NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

※生意気な嫁、しつけ致します2(転載禁止)

前回の話

嫁は、床に額をこすりつけるようにして土下座をしている。あの強気で男勝りな嫁が、ビンタされたのにキレることもなく土下座をし続けている……。私は、この目で見ていても信じられない気持ちだ。私の中の嫁のイメージは、ビンタなんかされれば拳で殴り返すようなイメージだ。

「オマエは、こらえ性のないだらしない牝犬だな」
田中さんは冷たい声でそう言うと、嫁の頭を踏み始めた。そんな事をされても、嫁は頭を上げない。それどころか、
『ごめんなさい。私は、こらえ性のないダメな牝犬です』
と、謝り始めてしまった。私は、正直に言って興奮しているし、爽快感に近いものも感じてしまっている。いつも私は尻に敷かれ、こき使われているので、妻がこんな目にあっているのにそう感じてしまうのかもしれない。

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です

私は、妻が踏みつけられる姿を見ながら、夢中でペニスをしごき続けた。今まで感じたことのない快感を感じ、すぐに射精感が高まってしまう。

嫁は、自分の頭を踏んでいる足を舐め始めた。足の指をペロペロと舐め、そして口に含んでくわえていく。あのプライドの塊のような嫁が、本当に犬にでもなったようだ。

「よし、これで訓練しなさい。今度勝手にイッたら、しつけは終了だ」
田中さんはそんな事を言いながら、ディルドを床に立てた。吸盤で張り付いたディルドは、田中さんのペニスと同じくらい大きいように見える。
『わ、わかりました。はしたない私を、見てて下さい』
妻はそう言って、ディルドに腰を降ろしていく。ズブズブと、極太のディルドが膣中に消えていく。
『うぅあぁ、太い……。太いですぅ』
嫁は、眉間にシワを寄せながら言う。でも、痛みを感じているのではなく、大きな快感を感じているような雰囲気だ。

田中さんは、何も言わずに嫁を見つめている。さっきまでいきり立っていたペニスは、いつの間にか通常サイズに戻っている。嫁がこんなにはしたなく卑猥な行動をしているのに、まったく興奮していないようだ。

嫁は、ディルドをほとんど根元まで入れると、今度は腰を持ち上げ始めた。
『うぅあぁ、こすれてますぅ、ひぃぅぅ、すごいのぉ』
嫁は、とろけた声で言う。そのまま、腰を上下に上げ下げし始める嫁。まるで、スクワットでもしているような感じだ。
『うぅあっ、あっ、気持ちいいぃ、気持ちいいです! 奥に当ってます、淫乱な牝穴にズボズボ入ってますぅ』
嫁は卑猥な言葉を口にしながら、腰の動きを加速していく。大人のおもちゃ相手に、自ら腰を振っている嫁……。どうやったら、こんな風にしつけられるのだろう? 私は、雄としての能力の差に絶望的な気持ちになる。

『あぁっ、ダメぇ、ダメぇっ! イ、イキそうです、御主人様、イッても良いですか? お願いします、イカせて下さいっ!』
腰を振り続けながら叫ぶ嫁。田中さんは、
「まだダメだ。勝手にイッたら終わりだぞ」
と、冷たく言う。ゾクッとするほど冷たい口調のわりに、顔は温和なままだ。
『わ、わかりました。見てて下さい』
嫁は、苦しげな表情を浮かべながら腰を上下に動かし続ける。さっきよりも、かなり動きがゆっくりになっている。
「そんな動きで誤魔化すな」
田中さんは、容赦なく嫁をビンタする。ビシッとかなり強い音がして、嫁の頬はみるみる赤くなっていく。
『ご、ごめんなさい。でも、イッちゃいそうなんです……』
嫁がそんな風に言い訳をすると、すぐにまたビンタされた。
『ヒィッ、うぅ、許してくださいぃ』
嫁は、泣きそうな声で言う。でも、夫の私には、嫁は痛がるばかりでは無く感じているのがわかる。

嫁は、すぐに腰の動きを元に戻す。すると、あえぎ声もどんどん大きくなり、のけ反ったり身体を震わせたりし始める。もう、イク寸前という感じに見える。
『も、もうダメ……うぅ、イ、イク、イッちゃうぅ、お願いします、イカせて下さい、ひぃうぅ』
嫁は、もうほとんど余裕がない感じだ。でも、田中さんは温和な表情のまま何も言わない。そして、しばらくすると、
『イ、イッちゃうっ、イクっ、うぅっ、ごめんなさいっ、うぅああっ! あぁ~っっ!!』
嫁は、叫びながらへたり込むように座り込んだ。女の子座りみたいな格好になり、ディルドが根元まで入ってしまっている。その状態で、嫁は天井を見上げるような格好でガクガクッと震えている。

すると、田中さんは嫁の頬をパンッ、パンッと、左右一回ずつビンタをした。
『ヒィぐぅ、あぁっ!!』
嫁は、ビンタされたことでさらに身体を震わせた。動画は、ここで唐突に終わった。私は、動画が終わるのとほぼ同時に射精してしまった……。私は、呆然としてそのまま身動きも出来ずにいた。
嫁をしつけることなんて、田中さんでも無理だと思っていた。でも、こんなにもあっけなく、こんなにも強烈にしつけされてしまうなんて夢にも思っていなかった。

私は、驚くほど大量に出てしまった精液を拭き取り、個室ビデオ店を出た。帰宅すると、
『おかえりなさ~い。お疲れ様!』
と、嫁が出迎えてくれる。そして、私からカバンを受け取ると、
『夕ご飯出来てるよ。お腹すいてるでしょ~』
と、にこやかに話しかけてくる。以前の嫁は、私が帰るなり早く夕ご飯を作れと催促をしていた。それから考えると、真逆と言ってもいい状況だ。
私は、楽になって嬉しいが、田中さんにどうやってしつけられているのだろう? と、疑問が増えてしまう。セックスの快感で堕とされているだけなら、私への態度など変わるはずもないと思う。でも、今の嫁は、田中さんに対する態度と同じような態度を私にもしてくれる。

子供達と4人で、楽しく食事を始める。
「パパ、もうごはん作らないの?」
下の子に質問された。
『そうよ、パパお仕事大変でしょ? 私のご飯じゃ、不満?』
嫁が、ほがらかに笑いながら言う。
「そんなことないけど、パパのご飯も美味しいから」
「そうそう、たまには食べたいな~」
上の子もそんな風に言う。嫁は、あらあらと言って微笑んでいる。本当に、幸せな家庭という感じだと思う。でも、嫁はこの笑顔の下で、淫乱な牝犬の顔を隠している。私は、不思議な気持ちになるばかりだ。

そして夜になると、嫁がベッドに忍び込んできた。そして、何も言わずに私のズボンとパンツを降ろすと、フェラチオを始めた。フェラチオ自体ほとんどすることのなかった彼女が、丁寧に、一生懸命にしてくれている。本当に嬉しいし気持ちいい。
私は、手を伸ばして彼女の身体に触れようとする。
『リラックスしてて。私がするから。気持ち良くなって下さいね』
嫁はそんな事を言って、私の睾丸や乳首も舐めてくれる。ご奉仕をしてくれている……。そんな状況だ。

しつけが始まる前は、嫁はタメ口というか命令口調だった。私は、嫁よりも収入が低いこともあって、それに対して何も言えずにいた。それが今は、もう20分近く熱心にご奉仕をしてくれている。

「もう、出ちゃうよ。交代しようか?」
私が余裕のない声で言うと、
『……あなた、お願いがあるの……』
と、こわばった口調で言う嫁。私は、ドキッとしてしまった。何を言われるのだろう? 見当もつかない。私が、なに? と言うと、
『こんなの買ってみたの。あなたさえイヤじゃなかったら、使って欲しいです』
と、恥ずかしそうに言う嫁。私は、手渡された紙袋の中を覗いた。すると、中にはディルドが入っていた。真っ黒で、ペニスの形をリアルに再現したタイプのヤツだ。あのDVDで見たのと同じで、底に吸盤がついている。でも、大きさがあれの半分程度だと思う。
ただ、それでも私のものよりは確実に大きいと思う。
「ど、どうしたの? 買ったの?」
『……うん。ごめんなさい。はしたないもの買っちゃって……。ずっと興味があったけど、恥ずかしくて……。ダメですか?』
嫁は、モジモジしながら言う。男勝りだったのが、ウソのような可愛らしさだ。私は、イヤじゃないと言った。そして、私も使いたかったと言ってみた。
『良かった。じゃあ、お願いします』
そう言って、パジャマを脱ぎ始めた彼女。相変わらず、色白で美しい裸体だ。Eカップの胸もまだまだ垂れてはいないし、乳輪も乳首もまだピンク色に近い感じだ。
でも、しつけ前よりも美しくなったような気がする。ウェストのくびれが増して、なまめかしい感じがさらに増したように思う。嫁は、ベッドに仰向けで寝転がる。照明もつけっぱなしなのに、気にもしていないようだ。

私は、彼女の胸にむしゃぶりついた。
『あっ、んっ、ふぅ、あなた、気持ちいいです』
嫁は、控えめな声で言う。いくら寝ているとはいえ、子供達が二人もいる。それほど大きな声も出せないし、激しいことも出来ない。私は、夢中で乳首を舐め続け、そして指でも責め続けた。
『あっ、あんっ、んふぅ、もう、欲しい……入れて……』
嫁は、恥ずかしそうに言う。こんなにも可愛らしくなってしまって、驚くばかりだ。もしかしたらこちらが嫁の本当の姿で、男勝りな姿は、私が頼りないせいだったのかな? と、思ってしまった。

私は、慌ててコンドームを装着しようとした。でも、すぐにディルドのことを思い出した。袋の中に手を突っ込み、ディルドを手に取る。もちろん、大人のおもちゃに触れるのは初めてだ。握った感じが、私のペニスよりもかなり太くて長い。と言う事は、DVDの中で使っていたアレは、どんなに大きかったのだろう?

『も、もう入れて下さい』
嫁は、熱っぽい目で私を見つめながら言う。私は、ゆっくりとディルドを嫁の膣口に押し当てた。すると、嫁のアソコにはヘアがなかった。正確には、恥丘のところにしかヘアがない。陰唇の周りには1本もヘアがなく、ツルツルの状態だ。私は、これもしつけの一環なのかな? と、思いながらも、気がつかなかったフリをしてディルドを押し込んでいった。
『うぅっ、ふ、太い……。あなた、怖い……』
嫁は、不安そうな顔になる。でも、DVDDでは、こんなものよりもはるかに大きなディルドを入れていた……。明らかに演技だと思う。

それでも私は、興奮していた。自分の嫁にディルドを入れていく……。普通の夫婦では、なかなかしないことだと思う。背徳感や征服感のようなものを感じながら、私はゆっくりとディルドを入れていく。
『うぅあぁ、あなた、凄い……ひぃうぅ』
嫁は、声を抑えている感じはあるが、あえぎ声が漏れてしまうようだ。私は、ゾクゾクッとした。そして、さらに押し込んでいき、根元まで入れてしまった。すると、軽く奥に突き当たる感じがある。
『うぅああぁ、当ってる……子宮に当ってますぅ』
嫁は、とろけた声を出し始める。田中さんのしつけで気がついていたが、嫁は子宮口に牝スイッチがあるようだ。私では、けっして押すことが出来ない位置にある……。

私は、嫉妬というか、劣等感を感じながらディルドを抜き差しし始めた。
『うぅあっ、あっ、んっ、ん~っ! こ、声出ちゃう、うぅっ!』
嫁は、声を抑えきれなくなっている。私とのセックスでは、嫁はあえぎ声は抑えきれていて、ほとんど吐息しか出さない。私は、こんなオモチャにすら勝てないのかと、情けない気持ちになってしまう。

私は、それでも嫁の感じ方に興奮して、ディルドを抜き差しし続ける。嫁は、歯を食いしばるような感じで声を抑え続けているが、やっぱり抑えきれない感じがあるみたいだ。

『あ、あなた、イキます、イッちゃう、うぅっ!』
嫁は、足をピンと伸ばしてブルッと体を震わせた。私は、たぶん初めて彼女をイカせることが出来たのだと思う。

『あなた、入れて下さい。あなたのが欲しいです』
嫁は、潤んだ目で言ってくる。私は、すぐにディルドを抜き、ペニスにコンドームを着けて挿入した。
『あぁ、気持ちいい。やっぱり、本物が良いです』
嫁は、嬉しそうに言う。でも、私は驚いていた。ほとんど感触がない。膣は収縮性に富むと聞いているが、こんなに簡単に拡がってしまうものなのだろうか? と、驚いていた。私は、それでも腰を振る。正直、あまり気持ち良くないと思いながらも腰を振り続ける。
『あっ、あっ、あなた、気持ちいい。声我慢出来ない。キスして下さい』
嫁は、そんな事を言う。でも、ディルドで責めている時とは、まるで違う感じだ。ひと言で言うと、余裕がある……。私のペニスでは、余裕をなくすほど感じさせることが出来ていないのは一目瞭然だ。

でも、キスをした途端、嫁の舌が絡みついてくる。それだけではなく、指で私の乳首まで触ってくる。

【続きは出典元で】

・2017年度寝取られ動画、同人ランキング!
・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)

その他の寝取られ体験談を探す


【同じジャンルの体験談】
・嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した6
・恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました4
・少女のように純真な嫁が、お尻丸出しでソファで失神していた
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果4


巨乳妻が浮気相手にイキ狂う夫の目の前で濃密NTR

チャラ男に寝取られ ルート2 Vol.4

[ 2018/03/29 03:28 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング