NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた3(オリジナル 転載不可)

前回の話

 佳奈美の顔は、本当に妖艶で淫靡なものになっている。こんな顔をする彼女を、見たことがない。そして、佳奈美が他の男のペニスをくわえるなんて、想像したこともなかった。
 佳奈美は私のことを見つめたままフェラチオを続けている。太くて大きなペニスに、佳奈美の舌がまとわりついている。
 さっき、佳奈美がヒロ君とキスをしたり彼の精液を飲んでしまった時、強いショックは受けた。でも、不思議と嫉妬や怒りの感情はなかった。ヒロ君が、女性に見えていた事も関係しているのだと思う。でも、男らしいイケメンの裕也君のペニスを舐めている姿は、ストレートに不倫をしているように見える。


 強い嫉妬と焦燥感を感じるが、怒りは感じない。私もヒロ君にフェラチオをされているせいかもしれない……。ヒロ君は、私のペニスを根元までくわえ込みながら、バキュームと舌を絡めることを同時にしてくる。
 はっきり言って、めちゃくちゃに気持ちいい。テクニックの違いというのもあると思うが、そもそもの吸引力や舌の動きの力強さがまるで違う気がする。女の子みたいな顔をしていても、男の力強さを兼ね備えている……。
 私は、恥ずかしながらもう射精寸前になっている。
「フフ、パパさん気持ちいい? おチンポカチカチだよ。ちょっと小さいけど、固さは裕也よりも固いよ。こんなので前立腺えぐられたら、すぐところてんしちゃいそう」
 ヒロ君は、発情したような顔で言う。その表情に、強い興奮を感じる。彼は、髪型も少し長め程度で女の子っぽくはない。顔立ちはよく見ると美少女と言っても良い感じだが、メイクなんかはしていないのでやっぱりイケメンという雰囲気だ。それなのに、私の目には彼は女の子にしか見えない。仕草や口調、目つきなんかがそう思わせるのだと思う。私のペニスを見る目は、発情した牝に見える……。

「パパも、興奮してるんだね。フフ、パパのも浮気になるのかな?」
 佳奈美は、妖艶な笑みを浮かべて言う。でも、会話をしている最中も、裕也君のペニスを指でまさぐり続けている。
「気持ちいいです。佳奈美さんの舌、すっごく気持ちいい」
 裕也君も、興奮しきった顔だ。そのまま、パートナーが入れ替わったフェラチオが続く。でも、私が先に限界に達してしまった。慌ててイキそうだと告げてペニスを抜こうとする。でも、ヒロ君は嬉しそうにフェラチオを続けてくれる。動きも早くなった。私は、強烈なバキュームにうめきながら、あっけなく射精をしてしまった……。
「ん〜っ」
 ヒロ君は、可愛らしいような声でうめく。そして、大量に出ている精液をすべて口で受け止めてくれた。ヒロ君は、射精を終えたあともバキュームをしてくる。竿の中に残った精液まで、すべて吸い尽くす勢いだ。
 そして、すべて吸い尽くされると、ヒロ君はすぐに裕也君の横に移動した。裕也君は、佳奈美にペニスをくわえられたまま、ヒロ君のことを見つめている。
 その表情は、妙に悲しそうだ。すると、ヒロ君は口を大きく開けた。裕也君は、ヒロ君の口内を見つめている。ヒロ君の口の中の精液は、溢れそうになっているのがわかる。我ながら大量に出してしまったなと、少し気恥ずかしくなった。

 ヒロ君は、口を閉じると喉を大きく動かして飲み干してしまった。
「あぁ、ヒロ……」
 悲しそうな顔の裕也君。
「飲んじゃったよ。パパさんのザーメン、ビックリするくらい多かった。でも、美味しかった」
 笑顔で言うヒロ君。まるで、裕也君を挑発しているように見える。裕也君は、悲しそうな顔で、
「ダメだよ……他の人の飲んじゃ……」
 と言う。ヒロ君は嬉しそうに彼にキスをした。私の精液が、まだ口に残っているはずだ。それなのに、裕也君は嫌がる気配もなく舌を絡めている。

 私は、二人の性的指向がまるで見えない。何でもありなのかな? と、思ってしまう。佳奈美は、キスを続ける二人を上目遣いで見ながら、熱心にフェラチオを続けている。でも、気がついてしまった。佳奈美は浴衣の隙間に手を差し込んで、小さな動きながらも股間の辺りをまさぐっている。
 他の男のペニスをフェラチオしながらオナニーをする……。佳奈美がそんなことをするなんて、この目で見ているのに信じられない。

 佳奈美は、大きなペニスをくわえ込んでいる。おそらく、舌が動き回っている感じだ。佳奈美のフェラチオは、上手な方だと思う。テクニックうんぬんよりも、一生懸命にしてくれるというイメージだ。
 自分の妻が、他の男のペニスを頬張っている……おそらく、人生最大の一大事の一つだと思う。それなのに、私は佳奈美を止めるどころか異常なほどに興奮してしまっている……。

 キスを続けるヒロ君と裕也君。すると、佳奈美がとろけたような顔で、
「うずいて我慢できないわ……。裕也君のこと、ちょっとだけ貸してもらっても良いかしら?」
 と、ヒロ君に言い始めた。ヒロ君は、嫌がるどころか嬉しそうに、
「良いですよ。いっぱい気持ちよくなってくださいね。私も、パパさんのこと借りても良いですか?」
 と言った。私は、ドキッとしながらも、未知の扉が開くのを感じている。

「良いわよ。男同士なら、不倫じゃないしね」
 佳奈美は、微笑みながら言った。私の意思とは関係なく、話がまとまってしまった。すると、裕也君はコンドームをつけ始めた。いつも持ち歩いているようで、箱ごとカバンから取り出している。
 ヒロ君も、コンドームを一つ手に持つと、私の方に近づいてくる。ヒロ君の後ろでは、裕也君がコンドームを装着し始めている。ヒロ君は、妖艶な笑みを浮かべながら私を見つめている。
 はだけた胸、乳首も見えている。でも、当然のことながらぺったんこだ。女性もののショーツも見えている。勃起したペニスがはみ出していて、不思議な感じがする。でも、見慣れたはずの勃起したペニスが、まったく違うものに見える。勃起したペニスを見て興奮している私は、素質があると言うことなんだろうか?

「パパさん、お願いがあるんですけど……ゴムなしはダメですか? 綺麗にしてあるんで……」
 ヒロ君は、顔を真っ赤にしながらおねだりをしてきた。驚く私よりも先に、裕也君が、
「生ハメなんてダメだよ! 種付けされたいの?」
 と、嫉妬したような顔で叫んだ。
「だって、パパさんの本当に気持ちよさそうなんだもん……。良いでしょ? パパさんなら、病気もないよ。安心して」
 ヒロ君は、興奮したような顔になっている。裕也君は、まだ何か言おうとした。でも、佳奈美がキスをして黙らせてしまった……。裕也君とキスをしている佳奈美……。成り行き上、佳奈美の方が舌を使って激しくキスをしている。裕也君は、ヒロ君のことを目で見つめながら、結局舌を絡ませ始めた。
 佳奈美が裕也君とキスをしている姿は、完全に不倫という感じだ。ヒロ君としている時は、ちょっとレズっぽい感じもあった。でも、今の佳奈美は完全に牝の顔でキスをしている……。

 どうしてこんな事になったのだろう? いくらなんでも、佳奈美は積極的すぎる。私が知らなかっただけで、これが佳奈美の本来の姿なのだろうか?
 私が色々考えてフリーズしているウチに、ヒロ君がまたがってきた。あっと思うまもなく、対面座位で挿入してしまった。
「あぁっ、固いっ、パパさんのおチンポ、やっぱり気持ちいいっ」
 ヒロ君は、いきなりとろけた声を出した。私は、ペニスを手で握られたような感覚になっている。アナルの方が狭そうだとは思っていたが、やっぱり締め付けが強烈だ。

「ヒロ……ダメだよ」
 裕也君は、悲しそうにつぶやく。でも、同じように佳奈美が対面座位でまたがって挿入してしまった。
「うぅっ、大きい……ちょっと、大きすぎるわ」
 ヒロ君とは違い、驚きの声を上げる佳奈美……。私は、他の男のペニスをあっさりと挿入してしまった佳奈美を見て、強すぎるショックを受けていた。

「パパさん、カチカチになってるよ。佳奈美さんが他のおチンポ入れたの、そんなに興奮するの?」
 ヒロ君は、そんなことをささやきながら腰を動かし始めた。ピストンという感じではなく、ある一点にペニスをこすりつけるような動き……。前立腺かわからないが、コリッとしたところに亀頭が当たり続けているのがわかる。

 裕也君が、心配そうな顔で、
「痛いですか?」
 と、佳奈美に聞いている。
「平気……痛くないわ。でも、すごいところまで入ってるみたい……。内臓、ズレちゃったかな?」
 佳奈美は、おどけたように言う。でも、その顔はどう見てもとろけかかっている。
「子宮口に強く当たってますよ。痛くないなら、すごく気持ちよくなるはずです」
 裕也君はそう言って腰を動かし始めた。
「うぅっ、あっ、す、すごいわ……こんな……ンッ、あっ、アンッ」
 佳奈美は、戸惑った顔のままあえぎ始めた。気持ちよさそうではあるが、困惑しているような感じにも見える。

 私の上では、ヒロ君が腰を動かし続けている。まるで機械のように正確に、私のペニスを前立腺に当て続けているようだ。
「ンッ、うぅっ、気持ちいい。パパさんの、ちょうど当たる。私の気持ちいいところに、ぴったり当たってるの」
 ヒロ君は、すでにとろけた顔になっている。私は、リアクションに困ってしまった。ヒロ君のアナルは、めちゃくちゃ気持ちいい。すでに、射精感も湧いてしまっているほどだ。そして、発情したような牝顔……可愛いし、妖艶だ。でも、さっきから私のお腹に、固いものが当たり続けている。
 男同士のセックス……まさか、私がこんな事を経験するなんて夢にも思っていなかった。気持ちいいけど、良いのかな? アブノーマルすぎるのではないかな? と、思ってしまう。

「佳奈美のさんのオマンコ、めちゃくちゃ気持ちいいです。ホント、名器ですね。キツキツでザラザラです」
 裕也君が、本当に気持ちよさそうに言う。裕也君は、佳奈美の身体を抱えるようにしながら腰を突き上げている。激しい動きではなく、ペニスを馴染ませるような感じの動きだ。
 それでも佳奈美は、とても気持ちよさそうにあえぎ続けている。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


■二人目を作ろうと言い始めた嫁の裏垢を見つけてしまって(転載禁止)

最近、嫁が綺麗になったなと感じている。昔から整った顔立ちはしていたけど、息子が幼稚園に入るまでの4年位はメイクをする余裕もなかったし、美容室も妊娠前よりは行く間隔が長くなっていたはずだ。

息子が幼稚園に行くようになって以来、いろいろな面で余裕ができてきたみたいで、以前の綺麗な嫁に戻ってきた印象がある。肩甲骨くらいまでの黒い髪もしっかりとカールがかかっていて、メイクもナチュラルな感じながらもしっかりしている。自分の嫁ながら、本当に美人だなと思う。


【続きを読む】
[ 2022/05/22 23:45 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

僕のEDを治すため、親友に妻の心まで奪わせることにした5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「あぁ、出てる……ケイちゃん、良かった。ちゃんと射精できたね」
 玲奈は、本当に嬉しそうに言う。僕は、強い快感にあえぎながら声が出せない。玲奈は、幸せそうな顔でキスをしてくれた。さっきのように激しいキスではないが、ゆっくりと濃厚に舌を絡めて来る。
 僕は、玲奈と舌を絡めながら強く抱きしめた。玲奈は、嬉しそうな顔になり、さらに舌を絡めてくる。幸せだなと感じながら、しばらくキスを続けた。
「興奮した? イヤじゃなかった? 怒ってない?」


 玲奈は、本当に不安そうな顔で聞いてきた。僕は、怒っていないしイヤでもないと告げる。
「フフ、興奮してたもんね。でも、どうして興奮しちゃうの? やっぱり、焼き餅焼いてるの?」
 玲奈は、不思議という顔で質問してくる。僕自身がよくわかっていないことなので、玲奈が理解できないのは当然だと思う。普通は、自分の大切な人に他人があんなことをさせたら、怒りや嫌悪感を感じるものだと思う。

「赤ちゃん、出来たかな? 出来ると良いね。でも、ここには雅治さんの精液がいっぱいなんだよ」
 玲奈は、自分のお腹のあたりを押さえて、挑発でもするように言う。確かに、玲奈の胃の中には雅治の精液がまだ満たされているはずだ。愛する妻のお腹の中に、他人の精液がある……。そう思うだけで、激しく嫉妬心を抱いてしまう。
「フフ、ケイちゃん興奮してるね。大きくなったよ。出したばっかりなのに、カチカチになってる」
 玲奈は、笑いながら言った。僕は、一体EDとはなんだろう? と、不思議な気持ちになっていた。こんなにも勃起しているのに、急にダメになる。と言うよりも、激しい嫉妬を感じないと、勃起を維持できない。自分がおかしくなってしまったような気持ちになる……。

 玲奈は、僕の下から抜け出すと、勃起したままのペニスを舐め始めてくれた。射精直後のペニスを、舐めて綺麗にしてくれる……。申し訳ないような、嬉しいような複雑な気持ちになる。
「ケイちゃんのも、大きい方だよね……。小っちゃいって思った事なんてないよ。でも、雅治さんの、全然違ったんだ」
 玲奈は、僕を上目遣いで見つめながら言う。その目は妖艶で、ドキドキしてしまう。玲奈が、こんな表情が出来る事に驚いてしまった。優しくて清純な玲奈……僕が変なことにならなければ、おとなしいセックスしか知らないままだったはずだ。
 僕がEDになんてなってしまったばかりに、卑猥なランジェリーを着たり、激しいフェラチオをするようになってしまた。そして、雅治とデートまでさせてしまい、二人はもうセックスする寸前まで来てしまっている……。

 僕は、どう違うのか聞いた。動画で見ているのでわかっているのに、聞かないと気が済まない気持ちになっている。
「う、うん。あのね……長いの。すごく長くて、おへそより上まで来てた」
 玲奈は言いづらそうに答える。玲奈の口から聞かされて、衝撃で言葉が出てこない。
「フフ、血管が浮き出てるよ。そんなに興奮するんだ……じゃあ、もっと話すね」
 玲奈は、僕のペニスを見て嬉しそうに言う。確かに、僕のペニスは勃起しすぎて縦に揺れるような感じになっている。血管も、いつもよりも浮き出ているように見える。
 やっぱり、自分でも自分のこの興奮が理解できない。イヤな気持ちも感じているのに、興奮が圧倒的に上回る。

「あとね、太さも太かったよ。くわえてて、歯が当たっちゃうの。ケイちゃんのは、そんな風にならないのに……」
 比較するようなことを言う玲奈。ゾクゾクするような、挑発的な目で言っている。僕は、そんなに大きかったの? と聞いた。
「うん。全然違うよ。でも、ケイちゃんのでも、充分満足してるよ。大きさなんて、気にしてないよ……」
 玲奈は、そう言って僕のペニスを握ってきた。今頃、頭の中で比較しているのだろな……と、暗い気持ちになってしまう。

「やっぱり、細いね。雅治さんの、もっと太かったよ。あと、固かった。今のケイちゃんのはカチカチだけど、いつもはもっと柔らかいでしょ? 雅治さんのは、今のケイちゃんのよりもカチカチだったよ。あんなので中をかき回されたら、どうなっちゃうんだろう? なんか、少し怖いな……」
 そんな事を言いながら、僕のペニスをゆっくりとしごく玲奈……。ホントに不安を感じているのか、それとも僕を挑発しているだけなのか、判断に迷うような仕草だ。

 僕は、入れて欲しいって思ったの? と、また同じような質問をした。
「うん。思ったよ。でも、それはおちんちんの大きさや固さとは違う話だよ。好きだから入れて欲しいって思った」
 玲奈は、潤んだような瞳で僕を見つめながら言った。嫉妬よりも、強い危機感が湧き上がる。ここで止めないと、取り返しのつかないことになるのではないか? そんな不安で、いても立ってもいられないような気持ちになる。
「ゴメンね、雅治さんの事好きだよ。もう、好きになっちゃった。ケイちゃんがそうして欲しいって言った時は、絶対に無理って思ってたんだ。絶対に、そんな事にはならないって自信もあったの」
 玲奈は、僕のペニスを緩くしごきながら告白を続ける。僕は、止めてくれと叫びそうな気持ちになりながらも、強烈な射精感が湧き上がっている。

 玲奈は、僕の事を見つめたまま、
「今は、その自信はないよ。もう、好きになっちゃったから……。いつも、気がつくと雅治さんの事考えてる」
 と、告白を続ける。
「雅治さんとデートしていると、すごく楽しいの。その時は、ケイちゃんのこと忘れてる……ゴメンね」
 玲奈は、僕のペニスを緩くしごき続ける。こんな弱い刺激なのに、もう射精感が湧き上がってきている。自分でも、EDなんて気のせいだったのかな? と、思うくらいの状況だ。

 僕は、抱かれたいの? と聞いた。
「うん。抱いてもらいたい。雅治さんと、一つになりたい。ケイちゃんのこと、大好きだよ。でも、雅治さんの事も好き。もう、この気持ちはなくならないよ……」
 玲奈は、泣きそうな顔で言う。プレイとして、僕を興奮させるために言っている……そんな感じではなくなってしまった。玲奈は、本気で悩んでいるような顔だ……。
 アイツに抱かれたら、もっと好きになるんじゃないかと聞いた。
「うん。なると思う。今でも大好きなのに、どうなっちゃうんだろう? ケイちゃんよりも好きになったら、どうしたら良い?」
 玲奈は、挑発ではなく本気で心配している顔だ。僕は、想像以上の悪い状況に、呼吸が荒くなる。そして、あっさりと射精をしてしまった……。
「キャッ、えっ? 出ちゃった……ゴメンね、中に出さないと妊娠しないのに……。やり過ぎちゃった。でも、興奮した?」
 玲奈は、急にスイッチを切り替えたように、明るい顔になった。まさか、さっきの告白はプレイとしての言葉だったのだろうか? とてもそうは見えないほど、真に迫った口ぶりだった。僕は、思わずさっきの言葉はウソなの? と、聞いた。
「え? さっきの? おちんちんが大きいって話?」
 玲奈は、キョトンとした顔だ。僕が、好きになったという話だというと、
「どっちも本当だよ。おちんちんも大きかったし、雅治さんの事大好きになってるよ」
 と、明るい顔で言う。挑発するような感じではなく、事実をそのまま伝えているという雰囲気だ。次のデートは約束しているのかと聞いた。雅治からも聞いていないし、動画でもそのことは触れられていなかった。
「してるよ。次の土曜日、朝からデートだよ」
 玲奈は、嬉しそうに言う。無邪気な笑顔で、とても浮気デートをする宣言には聞こえない。僕は、どこに行くつもりなのかと聞いた。
「フフ、ナイショ」
 玲奈は、イタズラっぽく笑うだけだった……。

 次の日、雅治と昼を食べた。
「そう、土曜日約束してるよ。聞いた? 玲奈ちゃんに」
 雅治は、特に動揺もなく言う。もう、玲奈とデートをすることに、抵抗感も罪悪感も感じていないみたいだ。僕は、どこに行くかは聞いていないと言った。
「そっか……。俺の部屋に来たいってさ。一緒に映画とか見ながら、イチャイチャしたいって」
 雅治は、そんな事を教えてくれた。僕は、激しく動揺しながらも、そうなんだと平気の顔で言った。
「最後の確認だけど、良いんだよな? 玲奈ちゃんのこと抱いても」
 雅治は、珍しく真剣な顔で聞いてきた。僕は、玲奈が嫌がることをしなければ、何してもかまわないと答えた。
「了解。動画は? 撮った方が良いのか?」
 雅治は、淡々と質問を続ける。僕は、少しだけ迷ったが、結局うなずいた。
「マジで、オマエって変わってるよな。でも、色々な愛の形があるって事か……」
 雅治は、少しだけあきれたような顔をしながら言った……。

 そして、日々が流れていく。玲奈は、いつも以上にご機嫌に見える。食事を作っている時も、鼻歌交じりだ。そして、就寝の時に、挑発もしてくる。
「土曜日、遅くなっちゃうからご飯食べててね」
 そんな事を言う玲奈に、僕は激しく嫉妬と興奮を感じてしまう。でも、僕の中の意地っ張りな部分がムクムクと頭をもたげ、
「泊まってきたら良いんじゃない?」
 と、言ってしまった。そんな事は、少しも思っていないのに、ついつい言ってしまう……。
「え? 良いの!? じゃあ、そうするね! ありがとう!」
 玲奈は、予想に反して嬉しそうだ。すごく嬉しそうだ……。僕は、今さら引くに引けず、曖昧に微笑んでいた……。

 そして、玲奈がデートに行く前日になった。その夜、玲奈を抱こうとした。嫉妬で気持ちが高まってしまった。
「ダ〜メ。日曜の夜まで我慢しなきゃ。いっぱい聞かせてあげるから、楽しみにしててね。赤ちゃん、作ろうね」
 玲奈は、そう言って僕に背を向けて寝てしまった……。嫉妬が燃え上がり、無理にでもと思った。でも、結局僕は素直に引き下がってしまった……。色々な想像をして興奮しながら、気がつくと寝てしまっていた。よく思い出せないが、イヤな夢を見たような気持ちで目が覚めた。

「おはよ〜。じゃあ、行ってくるね」
 玲奈は、もうすっかりと準備を整えていた。少し大きめのバッグが泊まりを実行することを物語っていて、ドキッとしてしまった。玲奈は、可愛かった。メイクや髪型をしっかりすると、より以上に可愛く見える。下手なアイドルよりもよほど可愛いと思ってしまう。

 玲奈は、明るい笑顔のまま家を出て行った……。今さら後悔しても手遅れなのに、やっぱり後悔をしてしまう。やっぱり、呼び戻そうかな? と、逡巡しながらも、玲奈が泊まるという事を想像しただけで、激しい興奮を感じてしまう。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


電子書籍 kindle出版しました! 不妊に悩む妻と、オタクで童貞の兄が始めた代理子作り



不妊に悩んでいた由紀恵は、夫婦で夫の実家に帰省した。
夫の兄は、内向的で女性とは縁のないような男だったが、由紀恵の頭の中にはある考えが浮かんでいた。

義兄と親密になっていく由紀恵に、夫の不安は大きくなっていくが、それ以上に興奮も大きくなっていき……。

「ごめんね。まだ、お義兄さんの形のままみたい。でも、赤ちゃん産んだら戻ると思うよ」

ほか、高嶺の花だった彼女が私と結婚した本当の理由 収録。



【続きを読む】
[ 2022/05/21 21:01 ] お知らせ | TB(-) | CM(-)

□連帯保証人になった私のせいで、妻がM性感で働くことに(転載禁止)

『ただいま~。良い匂いがする! お腹すいちゃった~』
玄関で、嫁の優花の元気な声が響く。私は、生姜焼きを作りながらお帰りと声をかける。すると、すぐに優花がリビングに入ってきて、カバンとコートをソファに投げるように置くと、私がいるキッチンに入ってきた。

『ごめんね、遅くなっちゃった。最後のお客さんがロングだったから』
そんなことを言いながら、料理を続ける私に後ろから抱きついてくる彼女。私は、お疲れ様と言い、最後にごめんねと謝った。

【続きを読む】
[ 2022/05/21 20:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻が寝取られる横で、同じように男に犯される私

午後のシティホテルの一室。
薄暗い部屋、眼を凝らすと、小さいスタンドがベッドの上の女体、美しい妻の白い裸体、形の良い胸、腹、Wの形にされた脚が浮き上がり微かに見えます、
妻の下腹部には男の顔が埋められたまま、被虐性と嫉妬心、卑猥な想いが、自分のM性の性癖をかき立てます。

【続きを読む】
[ 2022/05/21 17:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※男勝りの姉さん女房と、秘密をかけて麻雀した

嫁と結婚して10年ほど経ち、子供も小学生になった。
一つ年上の嫁は、サバサバした性格と男勝りな性格もあって、米倉涼子っぽい感じだ。
もっとも、あれほどの美人ではないのだけど、俺には過ぎた嫁だと思っている。

体育系の大学で陸上部だった嫁は、今でも細見に見える体の割に筋肉もあり、けっこう良いスタイルだ。
胸は大学の現役時代は小さめだったが、競技を止めて多少太ったのと、子供を母乳で育てたこともあって、けっこう巨乳になった。
ウエストがくびれてての巨乳なので、かなりセクシーだと思う。

【続きを読む】
[ 2022/05/21 13:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

女友達から連絡があって簡単にやれた理由は、彼氏が寝取られ好きだったから

2年ほど前、大学生の頃の話。
ある日、高校の頃の知り合いの女から久々に連絡が来て、いろいろメールで話しているうち、休日に会うことになった。

俺と彼女は当時同じ部活(弓道部)で、親友ってほど仲が良かったわけではないが、志望大学が同じだったこともあり、一時期図書館で一緒に過去問対策したり、よくいろんな相談に乗ったり、乗ってもらったりしていた。

【続きを読む】
[ 2022/05/21 12:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

告られて付き合い始めたJKの母親がエロかったw

あれはまだ私が高校生の時でした。
部活は非常に充実していて楽しい日々を過ごしていたのですが、女子部員の中で結構かわいくて、学校でも人気のある子に告白されたんです。
うれしかったですね。
いちお私も多少はもてていたのですが、結局その子と付き合うことになってしまったんです。

【続きを読む】
[ 2022/05/21 10:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

部長がリビングのソファで熟睡している間、奥さんがセックスを誘ってきた

今日、部長のお宅へお邪魔しました。

そこで、なんと部長の奥様とセックスしてしまったのです。

酔っぱらった部長がリビングのソファで熟睡している間、奥さんがセックスを誘ってきたのです。
ちょっと寝室に来てほしいというので、ついて行くと布団が引いてあり、座るように勧められました。

【続きを読む】
[ 2022/05/21 08:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

■無邪気で可愛い母が、大家さんに寝取られ堕とされてしまった(転載不可)

「ダメです、颯真がいるから、明日のお昼に……」
 母の焦った声が聞こえる。
「声出さなきゃいいだろ? それに、部活で疲れて寝てるんだから、わかりゃしねぇ!」
 直人さんの声も響く。直人さんは、5年前に事故で死んだ親父のいとこのだ。
「ダ、ダメ……起きちゃう」
 母は、苦しげな声だ。リビングに仕掛けた隠しマイクは、二人の声を鮮明に拾っている。


【続きを読む】
[ 2022/05/21 01:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

唇を奪われる妻

群馬県K温泉での出来事です。

私42歳、妻M子40歳。

我々夫婦と同僚夫婦(A氏とK美)と奥様の双子の妹、部下男性二人に女性一人の計8名。

部下の男女は兄妹です。

不景気も有り社員旅行がなくなった為、気の合う仲間だけでの小旅行です。

【続きを読む】
[ 2022/05/21 00:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※嫁に温泉旅館で性感マッサージを受けさせてみた

嫁の千里と結婚して16年、ほとんど喧嘩もする事なく今日まで来た。子供は息子が一人いて、今年から寮のある高校に入ったので、久しぶりに妻と二人の生活に戻った。

息子が中学に入ってからは、ほとんどセックスをしていなかった反動か、週に二回三回とセックスをするようになっていて、嫁もこの歳になってセックスに目覚めてしまったのか、前とは比較にならないくらいに淫乱な女に変った。
とは言っても長年連れ添った相手なので、どうしても刺激が足りないなと思ってしまう事もある。そんな事もあり、最近の二人のセックスは、オモチャを使ったりコスプレをしたりというスパイスをきかせるようになっていた。

【続きを読む】
[ 2022/05/20 23:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

■妻が元彼との動画を隠していた事で始まった寝取られの日々(転載禁止)

「え? そんなのナイショだよ。聞いても、イヤな気持ちになるだけじゃん!」
 妻のさくらが、私の質問にビックリしたような顔で答えた。私は、さくらの初体験のことを質問していた。

 さくらとは、結婚してまだ2年だ。お互いに27歳で、今どきにしては早めに結婚した方だと思う。さくらとの出会いは、趣味のビリヤードだった。一時のブームの時と比べると、競技人口は減っていたが、その分それなりに突ける人間ばかりになって、ブーム終焉も良い面もあるなと思う。


【続きを読む】
[ 2022/05/20 22:32 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

付き合いが長くて飽きてきた彼女を、他の男に抱かせてみたら根本から変えられてしまった

俺は35才。
彼女は27才。
彼女は安め○みに似ていて、ぽっちゃり体型のFカップで典型的なM体質。
俺達の付き合いは長く、もう6年目だ。
彼女の名前を「メグ」としときます。

【続きを読む】
[ 2022/05/20 22:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲ツーリングに行ったら、道の駅で男の娘に話しかけられた6(転載禁止)

前回の話

 ミクちゃんとは、完全に同居するようになった。ミクちゃんはマンションを引き払い、住民票も俺の家に移した。結婚みたいな感じになっていた。
 ミクちゃんは、仕事も辞めて俺の事務所を手伝うようになった。書類作成や、法務局とか役所へのお使いが主な業務だ。事務所のスタッフも、ミクちゃんが男と言うことはわかっているし、俺と恋人関係だと言うこともわかっている。
 それでも変な目で見るようなスタッフはいないので、そこは安心していた。ミクちゃんは、お使いだけではなく、物件を探したり電話対応でもセンスを見せていて、戦力としても考えられるくらいになっていた。


【続きを読む】
[ 2022/05/20 21:34 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※寝取られ掲示板を見ていた俺が、嫁のことを報告する立場になった

昨日、嫁が寝取られた。この掲示板は、以前からたまに見ていたけど、まさか自分が報告側に回るとは夢にも思ってなかった。

俺は28歳のIT土方で、中肉中背のフツメン、ゲームなら記憶にも残らないようなモブキャラタイプ。
嫁の真希は26歳のナースで、身長150センチの小柄な巨乳だ。顔は取り立てて美人でもないが、愛嬌があって可愛らしいと思う。特徴のない俺に比べると、まだキャラが立っていると思う。

結婚してもうすぐ二年なのでもう新婚ではないけど、本当に仲良く毎日過ごしている。そして、小柄な子はエロいという言葉通り、真希はエッチが大好きで、いまだに週に二回も三回もエッチをしている。

【続きを読む】
[ 2022/05/20 20:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

子供きっかけで仲良くなったママ友と温泉旅行で乱交してしまった

最近、私は友人2人と温泉旅行に出かけて来ました。
友人の千佳さんが旅行にでも行きたいね!と言い出したのが始まりです。

私達3人は同い年で、子供が同級生だった事もあり、仲良くなりました。

【続きを読む】
[ 2022/05/20 17:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった

毎年冬が来ると、息子と二人で毎週のようにスキーに行く。そして、温泉旅館にもよく泊まる。小学4年生の息子は、今のところ私とそんな風にスキーに行くのを楽しみにしてくれている。
そのうち、一緒に行ってくれなくなるんだろうなと思うと寂しいが、今はなるべく沢山一緒の時間を過ごしたいと思っている。

寒いところが苦手な妻と、まだ小さい娘はいつも留守番なので、男同士の気楽な旅だ。今回泊まった宿は、かなり山深く秘境の宿といった感じだ。息子も、金田一耕助の映画に出てくるようなロケーションの宿に、妙にテンションが上がっていた。

【続きを読む】
[ 2022/05/20 13:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

他人棒で悶え狂う妻の姿を見てみたい

昔は結構面白かったけど、子供が生まれてからつまらない、、、、
そんな感想を自分の妻に持つ方は多いのでは??
もっと緊張感を持ちたい、、
自分の妻を他の男に抱かせてみては??
そう考える人も居るでしょう、、

【続きを読む】
[ 2022/05/20 12:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

キモい先輩が酔った妻に中出しをした

妻を寝取られた(寝取らせた?)時の事です。

妻は29歳で2歳の子供が1人います。
胸はCカップで、身長は小柄、どちらかと言うと可愛いタイプです。

私にNTR願望があり、色々試してみた中の話です。

【続きを読む】
[ 2022/05/20 10:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

出版しました


kindle出しました


kindle出しました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド