バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた5【ブロマガ】

前回の話

俺は、パパさんのもっこりと盛り上がった股間を見て、全身の血が引くのを感じた。規則正しい寝息こそ立てているものの、どう見ても勃起している股間だ。
寝ていても、それこそ朝立ちで勃起することはある。でも、寝たばかりで勃起することなんてあるのだろうか?

『翔くん、まだイッてないでしょ? じゃあ、続けるね』
優美ちゃんはトロンとした顔でそんな事を言うと、すぐに腰を振り始めた。俺は、慌てて止めようと思った。でも、優美ちゃんのキツキツの膣肉が気持ち良すぎてタイミングを逸してしまった。

『翔くん、気持ち良いよ。優美、イッたばっかりなのにもうイッちゃいそう』
優美ちゃんは、すぐ横でパパさんが寝ていることなどお構いなしでしゃべる。俺も、さっきまでは興奮しすぎて気になってなかったが、パパさんが寝たフリをしているんじゃないかと思った途端、イヤな汗が噴き出してしまっている。

『ねぇ、気持ち良い? 優美のおまんこ、気持ち良い?』
卑猥な言葉を言いながら、優美ちゃんは腰を前後に揺さぶるように動かし続ける。俺は、恐る恐るパパさんの方を見た。パパさんは目を閉じているが、股間は膨らんだままだ。それだけではなく、股間がビクンビクンと脈打つように動いているような感じすらする。

「気持ち良いよ。優美、声デカいって」
ビビりながら言う俺に、
『じゃあ、声出ないようにして♡』
と言って、優美ちゃんがキスをしてきた。優美ちゃんは、興奮しきった様子で舌を突っ込んでくる。俺は、パパさんの事を気にしながらも、その小さくて熱い舌を堪能してしまった。

俺は、キスしながら目だけ動かしてパパさんをチラ見した。すると、パパさんの目が薄く開いているのがわかってしまった。チンポが大きいくらいしか取り柄のない俺だけど、視力は昔から2.0をキープしている。いっそ、見えない方が良かったかも知れないが、パパさんが起きているのがわかってしまった……。

俺は、さすがにやめないとマズいな思ったが、
『翔くん、イッちゃう。優美またイッちゃうっ! 翔くん好きっ! 一番気持ち良いよぉっ!』
と、トロトロの声で優美ちゃんが言ったので、ヤバいっ! と思いながらパパさんをチラ見した。でも、パパさんは止める気配も、寝たフリをやめる気配もない。寝たフリをしながら、勃起したチンポをビクンビクンと動かし続けている。

俺は、
「ほら、パパさんに謝らないと。勝手にイクなよ」
と、ビビりながらも命じた。
『イッちゃうっ! パパさんごめんなさいっ! 翔くんのおチンポでイッちゃう! パパさんのより気持ち良いのっ!』
優美ちゃんが、声を抑える気などないような感じで叫ぶ。それでも、パパさんは寝たフリを続ける。俺は、パパさんの気持ちは理解出来ないが、寝たフリを止める気がないのはわかった。

「パパさんと俺、どっちが好き?」
『イヤァ……。聞いちゃダメだよ……そんなの聞いちゃダメだもん』
優美ちゃんは、泣きそうな声で言う。でも、そんな風に言いながらも、腰の動きは止らない。それどころか、痛いと感じるくらいに強烈に膣が締まってくる。
「言えないの? じゃあ、俺、もう帰るよ」
俺が、冷たい口調で言うと、
『翔くん! 翔くんの方が好き! 好きになっちゃった! 翔くんの赤ちゃん欲しいっ!』
と、優美ちゃんは叫んだ。そして、ガクガクッと身体を震わせて俺にもたれかかってきた。
『ゴメンね、また私だけイッちゃった♡ 翔くんはまだ出さないの?』
甘えた声で言ってくる優美ちゃん。俺は、そっとパパさんをチラ見した。すると、パパさんは右手をパジャマのズボンの中に入れて、目立たないように小さく動かしていた。どう見ても軽いオナニーだ。俺は、目を疑った。

「パパさんの横で、出してもらいたいのか?」
俺が冷たい口調で言うと、
『う、うん。考えただけでイッちゃいそうだよぉ』
と、優美ちゃんは震える声で言う。あんなにウブだった幼妻を、こんなに淫乱な女に変えることが出来たのは、男としてはとても嬉しい。でも、ちょっと怖くなってきた。優美ちゃんが本気になってしまったら、俺はどうすればいいんだろう? まだ学生の俺には、養える力なんてない。それに、慰謝料とかはどうなるのだろう? 何百万も請求されたら、完全にアウトだ。

そんな風にビビりながらも、オナってるパパさんを見て俺は突き進んだ。
「じゃあ、パパさんのすぐ横に手をついて、こっちにケツ向けろよ」
俺がそんな風に命令すると、優美ちゃんはうわずりすぎてなにを言っているのかよくわからない言葉を言って、パパさんのすぐ横に手をつき、四つん這いで俺の方にお尻を向けた。

優美ちゃんの小ぶりの可愛いお尻。桃みたいに美味しそうだ。そして、広げられた脚の付け根、開き気味の膣口からは、ザーメンがとめどなく溢れ出てきている。ほとんどが俺のだと思うが、パパさんのも混じってると思うと、なぜか嫉妬してしまう。俺は、嫉妬する立場ではないと思うが、それでも激しく嫉妬心がうずく。

「よし、おねだりしてみろ」
俺は、嫉妬に任せて冷たく言った。すると、優美ちゃんは自分でアソコを拡げながら、
『翔くんの大っきなおチンポ、淫乱な優美のおまんこに入れて下さい♡ パパさんに中で出されちゃったから、全部掻き出して下さい♡』
と、興奮しきった声で言った。

俺は、嫉妬と興奮でわけがわからなくなりながら、優美ちゃんのアソコにペニスを突き立てた。
『うぅあぁっ、イクッ! イクッ!!』
優美ちゃんは、一突きで背中を極限までのけ反らせながらイッた。
「パパさん起きちゃうぞ」
俺はそんなことを言いながら腰を動かし始めた。
『ダ、ダメぇ、見られたら嫌われちゃう、起きちゃダメぇ』
優美ちゃんは、ほとんど泣き声で言う。俺は、パパさんの股間を見た。すると、さっきまでオナニーに使っていた右手で勃起したチンポを押さえているのがわかった。

パジャマのズボンの中に手を差し込み、股間にかぶせるようにしているパパさん。ぱっと見は、勃起しているのがわからない。優美ちゃんは、気がついていないようだ。

俺は、嫉妬から来る対抗心なのか、いじわるな気持ちが大きくなる。
「ほら、パパさんのすぐ横で、イキまくれよ」
俺はそう言って、腰の動きを早くした。ますます強く締めつけてくる優美ちゃんのアソコ。俺は、彼女を支配しているような気持ちが強くなる。
『ダメぇ、イッちゃう、もうイキっぱなしなのっ! 翔くんのおチンポ、パパさんより気持ち良いっ! ごめんなさいっ! 優美は淫乱な翔くん専用おまんこですっ!』
優美ちゃんは、パパさんのすぐ目の前で叫ぶ。これで起きないはずがないと思うような状況だ。それでもパパさんは、身じろぎ一つせずに寝たフリを続ける。俺は、さらに調子に乗って優美ちゃんを責め続ける。

『翔くん、イッてっ! パパの前でいっぱい出してぇっ! パパさんの前で妊娠するのっ! あぁぁっ! イッちゃうっ、うぅあぁ』
優美ちゃんは、さっきよりも確実にあえぎ方が大きくなっている。本当に、手が触れてしまいそうなところにパパさんがいるのに、余計に燃え上がっている優美ちゃん。俺は、支配欲を刺激されっぱなしだ。

「俺の子、産んでくれる?」
俺は、ビビりながらもそんな事を聞いた。
『産むっ! 翔くんの赤ちゃん、絶対に産むっ!』
優美ちゃんはとんでもないことを叫ぶ。俺は、スリルと支配欲に満たされながら、
「イクっ! 妊娠しろっ!!」
と叫び、中出しをした。
『うぅう゛う゛ぅっ!!』
優美ちゃんは俺に注がれ、言葉にならないうめき声をあげた。俺は、優美ちゃんに注ぎ込みながら、パパさんを見ていた。パパさんは、信じられないことに、この状況で右手を動かしていた。

俺は、痺れるような快感を感じながら、パパさんが小さく身体を震わせたのを見た。

俺は、パパさんはド変態なんだなと思い、もうビビらなくても大丈夫だなと感じた。そして、安心して、
「優美、綺麗にしろよ」
と命令した。
『はぁい♡ 翔くんに命令されると、子宮の奥の方がキュンってする♡』
優美ちゃんは、嬉しそうに俺のペニスをお掃除フェラする。パパさんの方をチラ見すると、パジャマのズボンにシミが浮いているのがわかった。まさかとは思ったが、やっぱりイッたようだ。自分の嫁さんがすぐ横で中出しされているのに、オナニーしてイッてしまうパパさん。俺からしてみると、最悪のド変態だ。

『あぁ、本当に素敵。まだカチカチだね。パパさんにこれが付いてたら良いのに』
優美ちゃんは、そんな事を言いながらフェラチオを続ける。カリ首や睾丸、そしてアナルの方まで舐めてくる。
「ホントに妊娠したらどうする?」
俺が質問すると、
『え? 産むよ。翔くんの赤ちゃん、きっと可愛いと思う』
と、答える優美ちゃん。

「パパさんにはなんて言うの?」
『決まってるじゃん。パパの子だよって言うよ』
優美ちゃんは、きっぱりとそう言った。
「……。パパさんの子として育てるの?」
『うん。そうだよ』
「……俺と一緒になる気はないの?」
『えっ!? 一緒になってくれるの!?』
優美ちゃんはビックリした声で言う。
「そ、それは……。優美ちゃんがそのつもりなら」
『私はそのつもりだよ。でも、翔くん私みたいな中古はイヤでしょ? いいよ、セフレで。パパさんのことも大好きだから、私は平気だよ』
優美ちゃんは、そんな事を言う。なにが平気なんだろう? 女の業の強さとは、こういう事なんだろうか?


俺は、思い切って行動に出た。
「いいの? そんな事言って。パパさん全部聞いてるよ」
俺がそんな事を言うと、
『エっ!? うそっ!』
と、ビックリしてパパさんの方を見る優美ちゃん。でも、パパさんは身動き一つせず、目を閉じている。

『もう! ビックリしたじゃん! 脅かさないでよぉ』
優美ちゃんは、俺が言った言葉を冗談と捉えたようだ。
「パパさんのズボン見てみなよ。シミ出来てるぜ」
俺がそんな事を言うと、パパさんが身体を固くしたのがわかった。
『……ホントだ……。パパさん、起きてるの?』
優美ちゃんは、暗い声で言う。でも、ビビっている様子も、怯えている様子もない。

「優美が中出しされてるとき、オナってたぞ」
俺は、自分でもわけがわからなくなっていた。こんなことを言っても、俺にはメリットなどないはずだ。
『ウソ……。パパ、本当なの? 優美の事……好きじゃないの?』
すると、パパさんが目を開けた。そして、ゆっくりした動きで身体を起こすと、
「ゴメンね。優美ちゃんのこと大好きだよ。でも、どうしてだろう……こんな……」
パパさんは、泣きそうな顔だ。そして、俺のことを見ようともしない。明らかに、俺のことをビビっているのがわかる。

『こんなって……どういうこと?』
優美ちゃんは、まったく理解出来ないという顔で言う。

「パパさんは、優美が他の男に中出しされるのが興奮するんだってさ。寝取られマゾってヤツだよ」
俺がそんな風に説明すると、パパさんはうつむいた。そして、優美ちゃんは、
『ずっと見てたの? 止めないの? 私が妊娠させられてもいいの?』
優美ちゃんは、逆ギレとも取れるような言い方をする。こんな状況で、よく言えるなと思う。
「そ、そんなことない! ゴメンね優美ちゃん。でも、どうしてだろう? 興奮しちゃったんだ……」
パパさんは、本当に戸惑っている様子だ。

「優美、パパさんのパンツの中グチャグチャだぞ。キレイにしてやれよ」
俺は、クールに命令した。すると、優美はパパさんのパジャマを脱がせてパンツも脱がせる。パパさんは、不思議なほど無抵抗だ。
『本当に出しちゃったんだね……。私が浮気してるの見て、オナニーしたんだね……』
優美ちゃんは、浮気しておきながらそんな事を言う。そして、パパさんも完全に優美ちゃんに主導権を奪われてしまっている。

「ゴ、ゴメン……。本当にゴメンね」
パパさんは、泣きそうな顔で謝る。剥き出しになったペニスは、完全にしぼんでしまっていた。
「キレイにしてやれって」
俺が少しイラついた声で言うと、優美ちゃんはうんと頷いてお掃除フェラを始めた。
「ダ、ダメだって、優美ちゃん、こんなのおかしいよ」
パパさんは、優美ちゃんにフェラチオされながらそんな事を言う。でも、優美ちゃんのことを振りほどこうとはしない。

『どうして? オナニーしてイッちゃうパパさんの方が、おかしいんじゃなぁい?』
優美ちゃんは、お掃除フェラをしながら言う。パパさんのペニスはあっという間に大きくなり、多分、フル勃起状態になった。
「あぁ、優美ちゃん……ゴメン」
パパさんは、勃起してしまったことを謝ったみたいだ。
『パパさんの、いつもより固いよ。やっぱり、ヘンタイさんなんだね』
優美ちゃんは、イヤらしくフェラチオしながらそんな事を言う。俺は、ゾクゾクしていた。優美ちゃんがパパさんを言葉責めでもしているみたいな感じだ。

俺は、一生懸命にフェラチオする優美ちゃんを見ていて、嫉妬と興奮が高まってしまい、そのまま後ろから挿入してしまった。
『ンンッ、くぅあぁ、ダメぇ、いまパパさんのしてるんだから、入れちゃダメだよぉ』
優美ちゃんは、甘えたような声で言う。
「あぁ、優美ちゃん……そんな……」
パパさんは、ショックを受けたような顔で言う。でも、いまだに俺のことを真っ直ぐに見ない。ビビっているような感じなんだろうか? 間男相手にこんな態度では、夫としての威厳も何もない気がする。

俺は、
「ほら、ちゃんとくわえろって。パパさん可哀想だろ」
と、パパさんをさげすむように言って腰を振り始めた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング
動画紹介