※後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに3(転載禁止)

前回の話

嫁が、突然友人と日帰り温泉旅行に行くと言ってきた。前にも何回かそんなことはあったが、こんなに急に言ってきたことはない。いつも、何ヶ月も前から予定して、色々と準備をしてから出かけていた。
私は、まずそこに違和感を感じた。以前の私なら、違和感も感じずにそのままスルーしていたかもしれない。でも、孝一とあんなことをした嫁に、少なからず疑念を持ってしまっていた。

私は、その話を聞いた夜、無性に嫁を抱きたくなり彼女のベッドに忍び込んだ。

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です

『どうしたの? 昨日もしたのに、続けてなんて珍しいじゃない?』
嫁は、そんな事を言いながらも嬉しそうだ。私は、いまだに私とのセックスを喜んでくれる嫁に、申し訳ない気持ちを持った。なんとなくセックスレスになっていた私達……でも、それは私の方の理由だったのだと思う。
欲求不満とか、寂しい思いをさせてしまっていたのだなと反省をする。

私は、いつも以上に激しく嫁を欲した。自分でもどうしてかわからないが、嫉妬のような感情で嫁に激しくキスをして荒々しく服を脱がせていく。
『あん。どうしたの? 激しいね』
嫁は、少し戸惑いながらも、嬉しそうに微笑んでいる。あっという間に彼女を全裸にすると、私はその大きな胸にむしゃぶりついた。子供が出来る前は、どちらかというと貧乳気味だった。でも、妊娠中からどんどん大きくなり、出産後はEカップになったと言っていた。今はそれより多少小さくなった気がするが、弛みもなく綺麗な胸だと思う。

『あっ、あんっ、パパ、どうしたの? 違う人みたいだよ』
嫁は、うわずった声で言いながら、あえぎ声を漏らし始めた。いつもよりも、かなりリアクションが良い。敏感になっているような感じだ。

私は、胸をいつもよりも激しく揉み、そして強く舐め続けた。すると、スッと嫁の手が伸びてくる。パジャマのズボンの上からペニスを握られ、私は少しうめき声をあげた。嫁の手コキは的確で、ズボンの上からなのにカリ首を正確に刺激してくる。
これが、年下の浮気相手のために磨いたテクニックなのかと思うと、嫉妬で息が詰まりそうになる。
『パパのすごく固くなってるよ。こんなにカチカチなの、初めてじゃない?』
嫁は、本当に驚いたような感じだ。私は、負けずに嫁のアソコに手を伸ばした。クリトリスの辺りに手が触れると、クチョッと濡れた感触がある。私が激しく興奮してガチガチに勃起しているように、嫁のアソコも驚くほど濡れている。

「すごいね。グチョグチョだよ。興奮してるの?」
私は、そんな事を聞きながらクリトリスの辺りを指で刺激する。膣口や陰唇周りだけではなく、内股のあたりまで濡れているのがわかる。
『うん。だって、パパのすごいんだもん……。欲しくなっちゃった』
嫁は、甘えた口調で言う。でも、私のペニスを触り始めたのなんて、ついさっきの話だ。嫁のアソコは、それよりもはるか前からこんなに濡れているような気がする。

「この前の孝一の話、覚えてる?」
私は、嫁のクリトリスを刺激しながら質問する。
『え? 孝一さんの話? どれのこと?』
嫁は、少し不安そうな顔になる。きっと、手コキをしたことや、飲精をしてしまったことがバレたのではないかと不安になっているのだと思う。

「彼女を他の男に抱かせてるって話」
私がそんな風に言うと、嫁はホッとしたような顔になり、
『覚えてるよ。本当なのかな? なんか、信じられないね』
と、素直な感想を話した。
「でも、そういうの多いらしいよ。寝取られ性癖ってヤツ。トムクルーズの映画でもあったでしょ」
私がそんな事を言うと、
『どうしたの? 急にそんな話して……。もしかして、私を他人に抱かせていって思ってるの?』
と、再度不安そうな顔に戻った。私は、慌てて否定した。でも、すぐに、
「千里は? 興味ある? 他の男の人としたいって思う?」
と、質問を重ねた。
『ないよ! あるわけないじゃん!』
嫁は、即否定した。でも、あまりにも返事が早すぎて、逆にどう思っているのかわからなくなってしまった。私は、浮気とか恋愛感情とかは関係なく、その行為自体に好奇心はないのかというような聞き方をした。

『う〜ん。それはあるかな? どんな感じなのかなぁって、ちょっとは興味あるかも』
嫁は、そんな言い方をした。私は、嫁が孝一とセックスしている姿をイメージして、猛烈な嫉妬を感じた。そして、荒々しく彼女に覆いかぶさり、パジャマを脱ぐのももどかしく、ほとんど着衣のまま彼女に挿入した。
キュゥッと締まる嫁の膣。私は、コンドームをつけ忘れていることに気がついた。でも、今さら後に引けない。私は、ほとんど犯すような感じで嫁を責め続けた。
『あっ、あぁっ、パパ、どうしたの? 興奮してるの? 激しいよ、うぅぁっ、あっ、あんっ、パパ、すごい、カチカチになってるっ』
嫁は、いつもよりも感じているようなリアクションだ。私は、そのまま腰を振り続けた。頭の中は、若い恋人とセーラー服姿でセックスをしている嫁の姿や、孝一にフェラチオしている姿でいっぱいだ。

私は、少し痛みを感じるほどに強く下腹部をぶつけていく。すると、嫁は私にしがみつきながら、
『パ、パパ、イッちゃう、イクッ、うぅっ!』
と、言って果てた。嫁は今まで、セックス中にはっきりとイクと口にしたことはない。以前に、不安な気持ちから、気持ち良くないの? と、嫁に質問したことがあったが、彼女は気持ち良いし、ちゃんとイッてると答えてくれた。でも、恥ずかしくて口に出来ないだけだとも言った。

私は、初めて見る嫁のリアクションを見て、実は今まで一度もイッたことがなかったんだなと気がついた。全然満足してくれてなかったんだなと思った。
そんな事を考えているウチに、私は限界を迎えてしまった……。慌ててペニスを抜くと、手でしごく事もなくノーハンドで射精した。
飛び出した精液は、自分でも驚くほどの勢いで嫁の身体を汚していく。お腹や胸、そして、喉のあたりまで飛んでしまっている。
『キャッ、すごい飛んだよ』
嫁は、ビックリした顔で言う。でも、どこか嬉しそうな感じだ。私は、慌てて謝りながら嫁の身体のザーメンをティッシュで拭き取っていく。

『パパ、まだまだ若いんだね。こんなに飛んじゃうなんて、10代の男の子みたいだよ』
嫁は、そんな事を言う。でも、20歳の若い男と浮気をした過去を持つ嫁がそんなセリフを言うと、胸騒ぎみたいな感情が湧く。

「千里も、いつもより気持ちよさそうだったね」
私がそんな指摘をすると、恥ずかしそうにモジモジしながら、
『うん。だって、パパ激しいんだもん。違う人にされてるみたいだったよ』
嫁は、上気したような顔で言う。まだ興奮が残っているみたいだ。私は、今までは相当我慢させていたのかな? と、不安になってきた。私とのセックスで、逆に欲求不満が溜まっていたのではないか? そんな事を考えてしまう。

「さっきの話だけど、本当に興味はあるの?」
私は、呼吸が整うと、そんな質問をした。嫁は、実際にするつもりはないが他の男とのセックスに興味はあると言った。
『少しだけね。どんな風かなぁって……。絶対にしないけどね』
嫁は、少し動揺した感じで答えた。

私は、動揺しながらも土曜日のことを聞いた。これまでもあったことだが、今回はあまりに急だった。
『うん。割引券もらったんだって。旦那さんの会社の関係で』
嫁は、よどみなく答える。これまでの私なら、それで納得したはずだ。でも、私の頭の中には、他の男と温泉に行く嫁がイメージされていた。

そして土曜日、嫁はいつも通りの普通の感じで出かけていった。メイクも普通だし、服も普段着ているようなものだ。特に、浮気の気配は感じない。
『じゃあ、行ってきます。食事とか、ゴメンね』
嫁は、申し訳なさそうに言って出かけた。私は、笑顔で送り出しながらも、不安でいっぱいだった。本当に、優子さんと行っているのだろうか? 確かめたくても、私は彼女の連絡先も住所も知らない。

落ち着かないまま、テレビを見たり本を読んだりしていたが、ふと孝一のことが気になった。まさかとは思うが、孝一と行ったのではないか? そんな事まで考えてしまった。そして、休日で悪いなと思いながらも、彼に電話をした。すると、すぐに電話に出た孝一は、
「お疲れ様です! どうしたんですか? 休みの日に珍しい」
と、元気いっぱいに言ってきた。
「いや、飯でもどうかなって思って」
「えっ? 千里さんは? 一緒にですか? だったら、すぐ行きますけど」
孝一は、そんな風に言う。私は、やっぱり考えすぎだったなと思い、
「千里は遊びに行ってるんだよ。ヒマだから電話したんだけど」
「なんだ、いないんだ……。じゃあ、ダメです。これから彼女とデートなんで」
孝一は、あっさりとそう言った。私は、別に本当に孝一と食事がしたかったわけではなく、嫁がもしかしてと思って確認しただけだったので、あっさりと引いた。

そのまま、モヤモヤとした時間は過ぎていく。こんな風に、嫁のことを疑ったのは初めてだ。それに、こんなに彼女に執着心を持ったのも初めてかもしれない。

そして、22:00前に嫁は帰ってきた。
『ただいま〜。ご飯食べた?』
嫁は申し訳なさそうに言う。私は、もう食べたよと言うことと、早かったねという事を言った。

『はい、お土産』
そう言って、ラスクを渡してきた。有名なヤツだそうだ。私は、ありがとうと言いながら、温泉に行ったのは本当なんだなと思っていた。こんなに疑ってしまうのが、自分でも不思議だ。

そして、ラクスを食べながら今日の話を聞き、風呂に入って寝室に入る。少しすると、嫁も風呂から上がって寝室に入ってきた。私は、少し上気したような嫁の顔を見て、性欲が抑えきれなくなってしまった。
抱きつき、キスをすると、すぐに舌を絡めてくる嫁。そのまま、濃厚なキスを続ける。しばらくすると、嫁の手が私のペニスに伸びてきて、パジャマの上からさすってくる。
『すごく興奮してるね。どうしたの? 最近、カチカチだね』
嫁は、嬉しそうに言う。私は、この前の孝一の話のせいだと答えた。
『パパも、そういうことしてみたいって事? そんなのダメだよ』
嫁は、少しすねたように言う。私が、どうして? と聞くと、私が他の女性とセックスをするのは絶対にイヤだと言う。愛されているなと思いながらも、嫁は年下の男の子と浮気をしたことがあるクセに、よく言えるなとも思った。

「じゃあ、他の男とエッチするのはイヤじゃないって事?」
『そ、それは……。だって、パパはイヤでしょ?』
嫁は、女性特有の話のすり替えをする。
「それはイヤだけど……。見てみたい気もする」
『変態。ダメだよ。そんなの、絶対にヘンだよ』
嫁はそんな風に言った。そして、そのまま私に抱きついてキスをしてきた。私は、少し安心しながらも、嫁が妙に興奮しているなと感じた。そのままセックスをしたが、嫁はいつも以上に感じていたし、私もあっけなくイッてしまった。

そして、久しぶりに抱き合いながら寝た。私は、色々と考え事をしていた気がするが、気がついたら寝ていた。

起きた後、いつも通りの休日を過ごした。月曜日になり会社に行くと、孝一が笑顔で近づいてきた。

【続きは出典元で】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)

その他の寝取られ体験談を探す
妻が綺麗になったワケ ダウンロード販売
【同じジャンルの体験談】
・地味だけど童顔で可愛らしい嫁が、AVに出ていただけではなく……
・倦怠期になった嫁を友達に1ヶ月預けたら想像以上に調教されてしまった2
・保証人になった僕のせいで、嫁が素人系動画に出演するハメになりました
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです6
・お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

[ 2018/01/29 12:43 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング