NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた2(転載禁止)

前回の話

優花は僕のズボンのファスナーを下ろすと、いつも以上にガチガチに勃起した僕のペニスをしごき始めた。
『いつもより固くなってるね。そんなに興奮しちゃうの? 変なの』
優花は、妖艶な笑みを浮かべながら僕のペニスをしごいてくれる。自分でも驚くほどの快感を感じ、僕はうめいてしまった。画面の中では、優花が宮田さんのシャツのボタンを外し始めていた。そして、シャツもまくり上げると、あらわになった彼の乳首を舐め始めた。
「あぁ、そんな……」
思わず声をあげる宮田さん。優花は、そのまま彼の乳首を舐め始めた。そして、イヤらしい手つきで彼のペニスをしごき続ける。


僕は、優花が風俗嬢やAV女優のように乳首舐めをしながらの手コキをするのを見て、猛烈な嫉妬心を燃やしていた。動画の中の優花は、Tシャツをまくり上げて胸をあらわにしたままだ。そんな状態で、イヤらしい舌使いで乳首を舐める優花は、顔がトロンとしているようにも見える。

『すごい。宮田さんの、もっと固くなった。出そうですか?』
優花は、そんなことを言いながら手コキを続ける。
「で、出そうです。ダメだ……飛び散っちゃいます」
宮田さんは、まったく余裕のない声で言う。僕は、まさかこんなことになるとは思っていなかった。ただ、優花にエッチな格好をさせて、宮田さんが動揺するのを見て楽しむ……。その程度の気持ちだった。
もちろん、少しは優花が襲われてしまうケースも想像はしていた。でも、こんな風に、優花が積極的にエッチなことをするのは想像をしていなかった。

僕の横で動画を見ている優花が、
『……私、エッチな顔になってるね』
と、ボソッと言う。僕は、思わず興奮してたの? と、質問した。
『う、うん。だって、こんなことしてたら興奮しちゃうに決まってるよ』
優花は、少し恥ずかしそうに言う。
「宮田さんと……エッチしたいって思ってたの?」
僕は、画面から目が離せないまま質問した。
『そんなこと考えてないよ! でも、エッチな気持ちにはなってたのかな? ゴメンね』
優花は、そんな風に言う。

画面の中では、宮田さんが必死の顔でイクのを堪えている感じだ。優花は、イヤらしく乳首を舐めながら手コキを続ける。カリ首に指を絡ませながらしごき続ける優花……。
『すごい……本当にカチカチになってる。もう出そうですか?』
優花は、宮田さんのペニスに目が釘つけ状態のまま質問する。
「もうダメです。出ちゃいます。飛び散っちゃうと思います」
宮田さんは、そんな風に言う。さっきから、射精で精液をまき散らすことを気にしているようだ。

すると、優花がいきなり宮田さんのペニスを口にくわえた。
「ダッ、ダメですっ、うぅっ! ごめんなさいっ!」
宮田さんは、謝りながら優花の口の中に射精をしてしまった……。僕はそれを見た瞬間、あっけなく射精をしてしまった。
『キャッ、出たっ。いきなり出たね』
優花は、指を精液まみれにしながら笑顔で言う。画面の中の優花は、
『うぅっ、うぅ~っ!』
と、口内射精を受けながらうめき声をあげ続けている。そして、宮田さんが射精を終えると、すぐにペニスを吐き出して顔を上げた。

慌てる宮田さん。ティッシュを箱ごと優花に手渡した。優花は自分の手の平に宮田さんの精液をダラッと垂らしていく。優花は、カメラに見せつけるような角度でそれをしている。

『フフ。本当にすごい量。おちんちん大きいと、出す量も多いんですね』
優花は、口の周りを精液まみれにしながら言う。僕は、泣きそうな気持ちになっていた。優花が、他人の精液を口の中に受けた……そして、口の周りを精液まみれにしながら微笑んでいる……。
「ごめんなさい。その……すごく気持ち良かったので……」
宮田さんは、バツが悪そうに謝る。優花は、手の平で受け止めた精液を見つめながら、
『すごい量ですね。ちょっと、うがいしてきます』
と言って立ち上がった。そして、移動をする。宮田さんは、慌ててペニスをしまい、シャツのボタンをはめ始めた。

少しして戻ってきた優花。Tシャツも元通りになっている。
『すっきり出来ましたか?』
優花は、イタズラっぽく聞く。
「は、はい。ありがとうございました。その……ご主人には……」
心配そうに言う宮田さん。
『大丈夫ですよ。ナイショにしますから。また、すっきりしたくなったら、いつでも来て下さいね』
優花は、イタズラっぽく言った。そして、何度もお礼を言いながら出て行く宮田さん。少しすると、優花がカメラをとめた。

横にいる優花を見ると、ティッシュで手を拭いている。そして、
『やりすぎだった? 怒ってる?』
と、心配そうに聞いてくる。僕は、怒ってはいないと言ったが、やり過ぎだとは言った。
『でも、たっちゃん興奮してたよね?』
優花は、そんな風に言う。僕は、そんなことはないと言いながらも口ごもってしまった。

『ねぇ、たっちゃん……したい。続けて出来る?』
優花は、顔を真っ赤にしながら言う。僕は、正直まだ興奮がまったく収まっていなかったので、出来ると答えた。
嬉しそうに抱きついてくる優花。僕は、彼女を抱きしめてキスをした。すると、勢いよく舌が絡みついてくる。こんなに積極的なキスをされたのは、記憶にないくらいだ。

荒い息遣いでキスを続ける優花。彼女の手が僕のペニスに伸びてくる。そして、握ると同時にしごき始めた。
『もう固くなってる。ねぇ、入れて欲しい……。我慢出来なくなっちゃった。たっちゃん、来て』
そんな風に言いながらソファに仰向けに寝転がる優花。僕は、彼女の服を脱がせ始める。Tシャツを脱がせると、大きな胸があらわになる。150cmの小柄で童顔の優花なのに、胸は本当に大きい。そのギャップに、いつも興奮してしまう。

そして、短すぎるスカートをまくり上げると、薄いピンク色のショーツに指をかけた。そのまま脱がせていくと、ショーツの大切な部分のシミに気がついた。大きなシミ……。そして、そのまま脱がせると、優花のアソコが丸見えになる。ほとんど無毛のアソコ……。生まれつきらしい。こんな所もロリっぽい。
そして、膣周りはヌラヌラと光るように濡れている。そればかりか、内股もお尻の方も濡れているのがわかる。

「すごく濡れてるんだね」
僕が言うと、
『恥ずかしいよ……早く来て』
と、顔を真っ赤にしながら言う。僕は、そのまま彼女に覆い被さっていく。でも、コンドームをしていないことを思い出し、寝室に移動しようと言うと、
『大丈夫だから。もう我慢出来ない。早く入れて欲しい』
と、うるんだ顔で言う。僕は、そのまま彼女に挿入した。こんな風に、コンドーム無しでセックスをした事はほとんどない。たぶん、2回くらいしかないと思う。

『あぁっ、固いよ、いつもより全然固い』
優花は、嬉しそうに声を漏らす。僕は、いつも以上に絡みついてくる膣肉の快感にうめきながら腰を動かし始めた。

『アンッ、あっ、んぅっ、気持ち良いっ、すごく気持ち良いよ』
優花は、いつも以上に声をあげながらあえぐ。僕は、子供みたいに幼い感じの優花が大きな声であえぐのに興奮しながら、夢中で腰を動かし続けた。気持ちよさそうな顔の優花を見ながら、僕は宮田さんのことを考えていた。
もしかしたら、優花は彼とセックスをしたいと思ったのではないか? そんな想像をしてしまっていた。

「宮田さんの、入れたいって思ったでしょ」
僕は、思わず聞いてしまった。
『そっ、そんなこと……』
優花は、口ごもる。でも、完全に否定しない……。僕は、
「想像したんでしょ。宮田さんとセックスするの、考えてたんでしょ」
と、少しだけ口調を強くして言った。
『ち、違う……そんなこと……』
優花は、苦しげにも聞こえる声で言う。でも、興奮しているような感じもする。

「あの大きなおちんちん、入れてみたいって思ってたでしょ!」
僕は、そんな風に言ってしまった。
『うぅっ、ち、違う、考えてない、うぅあっ、イヤァ』
優花は、目に見えて興奮している感じになった。僕は、嫉妬と焦りでなにも言えなくなってしまった。そして、動きをとめると、優花が体勢を入れ替えてきた。
僕の上に乗る優花。さっきまでの泣きそうな顔からガラッと変わり、小悪魔っぽい顔になっている。
『たっちゃんだって、想像してるんでしょ? さっきよりもカチカチになってるもん。私が宮田さんとエッチするの、想像してるんでしょ?』
優花は、そんな質問をしながら腰をゆっくりと動かし始めた。僕は、なぜか強い快感を感じてしまった。いつものセックスとは比べものにならないほどの快感……。嫉妬や焦燥感も感じているのに、快感も強い……。僕は、完全に優花が宮田さんとセックスをしている姿を想像していた。

『フフ。もっと固くなった。たっちゃんのヘンタイ。私が宮田さんとエッチするの、そんなに見たいんだ』
優花は、楽しそうにも見える顔で言う。そして、腰を前後に揺さぶるように動かし続ける。僕は、まるで握られているような強い快感にあえいでしまう。

『見たい? たっちゃんが見たいって言うなら、しちゃおっかな?』
優花は、まるで僕をいじめるような感じになっている。僕は、
「そんなのダメだよ……」
と、弱々しく言うのがやっとだ。
『ウソ。見たいんでしょ? 正直に言ってみてよ』
優花は、僕の目をまっすぐに見つめながら言う。僕は、まるで催眠術にかかったような感じで、
「……見たい。優花ちゃんが宮田さんとエッチするの、見てみたい」
と、言ってしまった。
『良いよ。見せてあげる。私が他のおちんちんで気持ち良くなっても、嫌いになっちゃダメだからね』
優花は、荒い息遣いのまま言う。相当に興奮しているのが伝わってくる。僕は、搾り取られるように射精をしてしまった……。
『アンッ、出てる。たっちゃんの熱いよ……好き。愛してる。嫌いにならないで』
優花は、さっきまでの小悪魔の顔から、弱気な女の子の顔に変わっている。僕は、強い快感にうめきながらも、彼女にキスをした。

想像以上の展開になってしまった。優花は、本気なのだろうか? 本当に、宮田さんとエッチをするつもりなんだろか? 僕は、想像して興奮しながらも不安で仕方ない。

でも、そのままなにもなく2週間ほど経過した。やっぱり、興奮させるために言っただけだったんだなと思い始めてた頃、動きがあった。

会社から帰ると、テーブルにカレンダーが置いてあった。優花にどうしたの? と、質問すると、
『うん。宮田さんが持ってきてくれたんだよ。来年のカレンダー。早いね。あっという間に一年だね』
と、答えた。僕は、一気に心臓がドキドキし始めた。
「な、何かあった?」
僕は、そんな風に聞くしか出来ない。頭が上手く回らず、言葉が出てこない。
『……うん。たっちゃんが喜ぶこと、あったよ。見たい?』
優花は、少しためらいがちに話をする。僕は、脚が震えるのを感じながら、見たいと告げた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた(転載禁止)

『でも、そんなことして本当に襲われちゃったらどうするの?』
優花は、少し心配そうに言ってきた。僕は、
「イヤ、襲われるって事はないでしょ。宮田さん、そんなキャラじゃないよ」
と、答えた。
『だったら、そんなことしても無駄じゃない?』
優花は、キョトンとした顔で言う。
「宮田さんだからだよ。真面目で優しそうな彼が、どんなリアクションするのか見たくない?」
僕は、そんな説明をした。


『別に見たくないよ。そんなことしたら、ヘンタイって思われちゃうんじゃない? これから、付き合いづらくなるよ』
優花は、心配そうに言う。
「大丈夫だよ。宮田さん、良い人だから」
僕は、そんな風に言った。

嫁の優花は、まだ23歳だ。僕よりも6つ年下だ。できちゃった婚とかでもなく、ごく普通に恋愛して結婚した。僕の働いていた会社にバイトでやってきた彼女と仲良くなり、そのまま結婚に至った感じだ。

優花は、身長150cmで童顔。見た感じ、子供みたいだ。ただ、胸が少し大きめなのでいわゆるロリ巨乳という感じだ。それに人妻属性もついているので、かなりレアなキャラだと思う。

そして、車のセールスの宮田さんとは、もう5年以上の付き合いだ。僕が初めて車を買ったときから、とても良くしてもらっている。35歳の、プロレスとお城巡りが好きな独身貴族だ。
最近、車を買い換える相談をしているので、ちょくちょく資料を持って訪ねてきてくれる。

僕は、宮田さんを誘惑したらどうなるかな? と、優花に言ってみた。最初は、
『そんな、エッチなビデオみたいなことするわけないでしょ。バカ』
と、相手にもされなかったが、何回か話をしているうちにそれなりに乗ってきた。僕は軽いノリで話をしたが、実際はかなり本気だった。寝取られ性癖とまではいかないが、僕には少しそんな性癖がある。

『わかった。じゃあ、着替えるね。ホント、知らないからね』
優花は、そんな風に言ってリビングを出て行った。そして、少しすると戻ってきた優花は、ドキッとするほどの短いスカートと、うっすら乳首が浮いている生地の薄めなTシャツを着ていた。どれも、このために僕が通販で買ったヤツだ。

『ちょっと短すぎるでしょ。それに、ブラ無しはやりすぎだよ』
そんな風に言う優花。スカートの裾を引っぱって引き下げようとしている。そうしないと、少しかがんだだけでパンツが見えてしまいそうな感じだ。

僕は、そんなに目立たないよと言った。
『……ホントに? 知らないからね。襲われたら、たっちゃんのせいだからね』
優花は、渋々納得してくれた。

そして、打ち合わせ通り僕は家を出た。近くの喫茶店に行って時間を潰す計画だ。二人の様子は、後で隠し撮りした動画を見るつもりだ。カメラは、コンセントに刺す分岐タップタイプのヤツだ。

喫茶店で待っている間も、ドキドキしっぱなしだった。優花はあまり乗り気ではない感じだったけど、宮田さんのことはかなり気に入っている。結構、仲も良い感じだと思う。
何かあるんじゃないか? そんな心配もしてしまう。でも、宮田さんは真面目な性格なので、なにもないだろうなと思う気持ちの方が大きい。

僕は、暇つぶしにスマホをいじり続けていた。寝取られ体験談を読んでみたり、浮気告白なんかを読んだりしながら時間を潰していると、優花が本当に浮気をしたんじゃないかと思い始めてしまった。

そして、心配な気持ちのまま時間を潰し続けていると、やっと優花からメールが来た。スタートから、2時間ほど経過している。
意外に早かったような気もするし、遅かったような気もする。僕は、すぐに家に帰った。
「ど、どうだった!?」
僕は、慌てて優花に質問した。優花は、
『そんなに慌てないの。エッチなビデオみたいにはならないよ。でも、少しだけ……フフ。ナイショ』
と、焦らすように言う。僕は、慌ててカメラをパソコンに接続した。そして、接続しながらも優花を観察した。

優花は、見たところなにも変わっていない。服装も乱れていない。でも、乳首は薄く浮き出ているし、座っているのでパンツが丸見えだ。僕は、こんなに見えてしまっていたんだなとドキドキしてしまった。

動画が始まると、なにも映っていない映像が続く。早送りしていくと、動きが出てきた。
「お邪魔します。あれ? ご主人は?」
宮田さんがキョロキョロしながら言う。
『あ、急に仕事入っちゃって。代りに聞いておいてって言われました』
優花は、どこか落ち着かない声で言う。動画でも、はっきりと乳首が浮いているのがわかってしまう。

それを見て、優花は、
『こんなに透けてたんだ……。恥ずかしいな』
と、顔を赤くしながら言う。

「あ、そうなんですね。また、出直しましょうか?」
宮田さんは、そんな風に言う。
『せっかく来てもらったんですから、私が聞きます。それに、もうお茶の用意もしちゃったんで』
優花は、そんな風に言いながらナチュラルに宮田さんを椅子に座らせた。宮田さんは、わかりましたと言って椅子に座る。僕は、この時点で少し違和感を感じてしまった。いつもの彼なら、もう少し遠慮というか、座るまでに時間がかかる気がする。

優花は宮田さんが座ると、キッチンの方に歩いて行く。そして、お茶とお菓子の用意をする。カメラは、かなり広角なので優花も宮田さんも写している。宮田さんは、チラチラと優花の方を見ている。キッチンに立つ優花は、かなりセクシーな姿になってしまっている。
短いスカートに、浮き出た乳首……。宮田さんは、チラチラ気にしているようだ。僕は、今までに感じたことのない感覚になっていた。

自分の妻が、イヤらしい目で見られているかもしれない……。それは、イヤな気持ちの方が大きい。でも、興奮する気持ちも間違いなくある。

画面の中では、優花が紅茶とバームクーヘンを並べていく。
「なんか、いつもすみません。頂きます」
宮田さんは恐縮しながら言うと、紅茶を飲み始めた。優花も席に着き、宮田さんが持ってきた見積もりを見ながらお茶を飲む。

『これって、どっちがおすすめですか?』
優花は、見積もりの話をする。宮田さんは、
「リセールを考えると、こっちです。でも、そんなに差はないと思うので、好きな方で良いと思いますよ」
と、説明をする。よく見ると、説明しながらもチラチラと優花の胸のあたりを見ているように見える。

『そうなんですね。じゃあ、こっちにしちゃおうかな?』
優花は、そんな風に言う。優花の顔は、少し赤い感じがする。恥ずかしがっているのか何なのかはわからないが、いつもとは違う感じだ。

そして、宮田さんの説明や世間話が始まる。優花は徐々に大胆になってきたようで、胸を張ってみたり足を組んでみたりしている。
胸を張るようにすると、よりクッキリと乳首が浮いて見えてしまう。そして、足を組んでいるので、宮田さんからも太ももが丸見えのはずだ。

僕は、正直ドキドキしてしまっている。やり過ぎじゃないか? そんな気持ちになる。そして、会話は続く。少しすると、優花が資料の紙を床に落としてしまった。
「あ、拾います」
宮田さんは、慌てて床に手を伸ばす。そして、資料を掴みながらふと顔を正面に向ける。驚いた顔になり、慌てて顔を背ける彼……。
たぶん、優花のスカートの中が見えてしまったのだと思う。短すぎるスカートなので、本当に丸見えだったはずだ。

すると、僕の隣でパソコンを覗いている優花が、
『……見られちゃってるね。なんか、恥ずかしいな……』
と、耳まで赤くしながら言う。僕は、紙はわざと落としたのかと質問した。
『え? さぁ? ナイショ』
優花は、可愛らし感じで言う。でも、表情が今まで見たことのない感じになっている気がした。小悪魔的というか、ゾクッとするような色気を感じてしまった。

画面の中では、普通の会話が続く。宮田さんも、チラチラと見はするが、それ以上のことは起きそうにない。僕が、現実はこんなものか……と、思い始めていると、動画の中の優花が、
『ごめんなさい。やっぱり、気になっちゃいますよね。慌ててて、ブラつけるの忘れちゃった』
と、おどけるように言った。宮田さんは、かなり慌てた感じで、
「い、いえ、別にその、気になりません!」
と、言った。こんなに慌てた彼は見たことがない。顔も、赤くなっているようだ。

僕の隣で画面を見ている優花が、
『恥ずかしかったんだよ。でも、こういうのが希望だったんでしょ?』
と、恥ずかしそうに言う。僕は、黙ってうなずいた。動画の中では、大慌ての宮田さんが、
「も、もう帰りますね。なんか、すみません」
と、謝り始めた。
『謝らないで下さい。私が悪いんですから。見苦しいもの見せちゃって、ごめんなさい』
優花も謝り始めた。
「見苦しいなんて、全然そんなことないですよ!」
宮田さんは、動揺がさらにひどくなっている。
『本当ですか? 見苦しくないですか?』
優花は、そんな質問をする。
「見苦しいだなんて、むしろ、ありがたいというか、セクシーというか……嬉しいです」
宮田さんは、しどろもどろになっている。このリアクションを見ていると、本当に良い人なんだなと思う。

『じゃあ、このままにしておきますね。バームクーヘン、食べて下さい』
優花は、そんな風に言って自分も食べ始めた。宮田さんは困った顔になりながらも、結局食べ始める。僕は、優花が本当に頑張ってくれたんだなと感謝の気持ちが湧いてきた。でも、同時に強い不安も感じていた。

宮田さんは、照れ隠しでもするように車の説明を再開する。優花は、話を聞きながらも胸を突き出すようにしたままだ。そして、唐突に、
『さっき、パンツ見えちゃいましたか?』
と、聞き始めた。宮田さんは、
「は、はい……丸見えでした」
と、申し訳なさそうに答える。
『興奮しましたか?』
優花は、そんな質問をする。その声は、あきらかにうわずっている。

「……しました。ごめんなさい」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ