NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

会社の熟女が、息子のことで相談をしてきた

会社の事務員、佳枝。45才、バツイチ。

小柄だが、むっちりしたお尻、くびれたウエスト、男好きそうなエロい顔立ち、くわえ込んだら離しそうにないぽってりした唇。

いつも後ろ姿を眺めながらこっそり勃起していた俺。

ある日、飲み会の二次会で同僚や先輩が帰ったり酔いつぶれたりした中、佳枝と俺はそいつ等をタクシーに乗せたりした後、2人きりとなった。

【続きを読む】
[ 2018/11/17 18:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

結婚直前に、あらゆるプレイを出会い系の男で試した淫乱20歳

つい最近の出来事です。
出会い系サイトで「いけないことだけど経験してみたい」っていう書き込みをしてる20歳の子にメールを送ったら、返信があって焦らずメールをしているとファミレスで会おうということになりました。

【続きを読む】
[ 2018/11/17 12:10 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

夫が単身赴任になり、私を慰めるのは愛犬だけです

1年前夫(48歳)が海外勤務を言い渡されました。
子供も就職し、県外へ。
私(42歳)と一匹のわんこ、名前はサブ♂(土佐犬)だけになってしまいました。
サブは、子供が家を出て寂しいだろうと、夫が友人から貰ってきた犬でした。

【続きを読む】
[ 2018/11/16 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした2(転載禁止)

前回の話

妻は、帰って来るなり僕に抱きつき、泣きながら謝りました。僕は、妻は怒っていると思っていただけに、戸惑っていました。
『ゴメンね。怒ってる? 嫌いになってない?』
妻は、本当に心配そうに聞いてきます。僕は、妻を抱きしめて、嫌いになっていないことを告げました。そして、酷いことをさせてゴメンと謝りました。

『ずっと、聞いてたんでしょ? それでも、嫌いになってない?』
心配そうな妻。

【続きを読む】
[ 2018/11/16 20:15 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

出会い系の人妻に、ガチで危険日中出しを敢行した

さっきまで某出会い系で知り合った人妻と会ってハメてきたよ。

『今日はダンナが夜勤で、送り出してからは時間がある』と携帯にメールが入り、子供も実家に帰っていると言うので早速面接決定!

近所のスーパーの駐車場で待ち合わせ。

【続きを読む】
[ 2018/11/16 18:10 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

新幹線で人妻さんに話しかけられトイレで

43歳妻子持ち会社員です。
仕事柄、出張が多いのですが、今日は出張移動の新幹線の中での思いがけない、そして忘れられない出来事を。

昨年の10月、それほど混んでいないお昼過ぎの新幹線で東京を出発、大阪に向かう車中、私の携帯は仕事の電話が何度も鳴り続け、その度に私はデッキに出たり、喫煙ルームに足を運んだりと、ほとんど自分の席にいれない状況が続いてました。

やっとこれで一息つけるかな、と最後の電話を終えてタバコに火を着けると
「ホントお忙しそうですねぇー、男の人は仕事大変ですね」
と、隣でタバコを吸っていた女性が話しかけてきました。

電話をしていたので良く気付いてなかったのですが、良く見るとこれがとっても色っぽい美人!!熟女というかんじではないですが、若妻にはない色気が漂ってます。

【続きを読む】
[ 2018/11/16 12:17 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた(転載禁止)

僕には、中学の時から付き合っている彼女がいます。もう、10年以上付き合っていて、そろそろ結婚かな? と、お互いに思っている感じです。
ただ、10年以上付き合っていると、正直倦怠期というか、何をするにも刺激が足りないと感じるのも事実です。こんな状態で結婚しても、続かないんじゃないか? 彼女には言えませんが、そんな心配をしています。

彼女の梨乃は26歳のOLで、身長160cm、Dカップでごく普通の体型です。ただ、脚が凄く長くて、身長では10cm高い僕と、腰の位置がほとんど同じです。その長い脚が、僕の好きなところでもあります。

【続きを読む】
[ 2018/11/15 21:53 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

会社の彼氏ありの女の子達と王様ゲームをやって寝取ってみた

誰かに話したくてたまらなかった出来事を書きます。
この話は一昨年の夏、会社行事で企画・イベントを終え3人で打ち上げをした話。
話に出てくるのは・・・俺、優子(仮名)、敦子(仮名)の3人。

【続きを読む】
[ 2018/11/15 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

結婚三年目の嫁をケンヤに寝取らせたまとまりのない話

私達は結婚三年目に入ろうとしている夫婦です。二年付き合って結婚、ですから嫁(ミキ)とは四年以上の付き合いになります。
このミキと私と、私の仕事上の知人であるケンヤの三人の間で繰り広げられた、少なくとも私にとっては修羅場とも言える出来事についてお話ししようと思います。

【続きを読む】
[ 2018/11/15 18:05 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた完(転載禁止)

前回の話

僕は、梨乃からのキャンセルのメッセージに、脚が震えてしまいました。僕とのデートをキャンセルしたと言う事は、まだアキラくんと一緒にいると言うことだと思います。

僕は、すぐに梨乃に電話をしました。直接話をしたい気持ちでいっぱいでした。でも、電源が切れているか電波の届かない場所~という、例のメッセージが流れるだけで、連絡がつきませんでした。
僕は、梨乃のまさかの行動に、信じられない気持ちでいっぱいでした。そして、すぐにアキラくんの家を目指して引き返しました。行ってどうするのかも決められないまま、とにかく彼の家に急ぎました。すぐに彼の部屋に乗り込んで、奪い返す……。頭ではそう思っていても、実行できる自信がありません。

【続きを読む】
[ 2018/11/15 14:05 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

エッチな本を拾っている少年に、スパンキングで罰を与えてあげました

正直言って、以前からほんの少し不満は感じていました。

夫を見送り、息子を幼稚園へ送り届け、残りの洗濯物を片手に同じことを繰り返す毎日。

決して夫が嫌いな訳ではないし、息子への愛情が薄れることもない。

【続きを読む】
[ 2018/11/15 12:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

幼稚園の仲良し家族を招いた時にママ友をレ〇プしてしまいました

私の家族は至って平凡な暮らしをしています。
年に数回、自宅に親友たちを招いてパーティーを開いたりしているのですが、子供の通う幼稚園の仲良し家族を招いた時にママ友をレ〇プしてしまいました。

私:28歳、サラリーマン。
妻:26歳、主婦。

【続きを読む】
[ 2018/11/14 22:10 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※嫁が隠していたディルドは元カレのアレだった

玄関のドアが開く音で目が覚めた。寝ずに待っていようと思っていたのに、いつの間にか寝てしまったらしい。
時計を手に取り見て見ると、夜中の3時だった。
意外と早かったなと思いながら、ベッドを出て嫁を出迎えようとすると、いきなり寝室のドアが開いた。

『ごめんね〜。寝てた? 5人もいたから、ちょっと手間取っちゃったw』
嫁はそう言いながら、ベッドに歩み寄ってくる。
嫁は、28歳の専業主婦で、165cm45kgの痩せ型だ。無駄な肉のない、スレンダーな体つきだが、男目線だと”抱き心地の悪そうな体”だ。女性目線では、こういう体が良いらしいが、もう少し肉感的で、胸も大きい方が良いんじゃないかと思う。

【続きを読む】
[ 2018/11/14 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

お姉ちゃんの旦那さんは、レス気味だから私を激しく突いてくれる

私(24)現在進行形でお姉ちゃんの旦那(35才)とセフレだよん。

お姉ちゃんのダンナ→Aくん。お姉ちゃんとAくんは私が16才ん時に結婚したんだけど年が離れてるせいもあって可愛いがってもらってて、Aくんには受験や就職の相談にも乗ってもらってた。

私はAくんと同じ業界に就職したから時々メッセ使って仕事の話してたんだけど、文字のやりとりのせいもあって下ネタとかエッチな話もしてたかな〜。

【続きを読む】
[ 2018/11/14 18:18 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

友人に上手くのせられて妻を抱かせたら、乱交も平気なビッチになりました

私達家族(祐次52歳・由佳45歳・娘19歳)はどこにでもいる普通の幸せな家族でした。
娘は大学進学と同時に通学のため一人暮らしになっていました。
妻・由佳は専業主婦で、155センチ・86・60・88のスタイルに対して可愛い感じの顔だちです。

【続きを読む】
[ 2018/11/14 12:10 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

夫と上手く行かなくて出会い系で知り合った男とエッチをしているうちに妊娠した私

去年の夏、主人と上手くいかなくて、他の男性を探し、メールをしていました。

その中で、一人、比較的家が近くて4歳年上の男性と親密になりました。

主人に対する不満や、イヤなことを彼にぶつけて、彼はいつもそんな私をメールで慰めてくれました。

【続きを読む】
[ 2018/11/13 22:11 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

寝取られ願望の強い私が妻を風俗で働かせるようになった

午前0時過ぎに玄関のドアのロックが外れる音がしました。
私はいつもの様に玄関まで迎えに行くと、妻は俯いてセミロングの髪を垂らし、赤いハイヒールを脱いでいました。

俯くとキャミソールの胸が垂れ、盛り上がって露出した乳房が零れそうで、体をちょっと動かすとその乳房が妖しく揺れ、スカートからはみ出た白い綺麗な太ももが艶めかしく、私はそんな妻の姿に興奮しムラムラとさせらたのです。

【続きを読む】
[ 2018/11/13 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った4(転載禁止)

前回の話

私は、想像以上に事が進んでしまい、今日はもうお開きにしようという気持ちが強かった。でも、床に飛び散ったザーメンを拭いている秋雄は、
「嫁さんにマッサージしてその気にさせるからな」
と、やる気満々で私に言ってきます。嫁は、少しすると戻ってきました。
『床、拭いてくれた? ホント、出し過ぎだっつーの』
嫁は、口汚く言う。嫁がこんなしゃべり方をする時は、意外に弱気になっている時だと思う。
秋雄は、綺麗に拭いたよと答えた。
『でも、臭いが残ってる。ホント、臭いなぁ』
嫁は、そんな事を言いながらも、結局ソファに座った。

【続きを読む】
[ 2018/11/13 19:03 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

友人を見舞いに行って友人の母を車で送ったら、ホテルに誘われました

去年の秋に友人がバイク事故で入院した。
見舞いに行ったら友人の母も来てた。
初対面だったが気さくな人だったのですぐに打ち解けた。

俺と友人は同級生で当時23歳。
友人の妹は21歳で離れた所に嫁いでいる。

【続きを読む】
[ 2018/11/13 12:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果2(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

僕は、玲奈がオナニーをしていることにも驚いたが、玲奈を見ながらオナニーをしている若い男性にも驚いてしまった。驚きすぎて、声も出せない程だ。

紀香さんは、旦那さんのすぐ目の前で、四つん這いになったまま若い男に生でハメれらてしまっている。紀香さんは、旦那さんの顔を見ながら、とろけきった声をあげ続けている。そして、旦那さんはそんな紀香さんを見ながら、目を血走らせて興奮しているようだ。

『あなた、おチンポ奥まで届いているのっ。あなたのじゃ、絶対に届かないところに当たってるのっ』
紀香さんは、旦那さんの顔を見つめたまま叫ぶ。顔をとろけさせ、発情した牝の顔で叫ぶ紀香さんは、さっきの控え室の時の上品な雰囲気は消えてしまっている。
それにしても、本当に美しい女性だと思う。長身で、胸も大きくウェストもくびれている。さっきの話からは、40歳前後のはずだ。美を保つために、努力やお金を惜しまないような感じなのかもしれない。
そして、そんな美しい奥さんを、こんな風に他人に抱かせている旦那さんは、どういう考えなのだろう? 理解が出来ない。僕なら、紀香さんが自分の嫁だったら、誰にも触らせたくないと思うはずだ。

旦那さんは、我慢しきれなくなったようにペニスをしごき始めている。奥さんを他人に抱かせながらするオナニーは、どんな感じなのだろう? 僕は、玲奈のことが気になりながらも、二人のことを見続けていた。

『キャッ』
玲奈の小さな悲鳴が聞こえ、僕は慌てて玲奈の方を見た。すると、玲奈を見ながらオナニーをしていた若い男性が、射精をしていた。
玲奈のすぐ横に、彼の精液が飛び散っている。そして、よく見ると、玲奈の太ももにも少し付着してしまっている。僕は、怒りを感じた。でも、その男性が慌てて謝り、玲奈の太ももをティッシュで拭き始めたので何も言えなくなってしまった。
『き、気にしないで下さい』
玲奈は、顔を真っ赤にしながら言う。いつの間にかスカートからは手を出し、オナニーはやめたようだ。

僕は、他の男が玲奈の太ももに触れたことや、精液をかけたことに嫉妬してしまった。怒りも感じているが、それよりも嫉妬心が強い。

若い男性は、勃起したままだ。そして、玲奈は彼の股間を見ているような気がする。僕は、玲奈の腕を引っ張って控え室に移動した。
「もう、帰ろうよ。十分でしょ?」
僕は、動揺しながら玲奈に言う。
『え〜。もっと見ようよ。こんなの、二度と見れないでしょ』
玲奈は、不満そうに言う。そして、目はキラキラと好奇心に輝いているように見える。僕は、さすがに少し抵抗をした。でも、
『カズ君だってずっと紀香さんのこと見てたじゃん!』
と、玲奈に言われてしまった。僕は、しどろもどろで言い訳をするが、
『約束したじゃん! 他の人の裸見ちゃダメだって!』
と、玲奈にキレ気味で言われた。僕は、結局押し切られるように、もっと見ると言うことに同意してしまった。

玲奈は、すぐにプレイルームに移動する。僕も、慌てて後を追う。さっきから、紀香さんの声は悲鳴みたいになっている。こんな風に、玲奈以外の女性のあえぎ声を生で聞いたことがないので、僕はかなり興奮してしまっている。

プレイルームに戻ると、紀香さんは旦那さんにキスをしながらバックで犯されていた。そして、バックで犯されながら、両手で他の男性のペニスをしごいている。
これは、4Pなのだろうか? 旦那さんだけ、蚊帳の外のような感じもする。でも、彼は紀香さんとキスをしながら、夢中でペニスをしごき続けている。

玲奈は、上気したような顔でそれを見つめている。興奮しているのは、間違いないと思う。僕も、同じような顔になっているのだと思う。

『んおおぉっ、おチンポ硬くなってきたっ! あなた、種付けしてもらってもいい!? いま中出しされたら、絶対に妊娠しちゃうっ!』
紀香さんは、興奮しきった顔で叫ぶ。旦那さんは、激しく自分のペニスをしごきながら、
「だ、出してもらって! 種付けしてもらって!」
と、叫んだ。すると、紀香さんは腰を激しく振っている男に、
『イッてっ! 中に出してっ! 夫の目の前で種付けしてっ!』
と、叫んだ。すると、男はスパートをかけるように腰を振り始め、紀香さんは甲高いあえぎ声から嗚咽するようなあえぎ声に変わる。そして、男はそのまま紀香さんの中に射精を始めた。その瞬間、紀香さんはビクンと身体を硬直させ、
『イグぅぅっ! 受精してるぅっ!!』
と、叫びながら旦那さんに抱きついた。そして、二人はキスを始めた。旦那さんは、紀香さんとキスをしながら射精を始め、ものすごい量の精液を紀香さんの身体にぶちまけていた……。
赤の他人が紀香さんの膣中に射精をし、旦那さんが外に射精をする……。僕は、逆転してしまっているなと感じた。

すると、紀香さんは旦那さんの前に立ち、脚を軽く広げ始めた。すぐに膣から精液が流れ出てきて、シーツに垂れてしまった。
『あなた、早くしないと本当に妊娠しちゃうわ』
紀香さんは、興奮にうわずったような顔で言う。すると、旦那さんは慌てて紀香さんの股間に顔を近づけていき、アソコに口をくっつけた。そして、勢いよくすすり始める。
『そうよ、あぁ、早くしないと受精しちゃうわ。もっと強く……。まだ残ってるわよ』
紀香さんは、完全に上からの言い方だ。多分、紀香さんが主導権を持った夫婦なんだなと思う。旦那さんは、紀香さんの言いつけ通り、紀香さんの膣中の他人種を吸い取り続ける。そして、そのまま飲んでしまっているようだ。

『……すごい』
玲奈は、そんな姿を見て驚きを隠せないようだ。僕も、こんなことまでしてしまう旦那さんに、ものすごく驚いていた。

『ふう。もう大丈夫かな? じゃあ、次のおチンポ入れちゃうから、あなたは彼にお掃除してあげて』
紀香さんはそう言うと、仰向けに寝転がる。すぐに、他の男性が紀香さんに覆い被さり、大きすぎるペニスを生でハメてしまった。紀香さんは、幸せそうな顔ですぐにあえぎ始める。
そして、その横で、さっき紀香さんに中出しした若い男性のペニスをくわえ始める旦那さん。いわゆる、お掃除フェラをしているようだ。
「紀香を可愛がってくれて、ありがとうございます。回復したらもっと可愛がってあげて下さい」
旦那さんは、若い男のペニスをお掃除フェラしながら、そんなことまで言っている。僕は、悔しくないのだろうか? イヤじゃないのだろうか? と、旦那さんのことを心配してしまった。

でも、旦那さんは男のペニスをお掃除フェラしながら、激しく勃起していた。何度も何度も縦にビクンと揺れるように勃起している彼……。彼は彼なりに、楽しんでいるようだ。

かすかに吐息のようなものが聞こえ、慌てて玲奈の方を見た。すると、玲奈はさっきと同じでスカートの中に手を入れてまさぐっていた。そして、僕の視線に気がつくと、顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしながら、
『カズ君、我慢できなくなっちゃった。ねぇ、して欲しい。今すぐ入れて欲しい』
と、潤んだ目で言ってきた。僕は、すぐにここを出てホテルかどこかに行こうと提案した。でも、玲奈は首を振りながら、
『そんなに待てないよ。今すぐして……お願い』
と、熱っぽい顔で言った。僕は、いつの間にか単独さんが5人に増えていることに気がついた。そして、都合7人の前でセックスをするなんて、とても出来ないと思った。

でも、玲奈は布団に潜り込んでしまい、布団をかぶったまま服を脱ぎ始めてしまった。布団の外に、上着やスカート、そしてブラとショーツまで出してしまった玲奈……。布団で隠れているが、玲奈は全裸と言うことになる。

そして、紀香さんに挿入している男性と、お掃除フェラをしている旦那さん以外は全員玲奈のことを見ている。中には、玲奈のことを見ながらオナニーをしている男性もいる。

僕は、玲奈が男たちの性欲の目線にさらされていることに、焦りを感じてしまった。犯されてしまうのではないか? 回されてしまうのではないか? そんな恐怖も感じる。でも、僕のペニスは思いとは裏腹に、驚く程いきり立っている。

僕は、玲奈を寝取られたいなんて少しも思っていない。絶対にイヤだと思っている位だ。でも、それなのに僕のペニスは制御する部品が壊れたように、激しく上下に脈動している。

『カズ君、早く来て。早く来てくれないと、他の人が来ちゃうよ』
玲奈は、少し挑発するような口調になっている。もしかしたら、全裸になったことである程度の覚悟が出来たのかもしれない。

僕は、玲奈の言葉に、男たちが反応したのを感じた。そして、まずいと思い、すぐに玲奈の布団に滑り込んだ。布団をめくるとき、玲奈の裸体が見えないように気を遣いながら滑り込む。すると、玲奈はすぐに抱きついてきた。そして、僕の股間をズボン越しに触りながら、
『大きくなってる。カズ君も、興奮してるね。ねぇ、もう来て。早く欲しい』
玲奈は、恥ずかしそうに言う。でも、恥ずかしそうにしながらも、僕のズボンを脱がせにかかる。僕は、慌てて自分で脱ぐと、パンツの下ろした。玲奈は、すぐに直にペニスを握ってきた。
『すごく固い……。こんなの、初めてじゃない?』
玲奈は、少し戸惑った声だ。僕は、どう言っていいのかわからず、ゴメンと言った。

『来て。そのままでいいから』
玲奈は、そんな風に言う。コンドームをつけずにセックスをするなんて、多分初めてのはずだ。僕は、大丈夫なの? と、聞いてしまった。
『大丈夫だから。来て』
玲奈は、せかすように言う。紀香さんが悲鳴のような声を上げ続ける中、僕は玲奈の膣中にペニスを挿入していった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
ランキング