※気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました完(転載禁止)

僕は、優美の排泄物を片付けると、嬌声が響き続ける寝室を目指しました。優美は、声を抑える努力も放棄して、大きなあえぎ声を出し続けています。

寝室のドアを開けて中に入ると、部長の上に優美が乗っていて、さらに石田が優美のアナルに極太を挿入していました。二本差しのセックスなんて、アダルトビデオの中だけの話だと思っていた僕は、言葉もなく固まっていました。

「おっ、来たか。こんな時は仕事早えーんだな」
石田は、優美のアナルをガンガン突きながらそんな事を言います。

「井上、嫁さんすっかり二本差しが気に入ったようだぞ。オマエはそこでセンズリしてろ」
部長は、冷たい目で僕を見ながら言います。優美をオモチャにされ、僕は小馬鹿にされているのに何も出来ません。もう、包丁で刺してやるという気持ちも消えてしまいました。僕は、すっかりと洗脳されてしまったみたいです。
そして、僕は3人に見られながら、ズボンとパンツを降ろしてペニスを取り出します。部長や石田のペニスに比べると、情けないほど小さく、皮まで被っています……。

『あなた、凄く気持ち良いの。アナルもおまんこも、ギチギチになってるの。ちゃんと見てて。私がイキまくるところ、オナニーしながら見てて』
優美は、そんな事を言いながら部長にキスをしました。部長の太い舌が、優美の口の中に差し込まれていきます。優美はそれを夢中で吸って、自分の舌を絡みつかせています。
嫌々するキス……には、とても見えません。

「井上、嫁のアナル、マジでスゲぇぞ。俺の動きにあわせて、締めつけてくるぜ。全部搾り取られそうだぞ」
石田はそんな感想を伝えてきます。僕も、あの時優美のアナルに入れることが出来ました。でも、石田が言うような締めつけは感じられませんでした。僕の細いペニスでは、それを感じることが出来なかったのだと思います。そして、それは膣でも同じです。最近では、嫁の膣に入れてもほとんど感触がない感じです。早漏の僕でも、なかなかイク事がない程です。

『あぁっ、イクッ! ケツマンコイクッ! ううぅぅう゛っ!』
優美は、部長とのキスをやめて叫びました。
「ハハ。夫婦そろって早漏だなぁ」
部長は、小馬鹿にしたように言います。でも、優美は気にする様子もなく、
『今度は部長さんが動いて下さいね。おまんこでもイカせて下さい』
優美は、とろけきった顔で言います。もう、僕の出世のためとか関係なく、二人の巨根に夢中になっているように見えます。

「仕方のない奥さんだなぁ。よし、イカせてやるぞ」
部長はそう言うと、腰を突き上げ始めました。逆に石田は動きを止め、ニヤけた顔で僕を見てきます。僕は、そんな状況なのにオナニーの手を止めることが出来ません。
『うぅあっ、部長さん凄いです。うぅあっ、あっ、気持ち良いっ! おまんこ気持ち良いっ! 子宮潰れてるのっ、もっとっ! もっと強くぅ』
優美は、のけ反り気味の格好で叫びました。アナルと膣の両方を貫かれ、快感に顔をとろけさせている優美……。僕は、その姿をとても美しいと思ってしまいました。

「しっかし、淫乱だな。こんな良い女がド淫乱で、オマエも嬉しいだろ」
石田は、僕のことを見ながら言います。不思議とバカにしたような感じはなく、初めて見るような優しげな顔です。僕は、どうしてそんな顔で僕のことを見るのだろう? と、不思議に思いながらもオナニーを続けていました。

『イクッ! イックッ! おまんこイクッ! うぅあああぁあ゛あ゛っっ!!』
優美は、背中を反らせるようにしながら叫んでいます。天井を見上げ、白目でもむきそうな表情のまま身体をガクガクッと震わせる優美……。僕では、絶対にそこまで連れて行ってあげることは出来ません。

「ほら、石田も動け。狂い死にさせてやるぞ」
部長は、石田に指示をします。すると、石田はニヤッと笑い、黙って腰を動かし始めました。
部長の腰の動きを妨げず、タイミング良く腰を振る石田。この二人は、いつもこんなことをしているんだなと思いました。

『イグぅっ! ンオオォオおぉっ! 気持ちいいぃっ! こんなのダメぇっ! 死んじゃうッ! おまんこもケツマンコも良すぎるのぉっ! イグッ! イッグッ! イギぃっンッ!!』
優美は、とてもセックスしているような声ではなくなってきました。快感のあえぎ声というよりは、断末魔の悲鳴……。そんな感じです。

「おらっ、もっとイケっ! 狂え!」
石田は、優美の胸を鷲づかみにしても見ながら言います。優美は、もう言葉にもなっていないような声をあげながら、ガクガクッと身体を震わせ続けています。

部長と石田は息の合った動きを続け、ついには優美は潮吹きを始めました。二人の動きにあわせて、ビチャビチャッと水音が響き続けます。あっという間にベッドは水浸しになりますが、吸水シートを敷いてあるので大丈夫です。
しばらくすると、今度はアンモニア臭も広がり始めます。
『んぐぅああぁあああ゛あ゛っ、死んじゃうぅっ! イッてるっ! イッてるのっ! もうダメッ!』
優美は、おしっこを漏らしながらあえぎ続けます。女性をこんなになるまで追い込む2人に、僕は羨ましいという気持ちも持ってしまいました。僕では、絶対に出来ないことです……。

「よし、イクぞっ、たっぷり子宮で飲めよっ!」
部長は気持ちよさそうに叫びます。そして、優美の膣奥深くに射精を始めました。
『ギィッンッ、う、うぅ……あぁ、熱いのわかるぅ……ドクンドクンしてるよぉ』
優美は、夢見心地な感じで声を漏らします。すると、部長はさっと優美の下からどいてしまいました。射精したら、もう用はない……そんな意思表示のようです。

「よし、ケツをもっと開発してやるよ」
石田はそんな事を言うと、ペニスを抜きました。
『ひぃぐぅ……』
ビクビクッと身体を震わせている優美。石田は抱え上げて四つん這いにしました。ちょうど僕の目の前に優美のアソコとアナルが見えています。アソコからはダラダラと部長のザーメンが流れ出ています。そして、優美のアナルはポッカリと穴が空いたように開いていて、中のピンクの肉が見えているような感じです。

石田は、ベッド脇にあったボトルのローションを手に取ると、自分の指や手の甲にたっぷりと塗っていきます。そして、空手の貫手のような状態にして、指をアナルに入れていきます。
『うぅあっ、む、無理、そんな……ひぃぎぃ……』
優美は、苦しげな声をあげます。すでに、石田の指は4本も挿入されていて、さらに押し込まれていきます。拳頭の部分が引っかかり、それ以上入るのは無理という感じです。でも、石田は無表情で押し込んでいきます。

「おら、力抜けって。括約筋切れたら、一生オムツだぞ」
石田は怖いことを言います。
『うぅあぁ、わ、わかりました……うぅう゛っ』
優美は、苦しげな声をあげっぱなしです。でも、上手く脱力が出来てきたのか、石田のゴツい拳頭部が、徐々に優美のアナルに入っていきます。僕は、自分の嫁をこんな風にオモチャにされているのにオナニーを続けていて、もう限界が来ていました。

『ダ、ダメぇ、裂けちゃうぅ、こんな、あぁっ、壊れちゃうっ! ケツマンコ裂けちゃうぅっ!』
優美は、泣きながら叫んでいます。顔をブンブンと激しく左右に振りながら、泣き叫んでいます。

すると、急にドアが開いたような感じで、一気に石田の拳が優美のアナルに消えました。もう、手の甲もほとんど見えていません……。
『ギャァッッ!!』
優美は、殺される人のような感じで絶叫しました。僕は、優美の切迫した叫び声を聞きながら、射精をしていました……。

「凄いな。フィストが出来るなんて、やっぱり昔、相当調教されてただろ」
部長が、あきれたように言います。でも、煙草を吸いながら携帯をいじっていて、さして興味がないようにも見えます。

「さすがにこれが限界か。切れたらめんどくせーしな。よし、抜くぞ」
石田はあっさりとしたものです。拳を入れたことで満足してしまったようみも見えます。

『ダッ、ダメっ! 抜いちゃダメッ! 今抜いたら——』
必死の顔で叫ぶ優美。でも、石田は優美の言葉の途中で、一気に拳を引き抜きました。優美はビンッと、身体を硬直させ、
『ンギィッ!』
と、断末魔のような声をあげ、さっきの浣腸では出し切れなかった分を噴出し始めました。勢いよく飛び散る排泄物、優美は言葉も出せずにガクガク痙攣しています。さっき、あれだけ出したにもかかわらず、勢いよく出続けます。まるで、本当に栓が壊れてしまったようです……。

「あーあ、なにやってんだよ」
部長は、顔をしかめて吐き捨てると、寝室を出ていきました。でも、石田はウキウキした顔で、
「奥に溜まってたヤツまで噴き出してるな。可愛い顔して、どんだけ出すんだよ。ヤベぇな、たまんねーぞ」
と、嬉しそうに言います。本当に目を輝かせ、子供のように無邪気な笑顔を浮かべています。石田のことをサイコパス的な男と思っていましたが、ある意味で純粋な男なのかもしれないと思い始めていました。

優美は、うめくような声をあげるだけで、気を失っているのに近い感じです。
「よし、ちょっと綺麗にするか。来いよ」
石田は、優美の髪の毛を鷲掴みにすると、寝室の外まで引っ張っていきます。ドアから出る間際、
「片付けとけよ」
と、僕に無表情で命令しました……。

僕は、我に返ったような気持ちになりました。ベッドは優美の排泄物でグチョグチョで、僕はオナニーでイッてしまい、やっぱりグチョグチョになっています。

何をしているのだろう? そんな気持ちになりながら、惨状とも言える寝室を片付け始めました。でも、こんな屈辱的なことをさせられているのに、僕のペニスは信じられない程の固さになっています。

寝室に戻ると、部長が優美にペニスをくわえさせている最中でした。それは、普通に考えればとんでもない場面なのですが、僕はもうなにも感じませんでした。すっかりと慣れてしまいました。
でも、部長はフェラチオさせているのではありませんでした。
「よし、出すぞ。全部飲めよ、こぼすなよ」
部長はそう言うと、優美にペニスをくわえさせたままブルブルッと体を震わせました。
「よし、そうだ、全部だぞ」
部長は、楽しそうに言います。どうやら、優美の喉奥に放尿しているようです。優美は必死で飲み干していき、喉が何度も鳴っています。すると、優美いきなりむせ始めました。ゴホゴホッと何度も咳き込む優美。でも、すでに全部飲み干したようで、一滴もこぼすことはなかったようです。

「スゲぇな。マジで便器かよ」
石田が大げさに驚いたような感じで言いました。
「よし、じゃあこれで興奮させてもらうかな。ほら、始めなさい」
部長は、石田のものよりもさらに大きなディルドを優美に渡しながら言いました。
『そんな……。本物が良いです。部長さんのおチンポが良いです』
優美は、甘えたような声で言います。もう、すっかりと部長にもなついてしまっているように見えます。僕は、優美がどんどん変えられていくようで今さら焦りを感じますが、何も出来ません。

「興奮させてくれないと、勃たないしな。ほら、早くやりなさい」
部長は興奮している感じがあまりしません。もう、優美に対して飽きてきているのかも知れません……。
「ほら、コイツも期待しているぞ。興奮させてやれよ」
石田が、僕のことを見ながら言います。優美は僕の方を見ると、
『まだ見るの? さっきイッたんでしょ?』
と、冷たい口調で言いました。僕を見る目も、いつも以上に冷たい感じがします。

優美はそれだけ言うと、その大きすぎるディルドを舐め始めました。まるで、フェラチオでもするように丁寧に舐めていき、人間ではあり得ないくらいに張り出したカリ首を、興奮した顔で舐めていきます。
『凄く大きい……。それに、本当に固い……』
優美は、完全にスイッチが入ったような顔になっています。そして、そのディルドを吸盤で床に固定すると、それに向かって腰を降ろしていきました。
床から不自然に生えたディルド……。僕の粗末なペニスと比べると、子供と大人以上の差があります。あんなに大きな石田のペニスよりも、さらに一回り大きいサイズです。多分、日本人ではあり得ないサイズなのだと思います。色も黒いので、黒人なんかをモデルにしているのかも知れません。

『うぅあぁ、ダメぇ、大きすぎる、ひぃあぁ……こんなの無理……うぅ』
優美はそんな事を言いながらも、どんどん腰を降ろしていきます。あんなに大きなディルドが、結局スムーズに入ってしまいました。
『うぅ……こんなの無理……大きすぎるから』
優美は、少し怯えたような顔で言います。
「早く動けって。ケツにはもっとゴツいの入れただろ?」
石田は、自分の握り拳をアピールしながら言います。確かに、石田の握り拳はこのディルドよりは太かったと思います。
『うぅ、わかりました……』
優美は、怯えたような声で言うと、腰を上下に動かし始めました。
『うぅっ、ひぃ……ンッ、うぅっ、ダメぇ、太すぎて……うぅっ!』
優美は、感じているという雰囲気ではありません。でも、部長と石田の目の前で、卑猥なスクワットを繰り返していきます。
「ほら、もっと早く動かせよ」
「奥まで入れないと感じないだろ? 奥さんは奥が好きなんだから」
部長も石田も、好きなことを言います。優美は、言われるままに腰の動きを早くしていきました。

『ううあっ! あっ、あっ、こすれるぅ、ひぃっ、あんっ、うぅっ!』
優美は、徐々に感じ始めたようです。長さの半分程度までしか入れていなかったのが、さらに奥まで入っていき、3分の2くらいは優美の膣中に収まってしまっています。
「スゲぇな。ケツも膣もガバガバじゃねーかよ。これじゃ、井上の粗チンじゃ入れてもわかんねーだろ」
石田は、無邪気な顔で言いました。
『あっ、アァンッ、大っきいのが良いのっ、奥まで届くのが良いのっ! い、石田さん、おチンポ下さい。くわえさせて下さいっ』
腰を上下動させながら、優美が石田に哀願しました。石田は、僕の方を見てニヤッと笑うと、勃起したペニスを握ってジョイスティックのように動かしながら誇示します。そして、優美の横に立つと、
『これが欲しいのか?』
と言って、ペニスを頬に擦り付けていきます。すると、優美は顔を横に向けながら舌を伸ばしていきます。でも、石田はペニスを動かして舌に触れさせないようにします。優美は、逃げるペニスを追うような動きをしてなんとか舐めようとあがきます。

【続きは出典元で】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
関連記事
・嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺6
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました2
・私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻 完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました その後
[ 2017/08/28 14:55 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング
動画紹介