※気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました その後(転載禁止)

優美と僕との関係は、完全に変化してしまいました。僕が尻に敷かれ気味ながらも、仲の良い夫婦だと思っていましたが、今ではサドとマゾのような関係になってしまいました。

ただ、こんなことを言うのはおかしいと思われそうですが、関係は変化しても、優美が僕を愛してくれる気持ちは変わっていないと感じています。そして、僕の優美への気持ちも、変わっていないと思います。あくまで、形を変えただけ……そうだと思っています。

『ほら、しっかり動かしてくれないと、全然気持ち良くないってば』

優美は、正常位の下側で、僕のことを冷たい目で見ながら言います。僕は、必死で腰を振り続けます。でも、僕は優美と正常位で繋がっているのに、少しも気持ち良くありません。
僕の粗末なペニスには、かぶせるタイプのペニスバンドが装着されています。ものすごく大きなペニスバンドなので、僕に石田以上のペニスが生えているような感じになっています。

『そう、そうよ、もっと奥まで……うぅっ、気持ち良いわ、あなた、もっと強くしてね』
優美は本当に気持ちよさそうな声をあげながら、僕に指示を飛ばしてきます。僕は、夢中で腰を振り続けます。でも、まったく感触がないのでどこまで入っているかもわかりづらいですし、僕のペニスが細すぎるのか、すぐに抜けてしまいそうになり安定感が悪いです。そんな状況でも、僕は必死で腰を振ります。

『大きいだけじゃ、ダメなのね。動かし方も大切なのねぇ』
優美は、気持ちよさそうではありますが、そんな事を言う余裕があるみたいです。僕は、石田の動きを思い出しながら、なるべく優美の膣奥を責めるように腰を振り続けます。優美は、気持ちよさそうにあえいではいますが、やっぱり石田や部長としているときとはリアクションが違いすぎます。

『やっぱりダメね。良いわ、代わってあげる』
優美はそう言うと、繋がったまま体勢を入れ替え、騎乗位になっていきます。僕の生身のペニスでは、繋がったまま入れ替わるなんて不可能です。僕は、一瞬だけ巨根の気持ちになりましたが、すぐに悲しくなってしまいました。

優美は僕の上になると、慣れた動きで腰を振ります。少し身体を持ち上げて、一気に脱力して体重をかけてくる感じです。多分、自分でコントロールする以上に、より奥へと強制的に入っていくのだと思います。
『うぅっ、あっ、串刺しになっちゃうっ、気持ち良いっ! あぁ、ホントにすごい……あっ、あっ、気持ち良いっ! おチンポ当たってるっ! 奥の気持ち良いところに、ディープキスしてるぅっ!』
優美は、すっかりと淫語が板についてしまいました。卑猥なことを口走りながら、ガンガン腰を振る優美。でも、僕は一切気持ち良くありません。多分、もう少し僕のペニスが太ければ、多少なりとも快感を感じることが出来たと思うのですが、僕の細いペニスでは、ペニスバンドの中に挿入しても隙間を感じてしまう有様です。

『あぁ、気持ち良いっ、あなた、クリ触って。それくらい、出来るでしょ?』
優美は、冷たい口調で言います。吐き捨てるような言い方……とも言える感じです。
僕は、慌てて優美のクリトリスをまさぐり始めました。石田達とのアブノーマルなプレイのせいか、優美のクリトリスはすっかりと肥大してしまっています。僕は、すでに包皮から完全に顔を出している優美のクリトリスを触り始めました。
『うぅグゥ、そう、もっとっ! つまんでッ! そう、ううぁうあっ! 良いから、もっと強くてっ! ちぎってぇっ! クリトリスひきちぎってぇっ!』
優美は、とんでもないことを口走りながら、腰をガンガン振ります。僕は、まったく膣とこすれる感触がないながらも、異常に興奮して射精したくなるような感覚がわき上がってきました。

『うぅっ、イクッ! おチンポイクッ! ぶっといのでイッちゃうっ! あなた、このペニバン、凄く気持ち良いっ! あなたのなんか、比べものにならないっ! うぅあぁっ! イクッ! イックゥッ!!』
優美は、僕のことを蔑みながらも、全身をガクガクッと震わせました。僕は、まるで自分が優美をイカせたような気持ちになり、嬉しいと思っていました。

『ほら、次はこっちでしょ? 早く突っ込んでよ』
優美は四つん這いになると、お尻を僕の方に向けて言います。優美は、両手でしっかりとアナルを左右に拡げています。
まるで、裂こうとしているように強く拡げる優美。でも、その顔はすでにトロンとしています。
優美が、僕と知り合う前に、アナルでの経験があったのは間違いないと思います。でも、優美はなにも教えてくれません。

僕は、
「う、うん。でも、いきなりで大丈夫なの?」
と、気弱に聞きました。
『そんなの聞かないの。どうしていきなりねじ込んでくれないの?』
優美は、あきれたような口ぶりで言います。僕は、怒られて慌ててペニスを……ペニスバンドを優美のアナルにあてがいました。

あてがうために握ったペニスバンドは、本当に太くて長いものです。でも、本来の目的からか、少し柔らかめなのかな? と、感じます。僕は、そのまま腰を押し込みました。
『ンぎぃっ! ひぃあぁ、ケツマンコ裂けちゃうぅ』
優美は、悲鳴のような声をあげながらそんな言葉を漏らします。僕は、慌ててペニスバンドを引き抜きました。
『ギィッんっ! うぅあぁ、どうして抜くの?』
抜いた瞬間、のけ反るようになった優美。そして、不満そうに言います。僕が、裂けちゃうって言ったからだと説明すると、
『そんなの気にせずに、激しくしてよ。気にしすぎなんだって。もっと石田さんみたいに、モノみたいに扱って』
と、言われてしまいました。石田のようにやれと言われ、僕は泣きそうな気持ちになりました。あんなやり方を望んでいる……そして、比較されている……。僕は、割り切れない気持ちのままもう一度挿入し、腰を振り始めました。

『そう、そうよっ! もっと、もっと強くっ! 壊れちゃっても良いからっ! ケツマンコ裂けちゃっても良いからっ! ううぅあっ! あっ、あっ、気持ち良いっ! ぶっといおチンポ凄いのぉっ!』
優美はベッドに胸をくっつけ、腕を伸ばしてシーツを掴んでいます。時折ガクガクッと痙攣気味に身体を震わせますし、つま先がピンと伸びたり、ギュッと内側に曲げられたりしていきます。
僕とのセックスで、こんな風に感じてくれたことはありません。ペニスバンドを装着しなければ、優美はこの半分も感じてくれないと思います。

僕は、必死で腰を振り続けます。普通にセックスをしていてこんなに腰を振ったら、とっくに射精してしまっているはずです。でも、ペニスバンドのせいでまったく感触が伝わってこないので、射精する気配もありません。

僕は、優美の激しい感じ方を見ながら、嬉しいという気持ちもありました。でも、やっぱり複雑な気持ちです。
『イクッ! ケツマンコイクッ! うぅああっ! イクぅっ!』
優美は、のけ反りながら叫びます。僕は、優美がイッたと思い、動きを止めました。体力のない僕にとっても限界でした。

『なんでやめちゃうの? もっと、狂わせてよ。なんのためのペニバンなの?』
優美は、少し不機嫌そうに言います。僕は、慌てて動きを再開しますが、
『もういいわ。もうすぐ石田さんくるから』
と言って、優美はペニスバンドを抜いてしまいました。
「えっ? 今日も来るの?」
僕は、聞かされていなかったのでビックリしながら聞きます。
『あれ? 言ってなかったっけ? だからあなたにほぐしてもらったんじゃん』
優美はそんな説明をします。そして、ベッドから降りると、クローゼットを開けます。そして、穴の空いたイヤらしいショーツや、カップ部分の抜けているブラジャー、そしてガーターベルトを身につけ始めます。
優美は、石田とのセックスの時は、こんなコスプレのようなことまでするようになっていました。もう、僕の出世のことなんか関係なく、無理矢理抱かれていると言うよりは、積極的に楽しむようになってしまいました。

そして優美は、最後の仕上げにセーラー服を身につけました。ミニスカートなので、ガーターベルトが丸見えです。こんな女子校生はいるわけがないと思います。でも、本当にイヤらしい姿です。僕は、興奮のあまり優美に抱きつきました。
『興奮しちゃった? あなたも男なのね』
優美はそう言うと、床に立ったままベッドに両手をつき、お尻を突き出してきました。そして、スカートをまくり上げると、穴あきショーツがバッチリ見えます。

『良いわよ。好きな方に入れてみて』
優美は、そんな風に言います。僕は、イヤらしく縦に割れたようなアナルに挿入しました。優美のアナルは、なにもしていなくても普通の形ではない感じです。キュッと締まった感じはなく、縦長の女性器のような形になってしまっています。もしかしたら、もともとこんな形をしていたのかもしれませんが、少なからず石田の激しいプレイで変形したのだと思います。

自分の嫁のアナルを、会社の同僚の男に変形するまで使われる……。それは、あり得ない状況だと思います。それなのに、僕はその事にも興奮してしまっています……。

太いペニスバンドが、あっけなく根元まで入ってしまうと、
『うぅあぁ、あなたも、ケツマンコが好きになったの? ヘンタイ』
優美は、快感に声を震わせながら言います。僕は、泣きそうな気持ちをこらえながら、腰を振り始めました。すると、いきなり寝室のドアが開き、
「おっ、やってるな。優美、とりあえずしゃぶれよ」
と、当たり前のように石田が入ってきました。石田はそう言うと、すぐに全裸になり、筋肉過剰の裸体をさらします。そして、その凶暴なペニスは、すでに天井を向くほどいきり立っています。

作り物ではなく、生身であんなに大きいのは、日本人ではかなりまれだと思います。でも、単純な太さや長さだけなら、僕がしているペニスバンドの方が若干太くて長いと思います。優美はすぐに、
『はぁい。今日も、狂わせて下さいね』
と、甘く媚びた声で言いながら、僕の元から離れていきました。

そして、石田は当たり前のように僕ら夫婦のベッドに腰を降ろし、優美にフェラチオをさせます。優美はイヤらしい姿のまま、丁寧に熱心にフェラチオを続けます。
『あぁ、やっぱり固い。それに、ここが全然違う。これで、ゴリゴリえぐって欲しい』
優美は、異常に張りだした石田のカリ首を舐めながら言います。本当に、夢中になって舐めているというのが伝わってきます。優美は、石田の長いペニスをほとんど全部口の中に収めました。一気に顔が赤くなっていき、苦しげなうめき声も漏れてきます。

「スゲぇな。本当にド淫乱なんだな」
石田は、楽しそうな顔で言います。優美は、そのまま喉奥まで使ったフェラチオを続けていき、
『あぁ、欲しい。このおチンポ、早くねじこんで欲しい』
と、うっとりした顔で言います。自分の嫁が、他の男にこんな顔でおねだりをするのを見て、僕は興奮しすぎて立ちくらみがしそうです。もう、僕も完全におかしくなってしまったみたいです。

「良いぜ。好きにしな。十分ほぐれてるんだろ? 好きな方に入れてみろよ」
石田はそんな指示をします。優美とセックスをし始めた頃は、石田も夢中で優美に覆いかぶさり挿入していました。でも、最近ではこんな風に優美に任せるようになっています。単に、飽きてしまったのかも知れません。優美は、石田のそんな変化に気がつき、イヤらしいコスプレをするようになったのだと思います。
飽きられて、抱かれなくなる……。それは、優美にとっても僕にとっても、望みだったはずです。でも、優美はそれがイヤだと思っているようですし、僕もそうなのかもしれません……。

優美は、躊躇なく膣に入れました。コンドームも何もなく、生のペニスを膣に入れてしまった優美……。ピルを飲んでいるとは言え、やっぱりショックです。あんなに薄いコンドームでも、あれがあるだけで僕の気持ちは全然違います。自分の嫁が避妊具無しでのセックスをするのは、やっぱりショックが大きいです。

『うぅあぁ、おチンポ来たぁ。全然違う。やっぱり、これが良いっ。固いし、ゴリゴリ来てるのぉ』
優美は、石田と対面座位で繋がりながら、とろけきった声をあげます。本当に気持ちよさそうです。ペニスバンドを入れているときよりも、ずっと気持ちよさそうです。僕は、負けた気持ちになってしまいました。と言っても、もともとペニスバンドは僕の身体ではないので、負けたも何もないのですが、それでも落胆してしまいました。

「おぉ、スゲぇな。子宮降りきってるじゃねーかよ。そんなに欲しかったのか?」
石田は、ニヤけた顔でチラチラ僕を見ながら言います。
『欲しかった。だって、三日も来てくれなかったでしょ? 寂しかったんだから』
優美は、甘えた声で媚びます。たった3日間空いただけで、こんなことを言う優美。毎日でも抱かれたいと思っているみたいです。
「マジでエロい女だな。アイツにはもったいないな」
石田はそんな事を言いながら、優美にキスをしました。セーラー服姿の優美が、対面座位で繋がりながらキスをしている……。僕は、興奮しすぎて呼吸が荒くなります。すると、
『あなた、そんなオモチャ外して、オナニーして良いわよ』
と、優美が優しく言ってくれました。それは、バカにしている感じもなく、本当に親切で言ってくれているような口ぶりです。でも、それが僕には余計に堪えました。

僕は泣きそうな気持ちのまま、ペニスバンドを外してオナニーを開始しました。さっき、優美とセックスをしたときには少しも気持ち良くなれませんでした。ペニスバンドをつけていたので当然かもしれませんが、僕のペニスが細すぎることも原因だったと思います。
僕は、軽くしごいただけで、
「うぅっ!」
と、うめきながら射精してしまいました。僕自身がビックリするような射精をしてしまい、呆然としていると、
『相変わらず早いのね。ホント、情けないわ』

【続きは出典元で】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
関連記事
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果2
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した2
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました3
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました3
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺7
[ 2017/09/09 09:54 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング
動画紹介