NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

寿退社した妻を、職場復帰させてはいけない理由2

前回の話

私は、妻の瞳と、瞳が大嫌いだったはずの会社の上司との秘密を見てしまった。そして、自分の身に起きていた謎も解けてしまった。
私は、実際に自分の耳で聞き、ぼんやりとぼやけていたとはいえ、ステンレスに映る二人のプレイも目にした。それでもまだ、私は信じられない気持ちだった。


私はこの後、病院に行く予定だったが、それが必要ないとわかったので帰宅した。そして、仕事も何も手につかず、考えることさえ放棄してソファに座っていた。何時間経ったのかわからないが、玄関のドアが開く音で我に返った。

『ただいま〜。すぐに夕ご飯作っちゃうね!』
妻が、元気いっぱいに言いながらリビングに入ってきた。私は、いつも通りにお帰りと言いながら、やっぱりさっき見たことは夢だったのかな? と思っていた。それくらい、妻はいつも通りの元気で笑顔な妻だったからだ。

でも、私は妻の姿が以前と変わったことが、部長のせいなのではないかと思い始めていた。自慢だった黒くて長い髪は、かなり短いショートカットになり、色も明るいベージュ色になった。そして、スーツも妙にスカートが短くなったし、胸元もルーズになった。何より驚いたのは、あんなに嫌っていたピアスを耳に入れたことだ。

それがすべて、部長の好みに合わせるためだったのではないか? そんな疑念がどんどん大きくなる。

『あなた、もうすぐ出来るから先に飲んでてね〜』
キッチンから、明るい声で言う妻。とても部長と不倫しているなんて思えない。私は、偶然見てしまったので気がつくことが出来たが、あれがなければ気がつくことはなかったと思う。男のウソはすぐバレるが、女性のウソはわからないという。

それにしても、キッチンの妻の姿は妙にエロティックだった。短めのスーツのスカート、そして胸元がルーズなブラウス、その上にエプロンをして料理をする姿。ギャップというか、少しコスプレっぽく見える。

『お待たせ〜』
笑顔で料理を運んでくる妻。もの凄く上機嫌に見える。私は、ついつられて笑顔になるが、その上機嫌が、昼間の逢瀬のせいなのかと思うと、複雑だ。そして、今日の夜、部長は妻を抱くためにここに来るというようなことを言っていた。本当だろうか? 

そして、考えてみれば、私が記憶を失う夜はいつも妻は上機嫌だった。私を眠らせた後に、部長に抱かれるのを楽しみにしていたからなのだろうか?

そんなことを考えながらも、私はいつも通りに食事を始めた。妻は、まったく不審なところもなく、楽しそうに話しかけてくる。会社で今抱えている仕事のことや、部長のグチまで言ってくる。そして、
『あなた、今日はまだ早いから、久しぶりにエッチしたいなぁ♡』
と、可愛らしい言い方で誘ってくる。私は、やっぱり昼間見たことは何かの間違いだったと思った。もしかして、私は脳に腫瘍か何かがあって、ありもしない幻を見た……。その腫瘍のせいで、たまに記憶をなくす……。そういう事なのではないかと思った。

「じゃあ、久しぶりに一緒にお風呂入ろうか?」
私は、そんな希望を言った。
『えっ? い、いいよ。どうしたの? 珍しいね。嬉しいな♡』
妻は、一瞬動揺が見えた。でも、結局喜んでいる感じだ。

そして食事を終えると、私が先に風呂に入ることになった。
『じゃあ、すぐ行くからね〜』
妻はそんな風に明るく言う。でも、何となくだけど動揺している風に見えた。

私は浴室に入るとすぐにシャワーを浴び、身体を洗って湯船につかった。しばらくすると、妻が入ってきた。私は、妻の姿を見てびっくりして動きを止めてしまった。

『おまたせ〜。どう? 似合う?』
妻はおどけたように言いながら、浴室の中に入ってきた。妻は、いわゆるスクール水着を着ていた。でも、学生の頃に使っていたヤツという感じではなく、買ったばかりで新しい感じだ。そしてよく見ると、デザインも昔とは違う感じで、結構ハイレグで胸も谷間が見えるくらいに空いているデザインだった。胸回りのサイズがあっていないのか、妻のFカップの胸が押しつぶされて、水着が弾けそうに見えた。

「ど、どうしたの?」
私は、あまりの出来事に思考が停止してしまった。
『たまにはコスプレして、サービスしようかなぁってw』
妻はそう言うと、そのまま湯船に入ってきた。お湯があふれ出すのも構わず、妻は楽しそうに笑いながら私にくっついてくる。

『ちょっと狭いねw あなた、そこに座ってみて』
妻はそう言って私を風呂の縁に座らせる。
『ふふw 大きくなってるね♡』
妻は、ちょうど目の前に来た感じの私のペニスをくわえてきた。そして、この前のようにいきなりバキュームフェラをしてきた。吸い込まれるような感覚に、私は腰が浮きそうになる。
妻は私を見上げるようにしながら、一生懸命に口での奉仕をしてくれる。可愛らしい顔で、スクール水着まで着ている妻は、本当に若く見える。私は、いつもとはまったく違った妻の姿に、強く興奮していた。

でも、こんなコスプレも、バキュームフェラも、部長が仕込んだのではないか? そう思うと、いても立ってもいられないような気持ちになる。

『ふふw いつもより固い♡ 興奮してくれてるんだね』
妻は、少し興奮したような声で言う。そして、私を洗い場の方の椅子に座らせると、浴室のドアを開けて手を伸ばし、ボトルのような物を手に取った。

それのフタを開けると、中のドロッとしたモノを手の平に取り、私に塗りつけてくる。
『ちょっと冷たいかもw』
妻はそんな風に言うと、それを私の胸に塗り伸ばしていく。私は、その凄くヌルヌルとするモノが、ローションなんだなと理解した。今まで、ローションなんか使ったことがない私は、それが私の胸に塗り広げられ、妻の指が私の乳首を滑っていくと、あまりに気持ち良くてうめいてしまった。

『気持ちいい? 一回やってみたかったんだ。下手くそだと思うけど、我慢してね』
妻はそう言うと、自分のスクール水着にローションを塗り広げ、そのまま私に密着してくる。私に対面座位のような格好でまたがり、身体を密着させてこするようにしてくる妻。これが、ローションプレイというモノなんだなと思った。
スクール水着の生地が私の乳首に触れると、ローションのせいもあってか、もの凄く気持ちいい。その上、妻の股間部分のスクール水着が、私のペニスをこするように刺激するので、それもまた気持ち良かった。

私は、気持ちいいと声を上げてしまった。
『私も……こすれてぇ、あぁ、んっ、気持ち良いよぉ♡』
妻はそう言うと、私のペニスを股間にこすりつけるように腰を振る。挿入していないのに、セックスしているような快感が走る。

そして妻の動きは、どんどん速くなっていく。私は、まさか自宅の浴室でこんな事をされるなんて夢にも思っていなかった。でも、スクール水着の視覚効果と、生地の何とも言えないこすれる感覚に、あっけなく限界が来てしまった。

「瞳、ダメだ、出るッ!」
私は、瞳に抱きつくようにして射精してしまった。
『あん♡ イッちゃったね。まだこれからなのにぃ』
甘えたような声で妻が言う。私は、不思議な感覚に陥っていた。このあと、妻は私を眠らせて部長とセックスをするつもりのはずだ。それなのに、私はそれを止めようという気持ちがなかった。それどころか、それを見てみたいと思う気持ちが生まれていた。

瞳が、私以外の男性とセックスをして、どんな痴態を見せるのか……。私以外の男性に、私の知らない貌をさらすのか……。そんな事を考えている自分に驚いてしまった。

『じゃあ、先に出て待っててね♡ ベッドで続きしようね♡』
妻はそんな事を言いながら、私の身体のローションを洗い流していく。そしてヌルヌルの取れた私は、スクール水着のままの妻を残して浴室を出た。
『冷たいお茶入れといたから、飲んでね〜』
背中に妻のそんな声を浴びながら、私はゾクッとしてしまった。たぶん、それには睡眠薬が入っているはずだ。それを飲ませようとしているのに、妻はまったく怪しいところがなかった。罪悪感も何も感じていない……。そんな風に思えてしまい、私は少し怖くなっていた。

そして腰にタオルを巻き、リビングに行く。すると、テーブルの上に氷の入ったお茶が用意されている。冷たそうで、とても美味しそうだ。普段の私なら、何も考えずに一息に飲み干したはずだ。

私はそれをキッチンのシンクに流した。怪しまれないように、氷はそのままにして、中身だけを流した。

私はそのままベッドに移動する。そして、セミダブルのベッド二つをくっつけた内の一つに寝転がり、寝たフリを始めた。寝たフリなんてしたことはないが、私なりに不自然に見えないように頑張ってみた。

そしてしばらくすると、静かにドアが開く気配がした。そして、人が近づいてくる気配がする。
『あなた……。あなた……』
妻が、小さな声で二回声をかけてくる。私は、そのまま寝たフリを続けた。すると、妻の手が私の肩にかかり、ゆっくりと揺すり始める。
『あなた……』
妻は、さっきよりも大きな声で言う。でも、私は寝たふりを続けた。

『ちょっと、濃すぎたかしら……。あなた、ごめんなさい……。愛してます』
妻の申し訳なさそうな声とともに、寝室の電気が消された。そして、ドアが閉る音がした。私は、薄目で確認した。すると、寝室には誰もいなかった。

しばらくどうしようかと迷っていると、リビングの方から声がした。

「そんなのいいから、ベッドに行くぞ」
昼間聞いた部長の声だ。本当に来るとは……。信じられない思いだ。
『せっかくこんな格好してるんですから、お風呂でご奉仕させて下さい♡』
「なんで水着もう濡れてるんだ?」
『だって、彼とお風呂入ったから……』
「そういうことかw 旦那に、そのおまんこ見せるわけにはいかないからなw」
部長は、からかうように言う。どういうことだ? それにしても、大きな声だ。ドアと廊下を隔てているのに、隣で話しているように聞こえる。

『だから言ったじゃないですか。こんな風にしたら、さすがヤバいですって』
「なに言ってるんだ。剃られてるときも、穴開けられたときも、イッただろ? この淫乱がw」
部長が、ひどい言葉をかける。
『だってぇ、あの人にバレちゃうって思ったら、イッちゃったんだもん♡』
「ド変態がw でも、どうするつもりだ? 毎回水着でごまかせないだろ?」
『自分でやっといて、よく言いますねw』
「まぁそうだなw でも、自分の嫁がパイパンにされて、ビラビラにピアスまで開けられて気がつかないなんて、脳天気な旦那だなw」
『そんな風に言わないで下さい! 私のことを信じてくれてるだけです!』
妻は、私のことを擁護するように言う。
「そんなにラブラブなら、不倫なんてするなよw」
部長が、至極まともなことを言う。
『部長が染めたくせに……。レイプした人が、よく言いますよねw』
妻の声まで丸聞こえだ。もしかして、本当にドアのすぐ外で話をしているのかもしれない。

『あれがレイプ? 最近は、女が途中で上にまたがって、もっともっとと叫んでもレイプというのか?w」
からかうように言う部長。でも、なんとなく流れが見えてきた。
『だって、部長の反則なんだもん。あんなので30分も突かれ続けたら、誰でも狂っちゃいます♡』
妻は今まで聞いたことのないような、甘く媚びるような声で言う。
「お前は淫乱な雌豚だからなw よし、じゃあ風呂に行くか」
部長は、結局妻の提案を受け入れ、風呂に行くことにしたようだ。

『へへw 我慢できなくなっちゃった。今すぐ下さい♡』
妻のとろとろにとろけた声が聞こえてくる……。
「何でそんなところに穴が開いてるんだw」
『部長にすぐ入れてもらうために決まってるじゃないですか♡』
「この、淫乱が!」
『んふぉっんっ♡』
妻の甘いうめき声が響く。
「ぐちょぐちょだなw」
『うぅ、だってぇ、部長の大っきすぎるからぁ♡』
ドアの向こうから、妻のとろけすぎた声が響く。
「旦那のはそんなに小さいのか?」
馬鹿にしたような部長の声。私は、プライドを傷つけられたような気持ちになった。でも、私のモノが大きいかと聞かれたら、大きいとは言えない……。自分では標準レベルのサイズだと思うが、他人と比べたことはないので自信はない。

『彼のことは言わないで下さい……』
妻がつらそうな声で言う。
「よく言うよw 旦那の話すると、凄く締まるぞw」
『そんなこと……うあぁっ! ダメェ、あっ! あぁっ! ヒィあぁ!』
妻がうめくのと同時に、肉と肉がぶつかるような鈍い音が響き始めた。
「デカい声だなw いいのか? 旦那起きるぞw」
『だ、だめぇ、声我慢できないぃ、ウウッ! あっ! あっ! 大っきい! おチンポ大きいよぉ♡』
妻がはしたない言葉で叫ぶ。妻の声と、振動まで伝わってくる。たぶん、ドアのすぐ外……。もしかしたら、ドアのところで二人はしているのかもしれない。私は強い嫉妬を感じた。このままドアを開けて、二人の前に出て行くべきではないか。そんなことを思いながらも、息を潜めて聞き耳を立てている私。何かが私の中で変化していってる気がする。

「こっち向け。口開けろ」
部長は、冷たく命令する。
『はい、わかりましたぁ』
妻のうわずった声も聞こえてくる。
「どうだ、美味いか?」
『うぅあぁ♡ 美味しいですぅ、もっとぉ♡』
「ド淫乱がw」
『はい、私は部長の淫乱ペットです♡』
「よし、そのままドア開けろw」
『だ、だめです、まだ寝たばかりだから……』
「なに言ってるんだ。メチャクチャ締まってるぞw ほら」
『あっ、ダメっ!』
妻の声と同時に、寝室のドアが開いた。私は、とっさに目を閉じて寝たフリを再開した。

「なんだ、よく寝てるじゃないか。よし、そこに両手をついてみろ」
『えっ? ここに……ですか?』
「いいからやれ」
『ご、ごめんなさい』
妻の謝る声とともに、私のすぐ足元の方で、妻が両手をついたような感覚があった。まさかこんなに近くでするなんて想像もしていなかったので、私はドキドキしっぱなしだった。

『だめぇ、こんな、無理、あぁ、あっ! 声、うぅふぅ……あぁっん♡』
「起きるぞw 本当は、起きて欲しいじゃないのか? 旦那に見られたいんだろ!?」
『ち、違うぅっ! あっ! あぁっくぅ……んんっ! 部長、固いです♡ いつもより固いよぉ♡』
「おら! イケっ! 旦那の目の前でイケっ!」
部長の声とともに、ピシッ! と鋭い音が響く。
『んふぅっ♡ それダメぇ、ひぃっ! んあぁっ! もっとぉっ! もっとぶって下さいぃっ!』
妻は、とろけた声で部長におねだりをする。私は、我慢しきれずに薄目を開けてみた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


俺が寝取りに目覚めたのはバイト先の童顔で可愛い人妻のせいだった

俺は普通に彼女もいる大学生だけど、最近、夫婦に混じってセックスをすることにハマっている。寝取られ性癖の旦那さんの前で、奥さんとセックスをするという意味だけど、その背徳感みたいなモノにすっかり夢中になってしまっている。

自分では、ごく普通の性癖しか持っていないと思っていたので、寝取られというジャンルがあることは知っていたけど、まったく興味が無かった。それどころか、ちょっと気持ち悪いというか、そんなの信じられないという気持ちが強かった。

でも、たまたまバイト先の人妻さんが、俺に旦那の前でエッチをして欲しいと言ってきたことで、その扉を開けてしまった。


その人妻さんは29歳で、小柄で童顔なので、大学生ばかりの職場にいると違和感なく大学生に見える。ショートカットが余計に若く見せている感じだ。
そして、太っているという感じではないのに結構胸が大きくて、正直、何度かオカズにしたこともあるくらいだ。
そして、若く見えるけどアラサーの人妻なので、下ネタなんかを話しても全然OKな感じだった。
俺は、人妻特有のエロさというか、淫靡な雰囲気がたまらないと常々思っていた。

そして平日の昼間に、みゆきさんとランチタイムを頑張って回して、同じ時間にバイトが終わったとき、
『おつかれ〜。ヒトシ君、お茶でもしない?』
と、みゆきさんから誘われた。みゆきさんとは結構仲も良くて、親しい間柄だとは思っていたけど、こんな風に誘われたのは初めてだった。俺は、この後彼女と会う約束があったのに、みゆきさんに誘われたことが嬉しくて、喜んでみゆきさんとお茶に行った。

そして店を二人で一緒に出て、近くのカフェに移動を始めた。バイトのユニフォームではなく、私服姿のみゆきさんは、とても大人びて見えた。俺のバイトしている飲食店は、フライデーズとか、ああいうたぐいのアメリカンステーキファミレスで、女性のユニフォームが可愛らしいと評判のところだ。

三十近いみゆきさんは、いつも恥ずかしいと言っているけど、誰よりも似合っていると思う。ユニフォームの形からして、巨乳が引き立つデザインなので、まさにみゆきさんのために作られたようだと思う。

私服の彼女は、うっすらと淡いピンクの縦リブセーターに、紺のカーディガンを羽織り、膝丈のスカートをはいていた。大人可愛いという感じで、ドキドキしてしまった。

セーターだと露出が全然ないなと思ったけど、巨乳にセーターは、ある意味ではおっぱい丸見えよりもエロいことに気がついた。

そしてカフェに着き、奥の方の人気のないテーブルを選んだみゆきさん。俺は、メニューを見ているみゆきさんのことを、まじまじと見てしまった。バイト中だと、こんな風に正面からじっくりと見る機会はほとんどない。

俺は、やっぱり可愛いな、綺麗だなと思いながら見つめていた。みゆきさんは、鳥居みゆきをもう少し丸顔にした感じで、八重歯が可愛い。
『ヒトシくんは何にする?』
みゆきさんに急に言われて、俺は慌ててしまった。
『どうしたの? 彼女さんのことでも考えてたの?』
イタズラっぽく言うみゆきさん。俺はいつものノリで、
『みゆきちゃんのこと見てたんだよ。やっぱり可愛いなぁってw』
少しふざけた感じで言う俺。照れ隠しのようなものだ。

『やっぱり? 私って可愛いよねw』
みゆきさんもふざけた感じで言う。バイト中はいつもこんな感じだけど、こんな風にいつもと違う場所だと、妙に照れくさかった。

その後は、バイトのことや、他のクルーの話なんかで盛り上がった。いつもと違って、新鮮で楽しいなと思っていると、みゆきさんが、
『彼女さんとは、付き合ってどれくらいたつの?』
と、聞いてきた。俺は、素直に3年位だと答えた。
『へぇ、結構長いのね。倦怠期とかってない?』
みゆきさんが、妙に真面目な顔で聞いてくる。俺は、多少ありますと答えた。

『そうよねぇ。ウチも5年だから、ホント倦怠期だよw』
みゆきさんがそんなことを言い出して、俺はドギマギしていた。もしかして、やれる?  そんな下心で、俺の股間ははち切れそうだった。
「みゆきちゃん、旦那さんとエッチしてないの?」
俺は、いつもの感じで下ネタを振った。でも、いつもとは違って、下心満載の気持ちだったので、言葉が微妙に震えた気がした。

『そうなのw もう、半年くらい無いかも』
みゆきさんはおどけた感じで言うが、少し寂しそうだった。
「マジですか!? 俺なら、みゆきちゃんが奥さんなら、毎日しちゃうけど」
俺は、結構本気で言った。
『うそばっかりw 彼女さんとは倦怠期なんでしょ?』
みゆきさんはそんな風に言う。
「いや、マジですって! 彼女はみゆきちゃんほど可愛くないっすから」
『ダメだよ、そんな事言ったら!』
「いや、マジです!」
そんな会話をしていると、いきなりみゆきさんが言った。
『じゃあ、私とエッチしちゃう?』
みゆきさんは、本当に何気ない言い方で言った。
「またまたw 旦那さんにチクっちゃいますよw」
俺は、この時はみゆきさんの冗談だと思った。
『旦那が言ってるんだけどね』
みゆきさんは、真面目な顔で言う。
「え? 何をですか?」
意味がわからずに、みゆきさんに質問する俺。
『他の人とエッチして欲しいって言ってるんだ。意味わかんないよねw』
みゆきさんは、泣きそうな顔で言う。
「……どういうことですか?」
俺は、みゆきさんのただならぬ様子に、言葉に詰まってしまった。
『私に、他の人とエッチして欲しいって、本気で言ってるんだ……』
「な、なんでですか?」
『私のことを愛してるからだって……』
困ったような顔で言うみゆきさん。
「愛してるから? だったらなんで?」
『愛してるからこそ、見てみたいんだって……』
俺はみゆきさんのその言葉に、言葉も出なかった。
「……そんなの、変ですよ。絶対におかしいと思う……」

『私も迷ったんだけどね。別れちゃった方が良いのかなぁって……。でもね、やるって決めたの!』
みゆきさんは、迷いを振り切ったように言った。
「本気なんですか?」
『うん。本気じゃなかったら、こんな事言わないよw』
みゆきさんは、もう迷いがない感じだった。
「そんな話、どうして俺に?」
『ヒトシくんだからだよ。どうせ抱かれるなら、好きな人が良いもんね』
「エッ!? す、好きって、俺のことですか?」
『そうだよ。気がつかなかった? ずっと好きだったんだよ』
みゆきさんは、冗談ではない感じで言う。
「本当ですか? なんで俺なんか?」
『いつも、私のことエッチな目で見てるからかなw オッパイ見すぎだよw』
「ご、ごめんなさい!」
急にそんな指摘をされて、俺は顔を真っ赤にして謝った。

『うそうそw ヒトシくんって、私の初恋の人にそっくりなんだ。それに、いつもさりげなく私のことフォローしてくれてるでしょ? 結構キュンキュンきてたんだよ♡』
みゆきさんは、可愛らしい顔をほんのりと赤くして言った。俺は、一気に心を奪われた気持ちだった。

『私が相手じゃ、イヤかな?』
寂しそうな顔でみゆきさんが言う。
「い、いや、そんな! イヤなわけないじゃないですか!」
『じゃあ、決まりだね! これからウチ来てよ!』
「エッ!? 今からですか!?」
『そう、善は急げ』
みゆきさんは、少しだけはにかんだような笑みを浮かべながら言った。

そして、結局俺は押し切られるようにしてみゆきさんの家に向かった。自宅に行くまで間、さっきまでとはうって変わって無口で歩いた。やっぱり、みゆきさんは緊張しているようだった。

そして、みゆきさんの家に着いた。みゆきさんの家は、想像していたよりも大きな一軒家だった。みゆきさんは、結婚後もアルバイトしているくらいなので、それほど裕福ではないと勝手に思っていた。なので、正直驚いていた。

『へへw 着いちゃったね。上がってくれるかな?』
みゆきさんは、戸惑ったような感じだ。そして玄関を開け、俺を招き入れた。
「おかえり〜。お疲れ様〜」
家の奥から、男性の声が響く。当然、旦那さんだと思った。
『ただいま〜。お客さんいるよ〜』
みゆきさんは、元気いっぱいに言う。
「エッ!? お客さん?」
そう言って、奥から出てきた旦那さんは、結構年上な感じだった。眼鏡をかけた優しそうな人で、とても奥さんを他の男性に抱かせようと望む変態には見えなかった。

「こんばんは。初めまして。もしかして、ヒトシくんかな?」
旦那さんにそう言われて、俺はビクッとしてしまった。まだ何も悪いことはしていないけど、罪悪感みたいなものを感じてしまった。
「は、はい、そうです。でも、どうして名前を?」
ビビりながら答える俺。
「みゆきから聞いてたからね。来てくれたって事は、OKって事なのかな?」
旦那さんは、優しい笑みを浮かべたまま言う。とても、自分の妻を抱く気があるかどうかの確認をしているとは思えない感じだ。
「本気なんですか?」
俺は、思わず聞いてしまった。
「もちろんだよ。君さえよければだけどね」
あまりにも平然という旦那さん。もしかして、みゆきさんが俺をからかって、まったく違う話をしているだけなのでは? と思い始めていた。

「そ、その……。みゆきさんを?」
「そう。私の目の前で、抱いてくれるのかな?」
旦那さんは、動揺もなく静かに言った。俺は、さっきまでは旦那さんを怒鳴りつけてやる! 場合によっては、ぶん殴ってやる! くらいのテンションだった。でも、実際に旦那さんを目の前にして、しかもこんなにも冷静に言われて、結局何も言えなかった。

そして俺は、黙ってうなづいた。すると、みゆきさんが明るい声で、
『じゃあ、どうすればいいですか?』
と、旦那さんに聞く。すると、旦那さんは少し興奮した感じで、
「じゃあ、あれ着てくれるかな?」
と言う。
『ふふw わかったよ! ヒトシくん、おいで!』
みゆきさんは、俺の腕を引っ張って二階に上がる。そして、ウォークインクローゼットに入ると、
『じゃあ、これに着替えてくれる?』
と言いながら、俺に見慣れた服を渡してきた。
「エッ? これ、どうしたんですか?」
俺は渡されたバイトのユニフォームを見て、思わず聞いた。
『お店での感じが見たいんだって。なんか、緊張しちゃうね』
みゆきさんはそう言うと、いきなり服を脱ぎ始めた。上半身ブラ姿になったみゆきさんを見て、俺は慌てて目をそらし、
「ちょっ、ちょっと、俺いるのに、見えちゃいますよ!」
と言った。

『これから、エッチするのに? ふふw へんなのw』
みゆきさんは、イタズラっぽく言う。俺は、ドキドキしながら視線を戻した。みゆきさんは、黒色の大人っぽいブラジャーをしている。童顔で可愛らしいみゆきさんからは、想像出来ないセクシーな感じのヤツだ。

そして、やっぱり胸は大きくて、ブラのカップからはみ出ている乳房は、グラビアアイドルの水着写真のようだった。みゆきさんは、頬を赤くしながらスカートも脱ぎ始めた。俺は、ドギマギしながらそれを見ていたが、みゆきさんはあっという間にスカートも脱いでしまった。

黒のストッキングの上からなので、ちょっとわかりづらいけど、みゆきさんのショーツは面積が凄く小さい感じで、ブラとおそろいの黒色のようだった。
『ジロジロ見ないの! ヒトシくんも早く着替えなよぉ!』
頬をぷぅーっと膨らませて言うみゆきさんは、本当に可愛らしいのひと言だった。30近い歳の女性なんて、ババァだと思っていた俺だけど、みゆきさんは大学の身の回りの女よりも、はるかに可愛くて綺麗だと思う。

俺は、言われるままに着替え始める。でも、完全に勃起してしまっているので、それを見つからないように、後ろ向きで着替えようとする。
『ちょっとぉ! 男でしょ? 私の見たくせに、ズルイよ!』
みゆきさんはそんな風に言いながら、俺を自分の方に向ける。
「い、いや、ダメ、ダメだって!」
慌てて股間を隠そうとするけど、その手も引き剥がされてしまった。
『もっこりしてるw』
テントを張った状態のパンツを見られて、そんな風に言われた。俺は、恥ずかしくて顔が赤くなるのを感じながら、慌ててバイトのユニフォームを着た。

みゆきさんも、堂々と下着姿をさらしたまま着替え始め、あっという間にいつもの二人の格好になった。
『なんか、これから働くって感じだねw』
みゆきさんは、楽しそうだ。とてもこの後、旦那さんの目の前で、俺とエッチするとは思えない感じだ。

そしてリビングに移動すると、
「おぉ、いいねぇ、いつもこんな感じなんだね」
と、旦那さんは妙に嬉しそうに言う。その顔は、興奮の色がにじみ出ていて、俺は不思議な気持ちだった。

みゆきさんはダイニングテーブルの椅子に俺を座らせると、テーブルの対面に座った。
『ヒトシくんって、彼女と付き合って3年でしょ? 浮気とかしたことあるの?』
みゆきさんは、いつもの休憩室の感じで話し始める。
「エッ? それは……あります」
俺は、正直に答える。
『何それ。いつものしゃべり方で良いよ!』
みゆきさんは、可笑しそうに言う。
「え? あ、うん。あるよ。3回くらいしたことある」
『やっぱりね。ヒトシくんモテるもんね。バイトの子?』
「あ、うん。一人はね。真希ちゃん」
『えぇーっ!? ホントに!? 全然気がつかなかったよ! て言うか、高校生にて出したら、逮捕だよ!』
「い、いや、もう1年くらい前の話だし」
『全然時効じゃないよw 一回だけなの?』
「うん。むこうも彼氏いるからね。二人だけの秘密なんだって」
『そうなんだ。きっかけは?』
「なんか、彼氏とケンカしたとかで、一緒に映画に行った流れで」
『弱みにつけ込んだんだw』
「まぁ、そうとも言うかなw ていうか、みゆきちゃん……みゆきさんは?」
『いいよ、いつもの呼び方でw その方が興奮するんでしょ?』
みゆきさんは、いきなり旦那さんに声をかけた。俺は、何となく怖くて旦那さんの方を見られなかったが、みゆきさんの言葉につられて、旦那さんの方を見た。

すると、旦那さんは信じられないくらいに興奮した顔をしていた。それだけではなく、泣きそうというか、嫉妬しているというか、複雑な顔をしていた。そして、
「ぅ、うん。いつも通りで……」
と、うわずった声で言った。

『ね? 私が、他の男の人と仲良く話している姿を見たいんだって。すっごい変態だよね』
みゆきさんは、少しあきれたように言う。俺は、曖昧にうなずいた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ体験談の紹介 姉妹ブログ エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

姉妹ブログの、寝取られ系の話の紹介です。
・嫁が、息子の同級生(巨根)と4Pしていた……
セックスが大好きだった嫁が、求めてくる回数が減った。加齢かな? と、思っていると、嫁が密かに避妊リングを装着していたことがわかってしまった。疑心暗鬼になった夫が、隠しカメラをしかけたら、息子の同級生達にセックスレッスンをする嫁の姿が……

・男勝りの姉さん女房と、秘密をかけて麻雀した
男勝りの嫁は、友人夫婦のペットだった。そして、友達嫁のハードなプレイに、泣きながらイキまくるマゾだった……

・嫁のキョウコがデカチンの友人に寝込みを襲われた
オタの俺に奇跡が起きて結婚できた。腐の嫁は、経験がなく、処女と童貞の夫婦だった。友人が遊びに来たとき、調子に乗って自慢して、飲み過ぎて寝てしまった……目が覚めると、”指回んないよぉ”と驚く嫁の声が……

【続きを読む】
[ 2015/10/27 22:16 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

欲求不満の専業主婦の私が、リフォームの若手大工に身体を許して……

37歳の平凡な専業主婦です。子供は2人で小学校1年と3年です。
旦那とは22歳の時に知り合いお互い童貞・処女で結ばれました。
私は旦那以外との男性経験がなくSEXも淡白な方でしたが、2年くらい前からSEXレスぎみで欲求不満をオナニーで紛らわしていました。

【続きを読む】
[ 2015/10/13 13:23 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

私がこの下着を身につけるようになったのは、甥っ子のせい

私は50歳の主婦です。

5つ上の主人がいますが、私たち夫婦には子供がいません。

私が水玉の下着だけを着けるようになってから、もう15年近くになります。

そのきっかけと、それ以降の話を書き込みたいと思います。

【続きを読む】
[ 2015/10/10 16:09 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女がいるのに、職場の人妻に偶然出会って中出しした

彼女持ちの21歳学生です。

昨日の夜バイトが終わって歩いて帰っていると、同じ職場の恭子さんと偶然会いました。
34歳の既婚者で桜井幸子さんっぽい綺麗な人で、僕ら若い者の中でも人気者でした。

【続きを読む】
[ 2015/10/08 11:50 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

幼馴染みが、遠距離恋愛になると大嫌いと言っていた先輩の肉便器になった

僕には幼馴染みがいる。幼稚園の時からのお隣さんで、いつも一緒に遊んでいた。お互いに、親が新興住宅街の建売住宅を買って隣同士になったので、生活レベルも同じだったのか、両親同士もすぐに仲良くなった。
幼稚園も一緒で、いつも手をつないで登園したのを良く覚えている。小学校も当然一緒で、さすがに手をつないで行くことはなかったが、毎日一緒に登校していた。

田舎なので、学校の終わりにはそれこそ野山で駆け回って一緒に遊んだ。虫が苦手な僕に、色々な虫をつかまえては押しつけてくる遥香に、僕は悲鳴を上げながら逃げ回っていたのを良く覚えている。


そして、中学高校ともに全部一緒だった。田舎でクラスも少ないという事もあったのだと思うが、結局15年同じクラスだった。遙香は、大学生になった今は、抜けるような白い肌がとても美しい美少女に成長した。でも、小学生の頃や中学生の頃は、いつも日に焼けて真っ黒だったし、髪も短くて男みたいだった。そして、男の子みたいに活発でイタズラ好きだったので、あまり女の子として意識はしていなかった。

でも、遙香は幼稚園の頃や小学校低学年の頃は、よく”僕と結婚する!”と言っていた。その頃は、僕もそうなると思っていた。でも、それは恋愛感情からではなく、いつも一緒なのが当たり前という感覚からだったと思う。

そして中学や高校に進むと、幼馴染みとはいえ何となく疎遠になるものだと思うが、遙香とは仲良しのままだった。よく映画に行ったり買い物に行ったり、端から見ると恋人同士以外の何物でもなかったと思うが、ちゃんと付き合おうと言ったことはなく、何となく恋人同士かな? という感じだった。

そんな二人なので、キスもエッチもしたことはなかったけど、誕生日やクリスマスにはお互いにプレゼントを贈り合うような関係だった。少なくても僕は、恋人同士なのかな? 思っていた。

ただ、大学進学の時に、初めて離ればなれになるときが来た。最初は、地元の同じ大学に進学するつもりだった。でも、僕の親友の雄太が東京の大学を受験すると言いだし、それを両親に話したところ、僕にも受験しろと強く勧めてきた。
東京なんて興味もなかったし、センター試験の要件は満たしているとはいえ、国立大に受かるほどの学力もないと思っていたので、ただの観光程度のつもりで受験することにした。

ところが、僕も雄太も合格してしまい、両親はすっかりと盛り上がってしまい、僕も今さら行くつもりはないと言えないような空気だった。

遙香に相談すると、
『凄いじゃん! よく合格出来たよね! マサくん遊んでばっかりいたのに、やっぱり頭いいよね。どうするの? 行くの?』
遙香は、少し悲しそうな感じで聞いてきた。僕は、凄くドキドキした。やっぱり、遙香も僕のことを想ってくれている……僕を恋人と思ってくれている……そんな風に思えた。

「行くつもりはないよ」
『エッ!? なんで? 先生も、おばさんもおじさんもスッゴく盛り上がってるのに? どうして?』
遙香は、本当に驚いたような感じで聞く。
「だって、遙香と離ればなれになっちゃうじゃん?」
『な、なに言ってんの! たった4年でしょ? それに、東京にマサくんがいてくれた方が、遊びに行くのに便利じゃん? 行きなよ! もったいないよ!』
遙香は、一生懸命に言ってくれる。
「でも、遙香は寂しくないの?」
『寂しいに決まってるよ……。でも、マサくんの人生がかかってるんだもん……。我慢するよ』
目に涙をためて言う遙香。僕は、思わず彼女を抱きしめていた。
『マサくん、好き……』
遙香は、初めてこんな事を言ってくれた。いつも一緒にいて、近すぎて遠かった遙香……。僕は、彼女を心から愛してると思いながらキスをした。唇が触れた途端、泣き出してしまった遙香。
「僕もずっと好きだった」
そんな風に言葉をかけると、遙香は自分から唇を重ねてきた。
『毎日メールするね』
遙香は泣きながらそんな事を言った。今みたいに、携帯電話で通話し放題とかではなかったので、そう言ったのだと思う。

そしてこの日から、二人は恋人同士として時間を過ごすようになった。と言っても、それまでもデートみたいな事ばかりしていたので、それほど代わり映えはしなかったけど、大きく違うのは、手をつないだりキスをするようになったことだった。

女の子の手や唇がこんなにも柔らかくて、愛おしいモノだなんて想像もしていなかった。
『東京に行って、可愛い子がいても、浮気しちゃダメだからね』
遙香はそんな風に心配してくれる。でも、僕なんかは別にイケメンでもないので、そんな心配は無用なのになと思った。それよりも、遙香の方が心配だった。遙香は、間違いなく美少女だったし、性格だって凄く良い。僕なんかは、たまたまお隣さんで幼馴染みだったので相手をしてもらえただけだと思う。

でも、東京という街のイメージで、可愛い女の子がいっぱいいると思っている遙香は、本当に心配しているようだった。そして、二人でペアの指輪を買うことにした。と言っても、高校生の僕らに買えるのなんて安いヤツだったのだけど、それでも右手の薬指にそれをはめると、結婚の約束をしたような気持ちになった。
『絶対に外しちゃダメだよ! 私も絶対に外さないから……』
「僕も、絶対に外さないって! 約束するよ!」
『嬉しい……。ねえ、一緒に行きたいところあるんだ……』
「え? どこに?」
『……ついてきて』
そう言って、緊張した顔で歩き始める遙香。

すると、嫌なヤツに出会ってしまった。
「あれ? マサヒロじゃんw 夫婦でお出かけですかw」
ニヤニヤ笑いながら声をかけてきたのは、一つ上の北村先輩だった。高校卒業後は、知り合いの自動車工場で働いているそうだが、その工場自体もヤンキーのたまり場になってるみたいな工場なので、働いていると言えるかどうか怪しいところだと思う。盗難車を扱っているという噂も聞いたことがある。

社会人になっても、金髪に近い髪の色に、耳にいくつも開いたピアス。昔から、どうしようもない人だった。

僕は、一応挨拶をして適当にあしらう。
「お前らって、ずっと一緒で飽きねーの? セックスもマンネリだろ?w」
そんな下品なことを言ってくる先輩。でも、下手に怒らせたら面倒くさいことになるので、無視も出来ない。
「そんな事してないですから……」
僕は、気弱にそう言う。遙香も、頬を赤くしてうつむいている。

「なぁ、マサヒロに飽きたらいつでも言えよ。大人のセックス教えてやるからよw コイツ、どうせお子ちゃまセックスしか出来ねーんだろw」先輩は、遙香に顔を近づけてそんな事を言う。すると、いきなり遙香は先輩をビンタした。
『最低! あんたなんかとマサくんは違うの! マサくん、行こ!』
遙香はそう言うと、僕の手を掴んで歩き始める。
「おぉ、痛てぇw 良いねぇ、そういう気の強い女、好きだぜw」
背中に先輩のそんな言葉を浴びながら、僕らはその場を立ち去った。

『アイツ、本当に死んじゃえば良いのに!!』
遙香が怒りながら言う。昔から、遙香は北村先輩のことが大嫌いだ。高校の頃、相当女遊びが派手だったからだ。でも、真面目な女の子グループには興味が無いようで、少しグレたような女の子ばかりと遊んでいた印象だ。

遙香が、こんなに怒るのは珍しい。基本的にはおっとりしている遙香だけど、下ネタとかヤンキーとかは毛嫌いしている。僕は、遙香をなだめながらも、よく先輩のことをビンタできたなと感心していた。

そんな事があったが、その後遙香と初めて結ばれた。遙香が行きたいと言った場所は、ラブホテルだった。顔を真っ赤にしたまま、それでもグイグイと僕の手を引っ張って中に入っていく遙香。僕は、一気に緊張しながらも、メチャクチャ興奮していた。そろそろかな? とは思っていた。でも、何となく言い出せずにいた。

遙香は僕を引っ張って入ったのに、どうして良いのかわからずにキョロキョロし始めていた。
「たぶん、あのタッチパネルじゃないかな?」
僕はそう言って、大きな画面の前に移動した。すると、画面が点灯し、部屋の一覧が出てきた。
『凄い……。こんなにあるんだね……』
遙香は、緊張で僕の手をギュッと握りながら言う。僕は、一番シンプルで綺麗に見えた部屋を選んだ。

すると、横からレシートみたいなものが出てきて、後ろのエレベーターの看板が点滅した。僕は、遙香の手を引っ張ってエレベーターに乗った。
『なんか、薄暗いんだね……』
エレベーターに乗った感想を言う遙香。確かに、薄暗い。天井を見ると、星空っぽいイルミネーションまである。イメージしていたラブホテルとは、全然違っていた。オシャレというか、ムードがある感じだ。もっと、ピンクとか赤とか、ギラギラした内装だと思っていた。

そして部屋に入ると、部屋のど真ん中に大きなダブルベッドが置いてあり、申し訳程度のソファとテーブルがあるシンプルな部屋だった。でも、掃除が行き届いている感じで、清潔感があった。

僕は、こらえきれずに遙香に抱きついた。遙香も、待っていたように僕に抱きついてくれた。そしてキスをする。ギュッと唇を押しつけ、そのままもつれるようにベッドに倒れ込んでいった。

『マサくん、好き……。ずっと好きだったよ……』
遙香は、潤んだ瞳で言ってくる。僕も、好きだと言ってまたキスをする。

そのまま唇を押しつけるキスを続けていたが、遙香の舌が遠慮がちに僕の唇を舐め始めた。僕は、世の中にこんな快感があったなんて……と、驚いた。彼女の舌が僕の唇に触れる……。それだけで、電気が流れるほどの快感だった。僕も、夢中で遥かに舌を絡めた。舌と舌が触れ合った瞬間、遙香と初めて繋がった気持ちになった。そのまま、狂ったように舌を絡め合う二人。15年の思いが爆発したような感じだった。

5分……もしかしたら、10分くらいキスしていたかもしれない。キスを解くと、
『マサくん、大好き! やっぱり離れたくないよぉ!』
涙を流しながら言う遙香。僕も、大好きだと言いながら、涙があふれてしまいそうだった。

遙香は部屋の電気を消すと、服を脱ぎ始めた。電気を消しても、自動販売機の照明とか色々と光源があるので、遙香の姿は結構見えている。

遙香は僕に背を向けた格好で、ブラジャーも外した。そしてスカートも脱ぐと、ベッドに潜り込んだ。頭までスッポリと布団をかぶっている遙香。僕も服を脱いで、全裸になってそこに潜り込んだ。

すぐに抱きついてくる遙香。おっぱいが直に僕の肌に当り、ドキドキしてしまう。こんなに柔らかいんだ……こんなに大っきかったんだ……。そんな感想だった。

『マサくん、私としかしちゃダメだからね……。ずっと私だけだからね!』
涙声で言う遙香。僕は、もっと早く遙香を抱こうとすればよかったなと後悔していた。そうすれば、もっと恋人同士の時間を楽しめたのに……。そんな風に後悔していた。

いっそ、東京行きを止めてしまおうか? そんな事も考える。でも、すでに賃貸の部屋も契約してしまったし、入学の手続きも終わっている。たぶん、学費関係も払っているはずだ。そして何よりも、いま止めてしまうと、僕は浪人生という事になってしまう。

でも、たった4年間のことだ……。僕は遙香を抱きしめながら、そんな事を考えていた。

僕は、絶対に遙香としかしないと約束した後、生まれて初めて女性の胸を揉み始めた。それは、とろけてしまいそうなほど柔らかく、手からはみ出るほど大きかった。
『マサくんは、大きなおっぱいは嫌い? 私のおっぱい、イヤ?』
不安そうな顔で聞いてくる遙香。でも、大きなおっぱいが嫌いなはずはないので、すぐに大好きだと答えた。
「遙香のおっぱいなら、ぺったんこでも、もっと大きくても大好きに決まってるよ」
僕は、本心からそう言った。
『嬉しい……。大きいと、バカっぽくて嫌いかな? とか、エッチな子って思われちゃうかなって、心配だったんだ……』
遙香は、可愛らしい悩みを告白してくれた。僕は、遙香を抱きしめながら、
「全部大好きだよ」
と言った。
『うん。私もだよ』
涙声で言う遙香。僕は、もう限界だった。ベッドの上のコンドームを手に取ると、僕はパッケージを開けて装着を始めた。もちろん、実戦で使うのは初めてだけど、装着の練習をしたことはある。親友の雄太が、意外と難しいから練習しとけと言って、いくつかくれたヤツでだ。雄太は、僕がなかなか遙香とそういう関係にならないことを、やきもきしていたみたいだ。
「おまえ、遙ちゃんに逃げられるぞ。好きならビシッと決めろよ」
雄太は、再三そんな事を言ってくれた。雄太いわく、遙香ほどの女の子は滅多にいないそうだ
。僕もそう思うが、やっぱりずっと一緒にいた幼馴染みなので、正直、そこまでの価値を感じていないのも確かだ。身近すぎると、見えないものもあるのだと思う。


そして、僕は遙香に覆いかぶさった。遙香は、僕をじっと見つめながら黙っていた。僕は、遙香のあそこにコンドームをつけたそれをあてがった。腰を押し込んでいくと、下過ぎてお尻の方に滑り込んで行ってしまう。
『ふふ。もう少し上だよ』
遙香は、少し緊張が解けたように笑いながら言う。僕も、遙香のその笑顔で緊張が和らいだ。そして位置を調整して、もう一回押し込んでいった。

『んっ! ん、うぅ』
痛そうにうめく遙香。僕は、亀頭の部分が熱くてキツキツの肉に包み込まれ、あまりの気持ちよさに声を出しそうだった。

「大丈夫? 止める?」
僕は痛そうにうめく遙香を見て、思わずそう聞いた。
『大丈夫。そのまま……。マサくんの女にして……』
遙香は、潤んだ瞳で言う。僕は、そのまま腰を押し込んでいった。
『うぅ、あっ、つぅ……』
本当に痛そうにうめく遙香。でも、僕のものは全部入ってしまった。
「遙香、全部入ったよ……。愛してる」
僕は、心の底からそう思った。
『私も愛してる。ずっとずっと好きだったよ』
そう言って、キスをしてくれる遙香。一つに繋がりながらするキスは、魂と魂が結びつくような感じすらした。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


免許更新で知り合った人妻の、快感のレベルを更新してみたw

先日、「更新」のため、免許センターに行ってきた。
平日の午前中のもかかわらず、結構な混雑で、「申請」窓口では、列ができていた。

「ここが、一番後ろですかぁ~~」と声をかけられたので、、「そうですよ、、。」振り向けば、40代くらいの女性であった。

【続きを読む】
[ 2015/10/07 13:06 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

学生時代にトイレ掃除のおばさんにチンコを見せたら

10代の時って毎日SEXの事しか頭にない。
そんな学生時代にトイレ掃除のおばさんにチンコを見せた事がある。

場所はホームセンター。
前々からよくトイレを掃除している熟女とのエロい妄想をしていた。

【続きを読む】
[ 2015/10/07 13:05 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女を寝取られて快楽堕ちさせられたのに、相手の男を殴る事も出来ず車に仕返ししたヘタレな俺

大学時代にあったことを書かせてもらいます。

自分(寛人)には当時、大学の同級生で1年ほど付き合っている彼女がいました。
名前は有希といい、色白で細身、男女問わず人気のあるコでした。有希とは友人の紹介
で知り合って、有希からの告白で付き合うようになりました。

【続きを読む】
[ 2015/10/03 18:47 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

みんなが酔いつぶれる中、子持ちの従姉妹に手コキしてもらった

俺(30)、いとこ(28・既婚・子持ち) 嫁さん(28・妊娠中)
結婚して3年、初めて田舎に帰った。もちろん嫁さん連れ。
数年ぶりに会うから、親戚連中コタツを囲んで皆で夜中まで飲んで騒いでだった。
時間が過ぎて、皆飲みすぎで電池が切れ、次々にその場で寝始めた。

【続きを読む】
[ 2015/10/02 22:40 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

寿退社した妻を、職場復帰させてはいけない理由

妻の瞳とは、結婚して2年目を迎えた。不動産の会社に勤めていた妻は、私がそれなりに収入がある自営業者ということもあり、寿退社をして、私の会社の経理などを手伝ってくれていた。

だけど、その不動産会社ではバリバリに働いていて営業成績も常に上位だった彼女は、最近職場復帰をしたいと言うようになっていた。経理の手伝いなどでは、退屈だったのだと思う。確かに、私の会社の経理などは、税理士に丸投げでも問題が無い程度なので、子供が出来るまでならばという約束で、彼女の職場復帰に同意した。

27歳の彼女と、35歳の私。年の差はあるが、共通の趣味もあり、仲の良い夫婦だと思っている。彼女も職場復帰したとはいえ、30歳くらいまでには子供を作りたいと言っているので、たかが数年のことだと思っている。

そして職場復帰した彼女は、生き生きとした顔で楽しそうに日々を過ごすようになっていた。正直、妻を働きに出すという部分で、甲斐性のことなどで複雑な気持ちもあったが、結果良かったなと思っていた。

『ホント、アイツムカつく。仕事は出来るかもしれないけど、あんな騙すようなやり方は、絶対に良くないよ!』
夕食を食べながら、こんな風に上司のグチを言うのも日課になっていた。私は、ほぼ1人で完結している自営業なので、人に頭を下げることも、上司に理不尽なことを言われることもない。なので、自然と私がグチを聞く感じになっていた。

「まぁまぁ。でも、違法な事してるわけじゃないんでしょ?」
『それはそうだけど、私は絶対に認めない! それに、アイツ生理的に受け付けないし』
妻は不動産業でバリバリとやっていた割には、正義感が強いというか、曲がったことが嫌いな性格だ。不動産業なんかで数年働いていたら、良くも悪くも世間擦れすると思う。ウソとまでは行かなくても、多少盛ったり、あえて説明しないことなんかもあるはずだ。

「そんなに嫌ってたら、相手も瞳のこと嫌いになっちゃうよ」
『いいよ、嫌われても! その方が良いし! ホント、アイツって気持ち悪いんだもん』
妻は、その上司を毛虫のように嫌っているようだ。まぁ、惚れるよりは嫌う方がましかと思いながらも、そんなにストレスなら何時でも止めていいよと言ってみた。

『ありがとう。でも、もうちょっと頑張るね。それで、ハワイとか行っちゃおうよ!』
妻はそんな事を言ってくれる。別に彼女が働かなくても、ハワイくらいはいつでも行けると思うが、生き生きとしている彼女を見るのも好きだし、スーツ姿の彼女もなかなか良いものだと思っていた。

妻は、身長こそ少し低めだが、スタイルがとても良い。足も長いし、ウエストもくびれている。そのくせ胸もそれなりに大きくて、くびれたウエストのことも相まって、Fカップだそうだ。グラビアの人みたいに、ぽっちゃりしたFカップではなく、吹石一恵みたいな感じの美乳だ。それがスーツを着ていると、もの凄くエロい感じがする。

不動産会社の、特に営業などは男性が多いと思う。誘われたりしないのかな? と、心配になることもある。また、お客さんの中には、買うからやらせろとか言ってくる人はいないのだろうか? という、心配もしてしまう。
だけど、曲がったことが嫌いで、私のことを凄く愛してくれている(はずの)妻が、裏切ることはないだろうと信じている。

そして、昔のようにバリバリ働くようになった妻は、帰りが遅くなることも増えてきた。
それでも、
『ごめんね〜。遅くなっちゃった! すぐご飯作るから!』
と言って、夕ご飯をしっかりと作ってくれる。そして、忙しくなってきたのに、なぜか職場復帰する前よりもセックスの回数が増えた。
男性ばかりの競争社会の中に戻ったことで、少し雄化したのかもしれないし、私と過ごす時間が減ったことで、気持ちが新鮮に戻ったのかもしれない。
それは、私にはとても嬉しいことだった。

そんな風に、妻の職場復帰はメリットの方が多かった。そんな生活が1年近く続いたが、ここの所すれ違いが多くなっていた。私の仕事がますます順調で、海外を含めた出張が増えたこと、そして、妻に役職がついたこともあって、夕食も別々に取るのが普通になってしまっていた。

それでも、休みの日には一緒に出かけたりするし、セックスも月に1〜2回はする。まぁ、あと数年のことだから仕方ないかな? と思うようにしていた。

『あなた、コーヒー入れたけど、飲みますか?』
朝、目が覚めてキッチンに行くと、妻が朝食を作っていた。昨日は何時に帰ってきたのか知らないが、2時は過ぎていたと思う。最近は、寝室のダブルベッド以外にも、洋室にシングルベッドを置くようになっていた。遅いときは、妻はそこで寝る。私を起こさないように、色々と気を使ってくれているみたいだ。

「ありがとう。昨日も遅かったみたいだけど、身体は平気?」
『ちょっと眠い』
笑いながら言う妻。でも、すでに身支度も終えている。本当に、働くことが大好きのようだ。
『じゃあ、私もう行っちゃうけど、食器シンクに突っ込んどいて下さいね』
と、玄関に向かった。私は妻を見送りながら、主夫になった気持ちを味わっていた。

出ていく妻を見て、そう言えばあのバッグ、どうしたのかな? と思った。妻が腕にかけていたバッグは、いつもの見慣れたヤツではなく、エルメスのマークの入った高そうなバッグだった。まぁ、バッグぐらい好きに買えばいいと思ったが、そう言えば最近妻は服装も変わったなと思った。

スーツはスーツなのだけど、スカートが少し短い気がする。そしてワイシャツも、少し胸元がルーズなものが増えた気がする。まぁ、女性の営業は多少の色仕掛けも必要だよなと思いながらも、ちょっと不安な気持ちになった。

一旦そう思うと、色々と気になるようになってしまった。一つ一つなら、些細な変化で気にならないことでも、いくつか複合すると疑念を持ってしまう。

そんな風に思っているときに、妻が髪を切った。肩より長い黒髪が自慢だった妻が、首が見えるくらいに短くして、ベージュというか明るめのヘアカラーをした。
『どう? ちょっと切り過ぎちゃったかな?』
妻は照れくさそうに私に言ってきた。
「どうしたの? あんなに髪の毛大事にしてたでしょ?」
『うん。なんか、イメチェン。似合ってる?』
妻は、少し不安そうな顔で聞いてくる。私は、長い髪の彼女も好きだったが、この髪型の彼女もいいと思った。若くて可愛らしい……そんなイメージになった気がする。元々は清楚系というか、石原さとみみたいなイメージだった彼女だが、短くしてカラーを入れたことで、若いときの石田ゆり子みたいななった気がする。

私は、とてもよく似合ってると告げた。すると、一気に満面の笑みになり、
『良かった! 似合わないって言われたら、どうしようかと思ったよ』
と、ホッとしたように言う妻。

『あなた、これプレゼント。いつもお仕事お疲れ様』
妻はそう言うと、私にカルティエの腕時計を渡してきた。私は、凄く驚いて思わずどうしたのとか聞いてしまった。
すると妻は、自分の腕を私に見せる。そこには、私にくれたモノとサイズ違いの腕時計がはめられていた。
『ペアウォッチ。最近一緒にいる時間少なくなっちゃったでしょ? だから、浮気防止だよ。浮気しそうになったら、これ見て思いとどまってね』
妻は、可愛らし口調で言う。その頬は少し赤くなっていて、照れているのがわかる。

私は、妻のことを何となく疑ってしまったことを反省した。そして、感激しながら早速その腕時計をはめてみた。よく見ると、まったく同じシリーズではないみたいで、多少デザインの違いもあったが、ペアウォッチと言って間違いないと思う。私は妻のその気持ちが嬉しくて、思わず彼女を抱きしめた。

『あん。あなた、喜びすぎだって。でも、嬉しいなぁ』
妻はそう言って、私にキスをしてくれた。一瞬、タバコの匂いがした気がしたが、私の思い過ごしだったと思う。彼女も私も煙草は吸わない。酒は少し飲む程度だ。なので、昼に食べたものの匂いかな? と思った。


そんな嬉しい出来事はあったが、ますます彼女の仕事は忙しくなり、すれ違いの時間が増えていった。

『あなた、ゴメンね、パン買ってあるからそれ食べてね〜』
妻は、朝食を作る余裕もなくなっていった。でも、妻が買ってくるパンは、妙に高そうなモノで、そう言えば最近妻の買うものはどれも高価なものになった気がする。それだけ稼いでいると言うことなのかもしれないが、何となく金遣いが荒くなった気がする。

そして、今朝、玄関で見送っていて気がついたが、妻はいつの間にか耳にピアスを開けていた。小さなピアスだが、たぶんダイアだと思う。妻は、妙に古風なところがあって、
『親からもらった身体に穴を開けるなんて信じられない!』
と、ピアス否定派だった。それなのに、私に断りもなくピアスを開けてしまった。もっとも、断る必要があるかどうかと言えば、別にないと思うが、それでもひと言あっても良いのでは? と、不満に思ってしまった。

これがきっかけで、また妻に疑念を持ってしまった。そしてある日、妻が会社に出かけた後、私は家捜しみたいな事をしてしまった。すると、私の疑念はさらに強くなってしまった。妻は、ブランドモノの指輪やアクセサリーを多数持っていた。そしてスーツなんかもブランドものだった。いくら稼ぐとは言え、モノが多すぎる気がした。

そして、気が引けたが、彼女の衣装棚もチェックしてしまった。すると、私が見たことのないようなセクシーな下着が、奥の方に隠すようにしまわれていた。それは、ガーターベルトや、スケスケに透けてしまっているもの……そして、肝心の部分に穴が空いていて、乳首もアソコも丸見えになってしまうようなモノまであった。私は、この時初めて妻の浮気を疑った。考えてみれば、怪しい兆候は沢山あった。でも、その全てを私は思い過ごしだと思ってしまった。いや、思い込もうとしていたのかもしれない。

私は、信じられないといいう気持ちと、もしかしたらという気持ちで、心臓がバクバクしてしまった。

その日の夜、妻は意外と早く帰ってきた。と言っても、すでに24:00近くではあったが、私は彼女を待っていた。
『ただいま。起きてたんだ。なんか作ろうか?』
妻は、少し酔っているようだった。
「もう食べたよ。酔ってるの?」
『ゴメンね。ちょっと、会社のみんなでご飯食べたから。部長のおごりだったから、飲み過ぎちゃった』
頬を赤くしたまま言う彼女。
「え? 部長の事って、嫌いじゃなかったっけ?」
『嫌いだよ。でも、おごりなら遠慮無く食べないとね』
楽しそうに言う妻。
『お風呂は? 久しぶりに一緒に入る?』
酔いのせいか、妙に上機嫌な妻。私は、すでに風呂に入った後だったので、それを断った。
『残念。じゃあ、ベッドで待っててね。久しぶりに、エッチしよっか?』
妻は、少し上気したような顔で言う。私は聞きたいことが山ほどあったが、それを飲み込んでベッドに移動した。久しぶりに妻に誘われて、嬉しかったと言う気持ちもあったからだ。

そしてベッドに入ると、疑いの気持ちを持ったことをバカらしく思い始めていた。瞳に限って、浮気なんてあるはずがない……。

すると、妻が身体にタオルを巻いて寝室に入ってきた。
『お待たせ〜。ちょっと暗くするね』
そう言って、間接照明にした妻。
『あなた、気に入ってもらえるといいんだけど……』
そう言って、タオルを外した妻。すると、私が見つけてしまったあの下着を身にまとっていた。穴が空いているので、乳首もアソコも丸見えになっているその下着は、下着の役目は果たせていないと思う。
『変かな? ダメ? 喜ぶかなぁって思ったんだけど……』
妻は、恥ずかしそうにモジモジしながらそんな事を言う。私は、心底ホッとしていた。他の誰かを喜ばせるためではなく、私のためだったんだ……。そう思うと、妻のことが無性に愛おしくなった。

「すっごく似合ってるよ。エッチすぎて、こんなになっちゃったよ」
私は腰のタオルを外し、勃起したペニスをアピールした。久しぶりにここまでカチカチになった気がする。

『ホントだ。なんか、溢れてる』
妻は嬉しそうに笑いながら言うと、私のモノを口でくわえてくれた。セクシーなランジェリー姿でこんな事をされると、まるでアダルトビデオに迷い込んだような気持ちになった。もともと妻は、セックスは嫌いではなかったと思うが、淡泊ではあった。愛撫とかはあまりなしで、すぐに挿入して愛し合うようなセックスが多かった。

なので、こんな風にしっかりとフェラチオしてもらうのは、もしかして初めてかもしれない。妻は私のモノを根元までくわえると、舌だけではなく喉でも責めてくるような複雑な動きをする。そして、結構な音を立てながら、吸引するような事もする。バキュームフェラという言葉は聞いたことがあるが、実際に経験するのは初めてだ。私は、妻と交際する前には、2人としか経験が無く、風俗も行ったことがない。なので、妻のこのフェラチオは、あまりに気持ち良すぎて声が漏れてしまった。

『気持ちいい? 雑誌で見たやり方だから、あまり上手く出来ないけど……』
妻はそんな事を言うが、私はもうイキそうになっていた。私のために、雑誌で勉強してくれたのかと思うと、胸が熱くなった。忙しくてすれ違いの日々を、妻も妻なりに悪いなと思ってくれているのだと思った。

「気持ちいいよ。ダメだ、もう出ちゃいそうだよ」
私は情けない気持ちになりながら、そんな声を出した。でも、妻は嬉しそうな顔をして、またくわえてくれた。それだけではなく、くわえたまま指で乳首まで触り始めてくれた。それも、両乳首を……。

私は、三ヶ所を同時に責められて、うめき声をあげながら射精してしまった。
妻は、竿の中のモノまで吸い取るようにしてくれた後、口の中の物をティッシュに吐き出し、
『いっぱい出たね。気持ち良かった?』
と、嬉しそうに笑いながら聞いてきた。私は、最高に気持ち良かったと言いながら、今度は私が責めると言ってみた。

すると、
『ちょっと待ってて』
と言い、寝室を出て行った。そしてすぐに戻ってくると、コップにお茶を入れて持ってきてくれた。
私は礼を言い、それを飲み干した。そして、妻にキスをした。妻は嬉しそうに私に抱きつき、舌を絡めてきてくれる。私は、そのまま妻の胸を揉み始める。セクシーなランジェリーからはみ出てしまっている乳首を触ったり、Fカップの美しい乳房を揉んでいく。
『ン、ふゥ♡ 気持ちいい……』
妻は、気持ちよさそうな声を上げてくれる。そこで記憶が途切れてしまった。

私が目を覚ますと、すでに明け方だった。一瞬パニックになる私。
『おはよう。よく眠れた?』
妻が、私の横にいて声をかけてくれる。
「あ、あぁ、おはよう。あれ、俺って、いつの間に寝ちゃったんだ?」
混乱したままそう訪ねる私。
『ふふ。昨日は激しかったモノね。とっても素敵でした♡ まだ、あなたの精子中に入ってるわ。出来ちゃうかもね』
と、私に抱きつきながら言う妻。

私は、言葉も出せなかった。私は、妻の胸を愛撫し始めたところまでしか記憶が無い。挿入したことも、まして、中に出してしまったことも記憶にない。

『そろそろ、あなたの赤ちゃん欲しいなぁ……』
妻は、照れたように言う。私は混乱したままだったが、そうだねと答えた。

そしてこの日をきっかけに、忙しい中でもセックスをするようになった。最低でも週に一回はするようになった。でも、毎回のように記憶を失ってしまう私……。私は、自分が壊れてしまったような気持ちになり、恐ろしくなってしまった。

そして、病院で検査を受けようかと思っていた矢先、偶然街で妻を見かけることがあった。妻はオフィス街のビルの入り口にいて、灰皿の前で煙草を吸っていた……。私は、我が目を疑った。煙草を吸うなんて、当然聞いてもいないし、瞳の性格上あり得ないと思った。

それが今、数十メーター先で細い煙草を指で挟み、慣れた仕草で吸っている……。私は、見てはいけないものを見てしまった気持ちになった。声をかけようかと迷っていると、急に妻が手を振った。私の方にではなく、全然別の方向に……。

すると、50がらみの男性が妻に歩み寄ってくる。その男性は、どちらかというといかつい感じで、男前ではなかった。でも、エネルギッシュな感じが溢れていて、仕事が出来そうなやり手という印象だった。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
月別アーカイブ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られに特化した体験談を紹介しています。

愛する妻や恋人が他の男に本気で堕ちる過程や、他の男に調教されていくところを、なすすべもなく隠し撮りの動画で見るしかない……等です。

愛する嫁が他人に汚されていくのを見て、嫉妬と怒りの中、異常に興奮してしまう自分……後戻り出来ない扉が開きます。

妻、恋人、片思いの相手、すべて寝取られる話なので、NTR耐性のない方はご注意下さい。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。
また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、私へは一切通知されません。名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、Twitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/ntrtukaeru

マガブロ記事一覧

月刊マガブロは月単位でご購読いただけます。