※倦怠期になった嫁を友達に1ヶ月預けたら想像以上に調教されてしまった完(転載禁止)

前回の話

『トオル、見ててね。こんなぶっといおチンポが、根元まで入っちゃうから』
嫁は俺のことを見ながらそんな風に言う。俺は、止めることも出来ずに呆けたようにそれを見ているだけだった。
男は嫁に覆いかぶさると、そのまますんなりと挿入してしまった。
『ううっ、やっぱり大きいね。トオルのじゃ届かないところまで一気にきちゃったよ』
嫁は、気持ちよさそうな顔で言う。
「平気ですか? すっごく見られてますよ」
男は、少し怯んだような顔で言う。でも、ペニスを抜こうというそぶりは見せない。

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です

『大丈夫よ。彼、すっごく興奮してるんだから。ほら、見て。大きくなってるでしょ?』
嫁は、俺の股間を指さしながら言う。確かに、俺のペニスはずっと勃起したままだ。
「ホントですね。じゃあ、遠慮なく」
そう言って、男は腰を振り出した。
『あぁんっ、気持ちいい。やっぱり、これくらいないと気持ちよくないわ』
嫁は、気持ちよさそうにあえぎ始める。俺は、嫁のアソコを出入りする大きなペニスに、完全に目を奪われていた。
「姫、いつもより興奮してるでしょ。メッチャ締めつけてくるし」
男は、すっかりとおどおどしたところが消えてしまっている。
『わかる? だって、旦那の目の前で浮気してるんだよ。興奮しちゃうに決まってるじゃん』
嫁は、そんな事を言う。
「なんでw 普通、興奮なんてしないでしょ」
男は、笑いながら言う。そして、腰を強く振り始める。
『あっ、うぅあっ、気持ちいいっ。奥にいっぱい当ってるよ。このおチンポ、気持ち良すぎてヤバいのぉ』
嫁は、他の男に貫かれながら俺のことを見つめている。目が合っているのに、嫁は他の男とセックスをしている……。こんな異常事態なのに、俺の興奮は高まる一方だ。

「姫、そう言えば子作りするって言ってなかったっけ? 良いの? 生で入れちゃってるけど」
男は、思い出したように言う。
『そうだよ。トオルと子作りしてるよ。でも、気にしなくて良いよ。愛がないと受精しないから。トオルのじゃなきゃ、妊娠しないから大丈夫』
嫁は、とろけた顔で言う。言っていることは無茶苦茶だけど、嫁は気にもしていない感じだ。
「なるほど、じゃあ遠慮なく中出ししちゃうね」
男は軽いノリで言うと、嫁にキスをした。すると、唇が触れた途端、嫁の方が積極的に舌を絡めていく。そのまま、キスをしながらの正常位が続く。俺は、むさぼるように他人の舌を吸う嫁を見て、もう取り返しがつかない状態になっていることを知った。

『いいよ、早く中に頂戴。子宮にザーメンかけて』
嫁は、とろけきった顔で言う。もともと、さほどセックスに積極的ではなかった嫁が、変わりすぎるほど変わってしまったことに驚くばかりだ。
「了解です。久しぶりなんで、もうヤバ目です」
腰を振りながら言う彼。
『トオル、出そうだって。良いよね? 中に出してもらっても、良いよね?』
嫁は、興奮しきった声で聞いてくる。俺は、思わず頷いてしまった。
『ふふ。じゃあ、いっぱい出されるとこ、見ててね』
嫁はそう言って、男にキスをした。それだけではなく、男のシャツに手を突っ込み、乳首をまさぐり始めた。
男は、うめきながら腰を振る。腰の振りも、どんどん早くなっていくのがわかる。肉がぶつかる音に、クチョクチョという水音が混ざってきた。

「姫、潮吹きすぎだって。ご主人見てるからって、張り切りすぎw」
男が笑いながら言う。よく見ると、嫁はハメ潮を吹いているような感じだ。
『だって、イキっぱなしだもん。やっぱり巨根じゃなきゃダメだね。あぁ、またイッちゃいそう。ねぇ、一緒にイコ? 淫乱な肉便器に、種付けして下さい』
嫁は、加虐心をそそるような顔で言う。
「よし、じゃあ、出すよ。ご主人の目の前で、たっぷり出してやる』
そう言って、スパートをかけた彼。嫁は、のけ反ってシーツをグシャグシャに掴み始めた。
「うぅ、イクっ」
男は、短くうめいて射精を開始した。そして、嫁は射精された瞬間、電気ショックでも受けたように身体を跳ねさせながら、
『イグゥッ! ぐぅぅう゛う゛ぅっ!!』
と、獣のように吠えながら果てた。

「あ~あ、出しちゃった。ホントに平気? 溜まってたから濃いの出ちゃったよ」
男は、イッて冷静になったのか、そんな事を聞く。
『大丈夫。愛がないから受精しないって』
嫁は、トロンとした顔のまま言う。そんな事、あるわけがないと思う。

すると、インターホンが鳴った。
「あっ、来たよ。姫、ちょっと待って」
男は、ペニスを抜いてインターホンに近づいていく。
『ふふ。ちょうど良いタイミングだね。まだ足りないって思ってたんだ。トオルもでしょ? 私が狂うの、もっと見たいんだもんね』
嫁は、そんな事を言う。俺は、ドキドキしっぱなしで息が苦しいほどだ。

そして、若い男が二人部屋に入ってきた。
「もうやってるしw」
「姫、久しぶりじゃん」
二人とも、嫁に明るく話しかけた後、俺のことを見て不思議そうな顔をした。
『旦那だよ。今日は、私達のセックス見たいって言うから連れてきちゃった』
嫁は、明るく言う。
「マジかw」
「あの話、ホントだったんだ」
二人とも、怯むこともなく爆笑している。たぶん、人数が多いので余計にそんな態度になるのだと思う。そして、二人ともさっさと服を脱ぎ始めた。最近の若い男性の特徴なのか、筋肉の感じられない痩せすぎの身体だ。でも、ペニスだけは異様に大きく見える。

「じゃあ、お借りします!」
「パパさんも、一緒にどうっすか?」
男達は、軽いノリで俺に話しかけてくる。そして、あっという間に嫁に群がっていく。

「なんだよ、もう中出ししてんのかよ。きったねーな」
男の一人はそんな風に文句を言いながらも、嫁にバックでハメてしまった。最初の男とは違い、コンドームのことを聞きもしないで生で入れてしまった。

『あんっ、ぶっといの入ってきたぁ。やっぱり太いね。ゴリゴリこすれてるよ』
嫁は、バックで貫かれながら気持ちよさそうな声をあげる。すると、もう一人が当たり前のように嫁の顔にペニスを押しつけた。嫁は、すぐにそのペニスをくわえると、イヤらしく舌を使ったフェラチオを始める。

目の前で、上下の口を男達に使われてしまっている嫁……。こんな事までさせるなんて、まったく想定していなかった。ヒロシに貸し出して、少しエロい女になってくれれば良い……。その程度の考えだったのに、まさか又貸しまでされていたなんて、本当に信じられない。ヒロシに、怒りの感情も湧いてくる。

「うわ、ヤバいな、メチャ気持ちいいじゃん。なんか、膣圧アップしてない?」
バックでハメている男が聞く。
「そうそう、姫、ご主人がいるから興奮しまくってるんだよ。俺も、あっという間に搾り取られた」
最初に中出しした彼が言う。
「マジかw 旦那さんが見てるのに、興奮しちゃうってヤバくね?」
腰を振りながら男が言う。嫁は、ペニスをくわえたままうめくようにあえぎ続けている。

それにしても、すごい光景だと思う。二人の男にいいように使われている嫁……。それなのに、少しもイヤがっていないし、本当に気持ちよさそうにあえぎ続けている。淡白だった嫁をこんなに変えてしまったヒロシは、どんなテクニックを持っているのだろう? それが気になってしまう。

バックでハメている男が、余裕のない声で、
「ヤバ、もう出そう。姫、どこに欲しい?」
と、腰の動きを加速させながら聞く。
『中に! 決まってるでしょ? 肉便器に全部吐き出しちゃって!』
嫁は、興奮した声で言う。すると、男は平手で嫁の尻を叩いた。パチンッ! と、かなり大きな音が響く。
『ひぃぅっ、ああぁ、あぁ……イッちゃったぁ』
嫁は、叩かれた瞬間イッてしまったようだ。
「なに勝手にイッてるんだよ。この、肉便器が!」
男は、さらに平手で嫁の尻をぶっ叩いた。
『ひぎぃっ、うぅあぁ』
嫁は、のけ反りながら身体をガクガクッと震わせる。叩かれるとイッてしまうようだ。そこからは、男は調子に乗ったように嫁の尻を連続的に叩き続ける。その度に、嫁はのけ反ってガクガクッとオルガズムに達しているようなリアクションをする。
「ほら! もっとイケよ! 旦那の目の前でイキまくれって!」
男は、嫁のお尻を叩きながらそんな言葉をぶつける。嫁は、その言葉にすら興奮しているようだ。

そして、男は当然のように嫁の膣中に射精すると、フェラチオさせていた男がすぐに入れ替わるように挿入する。
『うぅああぁ、おチンポいっぱい。もっと! もっと出してっ! オマンコ溢れさせてぇ』
嫁は、本当に幸せそうな顔で言う。
「ホント、ヤバいくらい淫乱だな。旦那が見てるのに、イキすぎだろ」
男はそんな事を言いながら腰を振り続ける。俺は、勃起しすぎてズボンまでシミが出来てしまっていることに気がつき、慌ててそれを隠した。

『オマンコイグゥッ! おチンポ気持ちいいの! トオル、奥まで突かれると本当にすごいんだよ。トオルは一回も突いてくれないけどね』
嫁は、本当に気持ちよさそうな顔のまま、俺を見つめて言う。俺は、目の前にいるのが本当にあやみなのか自信がなくなってしまった。もしかして、そっくりな誰かに入れ替わっているのではないか? 双子? そんな風に、現実から逃避したくなる。

男は、とにかく力強くピストンをする。嫁のことを感じさせるというよりは、さっさと射精したい……。そんな、身勝手なセックスに見える。実際、男はすぐに嫁の膣中に注ぎ込むと、さっさとペニスを抜いてソファに座ってスマホをいじりだした。

すると、嫁は一番最初に射精した男のペニスをくわえ始めた。
『ねぇ、もう一回良いでしょ? このおチンポ、すぐ入れて欲しいの』
嫁は、甘えた声でおねだりをする。嫁は、フェラチオをしながら自分のアソコに指を入れてオナニーまでしている。指を二本差し込み、かき出すように動かしている嫁……。当然のように、ザーメンが流れ出てきて床まで汚している。

「マジ肉便器w ていうか、床汚してるし。ほら、綺麗にして」
男は、友人達が来たことでおどおどした部分がなくなっている。群集心理というヤツなのかな? と、思いながらも、床に口をつけてザーメンをすすり取っている嫁を見て、俺はイキそうなほど興奮してしまっている。

『綺麗にしたよ。良いでしょ? 入れちゃうね。もう、我慢できないの。おチンポ入れちゃいます』
嫁はそう言って、男に対面座位でまたがってしまった。すぐにペニスを根元まで入れると、腰を前後にグラインドし始める嫁。男は、あまり集中していない感じだ。

【続きは出典元で】

・2017年度寝取られ動画、同人ランキング!
・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)

その他の寝取られ体験談を探す

【同じジャンルの体験談】
・ロリ巨乳な美少女に彼氏の前でハメて欲しいと言われたが、彼氏じゃなくて美少女がいた2
・妹が同人描く参考にアレを見せろと言って来た上に、定規で測り始めた
・保証人になった僕のせいで、嫁が素人系動画に出演するハメになりました完
・息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた2
・地味だけど童顔で可愛らしい嫁が、AVに出ていただけではなく……4
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声


[ 2018/03/08 13:19 ] 寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング