☆マガブロ更新しました!kindle出版しました!

電子書籍を出版しました!
・初めてを捧げてくれた妻には、大きな秘密があった
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・強気で勝ち気な嫁が、しつけられて従順な牝になった6
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・可愛らしい自慢の嫁は、昔ワンコインと呼ばれていた4
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・友人に借金の相談をしたら、嫁を貸し出すことになってしまったー完ー
寝取られ・人妻作品レビューサイトの更新分です。
・お隣の元ヤンの若妻は、意外に経験が少なかった6
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・優しく清楚な妻が、温泉旅行で若者二人に褒められて6
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・NTRマッチングセンター3


[ 2022/11/23 23:50 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

△強気で勝ち気な嫁が、しつけられて従順な牝になった6(姉妹ブログ 転載不可)

前回の話

 ちさ子は、四つん這いのまま大きくアナルを拡げている。まだ、ちさ子が初めてアナルを経験してからそれほど日が経っているわけではない。それなのに、ちさ子のアナルは拡がってしまっている。
 ぽっかりと穴が空いたようになっていて、腸内まで見えてしまいそうなほどだ。今日、初めて会ったような男相手に、なぜここまでしているのだろう? プライドの塊だったちさ子が、こんな事をしていることに驚かされる。
 セクシーなランジェリーを身につけたまま、自ら腸内までさらす姿は、最下層の性奴隷のようだ。


【続きを読む】
[ 2022/12/07 23:52 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※生意気な嫁、しつけ致します(転載禁止 姉妹ブログ)

”生意気な嫁、しつけ致します”
ネットでそんなサイトを見つけた。興味本位で読み進めていくと、勝ち気で生意気な人妻が、貞淑で三つ指を突いてお出迎えをするようになるようだ。
私は、鼻で笑ってしまった。そんなのは、あり得ないと思ったからだ。

うちの嫁も、かなり鬼嫁だ。いくら生意気で勝ち気でも、本当にケンカをすれば男が勝つ。普通はそうだと思う。でも、うちの嫁は柔術の茶帯なので、本当のケンカになっても絶対に勝てないと思う。
そして私は、嫁に完全に尻に敷かれている。嫁の性格は、基本的に優しくて善良だと思う。でも、子育て方法でよく炎上しているバイオリニストの女性のような感じで、サバサバしているを通り越えて男前な感じだ。

【続きを読む】
[ 2022/12/07 13:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

私よりも6cmもアレが大きい元カレに、妻を抱かせてみたくて仕方ない私

私と妻とは社内結婚でした。
妻と結婚してから数年後にわかったことなのですが、妻は私と結婚する以前、取引先の男性と交際していたそうです。
その男性は今も私の会社に出入りしていて、私もよく知っている男性で、身長185cmの長身、なかなかカッコイイ男性です。

【続きを読む】
[ 2022/12/07 12:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

単身赴任から帰ってきたら、嫁は他の男に染められていました

1、帰国
外国での単身赴任を終え一年振りに我が家に戻ってみると、妻は近藤君に調教され肉体とそれに体から発散する雰囲気が大きく変えられていた。

【続きを読む】
[ 2022/12/07 10:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

職場に20歳以上も年下の人妻が転職してきたので寝取ってしまった

私は52歳の×1です。
私の勤める会社の営業課に友美(30歳)がいました。
偶然、お互い同じ時期に転職してきて知り合いました。

【続きを読む】
[ 2022/12/07 08:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻にヒラミニのスカートを穿かせてアダルトショップに行かせた

昨日、嫁と初めての痴漢プレイをしてきました。

夜10時過ぎに自宅から離れたアダルトグッズや本・DVDなどを販売してる店に行ってきました。
先ず私一人で店に入って一通り店内を回ると、10人くらいの男性客がいました。

【続きを読む】
[ 2022/12/07 02:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※嫁が隠していたディルドは元カレのアレだった(姉妹ブログ 転載不可)

玄関のドアが開く音で目が覚めた。寝ずに待っていようと思っていたのに、いつの間にか寝てしまったらしい。
時計を手に取り見て見ると、夜中の3時だった。
意外と早かったなと思いながら、ベッドを出て嫁を出迎えようとすると、いきなり寝室のドアが開いた。

『ごめんね〜。寝てた? 5人もいたから、ちょっと手間取っちゃったw』
嫁はそう言いながら、ベッドに歩み寄ってくる。
嫁は、28歳の専業主婦で、165cm45kgの痩せ型だ。無駄な肉のない、スレンダーな体つきだが、男目線だと”抱き心地の悪そうな体”だ。女性目線では、こういう体が良いらしいが、もう少し肉感的で、胸も大きい方が良いんじゃないかと思う。

【続きを読む】
[ 2022/12/07 01:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

バイクツーリングに旦那に連れられてきた人妻に中出しを決めてみた

ヒロコと出会ったのは僕が27歳、彼女が40歳の時。
バイクツーリングの時に、ヒロコは旦那に連れられて来た。

まだ免許を取って数ヶ月。
まるっきり初心者のヒロコは、みんなに着いて行けずアタフタしていた。

【続きを読む】
[ 2022/12/07 00:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※優しく清楚な妻が、温泉旅行で若者二人に褒められて6(姉妹ブログ 転載不可)

前回の話

 佐江子が、四つん這いで後ろから犯され続けている。アナルに生のペニスを入れられて、とろけきった顔であえぎっぱなしだ。
「本当に、俺の赤ちゃん欲しいの?」
 アナルを犯しながら、裕也が聞く。彼は、本当に佐江子のことを想っていたのだろうか? 何十年も、想い続けていたのだろうか?

「欲しいよ。裕也の奥さんになりたい……全部捨てて、飛び込みたい」
 佐江子は、信じられないことを言う。元カレとの再会で、感情が高ぶっているだけ……そう思っていた。でも、いくらなんでも佐江子の気持ちが高まりすぎていると思う。こんなに短時間で、そこまで思うものだろうか?


【続きを読む】
[ 2022/12/06 23:36 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

NTRマッチングセンター3(マガブロ 転載禁止)

前回の話

 僕は、七菜の言葉に泣きそうになった。僕のペニスは、根元まで入っている。包み込まれる感触もある。でも、七菜は不安そうな顔で、
「本当にに、入ってるよね?」
 と聞いてくる。いくら拡がってしまったとはいえ、入っていることすらわからないなんてあるのだろうか? 僕は、羞恥で顔が真っ赤になっていると思う。

 僕は、入っていると言いながら、画面のことも気にしてしまう。七菜は、本当に気持ちよさそうにあえいでいる。声を我慢することは諦めてしまったようだ。
 膣が拡がってしまうくらいの太いペニス……。痛くないのだろうか? でも、七菜の顔を見ていると、痛いと言うことはないんだろうなと思う。


「まだ興奮してる? それとも、後悔してる?」
 七菜は、僕にまたがったまま質問してくる。僕は、正直に興奮もしているし後悔もしていると告げた。テレビの画面からは、七菜のあえぎ声が聞こえ続けている。
「あっ、あっ、そこ気持ちいいっ、こすれてます。太いのでこすれてますっ」
 七菜は、戸惑いを感じているような顔であえぐ。気持ちよすぎて戸惑ってしまう……そんなことがあるんだろうか?
 秋山さんは、七菜の腰を持ち上げるようして腰を振り続ける。角度がついて、ペニスが膣壁の上側をこすっているような感じだと思う。
 Gスポットの存在は知っている。でも、正直よくわからない。どこにあるのかもわかっていないし、そこを責めようと思ったこともなかった。
 七菜は、オナニーをするときには膣に指を入れていた。自分でGスポットを刺激していたのだろうか? きっと、僕のセックスは物足りないと思っていたんだろうなと思う。

 小柄で童顔な七菜……薄いヘアが、より彼女を幼く見せている。そんな彼女が、こんなマッチングセンターを使って単独男性に抱かれる……しかも、他の人もいる前で。
 七菜も望んでいたことなので、無理矢理させているわけではない。それでも、実際にこんな事をするのが信じられない……。

「ごめんね、はしたない声出してるね。でも、我慢出来ないの。秋山さんの、凄く太くて気持ちいいところにゴリゴリ強く当たっちゃうの」
 七菜は、緩く腰を動かしながら言う。さすがに動かされると、膣肉が絡みつく感覚が強くなる。でも、やっぱり普段の彼女の膣から考えると、緩いと思ってしまう。
 僕は、泣きそうな気持ちのまま、僕のは当たらないの? と聞いた。
「当たってるよ。優くんのも当たってる。奥には当たらないけど、気持ちいいところにはちゃんと当たるよ」
 七菜は、そんな説明をしてくれる。少しホッとする気持ちがあるが、七菜はさらに続けて、
「でも、当たるだけなの。こすってくれないよ。太さが……足りないのかな?」
 七菜は、言いづらそうだ。僕は、悲しい気持ちになりながら、腰を突き上げ始めた。
「あっ、ンッ、どうしたの? ヤキモチ焼いてるの?」
 七菜は、少し驚いた顔で聞いてくる。僕は、黙って腰を突き上げ続ける。七菜は、嬉しそうな顔になるが、すぐに悲しそうに、
「やっぱり、こすってくれないみたい……秋山さんので拡がっちゃったからかな?」
 と言った。正直、悔しい気持ちしかない。でも、少しでも感じてもらいたくて腰を動かし続ける。少し角度を付けてみたりもした。でも、七菜のリアクションはほとんどない。

 画面の中で、七菜は両手で顔を覆い隠すようにしながらあえいでいる。あまりにも声が出てしまうので、恥ずかしがっているようだ。
「あっ、アンッ、アンッ、凄いです、うぅっ、気持ちいい。こんなの初めて。こんなにこすってもらったことないですっ」
 七菜は、追い詰められているような感じもある。そして、両脚がピンと伸びるようになり、
「イクっ、イクっ、うぅあぁっ」
 と、叫んで身体を震わせた。七菜は、すぐに弛緩したように脱力する。でも、秋山さんは抱え上げるようにしたまま腰を動かし続けている。
 Gスポットを集中的に攻めるように、浅めのピストンを繰り返している。

「も、もうイキました。イッちゃいましたっ! うぅあっ、あっ、止めてっ、ストップ、うぅっ、ダメぇっ!」
 七菜は、追い詰められたような声をあげ始めた。でも、秋山さんは腰を動かし続ける。そして、
「次は、奥を責めるよ」
 と言い始めた。七菜は、ハヒィ? みたいな、声になっていない声を漏らした。秋山さんは、七菜の腰をホールドしたまま腰を奥まで突き入れ始めた。
「うぅっ! うぅっ! うぅ〜〜っ!」
 七菜は、あえぎ声ではなくなってうめき声になった。歯を食いしばるようにしながら、うめいている。
「気持ちよさそうだね。奥が感じるなら、きっともっと気持ちよくなれるよ」
 秋山さんは、自信たっぷりに言いながら腰を動かし続ける。ストロークも長く深くなり、七菜のうめき声はどんどん大きくなる。

「ダッ、ダメぇっ! 止めてっ、無理、もう無理ですっ、うぅああぁぁっ!」
 七菜は、悲鳴を上げ始めた。かなり強い快感を感じてしまっているようで、両脚の指先が拡がってしまっている。全身に力も入っているようで、不規則にビクンと跳ねるように動いたりする。

「凄く子宮降りてきてるね。強く当たってるよ。子宮口に入っちゃいそうだ」
 秋山さんは、嬉しそうに言いながら腰を振り続ける。
「ダメっ、無理です、ホントに無理、イッてるの、イッてるのにまたイキそうですっ、うぅああっ!」
 七菜は、ほとんど絶叫だ。僕は、いつの間にか腰を突き上げるのを止めてしまっていた。無意識に、敗北を感じたのだと思う。
 そして、僕の上にまたがっている七菜の膣は、驚くほどキュンキュンと脈動し始めた。七菜を見ると、発情したような顔で画面を見つめている。
 思い出して、身体が反応している? 妊娠したがっている? もう、敗北感しか感じない……・

 僕は、震えるような声で奥は痛くないの? と聞いた。
「……見てわかるでしょ? 気持ちよすぎちゃうくらいだよ」
 七菜は、うっとりとした顔で言う。画面の中では、長くて強いストロークで秋山さんが責め続けている。七菜は、ほとんど泣いているような顔であえぎ、時折悲鳴を上げる。
 それにしても、秋山さんはまったく見た目とは違う。どこにでもいそうな、おとなしい中年だと思っていた。もう、初老の歳なのかも知れない。でも、無尽蔵の体力で腰を動かし続け、もっと感じてごらんと言い続けている。
 経験も豊富のようだ。見た目から判断すると、モテるタイプでもないと思う。

 そんな彼が、七菜を泣くまで責めている。信じられない光景だ。

「いやっ、いやぁ〜っ! イクっ、凄いのっ、こんなの知らないっ、うぅううぁああっ!」
 七菜は、叫びながら腰を痙攣させた。
「凄いね、うねってるよ。一回抜くね」
 秋山さんがペニスを抜くと、ぴゅーっと透明の液体が飛んだ。けっこうな量だ。ペニスを抜くのに合わせて、潮吹きをした? お漏らし? どちらにしても、初めて見る姿だ。
「イヤァ……恥ずかしいです……」
 七菜は、顔を真っ赤にしながら言う。でも、その顔はとろけきっていて幸せそうにも見える。
「どうだった?」
「……凄すぎです……どうなっちゃうのか怖くなって、叫んじゃいました……」
 七菜は、甘えたような声で言う。すっかりと、心を許してしまった牝の顔だ。

「七菜ちゃんは、奥が感じるんだね。若いのに、珍しいよ。普通は、経産婦の人じゃないと痛がるんだよね」
 秋山さんは、嬉しそうに言う。
「そうなんですね……。全然痛くないです。でも、気持ちよすぎちゃって怖かった……」
「じゃあ、奥はもう止めておく?」
「止めないです。その……もっとして欲しいです。今度は、私が泣き叫んでも止めないで……」
 七菜は、恥ずかしそうにおねだりをした。まさかのおねだりに、僕は言葉も出てこない。

僕の上にまたがっている七菜は、身体を僕に預けるように倒れ込んできた。そして、僕の耳元で、
「秋山さんの、凄かったんだよ。最初は圧迫感しか感じなかったのに、突かれるたびに頭の中がスパークするみたいになるの。幸せな気持ちも湧いてきて、顔が微笑んじゃう……」
 と、ささやく。その言い方に、ゾクゾクッとしてしまった。僕を挑発するというか、興奮をさせようとしているようだ。

「じゃあ、四つん這いになって。バックで責め倒してあげるよ」
 秋山さんは、余裕の顔で言う。もう、七菜をコントロール下に置いたという自信が伝わってくるようだ。
 七菜は、すぐに四つん這いになった。スケスケの卑猥なキャミソール姿の七菜……四つん這いになって、彼にお尻を向けている。七菜は、自分でキャミソールをまくり上げると、真っ白なお尻を晒す。

 カメラは、色々なアングルで七菜の卑猥な姿をカメラに収め続けている。こうやって画面で見ていると、七菜がアダルトビデオ女優にでもなったような違和感を感じる。
「じゃあ、おねだりしてみて」
 秋山さんは、穏やかに言う。七菜は、
「は、はい。七菜に、後ろからハメて下さい」
 と、顔を真っ赤にしながら言う。七菜は声が震えてしまっていて、本当に恥ずかしいと思っているんだなと感じた。

「ダメダメ。もっと、男の性欲を直撃するようなこと言ってくれないと」
「そ、そんなの恥ずかしいです」
「恥ずかしがってちゃ、このセンター使う意味ないでしょ? もっと、欲望や願望に正直にならないと」
「わ、私は、彼を喜ばせたくて来てるだけです」
 七菜は、四つん這いでお尻を丸出しのまま言う。
「違うでしょ? いろんなチンポを経験したいんでしょ? 顔見ればわかるよ」
 秋山さんは、楽しそうに言う。七菜は、返事が出来なくなってしまった。
「ホラホラ、早くおねだりしてごらん。口に出すと、もっと気持ちよくなるよ」
「……わかりました。七菜の、オ、オマンコに、大きなおちんちんハメて下さい」
 七菜は、卑猥な言葉を口にした。耳まで真っ赤になりながらも、さらに顔がとろけた感じがする。カメラは、七菜の秘部や顔をアップにしながら、いきり立った秋山さんのペニスもアップにする。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


[ 2022/12/06 23:13 ] NTRマッチングセンター | TB(-) | CM(-)

ママさんバレーで怪我をした妻をたくましい接骨医が治療した

8月の事、バレーボールに出かけた妻(28)が友達に抱えられて帰宅しました。
話を聞くと、スパイクを打ち着地するとき足を取られ、お尻と背中からモロに落ちたらしいのです。
友達が居るときは「大丈夫」と言っていましたが、私と二人になると苦痛な表情を浮かべました。
心配になり服を捲りパンティーをずらしてみると、真っ赤に腫れているように見えました。

【続きを読む】
[ 2022/12/06 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※嫁が出産のために入院中、お義母さんが性欲の処理をしてくれました(姉妹ブログ 転載不可)

嫁のみゆきが二人目を出産するために、少し早めに入院することになり、義母のかおるさんがウチに来てくれることになった。俺は、webの代筆屋みたいなことと、官能小説的なものを自宅で書いているので、別に義母さんにウチに来て頂かなくても、2歳の長男の世話ぐらいは問題ないのだが、
”みゆきが入院したのは、私の貧血が遺伝したからだから、気にしないで”
と言って来てくれた。

もっとも、2歳の長男と一緒にいたいという気持ちが大きいのだと思うが、正直俺は少し緊張してしまうなと思っていた。かおるさんは、凄くいい人なので、別に緊張する必要もないのだけど、やっぱり嫁の母親と一緒に生活するのは、何かと気疲れする。

【続きを読む】
[ 2022/12/06 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁の友達夫婦の3P話を聞いて寝取り寝取られスワッピングに発展した

僕達は30代前半の夫婦です。
結婚して2年近く経つがそろそろ新しい刺激がほしかった頃の出来事。

その日、嫁さん(=K美)が学生時代からの付き合いだった女友達(=E子)と、その旦那さんが家に遊びにきていたのだ。

【続きを読む】
[ 2022/12/06 17:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

電子書籍 kindle出版しました! 初めてを捧げてくれた妻には、大きな秘密があった



息子が一人暮らしを始めたことで、久しぶりに妻と二人きりの生活が始まった。

年下の妻の体力について行けなくなった夫はグッズの力を借りるようになり、しばらくは刺激的な日々を送っていた。

次第に、グッズではなく他人とならどうなるのだろう? と、妄想を始めた夫は、妄想だけでは我慢出来なくなっていき……

扉が開いた先には、妻が隠していた大きな秘密が待っていた。

「パパは、どうしたいの? もう、私の事は諦めてるの?」



【続きを読む】
[ 2022/12/06 14:54 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

私の妻がヤクザの情婦にされてしまった

この前、私は妻から衝撃的な告白を受けました。
 私の妻がヤクザの情婦にされてしまったのです。
 妻は31歳168センチ 肉感的な体をしています。内容は、ある日マンションの回覧を届けに5軒隣の部屋に行った時、その部屋の男に犯されてしまったのです。

【続きを読む】
[ 2022/12/06 14:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

電子書籍 kindle出版しました! いつも強気な姉さん女房の、人に言えない酷い過去



いつも強気で怖い姉さん女房の涼子。夫の部下の研二には、いつもペースを狂わされていた。

40間近で子供も二人産みながらも、いつまでも美しくて若々しい涼子に、研二は真剣に恋心を抱いてしまった。

夫の直道は、加速度的に仲良くなっていく二人を見て、自分でも理解出来ないほどの興奮を覚えていた……。

「こんな風に、アイツとキスするの想像してた?」

NTR使える寝取られサイトでは、色々な話を発表しています。よろしければ、検索してみてください。



【続きを読む】
[ 2022/12/06 13:14 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

※彼女がいない私の友人に、嫁が手でしてあげると言いだした(姉妹ブログ 転載不可)

『そろそろ良い人見つけないと、あっと言う間に40になっちゃうわよ』
嫁の菜々美が、清に言う。結構酔っ払っている感じだ。

今日は、私の高校の時からの友人、清が遊びに来ている。夕ご飯を食べ終えたので、飲んでいるところだ。息子も寝かしたので、3人でゆっくりと飲みながらたわいもない話を続けていた。

清は、温厚ですごくいい男なんだけど、昔から女っ気がない。ルックスがちょっと間延びしている感じで、うどの大木というあだ名がついたりする感じなのもあると思う。もっとも、本人はたいして気にしていない感じで、趣味のプラモデルや写真を撮っていれば、それで幸せと思っているようだ。

【続きを読む】
[ 2022/12/06 13:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

会社の飲み会で、隣がパートの人妻さんだったことで

オレ30になったばかりのサラリーマン。連休前の金曜日飲み会があったんだ。この日は「一人2000円でOKだからパートの人も参加して」って支店長が言ったので全員が参加した。

場所はフツーの居酒屋だったけどオレの隣はパートのH美さんだった。(席順はクジね)H美さんは勤務が15時までだから普段は接する機会があまりないんだけど話をしていると出身が同じO県と分かり俄然盛り上がってきた。

H美さんは乾杯の中ジョッキを飲み干すとワインに替えペースよく飲んでいた。オレはあんまり強くないので「結構強いですネェ~」と言うと「Y君(←オレのことネ)は薄い焼酎水割りか。ま、お互い好きなもの飲も~」とご機嫌だった。

【続きを読む】
[ 2022/12/06 12:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女を寝取られて、自分では何も出来ず、先輩に助けてもらって復讐したビビりな俺

俺は19歳の時大好きな彼女がいた。
名前は理奈にしとく。

理奈は背が小さく、胸はちょっとしかなかったが可愛い子だった。
顔は料理番組で「星三つ」とか言ってるじじいの横に居た子に似てる。
確か「小林麻央」だと思う。

軽く馴れ初めを書いとく。
理奈は中学の先輩の妹で俺の1つ下。
先輩の家に遊びに行った時に俺に会って、まだ小6の理奈が俺に一目惚れしたと後で教えてくれた。

【続きを読む】
[ 2022/12/06 10:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ブサオタの俺と、ちょっと可愛いオタクの彼女の屈折した性癖

一応スペック

彼女:21、Bカップ、顔は普通より少し可愛い、オタク
俺:21、ブサメン、オタク

付き合って2年目。大学で出来た初めての彼女

【続きを読む】
[ 2022/12/06 08:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ベルギーとのクォーターの嫁を持つ友人からスワップのお誘いが

友人夫婦からスワッピングを申し込まれたんです。
友人の奥さんの陽子は、もともと僕の会社での後輩で、男女関係ぬきですごくいい友人でした。

彼女は珍しいことにベルギー人とのクオーターで、170cmほどのすばらしい体格をしており、バストもヒップもゴージャスで、それこそ日本人離れしています。

【続きを読む】
[ 2022/12/06 02:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

出版しました


kindle出しました


kindle出しました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド