは、小さな身体を震わせながら、どんどん高まっていく。俺とセックスをするようになって、まだ2か月ちょいだ。本当にウブで、ほぼ処女と言ってもいいくらいの経験値だった。それが今は、中イキ、ポルチオイキなんかまでするようになってしまった。

「ほらっ! もっとイケっ!! 俺のことが一番になれよっ!!」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング
動画紹介