ウチのワイフがね、変態なんですよw

美人wifeを持つと色々と気苦労も多いというか・・・。

まあ俺を頼りにしているという事はわかっていても、世間の男どもの目が気になったりで、ついつい甘くなってしまうというか・・。
まあそれでも前回のレオタおしおきで一応一件落着。

イニシャティブを取り戻した俺ですが・・・。「惚れた弱みか?」また悶々とした日々が・・・。

再びマンネリ打開のため、今度はわりとシック?なラブホに草鞋(わらじ)でなくて、ハイヒールを脱がさせ、一宿一飯の恩義を受けさせようとしたわけです。

「ココではちょっとはお喋りも減るか」と思ってますと部屋へ入るなり
「いい部屋ねぇ」
「あっ、この色イイ」
「これは□□(メーカー)のだわ」
「これはちょっとダサっ」
「あっ、これ、ほしい」
「・・?キモ~イ」・・・
減りません。

ソファーに腰を下ろし、冷蔵庫の中の飲み物で一息つこうとすると、今度は近所の奥さん達の話、会社の話、まるっきり尽きる様子がありません。

俺はその度「そう」「へえっー?」「・・・」

だいたい小一時間ほどそんな調子でしたんで、気分的にウンザリというか眠たくなってくるというか・・。

俺の副交感神経がそろそろ働きを増そうとする頃、wifeの口輪筋(=クチの周りの筋肉)もそろそろ疲労を感じ始めたようで。
・・んなもんで、俺の交感神経が再び優位性を取り戻し、「風呂へ入ろか」という事になりました。

ところが浴室で・・wifeの口輪筋が再び復活です。

浴室から出て、体の水気をとり一息つくと、やっと沈黙の中ベッドへと・・。

照明の薄暗いベッドの上で・・
「いったい何をしよう?」
それがここ最近の課題でした。

幸いにもだいぶ以前何処かのadult shopで買った赤いパンティーらしきモノ・・それをなんとか役立てようかと思いました。

「赤いモノなら俺自身ちょっと興奮度が高まるかな」と、弁解がましく買ったヤツ=バレーボールで穿くヤツ=ブルマー(^^;

妻の目を盗んでしげしげ眺めているうちに、
「結構エッチだな」
妻のブルマー姿がよぎりましたが、暫く放置したままでした。

ベッド上で「いきなりは・・ちょっと」と思い、ちょっと愛撫した後「なんか気分乗らないなぁ、ちょっとコレ穿いてみないか?」
渋々というように取り出しました。

「何・・」wifeが上半身を起こしました。

俺はちょっと名前を言うのが恥ずかしくwifeの後ろに回り込み、後ろから左手で乳房を触りながら頬をくっつけて「これ・・」と右手でブルマーをwifeの目の前に差し出した。

「・・えっ何?」

妻も一瞬びっくりして、「へぇー、貴方こういうの好きだったの・・」嘲笑気味な言葉を発した。

俺は変な弁解より、もう“先走り”って感じだったんで、恥ずかしながらおねだりした。

wifeは最初ベッドに腰を着いたままだったが、穿きにくかったらしく、ベッド上で膝を着いてブルマーをズリ上げた後、「どう?」という感じで俺に見せた。

俺は魅せられたのか、それとも学生時代の潜在意識の中で、許されるモノならやってみたかったという事なのか、夢中で顔をブルマーに擦りつけてしまった。

wifeにヘンタイ扱いされながら沸々と高揚して行く俺。
wifeもそれで結構感じてきたようです。

イニシャティブをだいぶ取り戻した俺は、ブルマーを見てちょっとS気になったのか、それとも穿いてるwifeにM気を感じたのか、ちょっと面白いコトを考えつきました。

wifeに上半身を起こさせ、俺はまたwifeの背中に密着・・

胸を揉み、頬をすり寄せます。wifeもそうとう高揚してるみたいです。

右掌でブルマーの股間を撫でながら、さりげなく言ってみました。

「おモラシしてみろよ・・」
「ええっ(微笑?)」
「・・・」
「オ○ッコ?ここで(微笑?)」
あえてする事を否定しません。理性を失ってるのかM気があるのか?

「うん。女性で潮吹いちゃうヒトもいるみたいだし・・」

直接ベッドにしみ込むのは・・と思い、バスタオルをブルマーの下に敷きました。

半分冗談まじりで・・
「さあ・・」

後ろからwifeを抱き込む形で、耳元に囁きます。

まるで小さい子に言うように・・

この辺で「バッカねっ、出来ないわよっ」と笑い声が返ってくるのかと思ってると、wifeはちょっと微笑で押し黙ったまま・・。

「さあ・・」
「・・・・」

暫く沈黙なので、「もしや・・」と思ってブルマーの下のバスタオルを触ると・・???

「さっき体を拭いた湿りかな?」

ブルマーを触ってみると・・???
ちょっと暖かい・・。
(今想像すると、ナマ暖かいモノがwifeの股間に拡がる様子はなんともエロティック)

俺はwifeの耳元で囁いた。
「ホントにやったの?」
「あなたがヤレっていったじゃない」

wifeはちょっとムッとです。

「あーあ○○歳の女が恥ずかしい・・」
ワザとそう言いながらも俺はwifeの勇気?に感激しました。

その時はあえて頭になかったですが、たぶん部屋に入ってから一回はトイレに行ってたはず・・

ですから少しの量なのですが、明らかにおもらししてしまいました。
wifeもちょっと好奇心があったのかな?

さあ、このはしたないwifeをどうするか・・。wifeを仰向けに寝かし、脚を開いて鼻をブルマーに付けると湿ってはいますが、臭いはほとんどしません。

出してすぐには匂わないのか・・

でも、俺は「臭うぞっ」ワザと言いました。

「だって・・」

wifeは、小さい頃のオネショを思い出しているのか?

オネショのおしおきは、お尻ペンペンです。

結局あまり臭わないので、ブルマーを脱がした。

ブルマーを脱がすと、さすがにアソコの毛が濡れている。

「舐めてきれいにしてあげよう」
「あぁーっ・・」

俺はwifeのハシタナいアソコに吸い付いた。

「・・・・・もっと、犬みたいに舐めてぇっ・・」

聖水味のアソコを激しく舐めてやった。

wifeは激しく悶えた。
「入れてっ・・」

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
関連記事
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました
・嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました7
・寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦
・強気な姉さん女房と友人で脱衣麻雀を始めた結果完
・寝取られ性癖をこじらせた親友が、嫁さんに睡眠薬を飲ませて差し出してきた完
[ 2017/07/31 17:34 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング