妻が流産で入院したが、私とはセックスレスだった

ある日、会社で仕事をしていると、妻の勤め先から「妻が救急車で病院に運ばれた」と連絡してきました。
私が病院に駆けつけた時は医師の診察が終わったところで、妻は処置室に向かう途中でした。
医師は私に、「流産です、胎児は2~3ヶ月ですね。しばらく入院したいただきます」と診断結果を告げました。
頭を思いっきり殴られたような気がしました。

妻とは一年近く夫婦の営みが無かったからです。
後は妻の母に任せて、私は妻が入院できるよう寝巻きや下着、身の周りの物を用意しに帰宅しました。
下着を取り出す時、整理ダンスをすべて開けてみましたが、私が知っている物ばかりで変わった様子はありませんでした。
そして、いつも妻が使ってる乳液だけでもと思って鏡台の前を探していると、鏡台の後ろに隠すように紙袋がありました。
中には、私の見たことのない可愛い薄ピンクのネグリジェと、水色の花柄のブラジャーとショーツが入っていました。
確かに小柄で若々しく見える妻には似合うかもしれないが、34歳の女性が着るには恥ずかしいのではないか。
それとも相手の男性の好みに合わせているのか・・・とも思いました。

用意した物を持って行くと、妻は処置も終わり、病室にいました。
しばらく妻の母と3人で入院中のことを話して、その日は面会時間いっぱいまでいました。
家に帰って部屋で一人になると、私と妻、相手の男性と妻のことで頭の中がいっぱいになり眠れませんでした。

私が37歳の時(妻の悠子は34歳)、自営業に失敗して、会社勤めをするようになりました。
初めての仕事なので覚えるのに精一杯で、家庭や家族を顧みる余裕がありませんでした。
その頃、妻は趣味の草花を通じて、Iさんという高齢の女性と親しくなり、休日には朝出掛けて夕方に帰って来るようになりました。
珍しい花の苗をもらったとか、Iさん手作りの薬膳料理をご馳走してもらったとか、目を輝かせて話してくれました。
Iさんには息子の茂樹(44歳・通称『しげちゃん』)があり、薬草の研究に熱心で、日本各地の山を歩いて薬草を採取して薬草園で栽培しいることや、背が高く、体格が良い人だとも言いました。
そして独身であることも。

ある時から、妻がIさん宅へ遊びに行った日は必ず『しげちゃん』という言葉が出てきました。
今日は薬草園でしげちゃんと一緒に苗木を植えたとか、薬草から漢方薬を作り方をしげちゃんに教えてもらったとか、いつも嬉しそうに話していました。

そんなある日、Iさんが怪我をして動けない時がありました。
休日前だけでもIさん宅に泊めてもらって看病したいと言うので私も賛成しました。
Iさん宅に通い始めて一ヶ月ほど経った頃から妻の様子が変わった来ました。

『しげちゃん』という言葉も出てこなくなり、いつも物思いに耽っているようで、口数が少なくなってきました。
妻は自分がもうIさん宅に泊まりに行く必要がなくなり、寂しがってるのだと私は思いました。

次の土曜日、私は休日出勤だったので会社で仕事をしていると妻から電話があり、「今晩、Iさん宅に泊めてもらいます、食事の用意はしておきました」と言うのです。
職場なので強くは反論できず、黙認という形で承諾してしまいました。
家に帰ると妻の姿はありませんでした。
いくら鈍感で想像力の乏しい私でも、妻をIさん宅に引き付けるのは『しげちゃん』であることが分かってきました。
仕事のことで妻を顧みなかった私にも責任があるという負い目から、妻がIさん宅に泊まりに行くのを強くは止めませんでした。
私はこれまでのことを事細かに思い返しては反省し、これからどうなるのか心配しながら、いつしか眠っていました。

次の日の午前中は仕事の都合で病院に行けず、昼休みの時間に入院の手続きに行きました。
ついでに妻の病室を覗いたところ、居ませんでした。
同室の女性が、「さっき、旦那さんが来られて一緒に出られました」と言います。
内心(私が旦那なんだけど)と思いながら礼を言って、部屋から出ました。
ふと気になって、病院の裏手にある公園へ行ってみましたが誰も居ませんでした。
しかし、東屋に男性の後ろ姿が見えました。
その東屋は病院側に板塀が張り巡らされていました。
私は遠回りして板塀に近づき、隙間から覗くと間近に男性の横顔が見えました。
眉の濃い知的な感じの面立ちでした。
その足元に女性が跪き、頭を前後に振っているのが見えました。
女性の頭を男性が両手で挟むようにしていたので顔はよく見えませんでしたが、男性にフェラしている様でした。

しばらくして男性が、「悠子、もういいよ、誰かに見つかるといけないから」と言うと、女性が顔を上げ、「私、今週はしげちゃんの所へ行けないのよ、寂しくないの?」と言って、再びフェラを始じめました。

私の妻でした。
しばらくその状態が続き、しげちゃんに射精感が来たのか、一瞬身体が強張り、「うっ」と呻くと妻の頭は動かなくなりました。
そして綺麗に男の性器を舐め上げ、ズボンの中へ入れてジッパーを上げていました。
しげちゃんがベンチに座り、その膝に妻が抱きかかえられるように座ると、まるでお父さんが小さな娘を抱きかかえているように見えました。

妻「ねえ、感じてくれた?気持ちよかった?」

しげちゃん「うん、すごく感じた!俺、悠子のこと大好きだよ、退院したらまた来てくれるだろう?」

妻「うん、きっと行く、今度はちゃんとしげちゃんの赤ちゃん産むからね、いっぱい愛してね」

妻はそう言いながら、しげちゃんの首を抱えてキスをしていました。
私は、その場をそっと離れて帰社しました。
程なく妻が退院することになりましたが、私は抵抗があり、仕事を口実に妻の母に行ってもらいました。

その翌日、会社から帰宅して食事を済ませると、妻は床に手をついて言いました。

「今度のことは私の気の緩みから生じたことです。離婚してください、なにも要りません。ただ、子供(私たち夫婦に男の子が一人います。今は寮のある私立中学に在籍していて不在)だけには会せて下さい」

そう言って頭を下げました。
私は黙っていました。

続けて、「これからも今まで通り毎週休日前にはしげちゃんに会いに行きます」とはっきり言いました。

私は黙って、その場を去りました。
その日からは、空いている子供の部屋で寝ています。
離婚が一番いいのか、それとも私が辛抱していればいいのか、選択に困ってしまいました。
私の優柔不断さがそれに答えることができませんでした。
毎日そのことばかり考えて、きっぱりと決断できない自身を恨んだことも度々です。
しかし、その答えを私が出すことはありませんでした。

半年ほどそんな状態が続いたある日、突然、妻が会社に電話をしてきて、しげちゃんが山で薬草の採取中に足を滑らせて、谷から転落して怪我をしたと言うのです。
妻が電話の向こうで泣いているのが分かりました。
妻は、すぐにIさん宅へ行くと言いました。
私が会社から帰ると、妻の自動車はあるのに家の中は真っ暗でした。
そっと部屋の前に行くと、妻の押し殺したような泣き声が聞こえてきました。
その日はそのままにしておきました。

朝、妻に聞くと、しげちゃんは亡くなったそうです。
葬儀だけでも行きたいと言うので、私は当然行くべきだと答えておきました。
妻としげちゃんは、流産したとは言え、子供までなした仲なのですから。

葬儀は日曜日に決まり、妻は朝からIさん宅に出掛けて行きました。
私は妻の部屋に入り、大きな紙袋を三つ見つけました。
妻がしげちゃんと一緒にいる時に使った衣服や肌着、身の回り品など、しげちゃんの親族に見られないうちに持って帰ると予想していたからです。
ミニのワンピース、見覚えのある薄ピンクのネグリジェ、鮮やかな色地に可愛い花柄の入った下着類・・・、どれも若い女性向けの物ばかりでした。
これがしげちゃんの好みで、彼とって妻は若い女性以上に可愛い存在だったかも知れません。
そして写真が一枚だけ、日付は妻が退院した次の日曜日になっていました。
妻としげちゃんが一本の苗木を一緒に植えようとしているところです。
二人とも幸せそうな笑顔で、本当の夫婦のように見えました。

私はその品々を妻がどうするか見守ることにしました。
一週間ほどして部屋を覗くと、それらすべてが無くなっていました。
きっと家庭のごみ類と一緒に出してしまったと思います。
二ヶ月もすると妻は、すっかりしげちゃんのことも忘れたように元気を取り戻してきました。
私も妻と離婚せずによかったと思うようになっていました。

そんなある日の朝、「吐き気がする」と言って妻は食事をしませんでした。
私は流産で入院したことを思い出し、必ず病院で診てもらうよう強く言って仕事に出掛けました。
妻は午前中、休暇を取って病院に行ったそうです。
結果は妊娠3ヶ月、女の子だそうです。
つまり、妻のお腹の中にいる赤ちゃんは、しげちゃんの子供です。
妻は私に一言、「産んでもいいかな?」と言いました。
ふと、妻が公園の東屋でしげちゃんと約束していたことを思い出しました。
無性に腹が立ちました。

しかし、「だめだ!」と言うべきなのに私は、「いいよ、君さえよければ」と言ってしまいました。

妻は本当に心からしげちゃんのことを愛していたのだろうか?
それとも一時的な性的な結び付きから来る快楽に溺れていただけなのだろうか?
私には全く想像も理解もできません。
もしかしたら妻にも分からないことかもしれません。
いずれにしても、どこまでもしげちゃんは私達に付き纏って来るような気がしました。

今年、娘の悠香が小学校に入学しました。
妻に似てとても可愛い顔立ちをしています。
目元から額にかけてはしげちゃんと祖母に当たるIさんに似て知的な感じがします。
きっと将来は美人になると思っています。
そして何より嬉しいのは、「パパー」と言いながら私に抱きついてきてくれることです。
今ではしげちゃんに感謝しています。

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
関連記事
・取引先の社長から黒人の男の子を預かった結果、妻が寝取られました3
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました
・嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました7
・寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦
・強気な姉さん女房と友人で脱衣麻雀を始めた結果完
[ 2017/01/06 22:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング