NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

4月13日 マガブロを更新しました!

オリジナル体験談一覧です。姉妹ブログのものも全て含んでいます。
・オリジナル体験談一覧(姉妹ブログ含む)
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた7
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・部長に弱みを握られた僕は、妻をオモチャにされてしまいました
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・寝取られ性癖の僕の望で元彼に抱かれる姉さん女房 完
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた5
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた3
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
寝取られ・人妻作品レビューサイト
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

[ 2021/04/08 20:27 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

寝取られ性癖の僕の望で元彼に抱かれる姉さん女房 完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、パンツの中を精液まみれにしながら、快感にうめいていた。圧倒的な快感。美穂は、恥ずかしそうに早川さんを見つめている。
「マジで言ってるの?」
早川さんは、びっくりした顔で美穂に聞く。
『うん。あの時、早く出来てたらきっと今も……』
美穂は、何か言いかけてやめた。僕は、今までにない危機感を感じてしまっている。今さらこんな危機感を感じるのも手遅れな気がするが、僕は後悔し始めていた。


「美穂……。俺、ずっと謝りたかったんだ。ずっと美穂のことが気になってた」
自分の上にまたがって腰を激しく動かし続ける美穂に、早川さんは真剣な顔で言う。すると、美穂はなんとも言えない嬉しそうな顔になり、自分から身体を倒して早川さんにキスをし始めた。セックスのプレイとしてのキスと言うよりは、思いを込めたキス……。そんな感じのキスにしか見えない。

美穂は、腰を動かし続ける。もう、イキそうだと言っていた早川さんにかまわず、腰を振り続けている。早川さんは、美穂を抱きしめて舌を絡ませ続ける。どこからどう見ても、愛し合ってるもの同士のセックスだ。僕は、敗北感にまみれながらも息を殺して覗き見を続ける。

きしむベッドの音、荒い息遣い。時折漏れてくる美穂のうめくような声。僕と美穂の夫婦の寝室は、もう完全に二人の寝室になってしまっているし、子作りの部屋と化している。

そのまま、つらい時間が続く。美穂は、キスをしながらでもわかるほどとろけた顔になっている。気持ちよくて仕方ない、幸せで仕方ない……。そんな雰囲気になってしまっている。

すると、早川さんがうめきながら射精を始めた。同時に、美穂は腰を一番下まで下ろして身体を震わせる。この状況でも、二人はキスをやめない。夢中で舌を絡め、相手の舌を吸ったりしている二人。長い時間が過ぎ、
『愛してる』
と、美穂が恥ずかしそうに言う。早川さんも、
「愛してるよ。赤ちゃん、出来たかもね」
と、優しい声で言った。以前の美穂なら、ここで怒ったりぶっきらぼうな態度を取ったと思う。でも、今の美穂は早川さんの胸に頬を埋め、幸せそうに微笑んでいる。ドアを薄く開けて覗いている僕に、気がついているはずなのに見ようともしない……。

そのまましばらく甘えた仕草をしていた美穂が、身体を起こしてペニスを抜く。そして、まだ半勃ちくらいになっている早川さんのペニスをくわえて綺麗にし始めた。こんな風に、セックス後に奉仕をするのも、自然な流れになってしまった。

美穂は、丁寧に口での奉仕を続けている。心を込めてしているのが伝わってくるようなやり方だ。普段のちょっと怖い彼女からは想像も出来ないような、従順な態度だ。
『まだ固いままだね。続けて出来る?』
美穂は、恥ずかしそうにそんな事を言う。
「もちろん。どうする? バックでする?」
早川さんは、優しい口調で質問する。すると、美穂は恥ずかしそうにうなずき、四つん這いになっていく。美穂が、他の男の目の前で四つん這いになり、お尻を突き出している……。そう思うだけで、僕は身が焦げそうな嫉妬を感じてしまう。

「中からあふれてきてるね」
早川さんが、美穂の膣口を見てそんな風に言う。
『は、恥ずかしいよ。見ないで。早く入れて』
美穂は、可愛らしい女の子みたいな言葉遣いで言う。普段の彼女なら、切れて男みたいな言葉で文句を言うと思う。でも、そんな気配もない。

「ダメ、もっと見せてよ。美穂の中に俺の精液が入ってると思うと、すごく興奮するよ。美穂もでしょ?」
早川さんは、美穂の膣口をのぞき込むようにして言う。
『……うん。興奮する。子宮の中にオサムの精液が入ってくると思うと、すごく興奮する。妊娠したいって思う』
美穂は、うわずり気味の声で言う。どう聞いても、本気でそう思っているような感じだ。僕を興奮させるために、そんな事を言っている……。そう思いたいけど、そうではないだろうなと感じてしまう。

「自分でもっと拡げてみてよ」
早川さんが言う。すると、美穂は怒ったりもせず、素直に自分で膣口を拡げ始めた。僕の所からではその部分は見えないが、美穂がお尻を突き出したまま膣口を拡げているのは間違いない……。

『見える? オサムのが、あふれてくるよ。ねぇ、もっと中に出して欲しい。子宮の中、オサムのでいっぱいに満たして欲しい』
美穂は、熱のこもったような声でおねだりをする。僕は、ただただ絶望的な気持ちになりながらも、二人のことを覗き続ける。

「じゃあ、入れるよ。美穂、愛してる」
そう言って、早川さんは美穂の膣にペニスを押しつける。すると、早川さんが入れる動きをする前に、美穂がお尻を押しつけるようにしてペニスを挿入してしまった。
『うぅあっ、オサム、気持ちいい。入れただけでイキそう』
美穂は、興奮にうわずった声で言う。そして、そのまま腰を動かし始めた。お尻を早川さんの下腹部にぶつけていくように動かす美穂……。
『あっ、アンッ、当たる。オサムのおチンポ、子宮に当たってる。気持ちいいよ。すごく気持ちいい。オサム、愛してる』
美穂は、熱に浮かされたようにそんな言葉を口にする。
「俺も気持ちいいよ。美穂、愛してる」
早川さんが気持ちを込めたように言う。すると、美穂は本当に良い笑顔になり、さらに腰の動きを早くしていく。
『あっ、うぅっ、うぅあっ、オサム、気持ちいい。もうダメ、すぐイッちゃう。これ気持ちいいの。奥に強く当たってるのっ』
美穂は、夢中で腰を動かしながらあえぐ。本当に気持ちよさそうな顔で、お尻が音をするほど強くぶつけ続ける。
早川さんは、満足げな顔で美穂のお尻のあたりを見つめている。避妊具なしのセックスが常態化してしまって、いつ妊娠しても不思議ではないような状況だ。それなのに、僕はそれを止めることもせず、こんな風に覗き見するのが楽しみになっている……。美穂もやり過ぎだと思うけど、僕はもう壊れてしまったのかもしれない。さっき射精をしたばかりなのに、僕のペニスは勃起しすぎて手も触れていないのに縦に脈打つように揺れている。

美穂が、うめくような声を上げながらシーツをギュッと握る。早川さんはそんな美穂の腰を両手で掴むと、腰を動かし始めた。力強く、奥に押し込むように腰を使う彼。美穂は、背中を弓なりにのけ反らせながら、
『あっ、あぁっ、イ、イクっ、オサム、気持ちいいっ! もっとしてっ! もっと奥にっ! うぅう゛っ! イクイクっ! イッちゃうっ! 愛してるっ、オサム、一番愛してるっ!』
と、熱に浮かされたように叫ぶ。僕の存在を忘れてしまったような美穂に、強い焦燥感を感じてしまう。
「ナオ君よりも?」
早川さんは、そんな風に質問する。
『そ、そんなの言えない……』
美穂は、弱々しく言う。こんな弱い姿は、僕の前では絶対に見せることがない。僕は、早川さんに強い嫉妬を感じてしまう。でも、嫉妬を感じれば感じるほど、僕のペニスは制御を失ったように勝手に上下に揺れ続ける。すでに、手も触れていないのに射精感までわいてきている。

「じゃあ、もう抜くよ」
そう言って、早川さんはペニスを抜き始める。長いストロークで抜けていくペニス……。
『ダッ、ダメッ! 抜いちゃダメ。オサムの方が気持ちいい。オサムとのセックスの方が、ずっと気持ち良いよ』
美穂は、泣きそうな顔になっている。でも、表情とは裏腹に、美穂の身体は小刻みに痙攣するような動きを見せている。快感に、勝手に身体が反応しているような感じだ。

「よく言えました。じゃあ、イカせてあげる」
そう言って、早川さんは腰を動かし始めた。それは、ピストンと言うよりも破砕機のような激しい動きだ。肉がぶつかる音が響き、ベッドを通して床まで揺れるような動きだ。
『あっ、あぁっ!! アグッ、アガッ、ダメ、イクっ、オサムダメッ、イクっイグッ、んおぉおおっ! おぉおお゛っ!』
美穂は、快感が強すぎるのか言葉にならなくなっている。雄叫びのような野太い声と甲高いあえぎ声が入り交じり、快感が強すぎるのが伝わってくる。

早川さんは、奥に押し込むようにして短いストロークで激しく膣奥を責め続ける。美穂は、のけ反りすぎて天井を見ながらあえぎっぱなしになっている。四つん這いのまま、脚を早川さんの身体に絡みつかせるようにして震わせる……。こんなにも激しいセックスを、ほとんど毎晩のようにしてしまっている二人。
今までの空白期間を埋めるようにしている感じだ。すると、美穂はさらに身体をのけ反らせ、身体を大きく震わせる。声は、ほとんど出ていないような感じだ。全身が硬直しているのがよくわかる。そして、急に硬直が解け、ぐったりとベッドに突っ伏してしまう。
「すごいね、派手にイッたね。膣がうねってるよ」
早川さんは、そんな風に言う。美穂は突っ伏したまま、
『ご、ごめんね、一人でイッちゃった……』
と、弱々しく言う。精根尽きた感じだ。僕は、身体の相性が良いとここまで深い快感を感じることが出来るんだなと、敗北感と劣等感にまみれながら思った。すると、早川さんは床に突っ伏したままの美穂をさらに責め始めた。

うつ伏せに寝たまま、バックで犯される美穂……。寝バックという体位になると思うが、僕はしたことがない。僕のペニスでは、おそらく抜けてしまう。ある程度の長さがないと、寝バックは出来ない……。

『ダメぇ、オサム、もう無理、あぁ、あっ、あぁっっ! 死んじゃう、気持ちよすぎておかしくなっちゃうっ』
美穂は、泣き声のような声で言う。脚はまっすぐに伸びたまま、打ち下ろされるように腰をぶつけられている美穂……。シーツをギュッと握りしめ、悲鳴のような声を上げ続ける。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


妻が合宿免許に行き、大学生達と3巡15発した……

妻を運転免許の合宿に行かせた。
妻は28才、ちょっと色っぽい近所でも評判の美人だ。
最初は近くの教習所に通って免許を取らせるつもりだったが、妻の運動神経の鈍さを考えると何ヶ月かかるかわからないので思い切って合宿に行かせることにした。

【続きを読む】
[ 2021/04/16 02:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※ロシアの天使が空から落ちてきた

僕は、23歳の大学生で、休学していたのでまだ2年生です。
昔から、英語が好きで、休学していたのもアメリカを放浪していたからです。

そのおかげもあって、英語はしゃべるのも含めて、問題ないレベルです。
とは言っても、英語が出来るくらいで就職が有利になる時代でもないので、すでに就職に関しては色々と調べて動いていました。

僕は、自分ではそこそこ整った顔だと思っていますが、いわゆる草食系なので、彼女もこの歳まで作ることが出来ませんでした。とは言っても、それほど強く欲しいと思っているわけではないので、毎日趣味などで楽しく過ごしていました。
趣味と言っても、アニメを見たり、フィギュアスケートを見たりするくらいですが、それで毎日充分楽しいです。

【続きを読む】
[ 2021/04/16 01:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

初めて出来た彼女を寝取ったのは、実の兄でした

スペック俺19歳(大学受験失敗、1浪目)身長175体重59フツメン
元彼女19歳(大学受験成功)身長165くらい?体重分からんデブでもガリでもない標準インテリ系の美女
兄21歳(大学生、教師志望で勉強中)身長171体重55前後くらいか??インテリ系サバサバ男子。フツメン。
俺と元彼女…仮名ミホにしとくか。俺とミホの出会いは中学だった。当時はお互い、学年でトップを争う秀才って感じだった。
向こうはいわゆる努力型で、毎日コツコツ勉強して成熟するタイプ。ガードも強い感じで、クラスで1人だけ浮くミステリアスな女子みたいな感じかな。一方俺は、自由気ままに生きる感じ。

【続きを読む】
[ 2021/04/16 00:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

拓也は、根元まで挿入したペニスを激しく抜き差しする。恭子は、下駄箱に両手をついたままあえぎ続ける。まだ、家に入って5分も経過していないのに、二人はセックスを始めてしまっている。

直之は、テーブルに固定したタブレットを見ながら、すでにオナニーを始めていた。会社の近くの個室ビデオ店で、下半身裸になってオナニーをする直之……。もう、細かいことを考えるのはやめて、興奮に任せてオナニーをすることを選択しているようだ。


『拓也、好き、大好き。会いたかった。抱いて欲しかった』
恭子は、そんな事を言いながら振り返って拓也を見つめる。拓也も、
「愛してる。恭子、会いたかった。今日こそ、妊娠させるから」
と、興奮した口調で言いながら腰を動かし続ける。まくれ上がった短すぎるスカート……。拓也を興奮させるために穿いたはずなのに、何の役にも立っていない感じだ。

『する。妊娠する。拓也ので妊娠するっ』
恭子は、最初から興奮しきった感じだ。そして、拓也も興奮した様子で腰をガンガン使い続ける。拓也は、恭子のブラウスも脱がせていく。恭子自身も、ボタンを外すのを手伝っているような状況だ。

そして、ブラジャーが姿を現すと、拓也はそれを外さずに引き下げた。胸がこぼれ落ち、丸見えになる。拓也は、後ろからガンガン突きながら胸を鷲掴みにして愛撫し始めた。
『拓也、気持ちいいっ。もっとして。もっと強く揉んでっ』
恭子は、とろけた声で言いながらブラウスを脱ぐ。中途半端な着衣のまま、犯されるように責められ続ける恭子。直之は、目が血走るくらいに興奮してしまっている。自分の妻が、高校生と激しいセックスをしている……。それは、興奮する要素なんてどこにもないように思える。でも、直之は恐ろしいほどに興奮した顔でオナニーを続けている。

拓也は、恭子の胸の形が変わるくらいに強く揉んでいる。そして、乳首も摘まんで潰すようにしている。その度に、恭子は泣きそうな顔であえぎ、
『拓也、イッちゃう。気持ちいいのっ、もうダメ、イキそう。拓也、イッても良い?』
と、感極まったような声で言う。直之は、もうイッてしまう!? と、驚いていた。自分とのセックスでは、なかなかイクことのない恭子……。もしかしたら、一度もイッたことはないのかもしれない。直之は、敗北感を感じながら、暗い気持ちになっていく。でも、落ち込めば落ち込むほど、興奮が大きくなることに気がついている。

「まだダメ。こんなに早くイッたら、もったいないでしょ? ほら、もっと感じて。楽しんで」
拓也は、少し興奮が落ち着いたような感じだ。それに引き換え、恭子は焦れた様子で、
『意地悪言わないで。もうダメ、イク、イッちゃう。拓也、愛してるっ!』
と、声を震わせながら叫ぶ。そして、身体を跳ねるように震わせると、
『イッちゃった……。ごめんね、私ばっかり先にイッちゃって。次は、拓也の番だよ』
と、恭子はそう言って腰を動かし始める。立ちバックの体勢のまま、腰を押しつけるように動かす恭子。下駄箱を両手で押して、勢いをつけているような感じだ。
「エロいね。腰の動き、エロすぎるよ」
立ったままの状態で、拓也が興奮気味に言う。
『エロい女は嫌い?』
イヤらしく腰をくねらせるよう動かしながら、恭子がいたずらっぽく質問する。短すぎるスカートに、引き下げられたブラ。そんな姿で腰を動かし続ける恭子は、淫乱という言葉では足りないくらいの卑猥さだ。
直之は、興奮しきった顔で愛する妻の痴態を見つめ続け、ペニスをしごき続けている。
「好きだよ。もっと、エロい女に変えてあげるよ」
拓也は、そう言って恭子のアナルを触り始める。
『アンッ、拓也、もっと染めて。拓也の好きな色に染めて』
恭子は、感情のこもった声で言う。
「俺のオンナだからね。お尻、ローション入れてるんだ。こっちに欲しかったの?」
そう言いながら、拓也は恭子のアナルに指を入れていく。腸内から溢れ出るローション。すでに、中を綺麗にしてローションを仕込んでいる状態だ。
『あぁ、あっぁ、そう、欲しいの。お尻にも欲しいのっ』
恭子は、とろけきった声で言う。拓也は、そのまま指を根元まで入れて行く。
『うぅああぁ、そう、もっと、拓也、気持ちいいのっ』
アナルを指でほじくられ、歓喜の声を上げる恭子。拓也は、嬉しそうな顔で指を動かし続けながら、
「もう、こっちの方が好きになっちゃったんじゃない?」
と言う。
『そ、そんな事ない。拓也に妊娠させてもらいたいから……。でも、お尻も犯して欲しい』
恭子は、恥じらいながら言う。高校生の息子がいる恭子が、まるで少女のように恥じらっている。その姿は、拓也を強く興奮させる。

拓也はペニスを引き抜くと、
「お尻に入れてっておねだりしてみて」
と、意地悪な感じで言う。
『え? う、うん……お尻に入れて下さい』
恭子は、顔を赤くしながらおねだりをする。
「もっとエロくおねだりしてくれないと」
拓也がそんな風に言いながら、恭子のアナルから指を引き抜く。
『あぁ、ダメぇ、抜いちゃダメ』
切なげな声で言う恭子。
「だったら、もっとエロいおねだりしてみてよ」
拓也がさらに意地悪な感じで言う。
『うぅ……拓也のおチンポ、お尻に入れて下さい』
お尻を突き出したまま、そんな風におねだりをする恭子……。直之は、ついさっき自分を送り出してくれた玄関で、こんなことになっていることに激しく動揺してしまっている。でも、もうイク寸前だ。しごく速度を緩め、血走った目で画面を見つめ続ける。

「ほら、自分で拡げて」
拓也が、サディスティックに指示をする。
『……恥ずかしい……。拓也、そんなの出来ない……』
恭子は、泣きそうな顔になっている。
「じゃあ、しないよ」
拓也が冷たく言うと、恭子はゆっくりと両手でアナルを拡げ始めた。
『拓也のおチンポ、ここに入れて下さい』
恭子は、アナルを左右に拡げながらおねだりをする。すっかりと拡げられたアナル。中に仕込まれているローションがあふれてくる。拓也は、すぐにペニスを押しつけて挿入していく。
「恭子、愛してる」
そんな風に言いながら、腰を押し込んでいく拓也。
『うぅあぁ、拓也、愛してる。すごく固いよ。あぁ、もっと奥に、うぅっ』
恭子は、アナルに挿入されながら気持ちよさそうな声を上げる。もう、すっかりとアナルセックスもなじんでしまっているようだ。直之は、自分の妻のアナルを性器に変えられてしまったことに、強い嫉妬を感じている。でも、ペニスをしごく手は止められないようだ。

「痛くない?」
拓也は、根元までペニスを押し込みながら質問する。
『痛くない。気持ちいい……。拓也、動いて。めちゃくちゃにして欲しい』
恭子は、興奮しきった顔で言う。拓也は、すぐに腰を動かし始めた。最初からかなりのペースで腰を振ると、恭子は背中をのけ反らせるようにしながら、
『あぁっ、あっ、アンッ、気持ちいいっ、子宮まで響くのっ! 拓也のおチンポ、奥まで届いてるのっ!』
と、卑猥な言葉を口にしながらあえぐ。拓也は、興奮した顔で腰を振り続ける。

「あぁ、締まる。メチャクチャ締まってる。恭子、すぐに出ちゃいそうだよ」
拓也は、余裕のない声になっている。
『まだダメ、もっとして。あぁ、気持ちいい。もう、これがあれば何もいらない。拓也、愛してる。もっと狂わせてっ』
恭子は、泣きそうな声で叫ぶ。本当に、気持ちよくて仕方ないというのが伝わってくるようなリアクションだ。すると、拓也がいきなり恭子のお尻を叩いた。平手で軽く叩いただけだが、
『アガッ、あぁ、ダメぇ、拓也、イッちゃったぁ』
と、恭子は腰のあたりをガクガク震わせながら言う。
「エロいね。もっとイッて良いよ」
拓也は、そう言ってまたお尻を叩く。乾いた音が響き、恭子はまたのけ反りながら身体を震わせる。
「ほらほら、もっと感じて」
そう言って、お尻を何度も叩く拓也。軽く叩いているだけでも、何度も叩かれてお尻は赤くなっている。

『もうダメぇ、拓也、イキすぎておかしくなりそう』
恭子は、ほとんど泣いているような顔だ。拓也は、お尻を叩くのをやめ、恭子の腰をつかんで引きつけるようにしながら腰をガンガン振り始めた。
『あっ、あっ、アガッ、あっ、おぉおぉっ、おぉお゛っ! イクっ、イグッ、イグッ、拓也もうダメっ、あぁぁあ゛っ!!』
恭子は、身体をガクガクと震わせながら腰からへたり込んでいった。ペニスが抜け、恭子は床に座り込む。ぐったりとした感じだ。
「そんなに気持ちよかったの? 恭子は淫乱だね。じゃあ、ベッドに行こうよ。あんまり時間ないでしょ?」
拓也は、そう言って恭子を立たせる。恭子は、少しおぼつかない足取りで歩き始める。短すぎるスカートに、乱れたブラジャー……。直之は、そんな恭子の卑猥な姿を見ながら、限界を迎えて射精をしてしまう。うめきながら射精をする直之。頭の中が真っ白になりそうなほどの強い快感に、直之自身が一番驚いている感じだ。

二人は、仲良く手をつないで寝室に移動していく。直之は、カメラを寝室に切り替えた。二人は、寝室に入るなりキスを始める。抱き合い、舌を絡めながらキスを続ける。そして、そのままベッドに倒れ込んでいく。

『拓也……あれして欲しいな……』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


[ 2021/04/15 23:13 ] 高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁 | TB(-) | CM(-)

セフレの人妻が何人もの男に次々に犯されたいと言ったので

貞淑な人妻だった(?)夏○はもう完全に僕の女になりました。
「貴方に夢中よ」といって僕のペニスにむしゃぶりついてきます。

以前セックスの最中に「もうどうなってもいい何人もの男に次々に犯されたい」と口走ったので、いつか3Pを実行したいと思っていましたが、ついにやりました。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 19:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

でかちんの相方と双子のママをゲットした話

名古屋在住の双子の子持ちママで、25歳人妻綾香ママを”相方でかちん”とゲットした時の事。

俺の自宅の近隣にある団地住まいの綾香ママを初めて見た時から、俺の相方で通称”でかちん”と綾香ママの行動を監視しながらお近付きになるチャンスを狙ってました。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 17:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

お店の常連のご夫婦の奥さんは、やたらと淫乱だった

良く行くお店に1年ほど前から来るようになったご夫婦がいました。
旦那さんは春から転勤になるので奥さんが困ったときにお願いしますと近所だったお店に来たようでした。

ポチャっとしてて私と変わらない年齢で店の人や私たちお客さんの間で
「もっと若かったらよかったなぁ」とか
「もう少しスレンダーだったらなぁ」といないときに話してました。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 14:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた

妻の里央とは、職場結婚だった。美人と言うよりは可愛らしい顔で、驚くと、大きな瞳が落っこちてしまいそうなほど見開かれる、表情がとても豊かな女の子で、人を疑うということがなく、騙されてひどい目にあうんじゃないかと心配するほど純粋な子だった。
そんな里央に上司と部下という形で接しているうちに、いつの間にか一緒にいるのが当たり前になり、交際をするようになり、結婚に至った。

社内でも、彼女はかなり人気のある女の子だったので、結婚すると報告したあとは、男性社員達の風当たりが冷たくなったりもしたが、逆に女子社員達からは歓迎された。たぶん、男性社員達の競争率が下がったからだと思う。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 13:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

隣に越してきたガチムチなおっさんが、俺の母親とやってるのを見た

家の隣に独り身の中年のおじさんが引越ししてきた。

うちは団地住まいなので、隣人とも今まで良くコミュケーションとったりしていた。

そのオッサンは年齢50前後、中年太りながら、肉体労働で鍛えたのかガッチリした体格をしていた。

引っ越しの挨拶もなく、隣とは言え、家の家と交流することはほとんど無かった。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 12:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

新婚旅行でヌーディストビーチに行った結果

少し前の体験談です。俺はフツメンで職業はとび職です。
彼女の名前は美咲。顔はかわいい部類の顔だと思いますスリーサイズはB90-W59-H87でスタイルもよく、俺みたいな中途半端な男も見捨てる事なく付き合い続けてくれて大好きでした。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 10:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ここでしか読めないオリジナル寝取られ体験談のご紹介

姉妹サイトのオリジナル寝取られ体験談のご紹介です。

Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた
ハーフのような見た目の美人妻を、チャラい友人に堕としてくれと依頼した結果……。
マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた
性欲が強い嫁を、温泉旅館でマッサージを受けさせてみたら……。
嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた
家に遊びに来る後輩の前に、露出過多な格好の妻でからかっていたら……。
セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由
性交痛でセックス出来なくなった妻……でも、大きなディルドでオナニーをしていた……。
妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました
妻が追突事故を起こした相手はヤクザで、真珠入の巨根に狂わされ……
出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた
長期の出張から久しぶりに帰ると、妻は今までに無いほどイヤらしくセックスを迫ってきて……
息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた
息子の大学進学で妻との二人暮らしに戻った途端、妻は息子の同級生と交際していると告白してきて……
お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました
マンガみたいにお裾分けをもってくるお隣の若妻さんに、オナニーを知られてしまい……
子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果
妻がむかし勤めていた会社でパートを始めた結果、衝撃的すぎる事実を知りました……


【続きを読む】
[ 2021/04/15 09:20 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

人妻にパチンコ玉を貸したら、身体で払い出しを受けた

よく行くパチンコ屋で28歳の人妻と知り合いになった。
パチンコしながら台のことなど少し話しする位の仲でした。

ある日僕は10箱以上だして、隣で人妻が負けてお金も無い感じだったので、1箱貸してあげた。
「返すのはいつでもいいから、入れてみな、出そうな感じだよ」と言うと、
「いいの?ありがとう」と言って喜んでパチンコを打ちだした。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 08:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁の目を盗み、義母とセックスしています

嫁の目を盗み、義母とセックスしています。嫁とは同じ会社ですが、出勤シフトが2パターンで、主に派遣やパート・アルバイトの専門職系はA番8時~勤務(嫁がこれに当たります)私は総合職で9時半~B番勤務がメインです。

嫁が出勤の時刻はまだ私はたいがい寝てるので、二三日に一回は義母のフェラで起こしてもらっています。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 05:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

勤務先の、笑顔が素敵なアラフォー人妻社員を寝取ってしまった結果

先日、勤め先の人妻事務員さんとセックスしてしまいました・・・。

古川さんは、いわゆるアラフォーのぽっちゃりサンで、ショートヘアの似合う、笑顔が素敵な人妻です。
帰りがけに時々見かける私服姿がまた艶っぽくて、ニット越しにチラ見えする胸元は、おそらくFカップはあろうかと思われる巨乳です。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 02:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※地味だけど童顔で可愛らしい嫁が、AVに出ていただけではなく……(転載禁止)

嫁とは結婚して10年以上経ち、セックスもレスまでは行かないが、月にせいぜい2回程度になっていた。その代わりこそっと自室でオナニーをする事が多くなり、色々とエッチな動画を見るようになっていた。
そんなある日、たまたま見た素人ものAVに、嫁が出ていた……。

嫁の幸子は、33歳で私と同じ歳だ。自称150cmで、実際は多分148cmくらいだと思う。体重は不明だけど、痩せ型。それでいて胸は結構ボリュームがある。痩せているからだと思うが、ブラのカップはEカップとかFカップがちょうどいいそうだ。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 01:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

義兄は身体も大きかったですが、あれも大きかったです

今年30歳になる主婦です。夫には弟と兄がいます。
弟は遠く離れていますので滅多に会う事はないのですが、兄の方はご近所に住んでおり頻繁に家に来るのです。

夫は次男ですが母親と同居、兄のところに居たのですが兄嫁と合わず私たちが結婚した時に同居する事に。
親を押付けたと思っているのか兄夫婦はそれは親切です。
夫の兄は背が高くて身長は185センチもあり私などは見上げるくらいです。

【続きを読む】
[ 2021/04/15 00:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ