NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

4月5日更新しました ここでしか読めないオリジナル体験

オリジナル体験談一覧です。姉妹ブログのものも全て含んでいます。
・オリジナル体験談一覧(姉妹ブログ含む)
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・嫁がナンパされたことに嫉妬した結果、パート先の共有物になりました3
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた6
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・嫁のハメ撮り動画が入ったパソコンを後輩に修理させたら3
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた2
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました3
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

[ 2020/04/03 08:39 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

彼女が他の男性とイチャイチャしたり、エッチしたりしてる姿を見てみたい

少し前からとあるサイトで、次のような内容で単独男性を募集していました。

都内在住の男です。
彼女が他の男性とイチャイチャしたり、エッチしたりしてる姿を見てみたい願望にかられています。

【続きを読む】
[ 2020/04/05 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた6(転載禁止)

前回の話

僕は、初めて挿入した優花のアナルの感触に、正直拍子抜けしていた。入り口こそ強烈な締まりを感じるが、中に入ってしまうとほとんど感触がない。はっきり言うと、たいして気持ち良くない。
『あっ、アンッ、たっちゃん、気持ち良いっ、ゴメンね、お尻で気持ち良くなっちゃうっ』
優花は、気持ちよさそうにあえいでいる。もしかしたら、普通にセックスをするよりも気持ちよさそうになっているかもしれない。僕は、快感を感じない状況ながらも、夢中で腰を使い続ける。優花がいつも以上に感じてくれていることに、喜びを感じているからだ。


しばらく優花とのアナルセックスが続く。優花は、本当に気持ちよさそうにあえぎながら、いままで僕とのセックスでは見せたことのないようなリアクションをしている。
『イクっ、たっちゃん、イクっ、イクっ!』
優花は、切羽詰まったような声で叫ぶ。僕は、相変わらず感触がないなと思いながら腰をガンガン振った。
『たっちゃん、もうダメっ、イクっ! イクっ!  うぅぅっ!!』
優花は、のけ反りながら身体を震わせた。僕は、今さら気が付いた。いままで、優花は僕とのセックスではイッた事がなかったんだなと……。

優花は、突っ伏すようにうつ伏せで寝転がる。抜け落ちるペニス……。優花のアナルは、少し拡がったような感じになっている。そして、流れ出てくる精液……。

『たっちゃん、イッてないでしょ? 気持ち良くなかった?』
優花は、心配そうに質問してくる。僕は、とっさにウソをついた。さっき、オナニーで何回も射精をしてしまったので、もう出せないと……。

『そんなにいっぱいしたんだ。ホント、ヘンタイだね』
優花は、仕方ないなぁという感じで言ってくれる。あんなに異常なことをさせてしまったのに、怒っているような感じはないみたいだ。

僕は、優花に抱きついてキスをした。優花も、嬉しそうに舌を絡めてきてくれる。僕は、強く優花を抱きしめた。さっきの宮田さんとのセックスを見せつけられ、強い敗北感を感じてしまった。でも、優花は僕とのセックスでもちゃんと感じてくれたし、いまも幸せそうな顔で僕を見てくれている。

『どうして興奮しちゃうの? イヤだなぁって、思わないの?』
優花は、本当に疑問に感じているような口ぶりだ。僕は、嫉妬して焼きもちを焼いてしまうことを話した。そして、それがなぜだか興奮に変わってしまうことも説明した。
『変なの。でも、好きなんだよね? 私のこと、愛してるんだよね?』
優花は、僕に抱きつきながら聞いてくる。僕は、すぐに愛してると言った。
『変なの。愛してるのに、あんなことさせちゃうんだね。でも、私もダメだね。あんなに感じちゃった。たっちゃんが見てるって思うと、余計に声が出ちゃう……。私もヘンタイだね』
優花は、恥ずかしそうに言う。僕は、宮田さんとまたしたいの? と、聞いてみた。
『……うん。たっちゃんが見てる前で、またしたい』
優花は、興奮した口調で言う。僕は、そうなんだと言いながらも、喉がカラカラに渇いていた。

そして、何事もなく納車の日が来た。久しぶりに対面した宮田さんは、少し緊張したような感じに見える。でも、そういう経験も豊富なのか、特におかしなところもなく車の説明を始める。

優花は、僕を挑発するつもりなのか、妙に宮田さんに馴れ馴れしい。でも、それ以上のことは何もなく、説明も終わった。優花と二人でディーラーを出ると、運転する僕に優花が、
『宮田さん、ちょっと緊張してたね。さすがに、たっちゃんに悪いって思ったのかな?』
優花は、イタズラっぽく言う。無邪気に楽しそうな顔だ。僕は、そうだねと言いながら、次はいつ宮田さんとするのかと聞いた。
『そんなにして欲しいの? ホント、ヘンタイさんだね。じゃあ、週末に車の説明をしに来てもらうね。今度は、どんな風にして欲しいの?』
優花は、妖艶な笑みを浮かべながら質問してくる。僕は、ドキドキしながらも、コンドーム無しでして欲しいと言ってみた。
『え? お尻で?』
優花は、キョトンとした顔で言う。僕は、お尻ではなく膣でと言った。
『そ、そんなのダメだよ。赤ちゃん出来ちゃうでしょ!』
優花は、ビックリして言う。顔は、少し怒っている感じだ。僕は、外に出してもらえば良いんじゃないかと言った。
『ダメだよ。失敗して、中に出されちゃったらどうするの?』
優花は、戸惑ったような顔で言う。僕は、週末は危ない日なの? と、質問した。
『それは……違うけど。でも、100%大丈夫な日ってわけでもないよ』
優花は、そんな風に答える。僕は、さすがにおかしなリクエストをしすぎだなと反省をし始めていた。そして、それは無しで良いと言った。
『良かった……。たっちゃん、おかしくなったのかと思っちゃったよ』
優花は、ホッとした顔で言う。僕は、ゴメンと謝るしか出来なかった。

そして、あっという間に週末は来てしまった。楽しみと不安が入り交じったような感情の僕……優花は、朝からご機嫌だった。
「そんなに楽しみなの?」
僕は、思わず質問してしまった。
『え? そんなことないよ。どうしてそんなこと聞くの?』
優花は、キョトンとした顔で聞く。僕は、朝から機嫌が良いからだと言った。
『そうかな? そんなことないよ。それより、そろそろ隠れないと』
優花は、そんなことを言ってくる。僕は、言われるままにリビングの横の和室に移動した。すると、本当にすぐに宮田さんがやってきた。まだ、約束の時間よりも15分くらい早い。

優花が玄関に向かう。そして少しすると、
『どうぞ、上がって下さい』
と、優花の声が響く。
「お邪魔します。今日は、ご主人様は?」
宮田さんは、微妙に緊張したような声で言う。
『今日も、いないです。私が説明聞きます』
優花が答える。そんな会話をしながら二人はリビングに入ってきた。そして、ソファに座る宮田さん。
「えっと、操作の仕方ですか? ナビかなんかですか?」
宮田さんは、そんな風に質問する。
『ナビじゃなくて、これの使い方です。スイッチ入れても動かないんです』
優花は、そんな風に言ってバイブを宮田さんに渡す。僕は、打ち合わせになかった優花の行動に驚きながらも、ふすまから二人を見つめ続ける。

「そ、そんなの持ってるんですね」
宮田さんは、驚いた顔で言う。優花は、恥ずかしそうにそれを手渡した。
宮田さんは、手に持ったバイブを見て、
「大きいですね。こんな大きなヤツ買ったんですね」
と、感想を言う。確かに、そのバイブはかなりの大きさがある。僕のよりは大きく、宮田さんのより少し小さい……そんなサイズ感だと思う。

『だって、宮田さんの大きなおちんちんで、奥の気持ちよさ知っちゃったから……。これくらいないと、届かないかなって……』
優花は、顔を真っ赤にしている。やっぱり、恥ずかしいみたいだ。
「そうなんですね。そんなに奥の方は気持ち良かったですか?」
宮田さんは、そんな質問をする。
『すごく気持ち良かったです』
優花は、少しうわずった声で答えた。
「それは良かったです。じゃあ、ちょっと見てみますね」
そう言って、バイブを色々調べ始める彼。でも、すぐに、
「これ、電池逆ですね。こうすれば……ほら、動いた」
と、原因を特定してしまった。彼の手の中で、ウィンウィンと音を立てて動き始めたバイブ。先端の方が、くねるように動いている。
『スゴい……。こんな風に動くんですね。これだと、奥の方がすごく刺激されそう』
優花は、バイブを見つめながら言う。なんとなく、興奮しているのが伝わってくる目つきだ。

「せっかくなんで、試してみたらどうですか?」
宮田さんは、そんな提案をしてくる。
『……はい。使い方間違ってないか、見てくれますか?』
優花は、そんな風に言う。宮田さんは、喜んでと答えた。

二人とも、こうなることがわかっていたような落ち着いた感じだ。優花は、スカートを脱ぎ始めた。薄いピンクの可愛らしいショーツ……それも、すぐに脱いでしまう。ブラウスだけの姿になった優花……。そのまま、ソファに座る。そして、脚をM字に開脚すると、バイブを押しつけていく。バイブには、竿の根元に振動する部分が突き出ている。それを、クリトリスあたりに押しつける優花……。
『あっ、すごい、こんなに、うぅっ、あっ、気持ち良いです』
優花は、あっけなく声をあげ始めた。ビーンと振動する音を立てるバイブ。優花は、押し当てながら声を漏らし続ける。

宮田さんの目の前で、夢中でオナニーを始めた優花……。僕は、すでに息苦しいほどの興奮を感じてしまっていた。宮田さんは、優花のバイブオナニーを見つめている。とくに興奮した感じもなく、落ち着いた様子で見つめている。

『あっ、アンッ、んぅっ、気持ち良いっ、ダメぇ、これだけでイッちゃう』
優花は、すでに余裕のない声になっている。僕は、初めて見る優花のオナニー姿に、強い興奮を感じていた。そのまま押しつけ続ける優花。すると、
『もうダメ、我慢できなくなっちゃった……』
と、恥ずかしそうに言う。そして、バイブの竿の部分を膣口に押しつけ始めた。僕のよりも大きなバイブ……。それが、あっけなく入っていくのが見える。
『うぅあぁ、大きい……。すごく大きいです』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


★撮影されてる事を知らない妻が他人棒に乱れ狂う!


今回の新作個人撮影は、富裕・貧困くっきり分かれた日本の縮図。IT関連会社セレブ妻の はなこさん(仮名)27才。の続編です。
生まれも育ちも良家の奥様。結婚後、家庭に入った専業主婦のはなこさん。持て余す時間は性欲旺盛な年齢ゆえ、性の方向へ向かうようですが夫のSEXが弱く性生活に不満があるとDMをくれたのです。



ケダモノのようなドスケベ奥様でしたよ!30を過ぎた女性は段違いに性欲が跳ね上がります!!見逃すべからずです!
「チンポも好き、あなたも好きになっちゃた」と前回の みるちゃん現象がこちらでも起きています!!



着るだけで恥ずかしい X字ビキニ。お母さんがこんな痴態を晒しているなんてお子さんは泣き叫ぶでしょう(笑い
サプライズで男が入ってきた瞬間。3Pの言葉に口元がニヤける たかこさん。真性のスケベ女です。



イケメン他人棒君が暗照明の中、勝手に撮影&中出し編:イケメン君が内緒で隠し撮り

【続きを読む】

※思い続けた幼馴染みがチャラい先輩と

僕には、幼稚園の時からの幼馴染みがいる。どちらかといえば人見知りで、内向的な性格の僕と違い、みなみは活発な女の子だった。
幼稚園の頃などは、私服だと僕が女の子に間違えられて、みなみが男の子に間違えられる事がよくあった。

母親同士も仲が良く、よく4人でテニスをしたり、動物園などに行ったりしていた。
男と女の幼馴染みだと、ある時期から急に意識して、お互いに避けるようになったりするらしいが、みなみと僕はそんな事もなく仲良しだった。
不思議な縁で、小学校の時は6年間同じクラスで、周りからは夫婦とからかわれたりしていたが、活発で勝ち気なみなみは、そんな事を言う男子をやり込めたりしていた。

【続きを読む】
[ 2020/04/05 21:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

パート先の店長と息子の友人達にオモチャにされた四十路の私

あたしは専業主婦の四十路のおばちゃんです。
2年前から先月までは、とあるスーパーでパートしてました。
主人の収入で一応最低限の生活はなんとかできていたのですが、息子達も手が掛からなくなったこともあって暇になったことからパートにでたんです。

【続きを読む】
[ 2020/04/05 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

卒業旅行で彼氏も含めて20人でハワイに行ってムキムキな外人とエッチしちゃった

私は都内でOLしている女の子です!これは学生時代にあった出来事です。
当時、卒業間近だった事もあって、友達20人程でハワイに旅行に行く事になりました。
男の子が9人で女の子が11人で、その中には私の彼氏もいました。
そして私達カップルも含めて3組のカップルが、そのメンバーに入っていました。

【続きを読む】
[ 2020/04/05 12:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲嫁がナンパされたことに嫉妬した結果、パート先の共有物になりました3(転載禁止)

前回の話

私は、必死で声を押し殺しながら、射精の快感に耐えていた。倉庫の中で、嫁は足場用の単管で作られた拘束台にくくりつけられたまま、ぐったりとしてしまっている。気を失ったような状態だと思う。
そして、足下には嫁が漏らしてしまった排泄物が見えている。快感のあまり、漏らしてしまう……。そんなことが本当にあるんだなと、驚くばかりだ。


【続きを読む】
[ 2020/04/05 10:53 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

夫の借金に怯える私に、身体と引き換えに100万円を渡したキモい親父

私は28歳の主婦です。
夫が単身赴任で留守の間にパチンコに夢中になってしまい、多額の借金をしてしまった。
毎日のように取り立てが来ました。ヤクザみたいな怖い人に脅える毎日。
そんな私に一人の男性が近寄ってきました。

【続きを読む】
[ 2020/04/04 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

△仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした

嫁の明美と結婚して10年経った。今日は結婚記念日で、なおかつ子供が体操教室のキャンプでいないということもあり、二人きりで久しぶりにまともなフレンチレストランでも行こうと計画していた。
でも、数日前に近所の中の良い夫婦に声をかけられて、一緒に食事をすることになった。その夫婦は、もともと息子の体操教室で知り合った夫婦で、私達と歳も同じで、住んでいる所もごく近所という事もあって、すぐに家族ぐるみでの付き合いが始まった。

その夫婦(松井さん夫婦)は、ご主人が私と同じで36歳、奥さんは私の一歳年下。私の妻の明美も私の一歳年下なので、夫婦そろって同じ歳という事になる。

【続きを読む】
[ 2020/04/04 21:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

同僚が、自分の嫁を口説いてみろと言ってきて

俺、俺の妻、同僚、同僚の妻チハル。四人はよくつるんで遊び歩いていた。
俺と同僚は同期入社の45歳、俺の妻43歳、彼女42歳。

1,提案
昨年の七月、俺たち四人は湖の見えるホテルで花火を眺めていた。
その時、酒に酔って上機嫌の同僚は突拍子もない提案をしてきた。

【続きを読む】
[ 2020/04/04 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁の実家はフレンドリーで無防備すぎた

嫁の実家、結婚前からやたらオープンというかフレンドリーだった。

付き合って初めて家に遊びに行ったら、初対面の嫁母が親しさ全開の笑顔で
「嫁ちゃんのカレシさん? 待ってたのよ~。うちでご飯食べてらっしゃい♪」。

【続きを読む】
[ 2020/04/04 12:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

巨乳でエロい友達の奥さんが、旦那のグチを聞いて欲しいと飲みに誘ってきたw

友達(M)の嫁さんのSが以前から気になっていて、家族のお出かけに付いていく機会があった。
小さい子供(Aくん)がいるけれども、あいかわらずの巨乳で目のやり場に困るくらいだった。
今は髪が伸びて色っぽい感じになっている。色白で結構美人な方だと思う。
最近は少しやせてさらにキレイさアップ。子供がいるように見えないくらいカワイイ感じ。
M(旦那)のこととか育児の役割分担の不満とか聞いてほしい、と言われて一緒に飲みに行くことに。

【続きを読む】
[ 2020/04/03 23:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※目隠しした妻に内緒でディルドを入れたら、違うものも入れることになった(転載禁止)

涼子と結婚して1年が経ち、新婚気分もすっかり無くなってしまった。あんなに毎日のようにしていたセックスも、月に1~2回と減ってしまった。

涼子は、26歳で160cmの痩せ型だ。童顔なので、学生に間違われることが多い。髪が短くてボーイッシュな雰囲気はあるが、本当に可愛い顔をしていると思う。こんなに可愛い子が、僕なんかと付き合ってくれた上に、結婚までしてくれた……。そんな風に、感激していた時もあった。


【続きを読む】
[ 2020/04/03 22:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

助けた女の子はとんでもない淫乱でした……今では妻です

一昨年、33歳で結婚できました。
一生独身だと思っていた31歳の秋の土曜、爆走するトラックに煽られて自転車ごと車道に転倒しそうになった女子高校生を、すんでの所で助けたのが縁でした。
子供の頃の吉木りさみたいな可愛い顔で、身長は150cm前半くらいに見えました。

【続きを読む】
[ 2020/04/03 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻を疑い、ビデオカメラを仕掛けた結果決定的なものが

Gを夕食に招待し、妻とGだけを残して私は寝室へ消えました。私の仕掛けたビデオカメラの前で、二人がめくるめく官能の炎に包まれる。そんな私の期待を二人が裏切るはずもありませんでした。

二人が私の恩人と私の妻を演じていられるのは、ほんのわずかな時間でしかなかったのです。

【続きを読む】
[ 2020/04/03 12:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

大学の時、男2人と女2人でプール行ったら乱交に

去年の夏の出来事です。
当時大学2年で、4人でプールに行ったときのことです。
メンバーは俺(隆志)、友達の俊宏、女友達の史奈、女友達の加奈子の4人です。(全て仮名です。)
俺達は中学から同じクラブで同じ高校に行き、エスカレーター式で同じ大学に入ったこともあり、とにかく仲が良かったです。

【続きを読む】
[ 2020/04/02 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※家族旅行の海外で、男の子達にエステの特別コースをしてもらった妻(転載不可)

独立して始めた保険代理店の運営も軌道に乗り、生活にかなり余裕が出来てきたこの頃、変わった性癖に目覚めてしまった。
それは、妻を他人に抱かせてみたいというモノだ。寝取られ性癖とか、NTR願望とか言うタイプの物だと思う。

妻とのセックスに飽きたというわけでもなく、今でも月に2~3回は営みもある。それでも、妻が他の男に抱かれた時、どんなリアクションをするのだろう? と、考えてしまうのは、私が短小で仮性包茎と言う事と繋がりがあるのだと思う。

妻は私とのセックスに不満を漏らした事もないし、結婚して13年近く経つが、いまだに喜んでセックスをしてくれる。

【続きを読む】
[ 2020/04/02 21:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

幼馴染みの妻をスワッピングさせたことを後悔し続けています

僕の妻は幼なじみで24歳。

結婚して2年目になる。

先月、取引先の方A氏(50歳ぐらい)を自宅に招待した時、僕の妻をえらく気に入ってくれたみたいで

「一度でいいからこんな美人の奥さんに相手をしてほしい」

と、言われた。

【続きを読む】
[ 2020/04/02 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

社員旅行で社長夫人にトイレに連れ込まれました

10年ほど前大きな会社に嫌気が差し、小さな会社にとある部門の責任者として転職した際の事です。

泊りがけで温泉地にて忘年会がありました。

宴会が終わり、各部屋にて2次会が催され、私はそのうちの若い者だけが集まった部屋で盛り上がってました。

酔いが回り、お茶が飲みたくなって部屋のある階の自動販売機コーナーでお茶を買い、フラフラと部屋に戻ろうとすると、向こうから社長婦人が歩いてきました。

【続きを読む】
[ 2020/04/02 12:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ