NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

☆マガブロ更新しました!kindle出版しました!

寝取られ・人妻作品レビューサイトの更新分です。
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられたー完ー
電子書籍を出版しました!
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた5
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・私しか知らない妻が、他の男に抱かれる姿を見たいと思った5
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻


[ 2022/03/04 23:44 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

僕のEDを治すため、親友に妻の心まで奪わせることにしたー完ー(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「俺も、愛してるよ」
 雅治も、そんな言葉を口にする。玲奈は、嬉しそうな顔になりながら腰を動かしている。添い寝するような体勢なのに、玲奈は腰をくねらせるように動かし続ける。凄く動かしづらいはずなのに、玲奈は夢中で動かし続けている。

「玲奈、キスしながらしたい」
「私もして欲しい」
 そんな会話をすると、二人はソファの上で正常位に移行していった。玲奈はすぐに抱きつき、キスをする。そして、しがみつくように抱きつく。雅治も、嬉しそうにキスをしながら腰を動かし始めた。
 激しい動きではなく、入れたままこすりつけるような地味な動きだ。それでも、玲奈は幸せそうで気持ちよさそうな顔になっている。


「愛してる。玲奈、愛してるよ」
 雅治は、一度その言葉を口にした事で、躊躇いがなくなったようだ。何度も愛していると言いながら、腰を動かし続けている。玲奈も、嬉しそうな顔で、
「愛してる。もう、ずっと一緒だよ」
 と言った……。本当に、愛し合う二人のセックスみたいだ。もう、僕のED治療や僕の依頼なんか関係なくなってしまっている。このまま、玲奈を奪われる……そんな覚悟をしているほどだ。

 二人は、キスをしながら愛し合う。キスを止める気配もないし、僕の事を話題に出す感じもない。そして、結局最後までキスをしたままセックスを終えた。そのあとも、二人はイチャイチャし続ける。恋人同士のように、甘い時間を過ごしていく。そして、動画は終わった。
 もう、3時近くになっていた。今頃何をしているのだろう? まだ愛し合っているのだろうか? 抱き合って眠りについているのだろうか? 悪い想像ばかりが膨らんでいくが、さすがに眠気も限界になってしまった。

 悪い夢を見て飛び起きた。もう、外は明るくなっている。無意識に隣を見たが、ベッドはもぬけの空だ。もしかしたら、朝になったら玲奈が戻っているんじゃないか? そんな期待もしていたと思う。でも、悪夢の続きのような状況だ。
 玲奈はもう戻ってこないのではないか? そんな絶望的な気持ちになってしまう。そして、もしかしてと思って動画を確認した。すると、フォルダには動画が増えていた。
 雅治は、何を考えているのだろう? この状況でも動画をアップしてくるという事は、まだ僕のお願いを聞いているだけだと思って良いのだろうか? 僕の寝取られ性癖を満足させるためのプレイ……そういう理解で良いのだろうか? でも、動画の中の二人は、駆け落ちでもしそうな程の関係に見えた。

 僕は、結局迷いながらも動画を見始めた。動画の中では、また二人はイチャイチャとしながら爛れた時間を過ごしていた。勃起する度、発情する度、動物のようにまぐわう二人……。
 もう、何度目のセックスなんだろう? 見ているのがツラい。
「ダメ、ちょっと待って、顔洗ってくる……すっぴんだから……恥ずかしい」
 起き抜けの玲奈が、恥ずかしそうに言う。出も、雅治は抱きしめてキスをする。玲奈は、寝癖もついているし、顔もノーメイクのようだ。
 いつもよりもかなり幼く見えるが、可愛い事には変わりない。メイクなんかなくても、まったく関係ないほどに可愛らしい。自分の嫁ながら、本当に可愛らしいと思ってしまう。
 僕さえおかしな事をしなければ、僕だけの玲奈だったはずだ。今さら後悔しても遅いのに、どうしても後悔してしまう。

「恥ずかしくなんてないって。めちゃくちゃ可愛いよ。今まで見た事もないくらいに可愛い」
 雅治は、そんな風に褒める。それは、実際にそう思っているのだと思う。
「……ありがとう。なんか、恥ずかしい……でも、雅治にだったら、ありのままの私を見てもらいたい」
 玲奈は、気持ちを込めて言う。もう、危機感が大きくなりすぎて、マヒしてきているような感じもする。
「すっぴんの方が、好きだよ。なんか、そんな姿が見られるなんて、恋人同士なんだなって思えるし」
「うん。もう、恋人同士だよ。だから、もう他の子を連れ込んじゃダメだからね」
 玲奈は、ヤキモチを焼いているような口ぶりだ。
「わかったよ。でも、玲奈は? アイツと一緒に暮らしてるでしょ? ズルくない?」
 雅治は、少しおどけたような口ぶりだ。でも、嫉妬しているような表情にも見える。
「だって、結婚してるんだもん。仕方ないでしょ? 雅治も、恋人は作っちゃダメだけど、奥さんは作っても良いからね」
 玲奈も、おどけて答える。
「なんだそりゃ。無理じゃん。恋人にならずにいきなり結婚なんて」
「うん。無理だよ。だから、ずっと私と恋人同士で良いんじゃない?」
 玲奈は、独占欲を隠そうともしない。雅治は、そんな玲奈の言動に、妙に嬉しそうに微笑んでいる。
「じゃあ、アイツとはセックスしちゃダメだよ。もう、俺としかするな」
 雅治は、命令口調だ。真剣に言っているように見える。
「……わかった。でも、手でしてあげるのは許してあげて。さすがに、可哀想だもん」
 玲奈は、そんな事を言っている。僕は、勝手に話が進んでいき、置いてきぼりにされている心境だ。

「まぁ、手くらいなら。でも、口でしたり、キスしたりはダメだよ。もう、玲奈は俺のオンナだから」
 雅治は、クールな感じで言う。なんというか、女性を所有物みたいに思っている発言に聞こえてしまう。今のご時世だと、反感を買うだけのような発言だと思う。でも、玲奈は嬉しそうにとろけた顔を晒している。
 色々な意見があると思うが、結局こういう強い雄に引かれる女性は多いのだと思う。色々なきれい事を言う人間は、実際の恋愛経験が不足しているだけのような気がする。

「うん。玲奈は、雅治のオンナだよ。だから、もっと雅治の形に作り替えて」
 玲奈は、脚を拡げて誘うような顔で言う。寝起き早々にするセックス……カメラは、ずっと回しっぱなしだったのだろうか?
 これは、どういう意図で撮影を続けているのだろう? 僕のお願いを聞いてくれているだけ? 僕に対する、宣戦布告? 僕は、はしたなく脚を拡げて雅治を誘う玲奈を見て、興奮が抑えきれなくなってしまった。すぐにパジャマを脱ぐと、ペニスをしごき始めた。

 昨日何度も射精をしたのに、ガチガチになっている。こんなに固くなったのは、いつ以来だろう? 10代の頃の記憶がよみがえるような感じだ。
「ゴメン、ゴム切れちゃってる。ドラッグストア行ってくるよ。ちょっと待ってて」
 雅治が、空の箱を手に持って言う。コンドームを使い切るほどセックスをした……動画として上げられていない分も相当あるのだろうか?
「そのまま来て。大丈夫だから。もう、我慢出来ないもん」
 玲奈は、発情した牝の顔で言う。なんとなく、こうなるんじゃないかな? と、予想はしていた。でも、最後の理性を働かせてくれると信じる気持ちもあった。
「いや、さすがにマズいでしょ。安全日とかじゃないんでしょ?」
 雅治は、意外にも拒否している。親友の嫁を孕ませるのはマズい……そんな事を考える理性は残っているようだ。
「大丈夫だよ。本当に大丈夫だから。雅治、そのまま来て。愛してる」
 玲奈は、微笑むような顔で雅治を誘う。迷ったような顔になっている雅治は、思わずという感じでカメラを見た。一瞬ですぐに玲奈の方に向き直ったが、玲奈もこっちを見ている。カメラに気がついた? 僕は、無性にドキドキしている。玲奈は、カメラの方を見つめたまま、
「早く来て。大丈夫だから。もしも妊娠しても、その方がケイちゃん喜ぶもの」
 と言う。僕は、脇に汗が流れるのを感じた。気がつかれている……そうとしか思えない。

「う、うん。わかった。でも、中には出さないからね」
 雅治は、そんな事を言いながらペニスを膣口にあてがう。そして、ゆっくりと腰を押し込んでいく。
「うぅ、あぁ、雅治、愛してる」
 玲奈は、嬉しそうな声をあげる。一体、僕は何をしているのだろう? こんな動画を見ながらオナニーをしようとしている。完全に、狂った人間の行動だ。

「全然違うよ。雅治、すごく気持ちいい。こすれてる……気持ちいいところに雅治のがこすれてる。あんな薄いのがないだけで、こんなに違うんだね……愛してるよ」
 玲奈は、生ペニスに貫かれながら幸せそうな顔になっている。自分の嫁のこんな顔を見せられたら、もうそれまでのようにやっていく事なんて無理だと思う。

「全然違うよ。玲奈の、すごく気持ちいい。絡みついてくる。愛してる。このまま、ずっと一緒にいたい」
 雅治も、かなり感情的になっている。そして、腰を動かし始めた。朝だからか、動きはゆっくりだ。声が周りに響くのを気にしているのだろうか? それとも、時間をかけてじっくりと愛し合いたいのだろうか?
「雅治、キスして。キスしながらめちゃくちゃに犯して。生のおちんちんで、子宮にいっぱいキスして」
 玲奈は、驚くような事を言い始めた。こんなアダルトビデオみたいな台詞を言うなんて、玲奈のイメージには全くない。
「玲奈ちゃん、意外にエッチだったんだ」
 雅治も、少し驚いている。
「エッチな私は、嫌い?」
「大好き。もっと、エッチな子にしてあげるよ」
 雅治は、嬉しそうにキスをした。そして、なまめかしく腰を動かしながら、首筋にキスをしたり乳首を指で刺激したりする。玲奈は、顔をとろけさせながらあえぎ続ける。すると、玲奈も雅治の首筋にキスを始めた。強く吸っているようなキスだ。
「イタタ、玲奈ちゃん、吸い過ぎだって」
 雅治が痛そうに言う。でも、玲奈は吸い続ける。そして、玲奈がキスを止めると、クッキリとキスマークが残った。
「フフ、しっかりついた」
 玲奈は、キスマークを見て嬉しそうに笑う。すると、雅治も玲奈の首筋にキスを始めた。見てわかるほど、強く吸っているのがわかる。
「雅治……もっと」
 玲奈は、キスマークをつけられているのに嬉しそうだ。雅治は、胸にもキスマークをつけていく。あっという間に、5つもキスマークをつけられてしまった。
「玲奈、愛してる。もう、俺だけの身体だから」
 雅治も、真剣だ。それにしても、二人がこんなにも愛し合っているのが不思議に感じる。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


▲お隣の黒ギャルママさんに授乳プレイをしてもらった

同じアパートの隣の部屋に、元ヤンっぽい夫婦がいる。旦那さんはトラックの運転手で、母親は金髪でギャルっぽいけど専業主婦、まだ1〜2歳くらいの赤ちゃんがいる。
僕が3か月前に引っ越しをして隣がそんな風だと知ったときは、本当に後悔したし、引っ越そうかな? と思ったほどだった。

でも、奥さんはほとんど金髪で日サロに通っているのか? と思うくらいの色黒ギャルだったけど、見た目の強烈さに反して、すごく常識的で優しい人だった。騒がしいこともないし、子供を虐待することも、夫婦げんかをする事もないような、温かい家庭という感じだった。

【続きを読む】
[ 2022/06/28 23:07 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた(姉妹ブログ 転載不可)

今日も、中学の頃からの友人のアキオが遊びに来ていた。結婚して子供も居る俺とは違い、彼は気ままな独身だ。どちらかというと真面目な私とは正反対の彼は、昔から雲のように自由な男だった。

『どうして彼女作らないの?』
私の嫁のまさみが質問する。ルックスも良く性格も良いアキオが、結婚どころか彼女すらいないのに疑問を感じているようだ。

【続きを読む】
[ 2022/06/28 20:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

訪問販売をしていますが、3年に一度の割合で好みの人妻に会えます

僕はあまり好かれない訪問販売の営業マンです。
直接訪問もするが、大体は電話でアポ取りをしてから出掛ける。

9割は断わられるが、いい声の奥様の場合には、断られてももう一度アタックをかけに自宅訪問する。
仕事を利用して、ただ、どんな顔なのか確かめに行っているだけである。
何かをやろうなどとは1%ほどしか考えていない。

【続きを読む】
[ 2022/06/28 17:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

同僚の女の子を、彼氏に先立って孕ませてみました

1、2年前、彼女を地元に置いてひとり東京で自営業を始めた時の話をします。

主な仕事はオフィス用品とかの営業と海外の工場への発注なんですが、その当時は自分自身と社員が2人の小さな会社。
そして社員は昔の同僚とその彼女っていう、ちょっとした身内経営。
デカい仕事が取れたときや月末は、俺(T)の奢りで仲良く3人で飲みに行ったものです。


【続きを読む】
[ 2022/06/28 14:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました(姉妹ブログ 転載不可)

俺は、いわゆる寝取られ性癖の28歳独身です。付き合って2年の彼女はいますが、寝取られ性癖だと言うことは打ち明けていません。
正直、彼女が他の男とセックスするところを見たいと思っていますが、俺が主導で彼女を他人に抱かせるのは、寝取られではなく、寝取らせだと思っているので、そうしようとも思っていません。

俺は、あくまで寝取られ性癖で、寝取らせ性癖ではないので、彼女が寝取られる日が来るのを気長に待つ毎日です。

俺が寝取られ性癖に目覚めたのは、大学時代のことです。当時バイトしていたファミレスで、ホールを担当していた俺が、キッチンを担当していた加奈子と付き合い始めました。

【続きを読む】
[ 2022/06/28 13:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

家庭教師先の中学生を触ってたら母親が入ってきたからとっさに犯した

大学生の時、中学2年生の女の子を家庭教師で教えていたことがあった。
半年ぐらい経ってからバレンタインの時にチョコを貰って、それからなんとなく付き合うようになった。
といっても授業中にキスしたり、服の上から胸を揉んだり、ま、遊び半分だったね。

中学生だからとってもウブで、太ももは触ってもOKだけど、手が滑って太ももの付け根のパンティの所までいくとNG。
膨らみ始めた胸も、ブラの上から揉むのであればOK。
それでも中学生相手だから、とっても萌えた。

【続きを読む】
[ 2022/06/28 12:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

バイト先の人妻さんは、俺の巨根で他ではイケなくなりました

大学の時、セブンでバイトしていました。

彼女もいましたが…俺のアレがデカすぎて、痛がってなかなかうまくいかず、別れたすぐ後でした。

バイトと中にそんな話をしていたのを聞いたようで、奥さんから、よかったら飲みに行かない!?と誘われ…
その帰りに、よかったら試してみる!?と誘われ、そのまま、ホテルに。

【続きを読む】
[ 2022/06/28 10:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

電子書籍 kindle出版しました! 妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました



夫には、妻を他人に抱かせたい……そんな異常とも言える願望があった。

それを妻に打ち明けた時、妻は抵抗しなかった。

夫の目の前で長年の友人と行為を始めた妻は、自分自身も気づいていなかった本当の気持ちに気がついてしまい……

「フフ、楽しみだね。パパ、私ちょっと疲れちゃったから、裕一郎のあれ綺麗にしてあげて」

ほか、嫁にミニスカで友人を誘惑させてみたら、寝取られみたいになってしまった 収録。

夫の友人と仲が良すぎる妻に、彼を誘惑してみようと提案したことで始まった、異常な寝取られ生活。

「最後まではちょっと……。でも、パパが望むなら……途中までは……」



【続きを読む】
[ 2022/06/28 09:29 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた5(オリジナル 転載不可)

前回の話

 私は、佳奈美の言葉にドキドキしていた。一体、何をされたいと思っているのだろう? 佳奈美は、どんな願望を持っているのだろう? もの凄く心配でドキドキしてしまう。
「して欲しいことですか? どんなことです?」
 裕也君が、好奇心を刺激されたような顔で聞く。
「フフ……私も、お尻に入れてもらいたいの。ヒロ君みたいに。アナルセックス、してみたいなって思ってたの」
 佳奈美は、そんなことを言い始めた。


「そうなんですね。でも、経験はないんですか? 佳奈美さん美人だから、男性経験も豊富なんでしょ?」
 裕也君が、そんな質問をする。
「それなりにね……でも、まだそっちはないの」
 佳奈美は、衝撃的なことを言い始めている。それなりに経験してきた……そんな話は、聞いていない。

「へぇ、やっぱり。綺麗なアナルしてるから、まだ処女かなって思ってました」
「そんなのわかるの? アナルセックスしてると、形変わるの?」
 佳奈美は、興味を持ったようだ。
「全然違いますよ。ヒロのアナル、見せてもらえばわかります。けっこう、いびつな形になってますよ」
 裕也君がそんな説明をする。すると、
「キミのも見せて。ヒロ君に犯されてるんでしょ?」
 佳奈美は、好奇心いっぱいの顔だ。
「そ、それは……そんなにしてないし……」
 しどろもどろになっている彼。私は、思わずフェラチオしてくれているヒロ君を見た。ヒロ君は、ニヤニヤしながら私のペニスをくわえている。ウィッグをつけたヒロ君は、美少女にしか見えないような美しさだ。

 そして、彼はペニスを吐き出すと、無言のまま私の方にお尻を突き出した。浴衣をまくり上げているので、彼の小ぶりのお尻が丸見えになった。ヒロ君は、ショーツを穿いていない。アナルが丸見えだ。
 私は、マジマジとアナルを見つめた。確かに、彼のアナルはいびつになっている。縦に間延びしたようなアナルは、男性のペニスを誘っているように見えてしまう。
 ヒロ君は、完全女装をしていると可愛すぎる。佳奈美も美人だと思うが、可愛らしさはヒロ君の方が上だ。私は、間違いなくヒロ君のことを好きになってしまった。ヒロ君は、誘うような顔で私を見つめる。
 そして、自分でアナルを左右に拡げ始めた。ピンク色の腸内が見え、強い興奮を感じる。私は、こんな状況にもかかわらず、ヒロ君のアナルにペニスを挿入してしまった。
「うぅ」
 ヒロ君は、必死で声を抑え込む。とろけたような顔で私を見つめながら、腰を動かし始めた。私が動いていないのに、ヒロ君がゆっくりと腰を動かす。とてつもなく卑猥な動きに見える。

 部屋の中では、佳奈美が裕也君のペニスをフェラチオしている。
「もう、無理ですよ。さすがにもう勃たないです」
「じゃあ、キミのアナルをイジメテあげよっかな?」
 佳奈美が、いじめっ子のような顔で言う。
「えっ? 良いんですか? イジメテもらいたいです。ケツマンコ指でえぐられながら、乳首舐めて欲しいです」
 裕也君は、男らしいイケメンとは思えないような言葉を口にする。まるで、責められる側の子みたいだ。
「フフ、さすがに経験ないから、下手くそだと思うけど……。じゃあ、ローション貸してくれる?」
 佳奈美が言うと、
「も、もう、仕込んであります。少し拡げたら、出てきます……」
 と、彼は顔を真っ赤にしながら言う。ヒロ君は、ニヤニヤした顔でその様子を見ながら腰を動かし続ける。ヒロ君の腰の動きは、一定の場所に私のペニスをこすりつけるような感じになっている。

「そ、そうなのね。じゃあ、してみるね」
 佳奈美はそう言って、彼のアナルを触り始めた。
「うぅ、あぁ」
 うめくような声をあげる裕也君。妙に可愛らしい声だ。
「本当ね。ローション出てきたわ。フフ、すごいのね。こんなことして、いつでもヒロ君に犯される準備してるのね」
 感心したように言う佳奈美。
「はい。ヒロもそうなんです。いつでもハメられるように。前立腺責められながら乳首やられたら、もう抜けられないです。気持ちよすぎて、狂います」
 裕也君は、まるで苦悩しているような口ぶりだ。ケツマンコの快感から逃れられない……そんな苦悩があるのかもしれない。

「そんなに気持ちいいのね。じゃあ、行くわよ」
 佳奈美は、ほとんど躊躇もなく彼のアナルに指を滑り込ませていく。
「うぅっ、あぁ、ヤバい……気持ちいい」
 裕也君は、あっさりと感じ始めてしまった。
「痛くない? って、聞く必要もないか」
 佳奈美はそう言って、挿入した指を動かし始めた。
「うぅっ、あっ、あっ、うぅっ、気持ちいいっ」
 裕也君は、あっさりと牝声を出し始めた。不思議なもので、前立腺を責められると牝のような声が出てしまうようだ。ヒロ君と同じで、甲高い声になったみたいだ。

「あっ、ここね。この、コリッとしたヤツでしょ?」
「うぅあぁっ、そう、そこっ!」
 裕也君は、さらに気持ちよさそうな声に変わる。佳奈美は、初対面の若い男性のアナルに指を差し込みながら、楽しそうに微笑んでいる。

 ヒロ君は、私と同じように中を覗いている。楽しそうな顔で眺めながら、腰を動かし続けている。ヒロ君のアナルは、強烈に締め付けてくる。そして、亀頭が前立腺に当たる感触が、すごく新鮮で気持ちいい。
 男性が、アナルに挿入されて気持ちよくなるなんて、どう考えてもバグだと思う。気持ちよくなる必要なんて、ないはずだ。でも、ヒロ君も裕也君も、信じられないくらいに快感を感じている。

「ねぇ、指増やすわよ」
 佳奈美は、そんな風に言って指をいったん抜いた。そして、すぐに二本に増やして挿入をしていく。
「うぅあっ、気持ちいい。佳奈美さん、ヤバい、気持ちいいっ」
 裕也君は、一瞬で余裕のない声になった。
「フフ、もっと感じて。もっと、お尻で感じてみて」
 楽しそうに言いながら、佳奈美は裕也君のアナルを責め続ける。
「じゃあ、乳首もしてあげるわ」
 佳奈美はそう言って、裕也君の乳首も舐め始めた。さらにとろけた声をあげる裕也君……。私は、佳奈美のSっぷりにも驚くし、佳奈美にこんな事をしてもらっている裕也君に、嫉妬心を燃やしてしまう。
 別に、アナルを責められたいとは思わない。でも、佳奈美にアブノーマルな行為をしてもらうのは、すごく羨ましい。

「あっぁっ、あぁ〜〜っ、気持ちいいっ、ダメぇ、イキそう、おチンポイッちゃうっ」
 裕也君は、まるで女の子になってしまったみたいだ。男前の裕也君が、ヒロ君みたいに牝のようにあえぐ姿は、ギャップが激しい。佳奈美も、そんなギャップが面白いのか楽しそうに彼のアナルを責め続ける。

「もう、出ちゃう。出ちゃいます。佳奈美さん、イクっ」
 アナルを激しく責められながら、女の子みたいにあえぎながらイキそうになっている。私も、ヒロ君のアナルの締め付けに射精感が湧き上がっている。
「パパさんの、イキそうになってるよ。出して。ヒロのケツマンコ、溢れさせて」
ヒロ君は、とろけたような声で言う。必死で声を抑えていると思うが、けっこうなボリュームになってしまっている。
「良いわよ、イッて。女の子みたいにイッてごらん」
 佳奈美は、まるで女王様みたいに命令する。裕也君は、本当に女の子みたいな声をあげながら果てた……。

「フフ、いっぱい出たわね。さっき、あんなに私の中に出したのに、まだまだ出るのね」
 佳奈美は、裕也君のドロドロになったペニスを舐め回す。そして、精液をすすり取って飲んでいく。こんな行動をする佳奈美に驚かされるが、ペニスをしごかれていないのに射精してしまう光景にもやっぱり驚いてしまう。
 私は、佳奈美が他の男の精液を飲み干すのを見ながら、ヒロ君のアナルに射精を始めた。ヒロ君も、のけ反るようにないながら身体を震わせる。本当に気持ちよさそうだ。

「フフ、いっぱい出たね。パパさん、絶倫じゃん」
 ヒロ君は、嬉しそうだ。私は、どうしたら良いのかわからなくなっていた。もう、こんなのは止めた方が良いと思う。お互いに、パートナーを元に戻して部屋でくつろぐべきだと思う。すると、ヒロ君がいきなり部屋に入っていく。
「裕也、トコトテンしちゃったんだね」
 急に入ってきたヒロ君に、二人とも驚いた顔になる。でも、そこまで驚いた感じはないので、予想はしていたのかもしれない。
「裕也、物足りないんじゃない? パパさんに入れてもらう?」
 ヒロ君は、そんなことを言い始める。さすがに、それは少し抵抗がある。男前の裕也君は、男という感じが強すぎる。
「ヒロ、入れて」
 裕也君は、焦れたように言う。ヒロ君は、ニヤニヤしながら裕也君に正常位で挿入した。
「あぁっ、ヒロ、キスしてっ」
 裕也君は、まだ牝モードのようだ。ヒロ君は、彼にキスをしながら腰を動かし始めた。

「パパ、いっぱいしちゃったよ。ごめんね、でも、パパも楽しんでたみたいだね」
 そんな風に言いながら、私の横に移動してきた。全裸の佳奈美は、とてもなまめかしい。35歳の身体にしては、若々しと思う。ムッチリした身体も、私は好きだ。佳奈美は、私の目の前で立っている。そして、軽く脚を拡げると、
「いっぱい中に出されたの……ごめんね、赤ちゃん出来ちゃうかも」
 と言った。私は、思わず佳奈美の膣を見る。すると、膣からは真っ白な精液が溢れ出てきた。それは、そのまま畳の上に落ちていき、液だまりを作る。
「ね? いっぱいでしょ? 彼のおちんちん、すごかったの。頭真っ白になっちゃったわ」
 他人の精液を膣から溢れさせながら、佳奈美はイタズラっぽく言う。本当に可愛らし仕草だ。まるで、若い頃に戻ったような感じがする。

「パパも、ヒロ君にいっぱい出したの? ヒロ君、可愛いから惚れちゃった?」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


旦那が堅物なので、童貞君のカタブツを求めちゃいました

夫と職場結婚し、5年目になる主婦です。

今も部署は違うものの、夫と同じ会社で働いています。

見かけは地味でとても大人しそうに見えるのですが、胸がFカップと大きいため、よく痴漢やセクハラをされていました。

それを助けてくれたのが、今の夫なのです。

【続きを読む】
[ 2022/06/28 08:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

専業主婦の私が、電車で若い男の子に火をつけられちゃいました

専業主婦をしている50歳のおばさんです。
先日、猛暑日の中、古くからの友人に会いに行くために、ちょっとお洒落して電車に乗りました。
物凄く暑い日で、電車に乗った時には滝のような汗が体中から吹き出ていました。

ハンカチで汗を拭きながらガランとした車両の端に座ってると、私の隣に若い男の子が座りました。
20歳前後の青年で、電車が走りだすと目を瞑っていた私の膝に、その男の子が手を乗せてきたんです。

【続きを読む】
[ 2022/06/28 02:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

バツイチの私は、隣の旦那さんを思いながらバイブオナニーをしていました

私は33歳…×1の独身です。

一年ほど前からひとり暮らしを始めました。
結婚期間中を除けば、ずっと親の実家に住んでいました。

実家は裕福とは言えず、私の部屋は6畳半で隣が親夫婦の部屋。

壁も薄くて隣の物音はきこえるし…

一番困っていたのがオナニーするときでした。

【続きを読む】
[ 2022/06/28 02:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※若い二人の巨根と清楚な妻(姉妹ブログ 転載不可)

最近嫁と、ちょっとアブノーマルなプレイに走るようになった。

嫁の有美は今年34歳になる。早くに子供を作ったので、子供はもう中学生だ。息子が少し親離れしてきた今、二人で過ごす時間が増えた。
子供が生まれて以来、すっかりと少なくなっていたセックスも、最近は恋人同士だった頃のように増えていた。

有美は、夫の私が言うのもアレだけど、美人な方だと思う。グラビアアイドルの杉本有美の8掛けくらいだと思う。ただ、顔はそうだけど、スタイルはあそこまでは良くない。胸も、貧乳とは言わないが、ちょっと寂しい感じだw

【続きを読む】
[ 2022/06/28 01:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

入院中の若い大工さんがオナニーをしてたので、ほてる身体で慰めました

私は今、40歳です。
私は20歳の時に旦那とデキ婚をしました。
私は看護師で、旦那は私と同じ病院の医者でした。

33歳の時のことです。
もうその頃には旦那とはしなくなっていました。
私が夜勤の日、見回りに行くと、個室の部屋から音が聞こえました。
そこの個室には左腕を骨折した患者が入院していました。

【続きを読む】
[ 2022/06/28 00:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

△無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた(転載禁止)

「え? 加奈子さんと、セ、セックスをするって事ですか?」
優一は、ビックリしすぎて声が裏返ってしまっている。叔父の啓介が言った言葉が、まったく理解出来ないでいた。
啓介は、苦しげな顔で話を続ける。
「そう。加奈子を抱いてやって欲しい。さっきも言ったけど、私は精子が作れないんだ。無精子症というヤツで……。でも、加奈子はどうしても子供が欲しいって言っていて……」
優一は、すぐに、
「だったら、人工授精とか、他にも手段はあるんじゃないですか? わざわざセックスをしなくても、出来るように思います」
と、ごく常識的なことを言った。


【続きを読む】
[ 2022/06/27 23:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

旦那がいるのに一服盛って可愛い奧さんと

この前、仲良しのご夫婦と4人で食事に行きました。
しゃれたレストランで、カクテルもおいしく、皆のお酒もいつもより進みました。
2人とも学校の先生ですが、ダンナが僕の後輩なので、結婚前から奥さんのことは知っていました。

【続きを読む】
[ 2022/06/27 22:32 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ここでしか読めないオリジナル寝取られ体験談のご紹介

姉妹サイトのオリジナル寝取られ体験談のご紹介です。

古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた
たまたま見たナンパものAVに、まだあどけない頃の妻が強引に車に乗せられて……。
無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた
検査の結果、精子がほとんどないとわかった私は妻望みもあって甥に子作りを託したが……。
Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた
ハーフのような見た目の美人妻を、チャラい友人に堕としてくれと依頼した結果……。
マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた
性欲が強い嫁を、温泉旅館でマッサージを受けさせてみたら……。
嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた
家に遊びに来る後輩の前に、露出過多な格好の妻でからかっていたら……。
セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由
性交痛でセックス出来なくなった妻……でも、大きなディルドでオナニーをしていた……。
妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました
妻が追突事故を起こした相手はヤクザで、真珠入の巨根に狂わされ……
出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた
長期の出張から久しぶりに帰ると、妻は今までに無いほどイヤらしくセックスを迫ってきて……
息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた
息子の大学進学で妻との二人暮らしに戻った途端、妻は息子の同級生と交際していると告白してきて……
お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました
マンガみたいにお裾分けをもってくるお隣の若妻さんに、オナニーを知られてしまい……
子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果
妻がむかし勤めていた会社でパートを始めた結果、衝撃的すぎる事実を知りました……


【続きを読む】
[ 2022/06/27 21:34 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

※妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる

27歳で結婚し、それがきっかけで親の会社を継いで3年、意外なほど上手く行き、会社の事業規模を2倍にする事が出来た。それも、全て妻の純子のおかげだと思っている。私にはもったいないほどの女性で、顔も美しくて上品な上に、Eカップの美巨乳でもある。笑った顔が、アナウンサーの夏目三久に似ていると思うのは、夫のひいき目だけではないはずだ。

そんな妻に、苦労や心配ををかけたくない一心で、私はがむしゃらに働いた。多少、妻には寂しい思いをさせてしまったかも知れないが、それでも同年代の平均的なサラーリマンの4倍以上を稼ぐようになったので、そこは大目にみてもらいたいと思う。

そんな風に忙しい日々を送っていたので、子作りはもう少し後にしようと言って、ここまで作らずにきた。でも、仕事も落ち着き、従業員も順調に育ってきているので、私は少しのんびりとして、妻との時間を増やそうと思っていた。

【続きを読む】
[ 2022/06/27 20:33 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁を騙してスワップパーティーに連れて行ったら激怒されたけど、結局ノリノリになった

38歳(私)42歳(夫)結婚13年目で子供のいない夫婦です。
この投稿は主人公認です、若干アレンジしている部分もありますがご容赦下さい。

主人は某自動車会社の研究部門に籍を置いており、私も正社員として仕事を続けているので、生活には余裕があり何不自由ない日々を送っていますが、全てがマンネリ化していて生きがいの様なものを見い出せずにいました。
そんなある日の事でした・・・主人が話しをきりだしたのは。

「今度パーティーがあるんだけど、お前にも来て欲しいんだ」
「パーティー、なんのパーティー?」

【続きを読む】
[ 2022/06/27 17:31 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

■二人目を作ろうと言い始めた嫁の裏垢を見つけてしまって3(転載禁止)

前回の話

私は、想像していた中でも最悪の状況になっていることに、強い危機感を感じている。嫁の裏垢を見つけて以来、こんな事になっているかもしれないという危機感は持っていた。
でも、さすがに際どい画像だけで、実際にプレイに移るようなことはないはずだと信じていた。

嫁は、顔中精液まみれになっている。髪や首筋、むき出しの胸や卑猥なメイド服にまでかかってしまっている。私は、他の男の精液にまみれている嫁を見て、危機感だけではなく興奮も感じていた……。


【続きを読む】
[ 2022/06/27 13:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ひょんなことから職場の同僚の女性(人妻)とメール交換が始まった

5年前のこと、ひょんなことから職場の同僚の女性とメール交換が始まった。

30代前半にしてバツイチになってしまった俺は、女性不信に陥っていてやけっぱちな状態で、このメール交換が後々まで続く関係になるとは思ってなかった。

彼女は既婚で子無し、数年前から知ってはいたが、職場の華みたいな女性で、正直俺なんかには目もくれないだろうって思っていた。

【続きを読む】
[ 2022/06/27 12:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

父が出張でいないので、僕が母の恋人役です

僕と母のことについて語ります。

僕は一人息子で27歳です。
母は52歳。
父はサラリーマンで母より7歳年上です。

僕はよく父が出張の時、父の車で母の買い物に付き合わされることがあります。
母は僕と2人きりになると、まるで恋人のよう僕の腕に手をまわして歩いたりします。

【続きを読む】
[ 2022/06/27 08:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

出版しました


kindle出しました


kindle出しました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド