NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています
月別アーカイブ  [ 2020年04月 ] 

≪ 前月 |  2020年04月  | 翌月 ≫

無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった(オリジナル 転載不可)

新型ウィルスの影響で、あっけなく夫婦そろって無職になってしまった。ハローワークに行ったり、補助金のことを調べたりしたけど、正直お先真っ暗な気持ちになっていた。

そんな中でも、嫁の純子は、
『焦っても仕方ないよ。少しは貯金もあるし、節約しながら仕事探せば良いよ』
と、笑顔で言ってくれる。僕がすぐに悲観的になってしまう性格なのとは逆で、純子はいつも前向きだ。無駄に明るい。僕は、それに助けられた気持ちになりながらも、どうしようと焦っていた。


そんな中、高校からの親友の健吾が、食材とかをいっぱい持って遊びに来た。
「俺は、ずっと自宅で一人で仕事してるから、まず感染してない。安心してくれよ」
そんなことを言いながら、抱えきれないほどの食材を持ってきた健吾。
『こんなに良いの? なんか、悪いな……。じゃあ、美味しいご飯作るから、一緒に食べようよ!』
純子は、本当に嬉しそうだ。最近は、節約でろくなものを食べていなかったので、本当にありがたいと思った。

健吾は、正直なにをやっているのかいまいちわからない。投資とか、そんなことをやっているらしいとしか知らない。とにかく金回りは良く、稼いでいるんだろうなと思っていた。でも、物欲があまりないのか、服もユニクロだし、時計もしなければ車も乗っていない。唯一、バイクが趣味のようで、それにはおかしなくらいお金を使っているらしい。

「でも、健吾も大変なんじゃないの? 株とかよくわかんないけど、みんな損してるって聞くけど」
僕がそんな質問をすると、
「まぁな。資産、半分くらいになっちゃったよ」
と、妙に明るく言う。純子が驚いて、
『半分になっちゃったの!? 大変じゃない。それなのに、こんなに買ってきてもらって、良いの?』
と、聞く。でも、その後彼が話した内容は、衝撃的なものだった。資産は、半分になっても10億ほどある。それに、減ったと言ってもほとんどが株価が下がった影響で、そのうち戻るんじゃない? と、危機感もないみたいだ。

「最近は、FXとか先物はやってないから、損してもしれてるんだよね。それよりも、お前の方が大変だろ? 仕事、なかなか見つからないんじゃないの?」
健吾は、逆に僕を心配してくれる。確かに、言われるとおりだ。

「まぁ、そのうち収まるでしょ。それよりも、肉食べようぜ!」
健吾は、明るく言う。僕は、少し不安が薄くなったなと感じながら、楽しく食事を始めた。

『健吾君って、どうして彼女いないの?』
純子が、そんな質問をする。確かに、最近の彼は、彼女がいないみたいだ。学生の頃は彼女もいたし、それなりにモテていたと思う。僕も不思議に思って、どうして? と、聞いた。
「なんか、面倒なんだよね」
健吾は、そんな風に言う。それとともに、先の展開が読めてしまうからだとも言う。僕は、欲求不満になったりしないの? と、質問する。
「まぁ、それは少しあるかもね。風俗とか行く気にならないし、ナンパも苦手だし……。もう、2年くらいしてないかも」
健吾は、そんな風に答えた。
『2年も? いつも、どうしてるの?』
純子が、そんな質問をする。ワインで結構酔っていて、下ネタに抵抗がなくなっているみたいだ。いつもは結構恥ずかしがりで、下ネタに対しては黙って頬を赤くしている感じなのに、今日はノリノリに見える。

「まぁ、その辺は適当にね。あっ、そうだ、純子ちゃんが手伝ってよ。一回5万くらい払うよ」
健吾は、冗談を言う口調で言った。でも、純子は明らかな冗談口調の彼に、
『……うん。手とかで良いの?』
と、真剣に答えた。
「い、いや、ゴメン、冗談だよ、申し訳ない」
健吾は、狼狽しながら謝る。本当に反省している感じの謝り方だ。僕は、冗談に決まってるじゃんと純子に言った。

『そ、そうなんだ……。でも、助かるなって思ったから……。ゴメンね、真に受けちゃって』
純子は、珍しく落胆した顔で言う。
「……そんなに苦しいの?」
健吾は、心配そうに聞く。
『まだしばらくは平気だと思うけど……。家賃が痛いなって……』
純子は、いつもの笑顔が消えている。
「だったら、ウチに引っ越して来なよ。部屋なんて余ってるし、家賃浮くじゃん」
健吾は、そんな風に言う。彼の家は、少し郊外の一軒家だ。てっきり借家だと思っていたけど、彼の所有らしい。一度遊びに行ったことがあるが、5~6室ある大きな家だった記憶がある。

『良いの? 本当に?』
純子は、笑顔が戻っている。僕は、これも冗談なのかな? と、思ったが、健吾は本気で言ってるみたいだった。

そして、あっという間に引っ越しは終わった。管理会社との原状回復のことも健吾が交渉してくれて、保証金が全額戻ってきた。日常損耗のガイドラインの事なんて、僕は知らなかったので本当に助かった。世の中、知識がないと損をするんだなと思い知った。

「いや、それが普通だから。別に、俺はなにもしてないよ」
健吾はそう言って、お礼も受け取らなかった。そして、3人での共同生活が始まった。彼も在宅で仕事をしているし、僕は職がないので家にいることが多い。でも、3人での生活はとても楽しいものだった。

食事は楽しいし、一緒にゲームをしたり映画を見たりしていると、ウィルス騒動なんて別の世界のことのように感じてしまう。お金をいっさい入れていない僕は、引け目は感じてしまう。でも、
「いや、家事とかしてくれてるでしょ。めちゃくちゃありがたいよ。ご飯もめちゃくちゃ美味いしさ。だから、お金のことは気にしなくて良いよ」
健吾は、笑顔で言ってくれる。僕は、ただ感謝することしか出来なかった。

そして、共同生活は続いていく。最初は遠慮していた純子とのセックスも、頻度は少ないもののするようになっていた。

『ダメ、もっとゆっくり……声出ちゃう』
純子は、苦しげな声で言う。僕は、慌てて動きを緩めた。健吾に気を遣いながらのセックス……。でも、立場を考えると仕方ないと思う。僕は、腰の動きをゆっくりしながら、純子にキスをした。キスをしたまま腰を振ると、一気に射精感が高まる。そして、そのままあっけなく射精をした。

『ゴメンね……。声我慢出来なくなっちゃうから……』
純子は、甘えたような声で言いながら僕に抱きついてくる。僕は、今だ無職の自分にふがいなさを感じながらも、彼女を抱きしめた。

『前に言ってた健吾君のオナニーを手伝うヤツ、やってみようと思うんだ。でも、お金はもらったりはしないよ。いつもお世話になってるでしょ? だから……』
純子は、思い詰めたように言う。僕は、すぐに反対しようとした。でも、自分の置かれた状況を考えると、なにも言えなくなってしまった……。


「えっ!? な、なに言ってんの。そんなのダメだって」
健吾は、驚いたように言う。でも、純子は引き下がらない。
「う、うん。ありがとう。そっか、そんなに負い目に思ってたんだ……。じゃあ、手で……してもらっても良いかな? でも、お前はイヤじゃないの?」
健吾は、動揺している感じで僕にも聞いてきた。僕は、言いたいことが頭の中でグルグル回ったが、結局なにも言えなかった。

『じゃあ、早速する? ここで良いのかな?』
純子は、緊張した声で言う。健吾は、僕と純子を交互に見ながら、黙ってうなずいた。
『じゃあ、トシくん部屋に戻っててくれる?』
純子は、僕のことを見ずに言う。僕は、黙ってうなずきながらリビングを出た。

そして、部屋に戻ってソファに座る。でも、まったく落ち着かない。僕がふがいないばかりに……。焦燥感と絶望感で立ったり座ったりしてしまう。

僕は、泣きそうな気持ちのまま落ち着かない時間を過ごしていたが、意外に早く純子は戻ってきた。
『終わったよ』
純子は、笑顔で言ってきた。僕は、なにを言って良いのかわからず、ゴメンと謝った。
『謝らなくても良いよ。これくらいはしないと申し訳ないもん』
純子は、笑顔のままで言う。僕は、本当にイヤじゃないの? と、聞いた。でも、聞いておきながら、イヤに決まってるよなと気が付いた。それでも純子は、
『全然イヤじゃないよ! 健吾さん、すごくシャイで恥ずかしがってて、なんか可愛かったよ』
純子は、そんな風に言う。僕は、もう一度ゴメンと謝った。

その夜、僕はなかなか寝付かれなかった。純子が、健吾のオナニーを手伝った……。仕方ない状況かもしれないけど、それでも嫉妬というか、胸が痛くなってしまう。どんな風にしたんだろうか? 手でしただけ? もしかして、それ以上? モヤモヤして眠れない……。


そして、週に一回程度で純子は健吾のオナニーを手伝うようになった。不思議なもので、あんなに申し訳ないと思っていた気持ちも薄くなり、純子も抵抗がなくなってしまった感じになっていた。
そして、健吾も申し訳なさそうな感じは多少残りながらも、気軽に頼んでくるようになっていた。そんなある日、またいつものように夕食の終わりがけ、
「純子ちゃん、今日もお願い出来るかな?」
と、健吾が軽いノリで言ってきた。
『うん。良いよ。じゃあ、お風呂から出たら、リビングに来てね』
純子も、ごく軽いノリで承諾をする。もう、僕の顔色をうかがうこともなくなってしまった。
そして、それぞれに風呂に入り、純子はリビングに移動する。僕は、いつもなら自分たちの部屋に戻るのだけど、今日は一緒について行った。不思議そうな顔で僕を見ている純子。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


酔い潰れた僕に隠れて、嫁に手コキを教えるアイツ完(転載禁止)

前回の話

僕は、パンツの中を精液でグチョグチョに汚しながらも、画面を凝視している。嫁は、電マを当てたまま潮吹きをして身体を痙攣させるように震わせている。
『もう無理! とめてっ! 死んじゃうっ! うぅああっ!!』
嫁は、ほとんど叫ぶような声で言う。でも、直人はニヤニヤしたまま電マを嫁のアソコに当て続ける。透明のしぶきが飛び散って、そこら中を濡らしてしまっている。


『イクっ、またイクっ! んおぉおっ! オマンコイグっ!』
由紀恵は、下品な言葉を口にしながら叫ぶ。いつも清楚で上品な感じの由紀恵が、まさかこんな言葉を口にするなんて、想像したこともない。由紀恵は、昔から仲間由紀恵によく似ていると言われ続けていた。
実際、僕もそう思っている。僕なんかと結婚してくれたのは、奇跡的だなとすら思っている。由紀恵に、こんな願望や淫乱な面が隠れていたなんて、いまだに信じられない。

直人は、唐突に電マのスイッチを止めた。由紀恵は、ぐったりとソファに横たわる。
「イキすぎでしょ。電マ、気に入ったみたいだね」
直人は、そんな風に言う。
『……うん。すごすぎるよ。こんなの使ってたら、男の人なんて要らなくなっちゃうかも』
由紀恵は、弱々しく言う。
「またまた~。ホントは、すぐにチンポ入れて欲しいんじゃないの?」
直人は、軽いノリで言う。
『そんなことないよ。でも、入れたいなら入れても良いよ』
嫁は、少し挑発的な感じだ。卑猥なランジェリーを身につけた嫁……。オープンカップで胸が丸見えのブラ、ガーターベルトに穴あきのショーツ……。まるで、洋物のAV女優みたいな姿だ。

「入れて欲しいんだ。ホント、由紀恵は淫乱だな。もっと、淫乱にさせてやるよ」
直人は、楽しそうに言う。嫁は、何も答えずに軽く微笑んでいる。直人は、嫁の買ってきたバイブを手に取った。
「これ、デカすぎない?」
バイブを握って太さを確かめながら言う直人。嫁は、
『そんなことないよ。直人のと同じくらいのにしたんだよ』
と、モジモジと恥ずかしそうに言う。
「いや、俺のより大きいだろ。て言うか、こんなの売ってるんだ」
直人は、あきれたように言う。確かに、直人が手にしているバイブは、どう見ても大きすぎる。直人のペニスよりも大きいと思う。
『うん。もっと大きいのもあったけど、とりあえずこれにしたんだ』
嫁は、さらっと言う。
「マジで? て言うか大きいの好きなんだ」
直人は、あきれて言う。
『直人のせいじゃん。直人としなければ、知らなかったのに……。責任取ってよね』
嫁は、少しすねたように言う。
「取るよ。いくらでも相手するから。由紀恵、愛してる」
直人は、急に真面目なトーンで言う。すると、嫁は吹き出して笑いながら、
『そんなの持ってシリアスになられても、笑っちゃうよ』
と、言った。確かに、極太バイブを手に取って愛の言葉をささやくのは、ちょっと面白いかもしれない。

僕は、どんどん親密になっていく二人の仲に、嫉妬と危機感を持っていた。

「これって、動かないヤツ? スイッチないみたいだけど」
直人は、そんな質問をする。
『うん。電動のって、ここのところがあんまりクッキリしてないんだよね。こんな風に、張り出してる方が気持ちよさそうだなって……』
嫁は、バイブのカリ首あたりをさすりながら言う。会話から考えると、直人が持っているバイブは張り型とかディルドというタイプのものらしい。電動で動かない代りに、やたらとリアルっぽく作ってある。血管のうねりや、カリ首の形状……どれもが、すごく生々しい。でも、よく見ると、生身ではあり得ないほどにカリ首が広がっている感じだし、固さも人体よりは固そうだ。

「これ、しごいてみなよ」
直人は、そう言って嫁の目の前にディルドを持っていく。嫁は、おずおずとディルに手を伸ばし、少し躊躇しながら握った。
『ちょっと、太すぎたかな?』
嫁は、少し不安げに言う。そして、そのまましごき始めた。太いディルドを手コキする嫁……。その顔は、妙に興奮しているように見える。
「エロい顔になってるよ。このぶっといの、入れたくて仕方ないって顔になってる」
直人は、からかうように言う。
『……うん。欲しい。こんなの入れたら、どうなっちゃうんだろう……』
嫁は、興奮と心配が入り交じったような顔になっている。
「これって、底が吸盤になってるじゃん? ここに立てて入れてみなよ」
直人はそう言って、ディルドを床に立たせた。底が吸盤になっているようで、自立して床から生えているような感じになっている。

『なんか、恥ずかしい……。あんまり見ないでね』
嫁は、そんな風に言いながらもスッと立ち上がる。そして、ディルドの上にしゃがみ込んでいく。イヤラシいランジェリー姿の嫁が、太すぎるディルドを飲み込もうとしている……。僕は、嫁の秘めた願望にただ驚くばかりだ。

『ん……。太すぎたね。ちょっと怖いかも』
嫁は、膣口にディルドを押し当てながら言う。妙に弱気になっている。
「大丈夫だって。もう、俺ので十分ほぐれてるから」
直人は、そんな風に言う。嫁は、黙ってうなずいて腰を下ろしていく。
『うぅ、太いよ……やっぱり太すぎる……』
嫁は、そんな風に言いながらも腰を下ろしていく。太いディルドは、意外にあっさりとズブズブ入っていく。
『うぅ、あぁ、入っちゃう』
嫁は、そう言いながら腰をどんどん降ろしていく。もう、半分以上は入っているように見える。
「もう、ほとんど入ってるよ」
直人は、興奮した声で言う。
『う、うん。痛くなかった。じゃあ、動いてみるね』
嫁はそう言って腰を上下に動かし始めた。イヤラシいランジェリー姿の嫁が、スクワットみたいに腰を上下に動かしながらディルドを飲み込んでいく姿……。僕は、嫁のそんな姿を見ながら、パンツの中のペニスがガチガチに勃起しているのを感じていた。

『ンッ、あっ、あっ、すごくこすれてる。気持ち良い。奥まで当たって気持ち良いよ』
嫁は、もう不安そうな顔ではなくなっている。
「エロいな。ホント、ド淫乱」
なおとは、笑いながら言う。嫁は、少しだけ恥ずかしそうにしながら腰を動かし続ける。二人の関係は、完全にセックスフレンドみたいになってしまっている。
『恥ずかしいよ。そんなに見ないで』
嫁は、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。もう、ディルドは根本付近まで入っているのがわかる。
「ホント、エロいな。俺のも頼むよ」
そう言って、直人は嫁の横に立ち、ペニスを顔のあたりに持っていく。
『フフ。大っきくなってる。興奮してるね』
嫁は、嬉しそうに言う。
「そりゃな。こんなエロいの、AVでもなかなか無いよ」
直人は、興奮している声だ。嫁は、腰を動かしながら直人のペニスをくわえてしまった。擬似的な3Pのような状態……。嫁は、夢中で腰を動かしながらフェラチオもする。
「めっちゃ気持ち良い。もっと奥までくわえてよ」
直人は、そんな風に指示をする。嫁は、言われるままに喉奥までくわえ込んでいく。僕は、そんなはしたない嫁の姿を見ながら、我慢出来ずにペニスを出してオナニーを始めてしまった。さっき、しごきもせずに射精してしまった精液にまみれたペニス……。それを、狂ったようにしごく僕。もう、嫁が浮気している事へのショックや絶望感は感じなくなっている。

『ダメ、イクっ、イッちゃうっ、このおちんちん気持ち良すぎちゃう、ダメぇ、イクっ、イクっ!』
嫁は、腰を高速で上下に動かしながら叫ぶ。そして、身体をピンとのけ反らせる。あっけなくイッてしまった嫁……。だらしなく弛緩したような表情は、とろけきっているように見える。

すると、直人がいきなり嫁にキスをした。荒々しく舌を差し込み、嫁の口内をかき混ぜるようにしている。嫁は、しばらくキスされるに任せていたが、すぐに舌を絡ませ始めた。
『好き。直人、好き』
嫁は、感情のこもった声で言う。直人も、愛していると何度もささやく。

「やっぱり、感情が入るとキスもヤバいな。気持ち良すぎる」
直人は、興奮した声で言う。
『うん。キスだけでイキそう。ねぇ、入れて。やっぱり、おもちゃより直人の方が良い』
嫁は、とろけきった顔で言う。
「まだ、アナルバイブ使ってないけど良いの? 使いたいんじゃないの?」
直人は、おどけて言う。
『う、うん。でも……うん……やっぱり、使ってみようかな?』
嫁は、本当に恥ずかしそうに答える。直人は、すぐにアナル用のバイブを手に取った。それは、本当に細いバイブだ。床に生えているディルドと比べると、比較にならないほど細い。でも、凸凹した感じになっていて、小さなボールを連結させたような造りになっている。

「アナルって、興味あったの?」
直人が、そんな質問をする。
『……うん。どんな感じなのかなぁって……』
嫁は、モジモジと恥ずかしそうに言う。僕は、嫁の秘めた願望にまるで気が付いていなかった。まさか、嫁がアナルに興味があったなんて想像もしたことがない。

「じゃあ、そこに四つん這いになってみて」
直人は、嫁に指示をする。嫁は、おずおずと床に四つん這いになっていく。穴の開いたショーツからは、お尻もアソコも丸見えだ。

直人に対しては、全てさらけ出しているような感じだ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた6(転載禁止)

前回の話

僕は、初めて挿入した優花のアナルの感触に、正直拍子抜けしていた。入り口こそ強烈な締まりを感じるが、中に入ってしまうとほとんど感触がない。はっきり言うと、たいして気持ち良くない。
『あっ、アンッ、たっちゃん、気持ち良いっ、ゴメンね、お尻で気持ち良くなっちゃうっ』
優花は、気持ちよさそうにあえいでいる。もしかしたら、普通にセックスをするよりも気持ちよさそうになっているかもしれない。僕は、快感を感じない状況ながらも、夢中で腰を使い続ける。優花がいつも以上に感じてくれていることに、喜びを感じているからだ。


しばらく優花とのアナルセックスが続く。優花は、本当に気持ちよさそうにあえぎながら、いままで僕とのセックスでは見せたことのないようなリアクションをしている。
『イクっ、たっちゃん、イクっ、イクっ!』
優花は、切羽詰まったような声で叫ぶ。僕は、相変わらず感触がないなと思いながら腰をガンガン振った。
『たっちゃん、もうダメっ、イクっ! イクっ!  うぅぅっ!!』
優花は、のけ反りながら身体を震わせた。僕は、今さら気が付いた。いままで、優花は僕とのセックスではイッた事がなかったんだなと……。

優花は、突っ伏すようにうつ伏せで寝転がる。抜け落ちるペニス……。優花のアナルは、少し拡がったような感じになっている。そして、流れ出てくる精液……。

『たっちゃん、イッてないでしょ? 気持ち良くなかった?』
優花は、心配そうに質問してくる。僕は、とっさにウソをついた。さっき、オナニーで何回も射精をしてしまったので、もう出せないと……。

『そんなにいっぱいしたんだ。ホント、ヘンタイだね』
優花は、仕方ないなぁという感じで言ってくれる。あんなに異常なことをさせてしまったのに、怒っているような感じはないみたいだ。

僕は、優花に抱きついてキスをした。優花も、嬉しそうに舌を絡めてきてくれる。僕は、強く優花を抱きしめた。さっきの宮田さんとのセックスを見せつけられ、強い敗北感を感じてしまった。でも、優花は僕とのセックスでもちゃんと感じてくれたし、いまも幸せそうな顔で僕を見てくれている。

『どうして興奮しちゃうの? イヤだなぁって、思わないの?』
優花は、本当に疑問に感じているような口ぶりだ。僕は、嫉妬して焼きもちを焼いてしまうことを話した。そして、それがなぜだか興奮に変わってしまうことも説明した。
『変なの。でも、好きなんだよね? 私のこと、愛してるんだよね?』
優花は、僕に抱きつきながら聞いてくる。僕は、すぐに愛してると言った。
『変なの。愛してるのに、あんなことさせちゃうんだね。でも、私もダメだね。あんなに感じちゃった。たっちゃんが見てるって思うと、余計に声が出ちゃう……。私もヘンタイだね』
優花は、恥ずかしそうに言う。僕は、宮田さんとまたしたいの? と、聞いてみた。
『……うん。たっちゃんが見てる前で、またしたい』
優花は、興奮した口調で言う。僕は、そうなんだと言いながらも、喉がカラカラに渇いていた。

そして、何事もなく納車の日が来た。久しぶりに対面した宮田さんは、少し緊張したような感じに見える。でも、そういう経験も豊富なのか、特におかしなところもなく車の説明を始める。

優花は、僕を挑発するつもりなのか、妙に宮田さんに馴れ馴れしい。でも、それ以上のことは何もなく、説明も終わった。優花と二人でディーラーを出ると、運転する僕に優花が、
『宮田さん、ちょっと緊張してたね。さすがに、たっちゃんに悪いって思ったのかな?』
優花は、イタズラっぽく言う。無邪気に楽しそうな顔だ。僕は、そうだねと言いながら、次はいつ宮田さんとするのかと聞いた。
『そんなにして欲しいの? ホント、ヘンタイさんだね。じゃあ、週末に車の説明をしに来てもらうね。今度は、どんな風にして欲しいの?』
優花は、妖艶な笑みを浮かべながら質問してくる。僕は、ドキドキしながらも、コンドーム無しでして欲しいと言ってみた。
『え? お尻で?』
優花は、キョトンとした顔で言う。僕は、お尻ではなく膣でと言った。
『そ、そんなのダメだよ。赤ちゃん出来ちゃうでしょ!』
優花は、ビックリして言う。顔は、少し怒っている感じだ。僕は、外に出してもらえば良いんじゃないかと言った。
『ダメだよ。失敗して、中に出されちゃったらどうするの?』
優花は、戸惑ったような顔で言う。僕は、週末は危ない日なの? と、質問した。
『それは……違うけど。でも、100%大丈夫な日ってわけでもないよ』
優花は、そんな風に答える。僕は、さすがにおかしなリクエストをしすぎだなと反省をし始めていた。そして、それは無しで良いと言った。
『良かった……。たっちゃん、おかしくなったのかと思っちゃったよ』
優花は、ホッとした顔で言う。僕は、ゴメンと謝るしか出来なかった。

そして、あっという間に週末は来てしまった。楽しみと不安が入り交じったような感情の僕……優花は、朝からご機嫌だった。
「そんなに楽しみなの?」
僕は、思わず質問してしまった。
『え? そんなことないよ。どうしてそんなこと聞くの?』
優花は、キョトンとした顔で聞く。僕は、朝から機嫌が良いからだと言った。
『そうかな? そんなことないよ。それより、そろそろ隠れないと』
優花は、そんなことを言ってくる。僕は、言われるままにリビングの横の和室に移動した。すると、本当にすぐに宮田さんがやってきた。まだ、約束の時間よりも15分くらい早い。

優花が玄関に向かう。そして少しすると、
『どうぞ、上がって下さい』
と、優花の声が響く。
「お邪魔します。今日は、ご主人様は?」
宮田さんは、微妙に緊張したような声で言う。
『今日も、いないです。私が説明聞きます』
優花が答える。そんな会話をしながら二人はリビングに入ってきた。そして、ソファに座る宮田さん。
「えっと、操作の仕方ですか? ナビかなんかですか?」
宮田さんは、そんな風に質問する。
『ナビじゃなくて、これの使い方です。スイッチ入れても動かないんです』
優花は、そんな風に言ってバイブを宮田さんに渡す。僕は、打ち合わせになかった優花の行動に驚きながらも、ふすまから二人を見つめ続ける。

「そ、そんなの持ってるんですね」
宮田さんは、驚いた顔で言う。優花は、恥ずかしそうにそれを手渡した。
宮田さんは、手に持ったバイブを見て、
「大きいですね。こんな大きなヤツ買ったんですね」
と、感想を言う。確かに、そのバイブはかなりの大きさがある。僕のよりは大きく、宮田さんのより少し小さい……そんなサイズ感だと思う。

『だって、宮田さんの大きなおちんちんで、奥の気持ちよさ知っちゃったから……。これくらいないと、届かないかなって……』
優花は、顔を真っ赤にしている。やっぱり、恥ずかしいみたいだ。
「そうなんですね。そんなに奥の方は気持ち良かったですか?」
宮田さんは、そんな質問をする。
『すごく気持ち良かったです』
優花は、少しうわずった声で答えた。
「それは良かったです。じゃあ、ちょっと見てみますね」
そう言って、バイブを色々調べ始める彼。でも、すぐに、
「これ、電池逆ですね。こうすれば……ほら、動いた」
と、原因を特定してしまった。彼の手の中で、ウィンウィンと音を立てて動き始めたバイブ。先端の方が、くねるように動いている。
『スゴい……。こんな風に動くんですね。これだと、奥の方がすごく刺激されそう』
優花は、バイブを見つめながら言う。なんとなく、興奮しているのが伝わってくる目つきだ。

「せっかくなんで、試してみたらどうですか?」
宮田さんは、そんな提案をしてくる。
『……はい。使い方間違ってないか、見てくれますか?』
優花は、そんな風に言う。宮田さんは、喜んでと答えた。

二人とも、こうなることがわかっていたような落ち着いた感じだ。優花は、スカートを脱ぎ始めた。薄いピンクの可愛らしいショーツ……それも、すぐに脱いでしまう。ブラウスだけの姿になった優花……。そのまま、ソファに座る。そして、脚をM字に開脚すると、バイブを押しつけていく。バイブには、竿の根元に振動する部分が突き出ている。それを、クリトリスあたりに押しつける優花……。
『あっ、すごい、こんなに、うぅっ、あっ、気持ち良いです』
優花は、あっけなく声をあげ始めた。ビーンと振動する音を立てるバイブ。優花は、押し当てながら声を漏らし続ける。

宮田さんの目の前で、夢中でオナニーを始めた優花……。僕は、すでに息苦しいほどの興奮を感じてしまっていた。宮田さんは、優花のバイブオナニーを見つめている。とくに興奮した感じもなく、落ち着いた様子で見つめている。

『あっ、アンッ、んぅっ、気持ち良いっ、ダメぇ、これだけでイッちゃう』
優花は、すでに余裕のない声になっている。僕は、初めて見る優花のオナニー姿に、強い興奮を感じていた。そのまま押しつけ続ける優花。すると、
『もうダメ、我慢できなくなっちゃった……』
と、恥ずかしそうに言う。そして、バイブの竿の部分を膣口に押しつけ始めた。僕のよりも大きなバイブ……。それが、あっけなく入っていくのが見える。
『うぅあぁ、大きい……。すごく大きいです』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


会社の後輩のメチャクチャ可愛い嫁に理性が効かずやってしまい

俺は某独立系ソフト会社のSEです。
現在32歳、独身。
問題の後輩H雄は、専門学校卒で3年前に入社してきました。

入社から同じプロジェクトに部下として配属され、去年の春それも一段落しました。

【続きを読む】
[ 2020/04/29 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

寝たら起きない彼女が、嵌めても起きないか友達と賭けて

寝たら起きない彼女が、嵌めても起きないか友達と賭けをした。

うちの彼女なんだけど、酔って寝たら嵌めても軽く反応するくらいで絶対起きない。
それを友達に言うと「それはない」と信じなかったので賭ける事になった。

彼女が家に来る日に友達も呼んで飲み始めて、彼女の飲むペース上げさせながらちょっとワクワクしてた。
俺が勝ったらPS3貰う約束だったから。
けどそれはオマケで、彼女の恥ずかしい状態を友達に見せるのが目的だったから、なおさら興奮!

【続きを読む】
[ 2020/04/29 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

一度寝取られプレイをした彼女は、3Pも受け入れるようになった

以前にこのHNでアキの話を書いた者です。今日は3P編を書くことにします。
アキが先輩としてるエッチを俺が携帯で聞かされた話は、前に書きましたが、アキはこういうプレイとか言葉攻めに弱い自分を発見したようで・・・。その後、俺とエッチするときなど、こないだの話を持ち出すだけで、目がトロンとしてきます。

【続きを読む】
[ 2020/04/28 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

△マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた3(転載禁止)

前回の話

私は、あまりの快感にうめき声を抑えるのが大変だった。パンツの中にぶちまけてしまった精液は、かなりの量がある気がする。

早紀は、対面座位のまま高藤に濃厚なキスを続けている。高藤は、いつの間にか腰の動きをとめていた。ひたすらキスをする早紀……。私以外の男性と、恋人同士のようなキスをするなんて、この目で見ているのに現実感がない。
真面目で一途な女性……。そんなイメージをずっと持っていた。まさか、こんなに弾けた行動を取るなんて想像していなかった。


【続きを読む】
[ 2020/04/28 11:52 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

主人が連れてきた部下の子にお口でしてあげたらイキなり出された

夜遅くに主人が会社の部下の子を連れてきたのです。連れてきたというより、その子に送ってきてもらったというほうが正しいのかも知れません。飲み会があったらしくて、かなり酔っておりフラフラでした。それでも家につくとまだビールを飲むと言って、部下の子を家に上げて飲み出したのです。

【続きを読む】
[ 2020/04/26 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

漫画喫茶で彼女を単独男性達に

初はノーマルだった彼女を1年くらいかけて調教し、俺の趣味である他人棒を与える事に成功した。
ネットで募集した単独氏をホテルに呼んで彼女を抱かせる、と言う事を何回か行っていたがさすがにそれもマンネリだな、と思った時に次は屋外でのセックスを経験させたいと思ってた事もありまずはその前のステップとして漫画喫茶を選んだ。

【続きを読む】
[ 2020/04/26 12:08 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲不妊に効くと噂のマッサージを受けた嫁が、敏感な身体になって帰ってきた完(転載禁止)

前回の話

『すごい……。なお君の、まだドクンドクンしてる』
真冬は、嬉しそうに言ってくる。僕は、強すぎる快感に声も出せなかったが、少し落ち着いてきた。
「妊娠、すると良いね」
僕は、なんとかそう言った。
『きっと大丈夫だよ。だって、こんなにいっぱい出してくれたから……。なお君、愛してる』
真冬は、そう言って僕にキスをしてくる。本当に熱心に、嬉しそうにキスをしてくれる彼女に、僕は複雑な気持ちだった。僕への愛情を疑ってはいない。あのマッサージ師とは、身体の関係だけだと思う。


【続きを読む】
[ 2020/04/25 01:19 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

人妻熟女と月明かりに照らされて激しく淫らなセックスをした

『おいおい やめろよぉ こんなところで・・・。』
『ウフフフ いいじゃない。 気持ち良いでしょ。』

『ほぉ~ら だんだん硬く元気になってきたわよ。』
『もぉ! 正直なんだから・・・。 もっとして欲しいんでしょ。』

嬉しそうに微笑み見つめながら運転中の私の股間をまさぐる彼女の手・・・。

勃起しても楽なように硬直し出してきたペニスの位置を整え、ズボン越しに左手のひらで上下に撫でまわすように擦り、掴んでは上下に動かす、彼女のそのリズミカルな繰り返しの手淫行為がズボン越しにもかかわらず、快感として全身を貫いていく・・・。

【続きを読む】
[ 2020/04/24 22:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

酒乱の父と離婚した後、母と姉は僕に必要以上に優しくなりました

僕の母さんは今41歳、10年前に酒乱の父の暴力に耐えかねて、13歳の姉と10歳の僕を連れて離婚しました。
母さんの実家は伯父さん夫婦と従兄弟がいるので戻れません。

母子3人で2DKの狭いアパートに住み、母さんは昼間はスーパーでパート、4時に終わってすぐ夕飯の支度をして、夕飯が済むと8時にはスナックでアルバイトのため出掛けていきます。
その為、疲れるのでしょう、日曜日は朝11時くらいまで寝ています。

【続きを読む】
[ 2020/04/22 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

サイトで掘り出し物見つけたぞ!

俺はサイトで掘り出し物見つけたぞ!
彼女は南部方面在住で、俺は津軽在住。
まぁ、人妻なんだが写メ交換してみたら、
30台後半には見えん。

【続きを読む】
[ 2020/04/19 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

□僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました2(転載不可)

前回の話

恭子は、ぐったりとうつ伏せになったままだらしなく脚を拡げてしまっている。アナルからは精液が流れ出ていて、まだ穴が開いたように開いてしまっている。
でも、そんなことよりも気になってしまうのが、恭子の膣周りが濡れて光っていて、膝のあたりまでそれが続いていることだ。もしかして、感じてしまっている? 僕は、そんな疑念を持ってしまった。


【続きを読む】
[ 2020/04/19 08:27 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻と温泉旅行に行ったら、妻が5人の若い男の子達に気に入られてしまった

今年で結婚25周年を迎える。私は50歳、妻の眞澄は51歳。記念に1泊で温泉旅行に行くことにした。
夕方にチェックインし、7:00頃からホテルバイキングの夕食。温泉が評判のこのホテルは週末でかなり混み合っていた。
私と妻は美味しい食事に舌鼓を打ちながら、仲睦まじくしていると、どうも他のお客の視線が気になります。

【続きを読む】
[ 2020/04/18 22:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女の浮気デートの内容を聞きながらオナニーする私

名前:419投稿日:2002/12/09(月)17:51
いきなりですが、私の彼女は先週の土曜日から日曜日にかけて浮気相手とデートを楽しんできました。
デート後に彼女が私の部屋に来て、デートの内容を逐一教えて貰いながら3回ばかりオナーニしてました(w

【続きを読む】
[ 2020/04/18 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

アマチュアカメラマンの知人の社長に妻をモデルに差し出したら

私の妻は結婚5年目の31歳です。顔は童顔で背はそんなに高くありませんがかえってそれが幼さを増しているようで、いまだに街では独身に間違われよくナンパされています。
そんな妻をぜひモデルにしたいと取引先のk社長から話がありました。社長とは年に数回ではありますが旅行などして家族ぐるみで付き合いがありました。

【続きを読む】
[ 2020/04/17 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼氏ありの新入社員に中出しして懐妊させた

28歳会社員。
社内には数十名の女がいるが、どいつもこいつも不細工だったりデブばかりで出会いなんてなかったが今年春に新入社員で3人女の子が入社した。

その中でダントツ可愛いのが結衣だった。
初々しい感じ、おっとりした雰囲気、無邪気な笑顔が最高に可愛く男共は虜になった。

【続きを読む】
[ 2020/04/17 20:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

35歳の天然の叔母を寝取って最高の夏休みを過ごした

今年は最悪の夏だと思っていた。 でも思わず自分にとっては、最高の夏休になった。 一応そのいきさつを、ヘタな文章で書いてみようと思う。

自分は○川県に住む現在高校2年生の17歳です。 チビでちょいデブ、引っ込み思案でおとなしく、顔もたいしたことのない、情けない若者です。

【続きを読む】
[ 2020/04/17 12:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

友人宅で友人の奥さんとかりまんした

数年前に友人の家に泊まりに行きました。
私は、出張で翌日は帰るだけなので気分が楽で、夜遅くまで友人夫婦と酒を飲み語り合いました。
夫婦とは、彼らの結婚式の司会もした関係で何の遠慮も無く、かつ、三人とも同郷で使う方言も一緒なので大いに盛り上がりました。

【続きを読む】
[ 2020/04/16 22:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ