NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果 完(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

玲奈は、僕のペニスを根元まで入れているのに、あえぎ声一つもらなさい。それどころか、表情一つ変わっていないように見える。
僕は、口の中に広がっている他人の精液の味に戸惑いながらも、
「気持ちよくない? 僕のじゃ、感じない?」
と、玲奈に聞いてしまった。
『ごめんね。気持ちいいとか気持ちよくないとかじゃなくて、入ってるのかわからないの』
と、言う。確かに、巨根の男の子が入れていた直後だが、それでも僕は玲奈の膣の感触を感じているし、すぐにでもイッてしまいそうな程気持ちいいと思っている。

すると、玲奈はスッと立ち上がった。そして、戸惑っている僕の顔に股間を近づけ、脚を広げる。目の前には、玲奈のアソコがある。薄いヘアに、小さな陰唇。でも、膣口が開いているように見える。
グチョグチョに濡れて光る膣口の奥に、ピンクの秘肉がうごめいているのがわかる。すると、彼女の膣からツーッと白い液体が垂れていく。それは、少量だが明らかに玲奈の蜜ではない感じだ。

床に小さな液だまりが出来ているのを見て、玲奈は、
『あっ、やっぱり少し出てんだ……』
と、不安そうに言う。僕は、さっき男の子が慌てて膣から抜いて外に射精したのを見て、安心していた。でも、実際は少し暴発していたみたいだ……。
他の男の精液が、玲奈の膣中に……。僕は、激しいショックを受けてしまった。すると、いきなり玲奈が僕のペニスをつま先で踏みつけながら、
『どうしてこんなになってるの? さっきより固くなってるよ。私が中に出されちゃったのに、興奮してるの?』
と、言ってきた。僕は、思わずゴメンと謝りながらも、玲奈に足で踏まれ、イキそうになっていた。

『まだ残ってるかな? 妊娠しちゃうかもね』
玲奈は、驚くほどうわずった声で言う。僕は、玲奈の言葉の意味を理解して、慌てて彼女の膣口に口をくっつけた。そして、玲奈の膣中の精液をすすり取り始める。
『そう、全部吸わないと。妊娠しちゃうよ』
玲奈は、うわずった声で言う。僕は、さすがにえずきそうになりながらも、全力ですすり続けた。口の中に広がる青臭い味。でも、不思議なもので、慣れてしまったのか一息に飲み干すことができた。

『フフ。紀香さんのパパと一緒だね。こんなことしてるのに、爆発しちゃいそうになってるね』
玲奈は、僕のペニスをつま先で軽く踏みながら言う。僕は、堪えきれずに玲奈に踏まれながら射精をしてしまった。
『イッちゃった。あの子は中に出したのに、カズ君は外に出しちゃうんだね』
玲奈は、からかうように言う。僕は、恥ずかしくてうつむくしか出来ない。

『フフ。この子のおチンポと、全然違うもんね。ホント、すごいわ。このおチンポ気持ちいい』
ママさんが、腰を高速でグラインドさせながら言う。すると、玲奈はその横に移動した。
『さっき、少し中に出したでしょ~』
ママさんとセックス中の男の子に声をかける玲奈。男の子は、申し訳なさそうに、
「ご、ごめんなさい。間に合わなくて……」
と、玲奈に謝る。
『赤ちゃん出来たら、どうするの? パパになってくれるの?』
玲奈は、いじめるような良い方をする。男の子は、謝るしか出来ない。
『あなたも、参加したら? まだ足りないんでしょ? それとも、あっちに混じる?』
ママさんは、紀香さんの方を見ながら玲奈に言う。紀香さんは、全身精液まみれになりながら、5人の男性相手に激しいセックスをしている。膣とアナルに挿入され、口にも一本くわえながら両手でもペニスをしごいている紀香さん……。同時に5人を相手に出来ることに驚く。でも、一番驚くのは、その横で紀香さんの名前をうめくように呼びながらオナニーを続ける旦那さんだ。

『無理です。あんなの、死んじゃいます』
玲奈は、ママさんにそんな風に答えた。そして、仰向けで寝転がりながらママさんの騎乗位を受け続けている男の子に、キスを始めた。
玲奈が舌を使い、男の子の口の中をかき混ぜるようにしている。男の子も、嬉しそうに舌を絡めているのがわかる。
『あらあら、もっと固くなったわ。ほら、もっと固くしてあげて』
ママさんは、腰をグラインドさせながら言う。すると、玲奈は男の子とキスをしながら彼の乳首を触り始めた。僕は、強烈な興奮を感じてしまった。玲奈が、3Pに参加している……。信じられないような異常事態だ。それなのに、僕はおかしな程興奮してしまっている。

玲奈は、今度は彼の乳首を舐め始めた。そして、指でも乳首を触り続ける。男の子は、
「あぁ、気持ちいいです。すごいです」
と、快感に声を震わせている。そして、ママさんは腰をグラインドさせ続け、甲高い声であえぎ続ける。そして、イクっと叫んで身体を震わせた。

『あぁ、すごかった。ホント、ヤバいおチンポ。じゃあ、交代してあげるわ。いっぱい楽しんでね』
ママさんは、スッと立ち上がって玲奈にバトンタッチをした。玲奈は、ほとんど間を開けず、すぐに彼にまたがってしまった。
『うぅぁっ、太いぃ』
玲奈は、気持ちよさそうな声を上げながら、一気に腰を下ろしてしまった。あの太くて長いペニスが、一瞬で膣中に消えた……。僕は、内臓はどうなっているのだろう? と、心配しながらも、玲奈の拡がりきった膣を見てドキドキしていた。
あんなに拡がってしまったら、元に戻らないのではないか? 僕のペニスが、ますます物足りなくなるのではないか? そんな心配で、胸が苦しくなる。

『カズ君、やっぱり違うよ。このおチンポ、玲奈の一番奥まで届いているの。こんなの知らなかった。すごく気持ちいいよ。ごめんね、カズ君のよりずっと気持ちいいの』
玲奈は、罪悪感を感じているような良い方をする。僕は、泣きそうな気持ちのまま、それでも見るのをやめられずにいた。

玲奈は、ゆっくりと腰を振り始める。上下にストロークさせるような動かし方だ。玲奈の小さな膣を、凶悪なサイズのペニスが出入りする……。僕は、興奮しすぎておかしくなりそうだ。
そして、我慢出来なくなってしまった僕は、ペニスをしごき始めた。奥の方では、紀香さんの旦那さんがオナニーをし続けている。信じられないほど美人な紀香さんが、5人の男とセックスをしているのを見ながら、狂ったようにしごいている。
僕は、同じようなことをしているなと感じながら、夢中でペニスをしごき続けた。

『あっ、あっ、奥、うぅっ、気持ちいいっ、おチンポ当たってるよ。玲奈の赤ちゃんの部屋に、ガンガン当たってるよぉ』
玲奈は、僕のことを見つめたまま叫ぶ。僕は、おかしくなりそうになりながらも、無心でペニスをしごき続ける。

すると、
『助っ人だよ~。一人じゃ足りないでしょ』
と、若い男の子の腕を引っ張って戻ってきた。腰にタオルを巻いただけの男の子は、驚くほどの美形で、ぱっと見女の子だと思ってしまうほどだった。恥ずかしそうにもじもじしている彼……。すると、ママさんが彼を玲奈の横に押しやるようにした。

『彼も童貞君よ。卒業させてあげて』
ママさんは、嬉しそうに言う。でも、玲奈の表情の方が嬉しそうに見えた。

『そうなの? すごくモテそうなのに』
玲奈は、不思議そうだ。確かに、彼は女の子にモテそうな感じがする。
「そんなことないです。きょ、今日は、よろしくお願いします」
礼儀正しく頭を下げる彼。でも、本当に美形だ。下手したら、男にもモテるんじゃないのかな? と、思うほどだ。

『フフ。すごく可愛い顔してるのね。おいで』
そう言って、玲奈は彼を呼び寄せる。そして、彼が近づくと、玲奈の方からキスを始めた。他の男にまたがり、腰を振りながら別の男とキスをしている玲奈……。まさか、ここまでするとは思ってもいなかった。少し触らせる程度……。結局はそうなると思っていた。
でも、玲奈はまるでAV女優になったように二人の男を同時に相手している。玲奈は、男の子とキスをしたまま腰を振り続ける。腰の振り方も、上下ではなく前後にグラインドさせるような感じに変わってきた。

『舌出してごらん』
玲奈は、そんな指示をする。すると、男の子は舌を思いきり突き出す。玲奈は、それに自分の舌を絡め始めた。唇がくっついていない状態で、舌だけが絡み合う……。まるで、僕に見せつけているような動きだ。

『キスも初めてだったの?』
玲奈は、まるで痴女のような口ぶりで聞く。男の子は、可愛い顔でうなずいた。
『ホント、キュンってしちゃう。可愛すぎるよ』
玲奈は、そんな会話をしながらも、腰の動きを止めない。すると、下になっている男の子が、
「イ、イッちゃう。出ちゃいます、出るっ」
と、余裕のない声で叫ぶ。すると、玲奈はスッとペニスを抜くと、そのペニスを強烈にしごき始めた。すぐに射精をする彼。玲奈は、手のひらでそれを受け止めるようにする。
そして、手のひらの精液を自分の口の中に入れ始めた。すぐに口いっぱいになる精液。玲奈は、いきなり美形の男の子にキスをした。そのまま流し込むようにしながら、舌を使った濃厚なキスをする……。

口の周りを精液でドロドロにしながらのキスが続く。しばらくそのままキスが続いた後、
『フフ。飲んじゃったの? どう? 美味しい?』
玲奈は、口の周りを精液まみれにした男の子に質問する。すると、彼は上気したような顔で、
「は、はい。すごく興奮しちゃいました」
と、答えた。僕は、彼の表情や仕草に興奮してしまった。まるで、女の子だ……。

『カズ君、この子、どっちもイケるみたい。ねぇ、キスしてあげて』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった3(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

俺は、元栓が壊れた水道のように射精を続ける自分のペニスに驚きながらも、強すぎる快感に声が漏れてしまった。個室ブースとは言え、ネットカフェのあってないような仕切りなので、周りを気にしてしまった。

画面では、あやみが下駄箱に両手をついてお尻を突き出している。拡げられた脚……アソコからは蜜が溢れて床に垂れ落ちているのがわかる。
あやみは、確かに濡れやすい女性だとは思うが、普段はこんなに濡れてしまうことはない。俺は、敗北感のようなものを感じながらも、画面を食い入るように見続けた。

「で、でも、もうやめた方が良いと思うけど……。旦那さんの事、大好きなんでしょ?」
彼は、申し訳なさそうな声で言う。でも、あやみのことを押しのけたりはしていない。あやみは、彼のペニスを握ってアソコに押しつけているような状況だ。彼が少し腰を動かしただけで、あっけなく挿入されてしまうはずだ。
『そうだよ。大好きだよ。でも、まさくんが悪いんだもん。まさくんがみーやんと会って来いなんて言うから、こんな事になっちゃったんだよ』
あやみは、焦れきったような口調で言う。そして、自分から腰を押しつけるような動きをした。
「あっ、ダ、ダメだって、入っちゃうよ、やめた方が良いって」
慌てる彼。
『どうしたの? いつもみたいに一気に突っ込んで。焦らしすぎだよぉ』
甘えたように言うあやみ。やっぱり、彼は撮影を意識して、やめた方が良いとか言っているんだなと感じた。確かに、あやみのような超絶美女にセックスを誘われて、断れる男なんていないはずだ。

「悪いって思うんでしょ? いつも、そう言ってるでしょ?」
彼は、さらに諭すように言う。実際に、俺への申し訳ないという気持ちは持っているのだと思う。

『もうっ! イジワルっ! 自分で入れちゃうからっ!』
あやみは、怒った声で言うと、一気に腰を彼の身体に向けて押しつけるようにした。すると、あんなに長いペニスが、あっけなくあやみの体内に消えてしまった。
『うぅあっ、大っきいっ♡』
一瞬でとろけた声になるあやみ。俺は、立ちバックの格好で自分で腰を動かしてペニスを入れてしまったあやみに、強い衝撃を受けていた。まるで、淫乱なビッチのように見えてしまう……。
「あぁ、あやみちゃん、ダメだよ」
彼は、弱々しく言う。でも、拒否出来るほどの強い意思はないようだ。あやみは、彼の言葉なんかまるで無視して腰を動かし始める。前後にぎこちなく動かすあやみ。
『うぅあぁ、気持ちいいっ。みーやんのおちんちん、気持ちよすぎてヤバいよぉ』
あやみは、可愛らしい顔を快感に歪ませながらはしたない言葉を吐いている。俺に対しては、いつも清楚系というか、上品な感じで話をする。でも、彼に対しては、妙に馴れ馴れしいというか、親しげな感じだ。昔のバイト仲間という事もあるのか、繋がりが深いように感じてしまう。

「あやみちゃん、ダメだよ、あぁ、こんな……」
彼は、弱々しく言う。まるで、彼の方が女の子みたいな感じだ。
『あっ、あんっ、気持ちいいっ、おちんちん凄いのっ、みーやんの、本当に気持ち良いっ』
あやみは、腰をかなりの速さで動かしている。でも、立ちバックの格好で女性が腰を動かしているので、どうしても動かしづらそうだ。
彼は、突っ立ったままあやみの腰の動きを受け止めている。そして、時折気持ち良さそうな声をあげながら、チラチラとカメラの方を見ている。相当気になっているようだ。確かに、俺も異常な要求をしたものだと思う。
でも、あやみがどんな風に浮気をしているか見てみないと、何も判断が出来ないと思った。それが、こんなに興奮するものだとは想像もしていなかった。

あやみは、必死で腰を振りながら彼の方を見る。もう、あえぎ声もかなり大きくなっている。と言うよりも、俺とセックスをしている時よりもまるで大きい。

『あっ、あっ、あぁんっ、気持ちいいっ! みーやん、気持ちいいのっ! こんなの知らなかった。もうダメ、知っちゃったから、離れられないよぉ』
あやみは、媚びたような声で言う。俺は、あやみの裏切りをみながら、どうしようもないほど興奮してしまっていた。俺の股間は、さっき射精をしたばかりなのに固いままだ。俺は、またズボン越しにしごき始めてしまった。自分の自慢の妻が浮気をしている姿を見ながらするオナニーは、嫉妬や焦燥感や怒りが入り混じり、冷静ではいられなくなる。でも、興奮も信じられないほどに大きい。

あやみは、甘い声を上げながら夢中で腰を動かし続けている。彼の事を見つめたまま、腰をガンガン振ってしまっている。
『キスしてっ! みーやん、キスしてっ!』
あやみは、雌の顔で叫ぶ。彼は、一瞬カメラの方を見た後、あやみにキスをした。すぐにあやみの舌が彼の口の中にねじ込まれていくのがわかる。

そして、二人の舌が絡み合うイヤらしいキスが始まった。遠慮がちだった彼も、夢中で舌を絡ませているのがわかる。
『動いてっ、もう我慢出来ないよっ』
あやみは、焦れきったような声で言う。すると、立ったままだった彼が腰を動かし始めた。
『うぅあっ、あっ、あんっ、みーやん、もっとっ! もっと強くっ』
あやみは、一瞬でとろけた声になる。彼は、優しい顔からは想像もつかないほどの力強いピストンを始めた。あやみは、彼の方を見ている余裕もなく、下駄箱に両手をついて立ちバックで責められている。
まくれ上がってしまって何の役にも立っていないスカート、彼の動きに合わせて揺れる小ぶりな胸……。俺は、あやみのそんな姿を見ながら、ズボンの上からペニスをしごき続けている。
自分でも、どうしてこんなに興奮するのかわからないし、どうしてこんなに快感を感じてしまうのかもわからない。俺は、とうとう我慢しきれずにペニスを直接しごき始めてしまった。

あやみは、天使のような美しい顔を快感にゆがませながら、あえぎ声を上げ続けている。俺とセックスしているときよりも、おそらく大きな声を上げている。俺は、敗北感と焦燥感を感じながら、それでもペニスをしごき続けていた。

『イッちゃうっ! もうダメっ、イクっ、みーやん、イッちゃうよぉっ!』
ひときわとろけたような声を上げるあやみ。俺は、こんなに追い詰められたような感じのあやみを見た事がない。あやみは、俺とのセックスでイッた事などないのではないか? いつも、イッたふりをしていただけなのではないか? そんな事に気がついてしまった。

「あぁ、僕もイキそう」
彼も、まったく余裕のない声で言う。すると、あやみは急に彼のピストンから逃れ、身体の向きを変えてしまった。そして、立ったままで彼のペニスを正面から挿入した。
こんな体位はした事もない。立ったまま、正面を向いて挿入する。立ちバックと比べると、動かしづらそうに見える。
「どうして? イキそうだったんだよね?」
彼が、不思議そうに聞く。
『イク時は、キスしながらがいいんだもん』
あやみは、甘えた声でそう言うと、彼にキスをした。そして、激しく舌を絡めていく。濃厚なキスが始まり、あやみが動き始める。さすがにさっきみたいに強く腰を振る事は出来ないみたいだが、イヤらしく腰がうごめくのがわかる。

『あぁ、気持ちいい。みーやんの、奥にグイグイ当たってるよ』
とろけきった声で言うあやみ。
「大丈夫? 痛くない?」
心配そうに質問する彼。あやみは、
『痛くないよ。知ってるでしょ? ほら、一緒にイコ?』
と、甘えた声で言う。すると、彼は少し腰を落としたような格好のまま腰を動かし始めた。あやみは、ビクンとのけ反り、さらに気持ちよさそうな顔になる。
あやみは、嬉しそうな顔で彼に抱きつき、自分からキスをした。そして、彼はキスをしたまま腰を動かし続けていく。まだ部屋に入る事もなく、玄関でセックスをしている二人。俺は、それを見ながらペニスをしごき続けるだけだ……。

「あやみちゃん、もう出るよ」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


※個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた(転載禁止)

自分の妻が昔アダルトビデオに出ていたことが発覚したという話は、テレビの中だけの話だと思っていた。まさか、自分の妻がそんな過去を持っていたなんて、発覚した今でも信じられない。

妻とは、結婚して10年経つ。子供も二人授かり、幸せそのものの人生だと思っていた。妻の里帆は今年で35歳になる。まだギリギリ30代だが、見た目は若々しい。子供が二人いると言うと、いつも驚かれる感じだ。多分、童顔で肌がきれいなのが彼女を若く見せているのだと思う。

【続きを読む】
[ 2019/01/29 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲親友が、新婚の若妻を抱いてくれと言ってきた2(転載禁止)

前回の話

里奈ちゃんは、夫の典明が見ている前で俺のチンポをくわえたいと言ってしまった。俺は、里奈ちゃんは典明に頼み込まれて、嫌々今回のことをしていると思っていた。でも、里奈ちゃんはさっきから俺のペニスを凝視している。その目は、好奇心で光っているようにも見える。
もしかしたら、ヘンタイなのは典明だけじゃないのかもしれないと思った。
『じゃあ、してみますね。痛かったりしたら言って下さい』
里奈ちゃんは、ソファに座る俺の前にひざまずき、俺のペニスを握った。

【続きを読む】
[ 2019/01/27 20:04 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲親友が、新婚の若妻を抱いてくれと言ってきた3(転載禁止)

前回の話

里奈ちゃんは、ディルドでイキそうになっていた。俺は、Gスポットにこすりつけるように動かしていたディルドの動きを止めた。
『ど、どうして止めちゃうんですか?』
里奈ちゃんは、戸惑ったように言う。俺は、処女を失ったばかりなのにそんなに責められて大丈夫なの? と、質問した。でも、さっきからの里奈ちゃんのあえぎ方を見て、大丈夫なのは充分にわかっている。いじめる意味で聞いたようなものだ。

【続きを読む】
[ 2019/01/21 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

女友達が、俺の彼女が合コンで皆がいる前で対面座位でハメたことを教えてくれた

俺の彼女は合コンでHなことをしたことがあるらしい。

彼女と仲の良い友達(Y子)から聞いたんだけど、一緒に合コン行って、悪ノリしてしまったみたいだ。

男2対女2で個室の飲み屋で飲み会だったらしいが、男はY子の知り合いらしくて彼女は初対面だったそうだ。

【続きを読む】
[ 2019/01/19 12:20 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った完(転載禁止)

前回の話

ソファに座った嫁のアソコを、イケメンの彼が必死で舐めているのが映っている。嫁は、ブラジャーだけの姿で、ソファに大きく足を広げて座った状態だ。

『そう、上手だよ。あぁ、気持ちいい。そこ、皮剥いてみて』
嫁は、うわずった声で指示をする。男の子は、恐る恐るという感じで嫁のクリトリスを剥き始める。
「い、痛くないんですか?」
心配そうに聞く彼。

【続きを読む】
[ 2019/01/14 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした完(転載禁止)

前回の話

僕は、カレンダーを見ながら激しく動揺してしまいました。妻が彼に会うのは、明日と言う事になります。妻は、彼にどんな返答をするのだろうか? 本当に、結婚すると言い出すのではないか? 僕との二重生活……もしかしたら、僕が切り捨てられるんじゃないのか? そんな不安で居ても立ってもいられない気持ちです。

【続きを読む】
[ 2019/01/14 14:23 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲親友が、新婚の若妻を抱いてくれと言ってきた完(転載禁止)

前回の話

俺は、ザーメンがあふれ出す里奈ちゃんの膣口に、ペニスを押しつけた。親友の嫁さんに、生のペニスを押しつける……。それは、どう考えてもやっちゃダメなことだと思う。
でも、典明は目を血走らせるような感じでそれを眺めているし、里奈ちゃんも目をキラキラさせながら俺のペニスを見つめている。ついさっきまでは、処女だった彼女……。でも、すでにセックスの快感を知ってしまった感じだ。

【続きを読む】
[ 2019/01/14 00:18 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲そのクリニックには、特別な不妊治療がありました

結婚して5年ほど子作りを頑張りましたが、結局授かれませんでした。さすがに何か問題があるのではないかと、夫婦で検査を受けました。結果、私に問題があり、自然受精は難しいという結果でした。

しかし、この時に難しいという言葉で説明を受けたことが、私達の人生に大きな影響を与えたと思います。難しいということは、可能性があるということだ……私達は、そんな風に考えるようになってしまいました。この場合、医者が言う”難しい”という言葉は、可能性がないという意味だったのだと思いますが、私達はそう考えることが出来ませんでした。

【続きを読む】
[ 2019/01/13 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
月別アーカイブ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られに特化した体験談を紹介しています。

愛する妻や恋人が他の男に本気で堕ちる過程や、他の男に調教されていくところを、なすすべもなく隠し撮りの動画で見るしかない……等です。

愛する嫁が他人に汚されていくのを見て、嫉妬と怒りの中、異常に興奮してしまう自分……後戻り出来ない扉が開きます。

妻、恋人、片思いの相手、すべて寝取られる話なので、NTR耐性のない方はご注意下さい。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。
また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、私へは一切通知されません。名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、Twitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/ntrtukaeru

マガブロ記事一覧

月刊マガブロは月単位でご購読いただけます。