嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました4【ブロマガ転載禁止】

前回の話

俺は、嫁が乳首を舐めれらている姿を見て、よりによってオナニーを始めてしまった。でも、可愛らしい声であえぐ嫁の姿は、すぐに途切れてしまった。動画メッセージの容量制限のせいだと思うが、俺は中途半端なところで宙ぶらりんにされてしまった気持ちになった。

そして、嫁に電話をかけたりメッセージを送ったが、まったく連絡が取れない。俺は、あの動画の続きは、どう考えてもセックスになるだろうなと思っていたので、焦ってスマホを落としてしまったりした。

そのまま、1時間以上連絡もなく、俺は絶望的な気持ちで後悔していた。嫁の初恋の相手に嫉妬した事がきっかけで、まさかこんな事になってしまうなんて、後悔してもしきれない気持ちだ。

すると、またメッセージが届いた。
”すごかった♡”
そんなメッセージとともに送られてきた画像には、使用済みのコンドームが写っていた。口が縛られていて、中にたっぷりと白い液体が入っているそれを、嫁が指でつまんでいる写真だ。俺は、ショックで全身の力が抜けながらも、狂ったようにオナニーをしてしまった。あっという間にイキそうになる俺。

すると、またメッセージが届いた。
”キス上手だったよ”
そんなメッセージとともに、キスをしている写真が送られてきた。この前のプリクラとは違い、唇がきつく押し当てられていて、軽く触れているだけではない感じだ。
俺は、泣きそうな気持ちのままペニスをしごき続けた。どうしてこんなに気持ち良いのだろう? 俺は、嫉妬と絶望で死にそうな気持ちなのに、ペニスは別の生き物のように固くいきり立っていて、しごいたときの快感も強いことに戸惑っていた。

すぐにまた画像が送られてきた。そこには、舌を絡めている2人の姿が映っていた。わざと見えるように、少し唇を離して舌を絡めているような写真だ。嫁の舌が、他の男の舌と絡み合っている……俺は、まったくコントロールが効かなくなり、爆発でしたように射精してしまった。
今まで生きていた中で、一番気持ち良い射精だったように感じる……。

俺は、しばらく放心状態だったが、正気に戻るとまき散らされたザーメンを拭き始めた。そして冷静になり、どうやって写真を撮っているのか気になり始めていた。さっきの動画は、スマホをどこかに置いて取っている感じだった。でも、このキスは手持ちで自撮りしている感じだ。

もしかして、俺のことを話しているのかな? と、思ってしまった。

その後、嫁と連絡が取れることもなく、メッセージが届くこともなかった……。夜中の1時を回ると、本当に泊まってくるんだなと覚悟した。もしかして、日帰りで戻ってくるのではないか? そんな期待もあったが、打ち砕かれてしまった。

そして、4時くらいまで眠れずに過ごし、気がついたらいつの間にか寝てしまっていた。
メッセージの着信音で目が覚めると、まだ8時前だった。
”部屋食だよ〜”
と、テーブルの上に並べられた朝食が写った画像付きだ。温泉宿に泊まり、部屋で朝食を食べる……。まるっきり、不倫旅行のテンプレートみたいだ。

俺は、一気に目が覚めると、また電話をしてしまった。すると、今度は嫁が電話に出てくれた。
『おはよ〜。もう起きてたの?』
嫁は、楽しそうな声で言う。
「あの写真、どういうことだよ!」
俺は、つい声が荒くなってしまう。
『え? 昨日の写真のこと? 怒ってるの?』
嫁は、少し勝ち誇ったような口調だ。俺は、この期に及んでまた悪い虫が出てしまった。

「怒ってないよ。あんな中途半端な写真、なんとも思ってないし。どうしてハメてるところとか撮らないのかって思っただけだって」
俺は、自分で言いながら、俺はなにを言っているんだ? と、驚いてしまっていた。
『ふ〜ん。そういうこと言うんだ……。本気なんだね』
テンションが落ちた感じの嫁。俺は、どうしたらいいのかわからなくなってしまっていた。

『んっ、知らないよ。どうなっても……ン、ふぅ……』
嫁は、そんな事を言いながら、声に吐息のようなものが混じり始めた。俺は、まさかと思いながらも、イヤな想像でいっぱいになっていた。

「……なにしてるの?」
俺は、声が震えそうになりながら聞く。
『別に〜。なにもしてないよ。ンッ、フゥ、気になるの?』
嫁は、イタズラっぽく言う。
「まだ、アイツと一緒でしょ?」
『うん。一緒だよ。あっ、ダメぇ、ちょっと待って』
スマホから口を離した感じで声が小さくなる。
「……してるの?」
『なにを?』
嫁は、挑発的な言い方をする。
「アイツとセックス……」
『うん。してるよ。いま、後ろからハメられてる……』
嫁は、うわずった声で言う。俺は、電話の向こうで嫁がセックスをしていると思うと、叫び出したい気持ちになる。でも、朝立ちとは違う勃起の仕方で、ガチガチになっているのを感じていた。

『ンッ、ンッ、ダメぇ、ダメだったら、んっ、ふぅ。ねぇ、してるんだよ。いま、浩介のじゃないの、入ってるんだよ』
嫁は、興奮を隠しきれないような声だ。
「うぅ……コンドームはしてるの?」
俺は、泣きそうな気持ちで聞いた。
『……ごめんね。もうなくなっちゃったの。昨日全部使っちゃったから……』
嫁は、罪悪感にまみれたような声で言う。それは、今コンドームを使っていないと言っているのと同じことだと思った。昨日、コンドームを使い切ったということだけでも衝撃的なのに、いま生ハメをしているということに頭をぶん殴られたような衝撃を受けていた。

「妊娠しないようにな」
俺は、虚勢を張ってまたそんな事を言ってしまった。もう、自分でも完全に病気だと思う。
『と、止めないの? コンドーム無しでハメられてるんだよ?』
嫁は、うわずった声で聞く。俺は、外に出せば平気じゃん? と、言ってしまった。

『……拓也、前からして。もう、電話切ったから思いっきりして』
嫁のそんな声が聞こえる。さっきより、少しだけ声が遠くなった感じがする。電話を置いたのだろうか?

「あんな事して、平気なの? ていうか、マジだったんだね」
男の声が聞こえてくる。
『言ったでしょ。旦那、ド変態なの。ねぇ、好きにしてくれて良いよ』
嫁が、うわずった声で言う。
「わかった。じゃあ、思い切りするよ」
彼がそう言うと、一気に嫁のあえぎ声が大きくなった。

『あっ、あっ、凄いぃ、すごく奥まで入ってる。これ、本当にすごいよ、あっ、うぅ、気持ち良いっ、もっとしてっ、もっと強くっ!』
嫁は、本格的にあえぎ始めてしまった。止めるチャンスもあったのに、どうして俺はこんな風なんだろう?
「まだ足りないの? 昨日、あんなにしたのに?」
『だって、こんなの初めてだもん。もっと奥にグイグイ当ててみて。うぅあっ、そう、そこっ! 気持ち良いっ! 本当に気持ち良いっ! アァッ! あっ、あっ、奥凄いのっ! もっとっ! もっと狂わせてっ!』
嫁は、そんな言葉を叫び続ける。俺は、激しい動揺と敗北感で、頭がおかしくなりそうだった。そして、同時に興奮も信じられない程高まっていた。

『ウッ、あっ、あっ、もっとっ! あぁぁ、イッちゃうぅ、またイッちゃうっ! ねぇ、キス、キスして欲しいっ! キスしながらイキたいのぉっ!』
嫁はそんな言葉を叫ぶ。俺は、判断に迷っていた。これは、電話を切り忘れたのだろうか? それとも、俺に聞かせるためにわざとなのだろうか? 俺に聞かせるためだとすれば、いまの嫁の感じ方も、演技なのかも知れない。俺を嫉妬させるために、大げさに感じているのかも知れない……。

嫁は、うめき声に変った。キスをしながらセックスをしているのだと思う。そして、耳を澄ますと肉がぶつかるようなパチンパチンと言う音も聞こえてくる。

それがしばらく続いた後、
『イクぅ、もうイッちゃう、ねぇ、イッても良い? もうダメなの、こんなの初めてだよ』
と、感極まったような嫁の声がした。
「まだダメ。俺もイクから。一緒にイクよ」
拓也も、冷静さを失ったような声だ。もしかして、このまま中に出されてしまう? 俺は、不安でおかしくなりそうだった。でも、その不安に押されるように、オナニーを始めてしまった。恐ろしく快感が強く、思わずうめく俺。でも、スマホからはそれ以上に激しいうめき声やあえぎ声が聞こえてくる。

『イッてぇ、一緒にイキたいッ、うぅあっ、あっ、あっ、ダメぇ、もうイッちゃうっ、お願い! 一緒にっ!』
「あぁ、ヤバい。もうイキそう。どこに出せば良い?」
拓也、余裕のない声で聞く。
『こ、このままっ! イッてっ! 私もイクッ! 一緒にっ! うぅあアァッ! イクッ! イクッ! イックゥッ!!』
「うぅっ!」
そんな絶叫が聞こえて来た。俺は、もうイク寸前だった。2人がセックスをしているのに、俺はオナニーをしている……。この違いに、辛い気持ちになる。

『ふふ。ドクンドクンしてるね』
嫁は、満足げに言う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング
動画紹介