妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた完【ブロマガ転載禁止】

前回の話

めぐみちゃんは、カメラに向かってアソコを拡げたまま、
『悦治君、いっぱい出してもらえたよ。こんなに出てきてる。きっと妊娠出来たよ』
と、興奮したような声で言っている。私は、彼女が本気で妊娠したがっていることに恐怖を感じていた。めぐみちゃんは、悦治に本気で惚れていると思う。そして、悦治もめぐみちゃんと本気で交際しているはずだ。それなのに、寝取られ性癖をこじらせた悦治は、めぐみちゃんを他人の種で妊娠させようとしている。そして、めぐみちゃんもそれを本気で実行しようとしているみたいだ。

まだ16歳の彼女にこんなことをさせている悦治に驚いてしまうが、麻衣を悦治のところに行かせている私も、人のことは言えないのかもしれない。

めぐみちゃんは、毛のないツルツルのアソコをさらし、ザーメンを垂れ流し続けている。すると、めぐみちゃんはアソコをまさぐり始め、オナニーを開始してしまった。
『悦治君、見える? こんなに濃いの出してもらえたよ』
めぐみちゃんは、うわずった声でそんなことを言いながらクリトリスの辺りをまさぐり続ける。荒い息遣いになりながら、カメラに向かって話しかけ続けるめぐみちゃん。すると、指についた私のザーメンを口に持って行き、舐め始めてしまった。
『うぅ、美味しい。悦治君、また飲んじゃった。悦治君、ごめんね。お口からも子種吸収しちゃった』
めぐみちゃんは、そんなわけのわからないことを言いながらオナニーを続けている。指を二本膣に入れて、かき混ぜるように動かし、あえぎっぱなしだ。私は、まだ少女のめぐみちゃんのそんな姿を見て、射精したばっかりなのにすでに完全に勃起してしまった。

『イクッ、悦治君、イッちゃうっ、パパさんのザーメン飲みながらイクッ!! うぅっ!』
めぐみちゃんは、卑猥な言葉を叫びながら身体をガクガクッと震わせた。

すると、めぐみちゃんは私の方を見て、
『ふふ。パパさん、もう回復してるね。今度はバックでハメて欲しいなぁ』
と言って、私に向かって四つん這いになり、アソコを指で拡げてきた。ピンク色の膣肉がヌラヌラと光って見えて、なおかつザーメンが流れ出てきている。私は、あっけなく理性が飛び、バックでハメてしまった。キツく締めつけてくる膣肉の感触、そして、可愛らしい顔であえぎ始めためぐみちゃんを見て、私は全力で腰を振り始めた。

『あっ、あっ、パパさんの気持ち良いっ! 悦治君、パパさんのおチンポ気持ち良いのっ! 悦治君のより気持ち良いのっ!』
カメラを見つめながらあえぎ続けるめぐみちゃん。本当に気持ちよさそうだ。私は、悦治の少女のような彼女を犯していることに興奮しながら、今頃麻衣も同じように悦治とセックスしているのだろうかと、不安な気持ちになっていた。

でも、想像すればするほど興奮が大きくなっていくのを感じていた。めぐみちゃんと同じように、バックでハメられている麻衣……。想像すればするほど、嫉妬心や身を焦がすような焦燥感がわいてくる。

『パパさんのカチカチになってきたよ。悦治君、また種付けしてもらうね! 悦治君のじゃないおチンポで妊娠しちゃうねっ!』
めぐみちゃんは、気持ちよさそうにあえぎながら、悦治へのメッセージを続ける。私は、その言葉を聞いて背徳感を感じてしまった。

しばらく腰を振り続けていると、あっけないほど早くイキそうになってしまう。でも、このままめぐみちゃんの幼い膣中に射精してしまうことに、もう抵抗は感じていなかった。

「めぐみちゃん、出すよ」
私は、短く告げた。
『出してっ、妊娠させてっ! めぐみのおまんこ、パパさんのザーメンでいっぱいにしてぇっ!』
めぐみちゃんは叫んだ。私は、幼い他人の彼女を孕ませることに興奮しながら、彼女の膣奥に射精した。
『うぅあっ、熱いの出てるぅ』
めぐみちゃんは、のけ反りながら身体を震わせた。

めぐみちゃんは、私に抱きついて甘えた声で、
『パパさん、本当に気持ち良かったです。これからも、時々こうやってエッチしてくれますよね?』
私の乳首にキスをしたり、首筋にキスをしたりしながら言うめぐみちゃん。本当にうっとりした顔になっている。
「えっ? 悦治さえよければ……」
私は、そんなズルい言い方をしてしまった。
『どうして? 私とエッチしたくないの?』
めぐみちゃんは、私のペニスまで触りながらそんなことを言ってくる。でも、私は悦治と麻衣に悪いからと言っていた。
『麻衣さんも悦治君の巨根にハマってたから、パパさんに内緒で会っちゃうんじゃないかなぁ?』
めぐみちゃんはそんなことを言いながら、私のペニスを弄び続ける。私は、麻衣が私に隠れて悦治とセックスする姿を想像して、気持ちが落ち込んでしまった。

『パパさんの、またカチカチになってきたよ。麻衣さんが浮気するの想像して興奮しちゃったね』
イタズラっぽく言いながら、私のペニスをいじり続けるめぐみちゃん。私は、麻衣が悦治とセックスしている姿しか考えられなくなってしまった。
『今も、悦治君の大っきなおちんちんで、パパさんとするよりも気持ち良くなってるんじゃないかなぁ〜』
めぐみちゃんは、いじめるように私に言ってくる。私は、さらに想像が加速し、興奮も大きくなってしまう。

『ね? いいでしょ? 内緒でエッチしちゃおうよ。パパさんのおちんちん、本当に大好きだよ』
めぐみちゃんは、可愛らしい顔で言いながら、騎乗位で入れてきてしまった。私は、興奮と快感でわけがわからなくなりながら、それでもダメだと言い続けていた。めぐみちゃんは、騎乗位で繋がったまま私に覆いかぶさりキスをする。そして、イヤらしく口の中を舌でかき混ぜてくる。

『麻衣さんだって、今頃キスしながら約束してるよ。パパさんに内緒でエッチしようって』
めぐみちゃんは、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。めぐみちゃんは挑発的なことを言いながら、私の乳首まで舐めてきた。今日はコスプレもカラコンもしていないめぐみちゃん。パッと見、普通のおとなしい女子校生だ。それが、こんなにもイヤらしいセックスをするなんて、驚いてしまう。

そのまま、私は搾り取られるようにめぐみちゃんの中に射精した。
『パパさんって、真面目なんですね。じゃあ、隠れてエッチしてくれたら、悦治君が撮ったビデオ見せてあげる。麻衣ちゃんがどんなエッチしてるか、見たいでしょ?』
私は、結局めぐみちゃんのこの言葉に負けて、悦治や麻衣に内緒でエッチをすることを約束した。

そのあと、さらに2回めぐみちゃんに搾り取られた後、私は悦治宅を出た。もう、夕方近い時間なので、麻衣達も終わっているはずだ。そう思い、私は麻衣に電話をした。少し長めのコールの後、
『もしもし、どうしたの? もう帰ってくるの?』
と、麻衣が早口に言う。私は、少し気まずい気持ちで、もう帰るというようなことを言った。

『う、うん。わかった。早かったね』
麻衣は、少し焦っているような口調だ。
「……悦治、まだいるの?」
私は、イヤな予感しかせずにそんな事を聞いた。
『う、うん。もう帰ったよ。……早く帰ってきてね、じゃ、じゃあね』
そう言って、麻衣は電話を切ってしまった。私は、麻衣の声が普通じゃなかった気がして仕方なかった。そして、慌てて家に向かった。

家に帰ると、麻衣はエプロンを着けて食事の準備中だった。
『お帰りなさい! お腹すいてるでしょ〜。もう出来るからね!』
麻衣は、いつも通りの元気な麻衣だった。とても、さっきまで他の男とセックスをしていたとは思えないような、普段通りの麻衣だった。
私は、もしかして麻衣と悦治はセックスしなかったのかな? と思ってしまった。私は、なんとなく聞くタイミングを逸したまま、食卓についた。

すぐに料理が並べられていく。麻衣のことを見ても、特におかしなところはない感じがする。髪も乱れていないし、変な臭いもしない。シャワーを浴びたような感じもないし、当然着衣も乱れていない。

私は、頂きますと言って食事を始めた。すぐに麻衣も食卓につき、食事を始める。私は、なんとなく話しづらく、黙って食事を続けた。

『ねぇ、めぐみちゃんはどうだった? 16歳のピチピチした肌はどうだった?』
唐突に聞いてくる麻衣。めぐみちゃんの年齢は知らないはずだ。びっくりしている私に、
『犯罪だよね〜。でも、めぐみちゃんエッチだよね。楽しかった? 気持ち良かった?』
麻衣は、ニコニコしながら聞いてくる。私は、強烈な罪悪感を感じ、
「ごめんね。その……。気持ち良かったよ」
と言った。すると、麻衣は真面目な顔になり、
『私とどっちが? めぐみちゃんの方が気持ち良かった?』
と、聞いてくる。私は、麻衣の方が気持ち良いと即答した。でも、即答しながらも、正直めぐみちゃんの方が締まりも良くて、なによりもエロかったなと思っていた。

『ふ〜ん。私は、悦治君の方が気持ち良かったよ。だって、2回も失神しちゃったから』
と、真面目な顔のまま言う麻衣。私は、急に喉がカラカラになり、いても立ってもいられないような気持ちになってしまった。
「そ、そんな……。俺とするよりも、悦治とした方が気持ち良いって事?」
『うん。だって、パパのじゃ届かないところまで届くから』
「……また悦治としたいの?」
『う〜ん。別にどっちでも良いかな? 気持ち良いけど、疲れちゃうし、パパに悪いなって思うから』
「え? 俺とするより気持ち良いんでしょ?」
『それはそうだけど、気持ちがあるわけじゃないから、オナニーみたいな感じかな? やっぱり、パパとする方が幸せって気持ちだよ。パパもでしょ? まためぐみちゃんとしたいって、思ってないよね?』
麻衣は、私の心を探るような目で見つめながらそんなことを言ってくる。私は、もちろんだよと答えるのが精一杯だった。

そして、夜ベッドに入ると、麻衣が抱きついてキスをしてきた。凄く興奮している感じで、口の中をかき混ぜてくる麻衣。私は、このベッドで悦治とセックスをしたんだなと思い、嫉妬にまみれながら彼女を抱いた。

でも、こんな状況なのに冷静にコンドームをつけさせてくる麻衣に、少し驚きながらも、ホッとしてもいた。この前は、勢いで悦治に中出しされてしまった麻衣だけど、さすがに反省したのだと思う。きっと、悦治ともコンドームを使ってくれたはずだ。

そんな事を考えながら、嫉妬と興奮に狂ったように腰を振り、めぐみちゃんとあんなにたくさんセックスをした後だというのに、あっけなくイッてしまった。
『パパ、愛してる。やっぱりパパが一番だよ』
そう言って、抱きついてくる麻衣。私は、彼女のことを抱きしめながらも、さっきの電話の時、もしかしてまだセックスをしていたのではないかと不安になっていた。


それから、とくに何もなく日々は流れ、2か月ほど経過した。麻衣とのセックスの回数も増え、前よりも仲良くなった実感もあった。幸せだなと思いながらも、悦治と麻衣のセックスを想像したり、めぐみちゃんとのセックスを思い出したりもしていた。

そんなある日、仕事中にめぐみちゃんからメッセージが来た。あの時、内緒でセックスをする約束をした流れで帰りがけにアドレスを教えていた。でも、特に連絡もないままだったので、このままフェードアウトすると思っていた。

めぐみちゃんからは、今日の帰り、会って話したいことがあるという内容だった。私は、今日は仕事も早く終わりそうだったので、すぐにメッセージを返した。そして、帰りに悦治の部屋で会うことになった。悦治は、今日は遅いそうだ。なんとなくイヤな予感がしながらも、話ってなんだろう? と、気になってしまった。

そして、麻衣には仕事で遅くなるとメッセージを入れた。麻衣からは、すぐにお疲れ様とか寂しいとかメッセージが帰ってきた。幸せだなと思いながらも、麻衣に内緒でめぐみちゃんに会うことに、罪悪感を感じてしまった。

仕事を片付け、慌てて悦治の部屋に行くと、めぐみちゃんは制服姿で出迎えてくれた。コスプレという感じではなく、実際に着ている制服みたいな感じだ。
『お久しぶりです。ごめんなさい。こんな格好で』
そう言って、出迎えてくれためぐみちゃん。今時の女子校生らしく、スカートはけっこう短い。私は、ドキドキしてしまった。でも、今日はエッチをしに来たわけではない。

『パパさん、ありがとうございました。おかげで、妊娠出来ました』
満面の笑みで言う彼女。私は、一瞬意味が理解出来なかった。でも、少し考えて、悦治の子を妊娠したんだろうなと受け止めた。おめでとうと言うと、
『はい。パパさんの子種、強いんですね。一日で孕んじゃいました』
と、イタズラっぽく言う彼女。私は、絶句してしまった。そして、アイツの種じゃないの? と、聞いてしまった。
『違いますよ。だって、悦治君とは、あれからエッチしてないですから』
めぐみちゃんは、そんな衝撃の告白をしてきた。
『大丈夫ですよ。ちゃんと、悦治君の子供って事で育てていきますから。それよりも、麻衣さんが心配で連絡したんです』
めぐみちゃんは、そんなことを言う。私は、意味がわからずにポカンとした顔だったと思う。

『やっぱりパパさんにも内緒なんだ。麻衣さん、今も悦治君と会ってるんですよ。パパさんが、麻衣さんに遅くなるってメッセージしたでしょ? 麻衣さん、それ見てすぐに悦治君に連絡したんですよ。ほら、こんな風に』
そう言って、自分のスマホを見せてくるめぐみちゃん。そこには、麻衣と悦治のタイムラインがあった。

麻衣は、悦治に私が遅くなるから家に来てとメッセージしていて、悦治もすぐに了解と返していた。そんなシンプルで短いメッセージは、普段からやりとりを繰り返している事を想像させた。

『悦治君、私にバレてないって思ってるんですよ。全部筒抜けなのに』
めぐみちゃんは、無表情で言う。
「そんな……どうして? どうしてほっておくの?」
すると、めぐみちゃんは私のペニスをさすってきた。ズボンの上から、イヤらしい手つきで触ってくる彼女に、
「ダ、ダメだって、どうしてこんなことを」
と、パニクりながら言う私。

『だって、私もパパさんとエッチしたいし、麻衣さんだったらイヤじゃないですから。それに、麻衣さんも悦治君とのエッチ、大好きみたいですし』
めぐみちゃんはそんなことを言いながら、テレビのリモコンを操作した。すると、すぐに動画が再生される。そこには、ウチの寝室が映っていた。ベッドの上で、穴の空いたイヤらしいブラジャーを身につけ、同じく穴の空いたショーツをはいている麻衣が映っている。

麻衣は、
『また撮ってるの? めぐみちゃんにバレちゃうよ』
と、うわずったような声で言う。
「へーきだって。それに、麻衣も撮られてる方が興奮するだろ?」
と、気安い口調で悦治が言う。

私が、
「こ、これって、2か月前の時の?」
と、聞くと、
『ううん。一昨日のだよ』
と、私のペニスをズボン越しにまさぐりながら言った。私は、麻衣がこんなことをしているなんて、まったく気がついていなかった。
「そんな……。いつから? 何回も会ってるって事?」
パニクった私が質問すると、
『2か月前の時からだよ。あれから、25回も会ってるの。パパさん、全然気がつかなかったの?』
と、いじめるような口調で言うめぐみちゃん。私は、少しも気がついていなかった。

画面の中では、麻衣がカメラにどんどん近づき、悦治を押し倒した。カメラは、それを撮し続けている。麻衣は悦治のペニスをくわえると、バキューム音を響かせながらフェラチオを始めた。カメラはそれをアップで撮し続けている。

麻衣の舌が悦治のペニスを這い回り、カリ首や尿道口、竿や睾丸まで舐めていく。丁寧で、そして激しいフェラチオだ。
『やっぱり全然違うね。ホント、お口でしてるだけでイッちゃいそうだよ』
麻衣は、トロンとした顔で言う。麻衣のこんな発情した牝のような顔は、初めて見る気がする。
「昨日、エッチしたの?」
『うん。したよ。でも、やっぱり気持ち良くなかった』
麻衣は、そんなことを言いながら悦治のペニスを丁寧に舐め続ける。本当に、したくてしている感じのフェラチオだ。
麻衣の舌が、ソフトクリームでも舐めるように悦治の太くて大きなペニスに這い回っている。それにしても、麻衣の顔と比べても大きなペニスだ。
めぐみちゃんは、大きすぎて痛いと言っている。大きければ良いと言うものではないということなのだろうけど、麻衣にとっては最高の大きさなのかもしれない。

「なんで?」
『それは、奥に届かないから……だよ』
「だから、内緒で俺とセックスしちゃうって事?」
『うん。だって、このおチンポ経験しちゃったら、忘れられないよ。身体が覚えちゃったもん』
「麻衣は淫乱だね」
『そうだよ。知らなかった?』
「いや、知ってるけど」
楽しそうにそんな会話を続ける二人。いつの間にこんなにも打ち解けてしまったのだろう? 私は、こうやって見ていても、まだ信じられない気持ちだ。

すると、めぐみちゃんが私のズボンとパンツをあっという間に膝まで降ろし、
『こんなになってる。興奮しすぎだよぉ〜』
と、からかうように笑った。私のペニスは、確かに勃起しすぎて我慢汁があふれ出ている。私は、恥ずかしくなって口ごもってしまった。
『麻衣さんがあんなこと言ってるのに、興奮しちゃうんだね。悦治君と一緒だね。パパさんも寝取られマゾになっちゃったんだね』
めぐみちゃんはそんなことを言いながら、私のペニスをくわえ始めた。小さな舌がカリ首や亀頭を舐め回してくる。気持ち良くて少し声が漏れてしまう。

画面の中では、わざと音を立てながら麻衣がフェラチオを続けている。
『本当に大っきいね。めぐみちゃんが羨ましいよ』
「でも、めぐみには大きすぎるんだよね。痛いんだってさ」
『もったいないなぁ。言ってくれれば、いつでもパパの貸してあげるのに』
「俺達みたいに、内緒でやってるんじゃないの?」
『えっ!? そんなのダメだよ! そんなの浮気じゃん!』
麻衣は、びっくりしたような顔で言う。私もびっくりしていた。よくそんな事が言えるなと……。


めぐみちゃんは、
『勝手だよね。パパさんは浮気しちゃダメなんだって』
と、可笑しそうに言う。


画面の中の悦治が、
「よく言うよ。これは浮気じゃないの?」
と、あきれた声で言う。
『違うよ。ただのスポーツだよ』
麻衣は、そんな超理論を話す。
「はぁ? スポーツなの?」
『そう。テニスとかやるようなもんだよ』
「麻衣ちゃんって、面白いね」
『そんなのいいから、もう入れてよ。ほら、悦治君運動不足でしょ? ほら、スポーツ、スポーツ!』
麻衣はそんなことを言って、四つん這いになった。そして、悦治に向かってアソコを突きだし、自分で拡げ始めてしまう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング
動画紹介