「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった2(オリジナル 転載不可)

前回の話

僕は、自分が勃起していた自覚すらなかった。でも、こんなに激しくシミが出来ていると言うことは、ずっと勃起していたんだと思う。
純子が健吾のオナニーを手伝っている姿を見て、興奮してしまった? 僕は、自分でもまったく理解出来ないでいた。

すると、手を洗いに行っていた純子が戻ってきた。
『……怒ってる?』
純子は、イタズラを見つけられてしまった子供のような感じになっている。僕は、怒ってないと言った。そして、純子はイヤじゃなかったのかと質問した。


『うん。もう、慣れちゃったし……。健吾さん、触ってきたりしないから……』
純子は、ボソボソと言う。なんというか、やっぱり罪悪感を感じているような雰囲気だ。僕は、乳首を舐めたりするのはいつからしているのかと聞いた。

『えっ? う、うん。最近だよ。健吾さんも慣れちゃったのか、なかなかイカなくなっちゃったから。ダメだった?』
純子は、心配そうに聞く。僕は、
「ダメではないけど……。それ以上のことはしてないの?」
と、言う。
『してないよ! するわけないじゃん!』
純子は、慌てて否定する。僕はホッとしながらも、少し疑う気持ちも持ってしまった。

そして、さらに何か言おうとする僕を遮るように、純子がキスをしてきた。いきなり飛び込んできた舌に驚きながらも、僕も夢中で舌を絡めていく。

『トシくん、抱いて欲しい……』
純子は、そんなことを言ってきた。今まで健吾の手伝いをした後は、なとなく気まずくて会話も少ないまま寝てしまうことが多かった。僕は、さっきの興奮がまだ残っていたように、純子に覆い被さるようにした。そして、パジャマを脱がせるのももどかしく、コンドームをつけるとすぐに挿入した。
『うぅっ、トシくん、愛してる』
純子は、声を抑えながら言う。潤んだ瞳に、上気した頬。僕は、興奮が異常に高まるのを感じながらも、健吾の乳首を舐めながら手コキをする純子を思い出してしまっていた。

腰を動かし始めると、湿った音が響く。純子の膣口は驚くほど濡れているようで、音が響き続ける。僕は、純子が興奮していたのだろうか? と、疑念を持ってしまった。
アイツの大きなペニスをしごいていて、変な気持ちになったのではないか? アイツとしてみたいと思ったのではないか? そんなことを考えてしまう。激しい嫉妬に胸が苦しくなりながら、僕は純子にキスをしながら腰を振る。純子の膣は、今までに感じたことがないくらいに締め付けてきている。

僕は、僕とセックスをしながらも、健吾とのセックスを想像しているのではないか? そんな疑いを純子にかけてしまっていた。

そして、たぶん今までのセックスで一番と言っても良いくらいに早く、射精を始めてしまった……。
『トシくん、愛してる。ごめんなさい』
射精を続ける僕に、純子はそんな風に言ってきた。僕は、愛してると言いながらキスをした。

一度見学をして以来、僕が見学するのが普通になっていった。僕の見ている目の前で、乳首を舐めながら手コキをする純子……。僕は、それを見ながら異常なほどにペニスを固くするのが当たり前になってしまっていた。

そして、見学の後は、純子とセックスをするのも当たり前になっていた。セックス中の僕の妄想はどんどん大きくなり、健吾とセックスをする純子を想像するほどになっていた。

『あれ、なんか、柔らかくなってきた。ゴメンね、下手くそだった?』
純子は、そんな風に健吾に言う。確かに、健吾のペニスは少し小さくなりつつあるように見える。
「そんなことないよ! だって、2日前にしたばかりでしょ? さすがにまだ回復してないんだよ」
健吾は、そんな風に言い訳をする。でも、最近イクのがすごく遅くなっていて、純子はかなりハードに手コキをするようになっていた。

『そっか……。ねぇ、どうしたらもっと気持ち良くなるの? やり方教えてくれたら、言われたとおりにするよ』
純子は、さらに小さくなっていく健吾のペニスを見ながら、寂しそうに言う。健吾は、
「そ、その……。無理だと思うけど、おっぱい見せて欲しい」
と、恥ずかしそうに言う。顔が赤くなっていて、本当に恥ずかしいと思っているのが伝わってくる。

『え? おっぱい? 私の?』
純子は、意外な注文に驚いているようだ。うなずく健吾に、
『私のちっちゃいおっぱい見ても、興奮しないんじゃない? エッチなビデオとか見ながらする?』
と、これもまた意外な提案をした。
「やっぱりダメかな? 純子ちゃんの見せてくれたら、すごく興奮するんだけどな……」
健吾は、引き下がらない。いつもは簡単に引き下がる感じの性格なのに、今日は引き下がろうとしない。純子は、困ったように僕の方を見てきた。そして、ダメだよね? と、質問してくる。

僕は、自分でも驚くほど迷わず、
「それくらい、良いんじゃないかな? 早く終わった方が、純子も気が楽になるでしょ? お世話になりっぱなしなんだから、少しぐらいはサービスしないと……」
と、言っていた。たぶん、やたらと早口だったと思う。自分でも、なんでこんなに必死になっているのだろう? と、思ってしまっていた。

『う、うん。健吾さん、良いって……』
純子は、耳まで赤くなっている。
「マジで!? すごく嬉しいよ。想像しただけで、こんなになったよ」
健吾は、さっきまで柔らかくなりつつあったペニスを、誇示するように見せてくる。健吾のペニスは、すでに完全に勃起状態で、血管が浮き出ている感じもわかる。

『すごい……。でも、おっぱい見せなくてもこんなになるんなら、見せなくても良いような……』
純子は、イタズラっぽく言う。
「い、いや、そんなことないって! 見ないと、すぐにしぼんじゃうよ!」
健吾も、妙に必死だ。僕は、健吾の必死さに少し笑えてきてしまった。

『わかった。じゃあ、脱ぐね。ちょっと、恥ずかしいな……』
純子は、本当に恥ずかしそうにパジャマの上着のボタンに指をかける。上からボタンが一つずつ外れていくと、胸の谷間が見えてくる。確かに、本人が言うように大きな胸ではない。でも、真っ白でお餅みたいな胸だと思う。

そして、純子は一瞬躊躇した後、上着を脱ぎ始めた。あらわになる胸……。小さめの乳輪に、ピンク色の乳首。本当に、綺麗な胸だと思う。

僕以外の男性の前で、上半身裸になってしまった純子……。僕は、激しい嫉妬と焦燥感を感じながらも、健吾のリアクションを見ていた。健吾は、純子の胸を凝視している。そして、すごく興奮したような顔になっている。

「綺麗な胸だね……すごく綺麗だよ」
健吾は、同じことを繰り返す。
『そ、そんなに見ないでよ。恥ずかしいんだからね』
純子は恥ずかしそうに言いながら、健吾のペニスを握り始めた。相変わらず、純子の手から大きくはみ出るペニス。いつもよりも、さらに大きくなったように感じる。

『わっ、固い。いつもよりカチカチだよ』
驚く純子。この状況なのに、本当に無邪気な感じだ。子供みたいに思える。
「そりゃ、純子ちゃんのおっぱい見たら、誰でもこうなるって」
健吾は、そんな風に言う。すると、純子は照れくさそうに手を動かし始めた。
「あぁ、気持ち良い。ヤバい」
健吾は、本当に気持ちよさそうに言う。すると、純子は恥ずかしそうに彼の乳首を舐め始めた。

僕は、感情が渋滞してしまって、自分がどう感じているのかわからなくなってしまっている。僕の愛する妻が、上半身裸で他の男のペニスをしごいている……。しかも、乳首も舐めている……。
純子は、まるで風俗嬢のようになってしまった。僕は、自分のふがいなさに泣けてきそうになりながらも、純子のご奉仕を見続けている。ふと自分の股間を見ると、パジャマに特大のシミが出来てしまっている。僕は、射精してしまったのかと動揺しながらも、純子のことを見続けていた。

健吾は、乳首舐めをされながら、純子の胸を見続けている。揺れる胸……。健吾の乳首を舐めているので、純子の胸が時折彼の身体に触れる。僕は、早く終われと思いながらも、やっぱり目が離せないでいる。

「あぁ、ダメだ、すぐイッちゃいそうだよ」
健吾は、余裕のない声で言う。本当に、おっぱいくらいでこんなに変わるんだなと驚いてしまう。手を動かし続けているので、胸もユサユサと揺れている。それほど大きくなくても、柔らかそうに揺れ続けている。

『良いよ、出して。いっぱい出して』
純子は、そんな風に言いながらしごき続ける。すると、
「は、挟んで! おっぱいで挟んで!」
と、健吾が言い始めた。いつも落ち着いた感じの彼が、慌てた口調で言う。その口調に引っぱられるように、純子も慌ててペニスを胸で挟んだ。
「そう、そのまま動かして! 縦にこすって!」
健吾は、やっぱり慌てたような口調で言う。純子も、すぐに言われるままに胸でペニスを挟んだまま縦に動かし始めた。パイズリ……。話ではよく聞くが、実際にする事はほとんどないことだと思う。

僕ですらしてもらったことがないことを、健吾がしてもらっている。僕は、嫉妬で目頭が熱くなるのを感じながらも、股間も熱くなってしまっている。僕は、こっそりとパジャマの上から股間をまさぐり始めた。

純子が、他の男にパイズリをしている姿を見ながらするオナニー……。こんなに気持ちいいのはなぜだろう? と、驚いてしまった。

『こ、こう? これでいい? これって、気持ち良いの?』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、声を出さないように射精し続けた。優花が、ソファの上で宮田さんとキスをしながらセックスをする姿……。それを見ながらする射精は、今までの人生で一番気持ち良いと思ってしまうほどの快感だった。

「コンドームがないと、そんなに違いますか?」
宮田さんは、腰を動かしながら質問する。


『全然違います。広がったところが、気持ち良いところをゴリゴリこすってるの』
優花は、あまり余裕のない声で言う。気持ち良すぎて、冷静に話せなくなっているような感じだ。まだ上半身は着衣のままの優花が、とろけきったような顔になって宮田さんを見つめている。

宮田さんは、挿入したままの状態で優花の上着を脱がせ始めた。優花は、素直に脱がされるに任せていて、あっという間に全裸になってしまった。150cmの身長の割に、大きな胸。宮田さんが腰を動かすのにあわせて、柔らかそうに揺れている。宮田さんは、腰を動かしながら自分も服を脱ぎ始めた。

そして、二人とも全裸になると、キスをしながらのセックスに移行していく。客先のリビングで、全裸になって人妻とセックスをする……。あまりにもリスクが大きい行為に思える。でも、二人ともお構いなしに濃厚なキスを続けている。

僕は、射精したのに収まらない興奮を感じながら、必死でふすまの隙間から覗き続けた。宮田さんは、自分は身体を起こして腰を動かし始めた。
『あぁ、これ凄くこすれます。上の方がゴリゴリこすれて、本当に気持ちいいです』
優花は、気持ちよさそうに声を漏らす。宮田さんは、優花の腰を下から持ち上げるようにしながら腰を動かし続けている。揺れる胸、爪先が伸びたり曲がったりせわしなく動く。

「Gスポットと奥、どっちが好きですか?」
宮田さんは、腰を動かしながら質問する。優花は、
『どっちも好きです。宮田さんのおチンポ、両方同時に刺激してくれるから、夢中になっちゃいます』
と、とろけた声で言う。宮田さんは、その言葉を聞きながら腰の動かし方を強くしていく。
『うぅっ、うぅあっ、あっ、奥凄いの、気持ち良いっ! もっと強く、おチンポ当てて下さいっ』
優花は、夢中になっているような声でおねだりをする。卑猥な言葉を口にする彼女に、僕はさらに興奮を強くしてしまう。

「こうですか? もっとですか?」
宮田さんは、腰をグンッという感じで押し込む。優花は、軽く悲鳴をあげながら、
『そうっ、気持ち良いっ、もっと! もっと強くっ』
優花は、背中をのけ反らせるような格好になりながらさらにおねだりを重ねる。

僕は、また我慢しきれずにオナニーを始めた。射精しても、石のように固いままのペニス。興奮も少しも収まらない。優花は、僕が見ていることをわかってこんなセックスをしている。僕を興奮させるため? それとも、本気で宮田さんのペニスにハマってしまった? 僕は、優花の真意がまるでわからなくなってしまった。

宮田さんは、杭を打つように強く腰を打ち込む。その度に、悲鳴をあげながらあえぐ優花。宮田さんの腰の動きは徐々に早くなっていき、連続的に杭を打ち込んでいるような感じになっていく。
『あっ、あっ、あぁっっ! ダメぇ、またイッちゃうっ、イクっ、宮田さんの生チンポでイッちゃうっ!』
優花は、卑猥な言葉を口にながら頭を左右に振り続ける。強すぎる快感から、逃れようとでもしているような動きだ。

「良いですよ。何回でもイッて下さいね」
宮田さんは、クールに言う。
『イクっ、イクっ、キスして下さいっ、うぅあっ、イクっ!』
優花は、そんなおねだりまでした。宮田さんは、すぐに優花にキスを始める。そして、キスをしながら腰を強く打ち込んでいく。優花は、宮田さんにしがみつきながらうめく。両腕を強く巻き付け、両脚まで宮田さんの身体に巻き付け始めた。

種付けされるのを、強く望んでいるような動きだ。宮田さんはさらに腰の動きを強くする。そのまま少し激しい動きが続き、優花はキスをしたまま強くうめいた。それにあわせるように、宮田さんは腰を一番奥まで押し込みながら、射精を始めてしまった……。

他の男に、一番奥に中出しをされてしまった優花……。妊娠する心配のないアナルではなく、膣奥に射精されてしまった。宮田さんの大きなペニスなら、子宮にも大量にかかってしまっていると思うし、今頃はすでに卵管にまで取り込まれてしまっているのかもしれない。

優花が、種付けをされてしまった……。そう思うだけで、僕は絶望的な気持ちになってしまう。でも、僕は射精寸前なほどに強い快感を感じてしまっている。

「大丈夫ですか?」
宮田さんは、少しすると、そんな風に優花に声をかけた。
『……大丈夫です。凄すぎました……。こんなの知っちゃったら、もう戻れないです』
優花は、夢見心地という感じの声だ。幸せそうな顔で、宮田さんのことを見つめている。
「私も、凄く気持ち良かったです。なんか、申し訳ないですね」
宮田さんは、さすがに冷静になったのか、そんな言葉を口にする。
『大丈夫ですよ。私がして欲しいっておねだりしたんだから。宮田さんのおチンポ、まだ大きいままですね』
優花は、甘えるような声で言う。他の男に媚びを売る優花に、僕は強い嫉妬を感じてしまう。
「はい。奥さんのが、締め付けてくるからですよ。まだ、足りないんですか?」
宮田さんは、そんな質問をする。
『だって、まだお尻でしてもらってないですよ。全然足りないです』
優花は、そんなことを言った。そして、優花は宮田さんの身体の下からスルリと抜け出す。すぐに宮田さんをソファに座らせると、ひざまずいてフェラチオを始めた。

愛おしそうに、丁寧に舌で舐め清める優花。もう、宮田さんのペニスに夢中という感じだ。
『フフ。本当に大きいですね。ここのところが、気持ち良いところにいっぱい当たってます』
優花は、そんなことを言いながら宮田さんのカリ首を舐め回す。本当に心がこもっているという感じだ。
「今まで、この大きさは経験ないんですか?」
宮田さんは、そんな質問をする。
『ないです。全然ないです。こんな大きなの、宮田さんが初めてです』
優花は、そんな風に答えながら、愛おしそうに宮田さんのペニスを舐め続ける。
「ハマっちゃいましたか?」
宮田さんが少しバツが悪そうに言う。
『ハマっちゃいました。責任取って下さいね』
優花は、イヤらしく舌を使いながら言う。
「さっきのバイブより、大きなのを買ったら解決じゃないですか?」
宮田さんは、そんな風に言う。さらに続けて、
「それをご主人に使ってもらえば、全部解決じゃないですか?」
と、言う。
『宮田さんは、私とエッチするのイヤですか?』
優花が、そんな質問をする。
「それは……。イヤじゃないです」
宮田さんは、素直に言う。
『だったら、たまにこうやってしてくれたら全部解決ですよ』
優花が、おどけるように言う。
「……わかりました」
宮田さんは、少し考えた後、そんな風に答えた。

『じゃあ、そろそろお尻に入れてくれますか? 早く欲しいです』
優花は、恥ずかしそうにおねだりをする。すっかりとアナルセックスにハマってしまったみたいだ。宮田さんがわかりましたと答えると、優花はさっとソファの上で四つん這いになる。ソファの角度を調整しておいたので、優花のお尻もよく見える。

宮田さんは、ローションをペニスに塗ると、すぐに優花のアナルに押しつけていく。
『うぅあぁ、早く入れてぇ』
甘えたようにおねだりをする優花。すると、急に優花が僕の方を見てきた。僕は、目が合った気がしてドキッとしてしまった。でも、ふすまの隙間は狭いので、優花の方からは見えていないと思う。でも、優花は僕の方を見つめている。

「じゃあ、入れます。リラックスして下さいね」
宮田さんは、そんな風に言うと腰を押し込み始めた。
『うぅっ、あぁ、入ってきたぁ、宮田さんのおチンポ、お尻に入ってきたの』
優花は、とろけた声で言う。まるで、僕に対して言っているような感じだ。宮田さんは、そのまま腰を押し込み続け、あっさりと根元まで入れてしまった。

『すごいです。入れただけなのに、もうイキそうです』
優花は、うわずって震えるような声で言う。本当に、強い快感を感じているような感じだ。
「痛くないですか?」
宮田さんは、少し心配そうに質問する。
『平気です。全然痛くないです。今日は、ダメって言っても止めずにガンガン動かして下さい』
優花は、とろけた声でおねだりをする。宮田さんは、わかりましたと言ってすぐに腰を動かし始めた。
『うぅっ、あっ、あっっ、気持ち良いっ、もっとっ! お尻壊れちゃぅっ、あっ、あんっ、気持ち良いっ!』
優花は、すぐに気持ちよさそうにあえぎ始めた。宮田さんは、力強く腰を動かす。肉がぶつかる音が、かなり大きい。

優花は、ソファの背もたれを握りしめながらあえぐ。とろけきった顔は、泣きそうな感じにも見える。そんな表情のまま、優花は僕の方を見つめ続ける。僕は、優花と目が合っているような錯覚に陥りながら、ペニスをしごき続けた。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


カテゴリ
kindle出版案内



2話収録です

2話収録です

ハード系です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド








プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談を紹介しています。このブログだけのオリジナル寝取られ話が多数あります。

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
巨根になれる!「PR」