NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています
月別アーカイブ  [ 2016年08月 ] 

≪ 前月 |  2016年08月  | 翌月 ≫

仲良くしてるお隣夫婦が、セックスしてるのを見て欲しいと言ってきた完【ブロマガ】

前回の話

『んぎぃっ! あぁぁっ、クゥ、イクぅーーっ!!』
嫁は、あえぎ声と言うよりは、断末魔の悲鳴のようなものを上げて身体を震わせた。20cm君に正常位で貫かれ、脚をピンと伸ばした状態になっている嫁。脚はピンと伸びているのに、つま先はギュッと内側に曲げられている。
「だ、大丈夫ですか? 痛いですか?」
20cm君は、嫁のあまりのリアクションに、怯えたように聞いた。
『へ、へーきよ。痛いどころか、イッちゃったわ♡』
嫁は、とろけた顔で彼に言う。すると、茉莉ちゃんが嫁の結合部をのぞき込みながら、
『根元までズッポリだね』
と、嬉しそうに言う。お揃いのセクシーなランジェリーを身につけた嫁と茉莉ちゃん。まるで、アダルトビデオの撮影現場に迷い込んだようだ。

『これ、ホントにエグいね。へそのところまで届いてる感じ』
嫁が、自分のおへその辺りをさすりながら言う。
『でしょ〜。私も、内臓の位置変わったかもw』
茉莉ちゃんも、おへその辺りをさすりながら言う。そんな仕草ですら、大介君はカメラに収め続けている。

「動いても良いですか?」
20cm君は、恐る恐る聞く。あれだけ茉莉ちゃんをイカせまくっても、おどおどした感じは変わらない。
『良いよ。でも、生で入れちゃったね。人妻を妊娠させるつもり?』
嫁は、20cm君をいじめるような感じで言う。すると、彼は、慌ててペニスを抜こうとしながら、
「そんなつもりないです! すぐ抜きます!」
と言った。でも、茉莉ちゃんが20cm君の身体を押さえ、
『良いよ。そのままやっちゃいなよ。旦那さんがあんな風になってるんだから、気にせずにやっちゃいなよw』
と言った。同時に、3人の視線が私に注がれた。私は、オナニーでイッてしまい、床や手を精液でドロドロにしたまま、まだペニスを握っていた。そんな姿を、ニヤけた顔で見る茉莉ちゃんと嫁、そして、驚きの表情で見る20cm君。

『私がイカされるの見て、自分もイッちゃったんだねw』
嫁が私に話しかけてくる。私は、恥ずかしさのあまり、顔を真っ赤にしてうつむいてしまった。

「でも、妊娠しちゃいませんか?」
20cm君は、とても不安そうだ。
『私には思いっきり中出ししたくせに』
茉莉ちゃんは、からかうように言う。
「す、すみません……」

『大丈夫よ。作ろうと思っても、なかなか出来ないんだから。私が行ったことのない世界に、連れてってね♡』
嫁はそんなことを言うと、20cm君の背中に腕を回して抱きしめ、キスをした。すると、20cm君はぎこちないながらも必死で舌を絡め、腰も振り始めた。それほど女性経験が多くないと言っていた彼は、確かにぎこちない腰の動きだった。でも、有り余るほどの長さを生かして、ストロークの長いピストンをしていく。私が真似ようと思っても、絶対に出来ない動きだ。

『うぅっ! ンッ、太すぎるっ! 拡がってるっ! 拡がっちゃうぅ!』
嫁は、快感と言うよりは、驚きを感じているような言葉を出している。
『うわ、こんなに太いんだ。純さん、由里ちゃんのガバガバになっちゃいますよw』
茉莉ちゃんが、私に向かってイタズラっぽく言う。それだけではなく、M字開脚した足の付け根を指差し、
『私のアソコも、まだ何か入ってるみたいだもんw 拡がっちゃってるよw』
と言った。小さすぎてほとんど役に立っていないショーツは、完全にズレててしまっている。まったく毛のないロリなアソコからは、20cm君の精液がまだ流れ出ている。でも、アソコが拡がってしまったのかどうかは、見ただけではわからない感じだ。そして、そんな茉莉ちゃんのアソコのアップを撮り続ける大介君。荒い息遣いで夢中でシャッターを押し込んでいる。

『あなた、見える? 私のおまんこ、こんなに拡がっちゃってるよ』
嫁は、はしたない言葉で私を挑発する。普段の彼女からは、そんな言葉を口にするなんて想像も出来ないくらいなのに、今の彼女はとろけた顔でそんなことを言う。

「凄く締まります。メチャクチャ気持ち良い……」
20cm君は、気持ちよさそうにうめくように言う。
『私も気持ち良い♡ 奥、もっと潰しちゃって。うぅ♡ そう、もっと思い切りして良いよ! 気持ちいいっ! うぅあぁっ♡』
嫁は、彼を見つめながら甘えた声でねだる。
「凄い、もっと締まってきました。あぁ、最高です!」

すると、茉莉ちゃんが頬を膨らませながら、
『私のが緩いみたいじゃん!』
と、すねたように言う。

「い、いや、そんな事ないです! 茉莉さんのも凄かったです!」
慌てて言い訳をする20cm君。でも、茉莉ちゃんは頬を膨らませたまま、ベッドを降りる。そして、嫁に向かって、
『由里ちゃん、勝負しようよ』
と、いたずらっ子みたいな顔で言った。そして、ベッドに両手をついて立ちバックの格好をする。
『ふふ。良いよ。負けないわよ〜』
嫁は楽しそうな顔で言う。そして、20cm君の下からスルリと抜け出し、茉莉ちゃんの横で同じ格好をした。

私は、ドキンとした。ベッドに両手をついてお尻を突き出す二人。ガーターベルトに、穴あきブラが信じられないくらいにエロい。そして茉莉ちゃんが、
『良いよ、比べてみて』
と言って、お尻を振る。挑発的な笑みが、凄く印象的だ。

「は、はいっ!」
20cm君も、並んだお尻を見てひどく興奮したようだ。ただでさえデカいペニスが、より大きくなったように感じる。
そして、茉莉ちゃんのアソコにペニスを押し当て、一気に挿入した。
『んふぅ♡ バックだと、もっとヤバいね……。軽くイッちゃった♡』
一気に、可愛い顔をとろけさせた茉莉ちゃん。
「あぁ、凄く締まってます」
20cm君は、本当に気持ちよさそうだ。

『私のは? 早く比べてよぉ!』
嫁は、せかすように言う。すると、20cm君は慌てて茉莉ちゃんのアソコからペニスを引き抜き、嫁のアソコに挿入した。
『う、うぅっ、深すぎるぅ♡』
嫁も、バックで入れられて、一気に泣きそうな顔になった。
「メチャ締まってます」

茉莉ちゃんは、
『どっちが締まってる? どっちのおまんこが気持ちいい?』
と、目をキラキラさせながら質問した。
「それは……。同じくらい気持ち良いと思います」
『そんなのダメだよ! ほら、よく味わってみて!』
茉莉ちゃんは、バックのままアソコをクパァと開いて挑発する。こんな風に、1本のペニスを奪い合うようにする二人。この空間には、私も大介君もいるのに、そんな事は忘れたように、20cm君のペニスを取り合う二人……。

20cm君は、慌てて嫁からペニスを引き抜くと、再び茉莉ちゃに挿入した。
『んぅふぅ♡ ほ、ほら、締まってるでしょ?』
茉莉ちゃんは、相当負けず嫌いのようだ。必死でアソコを締めているような感じが伝わってくる。
「ま、茉莉さんのは、柔らかい肉に包み込まれている感じです。肉全体が締めてくる感じです」
彼は、必死で感想を言う。
『私の方が締まる? 気持ちいい?』
茉莉ちゃんは、嬉しそうに言う。
「それは……」
口ごもる彼に、
『ほら、私の番だよ!』
と、嫁が言う。嫁も、負けず嫌いに火がついているみたいだ。

20cm君は、すぐに嫁に挿入する。
「由里さんのは、ギュッと手で握られてるみたいです。締まるのは由里さんかな? でも、茉莉ちゃんの方が気持ち良いかも……」
彼がそんな風に言うと、茉莉ちゃんは嬉しそうに笑う。
『ん〜っ! そんな事ないでしょ! 気持ちいいでしょ!』
そう言って、嫁は腰を振り始めた。立ちバックでハマったまま、腰を前後に動かす嫁。
『あぁ〜! ズルいよ!動くのは反則だよっ!』
茉莉ちゃんが、慌てたような感じで言う。でも、嫁はイタズラっぽい笑みを浮かべたまま腰を振り続け、
『どう? 私の方が気持ちいいでしょ?』
と、20cm君に聞く。
「はいっ! メチャクチャ気持ちいいです!」
彼も、即答した。
『交代してよぉ! 私の番だよ!』
茉莉ちゃんも、負けたくなくて必死な感じだ。20cm君は、ビビったように嫁からペニスを抜くと、すぐに茉莉ちゃんに挿入した。こんな風に、交互に挿入する彼。
夫の私達がこの場にいるのに、もう、気にもしてない感じだ。

そして、茉莉ちゃんは挿入されると同時に、腰を振り始めた。さっきの嫁よりも、勢いよく、力強く腰を振る茉莉ちゃん。バックでハメられたまま、浅ましく腰を振る。
『私の方が、気持ちいいでしょ!?』
と、叫んだ。すると嫁が、
『これだと、抜いて入れるまでに時間がかかるでしょ? 比べるなら、もっと手早くしないとね』
と言って、立ちバックの体勢になっている茉莉ちゃんの上に重なるように乗っかった。親亀の上に子亀が乗ったよう格好になる二人。茉莉ちゃんも、嫌がるそぶりもない。

すると、上下に二人のお尻が並び、剥き出しになった二人のアソコが、凄く近い位置になる。
『ほら、これでじっくりと比べてみて』
嫁がそんな風に言う。すると、20cm君は、茉莉ちゃんで数回ピストンをして、そのまますぐに抜いて嫁のアソコに挿入した。ほとんどワンアクションで入れ替えた彼。徐々にリズミカルな動きになっていく。
『うぅ、あっぁっ、んっ♡ 深いよぉ♡ 気持ちいいっ! 大介のより10倍気持ちいい!』
茉莉ちゃんはそんなふにあえぎ、
『当ってるっ! 子宮にギュッと当ってるぅっ! 気持ちいい? おまんこ気持ちいい?』
と、嫁もあえぐ。

20cm君は、長いペニスを生かし、二人のアソコに入れては抜きを繰り返す。まるで、普通にセックスをしているようなリズムで、二人に入れたり出したりする彼。嫁も茉莉ちゃんも、とろけきった顔であえぐ。まさか、こんなセックスをするとは想像もしていなかった。これでは、二人がオナホになっているみたいだ。

でも、私は興奮しすぎてペニスは完全回復していたし、ほとんど無意識にオナニーを再開していた。大介君は、片手でシャッターを連射しながら、いつの間にか取り出したペニスをしごいていた。二人のはしたない姿を撮しながら、オナニーをする大介君。本当に気持ちよさそうで、興奮しきった顔をしていた。

「二人とも最高です! ぼ、僕、もうイッちゃいそうです。どちらに出せばいいですか?」
切羽詰まった声で言う20cm君。
『私だよ! まだ出してもらってないし!』
嫁がすぐに言う。でも、茉莉ちゃんも、
『ダメだよ、妊娠しちゃうよ。私の中に出して! へーきだから!』
と叫ぶ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


パートのおばちゃんが、上司のセクハラを愚痴ってきたので慰めたw

僕は30代前半。
どこにでもいる普通のサラリーマン。既婚者。

パートのおばさん。既婚者。人妻。

どこにでもいる普通のパートのおばさん。
おばさんとは部署が違う。
しょっちゅう会うわけでもない。

【続きを読む】
[ 2016/08/28 22:21 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

元ヤンの姐さん女房は、昔先輩達に廻されていた

私の妻は、5歳年上で、姐さん女房というヤツだ。性格もおとなしい私とはまったく正反対で、気性が荒いと言っても良いかも知れない。いわゆる元ヤンで、知り合った最初の頃は、なるべく関わりを持ちたくないと思って避けていたくらいだ。

知り合ったのは、私が大学生の時に始めたバイト先でだった。そこはファミリーレストランで、私は土日と平日の1日だけ、ランチタイムにバイトをしていた。大学生は、夜のシフトでバイトをすることが多いと思うけど、私がバイトをしようと思ったのは、ランチタイムにそこでバイトをしていた同じ大学の女の子と仲良くなりたいという、下心からだった。

結局、私がそこでバイトをするようになってすぐに、その子はバイトをやめてしまったので、結局仲良くなることもなかった。私が嫌でやめたのかな? と、少し心配もしたが、他のバイトのおばちゃんに、単に店長と揉めたからだと聞かされて、少しホッとした。

そんなバイト先で、礼子と知り合った。その頃、礼子は髪も真っ黒で一見上品な感じの見た目だった。でも、一緒に働き始めてすぐに、元ヤンなんだなと知ることになった。
仕事も出来るし、愛想もいい。そして、顔も彫りが深い感じの美人で、私も最初は凄く良いなと思った。

でも、忙し時のキッチンとのやりとりや、店長とのやりとりを見ていて、考えがガラッと変わった。言ってることは、基本、彼女の方が正しくて筋が通っていたけど、とにかく口が悪かった。男言葉でキツい口調。キッチンの大学生の男の子が、リアルに泣かされているのを見たこともある。

でも、お客さんからのクレーム対応とか、他のバイトがしたミスの尻ぬぐいとか、嫌な顔一つせずに率先してやっていたので、みんなからは凄く慕われていた。ジブリ映画に出てくる女海賊みたいな感じだなと思っていた。

『オマエって、仕事はそつなくこなすけど、全然心開かねーのな』
たまたま休憩が一緒になったとき、二人きりの休憩室でそんなことを言われたりした。
「ハァ、すみません」
私は、そんな風に謝りながら、内心凄くビビっていたのを思い出す。本当に怖いと思っていた。ただ、自分で言うのもおかしいけど、私はファミレスのホールの仕事に関しては凄く出来る方で、礼子にも徐々に頼りにされるようになっていった。
『アンタと一緒だと、本当にスムーズに回るから、楽だよ。もっとシフト増やせねーの?』
私の呼び名が、オマエからアンタに昇格した頃には、彼女が怖いという気持ちよりも、一緒に働いていて楽しいなと思うようになっていた。そして、色々と話をするようになり、彼女がいつまでもバイトじゃまずいなと思っていて、何か資格を取って就職しようと考えていることなんかを聞き、アドバイスを求められるようになっていった。

と言っても、私もただの大学生で、国立大学とはいえ法学部や医学部ではないので、自分自身の先の見通しも立っていない状況だった。それでも、彼女と色々と将来のことについて話をするのは、大学の仲間と同じ話をするよりも、新鮮だった。

『もうアップだろ? 飯でも行こうか?』
夕方、バイトが終わる時間間際に礼子に誘われて、私はビックリしながらも一緒に食事に行くことにした。仕事では頼りにされても、私みたいなナヨッとした男は嫌いだと思っていたので、この初めてのプライベートでのお誘いは、青天の霹靂だった。

「どこ行きますか?」
私がそう聞くと、
『いい加減、敬語やめろって。なんか、壁があるみたいで寂しいよ』
急に女っぽい言葉づかいで言われて、私はドキッとした。そして、
「いや、癖なんで。徐々に直していきます」
『アンタらしいな。でも、そう言うところが好きだよ』
凄くニコニコしながら言ってきた彼女。私は、好きという言葉に過剰に反応して、顔を真っ赤にしてしまった。
『なに赤くなってんだよ。そういう意味じゃねーよ』
と言った彼女も、少し頬を赤くしていた気がした。

そして、彼女の行きつけというパスタ屋さんで食事を始めた。彼女は、ワインなんかも飲みながら饒舌に話をした。地元では、やっぱりヤンキーで、身の回りも悪い仲間ばっかりだったので、高校卒業と同時に東京に出てきたらしい。彼女は、グレてはいたが、将来のことを考え、このままではいけないと思って地元のヌルい人間関係から飛びだしたそうだ。

でも、なにをやっていいのかもわからず、バイトを点々としたようだ。ガールズバーのような所で働いたこともあったみたいだが、客を殴ってクビになったそうだ。
『いきなりチチ揉まれたから、鼻へし折ってやったよ』
思い出しただけでもムカついたようで、そんなことを言った彼女。私は、あらためて怖いなと思ってしまった。

「彼氏とかはいないんですか?」
『彼氏? いないよ。そんな余裕ないし、私みたいなアバズレ、男が嫌がるしな』
「あばずれ?」
『え? わかんない? ヤリマンって事だよ』
サラッとそんな風に言われて、私は顔を赤くした。

『なに赤くなってんだよ。アンタって、もしかして童貞?』
この上なく楽しそうに言ってくる彼女。私は、確かにまだ童貞で、なおかつまだ女性と交際したこともなかったので、耳まで赤くしてもごもごと言っていた。
『卒業する? 私でよければ貸すよ』
彼女は、サラッと言う。本気なのか冗談なのかわからない私は、
「い、いや、その……。そんな……」
と、口ごもるばかりだった。
『私なんかじゃ、嫌だよな。まぁ、そのうちいい人見つかるって』
少し残念そうに言った彼女。私は次の瞬間、
「お願いします!」
と、言っていた。

『へ? いいの? こんなアバズレ相手じゃ、後悔するんじゃね?』
「しないです。ぼ、僕、礼子さんのこと好きです」
『ほ、本気で言ってるのか? なんか、勘違いしてない? 私なんかの、どこが良いんだ?』
急にしどろもどろになる彼女。私は、そんな彼女を見て、本当に可愛いと思ったし、やっぱり自分は彼女のことが好きなんだなと自覚した。

「一緒にいて楽しいから……。バイトじゃないときも、礼子さんのこと考えてることが多いです」
『あ、ありがとう……。私も、アンタといると楽しいよ。でも……。わかった。自分から言い出しといて、みっともないよな。よし、じゃあ行くか!』
彼女はそう言うと、会計を済ませた。私も払おうとしたが、
『童貞もらっちゃうんだから、これくらい払わせろって』
と、受け取ってもらえなかった。そして、
『じゃあ、ウチに来いよ。すぐそこだし』
と言って、歩き始めた。でも、さっきまでとは違い、お互いに妙に無口だ。私は緊張でガチガチだったし、頭の中はエロい妄想で破裂しそうだった。

礼子は、この時どう思っていたのかわからないが、無口な割には足取りは軽かった気がする。
そして、彼女の家に着く。そこは、2階建ての木造のアパートで、ちょっと古そうだったけど、手入れが行き届いているのか小綺麗な感じだった。部屋数は、1階2階共に4部屋で、小ぶりなアパートだ。そこの2階の角部屋が彼女の部屋だった。

『散らかってるけど、我慢しろな』
相変わらず口が悪いが、緊張している感じの彼女。普段の彼女からは、まったく想像もつかないような姿だった。

彼女の部屋の中は、2DKの間取りで、意外なほどに女の子っぽい部屋だった。ピンクのカーテンに、可愛らしいベッド、その上には、ぬいぐるみがいくつか置かれていた。
「意外です。礼子さんって、可愛いんですね」
と、私が言った途端、結構強めにボディにパンチが入った。
『う、うっさい! いいから、先シャワー浴びろって!』
と、耳まで赤くした彼女が言った。私は、少し咳き込みながらも、フラフラと浴室に向かった。
『そのタオル使っていいから!』
と、言われたタオルを見ると、それは可愛らしいキャラクターのバスタオルだった。でも、私はなにも言わずに服を脱ぎ、シャワーを浴び始めた。そして、はやる気持ちを抑えながら、手早く全身を洗い、何度もうがいをしてから脱衣場に出た。そして、タオルで身体を拭き、腰に巻付けて部屋に行くと、間接照明で薄暗くなっていた。
『す、すぐ戻るから、座って待ってな』
と、ベッドを指さす彼女。私と入れ違いに、シャワーを浴びに行った。

私はドキドキしていた。まさか、いきなりこんな展開になるとは……。いつも一緒に働いていて、気がつくと彼女のことばかり考えるようになっていた。彫りが深くて少しエキゾチックな美人顔。でも、黙っていると上品なイメージだ。身長は、姐さん的なイメージとは違い、160cmもないような小柄で、体重もたぶんかなり軽めだと思う。でも、バイトのユニフォームだと、結構胸が大きめに見える。でも、うわっ、巨乳っ! と言う感じではない。

すると、すぐに彼女が戻ってきた。彼女は、肩までの黒髪をまとめてアップにしていて、バスタオルで身体を隠していた。そのまま、ベッドに近づいてくる。

普段、バイトの仲間としてしか接していなかった彼女が、こんな格好をしている……。それだけで、私は暴発してイッてしまいそうなほど興奮していた。すると、彼女はベッドに乗る直前にタオルをハラッと外した。
彼女の裸体は、想像通りの引き締まった無駄な肉のないものだった。それでいて、胸は結構なボリューム感があり、乳首も乳輪も小さい感じだった。

そのまま、彼女はベッドに上がると、私の腰のタオルを外した。そして、
『わっ、意外とデッカいんだ』
と、驚いたような声で言った。私は、ペニスの大きさは大きめだと自負していた。エッチな動画や、同級生達と比べても、負けたと思うことが少なかったし、ネットの情報を見て定規で測ったりしたとき、17cm程度はあった。

「そ、そうですか?」
でも、私はそんな風に謙遜ではないが、自信がない感じで言った。
『うん。これなら、自信持って良いよ。たぶん、いままでで2番目か3番目にデッカいよ』
と、力強く言う彼女。たぶん、彼女にまったく悪気はないと思うけど、私は過去の彼女の男性経験のことを想像してしまい、少しモヤモヤした。

でも、彼女はそんな私のモヤモヤなんて関係なく、いきなりペニスをくわえてしまった。すぐに、彼女の舌が絡みついてきて、強烈にバキュームしていく。私は、一気に快感に捕らえられて、うめき声をあげてしまった。

彼女は、そのまま私のペニスをフェラチオし続ける。それは、とても滑らかで慣れた動きに思えた。彼女は、私のカリ首を舌で舐めつくし、唇で引っかけて責めてくる。それだけではなく、睾丸を指で揉んだり、アナルのあたりを舐めてきたりもする。私は、恥ずかしさで逃れようとするが、彼女はガシッと私の太ももをホールドして離さない。

『ホント、大きいよ。久しぶりだから、ヤバいかも……。さかっちゃったよ』
そう言って、私にまたがってくる彼女。そのまま、あっけないほど簡単に、私のペニスは彼女の膣に飲み込まれてしまった。これがセックスか……と、感激する間もなく、
『ううっ、ヤバい……奥に当ってるよ。アンタの、凄く気持ち良い』
彼女は、私のモノを根元まで飲み込みながら、気持ちよさそうに声をあげた。見上げる彼女の身体は、本当に美しいと思った。くびれも凄いし、胸も下から見上げているせいか、もの凄く大きく見える。

「れ、礼子さんのも凄く気持ち良いです」
うめくように言う私に、
『まだ締めてないから。もっと気持ち良くしてやるよ』
と、彼女は言った。それと同時に、ギュウッとアソコが締まってくる。確かに、さっきまでとはまったく違う締まりの良さだ。そして、そのまま腰を上下に動かす彼女。私は、ゾクゾクッと快感が駆け抜けていって、思わず少し漏らしてしまいそうだった。と、同時に、コンドームをしていないことに気がついた。

「れ、礼子さん、ゴム着けてないです!」
『い、良いよ。私、生派だから。今日は大丈夫な日のはずだし』
そう言って、腰をガンガン振り始めた彼女。私は、搾り取られるとはこの事か! と思いながら、イキそうになるのを必死で紛らしていた。

密かに使ったことのあるオナニーホールとは、まったく比べものにならない気持ちよさ。絡みつき、絞られる感覚がどんどん強くなる。

『ん、ンッ、あっ、あっ、あっ♡ す、凄い、アンタの本当にヤバい。気持ちいい。キ、キスしても良いか?』
腰を振りながら、妙に気弱なことを言う彼女。私は、普段の彼女とのギャップに、笑いそうになってしまった。
『わ、笑うなっ!』
恥ずかしそうに言いながら、私に身体を倒してきてキスをした彼女。すぐに舌が飛び込んできて、私の口の中をかき混ぜる。私にとってのファーストキスは、あまりにも強烈で濃厚なものだった。私は、絡みついてくる舌に、一気に快感が倍増していくのを感じながらも、負けじと舌を絡めていった。すると、彼女がギュッと私を抱きしめてきて、アソコもギュゥッとさらに締めつけを増してきた。

そして、そのままガンガン腰を振っていた彼女。しばらくすると、キスをやめてアゴを上げ、
『イッちゃうっ! イクっ! 好きっ! 好きっ!』
と、とろけた顔で叫んだ。私は、その言葉を聞いて、
「す、好きですっ! イクっ! イキますっ!」
と叫びながら、彼女の中にイッてしまった。その途端、彼女はビクンと体をのけ反らせ、ガクガクッと小さく震えた。

『童貞にイカされちゃったよ……』
そんな風におどけたように言った後、私に再びもたれかかってキスをしてきた。私は、最高の初体験が出来たなと思った。

そして、その後、結局2回彼女に搾り取られ、そのまま彼女の部屋に泊まった。次の日、私の方から交際を申し込み、
『い、いいのかよ? 私なんかじゃ、釣り合わないぜ。大学に、若くて可愛い子ウジャウジャいるんだろ?』
と、彼女に言われたが、本気だと言うことを話したら、少し涙目でOKしてくれた。

でも、これからが大変だった。安全日ではなかったようで、妊娠してしまった彼女。私の結婚したいという希望が通るまでに、両親の反対や礼子自身の身を引く発言など、そんな色々な難関があった。でも、結局押し切って結婚をし、いまでは息子も6年生になり、私も卒業後就職して独立し、今では従業員を使うまでになっていた。色々とあった12年だったが、二人目も生まれて幸せな4人での生活を送っている。
子供が二人になっても、私が独立して社長になっても、彼女の姐さんぶりは変わらずで、今では完全に姐さん女房という感じだ。でも、それが私には事地良いと思っている。

そんなある日、休日に子供達が実家で遊んでいる時、二人で街に出て買い物をしていると、
「アレ? 礼子じゃん?」
と、声をかけられた。ビックリして振り返ると、いかにもチンピラっぽい格好をしたチャラい男がニヤけた顔でこちらを見ていた。
『雅弘先輩……。お久しぶりです』
そんな風に挨拶をした礼子。見るからに緊張している感じだ。
「久しぶり〜。そちらは旦那さん? 結婚したんだって?」
ニヤけた顔で言ってくる彼。その、まとわりつくようなしゃべり方と、感情を感じないような目に、私は蛇みたいな印象を持った。

その後は、なるべく話を切り上げたい感じの礼子と、ネチネチと話してくる彼との攻防という感じだった。
「じゃあ、またな。旦那さん、礼子のこと、幸せにしてあげてくださいよ』
と、明らかに年下の私にそんな言い方をした彼。私は、礼子のことを呼び捨てにされているにもかかわらず、気弱に”はい”と言うだけだった。

そして、二人きりになると、礼子は無口だった。
「あれって、高校の先輩?」
『うん……。そうだよ』
「なんか、苦手な感じなの?」
『あぁ……。昔、アイツらに廻されてたから……』
礼子は、見たこともないような不安そうな顔でそう言った。私は、急に胃のあたりがキリキリと痛くなってきたのを感じていた。彼女の深刻そうな顔に、私はそれ以上のことを聞けなかった。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


隣の家の僕ちゃんを、育てていくことにした私は2

今日から土曜日の夕方まで、主人が九州に出張です。
急に決まった出張・・・。
昨日は久しぶりに主人から求められたけど、前戯もほどほどに入れて、自分だけイッたら後は高いびき。
疲れているのはわかるけど、(いつもそんなんじゃ若い子に対抗できないよ!)と心の中でつぶやきました。

【続きを読む】
[ 2016/08/21 18:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

隣の家の僕ちゃんを、育てていくことにした私は1

主婦(37歳)です。
昨日、とうとう私も皆さんと同じように経験してしまいました。
お隣の高校生としてしまいました。
彼はお隣の洋子さんの息子さんで、汗だくで学校から帰ってきた姿を見かけたので、
「冷たいジュースでも飲んできなさい」
と家に入れたのが間違いの元でした。

【続きを読む】
[ 2016/08/21 12:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

遠距離の私は、会社の先輩に優しくされて簡単にまたがってしまいました2

あの日から数週間経った頃に、私と先輩が埼玉のある取引先に行くことになりました。
先輩が担当だった会社での取引で、私もそのアシスタントをすることになったのでその挨拶でした。
午後一で埼玉まで車で行くことになり、私は内心バクバクでした。
片道2時間以上は掛かるので、社内での会話とかを今のうちに考えとかなくちゃって、朝からずっとパニックでした。

【続きを読む】
[ 2016/08/17 20:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

遠距離の私は、会社の先輩に優しくされて簡単にまたがってしまいました1

小さい会社で働き始めて1年半になります。
やっと周りの人とも対等に話ができるようになって、仕事もスムーズに捗るようになりました。

よく面倒をみてくれる男の先輩がいます。
私は彼氏もいるので、先輩のことを好きとまではいきませんが、ちょっと気になる程度でした。
先輩は後輩をよく面倒みているので、憧れの気持ちもありました。

【続きを読む】
[ 2016/08/17 18:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

就職祝いに何でもしてあげると言われて、他の男とHしてと頼んだら怒られた5【ブロマガ】

前回の話

先輩は、69の格好で莉乃の口の中に射精すると、
「なんか、飛んできたぜ。莉乃って、潮吹きするんだな」
と、手の甲で顔に飛んだ飛沫を拭いながら言う。
『ふ、吹いてないよ! 違うもん!』
莉乃は、上気してトロンとした顔のまま、慌てて叫ぶ。

「じゃあ、おしっこ? しょっぱくはないけどな」
『舐めちゃダメぇっ! 恥ずかしいよぉ!』
莉乃は、耳まで赤くして叫ぶ。

「今さら恥ずかしがるなって。またがってアナルまで見せちゃってるだろ? ヒクヒクしてるぞ」
先輩が笑いながら言うと、莉乃は慌てて69の体勢を解除した。

『変態! もうっ! それに、出し過ぎだよ! むせちゃうところだったじゃん!』
莉乃はムッとした顔でそんな風に言う。すでに、莉乃の口の中は空っぽのようだ。4日間溜められた精液は、相当な量だったと思う。でも、莉乃は当たり前のように飲んでしまっている。

「また飲んでくれたの? ゴメンな。ありがとう」
先輩は、妙に嬉しそうだ。確かに、精液を飲んでもらうのは、なぜだかわからないけどすごく嬉しい。相手のことを好きという気持ちがなければ、出来ないことだからだと思う。

『あふれるくらい出すからでしょ! 飲みたくて飲んだんじゃないわよ!』
ムキになったように言う莉乃。
「じゃあ、どうする? まだ続けるの?」
先輩が質問する。
『う、うん。ほら、ビデオ進んでるよ!』
莉乃が画面を指さして言う。画面の中では、莉乃似の女優さんが、男優さんに指を入れられてあえいでいる。恥ずかしそうに顔を赤くしながら、あえぎ続ける女優さん。見れば見るほど、莉乃によく似ている。

「じゃあ、そこに座って足広げろよ」
先輩は、莉乃をソファに座らせて、足をM字開脚させる。莉乃のアソコは、驚くほど濡れていて、あふれた蜜がアナルの方まで流れていっている。
『恥ずかしいよぉ……』
莉乃は、そんなことを言いながらも、素直に足を広げている。先輩は、なにも言わずにニヤけた顔で莉乃のアソコに指を近づけていく。そして、膣口の少し下あたりに指を触れさせると、そのまますくい取るような動きをした。
『うぅあぁ……』
思わず声を漏らす莉乃。先輩は、その指を莉乃の顔の前に持っていく。
「こんなに溢れてるぞ。彼氏が見ているから、興奮しちゃった?」
『イヤァ……。恥ずかしいこと言わないでよぉ!』
「こんなにさせておいて、なに言ってんだよ。よし、入れるぞ」
先輩はそう言うと、人差し指と中指を束ねるようにしてくっつけ、そのまま莉乃の膣中に挿入していった。
『ンッふぅっ! あ、あぁ、入ってきたぁ……』
莉乃は、恥ずかしそうな顔のまま、甘い声を漏らした。先輩は、無造作に入れた指を動かし始める。指を上に向けて、膣壁上部をこすり、掻き出すような動きをする。

『うぅっ、アァッ! そ、そこダメぇっ! ヒィ、アァッ♡』
莉乃は、すごく気持ちよさそうな声をあげる。先輩の動きは、AVなんかでよく見るような動きだ。
「スゲぇ締まってきたぜ。ここも触ってやるよ」
先輩は、指をガシガシ動かしながら、空いている方の手でクリトリスを触り始める。
『うぅあアァッ! すごいぃっ! それ気持ちいいっ! あっ、あっ♡ うぅああアァッ!』
莉乃は、一気に顔をとろけさせてしまった。そして、少し腰を浮かせるようにして、ギュッとお尻の辺りに力を入れているような感じになっていた。

「クリ、カチカチになってきたぞ」
先輩はそう言って、クリトリスをこする動きを速くした。グチュグチュという音が響き、
『うぅああぁーっ! イッちゃうっ! ダメぇ、もうイクッ! イッて良い!?』
と、僕の方を見ながら叫んだ。莉乃は、少しパニックになっている感じだ。僕は、とっさにうなずいてしまった。

『イクぅぅっ! イクっ! うぅあアァッ!!』
莉乃は叫びながら腰を持ち上げていく。ソファの上でM字開脚をしていた莉乃が、ほとんど中腰と言ってもいいくらいの恰好になっていた。
「ほらほら、もっとイケって!」
先輩は、莉乃が叫んでいるのに、さらに指の動きを加速させる。グチョグチョという音も、どんどん強くなっていく。

『ダメぇぇーーっっ! 出ちゃうぅっ! 出ちゃうぅっ! イヤぁぁっ!!』
莉乃は一際大きな声で叫ぶと、腰を突き上げるようにした。直後に、莉乃の膣口から透明の飛沫がほとばしった。
『イヤぁぁーっ! 止らないっ! 見ないでっ!』
莉乃は、僕の方を見ながら叫ぶ。泣きそうな顔になっている。
「スゲぇ出てるぞ」
先輩は、嬉しそうにさらにガシガシと指を動かす。もう、腕ごと前後に動かしているような激しさだ。その動きにあわせるように、莉乃の膣口から噴水のような潮がまき散らされる。もちろん、見たことのない姿だ。莉乃とは、ローターや小ぶりなバイブも使わせてもらったことがあるが、潮を吹くまで感じさせることは出来なかった。

これが、先輩と僕との経験やテクニックの差なのかな? と、勝手に敗北を感じてしまった。

そして、ソファも床もビチャビチャに濡れ、莉乃もビクンビクンと痙攣みたいな動きをするようになると、やっと先輩は指を引き抜いた。
先輩は、たぶん無意識に手をブンブンと水を切るように振った。すると、指から飛沫がピピッと飛ぶ。

『うぅ……あぁ……』
莉乃は、グッタリとした顔でうめくようにつぶやく。画面の中では、同じように莉乃によく似た女優さんが大量の潮をまき散らしながら、半泣きの顔になっている。半泣きの顔が、より莉乃にそっくりに見えた。

「スッゲぇな。いつもこんなに吹くの?」
先輩は、ビチョビチョの手の平を太ももの辺りで拭いながら聞く。
『そんなわけないじゃん。初めてだよ。恥ずかしい……』
莉乃の口から、初めてというワードが出る。僕は、莉乃の初めてを奪われたことに、あらためて強いショックを受けていた。しかも、奪ったのは元カレだ。悔しいという言葉では足りないほど、身もだえるような感覚だった。

「へぇ〜。彼氏さん、ゴメンね。なんか、莉乃の初めてもらっちゃったみたいで」
先輩は、少しニヤけた顔で僕に謝ってくる。僕は、言葉もなく、頭を左右に振るだけだった。

『どうするの? こんなになってるよ……。ソファ、ダメになっちゃうよ』
心配そうに聞く莉乃。確かに、ソファはビチョビチョだ。
「あ、平気だよ。防水スプレーかけてあるから。汚れないし、濡れないよ」
先輩は、サラッと言う。
『そうなの? そっか、いつもこんなことしてるからか』
莉乃は、ニヤけた顔で言う。
「ち、違うって! このソファでこんなことしたの、莉乃が初めてだって!」
『じゃあ、どうして防水スプレーなんか?』
「だから、言ったろ? 汚れないし、濡れないからだよ。俺、ここでよく飲み食いするからさ」
『ふ〜ん。なんか、嘘くさいけど、そういうことにしとこっか』
莉乃は、からかうように言う。こんなやりとりが、二人の親密さを伝えてきて苦しくなる。もう、すっかりと昔付き合っていた頃のような感じに戻っているみたいだ。

「ほら、濡れてるから、ベッド行こうぜ」
先輩は、莉乃にそんなことを言う。
『う、うん。アキ君、ゴメンね、ここ、拭いておいてくれる?』
莉乃は、そんなとんでもないことを言ってくる。
「い、いや、ダメだろ、それはキッついって!」
先輩が、そんなことを言う。
『だって、ビッチョビチョでしょ? 下の階に漏れちゃうよ?』
莉乃はそう言って、テーブルの上にあったハンドタオルを僕に渡してきた。それを素直に受け取る僕に、
『ゴメンね。よろしくね』
と言って、莉乃はベッド方に行ってしまった。莉乃は、別に僕をいじめるつもりとかではなく、本当に心配でそんなことを言ったみたいだ。

そしてすぐに、莉乃はベッドに移動をした。先輩は、申し訳なさそうな顔で僕を見ると、すぐに莉乃の後を追った。僕は、屈辱的な莉乃のお願いを、素直に実行して床やソファを拭き始めた。
莉乃を、元カレの先輩に潮吹きさせられ、ビチョビチョになった床を拭き掃除する僕……。情けなくて泣きそうだ。でも、僕は莉乃の出した液体を拭きながら、勃起しすぎてイク寸前だった。パンツにこすれる刺激が、僕を射精に導いていく……。でも、僕はなんとか我慢をしながら、床とソファを綺麗にした。そして、ビチョビチョになって重くなったタオルをキッチンのシンクに入れると、ベッド脇に移動をした。

ベッドの上では、ガーターベルトのランジェリー姿の莉乃が、先輩に腕を回して抱きつきながら、濃厚すぎるキスをしていた。派手にイカされた後だからなのか、すっかりととろけた顔になった莉乃が、舌を絡ませてキスをしている。

「莉乃、舌出してみ」
先輩が指示をすると、莉乃は目一杯舌を伸ばす。小さな舌を必死で伸ばす莉乃。健気で可愛らしい仕草だ。

すると、先輩は突き出された舌に、自分の舌を突き出して絡めていく。それは、唇同士がまったく触れ合わず、舌だけを絡ませるようなキスだ。なので、舌が絡み合う様が、はっきりと見えてしまっている。莉乃の舌が、先輩の舌と絡み合う……。それは、絶対に見たくないもののはずだ。でも、それを見た僕は、興奮しすぎて本当にイク寸前だった。

「口開けろって」
先輩が、そんな指示をしてくる。莉乃は、不思議そうな顔で口を開ける。すると、先輩が莉乃の開いた口の中をめがけて、少し上から唾液を垂らしていく。莉乃は、そんな事をされているのに、まったく驚くことなく唾液を飲み干していく。
『変態……』
莉乃は、恥ずかしそうに先輩に言う。でも、そのまま、また口を大きく開けた。それだけではなく、舌も出すようにする莉乃。その舌の上に、先輩の口から唾液が垂らされていく。莉乃は、舌でそれを受け止めると、すぐに飲み干して先輩にキスをした。莉乃は、積極的に舌を絡め、唇を強く押し当てて密着させながら激しいキスをする。こんな激しいキスは、僕とはしたことがない。

「ビデオ、もうハメちゃってるぜ」
先輩は、テレビを指さして言う。確かに、画面の中では、莉乃似の女優さんが、ぎこちない動きで騎乗位をこなしていた。
『ホントだね。じゃあ、私が上になるね』
莉乃はそう言って、先輩をベッドに寝転がらせる。それにしても、本当に迫力のあるペニスだ。莉乃の顔と同じくらいの長さがあるように見える。太さも立派なものだ。
莉乃は先輩にまたがると、そのペニスを掴んでアソコにあてがった。本当に、コンドームなしでするつもりみたいだ……。前回の時は、間一髪外に出してもらっていたが、今日は安全日を選んでこの日にしたくらいなので、中に出させるつもりなのだろうか?

「やっぱり生が良いだろ? 莉乃もハマったみたいだな」
先輩は、余裕の顔で言う。自分のペニスの性能に、絶対の自信を持っているみたいだ。そして、今日の先輩は、動画の先輩と違い、結構横柄というか、上からな感じだ。彼氏の僕がいることで、舐められないようにとか、対抗心が湧いているのだろうか?

『そんな事ないって。アキ君がそうして欲しいって言うからだよ。ねぇ、そうだよね?』
莉乃は、先輩の生ペニスを膣口にあてがいながら質問してくる。僕は、二人の視線に目を泳がせながら、黙ってうなずいた。

『ねっ?』
莉乃は、得意げに先輩に言う。
「マジかよ。なんか、スゲぇな」
先輩は、感心したような感じで言う。僕は、そんな事で感心されてしまい、恥ずかしくて頬が熱くなるのを感じた。

『アキ君、入れちゃうね……』
莉乃は、僕を真っ直ぐに見つめてそう言いながら、ゆっくりと腰を沈めていった。
『うぅ……やっぱり、大きいね……。拡がってくのわかる……』
莉乃は、まだ気持ちよさそうではない。おっかなびっくりという感じだ。莉乃が、元カレのペニスを生で膣に飲み込んでいく姿は、思考が止るほどの衝撃的な光景だった。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ願望のために、妻をハプニングバーに連れて行きました2

1人が妻のシャツを一気に脱がせました。

妻は無抵抗です・・・。

「おほっ、奥さん顔に似合わずエッチなブラ着けてんだね。ムッチャそそられるわ~。どれどれ、オッパイはどんなかな?」
背中のホックを外し、遂に私以外の男に妻の胸が晒されました。

「おお~!いいじゃん!奥さんいいオッパイしてるね~(笑)」

初めて私以外の男に胸をさらけても、妻はもう隠そうとはしません。

【続きを読む】
[ 2016/08/10 20:03 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

寝取られ願望のために、妻をハプニングバーに連れて行きました1

はじめまして!

私33歳、妻32歳。
小学生の子供が2人いる結婚8年になる夫婦です。

以前より私には寝取られ願望があり、夜の営みのたびに妻を説得してきました。
しかし妻は、「アナタ以外の人とはイヤ!!」と、頑なに拒否・・・。

【続きを読む】
[ 2016/08/10 18:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

仲良くしてるお隣夫婦が、セックスしてるのを見て欲しいと言ってきた6【ブロマガ】

前回の話

20cm君は、自分の精液が顔につくのもかまわず、必死で茉莉ちゃんとキスを続ける。茉莉ちゃんも、すっかりと興奮した顔で舌を絡め続ける。そして、その濃厚なキスを撮し続ける大介君。股間が、ハッキリとわかるほど盛り上がっている。愛する妻が、他の男とキスをする姿に興奮しているのは明白だ。

そして、その足元では、私の愛する嫁が20cmを超えるサイズの巨根を、丁寧にフェラチオしている。私は、その姿を見て、危うく射精をしてしまいそうだった。嫁は、本当に夢中といった感じでその巨根を舐めたりくわえたりする。睾丸の方まで舐めたり、竿を甘噛みしたりしながら、私にする以上に丁寧にフェラチオをしていく嫁。

こんな風に始まるのは、想定外だった。会話もそこそこに、いきなり始まったプレイ。20cm君は、シャワーすら浴びていない。それなのに、嫁は一生懸命にフェラチオをし続ける。

しばらくそんな状態が続いたが、茉莉ちゃんがキスをやめた。すると、嫁も続くようにフェラチオをやめた。

『どう? もう回復してるわよね?』
茉莉ちゃんが、妖艶な顔で20cm君に迫る。彼は、ゴクッと生唾を飲み込んでうなずいた。

すると、示し合わせたように茉莉ちゃんと嫁が立ち上がる。そして、服を脱いでいく。20cm君が凝視しているけど、まったくかまわずに思い切りよく服を脱いでいく二人。その光景も、大介君はカメラに収め続ける。

服を脱いだ二人を見て、私はドキドキしてしまった。二人は、おそろいのランジェリーを身につけていた。それも、とてもセクシーなものだ。
前に見せてもらった、茉莉ちゃんの投稿画像。それと同じような、穴が開いたブラに、小さすぎて具がはみ出てしまいそうなショーツ、そして、男の憧れのガーターベルトを身につけていた。莉乃ちゃんは、相変わらずのヘアのないツルツルのアソコで、すごくロリっぽい。でも、セクシーすぎるランジェリーを身にまとっているので、違和感というか、ギャップがすごくエロく感じる。

そして、同じ格好をしている嫁……。ヘアがないことに気がつき、ギョッとしてしまった。私の視線に気がついた嫁は、
『このパンツ、すっごく小っちゃいから、剃らないとはみ出ちゃうんだ。どうかな?』
と、はにかみながら聞いてくる。でも、私がそれ以上に気になったのは、いつ剃ったのか? そして、いつ着替えたのかと言うことだ。嫁は、ずっと私といたので、買いに行く時間などなかった。そう言えば、合流した後、4人でコンビニに行った。その時に、二人ともトイレに行っていた気がする。その時に着替えたのだろうか? 私は、嫁と茉莉ちゃんが、密かに連絡を取り合っているんだなと思った。

でも、大介君はひたすら撮影を続けている。なんの疑問も持っていないようだ。もしかしたら、大介君はこのランジェリーの件は知っていたのかも知れない。今日、合流する前に、一緒に買いに行ったのかもしれない。そう思うと、私だけ仲間はずれになっている気がして、切なくなってしまう。

「すごい……。エロい下着ですね……」
20cm君は、二人の姿を見て感動しているようだ。勃起していたペニスが、さらに大きくなったような気がする。

『へへ。さっき、買ってきたんだよ〜。キミのためだぞ〜』
茉莉ちゃんが、ビッチな感じで言う。今日は、コンタクトをしているのか眼鏡もかけていないし、髪型もいつものストレートではなく、ゆるふわにカールした感じになっていて、真面目な雰囲気はない。いつもとの違いに、私はドキドキしっぱなしだ。

「あ、ありがとうございます! メチャクチャ嬉しいです!」
20cm君は、感動している様子だ。すると、嫁が、
『恥ずかしいんだよ。私は茉莉ちゃんみたいに巨乳じゃないし、全然似合ってないでしょ?』
嫁は、普段絶対にきることのないランジェリーを身につけ、恥ずかしそうだ。確かに、茉莉ちゃんみたいに巨乳ではないので、おっぱいの部分の迫力はない。茉莉ちゃんは、穴あきブラが巨乳ではち切れそうになっていて、乳輪も乳首も穴から完全に露出している状態だ。それに比べると、スレンダーな嫁の胸は、全然はち切れそうではない。かろうじて乳首や乳輪が見えている程度の状態だ。でも、嫁のくびれたウェストはすごくセクシーだと思うし、うっすらと見えている腹筋もなまめかしいと思う。

どちらにしても、そんなタイプの違う人妻が、おそろいのエロいランジェリーを身につけている姿は、AVビデオの撮影現場に迷い込んだのかな? と思うほどの淫靡さがある。

私が、これから始まる3Pが、一体どんなものになるのだろう? と思っていると、
『由里ちゃん、凄く綺麗……』
と、茉莉ちゃんがうっとりした顔で言う。そして、そのまま嫁に近づくと、スッとキスをした。そのまま、舌を差し込んで濃厚なキスをする茉莉ちゃん。ぱっと見二人は、茉莉ちゃんの方がロリ系で、嫁がきれい系だと思う。なので、レズをするにしても、嫁の方がタチというイメージがする。それが、茉莉ちゃんにキスをされて、うっとりした顔になっているのは嫁の方だ。

『由里ちゃん、本当に綺麗だよ……。乳首、カチカチになってる』
茉莉ちゃんは嫁にキスをしながら、穴あきブラからはみ出た乳首を触り始める。嫁は、ビクンと体を震わせて、茉莉ちゃんにギュッと抱きつく。そして、嫁の方からも積極的にキスをしていく。それは、美しくて淫靡な光景だった。とても子持ちの人妻には見えない二人が、エロすぎるランジェリー姿で夢中で舌を絡めていく。
大介君は、それを夢中で撮し続ける。そして、20cm君も、かなり興奮した顔でそれを凝視している。その巨根は、時折ビクンと上下に揺れる。本当に、迫力がある光景だ。そして、心底羨ましいと思ってしまう。

『キミもおいでよ』
茉莉ちゃんが、20cm君を誘う。すると、彼は大慌てで二人の傍らに立ち、キスを続ける二人に混じってキスをしていく。3つの舌が絡み合う。私は、嫁が初対面の男とキスをする姿を見て、息が止りそうだった。そして同時に、ペニスが破裂しそうなほど限界まで勃起してしまった。

3人は、多少やりづらそうだが、それでも熱心に3人でのキスを続ける。必死で舌を突き出す20cm君。その舌を、嫁も茉莉ちゃんも、フェラでもするように吸い尽くしていく。そして、そんなキスをしながら、嫁も茉莉ちゃんも20cm君の乳首やペニスを刺激していく。彼は、キスをしながらうめく。こんな刺激は、そうそうはないと思う。
彼は、童貞ではないにしても、経験は浅そうだ。たぶん、今までで一番の刺激を受けていると思う。

そして、キスを続けながら、嫁も茉莉ちゃんも彼のペニスを握った。二人が握っても、まだ亀頭がはみ出ている……。その長さに、私は驚かされた。
『すごいね。両手で握ってもはみ出ちゃうって事だよね?』
茉莉ちゃんは、すっかりと上気した顔で言う。発情したような顔というのはよくある表現だけど、茉莉ちゃんの顔は、まさにそれだった。
『これって、どこまではいるんだろう? 内臓とか、平気なのかな?』
それに引き換え、嫁は少し不安そうにそう言った。確かに、あの長さを膣に入れたら、ヘソの上辺りまでイッてしまいそうだ。内臓の位置が変わってしまうのではないか? そんな不安を私も感じた。

『これで、何人狂わせたの?』
茉莉ちゃんは、20cm君の耳たぶを甘噛みしながら聞く。
「ま、まだ2人です。でも、痛いって言われて、最後まで出来なかったです……」
『そうなの? じゃあ、まだセックスでイッたことがないの?』
「は、はい……」
『へぇ……。その2人って、人妻? 子供いる人?』
茉莉ちゃんは、興味深そうに聞く。
「いえ、普通のカップルさんでした。まだ、20代だって言ってました」
『なるほどね。確かに、この巨根は人を選ぶかもね。でも、私達は経産婦だから、たぶん平気よ♡』
茉莉ちゃんは、そう言って彼にキスをした。2人が激しいキスを始めたので、嫁はスッとしゃがんで彼のペニスを舐め始めた。さっきと同じシチュエーションだけど、嫁はさっきよりも熱心にフェラチオしている。
『すごいね。喉までくわえても、まだ半分くらいあるんだね』
嫁は、うっとりした顔で言う。嫁の小顔と並ぶと、彼のペニスは同じくらいの長さがあるように見える。

本当に、惚れ惚れするような造形だ。長くて太く、そして、上向きに反っていて、カリ首も傘のように張り出している。それを、夢中で舐め続ける嫁。私は、すでに嫁は心奪われてしまっているのではないかと、不安で仕方ない。

『じゃあ、私から入れるね! いいでしょ?』
茉莉ちゃんは、嫁に甘えるような口調で言う。
『いいよ。茉莉ちゃんが狂うところ、大介君に見せてあげて』
嫁は、イタズラっぽく言う。大介君は、その言葉に息を飲む。

嫁達は、エロい格好のまま20cm君をベッドに寝かせると、茉莉ちゃん彼にまたがり始めた。そして、ほとんど役に立っていないような小さなショーツに手をかける。よく見ると、かろうじてアソコの部分だけを隠している小さな布に、クリトリスの形がわかる突起が浮いていた。生地が薄いせいだと思うが、それ以上に、茉莉ちゃんが興奮しすぎてクリトリスをビンビンに勃起させているようだ。丸見えになるよりも、とてもエロい姿。私はドキドキしっぱなしだ。そして、その部分を大介君もアップで撮し続ける。やっぱり、見るところは同じなんだなと思った。

そして、ショーツを脱ぐのではなく、横にズラすようにすると、その大きなペニスを押しつけていく。
『すごい圧迫感……。ちょっと、怖いかもw』
茉莉ちゃんは、彼の上にまたがったまま、おどけたように言う。もう、亀頭の上の部分は入ってしまっているように見える。

大介君は、その結合部をアップで撮し続ける。今までの、どんなときよりも興奮している顔になっている。やっぱり、顔見知りの私が茉莉ちゃんとセックスをするよりも、見ず知らずの巨根の他人に抱かれる方が、ショックも興奮も大きいようだ。私も同じことを思っていた。

『行くね……』
茉莉ちゃんはそう言うと、そのまま腰を降ろしていく。全員の目が、一点に注がれる中、茉莉ちゃんはその極太を膣の中に飲み込んでいく。
『うぅっ、あ、あぁ……大っきい……。本当に大きい……』
茉莉ちゃんは、気持ち良いと言うよりは、驚いたような顔になっている。それでも、そのまま腰を降ろしていく。もう、亀頭部分は全て埋まり込んでいる。一番直径の太い部分が入ったが、茉莉ちゃんは痛みは感じていないようだ。

『こ、こすれてる……これ、中の壁にゴリゴリ当たってるぅ……。ヤバい……気持ちいいぃ……。こんなの、すぐイッちゃうよぉ』
茉莉ちゃんは、もう気持ちよさそうな顔になっている。そして、そのまま残りのペニスも、全部入れてしまった。
『うぅあぁっ! こ、これ、なにっ? 奥に、うぅっ! 潰れちゃうぅっ!』
根元まで長いペニスを飲み込んだ茉莉ちゃんは、驚きながら悲鳴のような声を漏らす。

「あぁ、すごいです……」
20cm君は茉莉ちゃんの膣中にペニスを飲み込まれ、気持ちよさそうな声をあげた。
『本当に奥まできてる……。ダメぇ、気持ちいいよ……。このおちんちん、すっごく気持ち良いよぉ♡』
茉莉ちゃんは、本当に気持ちよさそうな顔であえぐ。

根元まではまり込んだ結合部を、連射で撮し続ける大介君。
「あぁ、茉莉……全部入ってる……」
と、うわずったような声でつぶやく。彼の股間も、さらにもっこりと盛り上がり、勃起しすぎなほど勃起しているのがわかる。


『う、動くね……』
茉莉ちゃんは、うわずった声で言うと、腰をゆっくりと上下に動かし始めた。かなり腰を持ち上げても、20cmオーバーのペニスは、抜ける気配もない。そして、抜き差しを続ける茉莉ちゃん。
『うっ、うぅあっ! あっ! 当ってるっ! 子宮潰されちゃってるよぉ♡ ダメぇ、気持ちいい所こすってるっ! うっ! うぅぁっ! あっんっ! あんっ♡ 奥が気持ち良いのぉッ! こんなの知らないっ! 初めてぇっ! うぅあっ! あっ♡ あっ♡』
茉莉ちゃんは、恐怖感も消えたようで、どんどん腰の動きを速くしていく。とくに、腰を降ろすときに思いきり体重をかけていく。あれでは、子宮が潰されてすごく圧迫されているはずだ。

「すごく気持ちいいですっ! 茉莉さん、奥のコリコリしたところに当ってます!」
20cm君も、本当に気持ちよさそうだ。
『あぁ、コレ凄いっ! 気持ちいいっ! 奥に当るのダメぇっ! もうイキそうっ! イッちゃいそう!』
茉莉ちゃんは、エロすぎるランジェリーのまま、我を忘れたようにあえぎ続ける。大介君は、自分の奥さんがこんな風になっているのに、興奮しきった顔で撮影を続ける。

すると、嫁が、
『茉莉ちゃん、もっと気持ち良くなって♡』
と言いながら、茉莉ちゃんの乳首を刺激し始めた。上下に動く茉莉ちゃんの乳首を舐めるのは難しいと判断したのか、両手で触り始める。嫁の、女性にしては節くれ立った指が乳首に触れると、
『乳首ダメぇっ! 気持ちいいぃっ! イッちゃうっ! 気持ち良すぎてダメぇっ! あぁぁっ! 腰止らないっ! うぅあっ! あっ♡ んあぁっ♡』
茉莉ちゃんは、さらに顔をとろけさせて叫ぶ。嫁は、茉莉ちゃんの乳首を触りながら、どんどん顔がとろけていく。そして、興奮しすぎたのか、茉莉ちゃんにキスをする。茉莉ちゃんは、嫁と濃厚なキスをしたまま、腰をガンガン振る。
こんなにエロい光景は、初めて見る。私は、こんな状況なのに、自分のペニスをしごきたくて仕方ない気持だった。

すると、キスをしている嫁のアソコを、20cm君が触り始めた。おどおどしていた割には、大胆に嫁のショーツごとあそこをまさぐる彼。
『うぅあっぁっ! 気持ちいいっ! もっと触っていいよっ! あっっんっ♡』
嫁は、一瞬で顔をとろけさせる。小さなショーツは、一瞬でズレてしまい、剥き出しになったアソコを触られている。私は、とうとう来たなと思いながらも、我慢しきれずに、ズボンの上から自分のペニスをまさぐり始めた。

『そうよ、そこよ! クリもっと触って♡』
嫁は、若すぎる彼に触られ、可愛らしい声であえぐ。
「すごく濡れてます。ビチョビチョです!」
20cm君がうわずった声で言いながら、必死で嫁のアソコを触り続ける。ぎこちないながらも、クリトリスを重点的に触る彼。茉莉ちゃんは、夢中で腰を振り、大きな声であえぎ続けている。おっかなびっくりだった腰の動きは、もうベッドがきしむほど大きくなっている。

「ゆ、由里さん、キスして下さい!」
20cm君が、興奮した声で叫ぶ。すると、嫁は彼に覆いかぶさるようにしてキスをした。嫁が、舌を差し込み、かき混ぜるようにキスをする。彼も必死で舌を絡めていく。それだけではなく、嫁のあそこをまさぐっている手を、さらに激しく動かす。嫁は、うめきながらキスを続ける。

私は、嫁がキスをする姿を見て、本当に我慢の限界を迎えてしまった。ファスナーを開け、ペニスを直接まさぐり始めると、今まで経験したこともないような快感が駆け抜けていく。

『イクっ! 凄いの来るっ! こんなの怖いぃっ! うぅあああっ!! 太すぎるっ! 深すぎるのぉっ! んあぁあぁっ!! イッちゃうぅっ!!』
茉莉ちゃんは、絶叫している。私としているときよりも、はるかに大きな声であえぎ、腰を振り続けている。
「茉莉……茉莉ぃ……」
大介君は、うめきながらもシャッターを切り続ける。


すると、嫁とキスをしていた20cm君が、
「で、出ちゃいますっ! イッちゃうっ! 茉莉さん、ヤバいです!」
と、慌てた顔で叫ぶ。当然、人妻に中出しなんて、許されないとわかっていると思う。なので、慌てているのだと思う。でも、茉莉ちゃんは快感に顔を歪めながら、腰の動きをさらに加速させた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


マリッジブルーで出会い系の男とお尻まで経験した私

今から8年くらい前の思い出です。

当時、私(B子とします)は28歳、身長168cmの高めでスリムな体型で、自分で言うのも何なんですが結構モテる方でした。
その頃まであまり遊びなどは経験がなく、どちらかと言えばお嬢様のように育てられ、清楚な感じです。

当時のそんな私には婚約者がいました。
彼の事は好きでしたし、結婚する事に特に違和感があったわけでもないのですが・・・。

【続きを読む】
[ 2016/08/03 12:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※なまりのある彼女と、俺の親友の秘密レッスン3

前回のお話

興奮すると、いまだになまりが出てしまう俺の可愛い彼女玲奈。同棲もしているし、将来結婚することは確定だと思っていた。

故郷の岩手から東京に出て3年経っても、都会に染まることなく純朴なままの玲奈。ファッションにも無頓着で、天然でお人好しな玲奈。そんな全てが愛おしいと思っていた。

それが、俺の親友の祐介と秘密のレッスンをしている事を知ってしまった……。

【続きを読む】
[ 2016/08/02 20:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

【寝取り体験談】思い切って、寿退社した童顔で可愛かった子の家に遊びに行ったら、ダンナは留守だったw

結婚して数年後、退社して今は主婦になったリエという年(29)のわりに童顔でカワイイ娘に、前々から憧れていた。
この1年ぐらい、会えない無念さと、妄想ばかり膨らみ我慢ができなくなったのでご主人をいない事を祈って、たまたま近くによったフリをしてマンションのベルを押すことにした。

ラッキーだった。
土曜だったが、ご主人は仕事が忙しいらしくほとんど土日のどちらかは仕事に出ているとの事で、その日はリエ一人だった。

【続きを読む】
[ 2016/08/02 18:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ