※不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました4(転載禁止)

私は、パンツの中にたっぷりと射精をしたまま、そっと部屋に戻りました。そして、汚れたパンツの中をティッシュで拭き、布団に潜り込みます。景子が兄の部屋に忍び込み、あの巨根で狂わされている……。そう思うと、脚が震えてきます。

私は、なかなか戻ってこない景子のことを考え、悪い想像ばかりが広がっていきます。一体、何時間セックスをしているのだろう? それとも、疲れ果てて一緒に寝てしまっているのだろうか? そんな想像ばかりが広がります。

私は眠ることも出来ず、景子が戻ってくるのを待ちました。でも、結局外が明るくなるまで待っても戻ってきませんでした。私もいつの間にか寝てしまったようで、気がつくと景子が私の肩を揺すっていました。

『おはよう。もう10時だよ。朝ご飯、食べなきゃ』
景子は、いつもの笑顔で言ってきます。私は、寝ぼけながら起き上がり、おはようと言いました。でも、すぐに昨日のことを思い出し、イヤな汗が出てきました。
景子は、昨日の事なんてなかったような顔で、私に微笑みかけています。でも、ドア越しに聞こえて来た景子の言葉は、耳を塞ぎたくなるようなものばかりでした。

私は、昨日のことが夢だったら良いのにと思いながらダイニングに移動しました。すると、すでに食事を終えた両親はリビングに、兄はまだ食事の最中でした。
「あ、おはよう。遅かったな」
兄は、ぶっきらぼうに言います。でも、挨拶があるだけましな気もします。兄は兄なりに、景子を抱かせてもらったことに感謝をしているのかな? と、思いました。
両親の手前、変な話も出来ず、黙々と食事をしました。すると、景子が兄に買い物に行こうと誘いました。私と3人で、服なんかを買いに行こうという話です。
『お義兄さんも、少しオシャレしたら良い人見つかりますよ』
景子は、親しみを感じさせる言い方で兄に言います。私は、景子と兄の距離が一気に縮んでしまったことを感じながら、その話には同意しました。
真夜中、確かに景子は兄のオナホになると叫んでいました。このままでは、景子を奪われてしまうかもしれない……。そんな心配をしてしまいます。でも、兄に恋人でも出来ればその心配もなくなる気がします。そう言った意味でも、兄にオシャレになってもらうのは良いアイデアに思えます。

食事を終えると、意外に乗り気な兄と3人で買い物に出かけました。両親も、兄の積極的な動きにかなり驚いていました。でも、どこか嬉しそうで、親なんだなと感じます。

そして、車でショッピングモールに着くと、景子が主体で積極的に店を回りました。と言っても、ショッピングモールに入っているショップなので、いわゆるファストファッションと呼ばれるような店です。でも、兄は見ていて可愛そうなくらい緊張している顔です。

『お義兄さんなら、こんな感じが似合うと思いますよ』
景子は、本当に積極的に色々な服を兄にあてがっています。義兄と弟嫁の関係を超えているように感じるのは、昨日のことがあったからなのでしょうか?

「こっちが良いかな? うん、これにするよ」
兄は、景子の見立てで数着服を決めました。今までの兄からすると、信じられないくらいに垢抜けたと思います。今の兄なら、髪を少し切れば本当にすぐ彼女が出来そうな雰囲気です。

「なんか、ありがとう。一人だと、絶対に出来なかったよ」
兄は、素直にお礼を言います。すると、景子は笑顔で、
『ふふ。良かったです。でも、よく似合ってましたよ。格好良くなった』
と、言いました。兄は、照れ臭そうにしています。二人とも、本当に楽しそうです。私は、兄がこんなにも他人に心を開いているのは、見た記憶がないです。

「じゃあ、なんか食べようか。お礼にごちそうするよ」
兄は、そんな事を言いました。本当に打ち解けたように感じます。
『じゃあ、お好み焼きにしましょうよ! お腹ペコペコです!』
景子はそんな風に言うと、兄と腕を組んで引っ張っていきます。兄は、照れ臭そうにしながらも、そのまま一緒に歩き出します。腕を組んで歩く二人を追いかけながら、私はドキドキしていました。
兄の腕は、完全に景子の胸に密着しています。と言うか、わざと押しつけているように見えます。兄は、まんざらでもなさそうな顔で、チラチラと景子の胸の谷間を覗いています。今日の景子は、胸元が少しルーズなニットに、膝より20cm近く短いスカートをはいています。白くて綺麗な脚がかなり強調されてます。

こうやって見ると、景子は本当にスタイルが良いと思いました。胸があれだけ大きいのに、ウェストは細いし脚も綺麗だと思います。私にさえ子種があれば、他の男に抱かれることもなかったのにと思うと、悔しくてしかたないです。
兄には、何一つ負けていない自信がありました。私は、テニスでインターハイにも出ましたし、学歴も就職先も、ルックスですら勝っていると思っていました。

でも、私はやっと気がつきました。男の本当の価値は、女性をどれだけ夢中にさせることが出来るかだという事に……。セックスで女性を夢中にさせることが出来る男が、結局ピラミッドの頂点にいる……。そういうことだと思います。

お好み焼き屋さんに入ると、景子は兄の横に座りました。楽しそうな雰囲気です。
『お義兄さん、何にしますか?』
景子は、私には聞かずに兄にばかり聞いています。
「そうだね、モダン焼きにしようかな? でも、もんじゃも美味しそうだね」
兄はそんな風に答えました。
『じゃあ、はんぶっこしましょうよ! 両方頼んで、シェアしましょ』
景子は、兄にそんな事を言いました。兄を見る景子の目は、なんと言うか妙に色っぽい感じがします。媚びているような気がします。
『あなたは? 何にする?』
景子は、一応私にも聞いてくれました。でも、シェアしようとは言ってきません。私は、仲間はずれにされた気持ちになります。

そして、店員さんを呼んで注文を始めました。さっき決めた料理と、ビールとコーラを頼みます。運転手の私がコーラです。そして、注文の終わりがけ、
『あと、この牡蠣フライとガーリックライスもお願いします』
と、景子が注文しました。それを入れると、結構な量になります。
「あれ? そんなに食べられるの? 結構な量でしょ?」
兄は、心配そうに聞きます。
『お義兄さんが食べるんですよ。精力つけてもらわないと、頑張れないでしょ? あとで、薬局で精力剤も買いますね』
景子は、牝の顔で言いました。もう、発情が始まっているような、潤んだ目をしています。
「う、うん。わかった。頑張るよ」
兄は、私を気にしながら言います。
『じゃあ、いっぱい食べて下さいね』
景子は、笑顔で言いました。私は、今日もするつもりなのかな? と、不安な気持ちでいっぱいです。確かに、子供は欲しいです。でも、兄の種で妊娠するなんて、やっぱり抵抗はあります。DNA的にも、血脈という意味でも繋がるのかもしれませんが、割り切れない気持ちが強いです。昔はそういうことは珍しくなかったとも聞きますが、受け入れるのには時間がかかりそうです。

『あなた、赤ちゃんの服も見ていかない?』
景子は、笑顔で言います。もう、赤ちゃんが出来たような気持ちになっているみたいです。私は一瞬戸惑いながら、良いねと答えて赤ちゃん用品を見ました。兄も一緒に見ながら、
「へぇ、可愛いのが多いんだね。こんなのまであるんだ」
と、意外なほど楽しそうにコメントします。兄は、子供なんて嫌いなんだろうなと思っていたので、ちょっと意外でした。
『子供好きなんですか?』
景子が兄に質問します。
「そうだね。こういうの見ると、欲しくなるかな? でも、俺なんて一生無理かもね」
兄が、少し寂しげに言います。
『そんな事ないですよ。あとは髪だけ切ればモテモテになりますよ』
景子は、真面目な顔で言います。
「そうかな、そうだといいけど」
兄は、照れ臭そうに言います。
『絶対大丈夫ですよ! それに、子供にはすぐ会えるじゃないですか』
と、景子は意味深なことを言いました。
「そ、そうだね、頑張るよ」
兄は、良いのかな? と言う顔になっています。でも、私は聞こえない振りをすることしか出来ませんでした。種がないだけで、こんな気持ちを味あわなければいけないなんて、情けなくて涙が出てきそうです。

そして、買い物も終わり、家に向かいます。でも、景子が急に、
『あなた、あそこに寄って下さい』
と、前方を指差します。指差した先には、ラブホテルがありました。
「な、なんで? どうして?」
私は、そんな事しか言えません。
『まだお父様もお母様も起きてるでしょ? それに、お義兄さんにラブホテルも経験させないと、良い人見つかってデートした時に困るでしょ?』
景子は、そんな説明をします。
「いや、そんなの無茶苦茶だよ」
私は、さすがにそう言いました。でも、
『こんなにさせて、説得力ないよ。すごく興奮してるでしょ? カチカチじゃない』
と、私のペニスをズボン越しに触りながら言う景子。私は、言い返せずに口ごもります。そして、渋々ラブホテルの駐車場に車を滑り込ませました。まだ夕方前のラブホテルは、意外なほど車が停まっていて、この建物の中で大勢がセックスをしていると思うと変な気持ちでした。

『じゃあ、ちょっと待っててね。すぐ戻ってくるから、寝てても良いよ』
景子は、当たり前のようにそう言うと、車を降りました。慌ててあとを追う兄。バツの悪そうな顔で私を見ます。でも、景子に呼ばれて小走りで行ってしまいました。
確かに、ラブホテルに3人で入るのは出来ないと思います。探せばあるのかも知れませんが、こんな田舎ではまずないと思います。
私は、複雑な気持ちでした。買い物の時も、食事の時も、景子は兄にべったりでした。そして今、二人がラブホテルに入っているのに、私は駐車場です。切ない気持ちで涙が出そうです。でも、どうしても勃起がおさまってくれません。

今頃、兄の巨根で狂わされているのかな? 中に注ぎ込まれているのかな? など、悪い想像ばかりが広がります。

でも、二人は1時間ほどで戻ってきました。思っていたよりも早くて、ホッとする私がいます。
『ゴメンね、お待たせ』
景子は、言葉少なに言います。私は、景子の顔を見て、中で何があったのか理解出来てしまいました。景子の顔は、牝そのものでした。上気したように頬が朱に染まり、目が潤んでいます。乱れた髪もそのままですし、メイクも中途半端に落ちています。どう見ても、情事の直後という雰囲気です。
それに引き換え、兄は自信に溢れたような顔になっています。
「悪いな。お待たせ」
兄は、申し訳なさそうに言いますが、なんとなく尊大な態度に感じます。短小早漏の私を、馬鹿にしているのではないか? そんな気持ちになってしまいます。

そして、2人は車に乗り込みました。でも、さっきまでとは違い、景子は後部座席に座りました。私が、どうして? と、聞くと、
『ゴメンね。ちょっと疲れちゃったから。休ませて』
と、妙に色っぽい声で言いました。私は、そう言われてしまうとそれ以上何も言えず、車を走らせました。疎外感を感じながら車を走らせていると、
『ん、んぅ』
と、かすかに景子の声が聞こえます。バックミラーで後ろを見ると、景子は目をつぶって口を半開きにしていました。セックスをしているときのような、イヤラシい顔になっています。

私は、気がつかない振りをして運転を続けますが、
『んっ、ふぅ……ダメ……』
と、聞こえるかどうかと言う小さな声で、景子が言うのが聞こえます。私は、ドキドキしながら、猛烈に興奮していました。私にバレないように、イタズラ? をする2人。私は、チラチラと後ろを気にしながら運転を続けます。

そして、時折景子の悩ましい声を聞きながら、家に到着しました。
『いっぱい買いましたね。お疲れ様でした』
兄にそんな事を言う景子。兄は景子にお礼を言って、買った荷物を持って自分の部屋に移動しました。

そして、部屋に戻ると、景子は私に抱きついてキスをしてきました。いきなり舌を差し込み、濃厚なキスをする彼女。息遣いも荒く、すでに高まっているようです。
『あなた、もう我慢出来ない……入れて下さい』
景子は、とろけきった顔で言います。私は、
「どうして興奮してるの?」
と、わかりきったことを聞きます。すると、景子は私のペニスを握りながら、
『聞こえてたでしょ? 車の中で、お義兄さんに指でイカされてたの。でも、指じゃ足りないの』
景子は、あっさりと白状しました。私は、その言葉に興奮して、慌てて下半身裸になると、景子を抱きしめました。すると、景子は私のペニスを握り、そのまま挿入してしまいました。ショーツをはいていないようです。

「あれ? 下着は?」
私が聞くと、
『お義兄さんに脱がされちゃったの。お義兄さんが持ってるよ。ねぇ、動くよ』
と、景子は言って動き始めました。対面座位で、腰を前後にスライドさせるように動かす景子。でも、いつもと感じが違います。緩くなったとか、形が変わったとか、そういうことでもなく、上手く言えませんが変わってしまった感じがします。

『んっ、んっ、フゥ、あなた、固くなってる。興奮してるの? お義兄さんとラブホテル行ったの、イヤじゃなかったの?』

【続きは出典元で】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
関連記事
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました完
・巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由4
・子育ても落ち着いた妻が、クスリを飲まされてキメセク地獄に堕ちていた完
・寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦 完
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した3
[ 2017/11/02 00:00 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング
動画紹介