私の彼女は、男達の慰みモノです

彼女はベッドの上で大きく足を開き、オナニーさせられている。左手でクリを捏ね、右手の中指をマンコに入れてグルグルとかき回している。

男達は彼女の股間を見ながら「すげー、マンコ」「これが噂のマンコ便器ちゃんですかー」などと笑っている。「俺,少し扱いてみるからよ」と言い、一人の男が彼女の顔の前でチンチンを扱きだした。

彼女は「ああ、、ああぁっん」と少し声を荒げた。「あはは、ほら、○○ちゃんの好きなチンチンだ」男が彼女の唇の前でチンチンを扱く。

彼女は一瞬、私を見た。「うぅん、、、」彼女はオナニーする手を止めない。

目の前のチンチンから時々顔を背ける。「○○ちゃん、口を開けなよ」と言うと、彼女は「はぁ、、」と大きく息を吸い口を開いた。

「ほーら、この口にチンチン入れたいかなー」男が彼女の口にチンチンを入れようとする「はぁ、はぁ、、おチンチン、、舐めたい、、」彼女がぽつりと言った。

「だめー、まだダメー(笑)」「おい、○○、お前、口に入れるヤツ持ってただろ?」「あ?あぁ、持ってるよ」○○はボールギャグを取り出した。

「それ、○○ちゃんに咥えさせてやれよ」「ほら、口開けろ。」○○は彼女の口を開かせ、ボールギャグを口に押し込んだ。

「んんっ!んんっうーーー!」彼女が一瞬喘ぎ、「っはぁ、、、んはぁっ、、」と鼻で呼吸しているのが分かる。

「あはは、可愛いねぇ。奴○みたいだねぇ」「そのうち、涎ダラダラ垂らすんだろ?」「ほら、オナニーの手を止めるんじゃねーよ」「お、涎垂れてきたねぇ」彼女はボールギャグから涎を溢れさせてきていた。

彼女の涎は唇の隙間から顎や頬に垂れている。オナニーする手は止まらない。

「んんーー、、んんっーーー、んはっ、、んんーー」
彼女はオナニーしながら喘いでいる。「ほら、これ欲しいだろー」と男が彼女のボールギャグにチンチンを擦り付ける「あはは、口にそんなん咥えてたら、欲しいチンチン咥えられないなぁ」もう一人の男が彼女の頬をチンチンでピシピシと叩く。

「もっと欲しいもんなぁ、ちんぽ好きなんだもんな」彼女は「んんーーんんーー」としか応えられない。私は男達の行動を見て勃起していた。

そして、何の考えも無しに彼女のお腹の上に跨がった「お?何するんだ?」男の一人がチンチンで彼女の顔を叩きながら言う。「これ、扱いてよ」私は言った。

感情は籠ってなかったかもしれない。彼女はオナニーする手を止め、両手で私のチンチンを握った。

ギュッと握った。「んんんん、、、」彼女は私を見ながら男達のチンチンで顔を叩かれ、私のチンチンを扱いた。

「いいなー、○○くんだけ扱いてもらって」「○○ちゃん、エロい顔になってんなぁ。チンポ、よっぽど触りたかったんだろーな」と男はチンチンで彼女の口から垂れた唾液をすくい、彼女の顔にそれを塗りたくっている。

彼女の顔は唾液で光っている。同時に、私のチンチンを扱く彼女の手にも力が入り、いつもよりも強く握っているような感じだ。

握られたチンチンは時々「ビクン」と動く。彼女は左手で竿を扱き、右手の手のひらで捏ねるように亀頭を弄っている。

「そろそろ欲しいだろ?チンチン」男に聞かれると彼女は首を立てに振った。○○が彼女の口からボールギャグを外す。

彼女は「んはっっ、、、はぁ、、はぁ、、はぁ、、」と息を乱し、口から大量の唾液を垂らした。「すげー、涎。マニアにはタマリマせんな」「ほら、仰向けに寝ろよ。○○くんのチンチンは扱いたままな」彼女は私のチンチンを扱いたまま仰向けに寝かされた。

男の一人が「ほら、口開けろ」と彼女の鼻を摘み、口に無理矢理チンチンを押し込んだ。「んんあっ!」彼女は口から亀頭を吐き出しそうになるが、そのまま亀頭を口に含んだ。

「ほら、舐めろ」と言われると、彼女は口に含んだ亀頭をまるで飴を舐めるようにビチャビチャと舐め始めた。時々「はぁ、はぁ、」と彼女の息が聞こえる。

亀頭の外形に沿ってを唇を這わせ、ゆっくりと口の中に亀頭を出し入れする。亀頭が口から出る度に「んはっ」という声とチュポっという音がする。

彼女は首を大きく左に向けたまま口だけで亀頭を舐めている。ピチャピチャとフェラチオの音がする。

手はお腹の上で私のチンチンを弄っている。「おおぉ、これかぁ、○○ちゃんのフェラは上手いって聞いてたけど、ほんとだな」彼女は私を見ずに、一心に亀頭を舐め続けている。

時々目を開けて、チンチンを確かめるように咥え、舐め続けている。「なんだよ、こっちも舐めてくれよ」もう一人の男が彼女の頭を掴み無理やり右に向かせる。

「んはっ!」と彼女の口からチンチンが抜かれた。「おいおい、まだ舐めたんだからなぁ(笑)」「いいじゃん、今度はこっちだよ」男は彼女の口を両手で開き「んんぐんんぅう、、」と喘ぐ彼女の口にチンチンを突っ込んだ。

「いいねぇ、良く開く口だもんな」○○は彼女の頭の上に座り、彼女の額から眉間をチンチンでペチペチと叩いている。彼女はペチャペチャと音を立てながらチンチンを咥え、吸い、舐めている。

「嬉しいよな、○○ちゃん。大好きなチンチンが4本だもんな」彼女はチンチンを咥えながら、「うん」と首を縦に振った。

そして、チラリと私を見た。私のチンチンは彼女の手のひらに先走り汁を溢れさせ、亀頭は彼女の手のひらの中で大きく膨らんでいた。

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
関連記事
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました
・嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました7
・寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦
・強気な姉さん女房と友人で脱衣麻雀を始めた結果完
・寝取られ性癖をこじらせた親友が、嫁さんに睡眠薬を飲ませて差し出してきた完
[ 2017/06/23 12:17 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング