自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

詩織は、誰もいない部屋で機械に犯され続けている。アナルと膣に入ったディルド、それが、ファッキングマシーンに接続されていて、一定のリズムで動き続けている。

詩織は、手首足首を連結された状態でひたすらバックで犯されているような状況だ。ずっとうめき声をあげているが、口枷のせいでそれほど大声になっていない。僕は、詩織がうめき続けるのを見ながら、夢中でペニスをしごき始めてしまった。


詩織は、時折勢いよくお漏らしをしている。床は水浸しだ。そして、急にうめき声も出さなくなり、ぐったりと脱力したようになる。気を失ってしまったような感じだ。それでも、ファッキングマシーンは一定のリズムで詩織の膣とアナルを犯し続けている。

僕は、どうして周りに誰もいないのか理解できずにいる。日本で最後に動画を見てから、もう6時間くらいは経っている。その間に、何があったのだろう?

僕は、リアルタイムの隠しカメラ動画を再生しながら、別窓で録画の動画も確認し始めた。僕がいなくなってから、詩織は男の子や眼鏡の大学生風の男とセックスをしていた。途中で隆史くんも混じり、4Pに発展していた。
『もうダメぇっ、イグぅっ!! んおぉおおぉっ! オマンコ壊れるぅッ!』
詩織は、はしたない言葉を叫びながら、セックスに没頭している。男の子達は、代わる代わる射精をする。当然のように、詩織の膣中に注ぎ込んでいる。

僕は、信じられない気持ちになっていた。無邪気で可愛らしい詩織……。僕の前では、明るいところで裸になることもないくらいに恥ずかしがり屋だった。

それが、アナルにも膣にも生ペニスを入れたまま、野太い声であえぎ続けている。こんなにも低い声が出るんだと驚くような、聞いたこともないようなあえぎ声だ。僕は、こんなものを見てしまって、今後結婚生活を維持できるのだろうか? と、不安な気持ちになっている。でも、いきり立ったペニスはさらに固くなっていくし、しごく手もとめられそうにない。

「あぁ、ヤバい出すよ。妊娠させるから」
眼鏡の男性が、興奮気味に言う。真面目そうな見た目から、さほど女性経験が豊富という感じはしない。必死で腰を振っているという感じだ。
『イッてっ! 妊娠させてっ! 初対面のおチンポで、妊娠させてぇっ!』
詩織は、興奮しきった声で言う。こんな風に、中に出されることに強い興奮を感じているみたいだ。詩織の性癖は、完全に歪んでしまっていると思う。倫理観も、歪んでいるとしか思えない。

そして、すぐに眼鏡の男性が詩織の膣中に射精を始めた。詩織は、中に出されると、
『んおぉおおお゛ぉっ!! イグぅっ! オマンコザーメンでいっぱいになっちゃうっ、赤ちゃん出来ちゃうっ』
と、本当に興奮しきった声で言う。こんな声を聞いてしまっては、普段の僕とのセックスではまるで感じていなかったんだなと気が付いてしまう。

「お、お姉さん、僕も出ちゃいますっ」
アナルに入れている方の男の子が、余裕のない声で言う。

『良いよ、出して。おねえさんのケツマンコ、キミのザーメンでいっぱいにしてっ』
詩織は、まだ年端もいかない男の子に、とんでもないことをしてしまっている。僕は、嫉妬の他に、罪悪感や背徳感のようなものも感じていた。

男の子は、あっけなく詩織のお尻の中に射精をしてしまった。詩織は、アナルの中に中出しをされて、のけ反るようになっている。本当に気持ちいいんだなと思う。

すると、隆史くんが男の子達をどかせ、詩織に四つん這いになれと命じる。素直に四つん這いになる詩織。隆史くんは、詩織の膣口をのぞき込んでいる。
「あ~あ、もう、何発中出しされたんだよ。マジで、誰の子かわかんない状態だな」
あきれたように言う隆史くん。
『そんなことないよ。ちゃんとわかってるもん。妊娠したら、それはしゅん君の子だよ。決まってるでしょ?』
詩織は、そんなとんでもないことを言っている。
「いや、それは無理があるでしょ。血液型とかで矛盾するだろ?」
隆史くんが、そんなことを言う。詩織は、
『平気だよ。みんな、しゅん君と同じ血液型だもん』
と、得意気に答える。
「あ、そうなんだ。わざわざ同じ血液型のヤツを集めたんだ」
隆史くんは、ビックリしたような、あきれたような声で言う。

『だって、変な血液型だったら、疑われちゃうでしょ? しゅん君にバレたら、もう終わりだもん。絶対に嫌われちゃう』
詩織は、そんなことを真面目に答える。
「いやいや、疑うも何も、実際にその通りじゃん。しっかし、マジですごいな。ド淫乱もここまで来ると、ただのヤバいヤツだな」
隆史くんが、あきれたように言う。
『しゅん君に嫌われたくないだけだよ』
詩織は、そんなことを言ってくれる。僕は、かなり複雑な気持ちながらも、まだ詩織に僕への愛情があるとわかって、ホッとする気持ちもある。

「でも、チンポ小さいんだろ? それじゃあ、満足できないんじゃない?」
隆史くんは、そんなことを言う。僕は、小馬鹿にされている気持ちになりながらも、今自分がしごいているペニスを見つめた。確かに、小さい……。握ると、手の平でほとんど隠れてしまうくらいだ。もう少し僕のペニスが長ければ、詩織の気持ちいいところを刺激できたのだろうか? もっと夢中にさせることが出来たのだろうか?

『それは……そうだけど。そんなの関係ないもん』
詩織は、そんな風に言う。
「そんなに好きなら、浮気なんてしなければ良いのに」
隆史くんは、もっともなことを言う。
『それは無理だよ。沢山の男の人に、何回も何回も中に出されるのを経験しちゃったら、もう戻れないよ。こんな快感、知っちゃったら最後だよ』
詩織は、なんとなく申し訳なさそうな口調になっている。
「そんなに気持ちいいんだ。なんか、羨ましいな」
隆史くんは、あまり興味なさそうな口調になっている

すると、詩織が隆史くんのペニスをくわえて大きな音を立ててバキュームを始めた。
「なに、まだするの? もう充分でしょ」
隆史くんは、あきれたように言う。
『まだダメ。全然足りないよ』
詩織は、そんな風に言いながらフェラチオを続ける。男の子や大学生に、
『回復したら、すぐ入れて良いからね』
と、興奮した声で言う。すると、男の子の方がすぐに詩織に挿入した。10歳くらい年下の男の子にバックでハメられてしまう詩織。隆史くんのペニスをくわえたまま、うめき声をあげ続ける。

「マジで妊娠するな。さすがにヤバいと思うけどな」
隆史くんは、さすがに引いているような感じだ。詩織は、そのままフェラオを続けながら、バックで犯され続けている。

『大きくなった。ねぇ、隆史の入れても良い? 我慢できなくなっちゃった。キミは、お尻に入れてね』
詩織はそう言って隆史くんにまたがり、当然のように生ペニスを膣に挿入すると、男の子のペニスをアナルに導いていく。

『気持ちいいっ。お尻もオマンコも、気持ち良すぎておかしくなりそう』
詩織は、とろけた声で言う。そして、大学生の男の子を近くに呼び寄せる。彼のペニスをくわえると、全ての穴を塞がれたような形になった。
自分の嫁のこんな姿を見た夫は、どんなリアクションをするものなのだろう? 僕は、ただただ夢中でペニスをしごき続けるばかりだ。

もう一つの画面では、拘束された詩織がファッキングマシーン相手にうめいたり気を失ったりを続けている。男性陣は、どこに行ったんだろう?

そして、詩織は3人の男達に全ての穴に精液を注がれ、失神したようにぐったりとしてしまった。
「じゃあ、それ使ってみようか」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった8(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、まだ子供と言ってもいい歳の男の子に顔射されてしまった詩織を見ながら、2回目の射精をしてしまっていた。あまりの快感に、うめき声が止まらない。
ネットカフェの個室なので、防音なんてあってないようなものだ。僕は、必死で声を殺した。

『ごちそうさま。美味しかったわ』
詩織は、男の子にそんな風に声をかける。
「の、飲んで平気なんですか?」
男の子は、心配そうに聞く。


『平気よ。だって、赤ちゃんの素なんだもの。身体に良いわよ』
詩織は、そう言って顔中にかかった精液を口に集めていく。そして、そのまま全部飲み干してしまう。詩織は、本当に幸せそうな顔で精液を飲み干している。

隆史くんは、興味なさそうにスマホをいじり続けている。本当に、異常な状況になっている。僕が出かけた直後に、自宅でこんなことをしているなんて、この目で見てもまだ信じられない。

『フフ。まだギンギンだね。どうする? 続ける? 少し休憩する?』
詩織は、誘惑するような口調で言う。子供相手に、何をしているんだろう……でも、僕はこの異常なシチュエーションに、激しく興奮してしまっている。詩織が、男達に一方的にやられる姿……それも、興奮する。でも、こんな風に、詩織が主導権を握ってセックスをしている姿は、また違った興奮を感じる。

「もっとしてみたいです」
男の子は、興奮した顔で言う。そのペニスは、まだ天井を向いてそそり立っている。こんな子供に、ペニスの大きさで負けてしまっている僕……。情けない限りだ。

『フフ。じゃあ、入れてみる? オマンコに、その立派なおチンポ入れてくれる?』
詩織は、イヤらしい言葉で誘う。そして、ソファに座ると、穴あきショーツも脱いでしまった。全裸になった詩織。膣口を自分の指で拡げ始める。男の子は、詩織の膣口を凝視している。

『わかる? この穴に、おチンポ入れるのよ』
詩織は、そんな風に言う。男の子は、そのまま身体を押しつけていく。手を添えずに、ペニスを入れようとする彼。勃起しすぎて上を向いているので、上手く入らずに膣口をこすりあげるようになる。
『あんっ。ダメよ、慌てちゃダメ。ほら、ここ。ちゃんと狙ってごらん』
詩織は、興奮した声で言う。すると、男の子は腰で角度を調整しながら、なんとかペニスを入れようとあがく。
『フフ。可愛い。こすれて気持ちいいよ。早くおチンポ入れて欲しいな』
詩織は、本当に心底嬉しそうだ。詩織が幼い男の子好き……そんなことは想像したこともなかった。

「あぁ、おねえさん、上手く入らないよ」
男の子は、少し泣きそうな声だ。必死になっているのが伝わってくる。すると、詩織が少し身体の角度を変えた。スルンと入っていくペニス……。
『うぅあっ、太い。太くて気持ちいいよ』
詩織は、気持ちよさそうな声をあげる。可愛い顔が、快感にとろけている。アイドルになれるんじゃないかと思うくらいに可愛い顔をしている詩織……。でも、今の詩織はアイドルではなくAV女優のようだ。

「おねえさん、すごく気持ちいいです」
男の子は、ペニスを根元まで挿入しながら言う。
『私も気持ちいいわ。ほら、腰動かしてみて。好きなようにしていいからね』
詩織は、優しい声で指示をする。すると、男の子は腰を動かし始めた。ぎこちなく、必死で腰を動かす彼。ピストンと言うよりも、こすりつけているだけに見える。

『フフ。もっと、抜いたり入れたりしてみて』
詩織は、そんな指示をする。男の子は、言われるままにピストン運動に切り替えていく。
『あぁっっ、こすれるぅ、おチンポゴリゴリ来てるよぉ』
詩織は、幸せそうな声をあげる。こんな、犯罪的なセックスをする詩織。でも、本当に幸せそうだ。
「おねえさん、気持ちいいです。また、白いの出ちゃう」
男の子は、すでに余裕のない声で言う。
『まだダメ。もっと、おねえさんのこと楽しませてからよ』
詩織は、そんな風に言う。そして、自分からキスをし始めた。男の子は、夢中で舌を使いながら腰を振る。見ていてわかるほど、ぎこちない動きだ。でも、詩織は男の子にしがみつき、背中をのけ反らせるようにしながらうめいている。

そのまま、男の子とのセックスは続いていく。
『気持ちいいわ。ねぇ、乳首も舐めてくれる?』
詩織は、そんな指示をする。男の子は、腰を動かしながら詩織の乳首を舐め始める。

『あぁんっ、そう、気持ちいいわ。上手よ。もっと強く舐めて』
詩織は、そんな風に指示をする。男の子は、必死で指示に従い続ける。
「おねえさん、ダメぇ、また出ちゃいそうです」
男の子は、泣きそうな顔で言う。
『まだダメよ。もっと楽しませてくれないと、物足りないわ』
詩織は、そんな風に言いながらあえぎ声を出し続ける。僕は、相手が相手だけに、浮気されているという感覚が薄いことに気が付いた。ショックは少ない。でも、詩織が感じてしまっていることに、敗北感のようなものは感じる。

「おねえさん、気持ちいいです。もう、出ちゃう。白いの出ちゃうっ」
男の子は、まるで女の子のような声をあげている。
『まだダメ。中に出しちゃったら、赤ちゃん出来ちゃうわよ。良いの? 赤ちゃん出来たら、大変よ』
詩織は、そんな風に言う。イジワルを言っているような口調だ。
「うぅ、で、でも……もう出ちゃいますっ」
男の子は、そう言って腰の動きをとめた。すると、詩織が両脚を男の子の腰のあたりに巻き付けるようにする。そして、なまめかしく腰を動かし始めた。

「あっ、うぅぅっ、気持ちいい。おねえさん、気持ちいいです。でも、出ちゃいそうです」
男の子は、まったく余裕のない感じの声を出している。
『まだダメ。もっと気持ち良くして』
詩織は、そんな風に言いながらも、なまめかしく腰を動かし続ける。男の子は、正常位の格好で動きをとめている。でも、両脚を巻き付けた詩織が腰を動かし続ける……。まるで、蜘蛛に捕まった獲物みたいになってしまっている。

「詩織ちゃん、そんなセックスしたらトラウマになるって。初めてなんでしょ?」
隆史くんが、さすがに見ていられなくなったのか、そんな声をかける。

すると、詩織は男の子に、
『じゃあ、出して良いよ。でも、僕の精子で妊娠してって言いながら出してね』
と、リクエストを飛ばす。とんでもないことを言ってるなと思いながらも、僕もドキドキしてしまっていた。男の子は、すぐに泣きそうな顔で、
「お、おねえさん、僕のせーしで妊娠して下さい」
と、言った。
『フフ。良いわよ。君の精子で妊娠してあげる。パパ、いっぱい出してね』
詩織はそう言いながらさらに腰を力強く動かし続ける。男の子は、うめきながら、
「おねえさん、出るっ、白いの出るっ!」
と、言って射精を始めた。
『あんっ。凄い、いっぱい出てるわよ。フフ。妊娠させられちゃう』
詩織は、本当に嬉しそうに言う。本気としか思えないような顔だ。僕は、こんな子供に孕ませられてしまう詩織を想像し、激しく興奮してしまう。

詩織は、脚を解いて男の子を解放した。そして、彼をソファに座らせると、その真正面に立つ。ゆっくりと脚を拡げ、
『見て。こんなにたくさん出たよ。赤ちゃんの素がこんなに沢山……。気持ち良かった?』
詩織は、ニヤニヤしながら質問する。
「気持ち良かったです。本当に、妊娠しちゃうんですか?」
男の子は、心配そうな顔で聞く。
『フフ。大丈夫よ。そんな顔しないの。じゃあ、妊娠しないように、中の精子、全部掻き出してくれる?』
詩織は、興奮した声で言う。男の子は、意味がわからないという顔になっている。詩織は、男の子の手を掴むと、手の平をコブシにさせる。そして、男の子のコブシを自分の膣口に押し当てると、一気の挿入してしまった。
隆史くんのコブシと比べると、かなりコブシな男の子のコブシ。それでも、かなりの大きさだ。500mlのペットボトルよりも大きいくらいだと思う。

『うぅあぁ、オマンコ拡がってるぅ。気持ちいいわ』
詩織は、とろけた顔で言う。隆史くんのコブシを入れられてしまったときよりは、余裕を感じるような雰囲気だ。
「あぁ、すごい……こんなの入れて、大丈夫なんですか?」
男の子は、自分のコブシが消えた詩織の膣口を見つめながら、心配そうに質問する。初体験からこんな経験をしてしまっては、性癖が歪むのではないかと心配になってしまう。
『平気よ。気持ちいいわ。それよりも、早く精子を掻き出さないと、妊娠しちゃうわよ』
詩織は、脅すように言う。男の子は、泣きそうな声でどうやったら良いのかと質問した。詩織は、コブシを出し入れしてみなさいと言う。
『さっきのおちんちんみたいにズポズポしてみて』
詩織は、うわずった声で言う。かなり興奮しているのが伝わってくる。男の子は、ゆっくりとコブシを抜き差しし始めた。

『うぅああっ、あっ、気持ちいいっ。君のお手々、ちょうど良いサイズだわ。もっと早く動かして』
詩織は、とろけた声で言う。男の子は、不安そうな顔のままコブシを抜き差しし続ける。詩織は気持ちよさそうにあえぎ続け、そのあえぎ声も余裕のないものに変わっていく。
「気持ちいいですか? おねえさんのココ、キュッて締まってきました」
男の子は、不安そうな顔がなくなっている。楽しそうと言うか、興奮しているような雰囲気だ。彼のペニスも、真上を向くほどいきり立っていて、時折ビクンと縦に揺れるように動いている。

『気持ちいいっ! オマンコイキそうなのっ! もっと強く押しこんでっ!』
詩織は、とろけきった顔で叫ぶ。男の子は、興奮した顔のまま、コブシを力強く抜き差しし続ける。奥に思い切り押し込んでいるような感じが伝わってくる。
『んおぉっ、ぉおおっ! 気持ちいいっ! イッちゃうっ! 小学生にイカされちゃうっ! ひぃっ、うぅっ、あぁあっ! あぁあ゛~~っ!』
詩織は、すっかりと余裕のない顔になっている。すると、隆史くんが男の子の横に来て、
「奥にコリコリしてるのあるでしょ? それ、思いっきり掴んでごらん」
と、指示をする。男の子は、興奮した顔のままうなずいた。

『うぅううう゛っ!! 子宮壊れちゃうっ!』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

詩織は、膣にコブシを入れられたまま、あえぎっぱなしになっている。コブシで子宮を押されたり、握られたりしながらあえぎ続ける詩織。僕は、そんな彼女を見ながら、二回目のオナニーを始めていた。
隆史くんは、
「すごく締まってきたよ。腕千切れそう」
と、驚いたような口調で言う。
『ダメ、止めちゃダメだよ。もっと強く動かして。内蔵、引きずり出るくらい動かして欲しい』
詩織は、意識が半分飛んでいるのではないかと思うような顔だ。


「マジで? 健也達が来る前に、使い物にならなくなるんじゃない?」
隆史くんは、あきれたような声で言う。
『良いの。中途半端にされるのイヤだから』
詩織は、そんな風に言う。

ソファの上に座っている詩織は、セーラー服姿のままだ。ショーツも穴あきのタイプなので、脱いですらいない。そんな状態のまま、コブシで膣を責められている詩織……。僕は、そんな彼女を見ながら夢中でペニスをしごき続けている。もう、僕はまともな判断がつかなくなってしまったのかもしれない。

「よし、行くよ。やめてって言っても、やめないからね」
隆史くんは、そんな風に言うと、腕ごとすごい速さで動かし始める。
『んおぉおおおっ! こ、壊れるっ、オマンコ壊れるっ!』
詩織は、悲鳴のような声をあげ始める。でも、隆史くんはそのまま腕を動かし続ける。
『うぅううっ! うぅうう゛~~っ! もっと、子宮に強くっ! あぁぁあぁあっ! イグッ!! オマンコイグッ!!』
ほとんど絶叫状態の詩織。色白の童顔。清楚で上品なルックスをしている詩織……。でも、詩織は信じられないくらいに顔をグチャグチャにして、はしたない言葉を吐き続けている。

「うわ、スゲぇ。ほらほら、もっと感じなよ」
隆史くんは、しぶきを吹き散らかし始めた詩織を見ながら、手加減なしでさらに動かし続けていく。
『ングぅっ! イグッ! おぉおお゛っ! オマンコ壊れるっ! ダメぇっ! 子宮潰れちゃうっ! ダメぇっ! 止めてぇっ!』
詩織は、ほとんど泣き声になってしまった。でも、隆史くんはさらに動きを加速した感じになる。隆史君の腕の動きにあわせて、ズボズボと変な音が響く。トイレの詰まりを取る器具を使っているような音だ。
「ほらほら、もっとなんでしょ? 子宮、握りつぶしてあげるよ」
隆史くんは、そんな風に言う。その途端、詩織はギャッと言うような、悲鳴をあげ始める。

「ほらほら、もっと強くするよ~」
隆史くんは、楽しそうに詩織の膣中を弄び続ける。他の男に、子宮を握られてしまっている詩織……。僕は、自分の愛する嫁がこんなにも蹂躙されているのに、やっぱり興奮状態が収まらない。それどころか、もうイク寸前になっている。

『アガッ、ガッ、ああぁあぁああ゛ッ、死ぬぅ』
詩織は、白目を剥いてしまっているような顔になってきている。
「うわ、やばい顔。マジで死んじゃう?」
隆史くんは、そんな風に言いながらも、腕をさらに動かし続ける。もう、音が人体が発しているとは思えないような音になってしまっている。

すると、詩織はのけ反り腰を持ち上げるようにしながら、痙攣し始めた。それだけではなく、口から泡を吹いているような感じだ。
「えっ、ヤバっ、マジか、詩織ちゃん、大丈夫!?」
慌てて腕を引き抜き、心配そうに詩織の肩をゆする彼。でも、詩織はそのままソファに横倒しになる。太もものあたりが小刻みに震えている。
「えっと、これ、救急車?」
焦る隆史くん。でも、
『平気。どうしてやめちゃうの? やめないって言ったのに』
と、詩織が不満そうに言う。口の端には、まだ泡のような物がついたままだ。
「マジか……。詩織ちゃん、ヤバいね。淫乱なんてもんじゃないね」
隆史くんは、あきれたような口調で言う。
『そんなことないよ。ただ、少しエッチが好きなだけだよ。でも、こんなになっちゃった。ガバガバになったかな?』
詩織は、膣口を指さしながら言う。詩織の膣口は、腕を抜いた後も拡がったままだ。ポッカリと穴が開いているような、強烈なビジュアルだ。

「平気でしょ。ガバガバになっても、お尻あるじゃん」
隆史くんは、気にもしていない感じで言う。
『そんなのダメだよ。しゅん君にはお尻なんて使えないもん』
詩織は、可愛らしい声で言う。
「え? まだそんなこと言ってるの? て言うか、もうバレてるんじゃない? どこの世界に、子供も産んでないのにそんなガバマンの嫁がいるの?」
隆史くんは、からかうように言う。
『もう! 意地悪言わないでよ!』
詩織は、急に可愛らしくなってしまっている。僕は、正直驚いていた。僕のことが大好き……。詩織の態度からは、そう思える。確かに、一緒にいるときは本当に愛されてるなと感じるし、詩織の行動に疑いを持ったこともない。
この動画は、こうやって見ている今でも現実味がないというか、信じられないくらいだ。

「ホント、旦那さんのこと大好きなんだね。でも、だったらなんでこんなことしてるの? 旦那とすれば良いじゃん」
隆史くんは、そんなことを言う。
『出来るわけないでしょ。こんなのしようって言ったら、嫌われちゃうよ』
詩織は、慌てたような口調で言う。
「ふ~ん。別に、嫌われないと思うけどな」
隆史くんは、そんな風に言う。すると、インターホンが鳴った。詩織は、そのままの姿で玄関の方に移動する。隆史くんは、ソファに座ってスマホをいじり始める。あまり関心がない感じだ。
詩織に対しては、とくに何も感情を持っていない感じで、本当にセフレとしか思っていないのが伝わってくる。僕は、健也君みたいに詩織に感情を持たれるよりも、こんな風にセフレ扱いされる方がショックが大きいのを感じる。

リビングに、詩織が戻ってきた。一人の男の子が後についてきている。どう見ても、若すぎる。高校生? もしかしたら、もっと若いかもしれない。おどおどした感じで不安そうな顔になっている。

「え? 若すぎない?」
隆史くんは、驚いたような顔で言う。
『へへ。美味しそうでしょ』
詩織は、興奮しきった声で言う。そして、男の子をソファに座らせると、キスをし始めた。ビックリしたようなリアクションを取る男の子。詩織は、イヤらしく舌を使い、顔中を舐め回すようなキスをする。

緊張したような感じの男の子に、詩織は痴女のように声をかける。
『気持ちいい?』
男の子は、
「気持ちいいです」
と、緊張した声で答える。
『口開けてみて』
詩織は、そんな指示をする。男の子は、言われるままに大きく口を開けた。詩織は、男の子の口内に唾液を垂らし始める。男の子は、慌ててそれを飲み干していく。
『美味しい?』
詩織は、本当に興奮しきったような声をあげている。僕は、詩織にこんな趣味まであったことに驚いていた。ショタコンとか言うのだろうか? 若すぎる男の子に、強い興奮を感じているようだ。

『じゃあ、私にも飲ませてくれる?』
そんな指示をする詩織。男の子は、おっかなびっくりな感じで詩織と同じように唾液を垂らし始める。詩織は、嬉しそうにそれを飲み干していく。
『美味しい。ねぇ、好きなようにキスしてみて』
詩織は、発情した顔でおねだりをする。すると、男の子は詩織に対してキスをし始めた。ぎこちなく、それでいて必死な感じでキスを続ける男の子。詩織は、舌を突き出したりして男の子を挑発し続ける。

小さな舌が、詩織の舌に絡みついていく。僕は、健也君や隆史くんの時とは違った興奮を感じている。背徳感とか言うヤツなのだろうか? 僕は、夢中でペニスをしごき続ける。

すると、詩織が服を脱ぎ始めた。セーラー服を脱ぎ、上半身裸になると、痩せてる割には大きめな胸があらわになる。昔の写真とは違い、ピンク色ではなく少し濃い感じの乳首。大きさも、かなり大きくなってしまっている。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

詩織の動画を見てしまった僕は、知りたくない現実を知ってしまった。結婚して5年経つが、まさか詩織がこんなにも頻繁に浮気をしているとは想像もしてしなかった。

しかも、妊娠中絶までしていたなんて、ほんの少しも想像したことがなかった。僕は、こんなにも裏切られたような状況なのに、怒りがわくこともなければ、離婚しようという気持ちにもなれていない。それどころか、詩織のことを好きという気持ちにも変化がない。



そしてなによりも戸惑っているのは、詩織が他人棒に狂う姿を見て興奮するようになってしまったことだ。僕のペニスでは与えられないほどの強い快感。それを与えられて半狂乱になって感じる姿……。僕は、それを見てオナニーまでするようになっていた。

僕は、購入した動画で何度もオナニーをしながら、新しい動画が販売されるのを待っていた。でも、急にサイトに繋がらなくなってしまった。販売サイト自体がなくなってしまったようで、検索してもほとんど情報がない。僕は、残念に思いながらも、動画が拡散される事がなくなり、ホッとする気持ちもあった。

詩織は、なにも変わらない感じで日々生活をしている。僕に対する態度も変わらないし、怪しいと感じる部分もない。でも、間違いなく彼らとセックスをしていると思うし、それを見てみたいという気持ちばかりが大きくなる。

そんな中、仕事で出張が決まった。2泊の予定で台湾に行く出張だ。
『じゃあ、私もついていこうかな? 3日も会えないの、寂しいから』
詩織は、本当に寂しそうに言う。僕は、一瞬良いなと思った。でも、まったく違うことも考えてしまった。僕は、同僚と一緒なのでそれは難しいと応えた。でも、実際は僕単独での出張なので、一緒に行くことは問題なく可能だ。
『そうなんだ。気をつけて行ってきてね。女の子のいるお店とかに招待されても、行っちゃダメだからね』
詩織は、本当に心配そうに言ってくれる。でも、自分は散々浮気をしているくせに、よく言えるなと思ったりもする。

僕は、思いついたとおりに、自宅にカメラを設置した。もちろん、隠しカメラだ。僕がいない3日間、必ず自宅に彼らを呼ぶと思ったからだ。

カメラは、コンセントプレート交換タイプのものにした。Wifiでレコーダー部分に接続するタイプで、外出先からもモニタリング出来る機能がある。本来は、ペットの見守りなどに使うタイプのカメラを流用して隠しカメラにしたような感じだと思う。

僕は、それを色々なところに設置した。そして、固定IPアドレスなども使用出来るようにし、外出先からも問題なく視聴出来るようにした。

出発の日、詩織は涙まで浮かべて僕を見送ってくれた。
『電話とかメールしてね。本当に、気をつけて行ってきてね』
名残惜しそうな詩織……。僕は、実際は夕方のフライトなのに、朝早くに家を出た。

そして、駅に向かって歩き始める。同時に、スマホで家の様子をうかがい始める。すると、詩織は着替え中だった。僕は、のぞき見している罪悪感を感じてしまったが、詩織が着替えているのがセーラー服だったことで、やっぱりなと思ってしまった。
詩織は、パンツが見えそうな程短いスカートのセーラー服を着ている。いくら可愛くて童顔な詩織でも、さすがに無理がある感じだ。でも、それがAV女優のようで、妙に卑猥に見える。

僕は、時計を気にする詩織を見て、もう彼らが来るのかな? と、ビックしてしまった。まだ、僕が家を出て10分もしていないのに、よくやるなと思ってしまう。

僕は、通信量のことも気になり、駅前のネットカフェに急いだ。個室ブースに入ると、タブレットの方をカバンから出し、wifiに接続して再度カメラに接続する。

すると、すでに始まっていた。ソファに座っているのは隆史くんだ。すでに全裸になっていて、その前には詩織がひざまずいてフェラチオをしている。
「その制服って、高校の時のヤツなの?」
隆史くんが質問をする。
『うん。そうだよ。こんな短いの、よく穿いてたよね』
そんな風に言いながらフェラチオを続ける詩織。確かに、スカートは短すぎてショーツが丸見えだ。
「詩織、ヤリマンだったからね。でも、まだ全然いけるじゃん。可愛いよ」
そんな風に褒める隆史くん。
『え? 本当に? 嬉しいな。隆史が褒めるなんて、珍しいじゃん』
詩織は、嬉しそうだ。でも、こんな会話をしている間も、手でペニスをしごきながら睾丸を触ったりしている。普段の恥ずかしがり屋な詩織は、どこにもいない。

「褒めてるかな? ヤリマンって言ったのに」
笑いながら言う彼。そういえば、健也くんの姿は見えない。
『まぁ、ヤリマンは本当だからね~。じゃあ、そろそろ入れるね。あっ、今日は危ない日だから、中に出しちゃダメだよ』
詩織は、そんな風に言いながら彼にまたがり始める。
「マジで? 危ないんなら、ゴム付けようか? さすがに、また妊娠したらヤバいんじゃない?」
心配そうに言う彼。
『ヤバいって?』
キョトンとした感じの詩織。
「だって、あんまり堕ろすと妊娠出来なくなるんでしょ?」
隆史くんは、そんな風に言う。
『堕ろさないよ。今度はちゃんと産むもん。だって、次堕ろしたらもう妊娠出来なくなるって言われてるし』
そんな風に言う詩織。
「いや、産むって、マズいでしょ」
隆史くんは、少し動揺している感じだ。
『大丈夫。旦那も隆史と同じO型だよ』
詩織はそう言うと、一気に腰を下ろしてしまった。まだ、ショーツも脱いでいないはずなのに、そのまま入れてしまったような感じだ。
『うぅあっ、太いっ。隆史、やっぱりこのおチンポ一番気持ち良いよ』
詩織は、とろけきった声で言う。そして、隆史くんにキスをしながら腰を動かし始めた。
『うぅっ、ぅっ、んぅ~っ!』
キスをしたままうめくように声をあげる詩織。僕は、チラッと時計を見た。まだ、僕が家を出て1時間程度だ。僕がいない3日間の間に、きっと浮気をすると思っていた。でも、まさか僕がまだ国内にいる間から浮気を始めるとは、想像もしていなかった。

詩織は、セーラー服姿のまま腰を動かし続ける。上下に動かすという感じではなく、ヘソから下だけを前後にグラインドするような動きだ。激しく腰を動かし続ける詩織。本当に、セックスすることだけが目的の浮気という感じがする。

僕は、高速グラインドする詩織の腰を見ながら、異常なほどに興奮してしまっていた。我慢出来なくなってしまった僕は、オナニーを始める。自分のペニスが、今まで感じたことがないくらいに固くなっているのを感じる。

自分の妻の浮気場面……。興奮する要素なんてないはずなのに、僕は今までに感じたことがないくらいの興奮を感じながらオナニーを続ける。

『イクっ、隆史もうイッちゃうっ! おチンポ気持ち良いっ! イクっ! イクっ! うぅうああっっ!』
詩織は、腰をさらに細かく早く動かしながら、のけ反って震える。
「早いって。まだ始めたばかりでしょ? もっと、落ち着こうよ」
隆史くんは、少しあきれたような口調だ。
『だって、気持ち良いんだもん。ねぇ、お尻にも入れて良い? ちゃんと綺麗にしてあるから』
詩織は、媚びるような口調で言う。
「良いよ。ホント、詩織はド淫乱だね」
あきれたような口調の隆史くん。すると、詩織はスッと立ち上がる。そして、彼に背を向けると、また腰を下ろしていく。
「あれ? ローションは?」
隆史くんが質問する。
『平気。中に入れてある』
詩織は、興奮したような口調で言う。そしてそのまま、手も添えずに彼の大きなペニスをアナルに入れていく。
『ンオオォオおっ、おチンポ入ってるぅ』
一瞬でとろけた声になる詩織。画面には、ソファに座る隆史くんの上にまたがる詩織が映っている。セーラー服姿の詩織。写真でしか見たことのない姿だ。スカートが隠しているので、一見ただ隆史くんの膝の上に座っているだけのようにも見える。でも、詩織の顔はこれ以上ないくらいにとろけきっていて、セックスの最中なのが丸わかりの表情だ。

「ヤバい、めっちゃ締める。すぐに出ちゃうよ」
隆史くんは、あまり余裕のない声で言う。詩織は、そのまま腰を上下に動かし始めた。さっきのセックスとは違い、大きく腰を上下に動かす詩織。膣の時とは、楽しみ方が違うのかな? と、感じた。
『ンおぉっ、おぉっ、気持ち良いっ、ケツマンコ気持ち良いのっ!』
詩織は、夢中で腰を上下に動かし続ける。さっきから、隆史くんはなにもしていない。ただソファに座っているだけだ。
「詩織、アナルの方が締まって気持ちいいよね。オマンコ、もうガバガバだからね」
隆史くんは、そんなことを言う。
『だってぇ……。健也コブシとか入れるんだもん。隆史の大っきなおチンポに対抗心燃やしちゃって、大変なんだよ』
詩織は、少しすねたような声で言う。
「マジで? コブシ入るんだ」
さすがに驚く隆史くん。
『うん。最初は全然だったけど、すぐに入るようになっちゃったよ。やっぱり、緩くなってる感じあった?』

詩織は、心配そうな感じで質問する。
「うん。緩くなってる。でも、コブシが入るんなら、仕方ないでしょ」
隆史くんは、素っ気なく言う。僕は、コブシが入るようになったという言葉を聞いて、本当に驚いていた。かなりの拡張をしないと、コブシなんて入らないはずだ。一体、どんな頻度で健也くんと会っているのだろう?

『そうだよね。でも、アナルは気持ち良い? 緩くない?』
詩織は、かなり気にしている。
「アナルは良い感じだよ。て言うか、後でこぶし入れさせてよ」
隆史くんは、そんな風に言う。
『うん。良いよ。入れてみてね』
嬉しそうに言いながら腰を上下に動かし続ける詩織。かなりペースの速いスクワットをしているような感じに見える。

「良いね、気持ち良いよ。そろそろ代わろうか? 疲れたでしょ」
隆史くんが、そんな言葉をかける。
『うん。じゃあ、下からガンガンしてくれる?』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「はぁ? 妊娠させたことあるのかよ?」
健也くんは、ビックリした顔で聞く。詩織から聞いて知っているのに、あえて知らない振りをしているようだ。
「うん。させたことって言うか、詩織ちゃんが中に出せってせがむから」
隆史くんは、事もなげに言う。
「……どうしたんだよ。堕ろしたのか?」
健也くんは、妙に真剣な顔で聞く。


「そうみたいだよ。同意書とかどうしたんだろう?」
隆史くんは、まるで他人事だ。
「ハァ……マジかよ。ホント、どうしようもない淫乱だな」
あきれたように言う健也くん。詩織は、流れちゃったと言っていた。でも、実際はやっぱり堕ろしたようだ……。

「他にも、何人かセフレいるみたいだよ」
隆史くんは、そんな風に告げ口をする。
「アイツ、ヤベぇな。なんか、目が覚めたわ」
笑いながら言う健也くん。僕は、彼が動画を販売し始めたのは、これがきっかけだったのかな? と、思い始めた。

すると、詩織が目を覚ます。
『またコーラで洗ったでしょ~。洗うの大変なんだからね』
詩織は、少しすねたような声で言う。でも、媚びるような感じもある。

「ケツでもするんだろ? ほら、見せてみろよ」
健也くんは、そんな風に言う。すると、詩織が申し訳なさそうな顔で、
『ゴメンね、隆史とキスしちゃった……』
と、謝る。健也くんは、一瞬固まったようになる。でも、
「まぁ、仕方ないよ。もう、するなよ」
と、答えた。でも、言っている言葉とは裏腹に、もうどうでも良いという感じに見える。愛していると言う感情は、消えてしまったのかもしれない。

『うん! わかった! じゃあ、健也も一緒にしよ?』
詩織は、媚びた顔で言う。詩織は、隆史くんとあんなセックスをしたあとでも、健也くんに恋愛感情を持っているようだ。
「うん? わかった」
健也くんは、そんな風に答える。もう、あまり気乗りしていないのが丸わかりだ。

「じゃあ、俺にまたがりなよ」
隆史くんは、そう言ってソファに腰掛ける。射精した直後で、ペニスは少し柔らかくなっている感じだ。
『うん! でも、まず大きくするね』
詩織は、待ちきれないという感じで彼のペニスを握る。そして、彼の乳首を舐めながら手コキを始めた。イヤらしく舌を使い、手の平全体を使ってしごく詩織。多分、風俗嬢とかはこんな感じなんだろうなと思う。

少しすると、隆史くんのペニスは固さを取り戻していく。張り出したカリ首は、そこで雨宿りが出来そうなくらいにクッキリと張り出している。

『フフ。大っきくなった。じゃあ、入れるね』
詩織はそう言って、彼に背を向ける。そして、いきり立ったペニスをアナルに導いていく。一気に腰を下ろすようにすると、あっけなく太いペニスが入ってしまう。ほぐすようなこともしていないのに、大丈夫なのだろうか? 心配する僕の前で、詩織は一気に顔をとろけさせる。
『んおぉおっ! ケツマンコ気持ち良いっ!』
ビックリするほど下品な言葉を口にする詩織。ぼくは、ただただ驚きながらも、とろけきった顔の詩織を見て興奮してしまっている。

僕は、清楚な彼女しか知らない。セックスも恥ずかしがる彼女……。それが今、別人かと思うほどにとろけた顔をさらしながら、アナルに極太ペニスをくわえ込んでいる。

詩織は、すぐに腰を上下に動かし始める。太さも長さも問題にしないくらいに、激しく上下に動く彼女。とろけきった顔……半開きの唇……なによりも、膣からコーラと精液を垂れ流しているのが衝撃的だ。

はっきり言って、詩織はまともな扱いを受けていない。完全に、肉便器扱いだ。それなのに、詩織は気持ちよさそうに、嬉しそうに腰を動かし続ける。
『あぁ、ダメぇ、すぐイッちゃうっ、健也、来て、おまんこに入れてっ』
恋する女の子の顔で健也くんにおねだりをする詩織。健也くんは、ゆっくりと詩織に近づいていく。そして、ペニスを握ると、膣口に押しつける。

隆史くんの程ではないが、十分大きなペニス。それが、一瞬で消える。
『んおおぉお゛っ! おチンポ来たぁっっ! 健也、好きっ! キスしてっ!』
両穴を貫かれ、目を剥くような顔で感じる詩織。健也くんは、詩織にキスをする。すると、詩織はむさぼるように彼の舌を吸う。
健也くんは、あまり気乗りしない感じで舌を絡めながら、腰を動かし始めた。詩織は、彼にきつく抱きつく。そして、さらに舌を絡める。

健也くんは、腰を動かしながらキスを続ける。
『んうぅっ! うぅう゛っ!』
詩織のうめき声が響く。下になっている方の隆史くんも、ゆっくりと腰を動かし始めた。両方の穴を貫かれ、夢中でキスをしている詩織。まだ、セクシーなランジェリーを身にまとったままだ。

見慣れたいつものリビング……。まさか僕がいないときに、二人も男を連れ込んで、こんなにも乱れたセックスをしていたなんて少しも想像したことがなかった。
詩織は、浮気なんてしないタイプだと思っていた。浮気や不倫に、嫌悪感を持っているタイプだと思っていた。
完全に、裏切られた気分だ。それなのに、僕は怒りや嫌悪感を持っていない。こんな状態なのに、嫌いという感情が湧いてこない。

僕は、自分でも不思議に思っていた。そして、それよりも不思議なのは、僕がまた射精しそうになっていることだ。いくらなんでも、興奮しすぎだと思う。自分の愛する妻が、他の男達と3Pをしている……。どう考えても、興奮する要素なんてないと思う。

『イクっ、イクっ、健也、イッちゃうっ! 好きっ! 健也好きっ!』
そんな風に言いながら、またキスをする詩織。隆史くんは、自分の上に乗っている詩織が他の男に愛の告白をしているのに、まるで関心がない様子だ。完全に、セフレとしか思っていないのだと思う。

「イキすぎだろ。マジで淫乱だな」
健也くんは、あきれたように言う。
『だって、健也のおチンポ気持ち良いの』
恥ずかしそうに言う詩織。なにを恥ずかしがっているのだろう? 今さら、恥ずかしがる要素はないと思う。

「隆史の方が気持ち良いんだろ?」
健也くんは、そんな風に言う。でも、あまり嫉妬している感じはない。もう、どうでも良いと思っているのかもしれない。
『そ、それは……。気持ち良いけど、好きなのは健也だよ』
はにかむように言う詩織。
「こんなこと言われてるぜ?」
健也くんは、隆史くんに対してそんな風に言う。
「別に良いよ。俺は、セックス出来れば問題ないし」
隆史くんは、はっきりと言う。妊娠までさせた間柄なのに、少しも恋愛感情はないみたいだ。おっとりしたような感じの彼なのに、サイコパス的なものを感じてしまう。

そのまま、男二人は腰を振り続ける。息も合ってきて、お互いの動きを邪魔せず、ピストン効果を増幅するようになってきている。それに伴って、詩織はまた泣き叫び始めた。涙とよだれで顔をドロドロにしたままあえぐ詩織。
こんなにも深い快感を知ってしまったら、戻れなくなってしまうのも仕方ないかもしれない。僕は、詩織が僕をどう思っているのだろう? と、疑念を感じ始めていた。

好きという気持ちはあると思う。でも、2軍的な感じの感情しかないのではないか? そんな風に思ってしまう。僕は、この期に及んで詩織と別れる気持ちはない。逆に、僕が捨てられてしまうのではないか? そんな危機感すら感じている。

「あぁ、ヤバい。締まりすぎ。出そう」
健也くんは、腰を振りながら余裕のない声をあげる。隆史くんは、まだイキそうな気配はない。
『イッてっ! そのまま中に出してっ!』
詩織は、つい1時間ほど前とは逆のことを言っている。さっきは、本当に危ない日だから外に出してと言っていた。

「いいのか? 危ない日なんだろ?」
健也くんは、質問する。
『良いのっ! 欲しいのっ! 健也、中に出してっ! 妊娠しても良いっ!』
詩織は、涙を流しながら叫ぶ。もう、快感で訳がわからなくなってしまっているようだ。
「よし、出すぞ、本当に中に出すぞ!」
健也くんは、イキそうになって感情が高ぶっている感じだ。
『出してっ! 好きっ! 健也大好きっ!』
詩織は、ほとんど叫ぶような声だ。そして、自分から健也くんにキスをし始めた。健也くんも、イキそうになっているせいか、さっきよりも激しく舌を絡める。そのままスパートをかけるように腰を動かし、詩織の中に射精を開始した。

『うぅあぁ、出てるぅ、健也のザーメン、いっぱい出てるぅ』
詩織は、うっとりしたような顔で言う。本当に幸せそうだ。
「あぁ、スゲぇ出た……」
健也くんは、少し恥ずかしそうに言うと、ペニスを抜いた。コーラや精液でドロドロになっている下腹部……。膣口からは、注がれたばかりの精液が流れ出ている。そして、隆史くんの極太は、詩織のアナルにはまり込んだままだ。

詩織は、グチャグチャの顔のままうっとりとしたような感じになっている。
「ほら、動いてよ」
隆史くんは、まるで空気を読まずにそんな指示をする。詩織は、
『ゴ、ゴメンね、じゃあ、動くよ』
と、素直に腰を動かし始めた。床に両脚を突いた状態で、スクワットみたいに腰を上下に動かす詩織。セクシーなランジェリー姿で、変態スクワットを続ける。カメラに向かって正面を向いてしているので、上下に動くたびに膣口から精液が流れ出てくるのが見える。

……妊娠していないだろうか? 立て続けに2回も中出しされて、平気なんだろうか? コーラで洗ったところで、気休めにもならないと思う。

『んおおぉっ、ゴリゴリ来るよ! 隆史のおチンポ、腸の中ゴリゴリこすってるのっ!』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

『すっごくいっぱい出たね。フフ。ごちそうさま』
詩織は、レースのセクシーなランジェリー姿のまま、妖艶に微笑んでいる。口の周りの精液も舌で舐め取り、口の中のものも全部飲み干してしまったようだ。

嬉しそうに他人の精液を飲み干す詩織……。僕は、そんな姿を見ながら、快感にあえいでいた。僕のパンツの中は、ぶちまけてしまった精液でグチャグチャだ。


僕は、結局手も触れずに射精してしまった。夢精も経験したことがないのに、声も出せなくなるほど強い快感を感じながら、大量に精液をぶちまけてしまった。あまりにも興奮しすぎると、こんな現象が起きるのだろうか?

「ホント、ザーメン好きだよな。ほら、綺麗にしてくれよ」
健也くんは、ペニスを誇示しながら言う。精液や詩織の粘液でドロドロになっているペニス……。詩織は、すぐにひざまずくと、それに舌を這わせ始めた。
イヤがるどころか、嬉しそうにお掃除フェラを始めた詩織。感情のこもったようなお掃除フェラだ。ズズっと音を立て、竿の中に残った精液まで吸い取っているのがわかる。幸せそうに見える顔で、丁寧に舐めて清めていく詩織……。僕にもしないようなことをする彼女に、僕は涙が溢れてくる。

「ホント、チンポやザーメン好きなんだな」
健也くんは、あきれたように言う。
『うん。好きだよ。知ってるでしょ? 健也のおチンポ、本当に気持ち良かったよ』
詩織は、うっとりとしたような声で言う。健也くんは、
「でも、隆史のチンポの方がデカくて気持ち良いんだろ?」
と、焼きもちを焼いているのが丸わかりの声で言う。
『フフ。嫉妬してるの? 可愛い。隆史のチンポは大きいけど、エッチは下手なんだよね。大きさで誤魔化してる感じ。健也が一番だよ』
詩織は、そんな風に言う。僕は、まるっきり自分が蚊帳の外なんだなと思い知りながらも、二人の会話から目を離せないでいる。
「じゃあ、今からアイツ呼べよ。それで、目の前でセックスしてみろよ」
健也くんは、嫉妬にまみれながら言う。
『え? いいの? 久しぶりに回してくれるの?』
詩織は、予想外の返答をする。
「い、いや、そういう意味じゃなくて」
健也くんも、予想外だったみたいで動揺している。でも、詩織はそんな健也くんを尻目に、スマホをいじり始めた。電話ではなく、メッセージのやりとりみたいだ。

『フフ。たまたま近くにいるから、すぐ来るって』
詩織は、嬉しそうに言う。
「マジか……。まぁ、いいけど」
健也くんは、少し動揺が見える。すると、詩織はリビングから出て行こうとする。
「ん? どうした?」
健也くんは、怪訝な顔で言う。
『達也来るなら、お尻も綺麗にしとかないと。ちょっと、休んでて』
詩織は、モジモジと恥ずかしそうに言う。
「え? アナルでもしてるのか?」
達也くんは、ビックリした顔で聞く。
『うん。だって、隆史の大きすぎて、やりすぎるとオマンコヒリヒリしちゃうの』
可愛らしく微笑みながら言う詩織。僕は、ショックを受けながらも、再び痛いほど勃起してしまっていた。

すると、動画が消える。でも、すぐに違う場面が出てくる。映ったのは、トイレのドアだ。健也くんは、映しながらドアを開ける。
トイレに座った詩織が、本当に驚いた顔でカメラを見つめる。
『ちょっ! ちょっと、なに開けてんのっ! バカッ!』
大慌てでドアを閉めようとする詩織。でも、健也くんはドアを開けたまま撮し続ける。
「うわ、スゲぇ出てるじゃん。溜まってた?」
健也くんは、そんな風に言う。でも、カメラはトイレの中までは撮していない。詩織は、本当に慌てた顔で、
『イヤァッ! ダメっ! 撮しちゃダメっ! 恥ずかしいよっ!』
と、叫ぶ。でも、健也くんは撮すのをやめない。
「アイツのために、いつもこんなことしてるのか? て言うか、浣腸しただけで感じてるんじゃないの?」
健也くんは、サディスティックな感じで言う。詩織は、泣きべそをかきそうな顔で、
『うぅ、イジワル……。もう撮らないで……』
と、言う。でも、どことなく顔がとろけかかっているようにも見える。

「ほらほら、力んで。中の出さないと、あとで大変だぞ」
煽るように言う彼。詩織は、泣きそうな顔のまま力み始めた。

「うわ、スゲぇ、太いのでてるぞ」
笑いながら言う彼。
『イヤァ~~ッ! 見ないでっ! 見ちゃダメっ!』
排泄姿を見られ、詩織は泣き顔だ。でも、どうしても声に快感を感じているような甘いものが混じる。

一番恥ずかしい姿を見られながらも、快感を感じる詩織……。僕は、詩織のこの姿が信じられなかった。こんなのは、詩織じゃない! そんな風に叫びたい気持ちになっていた。

動画は、また終わる。場面が切り替わると、固定アングルみたいになってリビングを撮し始めた。そこには、他の男も映っている。なんとなく見覚えがある顔だ。高校時代の動画に映っていた彼だ。

「そうなんだ、久しぶりだね。元気だった?」
彼は、そんな風に健也くんに言う。
「まぁな。隆史は?」
健也くんは、なんとなく居心地が悪そうだ。
「元気だよ。詩織ちゃんがしょっちゅう呼ぶから、いつも疲れ気味だけど」
おどけたように言う彼。詩織は、
『そ、そんなに呼んでないでしょ』
と、恥ずかしそうに言う。
「でも、今週4回目だよ?」
隆史くんは、のんびりしたような感じだ。天然キャラみたいな口ぶりだ。
『うぅ……そんなの良いから、早く始めよ』
詩織は、開き直ったように言う。すると、隆史くんは服を脱ぎ始める。中肉中背という言葉がピッタリくるような身体の彼。でも、だらんと垂れ下がったペニスは、勃起していないのに大きいとわかるレベルだ。

「じゃあ、いつもみたいにして」
隆史くんは、ソファに座って指示をする。健也くんは、とりあえず椅子に座って様子を眺めている感じだ。
『なんか、見られてると恥ずかしいな……』
詩織は、モジモジと恥ずかしそうにしている。過去の乱れた動画を見ている僕には、今さら恥ずかしがっても……と、思ってしまう。

詩織は、いきなり大きなペニスをくわえる。そして、頬がすぼまる。強烈にバキュームをしている感じだ。そのままくわえ込んでいく詩織。大きなペニスが、すっかりと根元まで口内に入ってしまっている。どう考えても、喉の方まで行っていると思う。
『んっ、んぉおっ、おぉえっ、んぉっ』
えずきながらも、深く飲み込んでいる詩織。すると、彼のペニスが強制的に勃起させられていくのがわかる。強制的に開いていく詩織の口。でも、詩織はさらに喉奥にくわえ込んでいく。

詩織は、涙目で深いフェラチオを続ける。イラマチオとか言うヤツかもしれない。詩織は、うめいたりえずいたりしている。吐いてしまうのではないか? そんな心配をするような状況だ。

「もう、大きくなったよ。十分だよ」
のんびりとした口調で言う隆史くん。でも、詩織はさらに激しくイラマチオを続ける。そして、そのまましばらく続けたあと、急に身体をガクガクッと震わせた。
『イッちゃった』
涙目で、口の周りを粘液でドロドロにしたまま言う詩織。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

詩織は、いつも僕と一緒に過ごしているリビングで、躊躇することなく服を脱いでいる。そして、あっという間に下着姿になってしまった。黒のセクシーなブラジャーとショーツ……。僕は、詩織がそんな下着を持っていることを知らなかった。

「うわ、エロ。なに、今はそんな下着付けてんの?」
健也くんは、嬉しそうな声をあげる。
『興奮する? 健也のために買ったんだよ』


詩織は、可愛らしい仕草で言う。まるで、恋人にでも話しているような感じだ。
「マジで? 嬉しいな。て言うか、まだ俺のこと好きなの?」
健也くんは、少し照れくさそうに言う。
『うん。だって、健也優しいし……。あんなことさえなければ、結婚してたかも……』
詩織は、モジモジした感じで言う。
「マジで? 浮気なんて、しなければ良かったよ」
健也くんは、そんな風に言う。
『ホントだよ。今は、付き合ってる子とかいるの?』
セクシーなランジェリー姿の詩織が質問する。
「今はいないよ」
健也くんは、そんな風に言う。
『そうなんだ……。ねぇ、今だけ昔みたいにしない?』
詩織は、恥ずかしそうだ。
「昔って?」
健也くんは、不思議そうな顔で質問する。
『ほら、あれだよ……付き合ってた時みたいにってこと』
詩織は、本当に恥ずかしがっている。
「あ、そう言うことか。OK。詩織、こっちおいで」
急に優しい声で言う健也くん。すると、子犬のように嬉しそうに彼に近づく詩織。詩織は、彼に両手を回して抱きつきながらキスを始めた。いきなり濃厚に舌を絡め始める詩織。カメラは、横から二人のキスを撮し続ける。でも、ブレて見づらい感じだ。

「そんなにガッつくなって。旦那とやってるんだろ?」
健也くんは、そんな風に言う。でも、まんざらでもない感じの様子だ。
『してないよ。全然してないもん。今は、そんな話はなしだよ』
詩織は、そんな風に言いながらキスを繰り返す。僕は、あまりの展開に、理解が追いつかない。二人は、昔付き合っていたのはわかる。そして、別れて最近再会した?
詩織は、どう見ても彼の事を好きだと思っているような感じだし、彼も詩織のことを好きだと思っているように見える。でも、こんな風に撮影をして販売までしているのは、完全に裏切りだと思う。

『好き。健也、会いたかった。好き……大好き』
詩織は、そんな風に言いながらキスを繰り返す。
「なんだよ、だったら、連絡しろって」
健也くんは、そんな風に言いながら舌を絡めるキスをする。
『だって……。私から別れたから……嫌われてるかなって……』
詩織は、モジモジしながら言う。
「なんだよ、詩織らしくないな。あんなに色々やった仲だろ? もっと早く言えば良かったのに」
健也くんは、そんな風に言う。
『うん……。ねぇ、好き? 私のこと、嫌ってない?』
恥ずかしそうに質問する詩織。僕は、胸が引き裂かれそうな気持ちになっていた。詩織が、他の男に好意を抱いている……。そう思うだけで、嫉妬で吐きそうになる。
それなのに、僕のペニスは勃起しすぎて破裂するのではないか? と、思うくらいになってしまっている。

「好きに決まってるだろ。今でもあの頃と同じ気持ちだぜ」
健也くんは、そんな風に言う。すると、詩織は嬉しそうな顔で、
『良かった。大好き。ねぇ、いっぱい気持ち良くするね』
詩織はそう言うと、健也くんの服を脱がせていく。そして、吸い付くように彼の乳首を舐め始めた。時折音を立てながら強くバキュームしたりする詩織。チロチロと、小さな舌が絶え間なく動き続ける。

「あぁ、気持ち良い。相変わらず、上手いな」
健也くんは、気持ちよさそうな声をあげる。詩織は、嬉しそうな顔で彼の乳首を舐め続ける。その動きは、すごく滑らかで、何度も繰り返ししてきたんだなと感じるような動きだ。
詩織は、健也くんの乳首を舐めながら、ズボンも脱がせ始める。そして、あっけなく彼のペニスがむき出しになる。彼のペニスは、太くて反り返った感じになっている。僕の粗末なペニスと比べると、圧倒的な存在感だ。

詩織は、彼の乳首を舐めながら、ペニスをしごき始める。
『フフ。もうカチカチだね。相変わらず、ぶっといおチンポ』
詩織は、嬉しそうに言う。
「隆史のには負けるけどな。そういえば、詩織って隆史のチンポにドはまりしてただろ? アイツとは会ってないの?」
健也くんは、そんな質問をする。
『え? う、うん。たまにね……』
詩織は、言いづらそうに答える。僕は、また殴られたようなショックを受けてしまった。詩織が、他の男と会っていた? 僕は、目の前が暗くなるような気持ちになってしまった。

「マジで? いつくらいから?」
驚く健也くん。
『1年くらい前かな? イオンでばったり会っちゃって……』
詩織はやっぱり言いづらそうだ。
「どれくらいの頻度で会ってるんだよ」
健也くんは、わかりやすく不機嫌になった。嫉妬しているような感じだ。
『週に1回とか2回かな?』
詩織は、そんな風に答えた。
「マジかよ。オマエ、淫乱すぎるだろ。アイツのこと、好きなのか?」
健也くんは、嫉妬を隠そうともせずに質問する。
『好きではないよ。ただ、おチンポがすごいだけだよ……』
詩織は、申し訳なさそうに言う。
「淫乱なのは治んねーんだな。じゃあ、もう会うなよ。俺のチンポで良いだろ?」
健也くんは、対抗心むき出しで言う。僕は、まるっきり存在がないものとされているような気持ちになり、ただただ悲しくなってしまう。

『う、うん。わかった』
言いよどむ詩織。
「会うだろ……。ホント、顔に出すぎだぜ。まぁ、会っても良いけど、キスは俺とだけな」
すねたように言う健也くん。
『フフ。可愛い。わかったよ。もう、隆史とはキスしない』
嬉しそうな詩織。

「……達也とは? やっぱり会ってるのか?」
ボソッと質問する健也くん。
『会ってないよ。前はずっと会ってたんだけど……妊娠しちゃって……。それっきりだよ』
詩織は、とんでもないことを言い始めた。
「え? マジで? 堕ろしたの?」
食い付くように聞く健也くん。僕も、完全に食い付いているような心境だ。

『ううん……。流れちゃったの……』
寂しそうに言う詩織。
「産む気だったのか? て言うか、結婚するつもりだった?」
健也くんは、少し慌てている感じだ。
『うん。私はね。でも、達也は違って……。もう、この話はおしまいね。ほら、おチンポ柔らかくなっちゃってるじゃん!』
おどけたように言う詩織。

僕は、詩織がこんなにもとんでもない秘密を持っていたことに驚いてしまった。確かに、過去は過去だ。誰にでも秘密もあると思う。でも、妊娠流産を経験していたなんて、あまりにもヘビーな秘密だと思う。

「あ、あぁ、悪い。色々あったんだな。詩織、好きだよ」
健也くんは、優しく言いながら詩織の頭を撫でる。詩織は、涙目になりながら頭を撫でられ続けている。

僕は、本当にわからなくなってしまった。健也くんは、詩織のことを好きだとしか思えない。そんな態度だ。それなのに、こんな風に動画を販売して稼いでいる……。健也くんは、ただ詩織を利用しているだけなのだろうか? 

『じゃあ、大っきくするね』
詩織は、そんな風に言ってフェラチオを始めた。柔らかくなったとは言え、太くて長いペニス。それを、飲み込んでいく。バキューム音を響かせながら、熱心に頭を動かし続ける。
『んっ、うぅっ、んおぉおっ、んっ』
えずきそうになりながらも、フェラチオを続ける詩織。彼のペニスは、喉の奥まで届いていると思う。

「あぁ、ヤバい、気持ち良いわ」
健也くんは、気持ちよさそうな声を漏らす。詩織は、必死でフェラチオを続ける。指も伸ばし、乳首や睾丸を触ったりもしている。僕に対しては、一度もしてくれたことのないやり方だ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

動画の中では、上半身裸でジャージを着た詩織が、恥ずかしそうにしている。野球部の部室という感じの部屋の中、まだ幼い感じの残る詩織が、カメラ目線のまま胸を晒している。

「触らせてあげないって、触って欲しいんだろ?」
カメラをもった男性の声が響く。
『そんなことないもん。変なこと言うなら、服着ちゃうよ』
頬を膨らませた詩織が言う。すると、カメラが動く。そして、詩織に近づくと、画面に男性の右腕が映り込んでいく。


そのまま男性の腕は、詩織の胸に近づいていく。そして、おもむろに詩織の乳首をつまみ始めた。乳首がぐにゃっと形を変えるほど強くつまんでいるのがわかる。
『うぅっ、ダメぇ、もっと優しく』
詩織は、そんな声を漏らす。でも、その声は甘い感じにとろけているように聞こえてしまう。
「なに言ってんだよ。こんなに乳首カチカチにしといて、優しくしてはないだろ」
男性は、そんな風に言いながらさらに力を入れて詩織の乳首を握っていく。見ていて心配になるほど乳首の形が変形してしまっている。
『うぅ、ダメぇ、乳首大きくなっちゃうよぉ』
詩織は、泣きそうな声で言う。でも、やっぱりその声は快感を感じているように聞こえてしまう。

「ほら、カメラ持ってろよ」
男性は、そう言って詩織にカメラを渡す。そして、フリーになったもう一方の手で、詩織のもう一つの乳首を摘まみ始める。

『うぅあぁ、ダメぇ、あっ、んっ、あぁっ、うっぅあっ』
詩織は、とうとうあえぎ始めてしまった。両乳首を変形するほど摘ままれたまま、あえぎ始める詩織。
「ほら、気持ち良いんだろ? 良い声出てるじゃん」
男性は、そんなことを言いながら乳首をもてあそび続ける。強く摘まんでいたかと思うと、指の腹で乳首をこすりあげるような動きもしている。
『うぅっ、あっ、気持ち良い。乳首、気持ち良いよ』
詩織は、さっきまでの勝ち気な感じは消え、可愛らしい顔になっている。
「よし、カメラ貸してみな」
男性は、そんな風に言う。そして、カメラを詩織から受け取ると、それをどこかに置いた。カメラは固定アングルになり、詩織と男性の姿が映る。男性は、坊主頭の男の子で、見るからに野球部員という感じだ。

「詩織、自分で乳首触ってろよ」
男の子は、そんな風に命令をすると詩織のジャーズのズボンを脱がせ始めた。詩織は、抵抗することもなく、自分で両乳首を摘まみ始めた。そして、握ったり弱めたりするような指つきで触り続ける。

下半身を脱がされながら、乳首オナニーをする詩織……。僕の知っている詩織は、こんなことをしないはずだ。恥ずかしがり屋で清楚な女の子……。ずっとそうだと思っていた。

男の子は、さっさとズボンを脱がせてしまう。ピンク色の可愛らしい感じのショーツがあらわになる。男の子は、それもさっさと脱がせてしまう。

詩織は、薄汚れた部室の中で全裸になってしまった。すると、男の子はショーツを広げて、
「メッチャ濡れてるじゃん」
と、からかうように言う。でも、詩織は両乳首を夢中でまさぐりながら、
『だって、乳首触るんだもん』
と、とろけた顔で答える。僕は、詩織のそんな顔を見たことがない。僕には見せない顔をさらす詩織……。僕は、過去の映像に嫉妬をしてしまっている。

「それにしても、濡れすぎだろ。こんなにシミになってるじゃん」
男の子は、からかうように言いながらショーツをカメラに向ける。すると、確かにショーツには大きなシミが出来ている。まるで、お漏らしをしてしまったみたいな感じだ。
『恥ずかしいよ……。ねぇ、早く触ってよ。我慢出来ない』
詩織は、焦れたような声で言う。すると、男の子は無造作に詩織の下腹部に手を伸ばす。そして、雑な感じで膣周りをまさぐり始めた。
『うぅあっ、あっ、気持ち良いっ、クリもっと! 皮も剥いてっ!』
詩織は、とろけた声をあげながらそんなおねだりまでする。
「はいはい。マジでエロいな」
男の子はそんな風に言うと、両手で膣口を触り始める。
『うぅっ、あっ、あんっ、気持ち良いっ、もっとっ! もっと強くしてっ!』
詩織は、とろけきった声で言う。男の子は、ひたすら詩織のクリトリスを触り続けているような感じだ。クリトリスの皮を剥く……。そんなおねだりを、されたことはない。と言うよりも、詩織の膣周りを触ったことがない。

「ヤベぇな。あふれてきてるぞ」
男の子は、あきれたように言う。すると、詩織は再び自分の両乳首を触り始めた。
『あぁ、気持ち良いっ。ねぇ、イッてもいい? もうイッちゃう。詩織イッちゃうっ』
詩織は、乳首をめちゃくちゃに触りながらとろけきった声をあげる。僕は、まだ信じられない気持ちだ。こんなのが、詩織のはずがない……。

「まだダメだろ。なに勝手にイコうとしてるんだよ」
男の子はそんな風に言うと、詩織の膣周りから手を引っ込めてしまった。
『ダッ、ダメっ! やめちゃダメっ!』
詩織は、不満そうな声で叫ぶ。そして、右手を伸ばしてクリトリスをまさぐり始めた。そして、あえぎながらオナニーをする。
「待て待て、淫乱すぎるだろ。ほら、変われって。俺のもくわえろよ」
男の子はそう言ってズボンとパンツを降ろしていく。すぐにいきり立ったペニスが姿を現す。大きさも太さも普通の感じだが、見るからに固そうなペニスだ。
『達也だって、ギンギンになってるじゃん。人のこと言えないよ』
詩織はそんな風に言う。本当に楽しそうな感じだ。
「うっせ。良いからしゃぶれよ」
男の子は、照れくさそうに言う。すると、詩織はすぐに男の子のペニスをくわえてしまった。シャワーも浴びていない、恐らく汗臭いペニス……。詩織は、嫌がる素振りも見せずにフェラチオを続ける。

さっきの写真で見たような、内側から頬にペニスを押し当て、頬を膨らませるようなこともしている。そして、ペニスを飲み込んでいき、根元までくわえてしまった。
「あぁ、ヤベェ、上手すぎるだろ。ホント、フェラペットだな」
男の子は、そんな風に言いながらカメラを手に取った。そして、いわゆるハメ撮りのアングルで詩織のフェラチオを撮影し始める。

詩織は、上目遣いでカメラを見ながら、熱心にフェラチオを続ける。カメラを意識してか、舌を絡ませるような動きもしている。小さな舌が、ギンギンに勃起したペニスに絡みつく……。僕は、悪い夢なら醒めてくれと思いながらも、動画から目が離せないでいる。

『達也のおチンポ、爆発しちゃいそうだよ。もうイッちゃうの?』
詩織は、はしたない言葉を口にする。
「バ、バカ、イクかよ。ほら、もう良いからケツ向けろって」
男の子は、動揺したような口調で言う。かなり慌てているような感じがする。

『フフ。ダメ~。今日は、お口に欲しいんだ』
そんなことを言いながら、フェラチオを続ける詩織。
「なんで? おまんこの中に欲しいんじゃないの?」
男の子は、そんなことを言う。僕は、さらにショックを受けてしまった。そんなことを言うと言うことは、日頃から中に出されているのだろうか? 僕ですらしたことがないのに、野球部の男の子は詩織の膣中に射精をしたことがあるのだろうか? 僕は、まだ青臭いような男の子に、強い敗北感を感じてしまった。

『今日は、飲みたいの。ザーメン飲みたいって感じなんだ。喉の奥に、いっぱい出してね』
詩織は、そんなことを言いながらフェラチオの速度を上げていく。ジュポジュポというような、下品な湿った音が響く。

「あぁ、ヤバい。マジで出そう」
男の子は、余裕のない声で言う。本当に、射精寸前になってきているような感じだ。詩織は、くわえたまま何か言う。たぶん、『良いよ、出して』と、言っているような感じだ。
「出るっ、うぅっ、詩織ッ」
男の子はうめくように言いながら詩織の口の中に射精をしてしまった。
『んっ~』
詩織は、口内射精をされても嫌そうな感じになっていない。全部受け止めているような感じだ。

「あぁ、ヤバい。マジでフェラ上手すぎだろ」
男の子は、少し照れくさそうな感じで言う。カメラは、口を閉じたまま笑っている詩織が映っている。精液を口に含んだまま笑う詩織……。彼は、詩織の当時の恋人だったんだろうか?
「口の中見せてよ」
男の子は、そんな風に言う。すると、詩織は口を開けて口内をカメラにさらす。詩織の口の中は、精液があふれそうになっていた。高校生の男の子の射精……量も勢いも凄いのだと思う。

「スゲぇ出た。飲めよ」
男の子は、少し気恥ずかしそうに言う。すると、詩織は口を閉じてゴクンと喉を鳴らすようにして精液を飲み干してしまった。すぐに口を開けて口内を見せる詩織。
『出し過ぎだよ。すっごく濃かった』
詩織は、やっぱり笑いながら言う。楽しそうな雰囲気だ。
「不味くないの?」
男の子は、詩織に質問する。
『別に、不味くはないよ。なんか、エッチな味。ドキドキする』
詩織は、そんな風に答えた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった(オリジナル 転載禁止)

嫁と結婚して5年目に入ったが、まだ新婚の気分が抜けてない。子供を作っていないこともあるかもしれないが、嫁がすごく可愛いからだと思っている。

嫁の詩織は、先月27歳になった。僕の2つ下だ。もともと色白で童顔なので、歳よりかなり若く見られる。昔野球部のマネージャーをしていたせいか、色々と細かいところにも気が付く良い嫁だと思う。

夫のひいき目を抜きにしても、ルックス的にはとても恵まれていると思う。多人数のアイドルグループに交じっても、まったく違和感がないと思う。ただ、ルックスや家事の上手さなんかよりも、甘えん坊な性格がとても良いなと思う。


『しゅん君って、動物に乗れるとしたら何に乗りたい?』
急にそんな質問をしてくる詩織。僕は、
「え? 馬とかってこと?」
と、逆に質問する。
『そうじゃなくて、アリとか鯨とかなんでも』
詩織は、そんな補足をする。
「え? それって、小さくなったり出来るって事?」
僕が質問すると、
『そう、小さくなったり大きくなったり出来るの』
と、さらに補足をする。こんな風に、子供みたいな質問をしてくることが多い。でも、詩織にベタ惚れな僕は、そんなところもたまらなく可愛いなと思う。そして僕は、
「う~ん、鳥とかかな? 鷹とか」
と、答える。すると、詩織は、
『気持ちよさそうだね。どこでも飛んで行けたら、駐車場の心配もないよね』
と、妙に現実的なことを言う。本当に、面白い思考をするなとあらためて思う。ちなみに、詩織は小さくなってハムスターに乗りたいそうだ。そして、白イタチと戦うそうだ。なんか、ネズミとハムスターがこんがらがってるなと思いながらも、僕は楽しい気持ちになって笑った。

そして、一番の楽しみは、やっぱり夜の生活だ。無邪気で子供っぽいところのある詩織は、すごく恥ずかしがりだ。でも、恥ずかしがりながらも、一度火が付くとかなり積極的になってくれる。

ベッドに入り、照明を消してから詩織に抱きつく。すると、詩織もすぐに抱きついてきてくれる。僕は、すぐに彼女にキスをする。詩織は、恥ずかしそうに控えめに舌を絡めてくる。そして、僕は彼女のパジャマを脱がせていく。

薄暗い中で、スリムな体型の割に大きな胸があらわになる。本当は、もっと明るいところで見たいと思うのに、恥ずかしがりな詩織はこんな風に暗い中でしか脱いでくれない。

一緒にお風呂に入るのも恥ずかしがるので、明るいところで彼女の裸を見た記憶がない。でも、少し寂しいなと思いながらも、イスラム教とかで普段全身を隠している女性が、チラッと少し素肌を見せただけですごくセクシーに感じるので、これはこれでありなのかもしれないなと思う。

僕は、詩織の乳首にむしゃぶりつく。
『んっ、あっ、しゅん君、恥ずかしいよ』
こんな暗くても、恥ずかしがる詩織。本当に、可愛らしいなと思う。僕は、彼女の乳首を舐め続ける。すぐに固くなっていく乳首。少し大きめなのかな? と、感じる。でも、僕自身女性経験は片手で足りてしまう程度なので、こんなものなのかもしれない。

僕は、舌で舐めながら指でも空いている方の乳首を触り続ける。
『ンッ、うぅ、あっ、しゅん君、気持ち良い』
控えめな声をあげながら、僕のパジャマを脱がせてくる詩織。僕が上半身裸になると、今度は彼女が僕の乳首を舐めてくる。いきなり強く吸われ、舌も強くこするように乳首に当たってくる。
詩織の舐め方が上手なのかはわからないが、すごく積極的な感じがして嬉しい。僕は、乳首を舐められながら、彼女の乳首を触り続ける。

詩織は、吐息のようなものを漏らしながら、僕の乳首を責め続ける。すると、いきなり僕の股間をまさぐってきた。パジャマの上から、竿を握ってくる詩織。
『しゅん君の、カチカチになってるね』
恥ずかしそうに言う詩織。僕は、すっかりと興奮してしまっている。詩織は、僕のパジャマとパンツを一気に脱がせていく。そして、飛び出たペニスを舐めてきた。

『しゅん君、気持ち良い? いっぱい気持ち良くなって欲しい』
そんなことを言いながら、夢中で舐めてくれる詩織。でも、正直上手ではないと思う。本当に気持ちいいところに舌が当たらないし、歯がよく当たる。女性経験の少ない僕でも、詩織が下手なのはわかる。でも、それは嬉しいことだなと感じる。

詩織も、男性経験が少ないのだと思う。僕が聞いた限りでは、過去に男性と付き合ったことがあるのはたった一人だけだと言っていた。あまり詳しくは聞いていないが、遠距離気味の交際だったので、あまり会えなかったようなことも言っていた。

昔のことを知っても焼きもちを焼いてしまうだけなので聞く気もないが、それだけわかっていれば十分だと思う。

詩織は、僕のペニスをくわえてくる。そして、舌を使いながら頭を前後に動かしてフェラチオをしてくれる。でも、早速歯が当たって軽く痛みが走る。
『ゴメンね。しゅん君の太くて、歯が当たっちゃうの』
詩織は、申し訳なさそうに言う。僕は、太いと言われて自尊心をくすぐられるような気持ちだ。実際、僕のペニスは太めだと思う。ただ、長さは短いというか、標準程度かな? と、思う。

そして、少しすると、
『しゅん君、もう欲しい……入れて欲しい』
と、熱っぽい口調で言ってくる。僕は、彼女のパジャマとショーツを脱がせていく。スッと腰が浮き、脱がせやすくしてくれる詩織……。僕は、彼女の膣口を触ろうとする。やっぱり、そこも愛撫しないと申し訳ないなと思うからだ。でも、詩織は僕の手を握り、
『恥ずかしいよ……それに、もう準備出来てるから……。しゅん君のくわえてるだけで、いっぱい濡れちゃうの……。エッチでゴメンね……』
詩織は、本当に恥ずかしそうに言う。僕は、可愛すぎてたまらないなと思いながら、すぐにコンドームを装着した。そして、詩織に覆い被さって挿入する。
『うぅあっ、しゅん君の入ってきたぁ。好き、しゅん君愛してるっ』
詩織は、感情のこもった声で言ってくれる。僕は、すぐに愛していると言いながら、彼女にキスをした。今度は、先よりも積極的に舌が絡みついてくる。僕は、キスをしたまま腰を振り始めた。

キュゥッと締め付けてくる詩織の膣。今まで経験した女性とはまったく違う感じだ。うねっているというか、搾り取るような感じで脈動しているように思える。入れているだけで、射精感が湧き上がってくるなんて、詩織が初めてだ。

僕は、腰を振りながらキスを続ける。詩織は、うめきながら舌を絡ませてくる。僕は、このままだとまたすぐにイッてしまうな……と、思っていた。もともと、少し早漏気味だった僕は、詩織が相手だともっと早漏になってしまう。詩織が名器なのと、感情が強く作用するからだと思う。

「ゴ、ゴメン、すぐ出ちゃいそう……」
僕は、弱々しく言う。詩織は、
『良いよ、我慢しないで。いっぱい出してくれたら、詩織も嬉しいよ』
と、言ってくれる。それだけではなく、指で僕の乳首まで触り始めた。さらに快感が増す僕……。もう、イク寸前になってきてしまっている。

『あぁ、しゅん君の固くなってきた。イッて、詩織の中でイッてっ! 私もイッちゃうっ! 一緒にイクのっ!』
詩織は、僕の乳首を触りながら、本当に気持ちよさそうに叫ぶ。そして、僕はあっけなくイッてしまった。僕が射精を始めると、詩織の膣がさらに動きを強くする。まるで、搾乳でもされているような感覚になってしまう。

竿の中の最後の一滴まで搾り取られているような感覚になり、僕はうめき声をあげてしまう。
『気持ち良い?』
詩織は、嬉しそうに聞いてきてくれる。僕は、この膣の動きは意識的にしているのかと質問した。
『違うよ。私も一緒にイッちゃったから、こんな風になってるんだと思う……。なんか、恥ずかしいよ』
詩織は、本当に恥ずかしそうに言う。そして、中でコンドームが抜けないように、すぐにペニスを抜いて外した。

『しゅん君、すごく気持ち良かった。ありがとう』
詩織は、そんな風にお礼を言いながら、僕のペニスをくわえてくる。そして、舌で綺麗にするような感じで舐めてきてくれる。僕は、優越感と申し訳なさを感じながら、彼女の頭を撫でた。

こんな風に、詩織との生活は、本当に楽しいものだった。そんなある日、たまたまTwitterで詩織のことが書いてあるのを見つけてしまった。
詩織の所属していた野球部が甲子園に出場するという記事を見つけて、なんとなく検索していたときの話だ。
そこに書かれていたことは、信じられないような内容だった。詩織は、むかし野球部のフェラペットだったという書き込みだ。もしかしたら他の詩織という女性がいたのかもしれないが、年代的にも、特徴も一致している感じだ。

僕は、そんなはずがないと動揺しながらも、掲示板のサイトなども調べていく。すると、裏アカウント的なブログを見つけ、ジャージを着た女性がフェラチオしている画像を見つけてしまった。
顔にはモザイクがかかっていて、断定は出来ない。でも、フェラチオされている男性は野球のユニホームを着ている。そして、写真の感じも確かに古い感じがする。
10年くらい前の写真と言われれば、そうなのかな? と、思ってしまうような写真だ。僕は、そのサイトを隅々まで調べ始めた。

その女の子がフェラチオしている写真はたくさんあった。そして、どれも相手は野球部のユニホームを着ている。
中には、顔にかけられているもの、大きく口を開けて口の中の精液を見せているものまであった。顔の一部が写っている写真は、確かに詩織に似ている感じはする。でも、先入観なのかもしれない。

そして、調べていくウチに、サイトの中には女性が複数いるのがわかった。少なくても、5人いる。でも、年代が同じなのかは不明だ。
そして、このサイトの存在理由もわかった。写真や動画を売っているようだ。

顔モザイクなしの画像はここをクリック!

そんな、アダルトサイトによくある文字が書かれている。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

出版しました


kindle出しました


kindle出しました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド