清楚な妻のアソコは、使い込まれて変形していました

妻はとても美しいです。
身なりは控え目で、外見は清潔感があり、振る舞いは謙虚で慎ましい女性です。
そんな妻と出会ったのは私29歳、妻26歳の時でした。

私は、妻が天使に見えました。
30歳を目前に結婚を夢見ていた私は、妻に気持ちを打ち明けて受け入れられた時、人生で最も幸せな瞬間だと思いました。

交際3ヶ月、清らかな妻が欲しくて、ベッドに誘うと・・・。

「結婚、お考えいただけますか?」

「もちろんです。俺は遊びじゃないです」

もう、すぐにでも結婚したいと思いました。
ラブホテルに入ると妻は・・・。

「こういうことするの、久しぶりだから恥ずかしいです・・・」

頬を染めて話したそのセリフは、ある意味非処女宣言でした。
26歳の美しい女性が処女なんてことはまずあり得ないと思っていましたが、現実を突き付けられるとさすがに凹みました。

舌を絡めたキス・・・そして、それだけで勃起した乳首・・・。
割れ目は縦筋一本ではなく、二本の茶色いヒダがはみ出していましたので、それなりの性体験を感じました。
それを広げると、ピンク色の膣穴が見えましたが、その上方の陰核は完全に包皮から顔を出してプックリと勃起していました。
元カノでもここまで包皮が剥けている陰核の持ち主はいませんでしたし、過去に一度だけ不倫した40代の人妻でさえ、陰唇はドドメ色でしたが陰核はこんなにプックリと勃起していませんでした。
その陰核は、舐めるととても感じるらしく敏感に反応して、「あっはあ~~ん・・・あっ、ああっ、あはあ~~~・・・」と、物凄い量の愛液を溢れさせて身悶えしました。

妻のフェラチオはねっとりと絡みつく舌使いで、睾丸を口に含んでくれました。
しかも睾丸がデリケートなことを熟知しており、痛くないように優しく舐めてくれるのです。
相当丁寧にフェラチオを仕込んだ元彼の存在を感じずにはいられませんでした。

コンドームを手に取ると・・・。

「結婚、考えていただけるのなら、そのままで入れてください。でも、まだ中にはお出しにならないでくださいね」

遠慮なく生で陰茎を挿入すると、ヌプヌプとすんなり入っていき、「んはああ~~~・・・」と喘ぎ始めました。
しばらくゆっくり出し入れしていると、私の背中に回していた妻の手が次第に腰、お尻へと下がり、グイグイと自分の腰に押し当てるようにしながら腰をクネらせ、私の陰茎の方向を調整して・・・。

「ああ、ああ、あああん、あああん、あん、あん、あ、あ、ああ・・・」

先程までは清潔感のある綺麗な顔をしていた妻が、仰け反り気味で男の尻を鷲掴みに押し付け、自ら陰茎の当たり所を調節しながら貪欲に快感を得て喘ぐ様子に、想像したくない妻の過去が頭を過りました。

妻の最初の男は誰なのか、妻が何歳の時だったのか、とても羨ましく思いました。
妻がまだ若い頃、そう18歳くらいでしょうか・・・、瑞々しい処女の裸身を初めて晒した男がいたのです。
初めて男に乳房を揉まれ、乳首が気持ちいい事を知らされたのです。
初めて男に股を広げて陰部を晒し、膣穴を拡げられて処女膜を観察され、触られ、舐められ、陰核を吸われ、羞恥と快感に震えたのです。
初めて勃起した陰茎を見て、驚く間もなく咥えさせられ、歯が当たらないように指導されたのでしょう。
そして・・・、メリメリと処女膜を突き破られたのです。
その時の妻の恥じらった様子や、初々しい仕草、破瓜の痛みに耐えた妻の姿は、その男しか知らないのです。

その頃の妻は美しいだけでなく、幼さを残した可愛さもあったでしょう。
きっと美少女であった妻の、誰も使ったことのない膣穴を堪能し、その後、何度も陰茎を挿入して処女膜の欠片を全て擦りとり、陰茎の快感を教え込まれていったのです。
初めて愛した男に全身を愛撫され、これでもかというほど脚を開かれて陰部を舐められ、膣穴に陰茎を挿し込まれて掻き回され、もしかしたら熱い精液を子宮で感じる快楽も知ったかもしれません。

妻は女の悦びを知り、次の男からはセックスは愛情表現の一つになり、愛した男の唇を欲し、舌を絡ませて唾液を交換し、男の性欲に応えて股を開き、その愛した男の陰茎で快楽を貪り自分の性欲も満たすようになったのです。
それは決して妻が愛してくれた私に対してだけ行なった事ではなく、それ以前の男達にもした事なのです。
本当は考えたくはありませんが、妻の陰唇が茶色に変色して割れ目からはみ出ていたことは、継続した陰茎の出し入れによって変形したに相違ないのです。

妻は私に初めて抱かれた時に、「結婚」という言葉を何度も口にしていましたが、その後は次第に妻の方からセックスを求めるようになりました。
初セックスから3ヶ月後には結婚の約束を交わし、その半年後、私30歳、妻27歳で結婚しました。

結婚して3年、妻は三十路の美人お母さんになりました。
今でも美しく清らかな顔で陰部を開き、陰核を剥き上げてクンニを求めます。
結婚してからは、とにかくクンニを求められ、挿入前に一度敏感なプックリ陰核責めでイキます。
最近思うに、妻は、元彼の誰かに陰核を徹底的に苛め抜かれて敏感に改造されたのではないかと感じています。

昔と違って現在は晩婚ですから、私のようにアラサー婚では処女の妻は無理なのは承知しています。
ましてや美人なら男が放っておかないでしょうから尚更です。

妻はとびきり淫乱な陰核の持ち主ですが、外見は美しく淑やかな奥さん。
妻の過去に嫉妬しながらも私は幸せ者だと感じています。

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
関連記事
・寝取られ性癖をこじらせた親友が、嫁さんに睡眠薬を飲ませて差し出してきた
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2
[ 2017/01/13 22:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング