NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁 完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

真美は、臨月に入った。2人目なので恐らく予定通りに生まれてくるはずなので、あと1ヶ月もしないうちに生まれてくることになると思う。

そして、臨月の少し前から、清が同居するようになった。毎週末だけうちで過ごす感じだった彼が、完全に同居するようになってしまった。俺は、かなり複雑な気持ちだが、真美は美味い食事を作ってもらえるので、すごく喜んでいる。そして、食事以上に喜んでいることもある……。

今日も、俺が仕事から帰ると、すでに清が家にいた。ソファに座ってビールを飲んでいる彼。その前には真美がひざまずいて、フェラチオをしている。お腹がパンパンに張った真美。臨月の妊婦なのに、スケスケのベビードールを着ているだけだ。


神聖な感じのする妊婦が、そんな場末のピンサロ嬢のような格好をしている……。俺は、その違和感にゾクゾクしてしまう。

真美は、本当に丁寧に口での奉仕を続けている。そして、リビングに入った俺に対して、清が、
「あ、お疲れさん。悪いね、先にやってるよ」
と、缶ビールを持ち上げるようにして言ってくる。この状況で、飲んでいることを悪いと思う彼も、かなり感覚が麻痺してしまっているなと思う。
真美は、いったんペニスを口から吐き出して、
『おかえりなさい。夕ご飯、もう出来てるから。先に食べててね』
と、言ってから、またペニスをくわえてしまった。イヤらしい舌使いでフェラチオを続ける真美。妊婦がするようなことではないと思う。真美は妊娠して以来、性欲が妊娠前よりもかなり増加してしまった。
臨月になって多少収まるかと思ったが、そんな気配もない。真美は、わざとなのか大きな音を立ててフェラチオを続ける。指を伸ばして清の乳首も刺激しながらフェラチオを続けていく。

俺は、そういう光景も最近の日常なので、かまわずにテーブルについて食事を始める。自分の嫁が、大きなお腹で他の男のペニスをくわえる姿……。それは、嫉妬や不安を煽るが、いまの俺はその姿を見て興奮する気持ちが大きい。

あの日、真美が清のペニスを握った日に、俺の運命は決まったのだと思う。寝取られ性癖……。そんな物は、AVや雑誌の中だけの話だと思っていた。現実に、自分の嫁や恋人を他人に抱かせて興奮するヤツなんて、いるはずもないと思っていた。

俺は、食事を続けながら痛いほどに勃起している。本当ならば、食事なんか後回しにして、オナニーをしたいと思っているくらいだ。

真美の舌が、清の睾丸を舐める。真美は、清の足を舌から持ち上げるようにしてM字に開脚させている。そして、彼のアナルを舐め始めた。他の男の肛門を舐めている真美……。俺は、さらに嫉妬が強くなる。真美は、俺にもしたことがなかったことを、清には平気でしてしまう。

「あぁ、気持ちいい。真美ちゃん、すごく気持ちいいよ」
清は、本当に気持ちよさそうな声をあげる。真美は、清のアナルを舐めながらペニスもしごき始めた。清は、声を漏らしながらなすがままになっている。風俗店でサービスを受けているような感じに見えてしまう。

『出そう? 良いよ、いつでも出して』
真美は、そんな風に言いながら清を責め続ける。清は、少しすると、
「出るよ。真美ちゃん、もう出る」
と、余裕のない声で言い始める。すると、真美は清のペニスをくわえて頭を激しく振り始める。清は、うめきながら真美の膣中に射精をした……。

真美は、軽くうめきながら口内射精を受け止める。そして、出されているそばから飲み干していく。
『ごちそうさま。美味しかったよ。じゃあ、夕ご飯食べようよ』
と、真美は清に言う。清は、
「ありがとう。すごく気持ち良かったよ。じゃあ、食べようか」
と、満足げに言う。そして、二人は下着だけを身につけてこちらに向かって歩いてくる。
『ゴメンね、お待たせ』
真美は、先に食事を始めている俺に声をかけながら椅子に座る。清も、
「いつも悪いね』
と、申し訳なさそうに言いながら椅子に座る。申し訳ないと謝る彼だけど、最近は夕ご飯を作るのは彼の仕事だ。逆に、こちらが申し訳ないなと思っている。

『美味しい~。ホント、清さんって料理上手だよね』
おっぱい丸出しのまま食事を始めた真美。ショーツこそ穿いているが、大きなお腹もあらわになってしまっている。
「そうかな? これくらいなら、いつもで作れるから。いつでも言ってよ」
清は、そんな風に言う。俺は、複雑な気持ちになってしまう。食事前に、風俗的なサービスを受けて射精をした清。そして、それを飲み干した真美……。俺は、ただ黙々と食事を続けるだけだ。

すると、ベビーベッドの息子が泣き始めた。真美は、すぐに移動して母乳をあげ始める。さっきまでの淫乱な痴女の顔から、母親の顔に変化している。

清が、何気なく移動して真美の所に行く。そして、息子が飲んでいない方の乳首にむしゃぶりつき、母乳を飲み始めた。
『ダメだよ。これは、赤ちゃんが飲むものだよ』
真美は、そんな風に言いながらも楽しそうだ。清は、笑顔で母乳を飲み続ける。

すると、息子が満足したのか寝始めた。真美は、そっとベビーベッドに息子を寝かせる。すると、清が真美にキスをし始めた。
『ちょっと、ダメ、まだご飯食べてるでしょ。お腹すいてるの』
真美が、そんな風に言う。でも、そんな風に言いながらも、別にイヤがっている感じはない。むしろ、喜んでいるように見えてしまう。

「じゃあ、食べさせてあげるよ」
清は、そう言ってハンバーグを自分の口に入れる。そして、咀嚼し始めた。真美は、それを熱っぽい目で見つめている。すでに、興奮してしまっている……。そんな感じだ。

清が真美に顔を近づけていくと、真美はスッとアゴを上げて口を開ける。清は、真美に唇を押し当てると、口の中の物を流し込んでいく。口移しで食べさせてもらっている真美……。興奮した顔で、何度も繰り返し食べさせてもらっている。

不思議なことに、食べさせてもらうという行為で、真美は興奮しきったような顔になってしまっている。実際、息遣いも荒いし、身体も上気したように赤い。

そして、真美は食べさせてもらったそばから、清に激しいキスをし始めた。抱きつきながら舌を動かす真美……。すると、真美は身体を震わせて一瞬身体を硬直させてしまった。
『イッちゃった。フフ。ごちそうさま』
真美は、嬉しそうだ。食事をしたことで、さらにお腹がはち切れそうになっている真美……。妊婦なのに、こんなに毎日セックスをするなんて、普通にある話なんだろうか?

「どうする? まだするの?」
清は、そんな質問をする。最近では、清がセックスをさせてもらっているという態度ではなく、セックスに付き合ってあげているという感じになってしまった。
『するよ。だって、まだおチンポ入れてもらってないもん』
真美は、甘えたような口調でおねだりをする。
「どんな風にする?」
清が質問すると、真美は、
『たまにはパパも一緒に、三人でしない?』
と、俺と清を見ながら言う。清は、別に良いよと即答するが、俺は口ごもってしまっている。

『ほらほら、パパも脱いで!』
そう言って、俺の腕を引っぱって寝室に移動する真美。清も、後からついてくる。全裸にされた俺は、ベッドの真ん中辺りに座る。
『最近、全然してなかったでしょ? たまってる?』
真美は、そう言って俺のペニスをくわえてきた。すぐに舌が絡みついてきて、強烈にバキュームされる。俺は、強制的に勃起させられて、なおかつ射精感すら感じるくらいになってしまっている。
『すごい。カチカチ。すぐ出ちゃいそうだね』
そんな風に言いながら、楽しそうにフェラチオをしてくれる真美。この異様な清との共同生活をしていても、真美は俺のことをすごく愛してくれてる。変な言い方になるが、清とのセックスは、あまり感情的な物はないような感じに見える。スポーツのようなセックス……そんな感じだ。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

真美は、顔どころか髪の毛まで精液でドロドロにしながら、一生懸命に清のペニスを舐めて清めている。本当に心のこもったお掃除フェラだ。ついさっきまで自分の膣中にあったペニスを、嬉しそうにくわえる真美……。
すっかりと、心を奪われてしまったような感じに見える。でも、それよりも気になるのが、真美の膣口から流れ出ている白いモノだ。量は少ないが、どう見ても精液に見える。

「ありがとう。もう、充分だよ」
清は、やっと呼吸が整ったような感じだ。

そして、射精したせいだと思うが、すっかりと落ち着いた表情になっている。精液でドロドロになった真美を見て、
「ゴメンね、ドロドロにしちゃって。シャワー浴びてきたら?」
と、優しい口調で言う。でも、真美は、
『先に浴びて下さい。私、まだ動けなさそうです』
と、少しポーッとした顔で言う。清は、申し訳なさそうに浴室に向かった。

すると、真美が俺を見て微笑むような顔を見せる。妖艶な笑み……そんな印象だ。俺は、精液まみれで微笑む真美を見て、心臓がおかしなくらい早く動き始めていた。
『パパ、こんなになっちゃった。拭いてくれる?』
真美は、そんな風に言ってくる。俺は、気圧されたようにティッシュの箱を掴み、ティッシュを何枚も取り出して真美の顔を拭き始めた。

ティッシュ越しに感じる、精液の感触……。当然、臭いも強い。俺は、なぜこんな事をしないといけないのだろう? と、思いながらも必死で他人の精液を拭き取り続ける。

すると、真美が俺のペニスを掴んできた。
『すごく固い。そんなに興奮したの? 私が清さんのであんなに気持ち良くなってるのに、興奮したの?』
真美は、そんな風に聞いてくる。俺は、返答に困りながらも、結局正直に興奮したと告げた。真美は、俺のペニスをしごいてくる。快感に、思わず声が漏れてしまう。
『もっと気持ち良くなって。ねぇ、すぐ入れて欲しい。さっき、少し中に出されちゃったと思うの……。だから、パパも中に出して。パパので妊娠させて』
真美は、熱っぽい目で俺を見つめながら言う。俺は、冷静な頭では、そんなことをしたらどっちの子かわからなくなってしまうと思った。俺がいま真美とセックスしなければ、仮に妊娠したとしてもそれは清の種だとわかるはずだ。中絶も含めて、選択肢はあると思う。

でも、俺は膣から流れ出る清の精液を見てしまっている。本能的な反応で、それを掻き出さないといけないと思っている。俺は、まだ精液が完全に拭き取れていない真美に、覆い被さってペニスを挿入した。
挿入する間際、膣から流れている精液がまた視界に入った。でも、俺はそれにかまわずに腰を押し込んだ。
『あぁっ、パパ、固い。すごく固くなってるよ』
他人の精液で汚れた顔のまま、気持ち良さそうな顔になっている。俺は、入れたそばから違和感を感じていた。どう考えても、緩い気がする。感触が鈍い。でも、俺は必死で腰を動かし始めた。少しでも清の精液を掻き出さないといけないと思いながら、とにかく夢中で腰を振る。
『パパ、気持ちいい。すごく固い。いつもより、カチカチになってるよ』
真美は、気持ちよさそうな顔で言ってくれる。でも、ついさっきの清とのセックスを見た後では、真美がそれほど感じていないのは丸わかりだ。

俺は、悔しいと思いながらも、とにかく夢中で腰を振り続ける。真美は、まだ顔に清の精液が付いたままだ。キスしようにも、躊躇してしまうような状態だ。
『あなた、いっぱい出して。あなたので妊娠させて』
真美は、そんな風に言う。なんとなく、危機感を感じているような感じもする。あんなに少し出されただけなのに、わかるものなんだろうか? 
『早く……早くしないと清さんので妊娠しちゃう……』
真美は、不安そうに言う。俺は、その言葉に強烈な嫉妬を覚え、全力で腰を振る。そして、一気に射精感が高まり、あっけなく真美の中に射精をしてしまった。
『あなた、出てる。愛してる』
そう言って、真美が俺に抱きついてキスをしてきた。俺は、一瞬怯んだが、夢中で舌を絡め始めた。清の精液が顔につくのを感じながらも、夢中でキスを続ける。俺は、本当に妊娠してしまうのかな? と、思いながらキスを続けた……。

そして、日々は流れ、真美は本当に妊娠してしまった。別に、妊娠自体は問題ないし、嬉しいくらいの話だ。でも、本当に俺の種なんだろうか? と、疑念を感じてしまう。

真美は、そんなことは一切言わず、ただただ新しい命が宿ったことを喜んでいる。俺は、複雑な気持ちながらも、二人目が生まれてくることが日に日に楽しみになってきた。

もっと大きな変化は、清が週末はほとんど俺の家で過ごすようになったことだ。そして、当たり前のように真美とセックスをするようになっていた。俺が見ていても、かまわずにセックスを始める二人。
俺は、それをイヤがるどころか、二人がセックスをするのを見ながらオナニーをするのが楽しみになっていた。

帰宅すると、すでに清がいた。二人は、寝室で対面座位で繋がっていた。全裸のまま、キスをしている二人。俺が入ってきても、やめようとしない。
『おかえりなさい。もうちょっとで終わるから、ご飯待ってて』
真美は、とろけた顔で言う。部屋の隅のベビーベッドでは、長男が寝ている。息子が寝ている目の前で、他の男とセックスをする真美に、俺は良いのかな? と、思ってしまう。でも、すでに何度も何度も繰り返してきたことなので、感覚が麻痺してしまった感じもある。

真美のお腹は、見てわかるほど大きくなっている。胸も張ってさらに大きくなっているし、乳首の色も濃くなっている。どこから見ても、立派な妊婦だ。

安定期に入っているから心配はないのかもしれないが、それでもあんなに激しく腰を振っている姿を見ると、大丈夫かな? と、思ってしまう。

『あぁ、あっ、気持ちいいっ。パパが見てると、もっと気持ち良くなっちゃうのっ。パパもして。パパもオナニーしてっ』
真美は、とろけた声で言う。真美は俺が見ていると、さらに快感が増すようだ。俺は、言われるままにズボンとパンツを降ろしてオナニーを始めた。

真美は、俺がオナニーを始めたのを見て、嬉しそうに微笑む。そして、俺のことをチラチラ見ながら、清とキスを始める。清は、なにも言われていないのに舌を突き出した。真美は、その舌にむしゃぶりつくようにしながら、自分の舌を絡めていく。

唇と唇をくっつけているわけではないので、舌と舌が絡み合うのがよく見えてしまう。二人とも、わざと俺に見せつけるようにそんなキスをするようになってきた。
俺は、そんな二人のキスを見ながら、ペニスをしごき続けている。圧倒的な快感。正直、清のペニスで緩くなった真美とセックスをするよりも、気持ちいいと思ってしまう。

『飲ませて』
真美が、うわずった声で言う。本当に、興奮しきっているような声だ。真美は、アゴを上げて口を開ける。すると、清が嬉しそうに真美の口の中に唾液を垂らし始める。真美は、それを飲み干しながらまた清にキスをする。俺を興奮させるためにしているのか、自分がそうしたくてしているのかわからない感じだ。

「じゃあ、俺も飲ませてもらうよ」
清はそう言って、身体を窮屈そうに折り曲げて真美の乳首にむしゃぶりつく。そして、強く吸い始めた。
『ダメぇ、しゅん君の分なくなっちゃうよ』
真美は、そんな風に言う。息子の名前を出しても、罪悪感は感じていないようだ。本来、息子が飲むもののはずだ。それを、清が嬉しそうに飲む姿は、強い違和感を感じる。でも、俺はなにも言うことなくオナニーを続けるだけだ。

『パパ、手伝ってもらえる? 強く押してね』
真美は、俺にそんなおねだりをしてくる。俺は、屈辱を感じながらも、素直に真美の横に移動する。そして、真美の下腹部を押し始めた。指先に感じる清のペニスの感触……。相変わらず、馬鹿げたほど大きい。俺は、真美のポルチオ辺りをギュッと押し込む。すると、清が腰を突き上げるように動かし始めた。

的確に、俺の指先に亀頭をぶつけるような感じで腰を動かす彼。すると、手とペニスで気持ちいい部分を刺激され、真美が震えながらあえぎ始める。
『んおぉおおっ、うぅうぅう゛っ!! もっと、強く押してっ! 子宮潰すくらい押してっ!』
真美は、とろけきった顔で叫ぶように言う。俺は、強く真美のお腹を押す。すると、真美は苦しそうな顔になりながらあえぐ。一瞬、心配がよぎるが、真美のとろけきった声を聞いてそれも消える。

お腹に赤ちゃんがいる状態なのに、真美はこんなセックスを続けている。そして、本当に気持ちよさそうだ。妊娠している嫁を寝取られるのは、正直かなりショックな気持ちになる。でも、やっぱり興奮が上回ってしまう。

真美は、俺のペニスを掴んできた。
『固い。やっぱり興奮してる。私が清さんのおチンポに夢中になってるのに、イヤじゃないんだね』
真美は、少しだけ皮肉を込めて言う。俺は、恥ずかしさで顔が赤くなるのを感じながら、それでも必死で真美のお腹を押し続ける。指先に触れる子宮の感覚や、清のペニスの感覚。俺は、それにすら興奮しながら、夢中で押し続けた。

真美は、イヤらしい指遣いで俺のペニスを責め立てる。俺は、他の男のペニスでとろけきった顔になっている真美を見ながら、さらに強い興奮を感じてしまっている。

すると、突き上げる動きをしている清が、
「もう出るよ。真美ちゃん、イクよ」
と、言いながらスパートをかける。真美の胸がユサユサ揺れ、真美の顔もさらにとろけた物になっている。あんなに大きなペニスで激しくしたら、子宮の赤ちゃんが驚いてしまうのではないか? と、思ってしまう。

『出してッ。中に出してっ! パパ、中に出されるよ。パパじゃないおチンポに、中出しされちゃうよっ』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

真美は床に膝をつき、ソファに身体を預けたままバックで犯され続けている。いつも家族で過ごすリビングで、真美が他の男に犯され続けている……。今までで一番気持ちいいと言いながら、とろけた顔であえぎ続ける真美……。

俺は、射精してドクドクと脈打っているペニスを握ったまま、呆然とそれを眺めていた。真美が初めて清のペニスを握った日から、こうなることは妄想していた。期待もしていた。でも、実際にこうやって目の前でそれを見てしまうと、焦りの気持ちの方が大きくなっていく。


こんな事をさせてしまって良かったのだろうか? さすがに、やりすぎなのではないだろうか? そんな後悔が大きくなる。でも、真美がとろけた顔のまま、
『すごい、うぅ、気持ちいいっ、ひぃっ、あっ、あんっ、奥ダメぇ、うぅああっ!』
と、あえぎ続ける。俺が今まで見たことのない顔であえぐ真美。俺とのセックスで、満足出来ていなかったんだろうなと感じる。そもそも、満足出来ていたら大人のおもちゃを隠し持っているはずもない……。

「真美ちゃん、すごく気持ちいいよ。奥がザラザラだね。名器じゃん」
清は、真美の膣を褒めながら腰を振る。他の男に、自分の妻の膣中の感想を言われている……。それは、屈辱的なことで、興奮する要素などないはずだ。でも、俺は射精したばかりのペニスが、柔らかくなるどころかさらに固くなっているのを感じていた。

『は、恥ずかしいよ、そんなの言わないで、うぅっ、あっ、あんっ、本当に太いっ』
真美は、清に膣の中を評価され、本当に恥ずかしそうな顔を見せる。でも、すぐにあえぎ声に代わってしまう。

清は、長いペニスを生かしたロングストロークでペニスを出し入れする。グチョグチョと湿った音が大きく響く。真美の膣は、さらに濡れて大変なことになっているみたいだ。

『あっ、あんっ、ダメッ! イ、イクっ、イッちゃう! パパ、ごめんなさいっ! 真美イッちゃうっ! 清さんのおチンポでイッちゃうのっ!』
真美は俺の方を振り返り、泣きそうな声で叫ぶ。清は、その言葉など関係なく、さらに腰をガンガン振り続ける。肉がぶつかる音もさらに大きくなっている。
「すごく締まってきた。子宮もめっちゃ降りてきてるよ。いっぱい気持ち良くなってね」
清は、そんなことを言いながら後ろから真美の胸を鷲づかみにする。母乳が漏れている乳首から、さらに母乳があふれ出す。

俺は、頭が変になりそうだった。嫉妬と興奮、そして敗北感……。あまりにも異常なシチュエーションだと思う。清は、さらに腰の動きを早くする。
『あっ、あっ、ダメッ、イッちゃうっ、奥ダメッ! 気持ち良すぎておかしくなっちゃうっ! あぁっ、ああっぁっ! イク! イクっ! パパごめんなさいっ! 真美イクっ!!』
真美は、ソファの座面をギュッと握りながら叫んだ。突き出されたお尻が、上下に脈動するように震えている。さっきのディルドでイッた時よりも、さらに激しいイキ方だった。俺は、気が付くとペニスをまさぐるように触っていた。

清は、ペニスを引き抜く。そして、
「ゴメンね、コンドーム付けてなかった」
と、申し訳なさそうに謝る。俺は、その言葉でやっと気が付いた。二人が生ハメをしていたことに。
『ホントだ……。興奮して忘れてたね。二人目出来ちゃうところだった』
真美は、おどけたように言う。清は、申し訳なさそうに頭を搔いている。

すると、真美が清をソファに座らせた。そして、対面座位のような格好でまたがり始める。清のペニスを握ると、自分の膣口に押しつけた。
「え? ダメだって、ゴム付けてないよ」
慌てる清。
『外に出してね』
真美は、興奮でうわずったような声で言う。そして、すぐに腰を下ろしてしまった。
『んうううぅっ! お、奥に、うぅ、すぐイッちゃうよぉ』
真美は、入れただけでもうイキそうな顔になっている。本当に気持ちよさそうな顔で、清の生ペニスを入れてしまった真美……。自分の意志で入れてしまったと言うことになる。

「いや、ダメだって、付けた方が良いよ」
清は、かなり戸惑っている。
『だって、パパも興奮してるから。このままが良いみたいだよ』
真美は、急に俺のことを持ち出す。俺は、ドキッとしながらも、ズボン越しにまさぐり続けていた。
「ホントだ……。でも、やっぱり……」
俺の方を見て驚きながらもそんな風に言う清。真美は、戸惑う清を無視して、腰を上下に動かし始めた。
『あぁっぁ、大きいぃ。清さんのおチンポ、本当に気持ちいいよ。おもちゃより、ずっと気持ちいい』
真美は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。対面座位のまま、腰を上下に動かし続ける真美……。太くて長いペニスが、真美の身体を出入りするのがはっきりと見えてしまう。

真美は、うわごとのように卑猥な言葉を口にしながら、一心不乱に腰を動かし続ける。清の太ももと真美の膣口が触れると、透明の液体の橋が出来るのが見える。あふれるほどに濡れそぼった真美の膣。こんなに興奮しているのは、俺が見ているからなのだろうか? それとも、単に清の巨根が気持ちいいと言うことなのだろうか?

「あぁ、ヤバい。気持ち良すぎるよ。真美ちゃん、すぐ出ちゃうって」
清は、余裕のない声で言う。すると、真美が腰を動かしながら、身体を折り曲げるようにして清の乳首を舐め始める。清は、対面座位に乳首なめまで加わり、気持ちよさそうにあえぐ。

『すごい。清さんのおチンポ、もっと固くなってきた。でも、ダメだよ。まだ出しちゃダメ。もっと気持ち良くなりたいの』
真美は、貪欲に快感を求めながら腰を動かす。

目の前にいる真美は、本当に真美なのだろうか? 俺が知っている妻としての真美、母としての真美とは、まるで違う顔を見せているように感じる。

淫乱。そんな言葉は、真美には縁遠いものだと思っていた。でも、今日の真美は淫乱という言葉以外思い浮かばないくらいの淫乱ぶりだ。

「真美ちゃん、本当にエッチなんだね。こんなに淫乱だなんて、意外だよ」
清は、驚いたような顔で言う。俺ですらそう思っているので、清がそう思うのも無理がないと思う。
『淫乱なんかじゃないもん。清さんのおチンポが、気持ち良すぎるだけだよ。あぁ、ダメ、またイッちゃう。パパ、ゴメンね、イッてもいい?』
真美は、横を向いて俺の方を見ながら聞いてきた。俺は、とっさに言葉が出てこない。黙って真美を見つめるような格好になってしまっている。
『パパ、気持ちいい。清さんのおチンポ、今までで一番気持ちいいの』
快感にゆがむ顔で報告をしてくる真美。俺は、俺のペニスが物足りないと言われているようなものなのに、イキそうになってしまっている。

『パパも、気持ち良くなって。脱いで直接しごいて良いよ』
真美は、そんなことを言ってくる。俺は、催眠術にでもかかってしまったみたいに、言われるままにズボンとパンツを脱いでいく。そして、直接ペニスをしごき始めた。

目の前で、真美が他の男の上で腰を振っている状態……。それを見ながらオナニーをする俺……。もう、何が何だかわからないような気持ちになってしまう。

真美は、俺のオナニーを見ながら腰を振り続ける。上下の動きから、前後に揺らすような動きに変わってきている。
『パパ、いっぱい気持ち良くなって。私も、いっぱい気持ち良くなってるの』
真美は、そんな風に話しかけてくる。他の男とセックスをしている真美と会話をする……。どうしてこんなに興奮してしまうのだろう?

「すごいよ、真美ちゃんのオマンコ、もっと締まってきた。見られて興奮してるんだね」
清は、興奮した声で言う。
『すごく興奮してるよ。パパが見てるのに、清さんのおチンポでイッちゃうなんて……。そんなのダメなのに……興奮しちゃうの』
真美は、うわずった声で言う。興奮で、訳がわからなくなっているような感じだ。

「ダメだよ、アイツが見てるのに他のチンポでイクなんて、許してもらえないよ」
清が、真美にそんなことを言う。本当にそう思っている感じではなく、言葉責めっぽい感じに聞こえる。真美は、その言葉を聞いて、さらに顔がとろけていく。

『だって、気持ちいいの。こんなの知らなかったの。パパ、ゴメンね、清さんのおチンポ気持ち良すぎてすぐイッちゃうの。イッてもいい? 許してくれる?』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、ズボンごと握ったペニスがドクドクと脈打ち、精液を出し続けるのを必死で隠していた。真美が他の男に口内射精をされているのに、オナニーをして射精までしてしまったことなんて、真美に知られたら恥ずかしすぎる。

『こんなに沢山出るんだね。でも、多すぎて少し飲んじゃったよ』
真美は、照れくさそうに言う。
「え? マジで? ゴメンね、マズかったでしょ?」
射精を終えた清は、申し訳なさそうに言う。

射精したことで、すっかりと冷静になったみたいだ。
『大丈夫。別に、マズくはないよ。でも、美味しくもないかな?』
真美は、イタズラっぽく言う。清のペニスは、まだ大きくなったままだ。精液や唾液にまみれて、ヌラヌラと光っている。
「ホント、ありがとう。こんなのしてもらったの、久しぶりだった」
清は、少し恥ずかしそうに言いながら、パンツとズボンを戻し始める。
『まだ、大きいままなんだね。絶倫ってヤツなの?』
真美は、モッコリと盛り上がっている清の股間を見ながら言う。
「そ、そうだね。2~3回は続けて出来る感じかな?」
清は、恥ずかしそうに言う。
『そんなに!? パパなんて、一回出したらもう無理だよ!』
真美は、そう言って俺の方を見てきた。俺は、股間を握ったままの状態だったので、慌てて手を離した。
『パパ、何してたの~?』
真美は、ニヤニヤしながら聞いてくる。俺は、別に何もと誤魔化した。
『あれ? なんかシミになってる。もしかして、出ちゃったの?』
真美は、からかうように言う。俺は、焦りながら否定した。
『ふ~ん。パパも興奮したんだね。じゃあ、もっと続けた方が良い? 清さん、まだ行けるって言ってるけど』
真美は、妙に挑発的な顔になっている。俺は、別に好きにしたら良いと答えた。

『続けて良いって。どうする? 続ける?』
真美は、清に向かって質問する。
「う、うん。真美ちゃんさえイヤじゃなかったら、続けて欲しいな」
清は、少し俺のことを気にした感じで言う。

『じゃあ、どんな風にしたい? 何がしたい?』
真美は、ランジェリー姿のまま言う。ブラはカップが押し下げられていて、まだおっぱいが丸見えの状態のままだ。
「……イヤだと思うけど、その……オナニーしてるところが見たいな」
清は、モジモジと恥ずかしそうに言う。
『えっ!? 私がしてる所って事?』
真美は、驚いた顔で言う。
「う、うん。やっぱり、無理だよね。よく、女房が見せてくれたんだよね。こんなこと、なかなか人には頼めないからさ……。ゴメンね、忘れて」
清は、少し落ち込んだような顔で言う。
『そうなんだ……。奥さん、そんなことまでしてくれてたんだね。わかった。じゃあ、やってみるね』
真美は、すっかりと同情したような顔になっている。真美の人の世差が出てしまっている。とはいえ、清がウソを言ってまでそんなことをさせようとしているとも思えないので、多分本当にそういうプレイをしていたのだと思う。

真美は、ソファに座る。そして、真っ赤な顔になりながら、乳首を触り始めた。何も言わず、乳首を触り続ける真美。指の腹でこすったり、軽く摘まんだりしている。
俺ですら見たことのないオナニー姿。それを、清に見せてしまっている……。清は、興奮した顔で真美のオナニーを見つめている。ペニスはギンギンに勃起していて、すっかりと大きくなっている。やっぱり、太さが凄いなと思う。

『んっ、ん、うぅ、あっ、んフゥ』
真美は、吐息を漏らしながら指を動かし続ける。完全に、オナニーだ。
「いつもしてるみたいにしてね」
動きがおとなしい真美に向かって、清が指示をする。すると、真美は自分の指をパクッとくわえる。そして、指に唾液を付けた状態で乳首を触り始める。唾液がローション代わりになったのか、真美は吐息がさらに荒くなっていく。

『やっぱり、恥ずかしいよ。そんなに見ないで……』
真美は、耳まで赤くしながら清に言う。真美は、本当に清に甘いというか、同情心が強すぎると思う。死んだ奥さんのことを言われると、無条件で何かしてあげたくなるみたいな感じだ。

「すごく綺麗だよ。その……下も……してみて」
清は、遠慮がちに言う。すると、真美は恥ずかしそうにうなずいた。真美は、ショーツの中に手を突っ込む。そして、膣口あたりをまさぐり始めた。

『んっ、んっ、うぅ、ふぅ、あっ、んっあっ!』
真美は、吐息が漏れっぱなしになる。あえぎ声っぽい声も混じる。ショーツの中で、指の動きが速くなっていく。
真美は、左手で乳首を摘まみながら、右手をショーツの中で動かし続ける。俺は、真美がオナニーをしていることすら知らなかったし、こんなに激しいオナニーをするなんて、イメージになかった。

「エロいね。なんか、慣れてるね。結構してるの?」
清は、興奮した顔で質問する。真美は、
『た、たまにだよ』
真美は、慌てて言う。
「パンツ、脱いでみてよ」
清は、そんなリクエストをする。
『えっ? う、うん……』
真美はビックリした顔になるが、結局うなずいた。ゆっくりとショーツを脱いでいく真美。ここまでする必要があるのだろうか? と、俺は焦り始めていた。いくらなんでも、そこまで見られてしまうのは抵抗感が大きい。でも、俺が何か言う前に、真美はショーツを脱いでしまった。

あらわになった真美の膣周り。オナニーを始めていたせいか、すでに濡れて光り輝いている。出産を経験しているので、綺麗なピンク色というわけではない。でも、色素が薄い方だと思う。

「すごく濡れてるね。太ももまで濡れてるよ」
清は、興奮した声で言う。確かに、太もものあたりも濡れている。グチョグチョに濡れている。
『恥ずかしいよ……。言わないで』
真美は、恥ずかしそうに言う。でも、どこか開き直っているような雰囲気もあり、そのままクリトリスのあたりを触り始めた。こすりつけるような指使い。慣れている動きだ。日頃から、オナニーをしているのは間違いなさそうだ。
『んっ、んフゥ、あっ、あんっ、うぅっ、ダメぇ、声出ちゃうぅ』
真美は、そんな風に言いながらクリトリスのあたりをまさぐり続ける。その目の前には、ペニスをギンギンにした清が、興奮した顔で真美の膣口を見つめている。

真美は、左手を乳首から離す。そして、左手の指でクリトリスの皮をめくり始めた。むき出しになったクリトリスは、ぷっくりと膨らんでいるように見える。真美は、あふれている蜜をクリトリスに塗りつけるようにしてこすり始めた。
『あっ、あんっ、気持ちいいっ、うぅあっ、あっ、イヤァ、みないで、うぅああっ』
真美は、どんどん声が大きくなっていく。本当に、気持ち良くて仕方ないという感じだ。

「指を入れたりはしないの?」
清が、興奮した声で質問する。
『う、うん。入れないよ』
真美は、そんな風に答える。
「へぇ。入れたくならないの?」
清は、不思議そうに質問する。」
『……おもちゃ使ってる……』
真美は、そんなカミングアウトをし始めた。俺は、まさかの答えに驚いていた。

「マジで!? どんなの使ってるの? 使って見せてよ!」
テンションが上がっている清。真美は、
『そ、そんなの無理だよ。恥ずかしいもん』
真美は、耳まで真っ赤な顔で言う。
「良いじゃん。もう、ここまでしたら同じだって。早く早く!」
清は、興奮した顔のままけしかける。すると、真美は困った顔で俺を見てくる。俺は、俺も見たいと告げた。

『じゃあ、持ってきて。お米の後ろに隠してあるから』
真美は、恥ずかしそうに言う。俺は、すぐにキッチンに移動して棚を開けた。そして、米の大きな袋の後ろに手を差し込み、後ろを探る。すると、巾着袋みたいなものが置いてある。俺は、それを掴んで持ち上げる。意外に重い。

巾着を持って真美の所に戻ると、真美は困ったような顔になっている。俺は、巾着を真美に渡した。真美は、ヒモをほどき始める。そして、中から大人のおもちゃを取りだし始めた。
それは、リアルなタイプのバイブだ。電動部分がなく、リアルなペニスの張り型だ。ディルドとか言うタイプだと思う。

「えっ? それ使ってるの? 大きすぎない?」
清は、驚いた顔で言う。俺も、驚いていた。真美が取り出したディルドは、とにかく大きい。多分、清のペニスよりも太くて長い気がする。
『う、うん。少しずつ大きくしていったら、これになっちゃった……』
真美は、本当に恥ずかしそうだ。
「いや、驚いた。真美ちゃんが、そんなに淫乱だなんて想像もしてなかったよ」
清は、本当に驚いている。
『淫乱じゃないもん!』
真美は、すぐに否定をする。でも、そんな大きなディルドを手に持っていたら、まるで説得力がない。

「それって、どうやって入れるの?」
清は、興奮している。声がうわずっているし、ペニスがさらに上を向いている感じだ。でも、こうやって見比べると、太さはディルドと同じくらいあるかもしれない。

『……うん。こうやって床に置いて……』
真美は、ディルドを床に置いた。底の部分が吸盤になっているようで、軽い音を立ててディルドは床にくっつく。床からペニスが生えているような不思議な光景になる。

俺も清も、生唾を飲んで真美の行動を見つめている。真美は、ディルドに対してまたがるようにしゃがむ。そして、腰を下ろしていく。

ディルドを掴むと、自分の膣に導いていく。そして、目を閉じると、腰を下ろしていく。
『うぅあぁ、ダメぇ、恥ずかしいぃ』
真美は、そんな風に言いながら腰をさらに下ろしていく。膣に入っていくディルド。あんなに太いのに、意外にあっさりと入ってしまう。

『うぅあぁ、ダメぇ、声出る、うぅあっ』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

次の朝、あんなことがあってもとくに何も変わらず、3人で朝ご飯を食べた。でも、微妙に清に気まずそうな感じがある。でも、真美は明るい感じで話を続け、
『今日は、何するの? 何か予定あるの?』
と、清に聞いたりする。今日は俺も休みだし、清も休みのはずだ。

「え? 別に予定ないよ。家に帰って、ゴロゴロするつもりだけど」
と、答える清。


『だったら、遊びに行こうよ。ボーリングとかしない? なんか、最近運動不足だし』
真美は、そんなことを言う。昨日、清に太ってきたと言われたことを気にしてるのかな?と、感じた。
「おっ、良いね。メチャ久しぶりだよ」
清は、楽しそうだ。そして、今日の予定が決まった。

食事が終わると、準備をし、4人で出かけた。息子はまだ1歳なので、ボーリングは出来ない。でも、お出かけは好きなので楽しそうだ。

なんとなく、組み合わせ的に俺が息子の面倒を見て、清と嫁が話をしているという感じになる。なんというか、嫁がデートをしているのに付き添っているような不思議な気持ちになる。

ストライクやスペアを取る度に、ハイタッチする2人。もちろん俺ともするが、なんとなく疎外感を感じてしまう。
『パパ、頑張ってよ! 負けてるよ!』
真美は、急に俺を応援してくれた。そんなことで妙に嬉しくなる俺。自分でも、単純だなと思う。そして、やる気を出した俺が追い上げ、ほとんど清と同じようなスコアになる。すると、真美が耳打ちをしてきた。
『負けたら、今日も清さん手伝っちゃうよ。もっと、すごいやつしちゃうよ』
と、言う真美。俺は、ドキッとしてしまった。今日も、清を泊めるつもりなのだろうか? 俺は、一気に色々と想像してしまった。そして、最終フレームの2投目、後2本倒せば俺の勝ちだ。ピンは、5本残ってる。普通に投げれば、まず勝てる状況だ。

俺は、真美を見た。真美は、しっかりと俺のことを応援してくれている。俺は、落ち着いて足を踏み出した。でも、投げるまでの数歩の間に、もっとすごいヤツを見たいという気持ちが湧いてしまった。

結局、俺はガターになってしまった。わざとではない。でも、余計なことを考えた結果だと思う。
『あ~あ、負けちゃったね。ホント、でも、良い勝負だったね!』
真美は、さっきのことは何も言わない。優しい顔で慰めてくれるようなことを言う。でも、しばらくすると、また耳打ちをしてきた。
『じゃあ、今日はすごいことしちゃうね』
真美は、そんな風に言った後、ウィンクをしてきた。俺は、真美のその仕草にドキッとしてしまった。そして、その後数ゲームして、昼を食べに行った。楽しい雰囲気で食事は進み、あっという間に良い時間になった。

「じゃあ、そろそろ帰るわ。ホント、楽しかったよ。ありがとな」
清は、本当に感謝している顔で言う。
『今日も泊まっていけば良いでしょ? どうせ、やることないんだから』
真美は、からかうように言う。清は、さすがに悪いから帰ると言う。でも、俺も真美も、全然悪くないし、気にせず泊まって行くように勧める。強引に押し切られるように、清は泊まって行くことになった。

ボーリングの疲れもあり、ダラダラ過ごした後、夕食を食べ始めた。さっきスーパーで買った寿司とか惣菜だ。食べ終わる頃、俺が息子を寝かしつける。そして、寝かしつけてリビングに戻ると、すでに二人はビールを飲んでほろ酔い加減だった。

『パパ、お疲れ様。すぐ寝た?』
真美が、ほろ酔い加減のまま聞いてくる。俺は、すぐ寝たよと答えながら、ドキドキしていた。本当に、凄いことをするつもりなのだろうか?

そして、俺もビールを飲み始める。
「本当に、色々ありがとう。二人には、助けられっぱなしだよ。おかげさまで、俺もかなり気持ちの整理がついたと思う」
清が、珍しくしみじみとそんなことを言ってきた。
『よかった。ホント、最初の頃はどうなっちゃうのか心配だったんだよ』
真美が、そんな風に言う。確かに、嫁さんが死んでしまった直後は、後を追うんじゃないかと思うくらいに清は落ち込んで憔悴しきっていた。

「本当にありがとう。俺がいつまでもくよくよしてたら、アイツに怒られちゃうからね」
清は、笑顔で言った。そして、昔話を織り交ぜつつ、楽しく飲みながら会話を続ける。

『ランジェリーパブ? へぇ、女の子が下着姿なんだ。それって、エッチなことも出来るの?』
真美が、清がたまに行くというランジェリーパブの話に食い付いた。
「いや、そういうのはないよ。ただ、飲むだけ。キャバクラの、下着版って感じかな?」
清が説明をする。
『そうなんだ。でも、それって余計に欲求不満になるんじゃないの?』
真美が、もっともなことを言う。俺も、行ったことはないけどそんな気がした。
「まぁ、どうせキャバクラとか行っても上手いこと出来ないし、風俗行くのもなんとなく抵抗あるから、ランジェリーパブくらいがちょうど良いんだよね」
清は、少し恥ずかしそうだ。確かに、そこまでカミングアウトしなくてもいい気はした。

『じゃあ、ランジェリーパブしてあげるね』
真美は、そういうと、いきなり服を脱ぎ始めた。慌てて止める清。でも、ワンピース姿だった真美は、すでに下着姿だ。薄いピンクのブラジャーとショーツ。いつもの着古したヤツではなく、新しい感じがする。そして、ちょっと布が小さめな感じで、セクシーな雰囲気もある。

『はい、ついであげる』
そう言って、ビールをコップにつぎ始める真美。少し頬が赤くなっていて、真美も恥ずかしいんだなと感じる。
「いや、なんか……凄いね。セクシーだよ。緊張しちゃうな」
清は、コップを持ちながらそんな風に言う。本当に、かなり緊張気味だ。でも、やっぱり視線は胸や太もものあたりに注がれているのがわかる。

そして、家庭内ランジェリーパブが始まった。俺は、見慣れた嫁の下着姿なのでそれほど興奮はしない。でも、その姿を清に見られているという状況に、不思議なほど興奮してしまう。

清も徐々に慣れてきて、
「ホント、大きいね。それだけ大きいと、肩こるんじゃない?」
清が、嫁の胸の谷間を見ながら言う。俺は、昨日の真美のハンドサービスにもなぜか興奮してしまったが、今もやっぱり興奮している。自分の嫁の下着姿を他の男に見られて興奮する……。これは、きっと寝取られ性癖というヤツなのだと思う。

俺がそんなことを考えていると、いつの間にか清が真美の肩を揉んでいた。
『あぁ、気持ちいい。清さん、上手じゃん』
肩を揉まれながら、気持ちよさそうな声をあげる真美。下着姿の真美が肩を揉まれているのは、不思議な感じがする。清は、ニヤニヤしながら揉み続ける。上から覗くように、真美の胸の谷間を見ている。

「ホントに凝ってるね。胸って、結構重いんだね」
清はそんな風に言う。
『そうなんだよ。下から持ち上げてみて。重さわかるから』
真美がそんな風に言う。すると、清はすぐに真美の胸を下から持ち上げるように持った。
「ホントだ! こんなに重いんだ!」
大げさに驚く彼。俺は、ユサユサと揺らすように真美の胸を持ち上げている清を見て、かなりのショックを受けていた。どんな形であるにせよ、真美の胸を触られている……。俺は、今までに感じたことがないような嫉妬を感じていた。

『ホント、もっと小さくなって欲しいよ』
真美がそう言うと、
「痩せれば小さくなるでしょ」
と、清がからかうように言う。
『もう! 別に太ってないもん』
真美が、胸を持たれたまま言う。俺は、ドキドキしながら成り行きを見守っている。

「ごめんごめん。じゃあ、ここも揉んであげる。少しは楽になるんじゃない?」
清がそう言って、真美の胸を揉み始めた。下から持ち上げるだけではなく、鷲づかみっぽくしながら揉む彼。
『もう……。エッチ』
真美は、そんな風に言うだけで抵抗しようとしない。清は、興奮した顔でブラジャー越しに胸を揉み続ける。一気に、空気が淫靡なものに変わった感じがする。

「ここは、柔らかいね。ぜんぜん凝ってないよ」
胸を揉みながら言う清。凝ってないと言いながらも、夢中で胸を揉み続けている。
『うん。柔らかいでしょ』
真美がそう答える。少し、緊張しているような感じになってきている。すると、清がブラ越しに乳首を摘まむようにし始めた。
「でも、ここはすごく固い。めちゃくちゃ凝ってるよ」
そんな風に言う清。
『うぅ、んっ、バカ……』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁(オリジナル 転載禁止)

週末、いつものように清を招いて夕食を一緒に食べていた。清は、高校の時からの友人だ。お互いに結婚して多少疎遠になったりもしたが、この2年くらいはかなり頻繁に家に招いている。2年前に、清の嫁さんが交通事故で死んでしまったからだ。
見ていられないくらい落ち込んだ清。もしかしたら、嫁さんの後を追ってしまうのではないか? そんな危機感を感じさせるほど、彼は落ち込んで自暴自棄になっていた。

見かねた俺は、とにかく一緒に飯を食べるようにした。強引に誘って引っぱってくるような感じでうちに連れてきた。そして、時間はかかったが清にも笑顔が戻ってきて、最近では本当に楽しく飯を食べる感じになっていた。


『そんなことないよ。体重は変わってないもん』
俺の嫁の真美が、清に太ったと言われてムキになって反論する。でも、確かに真美は太ったと思う。まだ子供が1歳なので、家にいることも多く、少し運動不足なのかもしれない。
でも、少しぽっちゃりしたくらいの方が好みなので、まったく問題ないと思っている。

「そうなんだ。なんか、太ももとかむっちりしてきたなって思ったからさ」
清は、少し酔っている感じだ。最初は、真美とほとんど口も聞かなかった彼だけど、今では昔からの友人みたいな感じになっている。
真美も、最初はただの同情心だけだったと思うが、今では結構楽しそうにしている。きっと、馬が合うんだと思う。

俺は、そろそろガールフレンドでも作ったらどうだ? と、まだタイミングが早いかな? と、思いながらも言ってみた。
「え? ガールフレンドならいるよ。真美ちゃん」
清は、笑いながら言う。でも、気のせいかもしれないが、少し悲しそうな目になった気がする。
『そうそう。私がいるから別に良いの』
真美は、やっぱり楽しそうに言う。いつもよりも、少し酔っているのかもしれない。

俺は、考えてみればまだ2年なので、そんな気になれないんだろうなと思った。でも、性欲はあるはずなので、どうしているのだろう? と、変なことも気になる。

そして、結構遅い時間になった。俺は、泊まっていけば? と、声をかけた。清は、そうさせてもらうよと言った。かなり顔が赤いので、思っている以上に酔っているのかもしれない。

そして、遠慮する清を先に風呂に入れさせると、真美が片付けをしたりバタバタ動き始める。俺は、まだ残っているビールを飲みながら、ニュースを見たりしていた。すると、
『ちょっと、背中流してくるね』
と、真美が後ろから声をかけてきた。俺は、ビックリして振り返る。すると、真美は水着姿だった。最近は行ってないプール。水着は、数年前のものだ。布が小さいタイプではないが、一応ビキニタイプの水着だ。あの頃よりも少しついてしまった贅肉が、妙に肉感的でセクシーに見えてしまう。そんなことよりも、背中を流すという言葉にビックリしてしまった。

俺は、さすがにマズいだろうと言った。
『どうして? これくらいサービスしてあげないと。いつもビールやお肉持ってきてくれてるでしょ?』
真美は、そんな風に言う。俺は、確かにそうだなと思ったが、それでもやりすぎではないかと思う。
『それに、私は清さんのガールフレンドなんだから、これくらいはしないとね』
真美は、おどけたように笑いながら言う。そして、そのまま本当に行ってしまった。俺は、正直パニックになっていた。いくらなんでもやりすぎだと思う。でも、やりすぎと思いながらも、なぜか止めに行かない俺がいる。やっぱり、清に対してはいまだ同情心が強く働くからかもしれない。
きっと、嫁も同じような気持ちで色々と清にしてあげようとしているのかもしれない。自分の配偶者が事故で突然死んでしまう……。それは、想像もつかない。どんな心理状況になるのだろう?

風呂の方から、真美の笑い声が聞こえて来た。俺は、止めに行くつもりではなく、気になってしまってこっそりと近づいていった。

「そ、そこは良いって! ちょっ、ダメだって、恥ずかしいよ!」
清が、困ったような声をあげている。
『恥ずかしがる歳でもないでしょ? ほら、手どかして!』
真美は、まるで看護師のおばちゃんみたいな感じになっている。
「ちょっ、そこは良いから! 本当に良いって!」
清は、照れたような声をあげている。少しムキになっているようにも聞こえる。
『ちゃんと綺麗にしとかないと、いざって時に嫌われちゃうよ?』
真美は、世話を焼き続ける。清は、その言葉を聞いてなのか、抵抗するようなことを言わなくなった。
『ほら、綺麗になった! ホント、恥ずかしがり屋さんなんだねぇ』
真美は、からかうように言う。
「そりゃ、こんなことされればそうなるよ」
短く言う清。すると、真美が、
『じゃあ、ゆっくり温まってね~』
と、言い始めた。俺は、慌てて音を立てずにリビングに戻った。

少しすると、水着のままの真美が入ってきた。
『終わったよ~。パパも、流してあげようか?』
真美は、そんな風に言ってくる。一見、すごく楽しそうだ。俺は、じゃあ、お願いしようかな? と、言ってみた。
「フフ。良いよ。久しぶりだね。このままが良い? それとも、裸が良い?」
真美は、おどけたように言ってくる。俺は、そのまま水着が良いと言ってみた。
『そう言うと思った。じゃあ、入ろうよ』
真美は、そんな風に言う。清は、もう出たのだろうか? 移動すると、清はもう風呂から上がっていた。多分、布団を敷いた和室に行っているのだと思う。

俺は、全裸になって風呂に入る。水着姿のままの真美が入ってきて、身体を洗い始めてくれる。なんというか、変な感じだった。
真美は、俺のペニスにもボディソープを付けてくる。俺は、思わずそこは良いよと言った。
『なんで? 洗わないと汚いじゃん。清さんも恥ずかしがってたけど、そんなに恥ずかしいものなの?』
俺のペニスを洗いながら聞いてくる真美。俺は、思わず清のチンポを洗ったのか!? と、聞いた。
『え? うん。洗ったよ。だって、そこだけ洗わないのも変でしょ?』
真美は、悪びれずに言う。俺は、不思議な感覚を味わっていた。真美が、他の男のペニスを握った……。それは、イヤなことのはずだ。でも、なんというか妙にドキドキする。興奮している……と言うほどではないにしても、それに近い感覚がある。

俺は、アイツのチンポはどうだった? と、質問した。
『え? どうだったって、別に普通だったよ。二本生えてるとか、金色だったって事はないよ』
真美は、そんな風に答える。俺は、そうじゃなくて、サイズはどうだったのかと聞いた。
『え? 大きさ? うん、なんか太かったよ』
真美は、そんな風に言う。俺は、なぜか興奮したまま、アイツのは勃起したのかと質問した。
『うん。洗ってたら、少し固くなってきたかな? でも、完全には大きくなってないと思うよ。どうしたの、そんなこと聞くなんて』
真美は、不思議そうな顔で聞いてくる。俺は、聞いておきながら、どうしてそんな質問をしたのか自分でもよくわからなくなっていた。

『はい、綺麗になったよ。じゃあ、今度は私も洗ってもらおうかな?』
そう言って、水着を脱ぎ始めた真美。肉付きの良い身体が、あらわになる。確かに、少し太ったのは間違いないと思うが、すごく抱き心地が良さそうだ。
俺は、興奮しながらボディソープを手の平に取り、彼女の身体に塗り拡げていく。そして、そのまま胸を洗い始めた。太ったことでさらに大きくなった胸。両手に余る感じだ。手の平に、乳首の感触が伝わってくる。真美の乳首は、最初からカチカチになっていた。

『ンッ、ダメだよ、エッチ……変な気持ちになっちゃうよ』
悩ましい声をあげる真美。俺は、強い嫉妬を感じていた。清のペニスを握ってしまった真美……。ただ洗っただけだとは思うが、それでもモヤモヤが大きくなるばかりだ。俺は、嫉妬に押されるように真美の乳首を触り続ける。真美は、どんどん息遣いが荒くなっていく。
『パパ、ダメだよ、清さんいるんだから……』
真美は、恥ずかしそうに言う。俺は、その言葉を聞いて冷静になった。

『じゃあ、ゆっくり温まってね』
真美はそう言って風呂から出て行った。俺は、自分でも興奮しすぎたなと思った。清がいるのに、風呂でセックスをしてしまったら丸聞こえだったと思う。

そして、俺は少し温まった後、風呂を出た。入れ替わりに、真美が風呂に入る。清は、リビングでビールを飲んでいた。少し気まずそうな彼。
「なんか、悪かったな。身体洗ってもらっちゃって……」
謝ってくる清。本当に、申し訳ないと思っているような感じだ。俺は、別に気にするなと言った。
「なんか、その……チンポまで洗ってもらっちゃったし……」
清は、本当に申し訳なさそうだ。俺は、そんなにも申し訳なさそうにする彼に、同情心と優越感を感じてしまった。そして、洗うだけじゃなくて、抜くのも手伝わせようか? と、言ってしまった。

「えっ!? そ、それはマズいだろ。そんなの、さすがに頼めないって」
清は、しどろもどろだ。無理もないと思う。俺は、さらに優越感を感じながら、遠慮しなくても良いと言っていた。清は、困ったような感じで、
「本気で言ってるのか? そんなの、聞いたことないぞ」
と、言う。俺は、逆に真美じゃイヤなの? と、聞いてみた。
「いや、そう言うことじゃないって。真美ちゃんがイヤなわけないだろ。むしろ、嬉しいよ」
そんな風に言う彼。すると、
『じゃあ、手伝ってあげる!』
と、後ろから真美の声がした。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ