NTRマッチングセンター3(マガブロ 転載禁止)

前回の話

 僕は、七菜の言葉に泣きそうになった。僕のペニスは、根元まで入っている。包み込まれる感触もある。でも、七菜は不安そうな顔で、
「本当にに、入ってるよね?」
 と聞いてくる。いくら拡がってしまったとはいえ、入っていることすらわからないなんてあるのだろうか? 僕は、羞恥で顔が真っ赤になっていると思う。

 僕は、入っていると言いながら、画面のことも気にしてしまう。七菜は、本当に気持ちよさそうにあえいでいる。声を我慢することは諦めてしまったようだ。
 膣が拡がってしまうくらいの太いペニス……。痛くないのだろうか? でも、七菜の顔を見ていると、痛いと言うことはないんだろうなと思う。


「まだ興奮してる? それとも、後悔してる?」
 七菜は、僕にまたがったまま質問してくる。僕は、正直に興奮もしているし後悔もしていると告げた。テレビの画面からは、七菜のあえぎ声が聞こえ続けている。
「あっ、あっ、そこ気持ちいいっ、こすれてます。太いのでこすれてますっ」
 七菜は、戸惑いを感じているような顔であえぐ。気持ちよすぎて戸惑ってしまう……そんなことがあるんだろうか?
 秋山さんは、七菜の腰を持ち上げるようして腰を振り続ける。角度がついて、ペニスが膣壁の上側をこすっているような感じだと思う。
 Gスポットの存在は知っている。でも、正直よくわからない。どこにあるのかもわかっていないし、そこを責めようと思ったこともなかった。
 七菜は、オナニーをするときには膣に指を入れていた。自分でGスポットを刺激していたのだろうか? きっと、僕のセックスは物足りないと思っていたんだろうなと思う。

 小柄で童顔な七菜……薄いヘアが、より彼女を幼く見せている。そんな彼女が、こんなマッチングセンターを使って単独男性に抱かれる……しかも、他の人もいる前で。
 七菜も望んでいたことなので、無理矢理させているわけではない。それでも、実際にこんな事をするのが信じられない……。

「ごめんね、はしたない声出してるね。でも、我慢出来ないの。秋山さんの、凄く太くて気持ちいいところにゴリゴリ強く当たっちゃうの」
 七菜は、緩く腰を動かしながら言う。さすがに動かされると、膣肉が絡みつく感覚が強くなる。でも、やっぱり普段の彼女の膣から考えると、緩いと思ってしまう。
 僕は、泣きそうな気持ちのまま、僕のは当たらないの? と聞いた。
「当たってるよ。優くんのも当たってる。奥には当たらないけど、気持ちいいところにはちゃんと当たるよ」
 七菜は、そんな説明をしてくれる。少しホッとする気持ちがあるが、七菜はさらに続けて、
「でも、当たるだけなの。こすってくれないよ。太さが……足りないのかな?」
 七菜は、言いづらそうだ。僕は、悲しい気持ちになりながら、腰を突き上げ始めた。
「あっ、ンッ、どうしたの? ヤキモチ焼いてるの?」
 七菜は、少し驚いた顔で聞いてくる。僕は、黙って腰を突き上げ続ける。七菜は、嬉しそうな顔になるが、すぐに悲しそうに、
「やっぱり、こすってくれないみたい……秋山さんので拡がっちゃったからかな?」
 と言った。正直、悔しい気持ちしかない。でも、少しでも感じてもらいたくて腰を動かし続ける。少し角度を付けてみたりもした。でも、七菜のリアクションはほとんどない。

 画面の中で、七菜は両手で顔を覆い隠すようにしながらあえいでいる。あまりにも声が出てしまうので、恥ずかしがっているようだ。
「あっ、アンッ、アンッ、凄いです、うぅっ、気持ちいい。こんなの初めて。こんなにこすってもらったことないですっ」
 七菜は、追い詰められているような感じもある。そして、両脚がピンと伸びるようになり、
「イクっ、イクっ、うぅあぁっ」
 と、叫んで身体を震わせた。七菜は、すぐに弛緩したように脱力する。でも、秋山さんは抱え上げるようにしたまま腰を動かし続けている。
 Gスポットを集中的に攻めるように、浅めのピストンを繰り返している。

「も、もうイキました。イッちゃいましたっ! うぅあっ、あっ、止めてっ、ストップ、うぅっ、ダメぇっ!」
 七菜は、追い詰められたような声をあげ始めた。でも、秋山さんは腰を動かし続ける。そして、
「次は、奥を責めるよ」
 と言い始めた。七菜は、ハヒィ? みたいな、声になっていない声を漏らした。秋山さんは、七菜の腰をホールドしたまま腰を奥まで突き入れ始めた。
「うぅっ! うぅっ! うぅ〜〜っ!」
 七菜は、あえぎ声ではなくなってうめき声になった。歯を食いしばるようにしながら、うめいている。
「気持ちよさそうだね。奥が感じるなら、きっともっと気持ちよくなれるよ」
 秋山さんは、自信たっぷりに言いながら腰を動かし続ける。ストロークも長く深くなり、七菜のうめき声はどんどん大きくなる。

「ダッ、ダメぇっ! 止めてっ、無理、もう無理ですっ、うぅああぁぁっ!」
 七菜は、悲鳴を上げ始めた。かなり強い快感を感じてしまっているようで、両脚の指先が拡がってしまっている。全身に力も入っているようで、不規則にビクンと跳ねるように動いたりする。

「凄く子宮降りてきてるね。強く当たってるよ。子宮口に入っちゃいそうだ」
 秋山さんは、嬉しそうに言いながら腰を振り続ける。
「ダメっ、無理です、ホントに無理、イッてるの、イッてるのにまたイキそうですっ、うぅああっ!」
 七菜は、ほとんど絶叫だ。僕は、いつの間にか腰を突き上げるのを止めてしまっていた。無意識に、敗北を感じたのだと思う。
 そして、僕の上にまたがっている七菜の膣は、驚くほどキュンキュンと脈動し始めた。七菜を見ると、発情したような顔で画面を見つめている。
 思い出して、身体が反応している? 妊娠したがっている? もう、敗北感しか感じない……・

 僕は、震えるような声で奥は痛くないの? と聞いた。
「……見てわかるでしょ? 気持ちよすぎちゃうくらいだよ」
 七菜は、うっとりとした顔で言う。画面の中では、長くて強いストロークで秋山さんが責め続けている。七菜は、ほとんど泣いているような顔であえぎ、時折悲鳴を上げる。
 それにしても、秋山さんはまったく見た目とは違う。どこにでもいそうな、おとなしい中年だと思っていた。もう、初老の歳なのかも知れない。でも、無尽蔵の体力で腰を動かし続け、もっと感じてごらんと言い続けている。
 経験も豊富のようだ。見た目から判断すると、モテるタイプでもないと思う。

 そんな彼が、七菜を泣くまで責めている。信じられない光景だ。

「いやっ、いやぁ〜っ! イクっ、凄いのっ、こんなの知らないっ、うぅううぁああっ!」
 七菜は、叫びながら腰を痙攣させた。
「凄いね、うねってるよ。一回抜くね」
 秋山さんがペニスを抜くと、ぴゅーっと透明の液体が飛んだ。けっこうな量だ。ペニスを抜くのに合わせて、潮吹きをした? お漏らし? どちらにしても、初めて見る姿だ。
「イヤァ……恥ずかしいです……」
 七菜は、顔を真っ赤にしながら言う。でも、その顔はとろけきっていて幸せそうにも見える。
「どうだった?」
「……凄すぎです……どうなっちゃうのか怖くなって、叫んじゃいました……」
 七菜は、甘えたような声で言う。すっかりと、心を許してしまった牝の顔だ。

「七菜ちゃんは、奥が感じるんだね。若いのに、珍しいよ。普通は、経産婦の人じゃないと痛がるんだよね」
 秋山さんは、嬉しそうに言う。
「そうなんですね……。全然痛くないです。でも、気持ちよすぎちゃって怖かった……」
「じゃあ、奥はもう止めておく?」
「止めないです。その……もっとして欲しいです。今度は、私が泣き叫んでも止めないで……」
 七菜は、恥ずかしそうにおねだりをした。まさかのおねだりに、僕は言葉も出てこない。

僕の上にまたがっている七菜は、身体を僕に預けるように倒れ込んできた。そして、僕の耳元で、
「秋山さんの、凄かったんだよ。最初は圧迫感しか感じなかったのに、突かれるたびに頭の中がスパークするみたいになるの。幸せな気持ちも湧いてきて、顔が微笑んじゃう……」
 と、ささやく。その言い方に、ゾクゾクッとしてしまった。僕を挑発するというか、興奮をさせようとしているようだ。

「じゃあ、四つん這いになって。バックで責め倒してあげるよ」
 秋山さんは、余裕の顔で言う。もう、七菜をコントロール下に置いたという自信が伝わってくるようだ。
 七菜は、すぐに四つん這いになった。スケスケの卑猥なキャミソール姿の七菜……四つん這いになって、彼にお尻を向けている。七菜は、自分でキャミソールをまくり上げると、真っ白なお尻を晒す。

 カメラは、色々なアングルで七菜の卑猥な姿をカメラに収め続けている。こうやって画面で見ていると、七菜がアダルトビデオ女優にでもなったような違和感を感じる。
「じゃあ、おねだりしてみて」
 秋山さんは、穏やかに言う。七菜は、
「は、はい。七菜に、後ろからハメて下さい」
 と、顔を真っ赤にしながら言う。七菜は声が震えてしまっていて、本当に恥ずかしいと思っているんだなと感じた。

「ダメダメ。もっと、男の性欲を直撃するようなこと言ってくれないと」
「そ、そんなの恥ずかしいです」
「恥ずかしがってちゃ、このセンター使う意味ないでしょ? もっと、欲望や願望に正直にならないと」
「わ、私は、彼を喜ばせたくて来てるだけです」
 七菜は、四つん這いでお尻を丸出しのまま言う。
「違うでしょ? いろんなチンポを経験したいんでしょ? 顔見ればわかるよ」
 秋山さんは、楽しそうに言う。七菜は、返事が出来なくなってしまった。
「ホラホラ、早くおねだりしてごらん。口に出すと、もっと気持ちよくなるよ」
「……わかりました。七菜の、オ、オマンコに、大きなおちんちんハメて下さい」
 七菜は、卑猥な言葉を口にした。耳まで真っ赤になりながらも、さらに顔がとろけた感じがする。カメラは、七菜の秘部や顔をアップにしながら、いきり立った秋山さんのペニスもアップにする。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


[ 2022/12/06 23:13 ] NTRマッチングセンター | TB(-) | CM(-)

NTRマッチングセンター2(マガブロ 転載禁止)

前回の話

 七菜の写真は、あまりにも衝撃的だった。心のどこかで、結局なにもせずに戻ってくるのではないか? 実際にその場面になったら、やっぱり無理! という感じになるのではないかと思っていた。
 でも、少なくても七菜が他の男性のペニスをくわえたことは確定してしまった……。

 七菜は、小柄な方だし顔も小さい。それを考慮したとしても、男性のペニスはとても大きく見える。大きく口を開けてもギリギリ入っている感じだし、長さもくわえ切れていなくてかなりはみ出ている。


 でも、そんなことよりも、七菜の表情が衝撃的だ。こんなにもとろけて発情したような顔になるなんて、この目で見ても信じられない。
 僕は、オナニーしたい気持ちばかりが高まっている。でも、なんとか堪えながら七菜の帰りを待った。腰が抜けて、タクシーで帰る……本当だろうか? 最後までしてしまったのだろうか?

 思ったよりも早く七菜は戻ってきた。玄関で音がした途端、僕はすぐに出迎えに走った。
「ただいま。ごめんね、遅くなった」
 七菜は、疲れているような声だ。でも、顔を見てドキッとしてしまった。いつもは、天真爛漫で無邪気な笑顔が可愛いのに、今の七菜は妖艶な表情をしている。潤んだような目……先入観がそうさせるのかも知れないが、唇も濡れたように光って見える。

 僕は、どうだったの? と、慌てて聞いた。
「心配はしてないの?」
 七菜に言われて、ドキッとしてしまった。慌てて怖い目には遭わなかったの? と聞くと、
「うん。センターの人もいたし、秋山さん優しかったよ」
 と、やっぱり疲れたような顔のまま言う。僕は、とりあえずリビングに移動を促した。でも、七菜は抱きついてキスをしてきた。いきなり舌を使われ、戸惑ってしまう。でも、あまりに積極的に舌を絡ませてくるので、僕もキスを始めた。

 七菜は、いつになく興奮した感じでキスを続ける。こんなにも激しく舌を絡められたことは、記憶にないくらいだ。
「どうする? エッチする? それとも、動画が見たい?」
 七菜は、発情したよう顔のまま聞いてきた。僕は、エッチすると答えるのが正解だとわかっていながらも、動画を見たいと告げた。
「そう言うと思った。じゃあ、座って。今テレビにつなげるね」
 そう言って、七菜はスマホをいじり始めた。スマホで撮影したの? と聞くと、
「そうだよ。センターの人が撮ってくれたよ」
 と、答えた。センターの人が見ている前で、秋山さんとセックスをしたのだろうか? それを質問すると、
「うん。だって、カメラで撮ってもらったから。目の前でしたよ。なんか、変な感じだった。見られながらするのって、すごく興奮した……」
 七菜は、興奮した顔で答えながら再生を始めた。

「はい。よろしくお願いします」
 カメラ目線で、七菜が頭を下げてそんな事を言った。七菜は、透けたキャミソールみたいなランジェリー姿になっている。
 上手く隠したデザインで乳首までは見えていないが、胸のほとんどが見えてしまっている。ショーツは穿いているので秘部の辺りは見えないが、それでもセクシーすぎる姿だ。

 そして、ベッドが映っている。不自然に、部屋の中央にベッドが置かれていて、その上には腰にタオルを巻いただけの男性が座っていた。
 けっこう年配に見える。50歳以上……60歳もあるかも知れない風貌だ。グレーのオールバックだが、見た目の印象はソフトで優しそうだ。

「秋山さん、よろしくお願いします」
 七菜は、緊張気味に挨拶をした。秋山さんは、優しげな笑みを浮かべながら、
「こちらこそ、よろしくお願いします。NGとかはありますか?」
 と、落ち着いた口調で話しかける。

「えっと……いつもしてるみたいにしてください。イヤなことがあったら、その時言います」
 七菜は、とりあえずNGなしと言ってしまった。
「わかりました。じゃあ、まずは口でしてください」
 秋山さんは、そう言って腰のタオルを外した。七菜は、はいと言って彼の前にひざまずく。彼のペニスはまだ勃起していなくて、ダランとしている。
 七菜のこんなセクシーな姿を見ても勃起していないことに、ちょっとモヤモヤしてしまう。

 僕は、まったく目が離せなくなっている。見たくないという気持ちもあるのに、それ以上に見たいと思ってしまう。そして、秋山さんのペニスとは違い、僕のはすでにギンギンにいきり立ってしまっている。

「大きい……」
 七菜が、秋山さんのペニスを見て驚いたような顔で言う。
「はい。それくらいしか取り柄がないですから」
秋山さんは、やっぱり優しげに言う。これからセックスをしようとしているとは思えないような、緊張感のなさだ。
 それにしても、すごい年の差だ。20歳の七菜と、60歳くらいの秋山さん。親子以上の年の差だと思う。

「失礼します」
 そう言って、七菜は彼のペニスを握ってしまった。あっけないほど簡単に、違う男のペニスを握ってしまった……僕しか男性を知らない七菜……それが、大きなペニスを握っている。

「太い……こんなのあるんですね……」
 七菜は、圧倒されている。
「大きいのは、経験ないですか?」
「はい。その……彼氏のしか知らないです」
 七菜は、顔が真っ赤になっている。
「と言うことは、彼氏さんのは小さいですか?」
「そ、それは……このおちんちんよりは」
 七菜は、顔を赤くしながらしどろもどろだ。僕は、比較されて情けない気持ちになってしまった。でも、確かに圧倒的な差があるように見える。

「良い経験になるといいですね」
「はい」
 そんな会話を続けながら、七菜は手コキを始めた。太いペニスを手でしごいていくと、ムクムクと大きくなっていく。
 こんな風に、勃起していく過程を見たことがないので、新鮮な画像に見える。
「すごい……固くなってきた。まだ太くなるんですね」
 七菜は、どちらかというと引いている感じだ。あまりの大きさに、少し怯えているように見える。

「そうだね。もう少し大きくなるよ」
「ビックリです……どうやったら大きくなりますか?」
「口でしてくれるかな?」
「は、はい。下手くそですけど……」
 七菜は、緊張気味に言いながらも、すぐに彼のペニスを舐め始めてしまった。こんなにもあっさりと、抵抗感もなくフェラチオを始めたことに、強い衝撃を受けてしまう。

 七菜は、ぎこちなく秋山さんのペニスを舐め続ける。小さな舌が、太いペニスに巻き付くようになっている。
「気持ちいいよ。もっと、ここの所とか舐めてみて」
 秋山さんに指示をされて、カリ首を重点的に舐める七菜……。彼のペニスは、完全に勃起したような感じになった。缶コーヒーのロング缶が股間から生えているような、強烈なビジュアル……。
 要望では、いつも使ってるディルドくらいのペニスの男性をリクエストしたはずだ。どう見ても、ウチのディルドよりも遙かに大きいペニスに見える。

「本当に大きい……舐めてるだけで、ドキドキしちゃいます」
 七菜は、うわずった声で言いながらペニスを舐め続ける。舐め方も徐々に滑らかになってきて、大きく口を開けてくわえ込み始めた。
 でも、すぐに吐き出して、
「ご、ごめんなさい! 歯が当たっちゃって……」

 七菜は、かなり焦っている。そんなに強く当たってしまったのだろうか?

「大丈夫だよ。いつものことだから。多少当たった方が気持ちいいし」
 秋山さんは、余裕の表情だ。七菜は、うなずくとフェラチオを再開した。ギリギリ収まっている感じはする。でも、動かせないほどではないようだ。
 七菜は、頭をゆっくりと動かしながらフェラチオを続ける。強烈なビジュアルだ。七菜が、他の男のペニスをくわえている……卑猥なランジェリー姿で、風俗嬢のように奉仕をしている。

 僕は、嫉妬で呼吸が苦しくなった。でも、これを見たかったと思う気持ちが大きい。七菜が、突然僕のペニスを握った。ズボンの上から、鷲掴みみたいにされている。
「本当に興奮してるね……イヤじゃないの?」
 七菜は、感情の読めない声で聞いてくる。怒っているようにも、ドン引きしているようにも聞こえる。僕は、この状況で興奮していないとも言えず、正直に興奮していると告げた。
 でも、それは嫉妬心からで、七菜のことを愛しているからだと言い訳をした。
「ふ〜ん。そうなんだ。それなら良いけど……」
 七菜は、疑いの目で僕を見ている。僕は、視線から逃れるように画面に目を戻した。

 42インチの画面で見る七菜のフェラチオは、迫力がありすぎる。スマホカメラの性能も良いせいか、毛穴まで見えるような鮮明さだ。
 七菜は、少しずつコツが掴めてきたようで、頭の動かし方が速く滑らかになってきた。
「もう少し奥までくわえられる?」
 秋山さんが優しく言うと、七菜は大きなペニスを飲み込んでいく。さっきまでは半分ほどくわえていたが、そこよりももっと奥までくわえていく……。

 顔が紅潮し、少し苦しそうだ。そして、そのまま頭を振ってフェラチオを続ける七菜。僕のペニスを握っている七菜が、ズボンとパンツを降ろしてきた。
「すごいね……こんなに濡れてるよ? 男の人でもこんなに濡れるんだね」
 七菜は、我慢汁でヌラヌラ光ペニスを見ながら、驚いた顔で言う。僕は、ゴメンと謝った。
「良いよ。興奮してくれて、ホッとしてるから。優くんに嫌われたらイヤだなって思ってたから」
 七菜は、そう言って僕のペニスを手でしごき始めた。しごき始めてすぐに、
「優くんの、すごく握りやすいよ。同じおちんちんでも、こんなに違うんだね。今まであんまり意識してなかった」
 七菜は、そんな風に言いながら手コキを続ける。比べられている……そう思うと、ドキドキしてしまう。僕のが小さいと思っているんじゃないかと、イヤな想像もしてしまう。

 画面の中では、七菜がフェラチオを続けている。興奮したような顔で、夢中で頭を振っている。
「もう、充分ですよ。交代しましょう」
 秋山さんはそう言って、七菜をベッドに仰向けにする。そして、覆い被さるようにしてキスをした。七菜は、まったく抵抗していない。唇と唇が密着している。

「優くん、もっと固くなったよ。どうして興奮するの? 私がキスしてるの、イヤじゃないの?」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


[ 2022/11/30 23:28 ] NTRマッチングセンター | TB(-) | CM(-)

NTRマッチングセンター(マガブロ 転載禁止)

 僕には、2年付き合っている彼女がいる。僕も彼女も20才で、同じ大学に通っている。出会ったのは、大学ではなくバイト先だった。
 大学の近くのファミリーレストラン。そこのキッチン担当の僕と、ホール担当の七菜は出会った。初めて見たときから、凄く気になってしまった。気になったと言うよりは、恋に落ちたのかもしれない。


 七菜は小柄で童顔な子で、てっきり高校生のアルバイトだと思っていた。同じ大学に通っていると知って、けっこう驚いたのをよく覚えている。
 そして、七菜も初対面の時から僕に好意を持ってくれていたそうだ。と言っても、可愛らしい七菜とは違って、僕は平凡なルックスの男だ。
 イケメンと言われることもないが、ブサイクだと言われることもない。そんな、ごく平均的な男だったと思う。七菜は、優しそうな雰囲気の僕に、けっこうな好意を持ってくれたそうだ。
 そう考えると、運命の出会いっていうのはあるのかな? と、思ったりもした。そして、バイト先でよく話をするようになり、バイト終わりに一緒に食事をしたりカラオケに行ったりするようになった。

 そして、遊園地なんかにデートに行ったりするようになり、正式に交際が始まった。僕にとっては初めての彼女だった。七菜にとっても、僕は初めての彼氏だった。
 幸せな毎日を過ごし、七菜と結ばれた。七菜は、交際経験がないので当然処女だった。僕も童貞だったので、初めて同士のセックスだった。
 けっこう手こずりながら結ばれ、さらに愛情が深まっていくのを感じた。そして、楽しい日々が流れていった。

 セックスをするようになって知ったが、七菜は意外に胸が大きかった。小柄なので余計にそう見えるだけかもしれないが、なかなかのボリュームだった。
 ただ、本人は乳輪が少し大きめなことを気にしていて、明るいところでは裸になりたがらない。ラブホテルに行っても、一緒にお風呂に入ったりしたことがない。
 でも、そんな恥ずかしがりな所も可愛いなと思っている。七菜は、そんな感じで恥ずかしがりなわりに、セックスには積極的な方だ。
 好奇心が強いので、フェラチオなんかも熱心にしてくれるし、乳首を舐めながらの手コキなんかは、それだけでイカされてしまうくらいに上達した。

「全然イヤじゃないよ。優くんが感じてくれると、嬉しいんだよ」
 そんな事を言いながら、夢中で乳首を舐めてくれる。ペニスのしごき方も、指を絡めるようにしながら焦らすような動きを織り交ぜ、すごく気持ちいい。
「気持ちいい? どうして欲しい?」
 七菜は、興奮した顔で聞いてくる。七菜は、僕を責めながらもの凄く興奮してしまうみたいだ。いつも、僕が責め始めるときには太ももまで蜜が溢れてしまっている。

 いつもなら、ここで僕はもう入れたいといって挿入する。実際、今も入れたくて仕方ない気持ちだ。でも、オナニーを見せてくれと言ってみた。
 七菜がオナニーをする姿……ずっと見てみたいと思っていた。七菜は、もの凄く恥ずかしそうにしている。薄暗い中でも、顔が赤くなっているのがなんとなくわかる。
「恥ずかしいよ……どうして見たいの? 見ても、優くんは気持ちよくならないでしょ?」
 七菜は、意味がわからないという顔だ。僕は、七菜の色々な顔を見てみたいと告げた。
「わかった……じゃあ、優くんも見せて。一緒にしよ」
 七菜は、恥ずかしそうに言った。すでに裸になっている七菜は、ベッドにヘッドボードにもたれるようになる。そして、大きな胸を鷲掴みにして揉み始めた。

 大きな胸が、複雑に形を変えていく。七菜は、手の平で乳首を刺激しながら胸を揉む。可愛らしい吐息が漏れ始めた。
「恥ずかしい……優くんも……して」
 七菜は、声を震わせながら言う。でも、恥ずかしそうにしながらも、乳首を指でこすり始めた。
「んっ、うぅ、あっ、優くん……声出ちゃう……」
 七菜は、恥ずかしそうに言いながら乳首を触り続ける。僕が責めていないのに、あえいでいる……もちろん、七菜が自分で触っているだけなのだが、不思議な感覚だ。

 僕は、七菜のオナニー姿を見ながらペニスをしごき始めた。七菜は、僕が自分でペニスをしごくのを見て、やっぱり恥ずかしそうな顔になる。でも、ずっと見ている。
 七菜は、かなり早く乳首をこすっている。指先でこすったり、軽く摘まんだりもしている。
「あっ、アンッ、気持ちいい。優くんが見てるから……いつもより気持ちいい」
 七菜は、かなり興奮してうわずった声になっている。僕は、いつもしてるの? と聞いた。
「えっ!? そ、それは……その……少ししてる」
 七菜は、顔が真っ赤だ。まさか、日常的にオナニーをしているとは思っていなかった。七菜は、本当に恥ずかしそうな顔になった。
 でも、うつむき気味で乳首を触り続ける。そして、そっと右手を下に降ろしていく。

 七菜のアソコは、とても毛が薄い。最初は、剃ったりしているのかな? と思うくらいだった。でも、もともと薄いそうで、何も手入れはしていないと聞いた。
 小柄で童顔なので、ヘアまで薄いとなかなか危険な感じがする。イケないことをしているような錯覚に陥る感じだ。七菜は、クリトリスをこすり始めた。すぐに吐息が漏れる。

「あっ、アンッ、うぅっ、ダメぇ、敏感になってる。優くん、すごく気持ちいいの」
 七菜は、クリトリスをまさぐりながら、泣きそうな声を出す。感じることに、罪悪感を感じているように見える。左手で乳首を摘まみながら、クリトリスをまさぐり続ける七菜……。
 あえぎ声はかなり大きくなっていて、僕とのセックスの時くらいだ。クチョクチョと湿った音が響き、あふれた蜜がシーツまで濡らしている。
 もしかしたら、七菜は淫乱なのかな? と、変なことを考えてしまう。僕は、七菜のはしたない姿を見ながら、ペニスをしごき続けた。

「うぅっ、うぅあっ、あっ、イヤッ、ダメぇ、イッちゃう……優くん、ごめんなさい、七菜イッちゃうっ」
 七菜は、泣きそうな顔で叫ぶ。指の動きはかなり早くなっていて、勃起したクリトリスが包皮から飛び出てきた。
 七菜は、剥き出しになったクリトリスを激しくこすり続ける。そして、うめきながら脚をピンと伸ばした。イッた? こんな姿は見たことがない。僕とのセックスで、イクと言ってくれることはある。でも、こんな風に脚がピンとなったのは見た記憶がない。

 僕は、ペニスをしごきながら、七菜は僕とのセックスでイッたことがなかったのではないか? そんな疑念を持ってしまった。
 七菜は、イッた後もクリトリスをまさぐり続ける。声がさらに大きくなっていて、表情もまったく余裕がない感じだ。
 そして、七菜は人差し指と中指を膣に入れてしまった。七菜は、膣中をかき混ぜるようにしながらオナニーを続ける。
 乳首を触っていた左手は、クリトリスを触り始めた。膣に入れた指は、さらに奥へ奥へと押し込むようにしている。
 あまりにも激しいオナニーだ……。あえぎ声と、クチョクチョという水音。七菜は、あえぎながら歯を食いしばるような顔もする。

「あっ、ンッ、アンッ、気持ちいいっ、イクっ、イクっ、イッちゃうぅ、うぅああっ、ああぁ〜っ、んおっ、おぉっ」
 七菜は、可愛い顔から出ているとは思えないような、野太いうめき声を混じらせながらあえぐ。膣に指まで入れてのオナニー……まったく想定していなかった。
 僕は、とことん快楽をむさぼり続ける七菜を見て、あっけなく射精してしまった……。
「あっ、出たっ。優くん、イッちゃった」
 慌てて言う七菜。指の動きも止まった。ハッと正気に戻ったようなリアクションだ。さっきまでは、ほとんどトランス状態みたいだった。

「いっぱい出たね……そんなに興奮しちゃった?」
 七菜は、恥ずかしそうに聞いてきた。僕は、異常なほどに興奮したことを正直に答えた。
「私もだよ……優くんがオナニーしてるの見て、すごく興奮しちゃった……ねぇ、まだ出来る?」
 七菜は、恥ずかしそうに聞いてきた。こんな事も、普段はない。その顔は、いつもの無邪気な感じではなく、妖艶さを感じるような顔だった。

 さすがに射精直後なので、すぐには無理だと告げた。でも、興奮は収まっていないので、僕ももっとしたと思っていた。すると、七菜は恥ずかしそうにフェラチオを始めてくれた。
 ゆっくりとしたフェラチオ……でも、すぐにスイッチが入ったように激しいフェラチオになっていく。まだ完全に勃起していないペニスを、強くバキュームして勃起させようとする。
 バキュームフェラをされるのも初めてだ。僕は、多少のくすぐったさを感じながらも、一気にいきり立ってしまった。
「固くなった。入れるね。優くん、入れちゃうね」
 七菜は、興奮しきった顔で言うと、僕に対面座位でまたがって来た。興奮しきった顔だ。でも、僕は慌ててコンドームをつけた。さすがに生でするわけにはいかない。

「うぅっ、優くん気持ちいい。凄く固いよ。優くんの、カチカチだよ」
 七菜は、そう言って腰を動かし始めた。ぎこちないが、動きが強い。興奮が抑えきれないみたいな感じだ。

 七菜は、今までで一番興奮している。そして、今までで一番気持ちよさそうだ。
「好き。大好き。優くん、愛してる」
 七菜は、泣きそうな顔で言いながらキスをしてくれる。いつも以上に激しいキス……小さな舌が、僕の口の中で暴れ回る。
 僕は、七菜と激しく舌を絡めながら、さっきのオナニーの時の感じ方が、本当に感じているときの感じ方なんだろうなと思った。

 僕とのセックスの時以上に感じている姿……それを見て、自分でも驚くほど興奮した。なんとなく、負けたような気持ちにもなったが、それ以上に興奮した。
 さっきのオナニー姿を想像しながら七菜の腰の動きを受けていると、射精したばかりなのにもう射精しそうになってきた。

「固い、固くなってきた。優くんの、もっと固くなってきたよ」
 嬉しそうな七菜。でも、僕はさっきから、七菜はオナニーの時の方が気持ちよさそうだったなと思っていた。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


[ 2022/11/22 23:53 ] NTRマッチングセンター | TB(-) | CM(-)
寝取られ電子書籍

出版しました


kindle出しました


kindle出しました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド