NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

次の朝、あんなことがあってもとくに何も変わらず、3人で朝ご飯を食べた。でも、微妙に清に気まずそうな感じがある。でも、真美は明るい感じで話を続け、
『今日は、何するの? 何か予定あるの?』
と、清に聞いたりする。今日は俺も休みだし、清も休みのはずだ。

「え? 別に予定ないよ。家に帰って、ゴロゴロするつもりだけど」
と、答える清。


『だったら、遊びに行こうよ。ボーリングとかしない? なんか、最近運動不足だし』
真美は、そんなことを言う。昨日、清に太ってきたと言われたことを気にしてるのかな?と、感じた。
「おっ、良いね。メチャ久しぶりだよ」
清は、楽しそうだ。そして、今日の予定が決まった。

食事が終わると、準備をし、4人で出かけた。息子はまだ1歳なので、ボーリングは出来ない。でも、お出かけは好きなので楽しそうだ。

なんとなく、組み合わせ的に俺が息子の面倒を見て、清と嫁が話をしているという感じになる。なんというか、嫁がデートをしているのに付き添っているような不思議な気持ちになる。

ストライクやスペアを取る度に、ハイタッチする2人。もちろん俺ともするが、なんとなく疎外感を感じてしまう。
『パパ、頑張ってよ! 負けてるよ!』
真美は、急に俺を応援してくれた。そんなことで妙に嬉しくなる俺。自分でも、単純だなと思う。そして、やる気を出した俺が追い上げ、ほとんど清と同じようなスコアになる。すると、真美が耳打ちをしてきた。
『負けたら、今日も清さん手伝っちゃうよ。もっと、すごいやつしちゃうよ』
と、言う真美。俺は、ドキッとしてしまった。今日も、清を泊めるつもりなのだろうか? 俺は、一気に色々と想像してしまった。そして、最終フレームの2投目、後2本倒せば俺の勝ちだ。ピンは、5本残ってる。普通に投げれば、まず勝てる状況だ。

俺は、真美を見た。真美は、しっかりと俺のことを応援してくれている。俺は、落ち着いて足を踏み出した。でも、投げるまでの数歩の間に、もっとすごいヤツを見たいという気持ちが湧いてしまった。

結局、俺はガターになってしまった。わざとではない。でも、余計なことを考えた結果だと思う。
『あ~あ、負けちゃったね。ホント、でも、良い勝負だったね!』
真美は、さっきのことは何も言わない。優しい顔で慰めてくれるようなことを言う。でも、しばらくすると、また耳打ちをしてきた。
『じゃあ、今日はすごいことしちゃうね』
真美は、そんな風に言った後、ウィンクをしてきた。俺は、真美のその仕草にドキッとしてしまった。そして、その後数ゲームして、昼を食べに行った。楽しい雰囲気で食事は進み、あっという間に良い時間になった。

「じゃあ、そろそろ帰るわ。ホント、楽しかったよ。ありがとな」
清は、本当に感謝している顔で言う。
『今日も泊まっていけば良いでしょ? どうせ、やることないんだから』
真美は、からかうように言う。清は、さすがに悪いから帰ると言う。でも、俺も真美も、全然悪くないし、気にせず泊まって行くように勧める。強引に押し切られるように、清は泊まって行くことになった。

ボーリングの疲れもあり、ダラダラ過ごした後、夕食を食べ始めた。さっきスーパーで買った寿司とか惣菜だ。食べ終わる頃、俺が息子を寝かしつける。そして、寝かしつけてリビングに戻ると、すでに二人はビールを飲んでほろ酔い加減だった。

『パパ、お疲れ様。すぐ寝た?』
真美が、ほろ酔い加減のまま聞いてくる。俺は、すぐ寝たよと答えながら、ドキドキしていた。本当に、凄いことをするつもりなのだろうか?

そして、俺もビールを飲み始める。
「本当に、色々ありがとう。二人には、助けられっぱなしだよ。おかげさまで、俺もかなり気持ちの整理がついたと思う」
清が、珍しくしみじみとそんなことを言ってきた。
『よかった。ホント、最初の頃はどうなっちゃうのか心配だったんだよ』
真美が、そんな風に言う。確かに、嫁さんが死んでしまった直後は、後を追うんじゃないかと思うくらいに清は落ち込んで憔悴しきっていた。

「本当にありがとう。俺がいつまでもくよくよしてたら、アイツに怒られちゃうからね」
清は、笑顔で言った。そして、昔話を織り交ぜつつ、楽しく飲みながら会話を続ける。

『ランジェリーパブ? へぇ、女の子が下着姿なんだ。それって、エッチなことも出来るの?』
真美が、清がたまに行くというランジェリーパブの話に食い付いた。
「いや、そういうのはないよ。ただ、飲むだけ。キャバクラの、下着版って感じかな?」
清が説明をする。
『そうなんだ。でも、それって余計に欲求不満になるんじゃないの?』
真美が、もっともなことを言う。俺も、行ったことはないけどそんな気がした。
「まぁ、どうせキャバクラとか行っても上手いこと出来ないし、風俗行くのもなんとなく抵抗あるから、ランジェリーパブくらいがちょうど良いんだよね」
清は、少し恥ずかしそうだ。確かに、そこまでカミングアウトしなくてもいい気はした。

『じゃあ、ランジェリーパブしてあげるね』
真美は、そういうと、いきなり服を脱ぎ始めた。慌てて止める清。でも、ワンピース姿だった真美は、すでに下着姿だ。薄いピンクのブラジャーとショーツ。いつもの着古したヤツではなく、新しい感じがする。そして、ちょっと布が小さめな感じで、セクシーな雰囲気もある。

『はい、ついであげる』
そう言って、ビールをコップにつぎ始める真美。少し頬が赤くなっていて、真美も恥ずかしいんだなと感じる。
「いや、なんか……凄いね。セクシーだよ。緊張しちゃうな」
清は、コップを持ちながらそんな風に言う。本当に、かなり緊張気味だ。でも、やっぱり視線は胸や太もものあたりに注がれているのがわかる。

そして、家庭内ランジェリーパブが始まった。俺は、見慣れた嫁の下着姿なのでそれほど興奮はしない。でも、その姿を清に見られているという状況に、不思議なほど興奮してしまう。

清も徐々に慣れてきて、
「ホント、大きいね。それだけ大きいと、肩こるんじゃない?」
清が、嫁の胸の谷間を見ながら言う。俺は、昨日の真美のハンドサービスにもなぜか興奮してしまったが、今もやっぱり興奮している。自分の嫁の下着姿を他の男に見られて興奮する……。これは、きっと寝取られ性癖というヤツなのだと思う。

俺がそんなことを考えていると、いつの間にか清が真美の肩を揉んでいた。
『あぁ、気持ちいい。清さん、上手じゃん』
肩を揉まれながら、気持ちよさそうな声をあげる真美。下着姿の真美が肩を揉まれているのは、不思議な感じがする。清は、ニヤニヤしながら揉み続ける。上から覗くように、真美の胸の谷間を見ている。

「ホントに凝ってるね。胸って、結構重いんだね」
清はそんな風に言う。
『そうなんだよ。下から持ち上げてみて。重さわかるから』
真美がそんな風に言う。すると、清はすぐに真美の胸を下から持ち上げるように持った。
「ホントだ! こんなに重いんだ!」
大げさに驚く彼。俺は、ユサユサと揺らすように真美の胸を持ち上げている清を見て、かなりのショックを受けていた。どんな形であるにせよ、真美の胸を触られている……。俺は、今までに感じたことがないような嫉妬を感じていた。

『ホント、もっと小さくなって欲しいよ』
真美がそう言うと、
「痩せれば小さくなるでしょ」
と、清がからかうように言う。
『もう! 別に太ってないもん』
真美が、胸を持たれたまま言う。俺は、ドキドキしながら成り行きを見守っている。

「ごめんごめん。じゃあ、ここも揉んであげる。少しは楽になるんじゃない?」
清がそう言って、真美の胸を揉み始めた。下から持ち上げるだけではなく、鷲づかみっぽくしながら揉む彼。
『もう……。エッチ』
真美は、そんな風に言うだけで抵抗しようとしない。清は、興奮した顔でブラジャー越しに胸を揉み続ける。一気に、空気が淫靡なものに変わった感じがする。

「ここは、柔らかいね。ぜんぜん凝ってないよ」
胸を揉みながら言う清。凝ってないと言いながらも、夢中で胸を揉み続けている。
『うん。柔らかいでしょ』
真美がそう答える。少し、緊張しているような感じになってきている。すると、清がブラ越しに乳首を摘まむようにし始めた。
「でも、ここはすごく固い。めちゃくちゃ凝ってるよ」
そんな風に言う清。
『うぅ、んっ、バカ……』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁(オリジナル 転載禁止)

週末、いつものように清を招いて夕食を一緒に食べていた。清は、高校の時からの友人だ。お互いに結婚して多少疎遠になったりもしたが、この2年くらいはかなり頻繁に家に招いている。2年前に、清の嫁さんが交通事故で死んでしまったからだ。
見ていられないくらい落ち込んだ清。もしかしたら、嫁さんの後を追ってしまうのではないか? そんな危機感を感じさせるほど、彼は落ち込んで自暴自棄になっていた。

見かねた俺は、とにかく一緒に飯を食べるようにした。強引に誘って引っぱってくるような感じでうちに連れてきた。そして、時間はかかったが清にも笑顔が戻ってきて、最近では本当に楽しく飯を食べる感じになっていた。


『そんなことないよ。体重は変わってないもん』
俺の嫁の真美が、清に太ったと言われてムキになって反論する。でも、確かに真美は太ったと思う。まだ子供が1歳なので、家にいることも多く、少し運動不足なのかもしれない。
でも、少しぽっちゃりしたくらいの方が好みなので、まったく問題ないと思っている。

「そうなんだ。なんか、太ももとかむっちりしてきたなって思ったからさ」
清は、少し酔っている感じだ。最初は、真美とほとんど口も聞かなかった彼だけど、今では昔からの友人みたいな感じになっている。
真美も、最初はただの同情心だけだったと思うが、今では結構楽しそうにしている。きっと、馬が合うんだと思う。

俺は、そろそろガールフレンドでも作ったらどうだ? と、まだタイミングが早いかな? と、思いながらも言ってみた。
「え? ガールフレンドならいるよ。真美ちゃん」
清は、笑いながら言う。でも、気のせいかもしれないが、少し悲しそうな目になった気がする。
『そうそう。私がいるから別に良いの』
真美は、やっぱり楽しそうに言う。いつもよりも、少し酔っているのかもしれない。

俺は、考えてみればまだ2年なので、そんな気になれないんだろうなと思った。でも、性欲はあるはずなので、どうしているのだろう? と、変なことも気になる。

そして、結構遅い時間になった。俺は、泊まっていけば? と、声をかけた。清は、そうさせてもらうよと言った。かなり顔が赤いので、思っている以上に酔っているのかもしれない。

そして、遠慮する清を先に風呂に入れさせると、真美が片付けをしたりバタバタ動き始める。俺は、まだ残っているビールを飲みながら、ニュースを見たりしていた。すると、
『ちょっと、背中流してくるね』
と、真美が後ろから声をかけてきた。俺は、ビックリして振り返る。すると、真美は水着姿だった。最近は行ってないプール。水着は、数年前のものだ。布が小さいタイプではないが、一応ビキニタイプの水着だ。あの頃よりも少しついてしまった贅肉が、妙に肉感的でセクシーに見えてしまう。そんなことよりも、背中を流すという言葉にビックリしてしまった。

俺は、さすがにマズいだろうと言った。
『どうして? これくらいサービスしてあげないと。いつもビールやお肉持ってきてくれてるでしょ?』
真美は、そんな風に言う。俺は、確かにそうだなと思ったが、それでもやりすぎではないかと思う。
『それに、私は清さんのガールフレンドなんだから、これくらいはしないとね』
真美は、おどけたように笑いながら言う。そして、そのまま本当に行ってしまった。俺は、正直パニックになっていた。いくらなんでもやりすぎだと思う。でも、やりすぎと思いながらも、なぜか止めに行かない俺がいる。やっぱり、清に対してはいまだ同情心が強く働くからかもしれない。
きっと、嫁も同じような気持ちで色々と清にしてあげようとしているのかもしれない。自分の配偶者が事故で突然死んでしまう……。それは、想像もつかない。どんな心理状況になるのだろう?

風呂の方から、真美の笑い声が聞こえて来た。俺は、止めに行くつもりではなく、気になってしまってこっそりと近づいていった。

「そ、そこは良いって! ちょっ、ダメだって、恥ずかしいよ!」
清が、困ったような声をあげている。
『恥ずかしがる歳でもないでしょ? ほら、手どかして!』
真美は、まるで看護師のおばちゃんみたいな感じになっている。
「ちょっ、そこは良いから! 本当に良いって!」
清は、照れたような声をあげている。少しムキになっているようにも聞こえる。
『ちゃんと綺麗にしとかないと、いざって時に嫌われちゃうよ?』
真美は、世話を焼き続ける。清は、その言葉を聞いてなのか、抵抗するようなことを言わなくなった。
『ほら、綺麗になった! ホント、恥ずかしがり屋さんなんだねぇ』
真美は、からかうように言う。
「そりゃ、こんなことされればそうなるよ」
短く言う清。すると、真美が、
『じゃあ、ゆっくり温まってね~』
と、言い始めた。俺は、慌てて音を立てずにリビングに戻った。

少しすると、水着のままの真美が入ってきた。
『終わったよ~。パパも、流してあげようか?』
真美は、そんな風に言ってくる。一見、すごく楽しそうだ。俺は、じゃあ、お願いしようかな? と、言ってみた。
「フフ。良いよ。久しぶりだね。このままが良い? それとも、裸が良い?」
真美は、おどけたように言ってくる。俺は、そのまま水着が良いと言ってみた。
『そう言うと思った。じゃあ、入ろうよ』
真美は、そんな風に言う。清は、もう出たのだろうか? 移動すると、清はもう風呂から上がっていた。多分、布団を敷いた和室に行っているのだと思う。

俺は、全裸になって風呂に入る。水着姿のままの真美が入ってきて、身体を洗い始めてくれる。なんというか、変な感じだった。
真美は、俺のペニスにもボディソープを付けてくる。俺は、思わずそこは良いよと言った。
『なんで? 洗わないと汚いじゃん。清さんも恥ずかしがってたけど、そんなに恥ずかしいものなの?』
俺のペニスを洗いながら聞いてくる真美。俺は、思わず清のチンポを洗ったのか!? と、聞いた。
『え? うん。洗ったよ。だって、そこだけ洗わないのも変でしょ?』
真美は、悪びれずに言う。俺は、不思議な感覚を味わっていた。真美が、他の男のペニスを握った……。それは、イヤなことのはずだ。でも、なんというか妙にドキドキする。興奮している……と言うほどではないにしても、それに近い感覚がある。

俺は、アイツのチンポはどうだった? と、質問した。
『え? どうだったって、別に普通だったよ。二本生えてるとか、金色だったって事はないよ』
真美は、そんな風に答える。俺は、そうじゃなくて、サイズはどうだったのかと聞いた。
『え? 大きさ? うん、なんか太かったよ』
真美は、そんな風に言う。俺は、なぜか興奮したまま、アイツのは勃起したのかと質問した。
『うん。洗ってたら、少し固くなってきたかな? でも、完全には大きくなってないと思うよ。どうしたの、そんなこと聞くなんて』
真美は、不思議そうな顔で聞いてくる。俺は、聞いておきながら、どうしてそんな質問をしたのか自分でもよくわからなくなっていた。

『はい、綺麗になったよ。じゃあ、今度は私も洗ってもらおうかな?』
そう言って、水着を脱ぎ始めた真美。肉付きの良い身体が、あらわになる。確かに、少し太ったのは間違いないと思うが、すごく抱き心地が良さそうだ。
俺は、興奮しながらボディソープを手の平に取り、彼女の身体に塗り拡げていく。そして、そのまま胸を洗い始めた。太ったことでさらに大きくなった胸。両手に余る感じだ。手の平に、乳首の感触が伝わってくる。真美の乳首は、最初からカチカチになっていた。

『ンッ、ダメだよ、エッチ……変な気持ちになっちゃうよ』
悩ましい声をあげる真美。俺は、強い嫉妬を感じていた。清のペニスを握ってしまった真美……。ただ洗っただけだとは思うが、それでもモヤモヤが大きくなるばかりだ。俺は、嫉妬に押されるように真美の乳首を触り続ける。真美は、どんどん息遣いが荒くなっていく。
『パパ、ダメだよ、清さんいるんだから……』
真美は、恥ずかしそうに言う。俺は、その言葉を聞いて冷静になった。

『じゃあ、ゆっくり温まってね』
真美はそう言って風呂から出て行った。俺は、自分でも興奮しすぎたなと思った。清がいるのに、風呂でセックスをしてしまったら丸聞こえだったと思う。

そして、俺は少し温まった後、風呂を出た。入れ替わりに、真美が風呂に入る。清は、リビングでビールを飲んでいた。少し気まずそうな彼。
「なんか、悪かったな。身体洗ってもらっちゃって……」
謝ってくる清。本当に、申し訳ないと思っているような感じだ。俺は、別に気にするなと言った。
「なんか、その……チンポまで洗ってもらっちゃったし……」
清は、本当に申し訳なさそうだ。俺は、そんなにも申し訳なさそうにする彼に、同情心と優越感を感じてしまった。そして、洗うだけじゃなくて、抜くのも手伝わせようか? と、言ってしまった。

「えっ!? そ、それはマズいだろ。そんなの、さすがに頼めないって」
清は、しどろもどろだ。無理もないと思う。俺は、さらに優越感を感じながら、遠慮しなくても良いと言っていた。清は、困ったような感じで、
「本気で言ってるのか? そんなの、聞いたことないぞ」
と、言う。俺は、逆に真美じゃイヤなの? と、聞いてみた。
「いや、そう言うことじゃないって。真美ちゃんがイヤなわけないだろ。むしろ、嬉しいよ」
そんな風に言う彼。すると、
『じゃあ、手伝ってあげる!』
と、後ろから真美の声がした。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ